フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« ピナレロ VS 全方位型向かい風 | トップページ | リユースだよMOST登場 »

2009年5月 3日 (日)

PINARELLO/KUOTA/RIDLEY 三つ巴

G.Wである。

田舎でG.Wといえば田植えである。

・・・って、なんだか先日の書き出しと同じ気もするが・・・この休みを利用し、

私の若い友人:プルー氏とTomoyan氏が我が家にやって来た。

ちなみにこの2人はRCレースの戦友であり、数年前は明けても暮れてもRCレース!

東へ、西へ、ローカルレースから全国大会まで常に行動を共にしていた仲である。

※彼らとのRCレース奮戦記は本家H.PRC日記をご覧戴きたい

 

現在レース活動は一時休止中であるからして、今回は何をしに来たのかと言うと、

自転車である。ロードバイクなのである。

友人というのは、やはり趣味志向が似ているのであろう。

RC活動を休止中の彼らは、例外なくロードバイクにハマってしまったのである。

そんなわけで今回は兵庫県民の彼らに日本海を見せるべく、

進路を北にとったのであった。

 

090503_030
 ↑ プルー氏の愛機:KUOTA KEBEL

090503_031
 ↑ Tomoyan氏の愛機:RIDLEY TRITON S

090503_004_2
 ↑ 道案内は私  若い2人を後ろへ従え国道27号線を舞鶴方面へ

090503_005
 ↑10kmも走らないうちにマシン不調を訴える2人(なぜか同時)

090503_006
 ↑ リヤディレイラーのエライ部分からチェーン脱落のプルー氏

090503_010
 ↑ 2台ともトラブルから脱し、走行を再開

090503_012
 ↑ 芦屋在住のプルー氏は交通量の少ない(無い?)田舎道に感激

090503_013
 ↑ 第1の峠:菅坂峠に向かう

 

5月と言えど、昼間は暑い!

ということで彼ら2人はARA!家に前泊し、早朝出発するという念の入れよう。

「綾部は寒い!北部は寒い!」とボヤく兵庫南部の民2人を従えいざ日本海。

海を間近に見せてあげたいと思い、今回のルートは舞鶴:大浦半島から、

福井県高浜町へと進むコースに設定した。

 

090503_015
 ↑ 舞鶴:クレインブリッジ到着

090503_016
 ↑ 薄曇りという絶好の自転車日和

090503_017
 ↑ 潮の香りを楽しみながらのポタリング

090503_019
 ↑ お決まりのポイント:エルマール舞鶴にてトイレ休憩

090503_020
 ↑ 福井との県境越えに向け小休止中

090503_022
 ↑ 来たぞ!福井県高浜町

090503_023
 ↑ 今回、行く先々で鯉のぼりが元気良く泳いでおりました

090503_025
 ↑ 福井県おおい町の1本道

090503_026_4
 ↑ 走りやすい「若狭西街道」はお奨めのコース

090503_027
 ↑ 福井県道1号線の峠を越え、京都府綾部市へ帰還

090503_028
 ↑ 福井県側から綾部市内側へは下り基調なので非常に楽ちん!

090503_029
 ↑ 本日最後の栄養補給はローディに優しい、いつものココ!

090503

・コース 綾部市発~舞鶴:大浦半島~福井県高浜町~おおい町~綾部市着

      (R27~府道51~府道21~府道772~県道21~若狭西街道~

       県道1~府道1~府道481)

・総走行距離 108.46km

・総時間 4時間30分

・平均速度 24.0km/h

・最高速度 57.1km/h

・総上昇量 1074m

・総下降量 1094m

・Ave.ケインデンス 82rpm

・消費カロリー 3663kcal

・消費携行食 カーボショッツ×8

・消費買い喰い食 パナップ(アイス)×1、大福餅×1

・消費ドリンク VAAM550ml×2

・使用機器 GARMIN Edge305

 

そんなわけで無事帰着。

今回はTomoyan氏初の100km越えということでメモリアルなライドとなった。

やっぱり1人より仲間とワイワイ走る方が楽しいね~~。

3人で先頭を回すと楽だし。

しかし・・・やはり今冬全くトレーニングしていなかった2人(私&Tomoyan)と

きっちりトレーニングを積んでいたプルー氏との差がハッキリ出た

今回のロングライドであった・・・。

やはり自転車通勤再開だなコリャ。

                                                                           

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« ピナレロ VS 全方位型向かい風 | トップページ | リユースだよMOST登場 »

サイクリング(ロード)」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

どもー!!
お疲れ様でした~!!
我が家もたいがい田舎ですが、またうちとは違った田舎道を走ることができてとてもよかったっす!!
海沿いの道がサイコー。
何かとトラブルの多い今回のポタでしたが、めちゃ面白かったです。またやりましょうね。
PS L.S.S.Dではなかったですね(笑)

お疲れ様でした。
途中は雨か!?なんて心配もありましたが、降ることもなく、無事完走でしたね。
普段コンクリートジャングルの中、信号ダッシュの繰り返しのコースを走っていると、田舎道サイコー!
クルマもほとんどなく、少々アップダウンはあるものの平坦を走ってるのが心地よいです。
さくらの季節は楽しみですね、また走りましょう!
さらなる健脚を求めて鍛えておきます。

Tomoyanさん>
「日本海が見たいツアー」お疲れ様でした!
自身初の100km越えも出来て良かったっすね。
素敵に険しいルートはいくらでもあるいので、
また是非お越しください。

プルーさん>
やはり「継続は力なり」でした・・・
さぁ、次回は「瀬戸内海~日本海1日で見るツアー」
しましょうか??

ちょっと質問ですが、登山用にスマチューブを買いました。自転車に乗ったままで、チューブから水分を補給できる優れものです。マウスピースに穴が開いていないので、噛んでも水が出ません。自分で穴を開けるものなのでしょうか?使い方が分かりません。教えてください。

かずぼうさま>
ご無沙汰しております。
お元気にされておりますでしょうか。

さて、スマチューブですが私の知る限りでは・・・
マウスピースは大体ストレートとL型があるようで、、ボトルを倒してもこぼれないが、飲み口から噛んで吸うと空気が流れて楽に飲める・・・ワンディレクションバルブというのが一般的に販売されているモノのようですが、そのマウスピース自体を自分で穴を開けるというのはあまり聞かないのですが、どうなんでしょうか?
1度お買い上げ頂いた、販売店もしくはメーカーにお問い合わせいただいた方が宜しいかと思います。
全く答えになっておらず申し訳ありません。

ありがとうございます。ARAさんなら何でも知っているんじゃないかなと思って。マウスピースに穴がというか割れ目(?)がなく、メーカーの説明では、水漏れがしないようにギリギリでカットしてあるので、もんでもらうと切り口が出てくるように書いてあります。もんでも割れ目ができないので、どんなもんかな?と思った次第です。まあ、マウスピースをキャップとして使用すればいいのかなと思っています。登山のとき、リュックをいちいち下ろさずに水分補給ができるので、便利かなと購入しました。もともとサイクリング用らしいです。

何度もすみません。やっと今解決しました。マウスピースを何度も噛み噛みしていたら、先端に約2ミリほど割れ目ができました。そのときのかたちは菱形です。すなわち噛んだときだけ、菱形に割れ目ができるわけです。それで、水が吸えるのです。水が漏れないように、その割れ目は、きちきちにカットしてあったようです。自分で切らなくてよかった!結構考えてあるようで、優れものですよ。

かずぼうさま>
解決されて良かったです!
私も久々に登山しようかな・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/44887207

この記事へのトラックバック一覧です: PINARELLO/KUOTA/RIDLEY 三つ巴:

« ピナレロ VS 全方位型向かい風 | トップページ | リユースだよMOST登場 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ