フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 麺通団東八田分団 親子丼を喰らう | トップページ | ドライ路面の夜間ポタ »

2012年3月 2日 (金)

GENTOS ヘッドウォーズ833

私は現役の消防団員である。

4月からまた新しい期(1期2年)が始まるのに伴い、

より安全に、より快適な消防団活動を送ることが出来るよう、

団から支給されているモノにプラスし、自ら装備を整えることにした。

第1弾がコチラ↓

 

120228_009
 ↑ GENTOS ヘッドウォーズ833 HW-833XE

 

・本体サイズ 約63×48×33mm(ヘッド部)

・連続点灯  メイン/約20時間(Highモード)/約80時間(Lowモード)/約60時間(点滅)
          後部認識灯(約)750時間(点灯)/400時間(点滅)

・使用光源  チップタイプ白色LED1灯

・使用電池  単3電池×3本

・明るさ    125ルーメン

・照射距離  135m

 

120228_015
 ↑ ヘルメットに装着するライトである

120228_010
 ↑ ヘッド部

120228_011
 ↑ こちらのボタンを押すことで電源の入切と発光モードの変更が可能

120228_012
 ↑ 裏面には滑り止めのパッドが貼り付けてある

120228_024
 ↑ コチラは電池BOX・・・電源は単3型電池×3本使用

120228_025
 ↑ 電池BOXの蓋にはOリングにて防水加工が施してある

120228_016
 ↑ ヘッド部と同じく、電池BOX裏面にも滑り止め加工済

120228_017_2
 ↑ こちらのボタンを押すことで後部認識灯が発光

120228_027
 ↑ 発光パターンは点灯/点滅の2パターン

120228_018
 ↑ 付属品:ヘッドバンド

120228_019
 ↑ 付属品:ヘルメット取り付け用フック

120228_020
 ↑ 付属品:収納用オリジナルポーチ

120228_037
 ↑ ヘッドバンド込の重量は・・・194g

120228_038
 ↑ 実際に消防団のヘルメットに取り付けたぞの図

120228_042
 ↑ 正面から

120228_041
 ↑ 裏面から

120228_044
 ↑ 電池BOXからヘッド部での配線は専用のフックで綺麗にまとまる

120228_043
 ↑ ヘッドバンドがズリ上がらないようヘルメットホルダーを取り付けたぞの図

120228_032
 ↑ ヘッド部は約80度の可動式となっている

120228_039
 ↑ コチラが1番上げた状態

120228_040
 ↑ コチラが1番下げた状態

 

125ルーメンということで実際に照らしてみると かなり明るい。

※ちなみにルーメン(全光束)とは、光源そのものが発する光の量を示す単位で、

1ルーメンは、点灯したロウソクを1メートル先に置いたときの手元の明るさが

1つの目安ということで、125ルーメンということは1メートル先に125本のろうそくが

ボーボー燃えていることになり、消防団的には即消火モノである。

ということで・・・これなら夜間、全く街灯等の無いところでの機材積み下ろしや

水源確保作業、ポンプ操作等、消防活動がより安全に遂行出来そうである。

勿論、消防活動だけでなく・・・↓

 

120228_036_2

120228_035_2

自転車用ヘルメットにもバッチリ取り付け可能で、

ブルべ的長時間走行の強い味方になってくれることだろう。

さぁ、これでアレコレ照らしまくるぞいっ!

 

« 麺通団東八田分団 親子丼を喰らう | トップページ | ドライ路面の夜間ポタ »

サイクルパーツ?アウトドア用品」カテゴリの記事

消防団活動」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/54120445

この記事へのトラックバック一覧です: GENTOS ヘッドウォーズ833 :

« 麺通団東八田分団 親子丼を喰らう | トップページ | ドライ路面の夜間ポタ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ