フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 続・烏ヶ岳アタック! | トップページ | 京丹後:久美浜湾一周ロングライド »

2012年4月30日 (月)

イタリア LEADERMIND と ドイツ SKS ツールボトル

120421_061
 ↑ 左:SILCA 中:LEADERMIND 右:SKS

 

ツールボトルである。

ロードバイクにはサドルバックを使用しない私にとって、

携行品を収納する、無くてはならないアイテムである。

これまではコダワリのSILCAのボトルを使用していたのだが、

FFWD F6R=チューブラータイヤの導入により携行品が増えたため、

より容量の多いボトルをGET。

それが真っ赤な伊達ボトル:イタリアのリーダーマインド製ボトルと、

質実剛健:ドイツのSKS製ボトルの2種である。

 

120421_062
 ↑ リーダーマインドはボトルというよりポリエステル?製の入れ物

120421_063
 ↑ 従来のボトルとは違い、ジッパーで開閉する

120421_068
 ↑ 蓋を開けると・・・こんなカンジ

120421_066
 ↑ そのままではフニャフニャなのでアクリル板が入っている

120421_065
 ↑ タイヤシーラント、CO2、工具、その他の携行品を入れてみると・・・

120421_069
 ↑ 蓋の裏側にもスペースありで余裕を持って収納可能

 

【 LEADERMIND ボトルケージツールボックス】

■ ウォータープロテクション機能
■ 一般的な74mmボトルケージに対応
■ サイズ:75×180mm
■ 容量:1.32L
■ カラー:ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンク、スカイブルー有
■ 重量:65g

 

そしてコチラがSKSボトル↓

 

120421_060
 ↑ チューブラータイヤ(Vittoria Open Corsa Evo CX II)1本収納可

120318_121_2
 ↑ チューブ2本余裕の収納で3月のビワイチロングライドでも活躍 

 

【SKS ケージボックス】

■ チューブラータイヤのスペアも入るロングサイズのツールボトル
■ サイズ:70×260mm
■ 容量:905ml
■ ポーチ付
■ 重量:86g

 

ロードバイクに乗り始めた頃から通算4本目のボトル。

徐々にボトルマニア化してきた今日この頃だが、

状況によって、それぞれ使い分けていきたいと思うhappy01

 

« 続・烏ヶ岳アタック! | トップページ | 京丹後:久美浜湾一周ロングライド »

サイクルパーツ 小物編」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/54596455

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア LEADERMIND と ドイツ SKS ツールボトル:

« 続・烏ヶ岳アタック! | トップページ | 京丹後:久美浜湾一周ロングライド »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ