フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« DURA-ACE BR-7900へ換装の巻 | トップページ | 吉井川MTBブログパーツ »

2012年5月25日 (金)

PZ RACING CR2.1 カーボンサドル

120523_002
 ↑ 取り出しましたるPZ RACINGの箱

 

2009年より、我が愛機:ピナレロFP5に絶賛発動・・・継続中の各ミッション↓

  1. FP5 軽量化大作戦
  2. FP5 フリクションロス低減大作戦
  3. FP5 真っ赤化大作戦
  4. FP5 デュラエース化大作戦

 

この中でも最も力を注いでいるのが、その番号からも分るように軽量化である。

2008年購入以来コツコツと軽量化を進め、現在の仕様は先のエントリー、

ピナレロFP5 2012年仕様」の通り。

 

軽量化というものは進めれば進めていくほど 「もっと!もっと!!」 となるわけで、

そこに 「物欲様」 が絡んでくるともう手がつけられない。

例えるならば、日本プロレス時代 最強タッグの名を欲しいままにした

ジャイアント馬場・アントニオ猪木のBI砲か、はたまた新日本プロレスを

恐怖のどん底に陥れた、タイガージェットシン・上田馬之助の凶悪タッグてなもんだ。

そんな 「軽量化」 と 「物欲様」 がタッグを組み、私に襲いかかった結果がコレ↓

 

120520_023
 ↑ PZ RACING CR2.1 carbon fiber saddle

 

遂に出た!

軽量化の終着駅(?) 魔性のカーボンサドル降臨sign03

勘の良い読者の方ならお気づきになられていたかもしれません。

私の不穏な動きに・・・

4月末のエントリー「ARAYA 烏ヶ岳スペシャル!?」 をご覧頂くと、

本来FP5に装着されているハズのTIOGAスパイダーツインテールサドルが

MTBに付いているではあ~~りませんか。

もうこの時点でカーボンサドル計画は発動していたのでありました。

 

120520_024
 ↑ 明らかに尻に刺さりそうな そのフォルム

120520_025
 ↑ このサドルの辞書に “クッション” という文字はございません

120520_026_2
 ↑ しかしながらカーボンマニアの私を悩殺するこの美しい網目模様heart02

120520_027

120520_029

120520_028
 ↑ サドル本体とレールの接合部

120520_031
 ↑ 下:TIOGAスパイダーツインテールとの比較  全長かなり短め

120520_032
 ↑ 左:TIOGAと比べると、全幅も狭め

120520_034_2
 ↑ 超気になる体重測定結果は・・・TIOGA 142g

120520_035
 ↑ PZ RACING 99g

 

今回軽量化の為だけに導入したPZ RACINGのカーボンサドル・・・

しっかりと その役目を果たしTIOGAから43gの軽量化を達成shine

元々TIOGAスパイダーツインテールもSELLE SMP gliderからの、

軽量化だけの為に導入しただけのことはあり、軽い部類のサドルなのだが、

やはりカーボンサドルは軽かった・・・。

 

勿論、世の中にはもっともっと軽いサドルもあるのだが、

それらを導入するにはPZ RACING以上に財布を軽くする必要があるし、

ヒルクライムレース出場など、いわゆる決戦時のみの使用ということではなく、

イベント参加からご近所のお買い物まで (ピナレロに乗る=全てが決戦)、

普段使いする私としては、ある程度の耐久性も持ち合わせていなくては

困るということで今回のサドルに落ち着いたのである。

 

さて、さて、気になるその乗り心地なのだが・・・

実はもう結構走っちゃったりなんかしております。

あえて?判別しづらいアングルでしか写真を撮っていなかったのだが、

前回 「京丹後:久美浜湾一周ロングライド」 の際、装着していたのである。

 

んで結果・・・

8時間ほどサドルに跨っていた感想は・・・尿道痺れるsweat01

用を足すとき尿道に激痛が・・・sweat02

TIOGAスパイダーツインテールもクッションの無いカッチカチのサドルだが、

あの独特の網目が適度にしなりクッションの役目を果たしていたようで、

これまでTIOGAではケツが割れるとか、デリケートゾーンがヤバいということなど

一切無かったのだが、やはり真正ノークッションのカーボンサドルは手強かった。                                                               

尿道の痺れ・・・

まさに2008年、初めてFP5で遠出をしたアノ時を思い出すのであった。

 

120520_001
 ↑ FP5に装着したぞの図

120520_008
 ↑ なんだかステルス戦闘機みたい(意味不明悪しからず)

120520_003
 ↑ この薄べったさがカッコイイのよね~

120501_017
 ↑ 良く見りゃPZサドルだった「京丹後:久美浜湾一周ロングライド」での一コマ

 

ま、世の中 「習うより慣れろ」 と申します(使い方違う?)。

尿道の不具合はこれからケツの方でアジャストしたいと思います。

おわり。

 

« DURA-ACE BR-7900へ換装の巻 | トップページ | 吉井川MTBブログパーツ »

PINARELLO FP5」カテゴリの記事

サイクルパーツ 小物編」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

相変わらず爆発してますね~。happy01

しかし、軽量化のためには乗り心地をも犠牲にする、その根性がすばらしいです。(  ̄^ ̄)ゞ

やまちゃん>
「軽量化の為乗り心地を犠牲にする」
まさに女性のファッションと同じです!
「ファッションとはやせ我慢である」
・・・と、有名などなたかがおっしゃっておりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/54784038

この記事へのトラックバック一覧です: PZ RACING CR2.1 カーボンサドル:

« DURA-ACE BR-7900へ換装の巻 | トップページ | 吉井川MTBブログパーツ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ