フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月20日 (火)

オール関西ジムカーナ2010

今から20数年前、自慢の愛車で夜な夜な「峠」に繰り出していたアノ頃。

頂上で缶コーヒー片手に仲間達と朝まで車談義に花を咲かす・・・

まさに青春の1ページ。

あ~~あの頃は若かった。

 

100718_001
 ↑ 早朝4時、自動車道をぶっ飛ばし私が向かった先は・・・

100718_002
 ↑ とあるドライブインで3台の怪しげな車たちと合流!

100718_003
 ↑ 怪しげな車の1台に乗り換え、さらに高速道を往き・・・

100718_005
 ↑ 一般道をひた走り・・・

100718_007
 ↑ 着いた先は関西ジムカーナの聖地「名阪スポーツランド」!

 

なぜ私が「名阪スポーツランド」に出没??

 

20年近く交流の無かった、かつての車仲間K氏が、

偶然私のブログを発見し連絡を取って来てくれたのが約1年前・・・

ジムカーナに全てを捧げ? 近畿ジムカーナ界のトップドライバーに

君臨するようになった彼から、「ジムカーナに出ませんか?」と、

これまで何度か誘ってもらっていたのだが、負けず嫌いの私のこと、

1度出てしまったら「遊びで参戦」から「本格的参戦」に変わるのは

目に見えている! それはヒジョーにやばい!

ということで、お誘いを断っていたのだが、

久々にモータースポーツに触れたいなと・・・ふと思い

今回は観戦のみということで、K氏軍団が参戦するという

「2010年 JMRC近畿ジムカーナミドルシリーズ 第5戦」の開催される

ここ「名阪スポーツランド」にやって来たというわけだ。

 

100718_048_2
 ↑ 大会が行われたのはCコース

100718_017

100718_016
 ↑ 久々に見るジムカーナコース・・・ワクワクしますな~

100718_018

100718_013
 ↑ エントラントの皆さんも続々と集まって来ています

 

100718_070_2
 ↑ さて今回参戦するK氏軍団の面々
   左から2番目が今回誘ってくれた古い友人K氏
   そして左から3番目にいるのが、これまた20年ぶりに再会した友人Sくん

100718_061_2

100718_062_2

100718_060
 ↑ 5人の勇者が駆るのがこの3台(内2台はWエントリー)

100718_049
 ↑ 受付が始まり今回のコースレイアウトが発表!

100718_009
 ↑ 今回借り物の車で完全「お遊びモード」のK氏も一応コースチェック

100718_010
 ↑ Sくんもレイアウトを叩き込む! 背中からアドレナリンが・・・

100718_014
 ↑ いよいよ始まりましたジムカーナ名物「カルガモの行進」

100718_015

100718_026

100718_027
 ↑ とりあえず私も一緒に歩く!

 

受付~コースチェック~ブリーフィング

競技開始まで時間に余裕があるので、私はカメラ片手に

場内にある他のコースを見にぶらぶら・・・

そこで見たものは!

 

100718_028
 ↑ おお! これは!

100718_030_2
 ↑ 私の大好物の車が一杯だ!

100718_032

100718_033

100718_037_2

100718_038

100718_041

100718_035

100718_044

100718_046_2

新旧入り乱れ、名車達が激走しております!

かっちょええ~~!

入り浸たってしまう私・・・

あ、やばいCコースが始まるぞっ!

 

100718_052

100718_053

100718_054

 

おお、すでに始まってるぞ!

久々に目の前で見るジムカーナ。

いいね~いいね~。

 

100718_056
 ↑ Sくん走る!

100718_059
 ↑ 総帥K氏も走る!

 

K氏軍団の5人

借り物の車に手こずる人・・・

手堅く小回りする人・・・

アドレナリン噴出でミスコースする人・・・

5者5様の走りで観るものを楽しませてくれました。

 

100718_066
 ↑ そんな中、なんとSくんがクラス優勝! めでたい!

100718_069
 ↑ 優勝カップを手に御満悦のSくん・・・昔取った杵柄やね~

 

エンジンの凄まじい咆哮

響き渡るスキール音

オイル香漂う場内

久々のモータースポーツを満喫させていただいた。

そして・・・

私の中の何かに火が点くのをググっと我慢していた1日であった(笑)。

 

そんなわけで、Kくんを始め参加の皆さんお疲れ様でした!

おかげさまで、楽しくも懐かしい1日を楽しませていただきました!

100718_071
 ↑ 20年ぶりに再会を果たした「奇跡の3ショット(大げさ)」

 

2010年7月16日 (金)

続・続・お薦めサントラ盤

Sor
 ↑ スクール・オブ・ロック(School of ROCK)

                                                                

お薦めサントラ盤 第3弾

映画あらすじ

破天荒な行動ぶりから、自分で結成したバンドからクビにされてしまった

ロックギタリストのデューイ(ジャック・ブラック)は居候している友人:ネッドの家からも

家賃滞納で追い出される寸前に・・・。

そんな時、ネッドあてに私立学校の代用教師の話が舞い込み、

仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門高へと向かう。

そこで音楽の才能ある生徒たちに出会ったデューイは、

ある案を思いついた。それは、子供達にロックを教え込み、

バンド・バトルで優勝させて、賞金を手に入れようというものだった。

親に内緒で始めたバンド活動だったので、最初は反対に会うのだが・・・

最後は感動のフィナーレを迎える。

                                                       

ということで、先日「40歳のロック☆デビュー」をご紹介したときに、

チラっと「スクール・・・」のお話を出したので、今回正式にご案内。

この映画も劇中に流れる音楽が素晴らしい!

バンドメンバーの子供達は本当のミュージシャンということで、

やはりサマになっております。

映画自体はご覧になられた方も多いことと思いますが、

サントラ盤も是非お試しあれ。

                                                            

2010年7月14日 (水)

ウチの嫁は絵本作家

ウチの嫁が絵本作家デビューしました!

あまりに唐突なこの展開・・・

夫の私もビックリですが・・・

                                                             

100711_020

100711_021

100711_022

100711_023

100711_024

↑ 文芸社 「きがつけば」 全22ページ 定価(本体1,100円+税)

                                                              

「文芸社」という出版社より、8/15から全国発売。

マジです。

マジなんです。

                                                            子供のころから絵を描くのが好きだったという妻。

将来は漫画家になりたかったとか・・・。

自分の描いた絵本を自分の子供に読み聞かせするのが夢ということで、

趣味が高じて今回正式出版ということに相成りました。

                                                           

趣味といえども、突き詰めるというか、突き抜けるというか、

とことんまでやってる人は清々しいもんですな。

う~む、何か知らんけど私も突き抜けるぞっと!

                                                            

2010年7月13日 (火)

40歳のロック☆デビュー

100711_013_2
 ↑ 40歳のロック☆デビュー(THE ROCKER)

                                                              

先日に引き続き、お薦めサントラ盤のご紹介。

☆映画あらすじ

大手レコード会社とのメジャー契約を引き換え条件に、

ロックバンド「ヴェスヴィオス」から一人追い出された哀れなドラマー:フィッシュ。

20年後――。今や超ビッグなバンドになった「ヴェスヴィオス」とは真逆に、

仕事をクビになり、姉の家に転がり込む、負け犬人生まっしぐらの

フィッシュだったが、ひょんなことから高校生の甥:マットの参加するバンド

「A.D.D.」の新メンバーに抜擢!

果たしてフィッシュは、かつて掴み損ねたロックスターの栄光を

手にすることができるのか!?

                                                        

てことで・・・この映画イイ! 

音楽もストーリーも最高!!

                                                            

中年男と学生がロックで交流というと、ジャックブラック主演の

「スクール・オブ・ロック」を真っ先に思い出すのだが、「40歳の・・・」は

「スクール・・・」に下品度をプラス!

・・・なのだが、ストーリーもしっかり良く、最後は感動の涙。

こういう映画好きです私。

                                                               

肝心の音楽は・・・これがまたイイ!

劇中のバンド「A.D.D」の楽曲はどれも秀逸。

実はボーカル兼ギター:カーティス役のテディ・ガイガーは

’06年に若干17歳でデビューした実力派シンガー・ソングライター。

劇中A.D.Dの曲は全て彼が手掛けているそうな。

そらエエはずやわ。

これは彼の他の曲も聴いてみたくなりますな。

ちなみにサントラ盤には劇中登場の「ヴェスヴィオス」の楽曲も2曲あり。

この2曲もイイ!

そんなわけで、2010年上半期?私イチ押しの映画&音楽であります。

是非!

                                                                                                   

2010年7月12日 (月)

パイレーツ・ロック

私は映画好きである。

どんなジャンルのモノでも観るのだが、音楽を題材にしたモノ、

劇中に流れる音楽の素晴らしいモノ・・・なんか大好物である。

昔から気に入った映画はよくサウンドトラック盤を購入したものだ。

そんなわけで、最近GETしたサントラ盤をご紹介。

100711_014_2
 ↑ パイレーツ・ロック(THE BOAT THAT ROCKED)

                                                             

○映画あらすじ

1966年、イギリス。ブリティシュ・ロック絶頂期。

政府は<ロック=諸悪の根源>とみなし、BBCでのポピュラー音楽の

放送時間を1日45分以下と規制していた・・・。

しかし厳しい取り締まりなんてどこ吹く風。海賊放送の“ラジオ・ロック”は

北海の真っ只中の船上から24時間ロックを流し続けていた!

そんな“ラジオ・ロック”を規制しようと、政府の魔の手が迫る。                                                      

個性豊かなDJたちが送る破天荒でゴキゲンな日々、

そんな彼らが贈るメッセージには皮肉もユーモアも愛情も、

たくさんのエネルギーが満ち溢れている。

ロックで繋がっていく強い絆は、やがてイギリス中を巻き込み

とんでもない奇跡を巻き起こす!

                                                          

舞台は60年代のイギリス・・・しかもロックが映画のテーマということで、

劇中には60年代を代表するナンバーが常にかかりまくり!

’68年生まれの私としては、オンタイムで聞いていたという

ナンバーでは無いのだが、イイ曲は時代を越えてイイ!

最初から最後までノリノリ(死語?)で観れてしまう映画でした。

サントラ盤は2枚組全36曲入りのボリューム。

最新ロック&ポップに食指が動かない方は是非!

                                                          

2010年7月11日 (日)

麺通団:自転車部復活!

100711_007
 ↑ 私のCYCLEWORLD号 と 団員:きんちゃんのRADAC

100711_010
 ↑ 同じくMyMTB と 団員:なべちゃんのCHERUBIM

 

ここ1,2ヶ月は消防団活動が忙しく、それ以外は「何もしたくない」

・・・という状態だったのだが、綾部市消防団:夏の祭典(採点)

「団長点検」という一大イベントも無事終了し、ボチボチたるんだ心と体に

「喝!」を入れるぞということで、恒例の夜間ポタも復活と相成った。

さぁ、これから気合いを入れて走るぞっと!

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ