フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

開運!但馬五社めぐり

「信じる者は救われる」

実は私、神社・仏閣巡りが大好きだ。

 

兵庫県北部、但馬地域を南北にわたる「絹巻神社」 「小田井縣神社」 「出石神社」

「養父神社」 「粟鹿神社」・・・この5つの神社は総称して『但馬五社』と呼ばれていて、

この五社を巡ると大変ご利益があるとされているそうな。

そうと聞いたら行かねばなるまい!

各神社間は約12キロということで、ドライブには丁度良い。

そんなわけで、「開運パワースポット巡りの旅」はじまりっ!

 

110516_050
 ↑ 京都縦貫道:綾部安国寺ICより出発

110516_052
 ↑ 京丹後市~豊岡市へ

110516_015
 ↑ 今回のナビは我が娘なり

110516_057
 ↑ まずは五社の中でも1番北側に位置する「絹巻神社」を目指す

110516_045
 ↑ 「絹巻神社」到着!

110516_001_2
 ↑ すぐそばには円山川

110516_047

110516_048_4 
 ↑ 亜熱帯の森に鎮座した海の神様 「絹巻神社」さん

110516_049
 ↑ 全国でも珍しいおしりを上げた狛犬さん

 

【絹巻神社】・・・豊岡市城崎町気比字絹巻3675

円山川河口に鎮座し、海を見据えるように北向きに佇む社殿。

天衣織女(あめのいおりめ)命・海部直命など、海にまつわる神様を

祀っている。周囲は暖地性原生林として天然記念物の指定を受け、

「ひめはるぜみ」の生息地として奈良の春日山と共に知られている。

 

110516_002
 ↑ 円山川を眺めながら次の神社へ

110516_004
 ↑ つづいて「小田井縣神社」さん到着

110516_006
 ↑ 商売繁盛・学業成就・家内安全にご利益あり

 

【小田井縣神社】・・・豊岡市小田井町15-6

延喜式式内社で国作大己貴(くにつくりおおなむち)命を祭神に祀っている。

境内社に柳の宮神社、川下神社、恵比寿神社、稲荷神社の4社あり、

豊岡最大の「柳まつり」は8/1、この柳の宮神社の例大祭から始まる。

この神社は、特産業「杞柳・かばん産業」の守護神として5男3女神が祀られている。

 

110516_008
 ↑ つづいて訪れたのは「出石神社」さん

110516_010_2

110516_011
 ↑ 但馬開発の祖神、天日槍命を祀る但馬一の宮

 

【出石神社】・・・豊岡市出石町宮内99

創建は奈良時代と伝えられており、但馬一の宮として古代より人々の

信仰を集めている神社。地元では「いっきゅうさん」と呼ばれ親しまれている。

天日槍(あめのひぼこ)命と八種の宝が祀られている。境内の門の脇に

鳥居の一部が置いてあり、これは出石川改修の際、川から出土したもので、

平安時代のものなんだそう。出土した付近は今でも「鳥居」という地名で、

かつては一の鳥居、二の鳥居があったとされ、二の鳥居の一部では

ないかといわれている。

 

110516_013
 ↑ さぁ、あと2か所! どんどん行くぞっと

110516_021
 ↑ 豊岡市から養父市に入り、「養父神社」さん到着

110516_023

110516_024

110516_025

110516_026
 ↑ 「養父の明神さん」と親しまれる農業の神

                                                                                                                       【養父神社】・・・養父市養父市場840

但馬の式内大社131座の代表格で、但馬三宮。農業の神として地元の人に

親しまれている。また、農耕に必要な牛の売買が養父神社の管理下に

あったことから、牛の神様もお祀りしている。養蚕の神様、

倉稲魂(うがのみたま)命なども祀られている。鎌倉時代には多くの社田を持ち、

三重の塔、堂、坊をもった神宮寺のあったことも知られている。

四月中旬に行われ、但馬3大祭りに数えられる「お走りまつり」が有名。

 

110516_033
 ↑ 養父市~朝来市へ・・・さぁ、さぁ、残りはあと1ヶ所!

110516_042
 ↑ 「粟鹿神社」さんに到着

110516_037

110516_041

110516_039
 ↑ 境内に土俵発見

110516_040
 ↑ 七不思議のある但馬一の宮

 

【粟鹿神社】・・・朝来市山東町粟鹿2152

但馬一の宮、延喜式に定める明神大社。交通安全の神様として親しまれている。

古来より朝廷の尊崇が厚く、国家の大難に際して今までに4度の勅使が派遣され、

そのご加護として勅使門が建てられた。

七不思議・・・

  1. 旧暦2/4の祈念祭に、境内の茗荷神社の池に毎年必ずみょうがが芽を出し、
    その長短によってその年の稲作の豊凶を占う。
  2. 勅使門の彫刻2羽の鳳凰が毎夜鳴くので、作者の左甚五郎が1羽の
    首を切り落とすと、以降鳴かなくなった。
  3. 御手洗の池を3回まわって手をたたくと大蛇が出る。
  4. 「もみ火の御供さん」と呼ばれるかまど形の石があり、ここで御供さんを
    炊いた後、土を盛っておくと翌年まで暖かさが残る。
  5. 玉の井の水は天下の名水で、どんな大飢饉の年でも枯渇したことがない。
  6. 亀を放すとよいといわれている四角い池の水は、奈良の二月堂の水に
    通じている。
  7. 御手洗の池に丸木の橋をかけ、その上に俵を置いてお祈りすると
    必ず雨が降った。

 

Canr_2
 ↑ ※上から4つ目のポイントは出石城跡

 

そんなわけで、めでたく5社巡り達成!

厄年も終わった今、きっとイイことがあるにちゃいない!

「開運!パワースポット巡り 但馬5社めぐりの旅」

これにて、おしまいっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年8月30日 (火)

麺通団(東)ラーメンたかはしを食す

くどいようだが・・・

麺通団(東)とは地元消防団内の有志で結成されたグルメ探求集団。

前回は(と言っても5月だが)、岡山ホルモンうどんを食しに出掛けたわけだが、

いつもいつも遠方にばかり目を向けているわけではない。

地元周辺でも美味しいものはないかと常にアンテナを張っているわけだが、

そんな中、団員やまちゃん氏から「氷上ラーメンが今ナウいらしいよ!」との情報を得、

今回小隊長殿と偵察に行って来た。

 

110827_001_2
 ↑ こちらが噂の「ラーメンたかはし」さん

110827_002_2
 ↑ 数あるメニューの中から今回は「黒胡麻バター」をチョイス

110827_003_2
 ↑ こちらは「カルボナーラ風たまごかけご飯」

 

コチラのお店、とにかくメニューの数が多い! それはもう多い!

  • 塩とんこつ
  • しょうゆとんこつ
  • カレーとんこつ
  • 味噌とんこつ
  • 梅とんこつ
  • 魚節とんこつ
  • 辛味噌とんこつ
  • マー油とんこつ
  • カルボナーラ風ラーメン
  • 山椒とんこつ
  • ゆずとんこつ
  • ハバネロラーメン

などなど、これにあと各種つけ麺や各種丼、サイドメニューなど、

とにかく初めて来店した暁にはどれを食してイイのか見当がつかない!

脱サラし、独学でラーメンを追求されているコチラのお店・・・

麺は自家製麺、スープ&タレにもこだわりぬいたお味ということで、

これは1度ではなく何度も食さないと「ラーメンたかはし」さんの何たるかは

語れないという結論に至った我々であった・・・。

 

2011年8月28日 (日)

麺通団(東)岡山へ!

麺通団東八田分団・・・

当ブログに再三再四登場する、地元消防団有志で結成されたグルメ探求集団である。

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・

まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくるオヤジ達である。

そんな私達が、今を遡ること3か月前・・・5月に岡山へ遠征した時の模様をご紹介。

※ヒジョ~にタイムラグがある中でのご紹介ということで画像メインで悪しからず

110505_001_3
 ↑ 舞鶴若狭自動車道:綾部ICより出発!

110505_002
 ↑ 中国自動車道をひた走る!

110505_003
 ↑ 岡山上陸!

110505_004
110505_005
 ↑ まずは観光からということで「旧津山藩別邸庭園」を見学

110505_006_2
 ↑ 癒しの空間を散策開始!

110505_007

110505_008

110505_009

110505_010

110505_012

110505_013
 ↑ せっかくなんで、いかにも田舎の観光客らしく記念撮影

                                                           

【旧津山藩別邸庭園(衆楽園)】・・・

津山藩2代藩主・森長継が明暦年間(1655から1658)に
京都から作庭師を招いて造営した近世池泉廻遊式の大名庭園。

■場所    津山市山北628(津山市役所前)
■料金    入園無料
■開園時間 4月~10月/AM7~PM8 11月~3月/AM7~PM5
■定休日   なし

                                                        110505_041
 ↑  次に向かった先は・・・「津山城」である                                                                                                                                                        

110505_030_2
 ↑ 裏門から入場

110505_015
 ↑ こちらは表門                                                                                                                   

110505_016

110505_017_2

110505_019

110505_022

110505_024

110505_025_2

110505_027

110505_028
 ↑ 天守閣からの眺め

                                                          

【津山城(鶴山公園)】・・・

津山藩初代藩主・森忠政が12年の歳月をかけて1616(元和2)年に完成させた
平山城。1873(明治6)年の廃城で建物はすべて取り壊されてしまったが、
2005(平成17)年に城内最大規模の櫓で、内部は畳敷きの御殿様式という特徴を
持つ「備中櫓」を復元させた。城跡の鶴山公園には数千本の桜が植えられ、
「日本のさくら名所100選」にも選ばれている。

■場所    津山市山下135   ℡/0868-22-4572
■料金    16歳以上300円(備中櫓の入館は無料)
■開園時間 AM8:40~PM7まで
        (10月から4月は午後5時まで、4月1日から15日の「津山さくらまつり」
         期間中は午前7時30分から午後10時まで)
■定休日   12月29日から31日まで

110505_031_4
 ↑ さて、観光は一旦小休止でお待ちかねの「ホルモンうどん」タ~イム!

110505_032
 ↑ 外観といい、内装といい、観光地ナイズドされていない所が○!

110505_034
 ↑ これが本場の「ホルモンうどん」だぁぁ!

110505_037
 ↑ 小隊長殿も団員:やまちゃんも喰らう!

                                                        

待ちに待った今回のメインイベント「ホルモンうどん」!

街ぐるみで「津山ホルモンうどん」を絶賛売り出し中であり、

何処のお店に行って良いか分らず、ココは一発地元の方に聞くのが

1番ということで、教えていただいたのが↑の「吉平」さん。

知る人ぞ知る地域密着型店舗という佇まいだが、我々が入店したあとも続々と

観光客らしきお客様が来店し、あっという間に満席に・・・

どうやら有名店のようである。

んで、肝心の「ホルモンうどん」はと言うと・・・美味い! 旨い! ウマイ!

濃厚なタレにホルモンと麺が絡まり、まさにコッテリ極ウマ。

濃い味好きの私には堪らないお味であった。

                                                                                                                             【お好み焼き 吉平】・・・

■場所    岡山県津山市椿高下126-3
■営業時間 11:00~20:00
■TEL    0868-23-0441
■定休日   日曜日
■席数    12席

   

110505_045

110505_046

110505_047
 ↑ 腹も満たされたところで、市内をブラブラ

110505_051
 ↑ 次なる美味いモノを食すため、腹を空かすぞ歩け歩け!

110902_001

110902_002

110505_053

110505_057_2

110505_061

110505_059
 ↑ アチラコチラ歩いている中、こんなものを発見

110505_062
 ↑ ロケ地を探し歩く!

110505_064
 ↑ この通りが「寅さん」のあるシーンで使われたとのこと

110505_063
 ↑ 説明の案内版がありました

110505_068
 ↑ 津山郷土博物館に立ち寄る

110505_066
 ↑ 在りし日の津山城の模型

                                                         

【津山郷土博物館】・・・

■場所    岡山県津山市山下92
■開館時間 9:00~17:00
■入館料   一般200円/高校・大学生150円
■休館日   毎週月曜日、祝日の翌日、12月27日~1月4日、その他

                                                         

110505_069
 ↑ 歩いて腹減ったから喰らう! 今度は津山餃子!

110505_071
 ↑ こちらが新名物の津山餃子

110505_075
 ↑ どんどん喰らう! お次はスイーツだぁ!

110505_072
 ↑ 美味そうなモノがてんこもり

110505_074
 ↑ お目当てはコレ! 名物:津山ロール

110505_077
 ↑ 「洋スイーツ」と来たら、お次は「和スイーツ」!

110505_078

110505_079
 ↑ 「ずんだ」なるもの。 上品なお味で美味しゅうこざいました。

110505_083
 ↑ 喰ったら風呂! 湯郷温泉の中の「湯郷鷺温泉館」さんへ                                                        

【湯郷鷺温泉館URL】・・・http://yunogosagionsen.net/

                                                          

110505_087
 ↑ 温泉に入ったら腹減ったということで帰りのPAにて・・・

110902_003

110505_086
 ↑ 旅の締めはやはり「ホルモンうどん」だぁ!

                                                           

そんなわけで、毎度のことながら「喰って喰って喰らいまくる」今回の旅。

麺通団(東)結成当初に戻り、麺をいただきまくったのであった・・・。

さぁ、次なるターゲットは南か?北か?東か?西か?

ご当地グルメを探し求め、旅を続ける麺通団(東)であった。

                                                         

2011年8月27日 (土)

PINARELLOとGIOS 峠へ

麺通団(東)自転車部・・・

地元消防団内有志で結成されたグルメ探求集団「麺通団東八田分団」より

派生した自転車に乗って腹を空かし、さらに美味いモノを喰おうという集団。

その自転車部部員の1人、GIOS乗りのやまちゃん氏と久々に峠を走って来た。

110827_001
 ↑ 国道27号線を舞鶴方面へGO!

110827_002
 ↑ 舞鶴若狭自動車道:西舞鶴IC前を通過し菅坂峠方面へ

110827_003
 ↑ ここからいよいよ峠の始まり!近所のおばさんに激励を受けいざ出発

110827_004
 ↑ ひ~ひ~言いながら登っております

110827_005
 ↑ とりあえず登頂成功・・・今度は綾部:上林方面へ向けさらに登る

110827_006
 ↑ 無事綾部市突入でご褒美の下り

110827_009
 ↑ 綾部市街方面へ

110827_012
 ↑ 上林地区から東八田地区へ向け黒石峠を越える

 

ロードバイク購入以来、最も乗っていない今シーズン・・・

これではイカ~~ン! ということで、本日久々の菅坂峠越えと相成った。

9/23に開催される「里山サイクリング IN 綾部」参加に向けて、

もうちょっと乗っておかねば・・・。

 

110827_4

・総走行距離 38.63km

・総時間 1時間54分

・Avgスピード 20.3km/h

・Avgケインデンス 79rpm

・総上昇量 488m

・総下降量 464m

・消費カロリー 1613kcal

・消費携行食 サバス ピットイン リキッド×1

・消費ドリンク グリコCCD 500ml×1

・使用機器 GARMIN Edge305

 

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ