フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

BBB名誉の負傷?

ここのところ日夜活躍してくれているBBBハードウエア シューズカバー。

水溜まりをバシャバシャ通過しても、防水効果バッチリで我が足を守ってくれるのだが、

気が付かない間にこんなことに・・・↓

 

120126_018
 ↑ 左足内側くるぶし付近にご注目!

120126_020_2
 ↑ ベロンと1枚薄皮がめくれた状態

 

クランクと喧嘩でもしたのだろうか?

ちょうど踝の辺りが破ける・・・というと大げさだが、

薄皮がペロンとめくれてしまった

う~む、ゴム系ボンドでも塗って張り付けようかな??

                                                                     
                                                                                                                                          

2012年1月30日 (月)

雪やこんこサイクリング2012

この1週間、我が町周辺は雪・雪・雪、そしてまた雪のオンパレード。

多少の降雪なら 「雪やこんこ」の犬よろしく、喜んで走りに出掛けるのだが、

さすがに凍結路は走ることが出来ず、毎夜ローラー台の上で悶々としていたのだが、

昼間なら凍結していることもあるまい・・・というこで何とか隙を突いてお外に出て来た。

 

120128_016
 ↑ 滑らないよう気を付けて・・・

120128_019_2
 ↑ 小呂峠にて

120128_022
 ↑ ここまで除雪してあれば問題なく走行可

 

先日交換したハンドルバー&グリップの実走叶う。

ハンドルバーに関しては、純正装着品に比べパイプ厚が薄いためか、

路面の細かな振動をよく拾う印象。

グリップに関しては分厚いグローブをしていても、その握り心地の良さを

感じることが出来る。

バックスィープ角変更に伴う乗車姿勢の変化は、今のところイイ感じなので、

今後ボチボチ様子を見ていくとしよう。
                                                                         

 

今回のジャージ情報

○走行条件  気温2℃  雪  路面状況ヘビーウエット(雪あり)                    

☆頭  パールイズミ レイン ヘルメットカバー
    
パールイズミ フェイスマスク   

    ・・・快適だが、ヘルメットとアイウエアとの僅かな隙間から侵入した
       雪粒が額に当たり痛寒い

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)

    ・・・走り始めから快適。
       相変わらずGOLDWINアンダーシャツがイイ仕事をしてくれる。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
       実はPEARL IZUMI ウィンドブレーク ハーシュ グローブ
       持っているのだが、悪天候時は勿体ないので着用せず・・・。 

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・特に問題なし。

☆足 BBB ハードウエア シューズカバー #BWS-04

  ・・・防水&防寒効果バッチリ 

 
  

2012年1月29日 (日)

TIOGA と CRANKBROTHERS

120128_004

 

サイクルワールド号に先日GETしたハンドルバーとグリップの取り付けを行う。

まずはハンドル周りをバラバラにしてと・・・

                                                                  
                                                                   

                                                                 120128_006
 ↑ 上:タイオガ  下:純正装着品

120128_003
 ↑ ビフォー

120128_009
 ↑ アフター:TIOGA AL2000ハンドルバー & CRANKBROTHERS Cobalt グリップ

 

取り付け完了。

ハンドル形状の違いで見た目の印象も随分と変るもんだ。   

グリップに関しては、思惑通りエエ感じの握り心地。

さぁ、次は実走だぁ!

・・・と言いたいところだが、連日の降雪・凍結にノックダウン

 

2012年1月28日 (土)

サイクルワールド号パーツ換装準備オーライ

冬になり悪路を走る機会が増え、自動的に出番が急増しているのが、

MTBのサイクルワールド号。

確か1995年に24回ローンにて購入したモノだから、もう17年の付き合いになる。

その間、チューンナップ的パーツ交換等全くと言っていいほど実施していないが、

乗り込めば乗り込むほどイジりたくなってくるのが、メカ好き物欲ッカーの性。

ちなみにロードバイクのピナレロFP5は2008年購入で、今現在購入当時のモノで

使用しているのはフレーム本体とコンポーネントだけになってしまった。

080223_001
 ↑ ’08ピナレロFP5 購入当時

111202_002_6
 ↑ 2012年現在のFP5

 

FP5に後れをとるなというわけで?サイクルワールド号にも手を加えるべく、

ちょっぴりNEWアイテムの投入と相成った。    

120126_002_2
 ↑ TIOGA AL2000ハンドルバー(HBR08401)

120126_003_2
 ↑ AL2000という名前にちなみ?お値段も¥2,000台でした

120126_012_2
 ↑ 体重測定は・・・178g
                                                                           

○材質:6061-T6ダブルバテッドアルミ
○バークランプ径:25.4mm
○幅:580mm
○バックスィープ:6度

 

120126_004
 ↑ つづきまして・・・さてコレは何でしょう?

120126_005_2
 ↑ CRANKBROTHERS Cobalt グリップ でした

120126_006_2
 ↑ フォームラバーの握り心地は非常に良うございます

120126_007_2
 ↑ クランプ式でガッチリ固定可・・・実はこの青に惚れて購入

120126_017_2
 ↑ 固定用専用ビットが付属

120126_015
 ↑ バーエンドキャップにはクランクブラザーズのマーク入り

120126_011
 ↑ グリップ×2、バーエンドキャップ×2 の全備重量

 

乗車姿勢変更のため、購入当時より装着してあるハンドルバーとは、

バックスィープ角の違うモノをGET。

ついでに長年の使用により、滑り止め加工が摩耗しツルツルになってしまった、

グリップも交換することにした。

さぁ、冬の夜長シコシコと交換でもするとしよう

                                                                  
                                                                     

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年1月27日 (金)

2012 サイクルイベント物色中

2008年よりロードバイクに乗り始めた私・・・冬の間は全く乗らず、

春先に復活 → ちょろちょろとリハビリライド → 秋よりイベント参加

というのが、例年のパターンだったのだが・・・今冬は意外にも乗り続け、

そして春のサイクルイベントにもすでに申し込み完了。

ということで、今年は一味違うぜ状態なのだが、

1度火が点くとボーボーボーボー、それはボーボーボーボー燃えてしまうのが私

出てみたいサイクルイベントが目白押しなのである。

以下、現在参加希望中のイベント↓

 

3月  びわ湖一周ロングライド2012(申し込み済)  滋賀

4月  メディオフォンドシリーズ 雲海ステージ  岡山

5月  ツール・ド・大山  鳥取
     京北林道サイクリング2012 京都
     第2回2012比叡山ヒルクライム大会 滋賀

6月  鳥取サイクルマラソン  鳥取
          TANTANロングライド 京都

7月  スーパーメディオフォンド 津黒高原ステージ 岡山

 

今年前半の参加希望イベントである。

やはりロングライドイベントが中心。

まだ正式にアナウンスの無いイベントもあったり、

一応、子を持つ親ということで全てに参加出来るか分からないが、

今年は出来るだけ多くのイベントに参加したいと願う今日この頃である。

そのためにも、春からのイベント参加に備え、キチンと乗っておかなくっちゃ

 

オマケのイベント参加画像

080608_006
 ↑ 2008年 グランフォンド福井より

090614_072
 ↑ 2009年 鳥取サイクルマラソン

091025_035
 ↑ 2009年 メディオフォンド津黒高原ステージ

1010017_027_2
 ↑ 2010年 ヒルクライム IN 大山

101115_019_2
 ↑ 2010年 メディオフォンド奥吉備ステージ

1109023_012
 ↑ 2011年 里山サイクリング IN 綾部

                                                                  
                                                                   

2012年1月26日 (木)

舞鶴かき丼キャンペーンに乗っかる

冬の代表的な味覚の一つ・・・牡蠣

実は私、この牡蠣が苦手で今まで食してこなかったのであるが、

昨年末ひょんなことから「牡蠣フライ」を食する機会があり、

                                                                                                                                                       
「お、なんや、美味いやんけ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                 と、認識を改め・・・

それ以来、少し興味を持つようになりアンテナを張っていたのであるが、

そんな中、お隣の舞鶴市ではここ数年「舞鶴かき丼キャンペーン」なるものを

実施しているとの情報をキャッチ。
                                                                   

なんでも・・・

舞鶴市漁業協同組合、(社)舞鶴市水産協会、舞鶴観光協会で構成する

『舞鶴かきグルメキャンペーン協議会』で、「舞鶴かき」を使った

『舞鶴かき丼』キャンペーンを実施。

キャンペーンに参加する全17店舗がそれぞれ創意工夫溢れるバラエティにとんだ

「舞鶴かき丼」を提供中とのこと。

 

○舞鶴牡蠣の特徴

舞鶴の牡蠣の水揚量は19.6t(むき身重量 平成22年度)。

三方を緑の山々に囲まれた舞鶴湾にはミネラルを含む清水が多く流れ込み、

これが牡蠣のエサであるプランクトンを育てます。

栄養豊富な舞鶴湾で育った舞鶴牡蠣は身も大きく濃厚な味となります。

 

○舞鶴かき丼の条件

・舞鶴産の牡蠣5個以上と、舞鶴かまぼこ(特許庁認定の地域ブランド)
  を使っていること

・舞鶴産牡蠣のプリプリ感を損なわないこと

・美味しくて、また食べたくなること

 

・・・そうと聞けば、これは食さねばなるまい。

そんなわけで「牡蠣ビギナー」の「舞鶴かき丼」ツアーのはじまりはじまり。

 

120121_020_5
 ↑ この幟のあるお店がキャンペーン参加店

120121_001_4
 ↑ 今回お邪魔したのはコチラ・・・「まいづる茶屋」さん

120121_002_4
 ↑ 早速お席について・・・

120121_005_2
 ↑ 絶賛宣伝中

120121_003
 ↑ カキ丼以外にも色々ありますな~

120121_008_2
 ↑ こちらがまいづる茶屋さんの「舞鶴カキ丼 ¥880」なり

120121_011

120121_012_2
 ↑ プリプリした牡蠣が入っております

120121_014
 ↑ いただきま~~す!

120121_015
 ↑ カブりつく!

120121_018
 ↑ 舞鶴かき丼のもう1つの主役・・・舞鶴かまぼこ

 

そんなわけで、「舞鶴かき丼」 ガッツリいただきました

噂とおり舞鶴牡蠣・・・プリプリしておりました。

とはいうものの、キャンペーン参加店舗は17店舗もあるので、

私が食したのはまだまだ氷山の一角状態。

う~~む、次回はカキフライを使用した「舞鶴かき丼」にチャレンジしようかな。

                                                                    
            

まいづる茶屋そば(蕎麦) / 真倉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

2012年1月23日 (月)

大江町 「鬼ヶそば」 グルメポタ

以前より、気になっていたお店がある。

鬼伝説で有名な京都府大江町にある「鬼ヶそば」さんである。

公式サイトを見るにつけ、麺食いの麺通団東八田分団団員としては

1度は行ってみたいと思っていたのが、やっと念願叶ったのでリポート。

 

120122_001
 ↑ 今回はグルメポタということで自転車にて現地へ向かう

120122_006
 ↑ 府道485~府道9を大江町方面に向けて走る

120122_011
 ↑ 府道9~府道493へ

120122_012
 ↑ 峠越えにて福知山市大江町へ突入

120122_014
 ↑ 大江町尾藤地区を目指す

 

今回も団員きんちゃんと共に中年2人仲良く走る。

いつもの綾部市総合体育館を出発、府道485~府道9~府道493を経由し

大江町入り。 このルートはいつもよく通っているのだが、

実は「鬼ヶそば」さんの場所がイマイチよく分からない。

お店のホームページに載っていた地図がコチラ↓                      

Level_4

 

全く分らん! 道なき場所にポイントがあるぞ

う~む、コレはとりあえず現地周辺に行ってみないと仕方がないか

この辺だろうと思われる場所をウロウロ・・・                                                                  

側道への入口に看板がないか探すのだが、府道493側からの入口は分らず。

そういえば・・・

この先の府道55号線沿いに看板が出ていたのを思い出し行ってみることに。

 

120122_015
 ↑ 府道55号線沿いに「鬼ヶそば」さんの看板を発見!

 

府道55号線沿いに設置してある看板を発見し一安心。

この看板を目印として舞鶴側から来ると左折、福知山側から来ると右折し、

この奥へ進むと「鬼ヶそば」さん周辺・・・まで行ける。

 

120122_017
 ↑ 看板のあった場所から奥へと進む

120122_019_2
 ↑ さらに奥へ奥へと進む

120122_058
 ↑ 右手に防火水槽のある交差点を右折(看板等無いので注意)
    ※道なりに左方向へ進み、川を渡ると元来た府道493へ繋がる

120122_059
 ↑ ちなみに上の交差点の傍にはこのような看板が・・・お城があったのね

120122_061
 ↑ こんもりした所が「尾藤城跡」とのこと

120122_021
 ↑ 防火水槽のあった交差点を右折したら直進

120122_057
 ↑ この道であっているのか不安になりかけた頃、幟を発見

120122_056
 ↑ 神社の横を通り、さらに奥へ

120122_055
 ↑ なんだか「それらしい」雰囲気になってまいりました

120122_050
 ↑ 到着~! 行き止まりに「鬼ヶそば」さんがありました

120122_051
 ↑ コチラが「鬼ヶそば」さんの店舗

120122_054
 ↑ 別角度から

120122_053
 ↑ 敷地内にある納屋に自転車を置かせていただいて・・・

120122_024

120122_049
 ↑ 期待に胸を膨らまし、空腹にお腹を凹まし、いざ入店!

120122_029_2

120122_027_2
 ↑ まさに 「THE 日本家屋」 といった趣の店内

120122_025_3
 ↑ さぁ、さぁ、私達もお席について・・・

120122_031
 ↑ コチラがメニュー(裏面にドリンクメニュー有)

 

軽く右往左往しながら何とか辿り着いた「鬼ヶそば」さん。

まさに鬼が出てきそうなロケーション・・・。

ワクワクしながら早速入店。

趣のある店内の雰囲気は以前訪れた、同じ大江町内にある「平家そば」さんや、

綾部「かんばやし 乃」さん、綾部「そばの花」さん、綾部「そば四百年屋」さん

・・・と共通する落ち着ける空間。
                                                                 

※「平家そば」 「そばの花」の記事はコチラ
※「かんばやし 乃」の記事はコチラ

※「そば四百年屋」の記事はコチラ
                                                              

さぁ、さぁ、何を食べようか?

ここはやっぱり「ざるそば」だな・・・と思っていると、

隣の席のお客様から しきりに「松バ」という注文が飛び交っている。

松バ・・・?

何だかよく分からないが、ビールをガンガン召し上がっている皆様方が

機嫌良く注文するのだから、美味いモンにちゃいない!

そんなわけで、私達も頼んでみる事に・・・。

するとお店のお母さん、早速私達の卓のど真ん中にある鉢に炭を入れ始めた。

はは~~ん、なるほど、松バって焼くモノなのね

40過ぎて、また1つ賢くなった我々2人・・・。                                                             

 

120122_030
 ↑ 卓のど真ん中に炭・・・さぁ、一体何を焼くのでしょうか??

120122_032
 ↑ 答えはコレ・・・鶏! ささ身の付け根で鎖骨部分とのこと

120122_033
 ↑ 炭火で焼く!

120122_036
 ↑ これでもか!というくらい煙が出ております

120122
 ↑ それはもう店内中、煙まみれですが大らかなお店なんで問題無いご様子

120122_038
 ↑ エエ感じに焼けて参りました

120122_040
 ↑ そして喰らいつく!

120122_041
 ↑ 即 完食! めちゃめちゃ美味かった!

120122_034
 ↑ お次は・・・お母さんがオマケでくれたサツマイモ

120122_037
 ↑ 熱々のホクホク! 甘くて美味い!

120122_042
 ↑ そうこうしている内、メインのざるそば登場!

120122_043
 ↑ 艶々しておりますな~

120122_046
 ↑ いただきま~~す!

 

喰った、喰った、喰いました

日本人なら誰もが落ち着けるであろう空間で提供されるおもてなし。

肉・芋・蕎麦

どれもこれも大変美味しゅうございました。

いや、ほんま、あの「松バ」は絶品

 

120122_047
 ↑ ふと気が付けば店内は満席・満員御礼状態

120122_048_2
 ↑ お会計はコチラのお部屋で・・・生活感出まくりですやん

 

田舎のお婆ちゃんちに来て飯を食ってるような・・・

そんなホッと出来るお店でございました。

ご馳走様でした!

 

【鬼ヶそば】               

住所     京都府福知山市大江町ふろん谷

TEL&FAX 0773-56-0030

定休日    第二  第四  火曜日

営業時間  AM 11:00-PM 6:00 まで(5名様以上予約の場合はPM 7:30まで)

公式サイト  http://moriao.com/soba/test/

Photo_3
 ↑ 前述の地図に目印を追加 記事内の画像と合わせて御参照ください

                                                                                                                              

鬼ケそばそば(蕎麦) / 公庄駅大江駅
昼総合点★★★★ 4.0

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年1月22日 (日)

覆面ライダー里山をポタ

120121_002
 ↑ 小雨のパラつく中、団員2名集合完了

120121_001
 ↑ 団員:きんちゃんの雨天用マシン

120121_004
 ↑ 私は悪天候時用の完全装備(けっして怪しい者では・・・)

120121_006

120121_009
 ↑ 相変わらずの冬の北部っぽい天候の中を往く

120121_007
 ↑ 丘の上に登り切り小休止

 

合羽を着て、覆面をした中年男2人で雨の中を走る。

通勤をしている風でもなく、サイクルジャージを着たいかにも自転車が

趣味の人っていう風でもなく・・・周りから見ると、さぞかし怪しい2人組に

見えたことでしょう

当の2人は童心に返り、水溜りも、泥の中も、お構いなし!

キャッキャッ!キャッキャッ!と走りまくるのでありました。

おわり。

 

今回のジャージ情報

○走行条件  気温7℃  雨  路面状況ウエット                    

☆頭  パールイズミ レイン ヘルメットカバー
    
パールイズミ フェイスマスク   

    ・・・快適

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)

    ・・・走り始めから快適。 峠1つ越えると熱くて合羽を脱ぎたくなる。
       相変わらずGOLDWINアンダーシャツがイイ仕事をしてくれる。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
       実はPEARL IZUMI ウィンドブレーク ハーシュ グローブ
       持っているのだが、悪天候時は勿体ないので着用せず・・・。 

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めから寒さを感じることなく快適。

☆足 BBB ハードウエア シューズカバー #BWS-04

  ・・・防水&防寒効果バッチリ 

 

●オマケの研究結果

120121_012
 ↑ 左:パールイズミ  右:ユニクロ ヒートテック デオドラント ソックス

 

冬季主力ソックスの座を巡り、激しい争いを繰り広げる各靴下群。

まずは「ユニクロ」の性能を測るため、パールイズミ ウインターソックスと

履き比べを実施。勿論同じ条件下で無いと正しい結果が出ないので、

左右片方ずつ履いて走行してみる。

んで結果・・・

今回の気温7℃程度では差は出ず! 

どちらも快適でありました・・・。

また夜間ポタで試そうっと

 

2012年1月21日 (土)

Wiggleで人生2回目の海外通販の巻

Wiggle

                                                                          

ロードバイクのパーツで欲しい欲しいと狙っているモノが2点ある。

※本当はもっと、もっと、もっと、もっと、たくさんありますが

1つはここ数年来、ず~~~~っと狙っているもので、

もう1つは最近一目惚れしたモノ。

昨年末初めての海外通販を経験して以来、実はこの2点の動向を

毎日海外通販サイトにてチェックしてたりなんかする私・・・

そして遂に物欲大爆発! 

長年片想いのアノ方に積極的アタック!

                                                           

【実録 人生2回目の海外通販】
                                                               

2012年  1月7日(土) 20:08 ※表記は全て日本時間

「Wiggle」にて人生2回目の海外通販でのお買い物をする → 

「Wiggle」より、注文確認メールが届く。

                                                             

2012年 1月8日(日) 20:35

「Wiggle」より、注文品の梱包が済み、発送の準備が整い

数日以内に発送される旨のメールが届く。

                                                                       

●2012年 1月13日(金) 19:04

「Wiggle」より荷物が郵便事業大阪国際支店(関西国際空港内)

に届いた旨のメールが届く。今回もこのメールに関しては英文。

メールに記されていた13桁の問い合わせ番号を、日本郵便→国際郵便の

サイト内にある「国際郵便(EMS等)の配達状況の確認」に入力し、

確認をしてみると、以下のような画面が出てきた↓

Photo_2 

                                                             

2012年 1月14日(土) 10:04

めでたく無事に自宅到着!

以下、まとめ・・・

                                                               

○1月 7日 20:08  ポチっと発注

○1月10日  3:16 イギリス出発

○1月12日 23:18 日本到着(関空)

○1月14日 10:04 我が家に到着

                                                            

ということで、前回「FFWD F6R」を発注した際は、

日本到着から我が家配達までだけで6日間かかった(通関手続き)のだが、

今回はサクっと通関を通り、あっさり我が家に到着した。

                                                            

そして!

今回の通販で新たに試みたのがポンドでのお取り引き。

世の中円高だ、不景気だ、と憂いてみても仕方がない。

円高を逆手に取ってやろうじゃないかホトトギスということで、

日夜為替レートを注視し、この辺じゃなかろうか? 

というタイミングでポチっ! 今回のお買い物となった次第である。

                                                                       

んで、ポンド建てによる結果・・・

「Wiggle」に掲載されている日本円価格よりも、約¥8,000程度お安く

購入することが出来たのでありました。

                                                             

ちなみにカード会社に照会してみたところ、カード決済日は1月9日となっており、

※私がポチっとしたのは1月7日

これはWiggleがカード会社に請求した時点の為替レートが採用されるための

タイムラグとのこと。

購入時に決済金額が確定出来ないのが外貨建ての醍醐味ということか・・・。

                                                                      

さらにちなみに、カード決済された時の円換算レートは・・・

1ポンド=121.6215円

で計算されておりました。

この原稿を書いている時点でのレートが119.803274円ということで、

うわっ!

今買ってたら、もう少し安く買えたじゃん!

いや、決済は何日か後だから・・・その時のレートは・・・分らん!

                                                              

本日の物欲的格言

『欲しい時が買い時』

                                                              

120121

さて、その数年越しに欲しかったモノとは一体何なのか??

ま、今スグには使用致しませんので、また春になったらご紹介ということで

                                                                  

えらく勿体ぶった格好にておわり。

                                                                                                                                                                          

2012年1月20日 (金)

BBBハードウエアの防水性

新たに導入したBBBハードウエア シューズカバー(#BWS-04)の

防水性を検証するため、いつものコースを一回り。

実験にはもってこいの天候&路面状況で、水溜り有りまくりである。

 

120112_009_2
 ↑ BBB装着の図・・・なんだか長靴のような

120112_011_2
 ↑ ウエット路面をバシャバシャ走り、BBBの実力を検証

 

今回のジャージ情報 & BBBの結果

○走行条件  気温1℃  雨  路面状況ウエット                    

☆頭  パールイズミ レイン ヘルメットカバー
    
パールイズミ フェイスマスク   

    ・・・快適

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)

    ・・・走り始めは肩口がスースーして寒いが峠1つ越えるとHOTに。
       とにかくGOLDWINアンダーシャツがイイ仕事をしてくれる。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
       実はPEARL IZUMI ウィンドブレーク ハーシュ グローブ
       持っているのだが、悪天候時は勿体ないので着用せず・・・。 

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めから寒さを感じることなく快適。
      ただし、長い下りでは若干寒さを感じる

☆足 BBB ハードウエア シューズカバー #BWS-04 

    ・・・GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバーと比較し、
      格段に高い防水性を発揮。 水が染み込むということが無いので、
      シューズはサラサラ快適。
      さすがネオプレン素材を防水素材でコーティングしただけのことはある。
      防寒性に関してはGOLDWINより1ランク上の性能のようだが、
      気温1℃くらいになると、やはり親指の先に寒さを感じてしまう。
      この先の領域はソックスとの共同戦線を張らないといけないか・・・。

 

 

・・・ということで、期待通りの高い防水性を発揮。

もうこれでコンビニ袋ともおサラバである。

ただし、気温が0℃近くなり、プラス雪・雨天というような状況だと、

シューズが濡れる・濡れないに関わらず足先が冷た痛くなるので、

今後はソックス・・・

これまた先日GETした、「ユニクロ ヒートテック デオドラント ソックス」 や

「おたふく手袋㈱ Heat&Warm BTサーモソックス」 との併用で

様子を伺ってみるとしよう・・・。      

 

2012年1月18日 (水)

BBB ハードウェア シューズカバー

今冬、例年になく走り続ける私の足元を寒さから守ってくれているのが

GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバー (GWB-890_BK)。

防風効果バッチリの優れモノなのだが、いかんせん防水効果がないため、

ウエット路面や、水溜りをバシャバシャ走っていると、シューズ&ソックスまで

べちょべちょになり、このままでは冬の寒さと相まって凍傷になる勢いである。

 

コンビニ袋を履くという、形振り構わない方法で防水対策は施していたのだが、

いい加減キチンとしたモノが欲しい・・・

もうすでに霜焼けになってしまった我が足を守る為に、

大方の予想通り(自分の中で)というか、案の定 新たなシューズカバーをGETした。

それがコレ↓

 

120112_005_2
 ↑ BBB HardWear Shoecovers  #BWS-04

 

・寒さと雨の両方をシャットアウト。
・つま先とかかとは耐久性の高いケブラー素材。
・3mmの伸縮性のあるネオプレン素材を防水素材でコーティング。
・接着縫製は100%水の浸入を防止。
・耐久性の高い工業用強力YKKジッパー。
・フィット感を高めるラバーストラップ。
・対応温度 0℃~10℃
                                                           

BBBである。

以前、自転車乗りの悪友:nob氏とたまたま出逢った際、

彼が履いていたのがBBBであり、ウエットスーツ的素材とか何とか

言っていたような、言ってなかったような・・・とりあえず、その時から

秘かに目を付けていたというわけである。

120112_014
 ↑ 左:GOLDWIN  右:BBB

120112_008
 ↑ 恒例の体重測定 BBB 191g

120112_011
 ↑ GOLDWIN 98g

120112_015
 ↑ 左:GOLDWIN  右:BBB  材質が全く違う

120112_030
 ↑ BBBをシューズに履かせたの図

120112_022
 ↑ GOLDWINをシューズに履かせたの図

120112_033
 ↑ BBBの靴底(ボロボロのクリートで悪しからず)

120112_017
 ↑ GOLDWINの靴底

120112_031

120112_032
 ↑ BBB つま先

120112_020
 ↑ GOLDWIN つま先

120112_026
 ↑ ガバっと開くBBB

120112_024
 ↑ BBBに比べると控えめな開口部のGOLDWIN

120112_028
 ↑ BBB ジッパー&ベロクロ             

120112_021
 ↑ GOLDWINはジッパーのみだが問題はなし

120112_034
 ↑ BBBの裏地

120112_023
 ↑ GOLDWINの裏地

 

そんなわけで、GOLDWINとは明らかに違う素材を使用しているBBB。

ウエットスーツ的素材で、これなら防水効果は高そうだ。

早速、夜間ライドで試してみるとしよう

 

2012年1月16日 (月)

冬だ北上!アドベンチャーライド!

先日はピナレロFP5の走り初めを実施するため、

兵庫県加東市まで南下し、岩谷峠を走行したわけだが、

冬期の基本は地元でMTBにてお気軽ライドということで・・・

今回は逆に北上し、いつもの峠へ行くことに。

 

雪が積もっているかもしれないが、まぁ何とかなるだろう。

・・・軽い気持ちで向かったのだが、このあと大変なことになろうとは、

スタート時には知る由もない私であった・・・。

 

120115
 ↑ 峠の入口近くには「積雪時 通行不能」の看板が・・・

120115_003
 ↑ 峠の入口にて・・・これなら問題なく走行可

120115_008
 ↑ 交通量の少ない峠だけに路面は荒れ荒れ

120115_009
 ↑ 荒れているどころか、所々土砂崩れも発生中

120115_011
 ↑ 積雪量も増えてきたぞ

120115_005
 ↑ ウキー! 完全に雪まみれ! もう押すしかないっ

120115_010
 ↑ 積雪ポイント脱出

120115_014
 ↑ もう少しで頂上だ

120115_015
 ↑ そして登頂成功!

 

予想はしていたものの案の定、雪まみれ。

最大勾配20%オーバーの激坂で積雪とくれば、さすがに乗ったまま

登ることも出来ず、エッチラ・オッチラMTBを押し登り・担ぎ登る。

積雪ポイントを過ぎても、路面は土砂・倒木等で荒れまくりの、

雪解水が流れまくりの厳しい状況。

この峠、今回初めてMTBサイクルワールド号での登坂だったが、

フロントトリプルのスーパーローギヤードに助けられた格好。

 

それでも何とか、登頂成功。

さぁ、次は峠の反対側へのダウンヒル。

しかし・・・本当の試練はこの先に待ち構えていた

 

120115_017
 ↑ 完全に雪で埋もれた峠道・・・しかも木が倒れて塞いでるし

120115_019
 ↑ 下って来た道を振り返る・・・もう元には引き返せないぞっと

 

下り始めてスグに広がる銀世界。

ま、下りだから何とかなるでしょ!

軽い気持ちで降り始めたものの、あまりの積雪に全く進まない!

何とかMTBから降りずに走ってやろうと悪戦苦闘するのだが、

真っすぐ進まない、バランスが取れない、コケそうになる・・・

積雪時の諸症状が容赦なく襲いかかりギブアップ寸前

 

現役の消防団員が遭難するわけにはいかない!

訳の分ったような、分らないような理由で自らを鼓舞する私。

結果・・・途中何度かコースアウトしたものの何とか無事に下り切り、峠を脱出。

はぁぁぁ、どエライ道やったな・・・。

ちょっとしたアドベンチャーライドであった。

 

本日の格言  【冬の峠をナメちゃなんねぇ!】

 

43歳にして、また一つ賢くなった2012年1月であった・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年1月14日 (土)

冬だ南下だ!R428 岩谷峠アタック!

当ブログ:読者の皆様はもうお分かりのことでしょう。

私の住む地方には雪が降るということを・・・。

とにかくこの時期、路面がすっきりドライということが珍しく、

何処かしらべチャベチャ・ドロドロというのが常。

 

本日も我が家周辺は朝から雪模様

そんな状態では気分良く、虎の子のFP5を走らせる気になれず、

泥んこ隊長:MTBサイクルワールド号の出番が急増するわけだが、

やっぱりロードにも乗りたい! ピナレロに跨りたい!

昨年末ゲットしたFFWD F6Rを眺めたい!

ということで、ココは1発南下をすることに決定!

麺通団東八田分団自転車部:団員やまちゃんを誘い、

男2人南下の旅がはじまった!

 

120114_002
 ↑ 着いた所は兵庫県加東市・・・こちらは「道の駅とうじょう

120114_001_2
 ↑ 早速走行準備開始

120114_003
 ↑ 私のシーズンインはいつもココから

 

男2人旅で着いた所は兵庫県加東市。

なぜ加東市にやって来たのか?

実はコチラ、私が毎年シーズンインする土地なのである。

いつもは加東市在住の私の若い友人:Tomoyan氏に案内をしてもらうのだが、

今回は京都府綾部市民の2人でブラブラすることに・・・。

 

目的地はサイクリストの皆さんには有名な「岩谷峠」に設定。

以前よりTomoyan氏のブログには度々登場するこの峠、

実は私、以前「箕谷側」からは登ったことがあるので、

今回は「淡河側」から登ってやろうという魂胆。

※「箕谷側」の登坂模様はコチラをクリック → 2010/3/3春ピナレロ始動の巻

力尽きることなく、登り切ることが出来るのか?

いざ出発!

 

【岩谷峠】

国道428号線上にある峠。

標高:431m 

行政区:神戸市北区山田町中

 

120114_004
 ↑ 「道の駅とうじょう」を出発し、県道17号へ

120114_005
 ↑ この県道、交通量が多いので怖いっ!

120114_010

120114_009_2
 ↑ 県道17号 ~ 「吉川I.C交差点」を右折し、R428へ

120114_011_2
 ↑ 県道17に比べ、ガクンと交通量の減った国道428

120114_013_2
 ↑ やまちゃん登る!

120114_016
 ↑ 走りやすいぞR428

120114_017
 ↑ 続:やまちゃん登る

120114_018
 ↑ そして一服 記念撮影

120114_021
 ↑ さぁ、やって来ました! この交差点を越えたらいよいよ岩谷峠スタート!

 

120114_025
 ↑ 登頂成功! ※シンドイので登坂中の画像は無し

120114_022
 ↑ 一応のゴールと決めていた「環境センター」前で記念撮影

120114_027
 ↑ 周りの風景はというと・・・山、山、山!

120114_026
 ↑ 他のローディさん達とたくさん遭遇

120114_028
 ↑ やまちゃん登る!

120114_030
 ↑ もう少しだ頑張れ!

120114_031
 ↑ ゴ~~~ル!!

120114_032
 ↑ そして記念撮影する やまちゃん(を撮影する私

120114_038
 ↑ 逆戻りで下山

120114_040
 ↑ 帰還中の頭の中はこの後の温泉&グルメで一杯?

120114_044
 ↑ 「道の駅とうじょう」に無事帰還

120114_043
 ↑ お疲れ様FP5! 今年もヨロシク!

120114          

 

我が綾部北部地方とは全く違う天候・路面状況にウキウキしながら、

おっさん2人仲良く走る。 実はやまちゃん、自転車に乗るのは

昨年11月の「大江山越えサイクリング」以来ということで、

楽しさ半分・苦しさ半分といった面持ち(?)

 

そういう私は・・・とにかくロードバイクの軽さにあらためてニンマリ

ここ最近は重量級のMTBサイクルワールド号にばかり乗っているので、

FP5の走り出しの軽さ、転がりの軽さ、全ての軽さにウッキウキ

そしてやはり、新アイテムFFWD F6Rは見ているだけでテンションアップ

FP5の走り初めを堪能させていただきました。

 

オマケ・・・

運動の後は温泉へGO! これ麺通団東八田分団の掟

120114_046

120114_048
 ↑ 「こんだ温泉 ぬくもりの郷」さんへお邪魔致しました

120114_049
 ↑ 温泉の後は栄養補給   

 

すっかり南下の虜となった我々自転車部。

美味しいモノをより美味しく食するためにも、冬期もサボらず頑張ろう

さぁ、次は何処へ走りに行こうかな・・・。   

 

2012年1月13日 (金)

防寒サイクル用?ソックス

120113_002
 ↑ 左:GOLDWIN 光電子ソックス5本指タイプ
    右:パールイズミ ウインターソックス

 

冬季、特に降雨・降雪中に走行していると、真っ先にヤラれるのは足の指先・・・。

とにかく冷たく・痛く、終いには感覚が無くなって来る

勿論、シューズカバー等で外側からの防寒対策は施しているのだが、

シューズの内側からも防寒しようということで、現在使用中のソックスが上の画像。

冬用を謳ってはいるのだが、少し物足りなさを感じてしまう。

 

そこで!

今回新たに2点の助っ人を招聘。

それがコチラ↓

 

120113_003
 ↑ ユニクロ ヒートテック デオドラント ソックス \990(2足)

 

主な効能

・発熱
・保温
・抗菌
・消臭
・吸汗速乾

天下のユニクロ・・・ヒートテックである。

ヒートテック様には平素から格別のご高配を賜っているのだが、

今回遂に靴下までお世話になることに・・・。

 

120113_005
 ↑ おたふく手袋㈱ Heat&Warm BTサーモソックス \678(2足)

 

主な効能

・優れた発熱性を誇る「テックサーモ」
・保温だけでなく、発熱効果のある最新のテクノロジーを用いた
  特殊レーヨンを使用。人体から常に発散されている蒸気などの水分に
  反応し繊維がすばやく発熱、また持続します
                                                                                                                                               ヒートテックとはまた一味違うオーラを感じさせる一品。

まさに「男」の靴下といった感じ。

 

以上2点が新たに我が家のタンス仲間に加わった。

一体どんな働きをしてくれるのか? 即戦力となるのか?

GOLDWIN&パールイズミの立場はこの先どうなる?

見所満載の靴下ウォーズ開幕・・・

乞うご期待!?

 

2012年1月12日 (木)

Foglia Pants Protecter

どんな天候・路面状況にも対応出来るよう、鼻からサイクルレインスーツを

着用して走っている今日この頃だが、気になるのはズボンの裾。

サイクルレインスーツといえども、基本的にはタダの合羽なので

どうしてもズボンの裾がバタバタしてしまう

何かイイものはないかな~と立ち寄った自転車店で発見したのがコレ↓

120104_008
 ↑ フォグリア すそバンドⅡ(CLIP-B-1)

120104_004
 ↑ マジックテープでガッチリ固定

 

まぁ、なんだ、裾バンドである。

全長約310mm、バンド自体若干伸びるので、多少厚着をしていても

きっちりとズボンの裾を巻き取ることが可能。

こういうモノは単純明快が1番

2012年1月11日 (水)

2012初・ローラー台

120111_003
 ↑ 降り出した雪は1時間もしない内にこんな状態へ・・・

120111_005
 ↑ 通称:男のガレージにて本年初となるローラー台

 

今日も元気だ夜間ポタ! と目論んでいたのだが、

夕方より降り出した雪はあっという間に辺りを真白に・・・。 

昼間ならまだしも、さすがに夜間に積雪路を走るのは危険ということで、

本年初となるローラー台に乗ることに・・・。

しかし・・・あかん

やっぱり飽きる・・・

う~む、これは・・・「LOST」でも全話借りてきて乗り切らねばなるまいっ。

おわり。

 

2012年1月10日 (火)

2012初・夜間ポタ

120107_004
 ↑ 久々の夜間走行だが、路面もほぼドライで走り頃

120114_052
 ↑ BBB CantiStop Deluxe BrakeShoes BBS-18Tの初走行

 

今晩は晴天なり。

先日交換したBBBのブレーキシューのテストも兼ね、

本年初となる、夜間ポタを実施。

 

気になる制動力は・・・

軽くレバーを握った際の初期制動はシマノM55/Tと大差ないように感じるが、

コンパウンドが違うせいか、タッチはシマノがプラスチッキーな感じに対して、

BBBは少し柔らかなゴムっぽい印象。

ブレーキレバーを強く握った際の制動はBBBが一段上。

結果として交換は正解だったということで・・・。

 

しかし実は・・・

基本的に使用しているホイールが15年モノで、

振れ取りや、リム面の研磨等のメンテナンスを一切行っていないので、

きっちりメンテナンスをしてやったら、どんなブレーキシューを使用しても、

今よりガツン!とブレーキが効きそうな気がするというのはこの際秘密である

 

☆本日のジャージ情報

走行条件  気温4℃ 晴  路面状況 基本ドライ時々ウエット

☆頭 パールイズミ フェイスマスク

    ・・・快適。ヘルメットカバーが無いと走り始めは頭が寒い。

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)
    
    
・・・快適。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。また通気性が悪いのでムレる。
      

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めは若干スースーするが脚を回していると快適に。
      レインスーツの裾がチェーンリングに引掛からないよう処理が必要。

☆足 GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバー GWB-890_BK
     パールイズミウインターソックス
    防水用レジ袋  

    ・・・路面がドライで足先が濡れないということと、気温が4℃ということで
      今回は指先が痛くなることは無かった。
      私の装備では、4℃くらいまでが快適に走れる限界なのかも。

 

2012年1月 9日 (月)

BBB カンチストップ DX ブレーキシュー

特に雨天時のストッピングパワーに不満のあったMTBのブレーキ・・・

とりあえず新たなブレーキシューを入手してみた。

091213_002
 ↑ 初代ブレーキシュー シマノM65/T

091213_006
 ↑ 2代目ブレーキシュー シマノM55/T

120107_005
 ↑ 3代目 BBB CantiStop Deluxe BrakeShoes BBS-18T

120107_015

120107_017

120107_023
 ↑ 体重測定・・・79.7g

 

【BBB CantiStop Deluxe BrakeShoes BBS-18T】

高いグリップパワーと耐久性が実現し、工学的に研究された特殊な形状によって

いままでのブレーキシューと異る性能と機能を発揮します。

1. 泥への耐久性
2. 高制動力
3. きしみ音の防止

 

早速交換し、ちょっくら走ってみるとしよう

 

2012年1月 8日 (日)

OGKスクリューボトル再び

懸案だった「水溜りをバシャバシャ通過するとボトルの飲み口が汚れる」

・・・という問題だが、何かイイものは無いかな~と辺りを見渡し、

めでたく家庭内にて解決。 

それがコレ↓

 

120107_035
 ↑ OGKスクリューボトル

120107_029

120107_031

【OGK Screw Bottle

●泥や砂埃などの汚れからバルブを清潔に保つキャップ付き

●キャップの開閉時に、バルブも自動的に開閉

●握りやすい形状を採用し、スムーズな給水を実現

 

091121_016

実はコレ、我が息子がロードバイクを乗る時に使用しているモノ。

今回黙って失敬という形である。

許せ息子よ、また春になったら返すから
                                                                 

2012年1月 7日 (土)

水溜り突撃ポタリング2012

111230_006_2

120107_002

120107_025

 

雨天時(ウエットコンディション時)困ること・・・

水溜りをバシャバシャ通過していると、ボトルの飲み口が砂利で汚れ、

そのまま飲むとお口の中がジャリジャリすること。

う~む、これもまた今後の課題の1つである。

 

☆本日のジャージ情報

走行条件  気温3℃ 雨  路面状況ウエット(雪有)                    

☆頭 パールイズミ89 レイン ヘルメットカバー
    パールイズミ イアーウィーマー

    ・・・快適。

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)
    
    
・・・快適。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
      

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めは若干スースーするが脚を回していると快適に。
      ただし、長い下りでは若干寒さを感じる
      レインスーツの裾がチェーンリングに引掛からないよう処理が必要。

☆足 GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバー GWB-890_BK
     パールイズミウインターソックス
    防水用レジ袋  

    ・・・やはり指先が冷た痛い

 

2012年1月 5日 (木)

パールイズミ 89 レイン ヘルメットカバー

「サイクルレインスーツ=雨合羽」導入のおかげで、悪天候でも割と快適に

自転車に乗れているわけだが、肝心な部分の防護を忘れていた

頭である。

気温が低いだけならまだ我慢出来るのだが、降雨・降雪時は頭がべチャベチャに

なってしまい、寒い・冷たいのを通り越し、頭が痛くなってきてしまう。

雨・雪を透さないという意味では消防団のヘルメットなんか適任だが、

あまりの重量に首筋が鍛えられてしまいそうだ

そこで! 文明の利器を投入! それがコレ↓

 

120105_001_2
 ↑ 綾部市消防団東八田分団ヘルメット

 

おっと、コレは消防団のヘルメットだ

改めまして・・・今回投入した文明の利器はコチラ↓

 

111230_002_3
 ↑ PEARLIZUMI 89 レイン ヘルメットカバー

111230_004
 ↑ フリーサイズにて様々なヘルメットに対応

111230_009
 ↑ Myヘルメット OGK MOSTRO VIGOR (Lサイズ)

111230_010

111230_012
 ↑ 装着するとこんなカンジ   

 

【パールイズミ 89 レイン ヘルメットカバー】

●ヘルメットに取り付けることで、頭部からの雨の侵入を防ぎます

●カバー中心部に採用されたポリウレタンコーティング加工素材は
  撥水性に優れています

 

120104_016
 ↑ 先日の雪中ポタ後の御姿

 

先日の雪中ポタにて使用したのだが、効果抜群。

ヘルメットに雪が積もっていくような天候だったにも関わらず、

頭は快適さらさらヘア―。

寒い・冷たいと感じる事も無く、勿論濡れることもなかった。

よ~し、これで今冬は乗り切るぞっと
                        

 

2012年1月 4日 (水)

雪やこんこポタリング2012

120104_002
 ↑ 今日も元気だ、さぁ出発

120104_010

120104_011_2
 ↑ 徐々に雪が強くなってまいりました

120104_013
 ↑ ハンドルにも雪が積もってきた

120104_015
 ↑ 遂には路面も白くなってきたぞ

 

本日は雪天なり。

童謡の中の犬よろしく、お外を駆け回ってきた。

 

ウエットコンディション時の泥除け対策に関しては、ひと段落した感があるが、

今度はブレーキの効きに不満が・・・

整備不良のママチャリのような爆音を奏でるものの、停まる気配なし。

う~~む、走れば走るほどアチラコチラに課題が・・・

 

☆おまけのジャージ情報

走行条件  気温2℃ 雪  路面状況ウエット(雪有)                    

☆顔 パールイズミ フェイスマスク   

    ・・・寒さに関しては快適だが、とにかくアイウエアが曇る

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)
    
    
・・・快適だが、雪が付着し出すと若干肩口がスースーする。 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
       実はPEARL IZUMI ウィンドブレーク ハーシュ グローブ
       持っているのだが、悪天候時は勿体ないので着用せず・・・。 

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めは若干スースーするが脚を回していると快適に。
      ただし、長い下りでは若干寒さを感じる
      レインスーツの裾がチェーンリングに引掛からないよう処理が必要。

☆足 GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバー GWB-890_BK
     GOLDWIN光電子ソックス5本指タイプ
    防水用レジ袋  

    ・・・指先が冷た痛い・・・ 限界

 

2012年1月 3日 (火)

2011走り納め-2012走り初め

111230_008_2
 ↑ 2011/12/30 小呂峠にて

111231_003
 ↑ 2011/12/31 走り納め 綾部工業団地にて

120101
 ↑ 2012/1/1 走り初め  志賀郷地区にて

 

「今冬こそは・・・」 と、例年に比べ割と固く決意しているからか、

今のところ天候に関係なく自転車に乗っている今日この頃。

31日に走り納めをし、1日に走り初めをさせていただいた。

そして本日、新年初「菅坂峠越え」に行って来た。

 

120103_002
 ↑ まずはR27にて舞鶴方面へ

120103_003
 ↑ 舞鶴道舞鶴西I.C前にて・・・この辺りの雪は少なめ

120103_006
 ↑ 菅坂峠が近付くにつれ残雪量が多くなってまいりました

120103_008
 ↑ さぁ、ここからヒルクライムのスタート!

120103_015
 ↑ まず第1段階登ったぞの図

120103_011
 ↑ 遠くにクレインブリッジが見えます

 

新年初となる菅坂峠越え・・・さすが道路脇には雪がたくさん残っております。

しっかし、シンドイ。

何気に、MTBサイクルワールド号で菅坂越えるのは初めてだった

ブロックタイヤによる路面転がり抵抗&カッパによる空気抵抗、

抵抗だらけだが、とりあえず登頂成功。

さて今度は綾部市側に向けて、もう一丁登るぞっと。

 

120103_017
 ↑ もう一丁登り切り、綾部市上林地区に突入・・・さすがに雪の量が多い

120103_019

120103_021
 ↑ 「里山サイクリング IN 綾部」のコースを走る

120103_024
 ↑ 綾部市の除雪車と記念にパチリ

120103_025
 ↑ 府道1号線を往く・・・口上林地区まで来ると積雪量はガクンと少なめ

120103_030
 ↑ 府道1号線 → 黒石峠へ

120103_032
 ↑ 黒石峠も本年初走行

 

本年初となる「菅坂峠越え」無事終了。

さすがに峠周辺、そして綾部:上林地区は雪が多かった

当初は久々に「君尾山」へ林道ツーリングに出掛けようかと思っていたのだが、

   ※君尾山林道ツーリングの模様はコチラをクリック

上林地区のこの雪の量では、林道は完全に雪に埋もれていることだろう。

   ※君尾山に雪が積もったらこんなカンジ(4WD雪道アタック)

また春になったら行くとしよう。

今年はオン・オフ問わず、楽しそうな所を走りまくるぞいっ!

 

☆おまけのジャージ情報

走行条件  気温2℃ 曇り  路面状況ウエット(雪有)                    

☆耳 パールイズミ イアーウォーマ   

    ・・・快適

☆躰 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    カンパニョーロ RAYTECH TEXTRAN LIGHT
    GOLDWIN光電子ヘビーアンダーシャツ(0~5℃対応モデル)
    
    
・・・走り始めから快適。
       サイクルレインスーツを着るようになり、この程度の気温なら
       GOLDWIN レースライドウインタージャケット(5~10℃対応モデル)では
       暑く感じるようになったため、カンパのジャージに変更 

☆手 「働く人の店」系で購入したNEO WORK GEAR防水手袋

     ・・・寒さに関しては問題無いが、自転車用ではないので変速等の
       操作性に難あり。装着したままでカメラの操作は無理。
       また通気性が悪いのでムレる。
       実はPEARL IZUMI ウィンドブレーク ハーシュ グローブ
       持っているのだが、悪天候時は勿体ないので着用せず・・・。 

☆脚 カジメイク社 サイクルレインスーツ
    4DM B0500 

    ・・・走り始めから寒さを感じることなく快適。
      ただし、長い下りでは若干寒さを感じる
      レインスーツの裾がチェーンリングに引掛からないよう処理が必要。

☆足 GOLDWIN  ゴアサイクルシューカバー GWB-890_BK  

    ・・・親指が冷た痛い

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年1月 2日 (月)

劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン

Iij

【イナズマイレブン】 ※Wikipediaより

レベルファイブが製作し、2008年8月22日に日本で発売された

ニンテンドーDS用収集・育成サッカーRPG。

及び、それを原作とした漫画及びテレビアニメ、映画、CDドラマ、舞台作品。

                                                          

今、子供達に大人気の「イナズマイレブンシリーズ」である。

我が息子10歳もハマりにハマり、TVアニメ・Wii用ゲーム・DS用ゲームと

楽しんでらっしゃる様子。

遂には劇場最新作を観るということで、私もしっかり狩り出された。

「イナズマイレブン」では子供だった主人公:円堂守が、

「イナズマイレブンGO」では大人になり、母校の監督をしている姿にちと感動。

                                                               

しかし、このイナズマイレブンの雰囲気どこかで体感したような・・・

特に各キャラが自分の必殺技を出す所なんか(サッカーですが必殺技がある)、

まさにソックリだぞ・・・と思っていたら、今現在私がシコシコとやっている

PSP用ゲームソフト「ダンボール戦機ブースト」と同じレベルファイブの製作だった。

なるほど~と思いつつ、では今宵も「ダンボール戦機」を進めるとしよう・・・。

おわり。

                                                                 

2012年1月 1日 (日)

ARA!@ 2012

111231_001_2

                                                                     

『ARA!@hobby’s blog 』を御覧の皆様、

旧年中は一方ならぬ御高配にあずかり誠にありがとうございました。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

皆様の願いが叶いますように

                                                                                                                        

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ