フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« カーボンサドル VS 尻 | トップページ | TANTANロングライド 参加確認証来たる! »

2012年5月30日 (水)

Bike guy バイクライトホルダー

先日参加させていただいた 「若狭路センチュリーライド2012」 ・・・

景勝地を回るコース設定で、非常に目を楽しませていただいたのだが、

峠越えのコースもあり、ルート上のトンネルの数も多めの印象。

トンネル内の走行は細心の注意を払わなければ危険が一杯ということで、

前照灯の装着は必須。 今回のトンネルライド用に私が持ち込んだのが、

以前、当ブログでもご紹介した 「GENTOS 閃 SG-355B」 なるLEDライト。

現在MTBサイクルワールド号での夜間ポタリングで大活躍中の逸品である。

そして、そのGENTOSをピナレロ号に装着するため使用していたのがコチラ↓

 

120529_002
 ↑ Bike guy バイクライトホルダー

 

単純明快、一目瞭然、ベロクロでライト&ハンドルを固定するホルダーである。

 

120529_001
 ↑ こんな風にライトを固定

120529_013
 ↑ コチラが本体となる台座

120529_015_3 
 ↑ 本体の溝幅:約20mm

120529_016
 ↑ もう一方は約25mm

120529_011
 ↑ 実際の取り付けはこんなカンジ

120529_010
 ↑ ベロクロでしっかり固定可

120527_148
 ↑ ピナレロには吊り下げて固定 (若狭路センチュリーライドでの一コマ

 

さて、このBike guy バイクライトホルダー ・・・

本体がゴム製なのでハンドルやライトを傷つける心配無し。

ベロクロ方式ということで、お手軽に脱着が可能だが、

ガッチリ固定で走行中に光軸がズレることもなし。

シンプルなパーツ構成なので破損の恐れもなく、

何と言ってもお値段がお安く庶民には有難い。

まさに何拍子か揃ったホルダーである。

 

ちなみに・・・

とか言いながら・・・

120529_006
 ↑ MTBには常時純正ホルダーを装着

120529_008
 ↑ 純正は純正で特に問題無し(ただし最大パイプ径Φ20~Φ25mmまで)

 

 

« カーボンサドル VS 尻 | トップページ | TANTANロングライド 参加確認証来たる! »

サイクルパーツ 小物編」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

私もSG-355B使ってました。^^
で、最近SG-325と同じホルダーを買ってました。
ホルダーはちょっと不安でしたがレビュー通りしっかり固定されてますね。

かずっちさん>
GENTOSシリーズは結構イイ作りをしてますし、
大きさも手ごろで使いやすいですね~。
まぁ、ガッツリ夜間走る場合は1灯では心細いですが、
昼間のライドでトンネル等を通るくらいは十分ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/54829532

この記事へのトラックバック一覧です: Bike guy バイクライトホルダー:

« カーボンサドル VS 尻 | トップページ | TANTANロングライド 参加確認証来たる! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ