フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

西部警察

『西部警察』という伝説的番組があったのを覚えてらっしゃるだろうか。

西部警察・・・

爆破した車両台数4680台(1話平均20台)、総火薬使用量約4800kg!

’79年10月の放映スタートから5年間もの間20%以上の高視聴率を

獲得し続けてきた空前絶後のポリスアクションシリーズ。

渡哲也演じる「大門団長」にシビれたお父さんも多かったことでしょう。

私はとにかく大門さんの持っている、ポンプアクションのショットガンが

欲しかった・・・ついでにサングラスも・・・。

そんな「西部警察」世代の私に直撃のモノがコンビニに・・・

 

00aoba_020
 ↑ 西部警察オリジナルマシン「RS-3」

 

今、GEORGIAの缶コーヒーを買うと、こんなミニカーが付いてくるのだ。

全部で6種類。スーパーZやマシンXなんかもある。

くぅ~~~こんな商売しやがって~~買っちまうじゃないか~~。

                                                                
                                                    

2007年11月27日 (火)

M的?トレーニング開始

00aoba_012
↑ 我が家に荷物がやって来た

00aoba_017
  ↑ ご開帳~~~何だコレは??

00aoba_019
 ↑ 組み立てると・・・自転車練習用ローラー台でした

 

10年程前から、車にMTBを積み込み、林道ツーリングなどに

ちょくちょく出掛けてはいたのだが、コンスタントに乗り続けているのは、

やはりココ数ヶ月のこと。 「精神鍛錬&精力増強」が大きな目的だが、

やはり天気の良い日に、素晴らしい眺めを見ながらのサイクリングは、

ストレス解消にもってこいだ。

 

しかしながら、普段乗るのはどうしても仕事が終わってからの夜が中心。

この季節、と~~~っても寒いので、夜走るのは徐々に辛くなってきた。

つい先日も、あまりに寒いので(ていうか痛い)、気温を測ってみると・・・

ナント「0℃」! そら寒いはずですわ。

まぁ、でも寒いのは防寒対策をしっかりした格好で走ると何とかなるので良い。

雨の日も、カッパを着て走っているので、これもどうにかなっている。

 

しか~~~~~~し! どうにもならない季節がもうすぐやって来る。

「真冬」である。我が京都府北部は雪が降るのである。積もるのである。

毎年我が家の庭にも50cm以上の降雪がある。

こうなると、もう自転車どころの騒ぎではない。

さすがに積雪した道路、凍結した道路を走ろうとは思わない。

それでも、やはり自転車には乗りたい・・・

そこで登場するのが、自転車トレーニング用のローラー台である。

まぁ、なんだルームランナーみたいなもんだな。

 

ローラー台には「固定式」と「3本式」とあるので、どちらにするか悩んだのだが、

ペダリングスキル向上、バランス感覚向上を狙って、

より実走感に近い「3本式ローラー台」を購入。

これで、多い日も安心(雪が)! 

・・・ただ・・・ローラー台トレーニングって・・・ちょっとマゾっぽいですよね。

全く景色も何も変わらない所で、黙々とペダルを踏む・・・

まさに「THEトレーニング!」

よ~し、今年の冬は自分をいじめちゃうぞ~!

 

さて、先週分の漕ぎ漕ぎ&フィットネスは・・・

  • 19日(月)     0km
  • 20日(火)     0km
  • 21日(水)     0km(+水泳1.5km&水中歩行1.0km)
  • 22日(木)     0km(+水泳1.5km&水中歩行1.25km)
  • 23日(金) 31.51km
  • 24日(土) 35.73km
  • 25日(日) 10.01km(+青葉山登山)

てなわけで、合計77.25km。 ノルマクリア出来ず・・・。

く、く、く、今週こそは・・・

                    
                                                                                                                                                                          

2007年11月25日 (日)

青葉山再び!

児童の運動能力低下が深刻な問題になっている昨今。

確かに、我が息子がお世話になっている幼稚園の登・降園は

保護者が自動車等で送迎するようになっている。

 

今から30年以上前、私が幼稚園児の頃は登・降園共、勿論歩き・・・

登園は近所の子供たちと集団で、降園はバラバラで帰っていた。

何が楽しみって、降園時の「道草」!これにつきる。

友達の家に寄ったり、駄菓子屋に寄ったり、川で遊んだり、山で遊んだり、

親も良く心得たもので、子供の帰りが遅くなっても心配したりなんかしない。

「まぁ、お腹が空いたら帰ってくるだろう」・・・こんな感じだった。

昔は本当にのんびりしてましたな~~~(遠い目)。

 

今は訳の分からない凶悪犯罪のせいで、こんなのんびりした事は出来ません。

もうあんな古き良き時代は戻って来ないんでしょうか??

そんなこんなで「歩く」ということが減っている今の子供たち。

我が息子も例外ではない。まさに運動不足。

これではイカン! 

もうボチボチARA!家を背負って立ってもらわねば!(まだ6歳ですが・・・)

ということで、「ARA!家健康促進企画」として登山を決行することに。

 

向かった先は前回「麺通団(東)健康促進企画」で登った「青葉山」。

※この時の模様は当ブログ11/6号を参照

00aoba_011_3
 ↑ 「若狭富士」こと青葉山へGO!

00aoba_003
 ↑ 木々の間から、ひょこっと見えるのが目指す山頂!

00aoba_004
 ↑ 頑張れ! 息子よ!

00aoba_009
 ↑ 岩山も登る!

00aoba_010_2
 ↑ 素晴らしい紅葉でした

00aoba_006
 ↑ そして登頂成功。 やはり山頂からの眺めは最高!

 

子供を鍛えることを目的とした今回の登山。

最初は意気揚々と登り始めた息子も、半分を過ぎる頃にはバテ始め、

小休止の回数が増えてきた。やはり日頃の運動不足のせいであろう。

そんな息子を叱咤激励しながら、なんとか登り切る事に成功。

さすがに山頂からの眺めには感動したようで、

いつまでも、いつまでも眺めていた息子であった。

 

今回、日頃の運動不足を解消することは勿論だが、

身体と共に、精神力も鍛えてやりたかった。

「最後まであきらめることなく、努力すれば必ず結果は出る」

・・・ということを教えてやりたかった。

最後まで登り切ったからこそ、この素晴らしい眺めを見ることが出来るんだよと。

 

余談ではあるが・・・

最近、自転車に乗るようになって分かったこと・・・それは・・・

「自転車は人生の縮図である」

自転車というものは自分の力で移動する乗り物である。

自分自身の足でペダルを漕いで、初めて前へ進むことが出来る。

漕ぐのを止めると前へは進まない。

 

どんなに辛くても、しんどくても、漕ぎ続けなければ先へ行くことは出来ない。

上り坂・・・なんでこんなにエライんやろう・・・もう止めようかな・・・

ココで漕ぐのを止めれば、坂を登りきることは出来ない。

しかし、どんなにゆっくりでもイイから最後まで漕ぎ続けることが出来れば、

どんな険しい上り坂でも登ることは可能だ。

 

そして、嬉しいことに諦めず努力した者にだけ、

神様からのご褒美が用意されている・・・それが「下り坂」。 

うひょ~~楽ちん~~~!

この達成感・満足感、そして下り坂の爽快感は、最後まで諦めずに

ペダルを踏み続けた者にだけ与えられるご褒美なのだ。

人生もしかり。

歩き続けることで前へ進むことが出来る。

そして、努力した者、最後まで諦めなかった者にだけ、

何か素敵なご褒美が用意されているのであろう。

 

何事も中途半端、自分の欲のまま生きてきた私・・・

ん~これではイカン! 子供の手本になるような親父にならねば!

そんなこんな思いながら今宵もペダルを踏む私であった。

しっかし、登山のあとの自転車は効っく~~~~~!

my太ももちゃんが悲鳴を上げてま~す。 きゃぁぁぁ~!

        
                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

2007年11月23日 (金)

悪路走破林道アタック!

巷では『メロンパンのうた』という歌が流行っているらしい。

なんでも小学生シンガーソングライターのデビュー曲とのこと。

実は私も小学生の時・・・ではないが中学生の時に曲を作ったことがある。

題名は・・・『農道 it’s My Road』

どんな歌か一節ご披露すると・・・

 

「農道は俺の道だ~~~怖くなんかないんだよ~~農道は俺の道だ~!」

 

とても素敵なメロディがついているのだが、お聞かせできないのが残念だ。

ちなみにこの曲は私が中学生当時、軽トラで農道を爆走していた時(時効)に

思いつき、熱唱していた思いで深い歌である。

 

そんなわけで(どんなわけ?)、私は元々舗装されていない悪路が好きだ。

昔から実車で林道を探しては走り倒していた。

実は今でも密かにジムニーが欲しかったりなんかする。

そんな私に麺通団(東)団員:なべちゃんから悪の誘いが・・・

「一緒に林道走りに行きましょう! 車は用意します!」

車を用意しますとまで言われた日には・・・

据え膳喰わぬは男の恥! 二つ返事で誘いに乗った私であった。

 

000rin_001
 ↑ 我が家に四駆がやってきた!

 

なべちゃんが用意してくれたのは、驚異のクロカンマシン:ジムニー!

そしてもう1台、麺通団(α):なべちゃん兄のジープ!

キャ~!素敵~!これは楽しくなりそうだ!

そんなわけで、「麺通団(東)自動車部」の出発~!

 

000rin_002_2
 ↑ まずはジムニーからドライブ。 悪路を求め山へ!

000rin_003
 ↑ エエ感じになってきましたよ~

000rin_004
 ↑ お~これはまさしく悪路だぁ!

000rin_005
 ↑ お兄ちゃん、どんどん突入!

000rin_006
 ↑ 私もアタック!

000rin_007
 ↑ 外から見てるとこんな感じ

000rin_009
 ↑ 私もどんどん突入!

000rin_008
 ↑ しか~~し! 行き止りでした・・・

000rin_010
 ↑ 必殺:赤土地獄! 1度入ったら抜け出せない!

000rin_011
 ↑ ガハハハ! タイヤがスリック状態に!

000rin_012
 ↑ 赤土地獄と格闘の後は一休み

000rin_014
 ↑ 休憩中に発見・・・なんとグリルセンターのバーが「木製」だぁ!

000rin_015
 ↑ 今日はこ~んな所で遊んでました♪

000rin_016
 ↑ まさに山の「ど真ん中」

000rin_017
 ↑ さぁ、今度はジープの試乗タイム! ん~スパルタンだぁ!

000rin_020
 ↑ これぞ「四駆の王道」ってカンジですな~~

000rin_018
 ↑ おお~! どこ行くの!? そっちは崖だよ~!

000rin_019
 ↑ こんな所も平気で行っちゃいます! さすがジムニー!

000rin_021
 ↑ 悪路を満喫し、ご満悦の私♪

 

いや~走りました、走り倒しました、悪路を。

やっぱり林道は楽し~~!

いつもはロードスターを筆頭に車高短車ばかり乗っている私ですが、

実は四駆も大好物なんです。悪路を走りたいんです。

ぐぐぐ・・・また物欲虫が騒ぎ出したぞ・・・

スズキのお店には当分近付かないようにしよう・・・

             
                                                                      
                                                

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2007年11月22日 (木)

趣味本まみれ

Otoko_002

↑ 本日入手分の雑誌

「自転車専門誌」に「ファッション通販誌」・・・

「読書の秋」とはいえ、やはり趣味本ばかり・・・

これがまた物欲を刺激するんだ・・・

2007年11月21日 (水)

ミニッツ整備中

最近すっかり自転車ブログ化してきているが、本業の方も忘れずに・・・

近日開催予定の「ミニッツ旧車ミーティング」に向けてミニッツ整備中!

Otoko

2007年11月19日 (月)

着るサプリメント

Skins2

オーストラリア発のブランド「SKINS」をご存知だろうか。

スポーツをやってる人ならおなじみのブランド。

着用するだけで運動効率を上げ、筋肉をサポートし、

疲労感を軽減させてくれるというテクニカルウエア。

スポーツ中は勿論の事、就寝時に着用すれば、筋肉痛・疲労感を

翌日に持ち越さないというスグレもの。

 

自転車に、水泳、ウォーキング、ジョギング、登山etcと、

最近は「なんちゃってスポーツマン」の私であるからして、

こういうグッズは非常に気になるところ。

そんなわけで、買っちゃいました・・・上下・・・。

上下で2万円を越すのは痛いところが、筋肉痛はもっと痛い。

早速着て寝てみようっと!

 

さて、なんちゃってスポーツマンの先週の活動は・・・

  • 12日(月)     0km(+スイム1.5km&水中歩行1.0km)
  • 13日(火) 21.89km(+スイム1.5km&水中歩行1.0km)
  • 14日(水) 21.90km(+スイム1.5km&水中歩行1.0km)
  • 15日(木) 23.33km(+スイム1.0km&水中歩行1.0km)
  • 16日(金) 23.02km
  • 17日(土)     0km
  • 18日(日)     0km

合計90.14kmでノルマ達成せず・・・ぐぐぐ。

今週こそはノルマ達成目指し頑張るぞっと!

 

2007年11月18日 (日)

ARA!の建物探訪

ラジコン天国三田店のミニッツレースをきっかけに、

今まで常連さん=色んな方達と交流を深めてきた。

京都府民の私であるからして、本来なら兵庫県民の方と

ここまで激しく交流するということは無かったのかもしれないが、

こうしてお付き合いがあるということは本当にありがたいところ。

中でも特に親しくしていただいてる方達とは、ミニッツレースを離れても

色んな場面でご一緒させてもらい、親交を温めている今日この頃。

また、ミニッツということで言えば、「関西大会」や「全国大会」に

出場したおかげで、北は北海道から南は九州までネットワーク=人の輪が出来た。

それは私にとって財産であり、かけがえのないものである。

 

そんなミニッツ仲間の中でも、ラジ天三田店ミニッツシーンの最初期を

大いに盛り上げたメンバーの1人が「ナンちゃん氏」。

カツカツ・カリカリにならず、常に肩の力を抜いたスタンスで、

「三田店のお笑い部門担当」と言われることもあったが(笑)、

「2004ミニッツカップ神戸大会」では、カップに向けての練習を全くせず、

ウレタンは当日が初走行、マシンなんか前日組み上げた新車という、

実にレースを舐めた状態でN1クラスに参加、あっさり3位表彰台で、

全国大会へのキップをGETしたという実力の持ち主。

※「神戸大会」の模様はコチラをクリック→「本家H.P RC日記カップ参戦記

 

そんなナンちゃん氏から久々に連絡・・・

「家を新築したので是非遊びに来て下さい!」とのこと。

おお~夢のマイホームですか! それはめでたい!

行かせてもらいます!行かせてもらいます!

そんな訳で、兵庫県は加西市某所に向かったのであった。

 

Minami3
 ↑ ナンちゃん邸 まさに夢の一戸建てマイホーム!

Minami1
 ↑ 勿論ラジコン部屋も完備!

Minami2
 ↑ 出た~! AWD専用ドリフト練習コース! 一部屋使いきり!

 

ナンちゃん邸潜入!

今時の非常にお洒落なおウチです。

しかし! さすがは趣味の人:ナンちゃん!

自分の趣味の部屋はしっかりとつくってあります。

ミニッツグッズをはじめ、釣り関係、ゴルフ関係、ボーリング関係、

ビリヤードに、スノーボードに、インラインスケート・・・趣味グッズぎっしり。

 

そして、お二階を拝見すると・・・

あちゃ~~! ありました! やちゃいましたか!

ミニッツAWD専用ドリフトコース!

定常円旋回やりまくり!

まさにヤリたい放題のナンちゃん氏・・・

大黒柱たる者、こんなことでイイ~んでしょうか???

いや、イイ~~~んです! これでこそ一家の長!

これから先、何十年もローンと戦っていくんです。

自分の建てた家くらい、自分の好きなようにしてください!

そんなわけで、ナンちゃん邸を隅から隅まで見学した私でした。

そしてこの日はもう一軒、同じくラジ天三田店ミニッツシーンの最初期を

盛り上げまくった常連:かっしゃん氏のお宅も拝見!

かっしゃん氏こそが、ラジ天三田店ミニッツお笑い部隊の隊長その人なり。

コチラのお宅がまたスゴイ!

伝説のミニッツ部屋には超お宝レアミニッツボディが山積み!

山積みって、ほんとに山積みなんだからスゴイ!

これをマニアもしくは業者が見たら・・・垂涎の的間違いなし!

そして、実車のガレージにもスゴイものが・・・

 

Kas1
 ↑ 伝説のゼロヨンマシン:かっしゃんランエボⅢ

 

各地のゼロヨン大会を総なめにした伝説のマシンとご対面!

どのくらいスゴイって、全国大会で1,2位を争う実力!

この車のテールを拝まされた人も多いでしょう。

改造費は家が建つほど! ん~~素晴らしい・・・(汗)

ていうか、私の周りの人って趣味に特化した人ばっか・・・恐ろしい・・・。

 

R1_004
 ↑ 左からTomoyan、ARA!、ナンちゃん、かっしゃん

 

ナンちゃん、かっしゃんとお宅を訪問したあとは、

これまたラジ天三田店ミニッツシーンの初期を盛り上げた、

Tomoyan氏と合流。飲んで、喰ってした後は

なぜかオッサン4人でボウリング大会。

 

次回会う時は三田店にて「01シャーシ限定・旧車ミーティング」を

開催しようと約束し、この日は解散したのでありました。

                                              
                                                                                                

2007年11月15日 (木)

シャア専用携帯!

私の携帯はDOCOMOである。

もう10年以上DOCOMO一筋である。

巷では「番号はそのままで自由に会社変更」なんて言ってるが、

番号は一緒でもメールアドレスは変わるんだから意味ねーじゃん!

なんて思ってしまう・・・。

そんな頑固親父な私であるから、機種はコロコロ換えても、

携帯会社を変えるつもりはさらさらなかった・・・ついさっきまでは・・・

しか~~~~し!!!

見てしまったのだ・・・何気に・・・広告を・・・

「シャア専用携帯 発売! 先行予約開始!」・・・の文字を・・・

とっても精巧に出来たザクヘッド・・・え!これが携帯用の充電器?

携帯本体にはジオン公国の紋章だらけだわ、シャアのサインはあるわ、

階級章はあるわ、モノアイ(CCDカメラ)はあるわ、

どうやら、あんなセリフやこんなセリフも喋り捲るそうだし・・・

やりやがったな!てめ~このソフトバンクめ~!

全てのモノがすっ飛び、今私の欲しいものランキング1位に躍り出ました。

                                                            

詳しくはココ・・・http://keitaishop.yahoo.co.jp/campaign/sp/913shgtype-char.html

2007年11月14日 (水)

ホビー読書の秋

どんな情報でもインターネットを利用すればスグに手に入る今の時代。

私もネット情報にはいつも大変お世話になっている。

しかし! 私はアナログ的な「本」が大好きだ。

新刊書のあの印刷インクの匂い

ページをめくる時の手触り

1枚1枚次のページをめくる度、「一体どんな事が起こるんだろう」という期待感

夜なかなか寝付けない時は(ほぼ毎日だが)、大好きなSF小説や

ミステリー小説なんかをベッドに持って入って読んだり、

人との待ち合わせで少し時間がある場合なんかは

お気に入りの雑誌を読んだり・・・

そんなわけで、趣味に生きる私としては、1ヶ月に購入する本の量が

結構なモノになってしまうのであった・・・。

本日購入分は・・・

 

00cyclo_060
 ↑ 私が一生乗る車「マツダロードスター」の専門雑誌

00cyclo_061
 ↑ 私の一生の趣味:RCカーの専門雑誌

00cyclo_059
 ↑ 今最も熱くなりつつある趣味:自転車の専門書

 

3冊で3440円・・・ん~~本代もバカにならん・・・

ていうか、趣味の本ばっかりの私・・・。

最近急激に自転車関連の書籍を購入しまくってるし・・・。

 

さて、自転車といえば・・・

「PTAのお母さんにモテるためのちょいエロボディを手に入れよう!」

・・・という完全に邪まな考えでエクササイズしている私だが、

先週分の漕ぎ漕ぎ&エクササイズは・・・

  •  5日(月)     0km
  •  6日(火) 28.20km
  •  7日(水)     0km(+水中歩行1km)
  •  8日(木)     0km
  •  9日(金) 42.80km
  • 10日(土) 13.41km
  • 11日(日) 22.47km

以上、合計106.88kmで、かろうじてノルマ達成。

「継続は力なり」 ・・・0kmという日を極力無くすよう努力しよう。

             
                                                                                                                                                                               

2007年11月12日 (月)

’07-’08関西シクロクロス第1戦 参戦の巻

「’07~’08season  Kansai CycloCross 第1戦」 ど素人参戦記!

 

行って来ました!行って来ました!行って来ましたよ~ん!

自転車レース・・・シクロクロスに参戦してまいりました!

ほんの2週間ほど前まで「シクロクロス」という名前さえ知らなかった私。

というより、自転車をコンスタントに乗り始めたのがこの1ヶ月ほど・・・

こんな超・超・ド素人の私がいきなり本格的なレースに参戦してもイイんでしょ~か?

イイ~んです! それでイイ~~んです!

何事にも初体験があるんです!

誰しも最初はビギナーなんです!

勇気を持ってはじめの一歩を踏み出さないと、いつまでもチェリーボーイなんです!

 

そんなわけで、私の中の「レース好きの血」、

そして何よりRC仲間の友人:プルー氏の差し金によって

今回参戦と相成った「シクロクロス第1戦 参戦記」はじまりはじまり~!

 

00cyclo_014
 ↑ R27を南下! 日吉町方面へ

 

今回、会場となるのは京都府南丹市にある「府民の森ひよし」。

コチラは128haの広大な敷地にキャンプ場や、キャビン宿泊施設をはじめ、

森の資料館、木工研修館、郷土資料館、サイクリングターミナルなどを備えた

大自然とたっぷり触れ合える事の出来る複合施設。

自宅からは約1時間の距離にあるため、本日は早朝6時半起床、

7時半出発とした。 濃い霧の中をいざいざ出発!

 

00cyclo_015
 ↑ 会場到着!もうすでにたくさんのエントラント達が到着されてました

00cyclo_016
 ↑ 私達も早速ピットを設営!

 

ちなみに 「府民の森ひよし」 がどんな所か少しご案内を・・・

00cyclo_002
  ↑ サイクリングターミナル・郷土資料館

00cyclo_001
  ↑ 森の資料館・木工研修館

00cyclo_004
 ↑ キャンプ場

00cyclo_005
 ↑ 散策路なんかもあり

00cyclo_006
 ↑ 「山桜の並木道」は自転車で通っても気持ちの良い路でした

00cyclo_024
 ↑ この広大な芝生広場の一角がエントラントの駐車場

 

朝靄の中、現地到着。

エントラント用の駐車場は広~い芝生の中に設けてありました。

私も早速車を停め、テント設営開始。

自転車を出して、椅子を出してっと・・・終了~!

え? ピット設営もう終わり??                                                                  

そ~~なんです! RCレースのピット設営よりも圧倒的に簡単!

 

RCレースの場合、マシンから始まり、プロポ、充電器、安定化電源、

放電器、モーターチェッカーや各種ケミカル用品、スペアボディ、スペアシャーシ、

スペアパーツ山盛り、スペアホイール山盛り、スペアタイヤ山盛り、その他・・・

もうそれは、それは、民族大移動の如く膨大な荷物をエッチラ・オッチラ、

レース会場に運び込むのがまず一仕事、運び込んだら次はその機材を

自分のピットテーブルに綺麗に秩序良くセッティングするのでもう一仕事。

それから比べると今回はホントに小荷物。基本的に自転車とヘルメットだけ。

 

まぁ、これはレースに臨むスタンスが180度違うからなんで・・・

RCレースの場合、私は常に「優勝」を狙って参戦しているので

そういう大げさな機材搬入になるわけで、今回のシクロクロスの場合は、

まさに「参加することに意義がある」 「狙うは完走!」

という、お気楽なスタンスでの参戦なので、装備もお気楽なのである。

ていうか、自転車関係の装備を持ってないだけともいう~(泣)

ピット設営が済んだら、会場内を偵察!偵察!

 

00cyclo_054
 ↑ コチラが本部テント

00cyclo_053
 ↑ 本部横には表彰台が設置

00cyclo_026
 ↑ 右にあるテントがメカニックサービス

 

さて、今回のタイムスケジュールは、このような段取り↓

  1. 受付開始                              8:30~
  2. CY(中学生)+CL3(お試しクラス)    15分間走行    9:30~9:50
  3. C3A+CM(40歳以上男)         30分間走行  10:00~10:40
  4. C3B+CL2(初級者女性)         30分間走行  10:50~11:30
  5. C1(上級者男性)              60分間走行  11:40~12:50
  6. CK(カテゴリーキッズ)           10分間走行  13:00~13:15
  7. C2(中級者男性)+CL1(上級者女性) 40分間走行  13:20~14:10

 

私がエントリーしたのは、C3=初級者男性クラス。

C3クラスは実力差に関係なく、AとBの2つの組に分けられる様子。

 

00cyclo_018
 ↑ 本部で出場クラスを告げ、大会パンフとゼッケンを頂く

 

プルー氏と共に受付を済ませたら、試走するためいざコースへ!

00cyclo_036_2
 ↑ まずスタートはアスファルト上から・・・いきなり上りです・・・

00cyclo_028
 ↑ スタート後は右ヘアピンで、この手前の芝生ゾーン突入!

00cyclo_029
 ↑ コース仕切りはラインテープで

00cyclo_017
 ↑ かなりアップダウンがあります

00cyclo_030
 ↑ 今回私が好きだった崖下りポイント

00cyclo_035
 ↑ コース後半の「苔&芝生ふかふかポイント」 ここで体力激消耗!

00cyclo_034
 ↑ ゆる~い上りでも芝生路面はシンドイ!

00cyclo_055
 ↑ 出ました! 人工障害物!

 

この広大な「府民の森ひよし」の地形を利用しアップダウンや、

各種コーナー、シケイン、人工障害物など上手に配されています。

初めて見るシクロクロスのコース・・・ひ、ひ、広い!

んで、予想以上にアップダウンが激しい!

ビビりながらもテスト走行開始! プルー氏と仲良く並走。

走り始めてスグに感じたこと・・・それは・・・た、た、楽し~~~~い!

いや~~~これは面白いわ! 

 

RCでもそうなのだが、何も仕切りの無い、ただの駐車場などで走行させても

スグに飽きてしまうが、サーキットに行けば飽きずにずっと走らせられる。

自転車もそれと同じ! 

アウト・イン・アウト・・・スロー・イン・ファースト・アウト・・・

いかに効率の良いラインで走るか、また、いかに安全なラインを見極めるか、

そんなことを考えながら走ってると、レース好きのアドレナリン噴出!

 

そして私の大好物のダートのダウンヒル! 激しいのが2箇所ありました!

任せてください!任せてください! 何のためのフルサスMTBなのか!

こんなダウンヒルすすいのす~~い! うっひょ~楽すぃぃ~~!

しか~~~し! コース後半に入るとほとんどが上り! 

何がシンドイって、芝生の上りがシンドイ!

しかもコース1番奥のレイアウト上にはビッシリと苔が!

この苔がまた「ふかふか」! もう、スポンジーと言うか、

めれんげのような優しさと言うか、とにかくこの上を走るのがかなりキツイ!

この「芝生&苔」ポイントでかなり体力を消耗しそうな予感・・・(汗)。

 

プルー氏と2人、ド素人同士が「あ~でもない、こ~でもない」と

仲良く言い合いながら、テスト走行をしたのでありました。

そんなテスト走行中、プルー氏に事件発生! それは何かと尋ねたら・・・

 

00cyclo_056
 ↑ パンクだぁ! スゴスゴとパンク修理するプルー氏

 

セッティングのため、空気圧を落としたのが災いしたのか、

どうやらリム打ちした様子のプルー号。 無理しちゃダメよ。

 

RCの遠征レースに行った場合、初めて走るサーキットを攻略するため、

とにかく、少しでも多くの練習走行を実施するのであるが、

今回のレースは自転車・・・人力である・・・

予備モーターも予備バッテリーも無い。 

動力は全て人力・・・勿論私は1人・・・予備のクローンARA!は無い。

そんなわけで、あまり練習しすぎると本番前にポックリいってしまうので、

練習走行は2周で終了。

たった2周とはいえ、私の場合1周が10分程かかってしまうのでこれで十分。

あとはストレッチでもしながら出番を待つことにしよう。

 

AM9:30をまわり、いよいよ大会スタート。

CY+CL3クラスが終了し、私達のC3(初級者男性)クラスが始まる。

プルー氏がC3A、私がC3Bという組み分けになったので、

残念ながら(?)、プルー氏との同門直接対決はおあずけ。

まずはプルー氏のC3A+CM(2クラス混走)からのスタート! 

ここからはプルー氏激走の模様をご覧下さい↓

00cyclo_037

00cyclo_031

00cyclo_032

00cyclo_038_2

00cyclo_039

C3Aクラス:プルー氏の走りをビデオ&写真撮影しながら見守る私。

最初の1周はまだ体力があるので、集団についていけるが、

1周目後半くらいから、徐々に離されていくプルー氏。

やはり例の「苔ふかふかゾーン」が厳しいようで、みるみるペースが落ちる。

 

2周目、明らかに勢いが無くなるプルー氏(泣)・・・

やはり芝生路面の上りは相当厳しいようで、

ファインダー越しにでもその遅さが分かる。

そして30分経過・・・ラスト1周!

もうホントにペースが落ちている。

なんていうか、見ているコッチが歯痒いくらい遅い。

「もっとペダル踏め~~!」 心の中で叫ぶ私(ナチュラルな鬼)。

そして無事ゴ~~~ル!! プルー氏は見事完走!!

くぅ~~やるやん!やるやん!やったじゃん!

完走おめでとう! プルー氏!

 

さぁ、いよいよ松本伊代(スミマセンお約束なんで)、次は私の出番だ。

C3B+CL2(2クラス混走)には40台エントリーされている様子。

スタート位置は特に決め事は無いようで、いわば早い者勝ちの模様。

RCレースなら絶対的に最前列を陣取るのだが、

今回は遠慮して後方位置に並ばせていただいた。

周りを見渡すと・・・うげっ! 普通のジャージで参加って俺だけやん!

皆さん本格的な装備・格好だ・・・。

皆さんシクロクロスが初級者ってだけで、普段は違う自転車競技されてるのね。

 

スターターがカウントダウンを始める・・・10・・・9・・・8・・・7・・・6・・・

ドキがムネムネの瞬間! ・・・ではなく、非常にリラックスした心境。

順位を気にしないレースって、こんなにも楽なのね。

ここ数年、ミニッツレースでは「絶対に負けられない・負けたくない」という、

カリカリのレースばかりしていた私にとって、「参加することに意義がある」という

スタンスでのレース参戦は、ある意味新鮮。

20年ほど前、RCレースを始めたばかりの頃をふと思い出してしまった。

よし、今日のライバルは自分! そしてあの苔! マイペースで楽しもう!

 

「パ~~ン」とスタートガンの号砲が鳴り響き、レーススタート!

全車立ち漕ぎでロケットスタート! 一気に加速していく!

私も何とか前の選手についていく!

第1コーナー、大人数なのでラインの自由度は無し。

とりあえずコケないよう、他車に迷惑ならないよう注意しコーナリング。

同じ芝生セクションでも下りは快適だ。

意外と周りのペースについていける私。

「え?レーススピードってこんなもんなの?」

そして何と崖沿い下りセクションで前走車2~3台をパス!

おお~! 俺ってやるやん!

 

今回最大の激坂上りは降車し、自転車を押して登る!

そしてこの激坂下り、そしてその次にある細い激下り、

この2連チャンの激下りは、今回のコースで私が唯一得意と感じる所。

一連の下りポイントを通過し、私の頭にふと、ある考えが浮かぶ・・・

「もしかしてボクちゃんの下りって、他車より速いんちゃうん!?」

確かにこの激下りでは、何度か前走車にオカマを掘りそうになった。

伊達に小学生の頃から、面白そうな山があれば頂上まで自転車を

担いで登り、道なき道を激走(落下ともいう)していたわけじゃない!

どんなに激しい下りでも全く恐怖心なし!

おかげで、その時コケた傷は今でも身体中にあるぞ!

 

しか~~し!有頂天になっていた私の勢いもココまでだった・・・

コース中盤からコース後半にかけての、ゆる~~い上りに入った途端、

私のペースがガクンと落ちる! それはもうハンパじゃなく落ちる!

そして例の「苔ふかふか」ポイント突入・・・

な、な、な、なんじゃこりゃ~~~~~~~~!

それはもう松田優作氏もビックリのペースダウンである。

いやね、これね、ホントにエライんだから。

ちょっとでも楽なラインがないかな~って探すんだけど、

そんなもんは無いっ! 金輪際無いっ! 

それでも何とか1周目をクリア。2周目突入。

 

後ろから速い選手が来ないかチラチラとチェックしながらの走行。

もしいらっしゃったら、コーナーのイン側を大きく開けてお出迎え(泣)。

この辺のレースマナーは20年来のRCレース人生で熟知。

く、く、く、ミニッツレースじゃ、コースを譲られる事はあっても

譲る事なんて無かったのに・・・(悲)

いや、いや、いや、これはあくまで初体験の自転車レース。

自分のポジションをわきまえつつ、マイペースで走ればいいのさ。

しかしその肝心のペースが全く上がってこない・・・むしろ落ちる一方。

もう周りにもほとんど誰も居ない。 まさに男一人旅状態。

 

しっかし、ホントに上りが辛い・・・

みなさんのように、立ち漕ぎをしたいのだが、そこは悲しきフルサスMTB。

リヤサスがボヨンボヨンして、シンドイばっかり。前に進まない!

やはり10年前のMTBで出た私が間違いだったのか?

シクロクロス用の、あの軽~いマシンじゃなきゃダメなのか?

 

しかし、ここで『ある決定的なこと』に気が付いた。

なぜペースが落ちる一方なのか?

重いMTBが悪いのか? 駆動ロスのあるリヤサスが悪いのか?

「否っ!」

ペースが上がらないのは「私に基礎体力がないからだ~~!」

そうなのだ、そうなのである、肝心要な事に気が付いた。

この遅いペースは何者でもなく、単に私自身の筋力・体力が無いからなのだ。

な~~んだ、そうなんだ、ガハハハハハハハハ!

・・・て、笑ってられない

・・・もう笑う余裕なんて遥か彼方イスカンダルまで飛んでいってしまってる。

 

ラストの3周目に突入。

プルー氏や、観戦に来てくれた我らが麺通団(東)なべちゃん兄弟の

暖かい声援に応えようと何とか最後の力を振り絞る私。

相変わらずペースは落ちる一方だが、それでも何とか頑張る。

なぜプルー氏のペースが上がらなかったかは、今頃になってよ~く分かる。

分かりすぎて困るくらいだ。 こりゃ無理やわ。 エライもん。

さっきは心の中で「もっと踏めプルー!」なんて思ってゴメンね。

 

心臓が口から飛び出そうになるものの、何とか寸前で回避。

最後の激坂下りを楽しみ、最後の苔ふかふかに苦しみ、

ゴール前、最後の直線に到達・・・あ~アスファルトって素晴らしい!

文明の発達に感謝しつつも、最後の意地でゴールだけは

全開でペダルを踏み込み、今感動のゴ~~~~~~~~~~~~ル!!!!

そんなわけで、私の激走シーンの一部をご覧あれ↓

00cyclo_042

00cyclo_043

00cyclo_044

00cyclo_046

00cyclo_048

00cyclo_049
 ↑ 今感動のゴ~~ル!

00cyclo_050
 ↑ ガハハ! マジでキツそうなレース直後の私

 

何とか無事30分間走り切り、見事完走を果たした私。

いや~ホントにキツかった。

途中ちょっと、帰らぬ人になるかも?ってシンドさだったが何とかゴール。

完走出来てホントに良かった。

ちなみに順位の方は、40台のエントリーがある中、29位でした。

プルー氏の方はと言うと、39台エントリー中、23位。

そして気になる2人のタイム比較は・・・プルー氏の勝ちっ!

てなわけで、ど素人対決第1ラウンドはプルー氏に軍配が上がった。

いや~負けた、負けました・・・。

実は私とのド素人対決に青白い炎を燃やしていたプルー氏。

彼のこの1ヶ月の特訓は無駄ではなかった・・・。

ええ~い!ええ~い!来月の福知山大会でリベンジだ~い!

 

とは言うものの、実はあまり悔しくない私・・・

というより、悔しがる余裕が無い・・・

今はとにかくシンドイ・・・。

ま、勝ち負けよりも、今回は初めて参加したこの過酷な競技を、

途中で投げ出すことなく、最後までやり遂げられたことが素直に嬉しい。

俺だって、やれば出来るじゃん。

ほんと、自分で自分を褒めてあげたい心境。

そして、ほんの短い時間ではあったが他の参加者の方とも

お話しさせて頂いたのだが、非常に礼儀正しく、親切な方達で、

お話ししていて本当に気持ちが良かった。

他の参加者達との何気ない触れ合いが、こういうイベント参加の

大きな楽しみであると、あらためて知らされた。

 

さぁ、これでシクロクロスという競技がどんなものかチョッピリ分かったぞ。

来月開催の第5戦は地元にほど近い福知山大会。

出る予定で、この1ヶ月間また鍛錬することにしよう。

来年はロード関係のイベントにもたくさん出たいな~~。

ていうか、発注かけた例のマシン早く来ないかな~~(謎)。

 

レース後のおまけ画像・・・

00cyclo_052
 ↑ レース後はプルー氏奥様の手作り弁当に舌鼓。生き返る~!

00cyclo_009
 ↑ 疲れた体には温泉が1番!会場からスグのひよし温泉へGO!

00cyclo_007
 ↑ 温泉、温水プール、レストラン、お土産屋などなど有

00cyclo_011
 ↑ 日吉ダム上は通行可

00cyclo_012
 ↑ ダム上からの眺め・・・天若湖

00cyclo_013_4
 ↑ ダム上からの眺め・・・芝生広場

 

レース後はプルー氏と2人、ひよし温泉にて「のんびり・湯ったり」。

レースの疲れを癒しつつ、1日を終えたのでありました・・・ではなく!

実は・・・「府民の森ひよし」から約1時間の場所にある、来月第5戦の会場

「三段池公園」に視察に出かけたのでありました!

まだ走るんかいっ!!

                                                                 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2007年11月 9日 (金)

シクロクロス参戦に向けてメンテナンス中!

雨の日も風の日も快調に走り続けてくれているmyMTB。

さすがに各部ドロドロ・・・

いよいよレース本番も近付いて来たので、ちょっくらメンテをば・・・

 

Mtb_001

↑ とにかく掃除あるのみ!

特に汚れが目立つチェーンは洗浄!

F&Rディレイラーやスプロケ部も綺麗綺麗に!

 

Mtb_002

↑ レースに必要のない物・・・

テールランプ、ヘッドランプ、ドリンクホルダー、泥よけ・・・等々

全部取り外して軽量化を・・・(く、く、涙ぐましい・・・)

シクロクロス専用車より倍くらいの車重なんだろうな~・・・。

とにかく今回はマンパワーで頑張るぞっと!(それが1番不安)

                                                                  

2007年11月 8日 (木)

シクロクロス レース準備着々!

いよいよ日曜に迫って来た「’07~’08関西シクロクロスシリーズ」の第1戦。

コースはオフロードということで、「里山サイクリング」のためにスリックにしていた

マイMTBのタイヤをまたまたオフ用に交換!

Mtbt


↑ 日曜はこれで走るぞっと!

 

2007年11月 6日 (火)

「若狭富士」登頂成功!

【青葉山】

京都府舞鶴市と福井県高浜町の境界にある山。

東部海岸から眺める山容から「若狭富士」と呼ばれる。標高は693m。

 

先週、綾部市で1番高い山「弥仙山」の単独登頂に成功した私。

※詳しくは当ブログ10/27号参照

さて、今回のターゲットはライバル?の「青葉山」!

おなじみ、美食探求倶楽部「麺通団(東)志賀小隊」の健康促進企画として

日曜日(4日)に登ってきたので、ちょっぴりリポート。

 

まず我々麺通団(東)登山隊は、青葉山登山口のある舞鶴市松尾の、

「松尾寺」に向かった。

この松尾寺は西国二十九番札所で、本尊馬頭観世音は三十三霊場中唯一の

観音像であり、農耕の守り仏として、或いは牛馬畜産、車馬交通、

更には競馬に因む信仰を広くあつめているとのこと。

 

Aoba_002
 ↑ まずは、ふもとにある松尾寺でお参り

Aoba_003
 ↑ 境内にあるコチラが登山口

Aoba_023
 ↑ 案内図で予習!?

Aoba_007
 ↑ 深い山の中をグングン進む!

Aoba_008
 ↑ 青葉山名物「岩登り」! 昔、階段は無かったが・・・

Aoba_009
 ↑ 団員:きんちゃん登る!

Aoba_010
 ↑ おお~! 海だぁ~! あともう少しで頂上!

Aoba_021
 ↑ ということで、約45分で登頂成功!

Aoba_020
 ↑ あの岩山の上が本当の頂上・・・いくぞっと!

Aoba2
 ↑ 苦労して登ったご褒美・・・頂上からの眺めがコレ!

Aoba_013
 ↑ 絶景かな!

Aoba1
 ↑ 反対側! 高い!

 

歩き続けること、約45分・・・やっと頂上へ!

さすが舞鶴の山、海がスグ間近に。

いや~絶景かな、絶景かな。

私自身、約15年ぶりくらいの登頂。

相変わらず素晴らしい眺望でした。

 

「なぜシンドイ目をしてまで山に登るのか??」

やはりそれは、頂上に辿り着いた時の達成感・満足感を味わうためと、

登り切った者だけに用意された絶景を見る為なのではないでしょうか。

 

こうして我々麺通団(東)登山隊は無事「青葉山」の登頂に成功したのでした。

2週続けての登山・・・ん~~これはクセになりそうな予感・・・

次はどこの山に登ろうかな・・・?

 

そんなわけで、もう先週になりましたが1週間の漕ぎ漕ぎ状況は・・・

  • 29日(月) 33.05km(+スイム1.0km)
  • 30日(火) 33.33km(+スイム1.5km)
  • 31日(水) 12.89km(+スイム1.5km)
  •  1日(木)     0km(+スイム0.55km&水中歩行0.65km)
  •  2日(金)     0km
  •  3日(土)     0km
  •  4日(日)     0km(+青葉山登山)

このような結果で合計・・・79.27km

海よりも深い訳があり(意味不明)、先週は痛恨のノルマ未達成・・・。

さぁ~て、いよいよ今週はシクロクロスのレース本番!

あまり負荷をかけず軽めの調整で体調万全で望むぞっと!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2007年11月 3日 (土)

魔人ARA!吸収

孫悟空の必殺技といえば・・・「かめはめ波」

クリリンは・・・「気円斬」

べジータは・・・「ギャリック砲」

フリーザは・・・「デスビーム」

魔人ブゥはと言うと「吸収」といって、ピッコロやゴテンクス、悟飯なんかを

自分の体内に吸収して、吸収した相手の必殺技なんかを自分のモノにしていた。

最近の私はというと、未知のカテゴリー「自転車」の知識を吸収すべく、

専門誌を読み漁っているのであった・・・

1103_002

2007年11月 1日 (木)

crankbrothers携帯工具GETの巻

『脳内自転車化』から、すっかり『生活習慣自転車化』してきた最近の私・・・

平日・休日を問わず、サイクル生活を楽しんでいるわけだが、

長距離サイクリング・・・ロングライドって言うんでしょうか、

自宅から遠くを走っている時なんかにトラブルが発生すると厄介だ。

何かあった時、応急処置が出来るように携帯工具が欲しいな~~

と思っていたら、「CYCLE SPORTS誌」の今月号になかなか良さげな

工具が紹介されていた。それがコレ↓

 

1101_002

1101_001
 ↑ crankbrothers multi17

 

クランクブラザースという自転車業界で有名なブランドのマルチ17を購入。

まだ使ってないので、使い勝手の良さ云々は分からないが、

デザインそのものは私の好みである。

昔から「工具」って好きなのよね~・・・。
                                                                        

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ