フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« crops スパイダーX | トップページ | FFWD F6R インプレ追記 »

2011年12月11日 (日)

FFWD F6R 初走行インプレッション

私はカーボンというマテリアルが大好きなカーボンマニアである。

今から約30年前、初めて手にした本格派RCカーが「田宮ラルトF2」だった。

シャーシはジュラルミン。 クラッシュするとスグに曲がったものだ。

オプションパーツで「FRP製」のシャーシがあったのだが、高価で買えなかった。

FRPは軽量で、剛性が高く、弾性もあるのでネジレに強く、

RCレーシングカーのシャーシには最適なマテリアルであった。

しかしそのFRPより、さらに剛性が高く、軽量だったのがカーボン。

ただ、これはまさに雲の上の存在。

非常に高価・希少で、手に入れること自体難しかった。

メーカーのワークスドライバーだけが使用するような高嶺の花であった。

 

時は流れて、私が初めてカーボンシャーシを使用したのは社会人になってから。

「田宮F-1(F103シャーシ)」のオプションパーツとしてリリースされた

カーボンシャーシを購入したのが、記念すべきカーボンデビューであった。

太陽光線の加減で猫の目のように表情を変える色・艶、

編みこまれた極細の繊維・・・その全てが美しい。

現在のRCの世界ではカーボンシャーシも、標準装備されるような一般的な

材質になったが、私のカーボンに対する憧れの気持ちは今も昔も変わらない。

 

Img_3577

ちなみに我が愛車:マツダロードスター(NB型)の内外装のポイントは

やはりカーボンパーツである。

そんなカーボンマニアの私がカーボンバイクに乗り、

そしてカーボンホイールを履くのはまさに必然の流れ。

カーボンディープリムホイール&チューブラータイヤの導入という、

爆弾投下により、いよいよ私の自転車生活も新たな章の幕開けである。

111209_039_3

111209_032_2

111209_033      

                                                                                                                    大げさな前口上だったが・・・

ついに、ついに、F6Rの実走叶う!

肝心の走行インプレッションは・・・

【走行条件】

気温9℃ / 晴れ / 烈風下 / 平坦路 / 30km弱走行

【比較対象】

フルクラム レーシング ゼロ / アルトレモZX / ブリジストン エクステンザチューブ
※カセットの歯数は全く同じ

 

●漕ぎ出し...

  とにかく軽い。レーシングZEROと比べても遜色なし。

  (前後全備重量 ZERO 2223g F6R 2023g)

  簡単に・・・気が付いたら30km/hまでスグに達しているような感覚。

  ストップ&ゴーが続くような状況下でも苦にならず、スグに巡航速度まで

  戻せてしまう。

●巡航性能...

  360度全方位型の強烈な向かい風の中での走行であったが、

  そんな向かい風の中でも、自分のイメージしているスピードよりも、

  サイコンを見ると数km/h高いスピードで維持出来ている。

●乗り心地...

  あえて、レーシングZERO使用時と同じ8barで走行したのだが、

  明らかに乗り心地が良い。細かな路面の震動を消している様子。

  段差の突き上げ感も大人しい。

  ただし、カーボンリムということで段差の乗り越え時には非常に気を使うcoldsweats02

  あまり神経質にならなくてもよいのかもしれないが・・・ま、慣れるまでは。

●ブレーキ

  アルミリムとは明らかに違う。

  初期の制動・・・というよりは初期のタッチがアルミリムの場合、始めから

  「ググッ」と手応えを感じるのに対して、F6Rは「ス~~~~~~~」っと、

  リムが滑っていくような感覚で若干物足りなさを感じる。

  ブレーキレバーを奥までガツンと握った際のブレーキの効きには問題無いので

  この辺は慣れの範疇か。ブレーキシューの取り付け角度等の変更で

  好みのフィーリングに近付くよう調整してみよう。
                                                                                

  リムの発熱に関して・・・短い距離の下りでもリムが発熱しているようなので、

  峠の長い下りなんかは、どこまで発熱するのか興味津々というか心配sweat02
                                                                     

  ブレーキの鳴きに関して・・・他のユーザーさんのブログなんかで、

  「F6Rはママチャリ以上に爆音」というような記事を目にしていたので、

  非常に心配していたのだが、「しゅるしゅるしゅるるる~」といかにも

  カーボンっぽい音がするのみで、予想以上に静か。

●風の影響...

  今回は強風下での走行ということで、やはりハンドルに影響を受ける。

  ただし、予想していたよりはマシということで、

  この辺はDARC™プロファイルの恩恵かwink

●登坂&下り...

  今回は平坦のみということで次回に・・・。

●その他...

  フリーのラチェット音がとにかく静か。

  風を切って走っていると、ほぼ無音?と感じてしまうear
                                                               

  あと・・・とにかく何が1番変わったかというと・・・『見た目』。

  乗り手のモチベーションアップ度3倍(当社比)

  一気にスーパーサイヤ人になったかのような、戦闘力の高さを感じるlovely

 

111209_042
 ↑ 噂通り?走行後はリムが黄色くなっているsweat02

111209_046
 ↑ 走行後のシューはこんなカンジ(スグ減りそうcoldsweats02

 

まぁ、まぁ、何と言っても今回は近所を一回りしただけなので、

F6Rちゃんの何たるかを語るのには10年早いのだが、

まずは、そのカッコ良さに乾杯! F6R最高!

最後は予想通りの自画自賛で終了sign03 

 

※「F6Rじっくり観察編」はコチラ

※「F6Rに初めてのチューブラータイヤ装着編」はコチラ

※「FFWD F6R 走行インプレ追記の巻」はコチラ

 

オマケ・・・

111209_025
 ↑ 試走中、自転車仲間のYさんと偶然バッタリ
    こんな寒空の下・・・好きですね~~happy01

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« crops スパイダーX | トップページ | FFWD F6R インプレ追記 »

PINARELLO FP5」カテゴリの記事

サイクリング(ロード)」カテゴリの記事

サイクルパーツ ホイール・タイヤ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/53452328

この記事へのトラックバック一覧です: FFWD F6R 初走行インプレッション:

« crops スパイダーX | トップページ | FFWD F6R インプレ追記 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ