フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« めんそーれ沖縄美ら旅紀行 | トップページ | SWANS CYNIUM-Rph (物欲復活への狼煙) »

2011年9月 5日 (月)

麺通団(東) 蒸し蕎麦を喰らう

毎月第1日曜日は私の所属する地元消防団の出役の日。

消防ポンプ積載車や消防小型ポンプ等、市から預かっている機械・器具が

正常に動作するか、異常が無いかを点検・確認する大事な日となっている。
                                                             

今回も早朝より出役。

そして、任務をこなした後は・・・待望の慰労!

それはまさに「ラーメンといえばギョウザ」 「ハンバーガーといえばポテト」のように、

「消防団といえば訓練、訓練後といえば慰労!」 ということなのである(意味不明?)。
                                                             

てなわけで、お察しの通りグルメ探求集団:麺通団東八田分団の出動!

今回のターゲットは私が以前から気になっていた「そば屋」へ行くことに。

 

110902
 ↑ その「そば屋」さんがコチラ・・・『そば四百年家』さんである

110902_002
 ↑ 昔ながらの日本家屋といった趣の外観が特徴

110902_003_2
 ↑ 色鮮やかな「のれん」がエエ感じです

110902_010
 ↑ なぜか庭にはポンプが・・・

110902_001_2

110902_004
 ↑ 店内に入ると・・・

110902_006
 ↑ 日本人はやはり和室が落ち着きます

110902_008_2
 ↑ 縁側ってエエですな~日本茶すすりながら猫と日向ぼっこしたい・・・

 

『そば四百年家』・・・名前の由来は、江戸時代の慶安年間(1648~1652)、

今からおよそ四百年前に築造された民家ということで、名付けられたとのこと。

その名の通り、一歩店内に入るとタイムスリップしたような感覚に・・・。

我がARA!家も昔は茅葺屋根の家屋だったこともあり、

こういうおウチは本当に落ち着きます。
                                                               

そんな『そば四百年家』さんの蕎麦は石臼自家製粉したそば粉を使用し、

蒸気で蒸し上げるのが特徴の「セイロ蒸し蕎麦」とのこと。

 

110902_011
 ↑ メニューは「蒸しそば」のみ! とりあえず1斤を注文する

110902_012
 ↑ まずは1人ずつ「蕎麦湯」が出てまいります

110902_013
 ↑ 「セイロ蒸し蕎麦1斤」 1200円也

110902_014
 ↑ 御開帳~!

110902_015

110902_016
 ↑ 熱々の蕎麦登場! 湯気が立っているのがお分かり頂けるだろうか?

 

これまで様々な蕎麦を食してきた我々麺通団(東)ではあるが、

蒸し蕎麦というのは今回が初体験❤

一体どんなモノなのか興味津々の一同。

先に提供された蕎麦湯を飲みながら、期待に胸を膨らませ、空腹に腹を凹ませる。
                                                          

そんな中、現れしセイロちゃん・・・
                                                                                                                                                                          いざ、オープン!

おおっ ゆ、湯気が・・・こ、これが蒸した蕎麦か・・・
                                                             

気になるそのお味は・・・

普通に茹でた蕎麦とは一線を画すモッチリ感

蒸したことによって際立つ香りと自然の甘味。

なるほど、これが蒸し蕎麦なんですね。

ということで、あっという間に完食。

初体験の蒸し蕎麦を堪能させていただきました・・・。

 

【そば四百年屋】 公式H.P http://400nenya.main.jp/index.html

所在地 〒623-1122 京都府綾部市八津合町神谷9番地
TEL    0773-21-1746
営業   11:00~14:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)

 

110902_017
 ↑ 喰ったら移動! 目指すは温泉!

 

「グルメのあとは温泉」 これまさに麺通団(東)の掟。

「消防といえば訓練・・・訓練のあとは慰労」と同じ法則なのである。

『四百年家』さんから車で約5分の位置に温浴施設『あやべ温泉』さんがあるのだが、

今回はあえてスルー。

運転手である私の希望により、目指すは福井県の若狭町!

 

110902_018
 ↑ 私の独断で到着した『みかた温泉きらら』さん

110902_020

110902_022
 ↑ エントランス横には足湯が・・・

110902_021
 ↑ 施設内・・・の天井

 

この『みかた温泉きらら』さん、以前より1度訪れてみたいと思っていたのだが、

今回やっと念願が叶う格好となった。

参加団員の誰もが、訓練後にわざわざ隣の県にまで出向き、

温泉に入るとは予想していなかったが、その突拍子の無さ、行動力こそが

麺通団(東)の真骨頂なのである。

雨の中入る露天もまた一興であった。
                                                                                                                 

【みかた温泉きらら】 公式H.P http://www.mikata-onsen.com/

所在地 〒623-1122 福井県三方上中郡若狭町中央第1号6-1
TEL    0770-45-1126
営業   10:00~22:00
定休日 毎月第1水曜日

 

そんなわけで台風一過、初体験の蒸し蕎麦と温泉を堪能。

一仕事した後のグルメ&温泉は素晴らしいと再確認出来た1日であった。

さて、次なる目的地は何処にしようかな・・・。

 

オマケ・・・

110902_025
 ↑ グルメ&温泉のあとは・・・ゲーム大会!

 

 

そば四百年家そば(蕎麦) / 西舞鶴)
昼総合点★★★☆☆ 3.0

« めんそーれ沖縄美ら旅紀行 | トップページ | SWANS CYNIUM-Rph (物欲復活への狼煙) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

麺通団東八田分団」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

まさに、まさに!麺通団の活動でした。(笑)
 
最近少し麺通団を侮っていましたよ、私は。
この行動力、この我儘さ、この突発性、この天衣無縫さ!
 
これこそが麺通団(東)だったのですよね!

小隊長殿が合流した麺通団(東)をナメてはいけません(笑)。スピード&パワー、そしてラブですから。
次なるターゲットは何処?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺通団(東) 蒸し蕎麦を喰らう:

« めんそーれ沖縄美ら旅紀行 | トップページ | SWANS CYNIUM-Rph (物欲復活への狼煙) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ