フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« いざ! 大山ヒルクライムへ! | トップページ | Dixna J-Fit more »

2009年10月18日 (日)

『2009 ヒルクライム in 大山 』 参加の巻

大山・・・鳥取県大山町、伯耆町、江府町、琴浦町、米子市、倉吉市、北栄町、

岡山県真庭市にまたがる国内有数の成層複成火山。

西の方角(米子市方面)からみた山容が富士山に似ていることから

伯耆富士や出雲富士の名を持つ美しい山。

そんな大山を自転車で走っちゃおうというイベントがある。

それが今回参加してきた「ヒルクライム in 大山」である。

 

今年6月に参加した「鳥取県サイクルマラソン」のロケーションが

あまりにも素晴らしかったので、もう1度周辺を走りたいと思っていたのだが、

早くもその願いが叶えられた恰好である。

主催は同じく「鳥取県サイクリング協会」さん。

6月の感動をもう1度! 

カムバック・アゲイン! リピート・アフター・ミー!

なんだかよく分からない状態で参加レポートはじまりっ。

 

091018_001
 ↑ 早朝5時、舞鶴自動車道 綾部I.Cから鳥取を目指す!

091018_002
 ↑ 快調に移動し、米子自動車道:蒜山高原S.Aに到着

091018_003
 ↑ 朝飯はご当地グルメ:蒜山そば定食なり

091018_004
 ↑ 大山PAにて・・・目の前にあるのが大山だよね・・・寒そう・・・

 

今回の集合場所は鳥取サイクルマラソン時と同じく米子市尾高にある、

「シャトーおだか」というホテル。

受付時間は9~10時ということで割と余裕はあるのだが、

何しろ遠方からの参加ということで、我が町:京都府綾部市を早朝5時に出発。

今回の旅のお供はおなじみ麺通団自転車部:GIOS乗りのやまちゃん。

まさに「オーバー40’s」である。

中年同士、無理せず走ろうね。

 

京都縦貫道~舞鶴若狭道~中国道~米子自動車道と乗継ぎ、

順調に目的地周辺に・・・。

蒜山S.A休憩時は若干雨も降ってるし、寒くて寒くてどうなることか!?

なんて思っていたが、尾高に近付くにつれ気持のイイ晴天!

こうなると俄然盛り上がってくるってもんだ。

091018_007
 ↑ 「シャトーおだか」近くにある臨時駐車場に駐車                                                         

091018_005
 ↑ ここからも見えます大山さん

091018_006
 ↑ 準備万端のやまちゃん

091018_012
 ↑ 帰って来ましたこの場所に

091018_014
 ↑ まずは受付をしに行こうっと・・・

091018_008
 ↑ こちらが受付

091018_009
 ↑ ゼッケン、シャトーおだかで使用できる無料入浴券等を頂戴する

091018_015
 ↑ 今回たまたま親しくお話させていただいた大阪のローディ:たーさんをパチリ!
    たーさんのブログはコチラ・・・「アスリートへの道」

091018_011
 ↑ スタートまで余裕があったので近くをウォーミングアップラン

 

さぁ、さぁ、やって来ました帰って来ました「シャトーおだか」さん。

いや~6月の鳥取サイクルマラソンを思い出すな~~。

あの時は楽しかったな~・・・でも膝が痛かったんだな~・・・(涙)。

今日はある意味リベンジだな。

 

受付を済ませてからも、まだ時間的に余裕があったため、

やまちゃんと2人、ウォーミングアップを兼ねて近くをブラブラ。

そうこうしている内に参加者も集まって来た。

こういうイベントに参加すると、色んなバイクが見られるのが楽しい。

同じピナレロに乗ってらっしゃる方とお喋りに花を咲かせている間に

いよいよスタートの時間が迫って来た。

 

091018_016
 ↑ エキスパート、ミドル、ビギナーの順にスタート

091018_017
 ↑ ビギナークラスの私とやまちゃんもいよいよスタート!

091018_018

091018_019
 ↑ スタート後すぐは住宅街の中を通行

091018_020_2
 ↑ 今からアソコまで行くんだね・・・

091018_021
 ↑ さぁ、始まったよ 上りが・・・(汗)

091018_025

091018_026

091018_027

091018_029_2_3
 ↑ その雄大な姿が徐々に近付いてまいりました!

091018_030

091018_031

091018_032
 ↑ 美しいの一言

 

スタート後は平地が続き、その後徐々に勾配がキツくなる今回のコース。

なにせ初めて走るコースなので、ペース配分がサッパリ分からない。

とりあえず心拍計とニラメッコしながらの走行。

ペースを上げようと思えば、上げられないこともないのだが、

この後どんなにキツい激坂が待ち受けているのかと思うと、

恐ろしくて消極的になるビビリーな私・・・。

とりあえずGARMINで残りの距離と高度を確認し、大体の勾配を予想する。

 

しっかし、やっぱり、何といっても景色が素晴らしい。

シンドイにも関わらずシャッターを切る私・・・。

あ、心拍上がった・・・sweat02

 

091018_034_2
 ↑ ゴールが見えてきたぞ・・・

091018_035
 ↑ なんだかんだで今感動のゴール!

091018_039
 ↑ 早速補給食を御馳走になる

091018_037
 ↑ ゴール地点の様子

091018_038

091018_042

091018_043
 ↑ 皆さん休憩中&下山準備

091018_036
 ↑ 間近で見る大山は迫力満点

091018_041
 ↑“いつもブログ見てますよ” と声を掛けて下さった地元のローディー:村上さん

091018_044
 ↑ 大山をバックに記念撮影  やまちゃん顔が疲れてるぞ!

091018_045
 ↑ おnewジャージで嬉しそうな私も記念にパチリ

 

いやいやいや・・・登りましたよ、上りましたよ、大山に。

ヒルクライムの快感は、この何ものにも代えがたい達成感・・・。

そしてこの素晴らしい景色。

さぁ、一服したら次はダウンヒル!

登りでは余裕が無くて見られなかった景色を見倒してやるぞっと。

受付で預けておいた長袖ジャージを着込み、いざ下り!

 

091018_046_2
 ↑ 凄いスピードが出るのでビビりながら下山

091018_053
 ↑ ゴール地点近くにある「大山まきば みるくの里」に立ち寄る

091018_049

091018_047
 ↑ 絶景と一緒にパチリ!

091018_054

091018_055

091018_057

091018_058

091018_060
 ↑ 下る! そしてまた下る!

 

快適なダウンヒルを楽しみ、景色を楽しみ、

スタート地点の「シャトーおだか」に到着。

これをもって「2009 ヒルクライム IN 大山」 は終了!

バイクを車に積み込んだ後は、温泉に浸かりゆったり・・・。

 

汗を流した後は・・・麺通団(東)本来のお仕事・・・グルメだぁ!

ということで、スタート前受付で頂戴した「ジンギスカン食べ放題割引券」を

片手に、今回イベント協賛の豪円山ロッジというところへ GO!

 

091018_061

091018_062

091018_064
 ↑ 実はロッジはゴール地点近くという事でまた同じ道を舞い戻る!

091018_065
 ↑ 豪円山ロッジ到着  自走で来られてる参加者の方の姿も・・・

091018_066
 ↑ 割引券のおかげで90分食べ放題1000円ポッキリ!

091018_071
 ↑ いっただきま~~す!

091018_073
 ↑ そして大山のお土産といえばコレ!

 

美味しくジンギスカンを頂戴し、身も心もリフレッシュ!

楽しい思い出を胸に、鳥取をあとにする私達であった。

 

さて、今回初めて参加した「ヒルクライム IN 大山」だが、

サイクルマラソン同様、スタッフ皆さんのアットホームな雰囲気の中

運営される手作りのサイクルイベントという印象。

運営側の温かさが参加者にも伝わり、終始和やかな和気あいあいとした中を

走行させていただくことが出来たことに感謝!

(・・・と、前回と全く同じコメントになってしまってるが・・・)

また、多くの参加者の皆さんとお話することも出来、

こうしたイベントに参加することの良さを再認識した1日であった。

 

そして! やはり鳥取の自然は素晴らしかった!

遠くから眺める大山も良かったが、間近に見る大山の迫力は格別。

う~む、来年は是が非でも「ツール・ド・大山」というイベントに参加せねば!

そんなわけで、今回もまた鳥取の大自然に終始感動していた

私のレポートはこれでおしまいっ!

ちなみに・・・

今回鳥取までは往復580km

んで、イベントでの競技距離14km・・・

むむむ・・・いいのかコレで?

いい~んです! 遠征とはそんなもんなんです!

 

そんなわけで・・・

今度の日曜日25日は「メディオフォンドシリーズ・津黒高原ステージ」という

サイクルイベントに参加予定。

今度は岡山県遠征だっ!

                                                                

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« いざ! 大山ヒルクライムへ! | トップページ | Dixna J-Fit more »

サイクルイベント(ロード)」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!!
楽しかったようですね~、僕も行きたかった。
来年こそは、きっと!!
(景気が良くなってれば。。。)

昨日はお疲れ様でした。
ブログをいつも拝見させていただいている鳥取のチクリスタ・村上と言います。(写真を撮っていただいたビアンキに駆っていた者です。)昨日はお話できて嬉しかったです。(^^)最初は勇気が出せなくてなかなか話しかけられなかったのですが・・・ここで話しかけなければ話す機会が無いと思い勇気を出して話しかけました。(^^;お話をすると、とても気さくな方で本当に楽しい時間を過ごせ良い思い出になりました。ありがとうございました。また来年もぜひ、鳥取にお越し下さい。その時はまたお話できることを楽しみにしています。(^0^)次は5月のツール・ド・大山で・・・

Tomoyanくん>
やはり鳥取は素晴らしかった・・・
前回は遠くに見ていた大山を今回は間近に!
まさに絶景でした。
あの辺は自転車でも、自動車でも、何で走っても
気持ちイイね~。
来年は「ツール・ド・大山」ご一緒しましょう!

チクリスタ・村上さん>
早速のご訪問&コメントありがとうございます。
また、いつもご愛読いただきまして重ね重ね、
ありがとうございます。

大山お疲れ様でした!
疲れましたが、お声を掛けていただいたので、
嬉しさで疲れを忘れました(笑)
楽しい時間をありがとうございました。
また何処かのイベントでお会いできることを
楽しみにしております!
次は「ツール・ド・大山」ですね。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ヒルクライムお疲れさまでした。
またまた、写真にお邪魔したエコサイジャージです。
ARAさんかな?と思いつつ声は掛けられませんでしたがやはりそうだったみたいですね。
ヒルクライムは苦手なんですが、一年の締めということで参加しています。
また、来シーズンのイベント(攣ーるド大山)でお会いできればと思います。

お疲れ様でした~
FP3に乗ってた者です
全身ピナレロでキマってましたね!
来年のツールド大山には参加しようと思ってます
また御一緒する機会があればよろしくお願いしますね

ARA!様

大山では有難う御座いました
写真もバッチリです!(オイラってすげー短足・・・)
単身大山乗り込みで 若干の不安等も有りましたが
ARA!様とお連れ様(やまちゃんさん)のお陰で
寂しい思いをせずに 楽しい1日を過ごせました
又 近い将来何処かのイベントでお会い出来ることを
楽しみにしております
ブログにもちょくちょくお邪魔致します!

確かに、完走後の写真疲れた顔してますなー(笑)
どうも気を抜くとこの顔になるみたいで、言わば地顔( ̄ー ̄)ニヤリ
なにはともあれ、ヒルクライムはもとより行き帰りの運転お疲れ様でした。
高速を運転するのはキライじゃないのでいつでも言ってくださいね。

エコサイジャージさん>
ご無沙汰しております。大山お疲れ様でした!
今写真を確認すると確かにエコサイジャージさんが!
あの時現場では気が付きませんで、失礼しました。
来シーズンも鳥取のイベントには参加させていただきたいと思っておりますので、またどうぞ宜しくお願いします。次は“攣ーる”ド大山ですね(笑)。

かずっちさん>
ご訪問&コメントありがとうございます。
大山お疲れ様でした!
同じピナレロでも、皆さん色々個性があって
見ていて楽しいですね。
これからも色々イベントには参加したいと思っていますので、また何処かのイベントでお会い出来ることを楽しみにしています。

たーさん@大阪さん>
ご訪問&コメントありがとうございます。
大山お疲れ様でした!
当日はちょっとしたご縁から、色々お話させていただき、本当に楽しかったです。
大阪と京都ということで比較的近いですし、
また是非京都北部にもお越し下さい。
ご案内いたします(笑)
P.S マラソン頑張ってください!
 
やまちゃん>
いや~いやいや、本当に大山お疲れ様でした!
ゴール後の表情は、初めて里山に参加した時と
同じ顔になってましたよ(笑)
でも苦労して登っただけあって、やはり大山からの
眺めは最高でしたね。ジンギスカンも良かったし。
来年は「ツール・ド・大山」やね!
あ、「攣ーる」ド大山かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/46522505

この記事へのトラックバック一覧です: 『2009 ヒルクライム in 大山 』 参加の巻:

« いざ! 大山ヒルクライムへ! | トップページ | Dixna J-Fit more »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ