フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« ナイト・サイクリング仕様2007 | トップページ | CYCLE SPORTS »

2007年9月30日 (日)

ヤァ!ヤァ!ヤァ!Tomoyanがやって来た!

「Tomoyan」と言うより、「FUJI」と言った方が、古くからの「本家H.P」・・・

特に「RC日記ミニッツ編」ご愛読の皆さんには、なじみ深いだろうか?

Tomoyan氏・・・彼との出会いは、今を遡る事4年前のラジ天三田店にて。

三田店レースに参戦し始めの頃は、そのチェリーボーイぶりをいかんなく発揮。

予選~決勝と、どんどんテンパッていき、耳まで真っ赤にして

緊張していたのを今でも思い出す。

レース中、私の必殺「忍法口車(※)」に引っ掛かり、クラッシュもしてたっけ。

※「忍法口車」とは、レース中わざと他選手に話し掛け、集中力を奪うという

  卑劣な技である。チビッコはマネしないように。

そんな彼も天性の「何か」を発揮、メキメキと頭角を現わし

2004年のミニッツカップでは見事チャンピオンの座を奪取。

京商ミニッツカップ2004 MR-02クラス 関西チャンピオン」 にして、

私の永遠の「手下」・・・と言ったら彼は怒るだろうか? いや、喜ぶだろう(笑)

私と「干支」が同じという、まさに一回り若い私の友人・・・

シャイでチェリーなナイスガイ、それがTomoyan氏だ。

 

そんな彼が以前から私に言っていたのが・・・「ロードスターに乗りたい」。

私のH.Pやブログを見て、実は密かに興味を持っていたらしい。

お~お~お~!そんな事ならいらっしゃ~い!

そんなわけで、彼との男2人ラブラブ・オープンドライブが始まった。

 

Atnb_001
 ↑ レアカラーのレガシーでやって来たTomoyan氏

 

兵庫県民である彼は、普段めったに我が居住区:京都北部には来ないとのこと。

よ~し、それなら行ちゃいましょう! 

京都府北部のエエとこを案内しちゃいましょう!

名付けて・・・

「山だ!海だ!温泉だ!ポロリもあるかも?京都北部の旅2007秋!」

 

Atnb_002
 ↑ まずはマウンテン区間を快走!

 

何処を案内しようかな~?と悩んだのだが、京都北部ビギナーということで、

ここはやはり、定番の「丹後半島一周」が良かろうということで一路丹後へ。

山あり、海あり、グルメありで、きっと喜んでいただけるだろう。

R27~R175~R176と経由し、与謝峠へ入る。

休日とはいえ、海水浴シーズンではないので交通量は少なく、快適に峠越え。

「加悦SL広場」~「加悦古墳公園」~「野田川ひまわり畑」等を横目に見つつ、

まず目指したのが京丹後市大宮町にある、「蕎麦処 歌仙」という蕎麦屋。

旅の始めは腹ごしらえから!

 

Atnb_005
 
 ↑ 「蕎麦処 歌仙」  工事中で萱葺き屋根が見れず残念・・・

Atnb_003
 
 ↑ ざるそば大盛り(1155円)

Atnb_004
 
 ↑ 薄緑っぽい白めのそば

Atnb_006
 ↑ ちなみにコチラは「小野小町資料館」

 

平安時代の女流歌人:小野小町の伝説にちなんで造られた、

「小野小町公園」内にあるのが、この「蕎麦処 歌仙」さん。

十割そばということで、蕎麦の香りを十分楽しみました。

実は以前にもお邪魔したことがあるのだが、その時よりも麺が細くなった印象。

今まで訪れた、どの蕎麦屋よりも細~いのだが、コシはしっかりシコシコ。

大変美味しゅうございました。

※ちなみに以前お邪魔した時の模様はコチラを・・・クリック!

 

「蕎麦処 歌仙」

京都府京丹後市大宮町五十河302  TEL 0772-68-0871

営業 AM11:30~PM16時   定休日 水曜(祝日の場合は翌日)

 

Atnb_008
 ↑ 次にやって来たのがコチラ!

Atnb_007
 ↑ カメラフェチでもあるTomoyan氏が激撮!

 

さて、お次にやって来たのが巨大建築構造物の好きなTomoyan氏の為に

伊根町にある「太鼓山風力発電」の巨大風車見学。

初めて見る風車の、その巨大さにビビって、たじろぐ彼。

喜んでいただけたようで何よりです。

しかし今回のコース・・・前回サキリコさんとご一緒したツーリングコースと、

ほぼ同じですな・・・(汗)。

※サキリコさんとの思い出は当ブログ2007/9/9号をチェック!

 

Atnb_011
 ↑ 後輪駆動車特有のアノ遊びを体験してもらうため、峠をフル活用

Atnb_012_2
  ↑ 峠で一汗かいた後は温泉へ

 

さて、人里離れた山奥でFR車の挙動を十分堪能して頂いたところで、

今度は弥栄町にある「あしぎぬ温泉」へやって来た。

前方後円墳をイメージした「王国の湯」と、打たせ湯やジャグジー、

箱蒸し等がある「卑弥呼の湯」など、多彩な浴槽が揃っているのが特徴の温泉施設。

ジャグジーに、露天にと、気持ちよ~~~く入らせて頂きました。

ここで一句・・・「若いのに タルミ気味だぞ Tomoyan腹」 字余り

 

「弥栄あしぎぬ温泉」

京都府京丹後市弥栄町木橋1146  TEL 0772-65-2000

営業 AM10時~PM22時  定休日 水曜(祝日の場合は営業)

 

Atnb_013

Atnb_014
 ↑ 途中から天気も回復 快晴に! 気持ちイイ~!

Atnb_022
 ↑ マウンテンコースからシーサイドコースへ突入!(屏風岩前にて)

Atnb_024
 ↑ コチラは伊根町にある「道の駅 舟屋の里伊根」 

Atnb_023
 ↑ 伊根町といえば・・・遠くに見えるのが(見えない?)舟屋

Atnb_025
  ↑ 普段見慣れない日本海にご満悦のTomoyan氏

Atnb_026
 ↑ 秋晴れエエでんな~~オープン最高!   

 

最初は、曇天スタートだった今回のラブ・ツーリングも時間を追うごとに、

お天気回復~快晴に! ふひ~~やっぱり気持ちエエでんな~~。

ロードスターに乗れる幸せを噛み締めつつ快適クルージング。

マウンテン区間~シーサイド区間を堪能。

いよいよ今回のラブ・ツーも終盤へ・・・

宮津市~日本三景:天橋立を横目に見つつ、鬼伝説で有名な大江山越えへ。

 

Atnb_028
  ↑ 超巨大鬼瓦と記念撮影

Atnb_030
  ↑ 「酒呑童子の里」内にある「日本の鬼の交流博物館」

 

かつて私がRC屋時代、RCコースを常設し毎月レースを開催していた所が、

実はコチラ「酒呑童子の里」というアウトドアスポット。

コチラの一角にある広大な駐車場をお借りし、皆とワイワイやっていた。

まさに私の青春の1ページを飾るのに欠かせない記念の場所。

いつかきっともう1度・・・

 

「酒呑童子の里」

京都府福知山市大江町仏性寺  TEL0773-56-0095

定休日 月曜(夏休み中は無休)

「日本鬼の交流博物館」

京都府福知山市大江町仏性寺909  TEL0773-56-1996

営業 AM9~PM17時  定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)

 

Atnb_033
 ↑ Tomoyan氏 初オープンドライビング!

 

さて、今回の「男2人旅」もボチボチ終了に近付いてきた。

レース遠征で北へ南へと、彼とは色んなところへ旅したが、

今回はいつもとは違い、「まったり」とドライブを楽しませていただいた。

Tomoyan氏も京都北部を満喫したご様子。良かった良かった。

そして、実は今回の裏目的が「Tomoyan氏をRSの虜にする大作戦」・・・

だったのだが、コチラの方もどうやら大成功。

実は今彼は、車を乗り換えようと思案中。

第1候補は「シビック タイプR」だったのだが、今回の旅の間中

「FRの楽しさ」 「オープンドライブの楽しさ」 そして「RSの素晴らしさ」を

徹底的に叩き込み、洗脳しまくった私。

仕上げにRS関連のビデオをお土産に持たせたのであった。

次回ツーリングは彼のロードスターと2台で・・・期待してまっせ~!

 

さて、これにて今回のラブラブ・ツーリングはおしまいっ!

・・・と、ならないのが私達・・・

彼の強い要望でサイクリングもすることに!

200km以上ツーリングしたあとにサイクリング! 

どんなけ走ったら気が済むんやっ!

 

Atnb_034
  ↑ 缶コーヒーの景品:Tomoyan氏の愛機じゃぐわ~~

Atnb_035
 ↑ おお~~まさしくジャガーだ!

 

すっかり日の暮れた里山をギコギコとペダルを漕ぐ2人であった・・・

※Tomoyan氏のブログはコチラ・・・「The world of Tomoyan

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ナイト・サイクリング仕様2007 | トップページ | CYCLE SPORTS »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

サイクリング(MTB 26インチ)」カテゴリの記事

ロードスター(スポーツカー)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

レガシーレアカラーのロードスターを見れる日が楽しみです(笑)

先日は丸一日お疲れ様でした。
すっかりRSの虜になっちゃいました。
はたしてレガシーイエローなロードスターは登場するのか!?

サキリコさん>
先日の男二人旅…まさに前回サキリコさんとご一緒したコースと同じでした(笑)やはり丹後半島一周は、山あり、海あり、ドリフトあり?で楽しいですねー。次回、レアカラーRSが登場出来るよう、より一層洗脳に励みます!

Tomoyanさん>
一言…買いなさいっ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/16617364

この記事へのトラックバック一覧です: ヤァ!ヤァ!ヤァ!Tomoyanがやって来た!:

« ナイト・サイクリング仕様2007 | トップページ | CYCLE SPORTS »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ