フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ヤァ!ヤァ!ヤァ!Tomoyanがやって来た!

「Tomoyan」と言うより、「FUJI」と言った方が、古くからの「本家H.P」・・・

特に「RC日記ミニッツ編」ご愛読の皆さんには、なじみ深いだろうか?

Tomoyan氏・・・彼との出会いは、今を遡る事4年前のラジ天三田店にて。

三田店レースに参戦し始めの頃は、そのチェリーボーイぶりをいかんなく発揮。

予選~決勝と、どんどんテンパッていき、耳まで真っ赤にして

緊張していたのを今でも思い出す。

レース中、私の必殺「忍法口車(※)」に引っ掛かり、クラッシュもしてたっけ。

※「忍法口車」とは、レース中わざと他選手に話し掛け、集中力を奪うという

  卑劣な技である。チビッコはマネしないように。

そんな彼も天性の「何か」を発揮、メキメキと頭角を現わし

2004年のミニッツカップでは見事チャンピオンの座を奪取。

京商ミニッツカップ2004 MR-02クラス 関西チャンピオン」 にして、

私の永遠の「手下」・・・と言ったら彼は怒るだろうか? いや、喜ぶだろう(笑)

私と「干支」が同じという、まさに一回り若い私の友人・・・

シャイでチェリーなナイスガイ、それがTomoyan氏だ。

 

そんな彼が以前から私に言っていたのが・・・「ロードスターに乗りたい」。

私のH.Pやブログを見て、実は密かに興味を持っていたらしい。

お~お~お~!そんな事ならいらっしゃ~い!

そんなわけで、彼との男2人ラブラブ・オープンドライブが始まった。

 

Atnb_001
 ↑ レアカラーのレガシーでやって来たTomoyan氏

 

兵庫県民である彼は、普段めったに我が居住区:京都北部には来ないとのこと。

よ~し、それなら行ちゃいましょう! 

京都府北部のエエとこを案内しちゃいましょう!

名付けて・・・

「山だ!海だ!温泉だ!ポロリもあるかも?京都北部の旅2007秋!」

 

Atnb_002
 ↑ まずはマウンテン区間を快走!

 

何処を案内しようかな~?と悩んだのだが、京都北部ビギナーということで、

ここはやはり、定番の「丹後半島一周」が良かろうということで一路丹後へ。

山あり、海あり、グルメありで、きっと喜んでいただけるだろう。

R27~R175~R176と経由し、与謝峠へ入る。

休日とはいえ、海水浴シーズンではないので交通量は少なく、快適に峠越え。

「加悦SL広場」~「加悦古墳公園」~「野田川ひまわり畑」等を横目に見つつ、

まず目指したのが京丹後市大宮町にある、「蕎麦処 歌仙」という蕎麦屋。

旅の始めは腹ごしらえから!

 

Atnb_005
 
 ↑ 「蕎麦処 歌仙」  工事中で萱葺き屋根が見れず残念・・・

Atnb_003
 
 ↑ ざるそば大盛り(1155円)

Atnb_004
 
 ↑ 薄緑っぽい白めのそば

Atnb_006
 ↑ ちなみにコチラは「小野小町資料館」

 

平安時代の女流歌人:小野小町の伝説にちなんで造られた、

「小野小町公園」内にあるのが、この「蕎麦処 歌仙」さん。

十割そばということで、蕎麦の香りを十分楽しみました。

実は以前にもお邪魔したことがあるのだが、その時よりも麺が細くなった印象。

今まで訪れた、どの蕎麦屋よりも細~いのだが、コシはしっかりシコシコ。

大変美味しゅうございました。

※ちなみに以前お邪魔した時の模様はコチラを・・・クリック!

 

「蕎麦処 歌仙」

京都府京丹後市大宮町五十河302  TEL 0772-68-0871

営業 AM11:30~PM16時   定休日 水曜(祝日の場合は翌日)

 

Atnb_008
 ↑ 次にやって来たのがコチラ!

Atnb_007
 ↑ カメラフェチでもあるTomoyan氏が激撮!

 

さて、お次にやって来たのが巨大建築構造物の好きなTomoyan氏の為に

伊根町にある「太鼓山風力発電」の巨大風車見学。

初めて見る風車の、その巨大さにビビって、たじろぐ彼。

喜んでいただけたようで何よりです。

しかし今回のコース・・・前回サキリコさんとご一緒したツーリングコースと、

ほぼ同じですな・・・(汗)。

※サキリコさんとの思い出は当ブログ2007/9/9号をチェック!

 

Atnb_011
 ↑ 後輪駆動車特有のアノ遊びを体験してもらうため、峠をフル活用

Atnb_012_2
  ↑ 峠で一汗かいた後は温泉へ

 

さて、人里離れた山奥でFR車の挙動を十分堪能して頂いたところで、

今度は弥栄町にある「あしぎぬ温泉」へやって来た。

前方後円墳をイメージした「王国の湯」と、打たせ湯やジャグジー、

箱蒸し等がある「卑弥呼の湯」など、多彩な浴槽が揃っているのが特徴の温泉施設。

ジャグジーに、露天にと、気持ちよ~~~く入らせて頂きました。

ここで一句・・・「若いのに タルミ気味だぞ Tomoyan腹」 字余り

 

「弥栄あしぎぬ温泉」

京都府京丹後市弥栄町木橋1146  TEL 0772-65-2000

営業 AM10時~PM22時  定休日 水曜(祝日の場合は営業)

 

Atnb_013

Atnb_014
 ↑ 途中から天気も回復 快晴に! 気持ちイイ~!

Atnb_022
 ↑ マウンテンコースからシーサイドコースへ突入!(屏風岩前にて)

Atnb_024
 ↑ コチラは伊根町にある「道の駅 舟屋の里伊根」 

Atnb_023
 ↑ 伊根町といえば・・・遠くに見えるのが(見えない?)舟屋

Atnb_025
  ↑ 普段見慣れない日本海にご満悦のTomoyan氏

Atnb_026
 ↑ 秋晴れエエでんな~~オープン最高!   

 

最初は、曇天スタートだった今回のラブ・ツーリングも時間を追うごとに、

お天気回復~快晴に! ふひ~~やっぱり気持ちエエでんな~~。

ロードスターに乗れる幸せを噛み締めつつ快適クルージング。

マウンテン区間~シーサイド区間を堪能。

いよいよ今回のラブ・ツーも終盤へ・・・

宮津市~日本三景:天橋立を横目に見つつ、鬼伝説で有名な大江山越えへ。

 

Atnb_028
  ↑ 超巨大鬼瓦と記念撮影

Atnb_030
  ↑ 「酒呑童子の里」内にある「日本の鬼の交流博物館」

 

かつて私がRC屋時代、RCコースを常設し毎月レースを開催していた所が、

実はコチラ「酒呑童子の里」というアウトドアスポット。

コチラの一角にある広大な駐車場をお借りし、皆とワイワイやっていた。

まさに私の青春の1ページを飾るのに欠かせない記念の場所。

いつかきっともう1度・・・

 

「酒呑童子の里」

京都府福知山市大江町仏性寺  TEL0773-56-0095

定休日 月曜(夏休み中は無休)

「日本鬼の交流博物館」

京都府福知山市大江町仏性寺909  TEL0773-56-1996

営業 AM9~PM17時  定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

 

Atnb_033
 ↑ Tomoyan氏 初オープンドライビング!

 

さて、今回の「男2人旅」もボチボチ終了に近付いてきた。

レース遠征で北へ南へと、彼とは色んなところへ旅したが、

今回はいつもとは違い、「まったり」とドライブを楽しませていただいた。

Tomoyan氏も京都北部を満喫したご様子。良かった良かった。

そして、実は今回の裏目的が「Tomoyan氏をRSの虜にする大作戦」・・・

だったのだが、コチラの方もどうやら大成功。

実は今彼は、車を乗り換えようと思案中。

第1候補は「シビック タイプR」だったのだが、今回の旅の間中

「FRの楽しさ」 「オープンドライブの楽しさ」 そして「RSの素晴らしさ」を

徹底的に叩き込み、洗脳しまくった私。

仕上げにRS関連のビデオをお土産に持たせたのであった。

次回ツーリングは彼のロードスターと2台で・・・期待してまっせ~!

 

さて、これにて今回のラブラブ・ツーリングはおしまいっ!

・・・と、ならないのが私達・・・

彼の強い要望でサイクリングもすることに!

200km以上ツーリングしたあとにサイクリング! 

どんなけ走ったら気が済むんやっ!

 

Atnb_034
  ↑ 缶コーヒーの景品:Tomoyan氏の愛機じゃぐわ~~

Atnb_035
 ↑ おお~~まさしくジャガーだ!

 

すっかり日の暮れた里山をギコギコとペダルを漕ぐ2人であった・・・

※Tomoyan氏のブログはコチラ・・・「The world of Tomoyan

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2007年9月28日 (金)

ナイト・サイクリング仕様2007

Bike_005

↑ ナイト・サイクリング用Wライト仕様 こんなんなりました~~

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年9月27日 (木)

LUXEON STAR LED

「里山サイクリング」からコッチ、かなり頭の中が「自転車化」している私・・・

なんだかんだ言っても、やはり「ロードレーサー系」のバイクが欲しい。

調べれば調べるほど、やはり「餅は餅屋」・・・「ロードにはロードバイク」。

まず、その軽さと速さに驚くらしい。 ん~私も驚きたい・・・。

しかし、自転車の世界もかなりディープで、調べれば調べるほど混乱してくる。

それに、「おっ!コレいいな!」と思ったモノは全てお高い・・・

1番の問題・・・資金難・・・現在私の台所事情はまさにチーム・ミナルディ状態。

いつかチーム・フェラーリ状態になって、自転車なんか買いまくってやるぞい!

 

全く根拠の無い意気込みを語ったところで・・・

しか~し!どんな素晴らしいマシンを手に入れたところで、自転車は自転車。

ペダルを漕がなくては前に進まない。

1万円の自転車でも100万円の自転車でも、結局は漕ぎ漕ぎするのだ。

そうなると、1番肝心なのは「心臓部・エンジン」・・・そう!人間そのものだ。

そんなわけで、「エンジン=人間」を高性能にするため、今宵も走る私。

※今宵の1人サイクリングは13.15km走行

 

夜間走行を快適にするため自転車のライトを強化!

元々、自転車用のヘッドライトは装着していたのだが、いかんせん一昔前の物。

正直暗い。今時はやっぱLEDでしょ! ってことで、ホームセンターを物色。

自転車用品で探していたのだが、どうもピンとこない。

ん~~何かエエものはないかな~~・・・

そこで、マグライトなどのフラッシュライト系のモノを置いている売り場へ・・・

おおっ、コレかっこええんちゃうん!

何々?従来のLEDの12倍の明るさを実現?? おお~コレええやん!

そんなわけで「LUXEON STAR LED」を使用したライトを購入!

 

Bike_001_2
 ↑ アルミボディの憎いやつ

Bike_003_2
 ↑ レース用マッチドバッテリーを奢る!

Bike_002_2
 ↑ 自転車への取り付けは汎用のライトブラケットにて

 

アルミボディのかっこいいフラッシュライトを自転車用に流用することに決定。

単4型バッテリーを使用する点も、購入の一つの決め手。

単4型バッテリーなら100本でも200本でも持ってるからね~~。

とりあえずレース用のエエ奴を入れておきました・・・。

そして、もう一つこのライトを選んだ理由は・・・↓

 

Bike_2
 ↑ 夜戦でも使えそうだからだ~~~~! ケッケッケッ・・・!

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年9月26日 (水)

満月の中の快走

満月の中の快走
「健康増進・精力増強」…
麺通団員たるもの日頃の鍛錬が肝心!?
美味しいものを、より美味しく食べよう!
…を合言葉に毎日自転車に乗ろうと微妙に決意した私。
本日2日目…昨夜とは少しコースを変え、15.31km走行。
いきなりから長距離を走っても続かないので、最初はこんなもんだろう。
お月さんが綺麗だったな〜

2007年9月25日 (火)

サイクル・コンピューター

「里山サイクリング」の興奮も冷めやらぬ今日この頃。

以前からちょくちょく、自転車でミニツーリングはしていたのだが、

今回のように「ガッツリ」乗り倒すのも、なかなか気持ちのイイもの。

コレを機に、「精力増強」のため、ランニング代わりに

毎晩サイクリングしようかなと、やんわり決意。

どうせ走るなら科学的?に・・・

ということで「サイクル・コンピューター」なるモノを導入!

走行速度、走行距離、消費カロリー、積算距離、時計・・・

5つの機能を備えたスグレものだ。

早速今晩、MYマシンに装着し走ってきた。

 

Men2danaya_028
 ↑ 「CAT EYE VELO5」という機種。 5つのモードがある。                                                              

Men2danaya_026
 ↑ 今宵の1人サイクリングは13.3km走行

Men2danaya_027
 ↑ 約40分走り、消費カロリーは207キロカロリーとのこと

 

まぁ、2000円程度のモノなので、精度的には大体って感じなのかもだが、

やはり何か目安があるということは、モチベーションUPに繋がる。

これで秋の夜長、気持ち良く走るぞっと!

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年9月23日 (日)

綾部路を爽やかに激走!('07里山サイクリングin綾部)

地元消防団内の有志で、美味しいモノを食べ歩く「麺通団(東)志賀小隊」なる

グルメ探求集団を結成したのが、昨年の暮れ。

それ以来、ありとあらゆる美味しいモノを食べまくっているのだが、

「このままただ喰ってるだけでイイのか?」

「小隊長殿のお腹もメタボ調だし・・・」

そう思い始めていた時に「2007里山サイクリング in 綾部」なるイベントを発見!

自然を満喫し完走する事を目的とする初・中級者向けサイクリングという事で、

これぞまさに、私達にはもってこいのイベント。

「消防団員たるもの、日頃から心身共に鍛錬せねば」

そんなわけで今回、麺通団(東)志賀小隊より・・・

1番員:なべちゃん、3番員:やまちゃん、そして2番員:ARA!の3人が参加した。

 

Men2danaya_001_2
 ↑ 会場・発着点は「綾部市総合運動公園」

 

今年で2回目を迎える「里山サイクリング」。

会場に行ってみると、「お~居るわ、居るわ」 すでにエントラントで一杯。

駐車場の車を見てみると・・・他府県ナンバーも結構停まってる。

今回212名のエントリーがあり、これは前年の倍とのことで、

里山サイクリングの認知度も上がってきた様子。

 

Men2danaya_005_2
 ↑ 開会式

Men2danaya_006
 ↑ 綾部市長のご挨拶

Men2danaya_008
 ↑ スタートゲート前に並ぶ参加者達・・・1組10台で時間差スタート

Men2danaya_009
 ↑ いよいよ私達のスタート!まさにドキがムネムネ!

Men2danaya_010
 
 ↑ 颯爽とスタート!

Men2danaya_011
 ↑ 後続グループに抜かれまくる私達・・・皆ペース速すぎっ!

Men2danaya_012_2
 ↑ 大自然一杯の綾部路をMYペースで走る

Men2danaya_014_2
 ↑ コースの要所・要所には案内図があり、迷う心配なし!

Men2danaya_015
 ↑ 折り返し地点やチェックポイントなどではドリンクサービスあり

Men2danaya_016
 ↑ 志賀郷町内コース沿道にこんなものが!

Men2danaya_017
 ↑ スタートして約2時間、もう周りには誰も居ません(寂)

Men2danaya_020
 ↑ チェックポイント私市円山古墳公園・・・もうあと残り少し

Men2danaya_019
 ↑ コチラで車番を確認。私達の後ろはあと10台くらいのみとの事

 

スタート後、周りの景色を楽しみながらMYペースで走る麺通団(東)。

地元民の私達だが、普段めったに通らない道や初めて通る道なんかが

コース設定にあり、「へぇ~~ほぉ~~」と確認しながらの走行。

また、日常生活でよく利用する道でも、自転車でゆっくり走ると、

普段気が付かない色んな発見があり、とても新鮮。

この辺が自転車の良さなんでしょうね~。

今回、制限時間が3時間半ということで、大体3時間くらいでゴールする位の

ゆったりしたペース配分をしながら、のんびりと走行していた私達だが、

他のエントラントの方達はそうでもないようで、スタートしてからというもの

抜かれる!抜かれる!ガンガン抜かれまくった。

人間&マシン・・・本格的な装備をされた方達の、そのスピードと言ったら・・・

まさに弾丸! 里山の風になっていた。

私なんか、あまりにキョロキョロし過ぎて、1度側溝に落ちてしまいました・・・。

もっと真面目に走れ~~~~!

 

Men2danaya_021
 ↑ 今回最大の難所! まさに「中年破りの坂」!

 

いよいよ終盤、体力も消耗してきたところで待ち受けるのは

「あやべ桜が丘団地」&「綾部工業団地」の長~い登り坂!

後半になってこの登りはキツイ!

文字通り「歯を食いしばり」 なんとか走破!

ここをクリアすれば、残りはもうあと少し! ラストスパート!

 

Men2danaya_022
 ↑ 45kmを走り切り、遂にゴ~~~~~~~~ル!

 

周りをキョロキョロ、溝に落ちながらも、ひたすらペダルを漕ぎ続け、

遂に念願のゴ~~~ル!  ちなみに記録は「2時間42分」

いや~~走りました、走りきりました。

体は疲れたけど気分は爽快! やったぜという達成感でムネ一杯。

他の参加者や大会運営者達の暖かい拍手に迎えられてのゴールは感動的。

 

Men2danaya_023
 ↑ 完走証を手に記念撮影。おっ並んでる順がポンプ操法と同じだ!

 

制限時間内にゴール出来たので、受付にて完走証を頂戴する。

団員3人とも何事もなく無事ゴール出来、良かった良かった。

足がガクガクなのはご愛嬌(笑)

この調子で鍛錬していけば来年の「ポンプ操法」はバッチリかな??

 

Men2danaya_025
↑ 今回頂いた参加賞&抽選景品

 

「里山サイクリング」も無事終わり、次回の麺通団(東)運動部の予定は、

なんと、登山を計画! 来月頭に登るぞっと! 乞うご期待!

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年9月17日 (月)

必殺サイクリング・ヤッホー

いよいよ、あと1週間にまで迫って来た「2007里山サイクリング in 綾部」。

自然たっぷり45kmのコースを3時間半の制限時間内に走り切るという

イベントだが、参加に最低限必要なものは「自転車」と「ヘルメット」。

自転車は勿論準備完了なのだが、問題なのはヘルメット。

私が持っているヘルメットといえば、消防団のヘルメットのみ・・・。

サイクリングに使用するにはチト厳しい。

そんなわけで、「清水の舞台からバンジージャンプ」し、専用品をGET!

 

Men2dankame_040
 ↑ 「OGK W3R」

 

やっぱり専用品はカッコイイ! 持ってビックリめちゃ軽い!

「カーボン」柄を選ぶ辺りが私らしい??

これで秋の里山を激走だぁ!

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年9月15日 (土)

丹波七福神巡りサイクリング・ツアー

美味しいモノを求め、東へ西へと日々迷走するグルメ集団:麺通団(東)。

美味しいモノを喰いまくるのはイイのだが、「喰った分は動け!」という事で、

麺通団(東)内に運動部を設立した。

 

設立記念第1弾企画としては当ブログ8/31号にもご紹介したが、

今月23日に開催される「里山サイクリング」への参加を決定。

すでにエントリーも済ませたのだが、ここで気になるのは「里山サイクリング」で

走行する45kmという距離。

普段から自転車を趣味にしている人ならイイが、団員の中でそんな人間は居ない。

初老を迎えた我々団員達がいきなり45kmなんて長距離を走っても大丈夫なのか!?

ココは1発、練習&準備運動の意味も含め、ちょっと前もって走っておいた方が

イイのではないだろうか??

そんなわけで、急遽サイクリングツアーを企画!

題して・・・「亀岡七福神巡りサイクリング・ツアー2007秋の大収穫祭!」

 

「京の奥座敷」と呼ばれる京都府亀岡市は、天正年間に明智光秀が亀山城を

築き、城下町を開いたという、歴史とロマンに彩られた街。

そんな亀岡には自然を生かした、たくさんのハイキングコースが点在するのだが、

中でも最もご利益があるのが「丹波七福神めぐり」をするコース。

その名の通り、7つの各お寺に福の神様が1人ずついらっしゃる。

各お寺への距離は大体2km未満ということで、

まさに「里山サイクリング」の練習にはもってこいの丁度良い距離。

「これは行かねばなるまいっ!」ということで早速走ってきた。

 

Men2dankame_001
 ↑ 本日の主役:輸送母艦 ダットさん号

Men2dankame_002
 ↑ けっして某国へ運ばれる自転車ではありません・・・

Men2dankame_003
 ↑ 本日の参加・・・左:きんちゃん団員  右:なべちゃん団員

 

お日柄も良く、快晴の中を1番員:なべちゃんの運転するダットさん号が快走。

保津川を渡った所にある河川敷の駐車場に車を停め、いざ出発!

ここから府道25号線を突き進む。

参加マシンはマウンテンバイク、ロードバイク、ママチャリとバラエティ豊か(笑)。

炎天下の中、果たして完走出来るのか? 頑張ろう~~!

 

Men2dankame_004
 ↑ 25号線から脇道へ・・・いきなりダートだぁ!

Men2dankame_005
 ↑ 不安を感じ始めた頃、看板発見! あ~良かった・・・

Men2dankame_006
 ↑ 第一目的地到着! 「神応寺」さん

Men2dankame_007
 ↑ 笑顔と財宝を授けてくださると言われる毘沙門天さま

 

秋晴れの空の下、マイペースで気持ちよ~く、ペダルを漕ぐ3人。

観光マップを片手に、地元の方に道を尋ねながらも、何とか第1目的地到着!

おお~!ココか! おおっ~!毘沙門天様だぁ! 一同感動。

各お寺にこの石像の福の神様がいらっしゃる様子。

よ~し、次に向けて出発だ!

 

Men2dankame_009
 ↑ いろんな所を走ります

Men2dankame_010
 ↑ 第二目的地:「養仙寺」さん

Men2dankame_011
 ↑ 福徳円満、家内安全、子供の守り仏:布袋尊さま

Men2dankame_012
 ↑ 綺麗なお庭でした

Men2dankame_013
 ↑ 次へ向けて頑張る! しかし・・・暑い・・・

Men2dankame_014
 ↑ あまりの暑さに小休止・・・まだ先は長い・・・休んだら出発!

Men2dankame_015
 ↑ 第三目的地:「蔵宝寺」さん

Men2dankame_016
 ↑ 福徳利益をもたらす神様:大黒天さま

Men2dankame_017
 ↑ 今回我々が手こずったのが登り坂! お寺さんは大概高い所にある!

Men2dankame_018
 ↑ 第四目的地:「金光寺」さん

Men2dankame_019
 ↑ 七福神中唯一の女神、財福、七珍萬宝を授ける神:弁財天さま

Men2dankame_020
 ↑ とにかく登り坂が多い! 団員:なべちゃん、漕ぐのを諦めるの図!

Men2dankame_021
 ↑ 随分高い所まで来ました・・・眺め最高~!

Men2dankame_022
 ↑ 第五目的地:「耕雲寺」さん

Men2dankame_023_2
 ↑ 厄除、富貴如意、の神様:恵比寿天さま

Men2dankame_026
 ↑ さぁ、いよいよ残すは2箇所のみ! 気合いを入れてペダルを漕ぐ!

Men2dankame_024
 ↑ 第六目的地:「極楽寺」さん

Men2dankame_025
 ↑ 長寿の神様:寿老人さま

Men2dankame_027
 ↑ 残すはあと一箇所のみ! ラストスパート!

Men2dankame_028
 ↑ 我々のエネルギーも残り僅か・・・登り坂は歩く!

Men2dankame_029
 ↑ 遂に到着! 本日の最終目的地:「東光寺」さん

Men2dankame_030
 ↑ 人生円満の神様:福禄寿さま

Men2dankame_031
 ↑ スタンプラリー完成~~!

Men2dankame_032
 ↑ ゴール地点だけあって(?)、お茶のサービスが・・・あ、ありがたい!

Men2dankame_033
 ↑ 目的達成を祝し、記念撮影!

 

・・・走った、走った、走り倒しました!

とにかく、ほとんどのお寺さんは高~い所にあるため、登り坂を上がりまくり!

しかもハンパじゃない急な登り坂もあるわけで・・・

普段の不摂生がたたり、団員は息も絶え絶え・・・あ~エラ・・・。

しかし、苦労すればするほど到着した時の喜びも大きい!

おかげさまをもちまして、全てのお寺さん巡り完了!

あ~ありがたかった。

 

Men2dankame_034

Men2dankame_035

↑ 帰る途中、麺通団唯一の20代、唯一の独身:なべちゃんの

お願いで、「出雲大神宮」さんに寄ることに・・・。

こちらは「縁結び」で有名。

団員:なべちゃんに良縁がありますように・・・うふっ・・・。

さて、良縁を祈願したところで、ボチボチ帰路に着くことに。

※追記:この時点で彼女すら居なかった団員:なべちゃんだが、

この参拝後、彼女が出来、そして結婚されました。

御利益凄すぎ!

 

Men2dankame_036
 ↑ 桜並木を走る・・・春はとっても綺麗でしょうな~

Men2dankame_037
 ↑ 田んぼ道を走る

Men2dankame_038_2
 ↑ 無事スタート地点に帰還!

 

全走行距離 約20km     

所要時間 約3時間

「丹波七福神めぐりサイクリング・ツアー」 無事完走~~!!

ゴール地点に流れる清清しい風に体を休める団員。

えらかった・・・でも楽しかった!

さぁ、次は本番「里山サイクリング」だぁ!

 

さて、運動した後はお決まりのグルメ三昧!

「動いたら喰らう!」

このあと、パスタを喰らいに亀岡市内へ消えた麺通団(東)でありました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2007年9月11日 (火)

本家H.P祝4周年!

ARA!@hobby’sroom」 開設4周年!

2003年9月11日から立ち上げた、本家H.P「ARA!@hobby’sroom」が

本日めでたく4周年を迎えました。

ここ最近は更新ペースも遅くなり、各方面の方からお叱りを受けている状態ですが

(特にレース関係者の皆さんには大変ご迷惑をお掛けしております)

「私の好きなモノばかりを集め、皆様にご紹介する」というコンセプトのもと、

これからもマイペースで、色んなモノを楽しくご紹介していきたいと、

思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2007年9月 9日 (日)

蕎麦打ちツーリング!

秋である・・・待ちに待った秋・・・全オープン乗り待望の季節到来。

「オープンの秋」、そして「食欲の秋」を一度に満たそうと

先日、RS仲間&幼稚園PTA会長仲間(笑)のサキリコさんとご一緒した。

名付けて・・・

「丹後一周早朝ツーリング&蕎麦打ち体験ツアー2007オータムスペシャル!」

 

Ine_002_2
 
 ↑ AM6:00 KTR大江駅にて待ち合わせ

Ine_012
 
 ↑ まずはサキリコ号チェック! 内装フェチの私はやはり内装が気になる

Ine_013
 ↑ AWDのメーターパネルかっこいいですな~! ハンドル無いし!

 

今回全ての行程をサキリコさんのエスコートでお世話になることに・・・

私はまさに「見てるだけ~」ならぬ「ついてくだけ~」のお気楽状態。

2台だけなので、コースはサキリコさんの気分次第で臨機応変に決定。

 

Ine_008
 ↑ マウンテン区間激走!

Ine_009
 ↑ 鬼伝説で有名な大江山山頂よりの眺め。遠くに雲海が見える

Ine_017_2
 ↑ 早朝のため、道も空いてて気分がイイ!

Ine_021_2
 ↑ 第1観光ポイント 伊根町太鼓山の風車

Ine_026
 
 ↑ 第2観光ポイント 碇高原

Ine_023
 ↑ 牛発見!

Ine_027
↑ ちょっと一服  なんかハイジが居そうな雰囲気ですな~

Ine_030
 ↑ 緑の中で記念撮影

Ine_034
 
 ↑ 高原から海も見えます

 

サキリコさんの先導のもと、峠という峠を走りまくる!

仕事の関係や、ツーリング等で、随分丹後方面は走り倒しているハズだが

まだまだ私の知らない峠道がたくさんあってビックリ!

天候は快晴とはいかなかったが、逆にエエ感じでハーフウエット路面だったので

ヘアピンがあると・・・ガバっとアクセルON!・・・逆ハン切って・・・

峠道・・・楽しませて頂きました・・・。

峠を堪能したらお次は今回の目玉:蕎麦打ち体験へGO!

 

Ine_035
 ↑ 蕎麦打ち体験をお世話になった「水の江里 浦嶋公園」

Ine_038
 ↑ ここからはサキリコさんファミリーと合流!

Ine_037
 ↑ 浦島太郎の像が・・・

 

誰もが知っている昔話「うらしまたろう」・・・

その伝説の中でも起源が古いのが、ここ伊根町の浦嶋伝説。

一般的に知られている浦嶋伝説とは少し違った伊根町の浦嶋伝説を

伝えるためにオープンしたのが、ここ「浦嶋公園」とのことで、

公園内には浦嶋伝説に関係するモノの展示や、お土産等の販売が

されておりました。

そしてココの目玉が地元産の「筒川そば」を使った蕎麦打ち体験。

お一人様2000円也を支払って早速チャレンジ!

 

Ine_040
 ↑ まずは「そば粉」にお湯を混ぜて、こねる作業から

Ine_041
 ↑ ARA!Jr.頑張る! お店の方に指導してもらいながらの作業なので安心

Ine_043
 ↑ エエ感じになってきました

Ine_044
 ↑ コネコネ出来たら、お次は薄~く伸ばす

Ine_046
 ↑ 全ての行程、息子任せ。 私は見てるだけ(笑)

Ine_047
 ↑ 最終的にはこのくらい薄く伸ばす

Ine_048
 ↑ 切る! ここまで来たらあともう少し

Ine_050
 ↑ 切れた~!  ん? なんか太さがマチマチ?

 

蕎麦打ち初体験の私(結局全部息子がやった)・・・上手く出来るのだろうか?

しかし心配無用! お店の方が最後まで親切丁寧に指導してくれます。

サキリコさんファミリー&ARA!ファミリーでワ~ワ~!キャ~キャ~!

楽しく、蕎麦打ち体験出来ました。

最後の締めはお待ちかねの実食!

自分達が打った蕎麦をその場で茹でてもらって喰らう!

 

Ine_052
 ↑ 汗と涙の結晶:MYセルフ筒川そば

Ine_053
 ↑ うどんではありません、きしめんでもありません、あくまで蕎麦!

 

苦労して作ったお蕎麦、お味の方は・・・感無量でした(笑)

なかなか均一に細く切るのは難しいのよね~~・・・。

しかし、自分の手で(私は何もしてないが)打った蕎麦は格別!

非常に楽しかったので、「蕎麦打ちキットを」購入して、

自宅でも挑戦してみようかな??

 

「水の江里 浦嶋公園」

京都府与謝野郡伊根町本庄浜111-1

TEL 0772-33-5225

営業 4月~11月/9:00AM~4:00PM 

    12月~3月/9:00AM~3:00PM

休 水曜日(祝日の場合は営業)

 

さて、蕎麦喰らったあとはサキリコ号&サキリコ奥さん号、そしてARA!号の

3台にてツーリングを再開。 またまた峠道を楽しませて頂きました。

ちなみに奥さんの運転・・・速かった・・・さすがサキリコさんの奥様。

 

Ine_055
 ↑ 帰路・・・経ヶ岬より

 

ツーリングの締めは、サキリコさんお薦めのダイニングキッチンでランチ。

美味し~~いハンバーグ&ステーキを堪能。

お腹が膨れたところで、今回のツーリングは終了!

現地解散となったのでありました。

 

今回、早朝6時より行動開始ということで、ツーリングルートは何処も

空いていて非常に走りやすく、ストレスの溜まらない、本当に楽しい

ツーリングとなった。

最初から最後までお世話になりっぱなしだったサキリコさんに感謝!!

※ サキリコさんのブログ・・・「ふたりはサキリコな日記」も要チェック!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2007年9月 8日 (土)

早朝ツーリング!

早朝ツーリング!
本日は早朝ツーリングなり!
現在、KTR大江駅で待ち合わせ中。

2007年9月 2日 (日)

麺通団(東)第1分隊出動!

さて、麺通団(東)である。

本日は早朝より毎月始め恒例の消防団活動に出役、

その後、麺通団(東)の出動!と相成った。

今回は原点に戻り「麺喰い」に行く事に・・・

兼ねてより調べていたのだが、兵庫県篠山市に美味い蕎麦屋があるとの事。

その名は「波之丹州蕎麦処 一会庵」さん。

グルメランキングでも上位に入っているという人気店だ。

麺好き・蕎麦好きの我々は胸を躍らせつつ、早速行ってみた。

 

Men2dan921
 ↑ 多少、分かりにくいがナビを頼りに何とか到着!

Men2dan922
 ↑ 店の周りはこんな感じ。ちなみにココは駐車場

Men2dan923
 ↑ 趣きがあってエエですな~

Men2dan924
↑ 開店前にも関わらず、もうすでに行列が・・・さすが人気店

Men2dan925
↑ 店内の雰囲気もこれまたエエ感じです

Men2dan926
 ↑ 待ってましたよ!お蕎麦ちゃん♪

Men2dan927
 ↑ 透き通った美しい麺でした

 

のどかな田園風景が広がる中にある「一会庵」さん。 萱葺き屋根が目印。

前回行った蕎麦屋「平家そば」&「そばの花」さんと雰囲気が似ており、

外観もエエかんじですが、店内も昔ながらの日本家屋そのモノで落ち着きます。

(前回の蕎麦屋ツアーの模様は当ブログ6/24号をご覧あれ)

肝心のお蕎麦の方は・・・非常にツヤのある、透き通った麺で、

腰がしっかりあり、歯ごたえ十分、つるつるシコシコという感じ。

とっても美味しく、あっという間に完食した私でした。

 

※ 「波之丹州蕎麦処 一会庵」

〒669-2318 兵庫県篠山市大熊10-2

カーナビ検索位置表示 (北緯35°04’59” 東経135°14’16”)

TEL (079)552-1484  

昼11:30~14:30売り切れ御免  定休日 木(祝祭日は営業)

 

さて、前回と同じくココで終わらないのが麺通団(東)の麺通団(東)たる所以。

せっかく篠山市まで来たのだから、もう一軒蕎麦喰おう!ということで、

「一会庵」さんから程近い「一休庵」さんという蕎麦屋へ行く事に・・・。

 

Men2dan928
 ↑ 立派な門構えの「一休庵」さん

Men2dan929
 ↑ こちらでも「ざる」を注文。やっぱ蕎麦といえば「ざる」でしょ!

Men2dan9210
 ↑ 透き通った綺麗な麺

 

「一休庵」さんの場所もアウェーの私達には分かりづらい所でしたが、

ナビと野生の勘を頼りに何とか到着。

先ほど訪れた「一会庵」さんとは趣きを異にするゴツイ門構え。

蕎麦以外にも、「ぼたん鍋」や「かも鍋」なども食べる事の出来るお食事処。

肝心のお蕎麦は・・・つなぎを一切使用しない10割蕎麦ということで、

もっとクセがあるかと思いましたが、程好い蕎麦独特の香りを

楽しませてもらい、ここでも「あっと」いう間に完食したのでありました。

 

※ 「十割そば 丹波 一休庵」

〒669-2337 兵庫県篠山市山内町78-2

TEL (079)554-1930

 

二軒蕎麦屋を「ハシゴ」した我々麺通団(東)は大満足で帰路に。

途中「道の駅 黒豆の館」にて、さらに黒豆アイスを喰らうのであった・・・。 

 

しかし!実は篠山市にはさらに有名な人気蕎麦屋があるとのこと。

そちらは次回の宿題ということに・・・。

待ってろ篠山! また行くぞい!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ