フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« FFWD F6R じっくり観察の巻 | トップページ | FFWD F6R 初めてFP5との合体 »

2011年12月 4日 (日)

FFWD F6Rに初めてのチューブラータイヤ装着編

さぁ、いよいよFFWD F6Rにチューブラータイヤを貼る時がやって来た。

人生初チューブラータイヤには「Vittoria Open Corsa Evo CX II」を用意。

111126_016
 ↑ Vittoria Open Corsa Evo CX II 体重は・・・242g

111126_050
 ↑ まずは下準備・・・ハイト60mmのF6Rに合わせてバルブを交換
    Corsa Evo CX II 純正装着のバルブを取り外す

111126_054
 ↑ 外れたぞの図

111126_056
 ↑ 別角度から

111126_023
 ↑ 用意したのはVittoria Removable Valve 80mm

111126_113

111126_116

111126_118   

111126_039
 ↑ ちなみに重量は1本4.4g

111126_061
 ↑ 装着完了! これでタイヤ側の準備O.K

111128_062
 ↑ お次はホイールの下準備・・・接着面の油分、埃等をクリーナーで取り除く

111128_076
 ↑ 1周拭くと、この通りsweat02

111126_151
 ↑ 取り出しました miyata tubelar Tape  TTP-1

111126_152
 ↑ チューブラータイヤ導入の敷居を下げた功労者:ミヤタの両面テープ

111128_071
 ↑ このテープの存在が今回のチューブラー導入の背中を押してくれた

111128_081
 ↑ バルブホールを起点にリム外周にテープを貼っていく

111128_086
 ↑ ハイ、1周貼れました
    気泡が入らないようにキチンと貼るのには、結構大変ですなsweat01

111128_129
 ↑ テープの両端のセロハン(剥離紙)をめくり外側に折り返しておく

111128_095_2
 ↑ ホイールにタイヤを装着したら1~2BARほどエアーを入れ、
    タイヤを回してみてセンター出しを行う。
    ちなみに、このタイヤには取り付け方向があるので要注意。
    進行方向に対してサイドウォールのパターンが「ハの字」になるように。

111128_135_3
 ↑ センター出しが出来れば、テープのセロハン(剥離紙)を抜き取っていく

111128_102
 ↑ セロハンを抜き終われば一旦エアーを全て放出し、手指を用い圧着していく 

111128_105
 ↑ 装着完了~!

111128_107
 ↑ このタイヤラベルが車体の右側に来るようにタイヤを装着するのが正解

111128_117
 ↑ 80mmのバルブを使用して飛び出し具合はこんなカンジ

111128_124
 ↑ タイヤ装着後の体重測定・・・まずはフロント842g

111128_138_2
 ↑ リヤホイール 993g

111128_146
 ↑ カセット(シマノ DuraAce7900 12-27)取り付け後のリヤホイール 1181g

 

ちなみに、私が所有する他のホイールの重量は・・・↓

111128_153
 ↑ '08FP5純正装着 MostCHALL フロントホイール 1068g
   ( Most + Continental Ultra Sport + チューブ不明)

111128_150
 ↑ '08FP5純正装着 MostCHALL リヤホイール 1508g
    (Most + Continental Ultra Sport + チューブ不明 + アルテグラ12-27T)

111128_060
 ↑ フルクラム レーシングZERO   フロントホイール 935g
    (ZERO + シュワルベ アルトレモZX +ブリジストン エクステンザチューブ)

111128_149
 ↑ フルクラム レーシングZERO   リヤホイール 1288g
   (ZERO + アルトレモZX + エクステンザチューブ + デュラ7900 12-27T)

 

FFWD F6R   F 842g R1181g

RACINGZERO  F 935g R1288g

MostCHALL    F1068g R1508g
                                                           

手持ちのホイール3種を比べると以上のような結果と相成った。

MostからZEROに持ち替えると、非常に軽い印象を受けるのだが、

F6Rはさらにその上をいく軽さup

今回ディープリムホイールを導入するにあたり、平坦基調のルートを走るなら

ディープリムを主体にし、峠をメインに組み込んだルートを走るなら、

レーシングZEROを履こうと思っていたのだが、ZEROよりも軽いのだから、

どんな場面でもF6R 1本あれば対応出来そうな勢いである。

 

さぁ、次はいよいよ愛機FP5に装着し実走だぁdash

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« FFWD F6R じっくり観察の巻 | トップページ | FFWD F6R 初めてFP5との合体 »

サイクルパーツ ホイール・タイヤ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

自分も来年はチューブラーデビューしようかな?実は以前からチューブラータイヤを購入していたのですが未だに使っていなっかたので今回、ARAさんのブログが良いきっかけになりました。チューブラータイヤの装着、参考になりました。

チクリスタ村上さん>
参考になったとのことで大変恐縮ですsweat01
初めてのチューブラー・・・なんとか貼り終えました。
文章にすると・・・
「ホイールに両面テープでタイヤを貼る」
というだけの単純作業ですが、実際にやってみるとテープをセンターに
綺麗にはるのもなかなかコツがいりますね。勿論タイヤのセンター出しも・・・。
「1度チューブラーに乗ると、チューブラー以外には乗れなくなる」なんてよく聞きますが、
残念ながら悪天候が続きまだ試走出来てません(泣)。
雪が降り始めるまでに乗りたい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/53396112

この記事へのトラックバック一覧です: FFWD F6Rに初めてのチューブラータイヤ装着編:

« FFWD F6R じっくり観察の巻 | トップページ | FFWD F6R 初めてFP5との合体 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ