フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

着るテーピング 4DM 

先日参加した「鳥取県サイクルマラソン」で膝を痛めてから、

鍼灸接骨院に通ったり、何かとケアをしている毎日だが、

ここで新たにNEWアイテムを導入。

 

私が普段着用しているコンプレッションウェアは「着るサプリメント」の

異名をとるオーストラリア代表の「SKINS」。 

身体を適度に圧迫することで、持久力や筋力の持続、着用時の温度調節、

運動後の筋肉痛の緩和に一役買ってくれる優れモノ。

SKINSに関して、もう説明は不要であろう。

 

4dm_2

↑ 4DM(4DIMENSION MOTION CUTTING SYSTEM) BO500

 

今回GETしたのは、これまた説明不要「着るテーピング」の4DM。

どんなものかといいますと・・・

縫工筋・内転筋プレッシャーベルトが骨盤から太もも前面の外側から

内側に向けて走る縫工筋をアシストし、もも上げをサポート。

そしてまた、骨盤を立たせ、安定化を促進。

腸脛靭帯プレッシャーベルトが、腸脛靭帯の感度を高めボディバランスを補正。

膝関節プレッシャーベルトが内外側側副靭帯をホールドし、

膝関節のブレを防ぎ、ストレスを軽減→故障を予防。

その他詳しくはこちらを→http://s-zenoah.co.jp/4dm/index.html

 

お尻にパッドを装備した自転車用のデ・マルキ4DMもあるのだが、

今回は自転車以外のスポーツ時にも着用したいと考え(主に消防訓練)、

通常のラインナップのものをチョイス。

てなわけで着用した感想・・・

まず感じるのは、あちらこちらが引っ張られるようなカンジで、

SKINSとは異なる履き心地。 確かにテーピングを施したような感覚。

ももの上げ下げが、非常に心地良い。

そして、謳い文句の通り膝が固定されるカンジで安心感がある。

 

単純な履き心地は・・・

SKINSは、その名の通り「自分の皮膚の一部」という感覚だが、

4DMはSKINSより生地が厚く、肌触りが少しザラつく感じ。

しかしながら、勿論嫌な履き心地ではない。

 

これから私としては・・・

スポーツ時は4DM、スポーツ後のクールダウンにSKINS

という風に使い分けたいと思う。

ロングライドでの4DMも早く試してみたいな~。

 

2009年6月25日 (木)

オフロードの夏2009

090624_001

090624_002

090624_004
 ↑ LOSI MINI-T PRO

 

夏と言えば、ビールとオフロードマシン!?

早朝は自転車タイム、昼はビールを飲みながら、オフをガンガン走らせる!

う~~む、ブラシレスモーターを搭載したいものだ・・・。

 

2009年6月24日 (水)

2009里山サイクリング in 綾部 今年も開催決定!

私が自転車にハマるきっかけになったイベント【里山サイクリング in 綾部】。

まだまだロードバイクと出会う遥か以前の話・・・

「45kmなんて長距離を自転車で走れるのだろうか?」

なんて思いながら、地元消防団の有志で参加・・・無事完走。

これを機にどんどん深みにハマっていき、シクロクロスに参戦したり、

ロードバイクを購入したり、各種ロングライドイベントにも参加、

現在に到る・・・という感じなのだが、そのきっかけになった里山サイクリングが

今年も開催されるとのこと。

 

【 2009里山サイクリング in 綾部】

区分     ツーリング

趣旨     里山の自然や爽やかな風を感じながら、のんびりと綾部路を走ろう

開催日    2009年9月27日(日)

開催地    京都府二王公園(綾部市睦寄町和上50番地)

申込      8/31まで

コース     約48kmと約14km

参加費    1000円 

問い合わせ   〒623-8501
         綾部市若竹町8-1 里山サイクリング in 綾部実行委員会事務局
         Tel0773-42-3280 Fax0773-43-0991

         http://www.city.ayabe.kyoto.jp/

 

Men2danaya_008

Men2danaya_010_2

Men2danaya_015

Men2danaya_023
 ↑ 「2007里山サイクリング」参加時の模様(麺通団自転車部)

45kmというと、今となっては少し走り足りない距離なので、

今回、会場までは自走かな。 ね、自転車部の皆さん!

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2009年6月23日 (火)

鳥取サイクルマラソン 完走証来たる

鳥取県サイクリング協会さんから封書とEメールが来ていた。

中身は先日参加した「鳥取県サイクルマラソン」の完走証と画像データであった。

やはり、自分がイベントに参加した「証」があるというのは素直に嬉しい。

また、膨大な画像の中から1人1人画像を判別し、メール送信する・・・

その仕事量を考えると、スタッフの皆さんには本当に頭が下がります。

是非来年も参加させてもらわねば。

 

Tsm1_2

Tsm2
 ↑ 走行中の画像を送っていただいた

                                                                  

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月22日 (月)

CATEYE TL-LD270 その後

090621_005_2
  ↑ ARA!家 第4の自転車パナソニック号

090621_004

↑ 先日 FP5 から取り外した CATEYE TL-LD270 だが、

息子のマシンに装着!

FP5 のお下がりでどんどん潤っていく我が家の自転車達であった。

 

2009年6月20日 (土)

ANTAREX MX-ONE 追加!

090620_009
  ↑ ANTAREX MX-ONE White LED

 

先日リヤ用に購入したANTAREXだが、なかなかの優れモノだったので、

フロント用にも追加。 もともとフロント用には「knog GEKKO」を

使用していたのだが、軽量化の意味も含め今回のチェンジとなった。

 

090620_002
 ↑ お約束の体重測定 knog GEKKO

090620_004
 ↑ ANTAREX MX-ONE

 

さて、knog GEKKOはどうなったか?

夜間乗ることの多い、MTBに装着し大活躍中である。

めでたし、めでたし。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月18日 (木)

GARMIN 心拍数異常表示

090617_002

 

↑ 私が使用しているサイコン・・・「GARMIN Edge305」

通常のサイコン機能に加え、GPSも付いている優れモノ。

ロングライドの思い出作りに、なくてはならないアイテムだ。

 

かなり気に入っているGARMINだが、1つ困ったことが発生。

それは・・・心拍数の数値が異常に表示されることが多々あるのだ。

最高心拍数を100%として、パーセンテージで心拍ゾーンを表示するのだが、

130%や140%なんてのが当たり前のように表示される。

・・・それって、もうアッチの世界にイッてますやん(汗)。               

これは困った・・・本当に困った・・・

正確な心拍数が分からないと、ペース配分もクソもあったもんではない。

 

文明の利器インターネットで調べてみると、心拍数異常表示で悩む

ユーザーの方は結構いらっしゃる様子。

ハートレートモニターの電池(CR2032)を新しく交換してみたり、

センサー部が、より皮膚に密着するよう工夫してみたり、

導電性電極テープを使用してみたり・・・etc

色々と試してみるのだが効果なし。

相変わらず私の心臓は大噴火を続けている。

 

しか~~~~し!!

異常数値発生の1つの法則を発見!!

090617_004
 左:Nalini  右:PINARELLO

 

私は2種類のジャージを着分けている。

ここに異常数値発生の秘密があった。

なんと、Naliniジャージを着ている時だけ、異常が発生するのだ!!

ちなみにインナーウェアは毎回「mizuno アイスタッチ」を着用。

どうやら、この組み合わせの相性が悪いようなのだ。

素人目には2つのジャージの違いなんてよく分からないのだが、

実際に着比べてみると、面白いように結果が分かれる。

 

心拍数が正常に表示されない・・・

「静電気が発生しやすい科学繊維のウェア等も原因の1つとなります」

・・・とは、GARMIN社正規代理店のお言葉である。

 

  • インナーウェアを違うものに変えてみる
  • 静電気防止スプレーを使用してみる

以上2点、今度試してみるとしよう。

 

2009年6月15日 (月)

第27回 鳥取県サイクルマラソン大会 参加の巻

  「第27回 鳥取県サイクルマラソン大会」

主催:財団法人 日本サイクリング協会   

主管:鳥取県サイクリング協会

開催:平成21年6月14日(日)

今回で27回目を迎える由緒正しきサイクルイベント。

米子市尾高にある「シャトー・おだか」を発着点とし、

ロングコース:120km(7時間)   ショートコース:70km (5時間)を

それぞれ制限時間内に走破するという内容。 定員は300名。

そのサイクルマラソン大会に行ってきました! 走ってきました! 帰ってきました~!

いや、いや、いや、実に、実に楽しかった。

どんな内容だったか・・・

そんなわけで、イベント参加リポートのはじまり!

 

090614_003
 ↑ 早朝3時に綾部を出発し中国道にて鳥取を目指す!

090614_004
 ↑ 今回の旅のお供Tomoyan氏と中国道:大山PAにて

 

今回のイベントへは、我がRC仲間であり、若き友人のTomoyan氏と同行。

発着点である「シャトーおだか」では8時から受付が行われるため、

眠い目を擦りながら、まだ辺りも暗い早朝に出発。

彼とこんな早朝から何処かへ出掛けるなんて、本当に久しぶりである。

月に1度はぶっつけ本番遠征レースに行っていたRC時代を思い出す。

※我々がバリバリとRCをやっていた懐かしの記事はコチラをクリック

 

「しっかし、会場の “シャトーおだか” って何なんやろ?」

「名前的にはラブホ○ルっぽいな~」

「いや、でも、ラブホの駐車場でサイクルイベントはやらんやろ」

アホ丸出しの会話をしながら鳥取を目指す2人であった・・・。

 

090614_006
 ↑ 正規の駐車場が満杯のため、臨時駐車場へ

090614_005
 ↑ 準備を整え、いざ受付へ

090614_009
 ↑ 「シャトーおだか」 温泉有り、宴会場有りの非常に立派なホテルでした

090614_011
 ↑ こちらがエントリー受付本部

090614_008
 ↑ 受付ではゼッケンとコースMAP、それと走行後の入浴券を頂戴する

090614_012
 ↑ 受付を済ませた選手には、バナナやどら焼きなどのふるまいが♪

090614_014
 ↑ 時間が経つにつれ、受付にも行列が

090614_015
 ↑ とりあえず記念撮影を1枚

090614_018

090614_019

090614_021
 ↑ どんどん参加者が集まってまいりました

090614_016
 ↑ いよいよ開会・・・まずは主催者さまからのご挨拶

090614_020
 ↑ オリンピック選手の方からも一言ご挨拶

090614_022
 ↑ こちらは月刊誌「funride」の編集長さん

 

会場に到着すると、もうすでにたくさんのエントラントの皆さんがいらっしゃる。

Tomoyan氏と受付を済ませ、準備万端。

さぁ、どんなコースを走るんだろう!? 期待に胸が膨らむ。

開会式が終了し、いよいよ大会本番。

20人ずつのグループで時間差をつけてスタート!

さて、ここからは私が撮りまくった?画像をもとにサイクルマラソンの

雰囲気と鳥取の素晴らしい風景を楽しんでいただきましょう。

 

090614_024
 ↑ スタート直前

090614_026
 ↑ それではスタート!

090614_028

090614_029

090614_030

090614_031

090614_033

090614_034

090614_039

090614_042
 ↑ Tomoyanくんもニッコニコ

090614_043

090614_044

090614_046

090614_048

090614_053

090614_056

090614_057

090614_058

090614_059

090614_060
 ↑ 第1補給所到着!

090614_061
 ↑ 冷たいお水や梅干し、どら焼きをいただきました

090614_064

090614_065

090614_066

090614_067
 ↑ ニッコニコの私

090614_068_2

090614_069_2

090614_070

090614_072
 ↑ 巨大風車を眺めながら走るのもエエもんですな~

090614_079
 ↑ 第2補給所&折り返し地点の倉吉市関金分庁舎

090614_076_2
 ↑ 皆さん休憩中

090614_077_2
 ↑ Tomoyanくん、補給食片手にニッコニコ

090614_084_2
 ↑ 再スタート!

090614_081_3

090614_085

090614_088_2
 ↑ 雄大な景色を眺めながらの走行もあと少し・・・

090614_092_2
 ↑ 120kmを走りきり今感動のゴール!

090614_096_2
 ↑ ゴール後の記念撮影 Tomoyanくん

090614_097_2
 ↑ 私もパチリ

090614_095_2
 ↑ ゴール後はおにぎりをGET 大変美味しゅうございました

090614_099
 ↑ お風呂のあとは、ご当地アイスに舌鼓

 

さて、今回初めて参加した「鳥取県サイクルマラソン大会」だが、

スタッフ皆さんのアットホームな雰囲気のなか運営される、

手作りのサイクルイベントという印象。

運営側の温かさが参加者にも伝わり、終始和やかな和気あいあいとした中を

走行させていただくことが出来たことに感謝!

 

そして! 何より! 鳥取の自然が素晴らしい!

澄みきった青空、心地よい風、そして雄大な大山を眺めながらの

ライディングは非常に贅沢で、至福の時であった。

また来年も是非参加させていただきたいな~。

 

しか~し!!

1つだけ悔やまれることが!!

実は私、折り返し地点を過ぎた辺りから右膝に変調が・・・

ペダリングする度に激痛が走る!

それはもう痛いのなんのって。

こんなの初めて~てなもんだ。

一瞬リタイヤすることも頭をよぎったが、

「ここで辞めたら、せっかくの鳥取ネタをブログにUP出来ない(泣)」

相変わらず訳の分からない理由で続行を決断。

本来なら痛みが出た時点で運動を停止しなければいけないのだが・・・

案の定マトモなペダリングが出来る筈もなく、

スピードはガタ落ち、ケインデンスもガタ落ち・・・

右膝をかばい、左脚にペダリングの大部分の仕事をお世話になった。

おかげで残り60kmからはスピードAve.20km/hを切る体たらくであった。

原因を突き止め、体調を整え、また自転車生活を楽しむとしよう。

 

090614

・コース 「米子市尾高:シャトーおだか発着~赤碕総合公園:中間CP~

       倉吉市役所関金庁舎:折り返し~逆走~ゴール」

・総走行距離 126.03km

・総時間 5時間48分

・Avgスピード 21.7km/h

・Maxスピード 67.5km/h

・Avgケインデンス 75rpm

・Avg心拍数 133bpm

・総上昇量 2116m

・総下降量 2112m

・消費カロリー 4022kcal

・消費携行食 SAVAS PITIN LIQUID×9

・消費ドリンク VAAM550ml×2

・使用機器 GARMIN Edge305

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月14日 (日)

鳥取県サイクルマラソン 当日!

090613_017

今、この文章を書いているのが14日のAM2:24

昨夜は19時くらいから布団に入ったのだが、

遠足前日の小学生のように興奮したのか、ほぼ眠れず・・・

気が付けば自宅出発を促す目覚まし時計が鳴り響いていた。

さぁ、今から鳥取目指し出発だぁ!

 

2009年6月13日 (土)

鳥取県サイクルマラソン 前日!

さぁ、さぁ、さぁ、いよいよ明日へと迫って来ました「鳥取県サイクルマラソン大会」!

鳥取へは何度も行ったことがあるが、自転車で走るのは今回初めて。

鳥取の素晴らしい自然を楽しんでくるとしよう。

合言葉は「落車禁止!」

 

090613_026
 ↑ 遠征母艦、出発準備O.K!

                                                                   

GARMIN、Mostからお引越し

さて、ステムを交換したことは先日のブログの中でご紹介済み。

ポジションが適正化され、非常に快適なライドが可能となった。

しかしながら、ここで1つ新たな問題が発生!

それは何かと尋ねたら・・・

私が使用するサイクルコンピューター「GARMIN Edge305」の搭載位置である。

今まではステム上に装着していたのだが、せっかく恰好の良いステムに

交換したのだから、もっと赤ステムを目立たせたい!

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

通常、ステム上からサイコンを移動させる理由というのは安全を考え、

前方からサイコンへの目線移動距離を少なくさせるためなのだが・・・(汗)

ヒジョ~にミーハーな目的のもと、サイコン移動大作戦が今開始された!

 

さて、移動させるとなると必要なものはサイコンをマウントするアダプターの類。

何か私の好みに合うモノはないかとネット上を探しに探しまくる日々。

その中でビビっとアンテナに引っ掛かったモノは・・・

  • Controltech Taxxi
  • Cinelli チェックポイント
  • EMINENZA カーボンコンピューターマウント
  • FSA コントロールセンター
  • DIXNA イージーアーム シンプルアダプター

などなど・・・

私の個人的好みでハンドルへのクランプ式は候補から外す。

マウントは影の存在、なるべく目立たせたくない。

んで結局・・・そのお手頃価格に惹かれDIXNA製をGET。

 

130102_dixna_easy_arm_2

090608_001_2
 ↑ Dixna イージーアーム シンプルアダプター

090608_005
 ↑ アームは3箇所へ付け替え可能

090608_009
 ↑ GARMINを取り付けるとこんなカンジ

 

DIXNA製はステムのボルトを1本外し、ロングボルトで一緒に取り付ける方式。

名前の通り、非常にシンプルな構造だが、サイコンやライトなどを

複数取り付けるようになっているので、いかんせんデカイ。

私の場合、サイコンのみ取り付けられれば良いので余分な所はカット!

 

090613_006
 ↑ 小さくなりました(SpecialThanks:やまちゃん)

090606_028
 ↑ カット前重量53.8g(ボルト無し)

090613_007
 ↑ カット後重量37.0g(ボルト無し)

090613_012
 ↑ 実際に取り付けるとこんなカンジ

090613_011
 ↑ これまた私の感性で、アダプターは天地逆にセット

090613_020
  ↑ 構造上どうしてもセンターからズレてしまうのはご愛敬

090613_018
 ↑ 横から見るとこんな感じ・・・ステムの上はスッキリ

 

ロードバイクが持つ美しいフォルムを壊したくない・・・

というコンセプトのもと、厳選したパーツのチョイス・装着を行っている私。

特にハンドル周りはゴチャゴチャさせたくない・・・

本来なら今まで通り、ステム上にサイコンをセットするのが1番シンプルで

ハンドル周りもスッキリするのだが、今回「赤ステムを目立たせたい」という、

なんだか意味の分らない理由から、Newパーツを装着。

そういう意味からいうと目的達成度はまずまずか・・・。

ちなみに・・・サイコン画面の視認性という点ではバッチリです。

 

まぁ、私の好みから言うともっとアダプターを目立たないようにしたいし、

GARMINがステムとのセンターにないのも許しがたい。

カーボンマニアの私としてはカーボン素材のアダプターにしたいし・・・。

・・・まぁ、これらは今後の宿題ということにしておこう。

 

走ってナンボのロードバイクではあるが、プロのレーサーではないので、

走りとは直接関係の無い部分にコダワリ、自分好みに変えていくのも、

またロードバイクの1つの楽しみ方。

所有する喜びに浸りながら、今日もまたFP5を眺めまわすのであった。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月 9日 (火)

MOst TIGERLITE 1K カーボン ステム

我が愛機:PINARELLO FP5に乗り始めて3000km近く走ってきたのだが、

徐々に自分に合った・合わないポジションというものが素人なりに分かってきた。

現在のバイクセットで1番感じるのはハンドルが遠いこと。

走行距離が長ければ、長くなるほど、自然にサドルの前の方に座ってしまったり、

ブラケットの手前の方を握ってしまったりと、適正なポジションでのライディングが

出来なくなってしまっている。

考えたら純正装着されているステムは110mm。

私の体型やキャリアからいくと、どうも長すぎるようだ。

そこで! セット変更・・・ステムの交換と相成った。

星の数ほどあるステムの中から私がチョイスしたのは・・・やはりMOST。

「MOst TIGERLITE 1K カーボン ステム 80mm」

どうせなら・・・ということで、派手な赤色をGET!

 

090603_008
 ↑ MOst TIGERLITE 1K カーボン ステム 80mm 74.5g

090603_007
 ↑ 純正装着のMOst 110mmは96.6g

090603_012
 ↑ クランプ部 13.7g

090603_019
 ↑ 純正は 19.8g

 

重量を比較すると、1Kステム 88.2g   純正ステム 116.4g

・・・という結果となった(いずれもボルト無しの重量)。

 

090604_009

090604_010

 

んで早速装着・・・赤ステム・・・カッコイイ!

格好の為に交換するパーツではないが、惚れてしまった。

これぞまさにミーハー中年の面目躍如。

さぁ、明日も走ろう!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月 7日 (日)

GIOS と 里山ポタ

本日は消防団なり。

早朝からのお勤めを果たした後は「麺通団(東)自転車部」の出動である。

本日のパートナーはGIOS乗りの団員:やまちゃん。

彼は「グランフォンド福井」のため、私は「鳥取サイクルマラソン」のため、

少しでも脚を慣らしておこうというわけだ。

 

090607_009
 ↑ 発着点はいつもの公園  私はMTBで

090607_010
 ↑ やまちゃんの愛機 GIOS AIRONE

090607_011
 ↑ こんな所にもGIOSマークが

090607_001

090607_003
 ↑ 小雨がパラつく中、里山を快走

 

いつ降り出してもおかしくない曇天・・・と思っていたら本当にパラパラしてきた。

当初予定していた峠越えコースを変更し、丘越えショートコースへ。

1時間ちょい気持ち良く汗を流したのでありました。

さぁ、次の日曜はイベント参加だ。 楽しみ~。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月 6日 (土)

ANTAREX MX-1 RED LED

090606_012
  ↑ CATEYE TL-LD270
    現在私のFP5にはCATEYEのテールランプを装着している。
    明るく、コンパクトで申し分ないのだが使用する内、気になる部分が出てきた。

090606_013
 ↑ 構造上仕方がないのだが、矢印部分の出っ張りが内腿に接触してしまうのだ。
    頻繁にというわけではないのだが、気になりだしたら止まらない・・・。

090606_036
 ↑ さらに気になると言えば、ONOFFスイッチが本体裏面にあり、
    またスイッチ自体が小さいので、電源入切がしづらかったりする。
    そんなわけで何気に次期テールランプを探していたのだが・・・

090606_034_2
 ↑ ANTAREX MX-ONE REDLED

090606_010
 ↑ 定番のANTAREXをゲットしちゃいました

090606_025
 ↑ 気になる重量は・・・17.7g

090606_027
 ↑ CATEYEは・・・45.1g

090606_018
 ↑ 一つ目で愛嬌がありますな~
    飛び出たレンズそのものがONOFFスイッチになっているため、
    CATEYEより操作感が向上。

090606_011
 ↑ ビフォー

090606_019
 ↑ アフター

 

比べてみると、CATEYEよりもさらに控え目に・・・イイですな~。

本来テールランプは後続から接近する自動車などに

自分の存在を発見してもらうために装着するモノなのだが、

やはりそこにも自分の外見的好みというものを反映・・・

ロードバイクが元々持っている美しいフォルムをなるべく崩さないように・・・

買っては買い直し、買っては買い直し、物欲の無限ループに

ハマりつつ、今日も自己満足の世界を旅する私であった・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月 4日 (木)

ローラー台とツール・ド・フランス2008

090604_022_3
  ↑ ローラー台 With ツール・ド・フランス2008

 

「ジロ・デ・イタリア」が今年100周年を迎え、盛り上がりを見せた中、

最近私のローラー台の御供は「ツール・ド・フランス2008」を録画したDVD。

そう、今頃になって、なぜか1年遅れで初めて観ているのである。

1年前のレースだけど、結果を知らないので1ステージごとに

「次はどうなるんだ?」と結構楽しんでいる。

 

しかしロードレースの映像を観ながらローラー台ってのも、面白いもんですな。

イマジネーションを最大限に発揮して自分が実際にフランスの地を

走っているような気分になってみたり(?)、

選手のケインデンスに合わせて漕ぎ漕ぎしてみたりなんかして・・・。

 

そんなわけで、長かったツールも遂に最終21ステージまでやって来た。

マイヨジョーヌを来ているのはCSCのサストレ。

カンチェラーラ&フォイクトの怒涛の引き、

シュレック兄弟の無敵の登坂力、

チームCSCってスゴイな~~なんて思いながら今宵も漕ぎ漕ぎするのであった。

さぁ、いよいよシャンゼリゼ突入だ!

                                                                                

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2009年6月 3日 (水)

ピナレロ初めてのバーテープ交換

090603
  ↑ PINARELLO #379コルクバーテープ

 

先日のチェーンにつづき定期交換部品の交換第2弾。

今回はバーテープ。

どうせ換えるなら・・・

と、ピナレロのかっちょいいロゴ入りバーテープにしたのだが・・・

毎周回、ロゴが綺麗に揃わない(汗) 

あかん、む、難しい・・・。

次回交換するときは頑張ろう。

                                                                                   

2009年6月 2日 (火)

サバス ピットイン リキッド

090602_002
  ↑ SAVAS PITIN LIQUID

 

ロングライドの御供といえば、「カーボショッツ」や「パワージェル」が

定番なのだが、前から気になっていた「サバス ピットイン リキッド」を入手。

主要栄養成分 1袋68g当たり

エネルギー170kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物42,5g、

ナトリウム36mg、ビタミンB₁0,50mg、ビタミンB6 0,50mg、

ナイアシン5,50mg、ビタミンC 40mg、マルトデキストリン42,0g

 

・・・ということなのだが今回私が注目したのが、そのカロリーの高さ。

「カーボショッツ」や「パワージェル」が120kcal弱なのに対して、

SAVASは170kcalで50kcal分多い。

・・・ということは、補給のタイミングを伸ばせることになる。

補給のタイミングを伸ばせるということは、携行する数も減らせるってことか。

いや~これは貧乏サイクリストにはありがたい。

 

さらにさらに、SAVASはお値段も安い。

他のモノが定価262円なのに対して定価200円である。

しかも、ショップでの値引き率が高いときているのだ毎度あり。

これぞまさに不況の中の強い味方である。

 

090602_007
 ↑ 外見上の特徴がこの飲み口

 

他のモノに比べ、SAVASには飲み口がついているのが特徴。

確かにコレは飲みやすい! 最後までぎゅぅぅ~と絞って飲みやすい。

それに手がベトベトする心配が無い。

さらに言うなら、飲み終わった空容器は再度ポケットに戻すか、

私の場合、ビブショーツの腹の中に入れるのだが、

そうした時にSAVASのようにキャップ式だと、残りのジェルが出てくることが

無いのでジャージを汚す心配をしなくてもよい。

 

ただこの飲み口も良し悪しで、先日「三方五湖」まで走った時は、

携行用ジェルボトルに加え、生(?)ジェルを10個ほど

ポケットに忍ばせていたわけで・・・

そうなると、このキャップ式飲み口は「カーボショッツ」や「パワージェル」に比べ、

ポケット内でかさ張るということになりそうである。

まぁ、サドルバック等を利用して運搬すれば良いのだが、

あまりバッグ類をバイクにつけたくない私にとっては痛し痒しなところ。

 

さて、気になるお味の方は・・・めちゃめちゃ・・・かなり甘いピーチ味であった。

しかし、他のモノより粘度が低いので非常に飲みやすい。

とりあえず、素人なりに色々試してみようっと。

                                                                       

2009年6月 1日 (月)

デュラ・チェーン試走ポタ

090601_001

090601_004

 

本日はお日柄も良く、先日交換したチェーンの試走を実施。

さすが新品、さすがデュラエース、スコスコ・カチカチ快調に変速が決まる。

ん~~これは気持ちがイイ。

当たり前ですが、やはり定期交換部品は定期的に交換せなあきまへんな~。

ぽかぽか陽気の里山をのんびり気持ち良く走るのでありました。

 

090601

・総走行距離 44.68km

・総時間 1時間46分

・平均速度 25.1km/h

・最高速度 46.1km/h

・総上昇量 392m

・総下降量 409m

・Ave.ケインデンス 88rpm

・消費カロリー 1329kcal

・消費携行食 SAVASピットインリキッド×1

・消費ドリンク VAAM550ml

・使用機器 GARMIN Edge305

                                                                   

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ