フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« FFWD F6R 初めてFP5との合体 | トップページ | 「加悦岩滝自転車道」下見の巻 »

2011年12月 6日 (火)

F6RにWH7850C24CLマグネット取り付け

FFWD F6R・・・我が愛機ピナレロFP5に装着したはイイが、

連日の悪天候のため全く乗れない今日この頃。

未だカーボンディープリムホイールの走りがどんなモノなのか体感出来ずweep

まぁ、今のところは眺めているだけでハッピーなのだが、

オモチャのクルマを与えられた子供よろしく、ブーブーdash ブーブーdash

ホイールを空回ししていて思い付いたflair

せっかくのエアロホイールなんだから細部までコダわろうじゃないの。

何にコダわるのか?

ホイールに取り付けるマグネットセンサーである。
                                                           

111206_027
 ↑ よくある一般的なマグネットセンサー

111206
 ↑ 重量は5.3g

 

このセンサーに変えて、何かスタイリッシュなモノはないものか?

最近定番?の強力磁力ネオジムを使おうかとも思ったのだが、

色々調べていくうち、ピンとくるモノを発見。 それがコレ↓

 

111126_190

111126_193_2
  ↑ SHIMANO WH7850C24CL MAGNET SENSOR (Y4EF98060)

111206_025
  ↑ シマノのリペアパーツ群の中から発見  369円也

111126_198
 ↑ 重量驚愕の0.6g

 

小型・軽量・スタイリッシュなセンサーで文句はないのだが、

問題は、キチンと計測できるかどうか。

早速F6Rに取り付けてみることに・・・。

 

111204_014
 ↑ パチンという感じでスポークに装着・・・しかしこのままではチト不安

111126_018
 ↑ そこで取り出しました「ニトムズ 自己融着テープ」
    その名の通りテープ同士がくっつくので糊でベトベトしない

111204_018
 ↑ ぎゅ~~~っと引っ張りながら巻き巻きする

111204_020
 ↑ 巻き巻き完了 (巻きが不細工なのでこのあとやり直し決定sweat01

111204_008
 ↑ ちなみに、このくらいの距離であればバッチリ計測O.Kであった

 

そんなわけで無事装着完了。

ただ・・・
                                                                   

自己融着テープを使用するのだから、台座からマグネットだけを外して

直接スポークに取り付けても良かったかな?
                                                                      

マグネットだけ取り付けるなら、やっぱり角型のネオジム磁石がエエんちゃうん?
                                                                       

・・・などと思わないでもないが、「やり尽くす」 より 「やり変える」余地を

残しておいた方があとあと楽しめるかな??

ということでF6Rとセンサーのお話はこれにておしまい!

 

« FFWD F6R 初めてFP5との合体 | トップページ | 「加悦岩滝自転車道」下見の巻 »

PINARELLO FP5」カテゴリの記事

サイクルパーツ ホイール・タイヤ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/53420048

この記事へのトラックバック一覧です: F6RにWH7850C24CLマグネット取り付け:

« FFWD F6R 初めてFP5との合体 | トップページ | 「加悦岩滝自転車道」下見の巻 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ