フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 新・自転車通勤 | トップページ | 2010 続・ヒルクライム IN エンゼルライン »

2010年10月 3日 (日)

「志賀の七不思議伝説」巡り

綾部市の北西に位置する志賀郷地域は・・・

季節外れの冬に生え出る「茗荷」や「筍」、

冬に花が開いたり、実をつけたという「藤」や「萩」、そして「柿」。

また、雨も降らないのにしずくが落ち、風も吹かないのに揺れたという「松」など

数々の不思議伝説を語り継ぐミステリアスな土地・・・。

以前より、この七不思議を探索しよう、しようと思っていたのだが、

ようやくチャンスに恵まれたので行って来た。

一体どんな「不思議」が待ち受けているのやら?

このワクワク感、まさに我々麺通団(東)が自転車部結成のきっかけとなった、

2007年の丹波七福神巡りツアーを思い出すノリである。

丹波七福神巡りサイクリングツアーはコチラ

そんなわけで、早速レポート開始!

 

101003_001
 ↑ いつもの「綾部市総合体育館」よりスタート

101003_002
 ↑ まずは府道486~篠田町を目指す。パートナーは自転車部:きんちゃん

101003_003
 ↑ 志賀郷地域入口に七不思議宣伝看板あり

101003_004
 ↑ 見えてきました1つ目の不思議ポイント

101003_006

101003_005
 ↑ 篠田神社さん到着

101003_007

101003_008

101003_009
 ↑ 七不思議① 「筍」

101003_010

☆白田(篠田)大明神「筍」の不思議

毎年正月4日(旧暦)、お宝田と呼ばれる神社後方石組み囲いの中に、

「筍」が上がります。その上がり方でその年の早稲・中稲・晩稲の出来栄えや

その他の作物の出来不出来をお示しになります。

筍は耕作の吉事を祈り神前にお供えされます。

この神事(新暦2月4日)は、今なお脈々と続けられています。

 

101003_011
 ↑ 1つ目の不思議の次は・・・府道494から脇道へ

101003_013
 ↑ 農道を突き進む

101003_014

101003_015
 ↑ 田んぼの中に看板発見!

101003_025
 ↑ この山の中に2つの松が・・・

101003_016
 ↑ 山の斜面を駆け上がる・・・勿論徒歩で!

101003_017
 ↑ 歩くこと数分「しずく松」に到着

101003_019
 ↑ 七不思議② 「志津久松 三世」

101003_018

☆向田の里「しずく松」の不思議

向田の里に「しずく松」と呼ばれる大きな松の木があって、

雨も降らないのに松の葉からしずくがポタポタと落ちました。

そのしずくの様子で、その年の干ばつや水害などの災害を示しました。

里の人はこれを見て、その年の耕作を工夫したということです。

この松は、明智光秀が福知山城築城の際、伐採して棟木にしたと

伝えられています。現在、しずく松の皮といわれる大変ぶあつい樹皮が

保存され、3代目の松が同地に植栽されています。

                                                             101003_024  
 ↑ そして・・・「しずく松」から少し離れたところに「ゆるぎ松」発見!

101003_021
 ↑ 七不思議③ 「ゆるぎ松 三世」

101003_023

☆向田の里「ゆるぎ松」の不思議

同じく向田の里に「ゆるぎ松」と呼ばれるこれも大きな松の木があって、

風も吹かないのに、都に吉事があれば上の葉が揺れ、

凶事があれば下の葉が揺れました。また、向田の里に吉事や凶事がある時も

同様に揺れました。金里宰相から三代の間は、この不思議(奇瑞)がよく現われ、

時の帝へ報告されたということです。この松もしずく松と同様、

明智光秀によって福知山城の棟木にされたということです。

現在、3代目の松が同地に植栽されています。

                                                                 101003_028
 ↑ さぁ、続いての不思議は・・・

101003_029
 ↑ 若宮神社さんに到着

101003_031

101003_032
 ↑ 七不思議④ 「白萩」

101003_033

101003_030

☆若宮大明神「白萩」の不思議

毎年正月5日(旧暦)、社の前にお手植えになった「萩」に、

白い花が一面に咲きました。

その咲き具合でその年の耕作の吉凶を、お示しになりました。

村人はこの奇瑞と霊験を崇め、白い花を神前に供え吉事を祈願しました。

いつしかこの不思議は途絶えてしまいました。

 

101003_035

101003_034
 ↑ さぁ、さぁ、お次は府道490「茗荷街道」をゆく

101003_036
 ↑ 案内地図看板も参考に

101003_037
 ↑ コチラの看板を目印に右折

101003_038
 ↑ この道を行けばどうなるものか?行けば分るさアリガトー!

101003_039
 ↑ 諏訪神社さん到着

101003_040_2

101003_041

101003_042
 ↑ 七不思議⑤ 「柿の実」

☆諏訪大明神「柿の実」の不思議

毎年正月6日(旧暦)、社前にお手植えの「柿」の木に実が三つなり、

その日中には色よく稔りました。この柿の実は箱に入れられ、

時の帝に献上する慣わしになりました。

ところが、正和元年(鎌倉時代)献上飛脚が途中須知でのどが渇き、

里の家に入りお茶を飲んだところ、俄かに腹痛が起こり大騒ぎしている間に、

箱は北の空へ飛び去ってしまいました。

以後、この不思議(奇瑞)は途絶えてしまったということです。

 

101003_065
 ↑ お次は・・・さらに府道490を進むとY字路に・・・

101003_066
 ↑ 左:藤波神社へ 右:阿須々伎神社へ

101003_055
 ↑ まずは藤波神社を目指す(白藤海道:府道494)

101003_045
↑ ズンズン進むと・・・またまた案内看板発見

101003_046
 ↑ 今日はお祭りの日ということで幟が見える

101003_047
 ↑ 藤波神社さん到着

101003_051_2

101003_050
 ↑ 七不思議⑥ 「白藤」

101003_048

☆藤波大明神「白藤」の不思議

正月元旦(旧暦)、神社の下方石組み囲いに御手植えになった「藤」の木に、

白い藤の花が一面に咲きました。この珍しい白藤は新調の箱に入れられ、

毎年都の帝に献上する慣わしになりました。

ところが、正安元年(鎌倉時代)その使者が、途中水戸峠(園部)で

勝手に箱を開いてしまいました。

白藤はたちまち一羽のシラサギになり飛び立ちました。

以後、この不思議(奇瑞)は絶えてしまったということです。

 

101003_052
 ↑ 次へ向かう途中、偶然にも御神輿と遭遇!

101003_056
 ↑ さて、先程のY字路を今度は右折し府道490を進む

101003_057
 ↑ 看板発見この先左折・・・いよいよ七つ目の不思議へ!

101003_058

101003_060
 ↑ 説明看板からさらに奥に進んだ所に・・・

101003_061
 ↑  阿須々伎神社さん到着

101003_062

101003_063

101003_064
 ↑ 七不思議⑦ 「茗荷」

101003_059

☆金ノ宮(阿須々伎)大明神「茗荷」の不思議

毎年正月3日(旧暦)、お宝田と呼ばれる神社左下方の清水の湧く囲いの中に、

「茗荷」が上がります。その上がり方で、その年の早稲・中稲・晩稲の

出来栄えや風雨日照りの様子をお示しになります。

その後、刈り取られた三本の茗荷は神前に供えられ、感謝と豊作を願う神事が

執り行われます。この神事(新暦2月3日)は、今なお脈々と続けられています。

 

  1. 白田(篠田)大明神「筍」の不思議
  2. 向田の里「しずく松」の不思議
  3. 向田の里「ゆるぎ松」の不思議
  4. 若宮大明神「白萩」の不思議
  5. 諏訪大明神「柿の実」の不思議
  6. 藤波大明神「白藤」の不思議
  7. 金ノ宮(阿須々伎)大明神「茗荷」の不思議

 

そんなわけで・・・「志賀の七不思議」全箇所制覇~~!!

それぞれの場所には案内看板や、不思議にまつわる説明看板などがあり、

それぞれの「不思議」について詳しく知ることが出来た。

ただいま平成22年5月30日~12月31日まで「七不思議めぐりスタンプラリー」を

実施されているとのことで、各ミステリースポットにはスタンプが

設置されていたので、旅の記念に集めるのも面白そうである。

ちなみに専用のスタンプ帳は志賀郷公民館にて¥100で販売中とのこと。

 

さて、今回が初めて廻った「志賀の七不思議」ミステリースポット。

先日参加した「里山サイクリング IN 綾部」で訪れた上林地区もそうだが、

42年間綾部市民をしていても、まだまだ知らない・訪れたことのない地域に

たくさんの名所があることを再認識。  

う~む、これは今1度我が地元:綾部を走り尽くさねば・・・

と、思わせる今回のミステリーツアーであった。

 

よ~し、次は何処行こう?!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 新・自転車通勤 | トップページ | 2010 続・ヒルクライム IN エンゼルライン »

サイクリング(MTB 26インチ)」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/49640086

この記事へのトラックバック一覧です: 「志賀の七不思議伝説」巡り:

« 新・自転車通勤 | トップページ | 2010 続・ヒルクライム IN エンゼルライン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ