フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

グルメフォンド in 美郷2012 ご紹介の巻

Misato_omote_2

またまた面白そうなサイクルイベントを発見。

 

○イベント名

グルメフォンド in 美郷2012

○開催場所

島根県美郷町内~大田市内

○開催日

11月4日(日) ※11月3日(土)前夜祭

○コース

ロングコース70km と各種ファミリーコースあり

○参加費

ロングコース¥5,000 各ファミリーコース¥3,500

○美郷町からメッセージ                                                                      

私たちの愛する江の川や三瓶山の自然を楽しんでいただき、地の人間とふれあい、

地の美味を食しながら、古き良き日本の原風景を持つ美郷町の良さを肌で

感じていただければと、このグルメフォンドを企画いたしました。

美郷町が皆さまの第2、第3の故郷となり、私たち自身も本当のおじいちゃん、

おばあちゃん、親戚の様に温かい存在になれたらいいなと思います。

開催を重ね、来られた方々と「ただいま」「おかえり」と言いあえるような関係を

築いていけたら、大会は成功かなと思います。美郷を知る人も知らない人も、

美郷の良さを知り、もしくは再認識していただければ幸いです。

 

ということで・・・

以前から1度、島根県を自転車で走りたいと思っていたのだが、

「美郷の秋を大満喫出来るグルメフォンド」ということで、

まさに私のハートを鷲掴み

なんとか予定を調整し出てみたいな・・・。

 

2012年7月30日 (月)

パールイズミ サイクル ビーニー

今夏少しでも快適なサイクルライフが送れるようにとNEWアイテムを投入。

それは何かと尋ねたら・・・コチラ↓

 

20120730_080219
 ↑ パールイズミ #479 サイクルビーニー

20120730_080236
 ↑ 汗止めとしてヘルメットの下に着用

20120730_080320_2
 ↑ サイズはフリー

 

【パールイズミ #479 サイクルビーニー】

特徴

○吸汗・速乾 汗をよく吸い素早く乾かす

○UVカット 紫外線をカット

○コールドブラック® 太陽をさえぎる涼しく焼けない黒

 

この時期走っていると汗が目に入り、辛いのだがこれで少しは緩和されるかな?

早速試してみるべし
                                                                                                                                   

2012年7月28日 (土)

3人寄れば夜間ポタ2012夏

ご当地グルメ探求集団:麺通団東八田分団・・・その団員の中からさらに、

美味しいモノをより美味しく食するためにカロリー消費を目的とし設立されたのが、

麺通団東八田分団自転車部である

暑い日が続く今日この頃だが、意外と夜風は爽やか涼しいわけで・・・

夏バテ防止、コッテリした栄養グルメを食するためにもまずはカロリー消費

今宵もエッチラ・オッチラ走るのであった。

 

120727_004
 ↑ 疾走中の団員

120727_007
 ↑ 中:ビアンキ C2C チェントストラーダ 右:ASTRO XTROLITE

120727_009

120727_008
 ↑ なべちゃんのビアンキは安全・安心の3灯体制

 

綾部市消防団、夏の一大イベント「団長点検」が終了してからというもの、

訓練漬けの反動からか? 魂が抜けたようになっている我々だが、

秋のサイクルイベント参加に向けて、今夏しっかりと乗り込んでおかなくては!

グルメ三昧もしたいしね

 

2012年7月27日 (金)

京丹後 MA・MAISON(マ・メゾン) にてランチを食す

京丹後は網野町にお洒落な欧風の洋食屋さんがある。

お店の名前は「MA・MAISON(マ・メゾン)」。

初めての方は、まずその鬱蒼とした森の中に佇む雰囲気に驚かれるかもしれない。

しかしながら、20年間守り続けるデミグラスソースで頂く自慢のタンシチューや、

絶妙な味わいのイカ墨スパゲティ、魚介類満載のシーフードグラタン、

男性をも満足させるそのボリュームなどなど、地元ではかなりの人気店とのこと。

久しぶりにMA・MAISON(マ・メゾン)さんでランチがしたくなりお邪魔した。

※前回訪れた模様はコチラをクリック

 

20120724_123202
 ↑ 洋風でお洒落な雰囲気の外観

20120724_125609
 ↑ 細かい雑貨が並ぶ店内

20120724_142909_2
 ↑ 落ち着いた雰囲気の中食事が楽しめる

 

さて、4年ぶりに訪れたマ・メゾンさん、以前より庭の木が成長したのかな?

さらに草・木に埋もれてきているような・・・

ちなみに斜め向かいには、我が麺通団(東)活動でもおなじみの、

ばら寿司で有名な「とり松」さんがあったりなんかする。

 

※麺通団(東)と「とり松」さんの思い出はコチラ

2011麺通団(東)丹後へゆく

麺通団(東)丹後へ!

 

早速入店・・・店内は少し薄暗い感じだが、落ち着いたお洒落な雰囲気である。

かなり豊富なメニューの中から今回チョイスしたのはランチセット¥780なり。

 

20120724_124630
 ↑ まずはスープが出てくる・・・マイルドで優しいお味

20120724_125600_2
 ↑ お次にメインとライスの登場
20120724_125510
 ↑ チキン、スパゲティ、サラダのワンプレート

20120724_131703
 ↑ アイスコーヒーで〆

20120724_123630
 ↑ このルームキーのようなモノは伝票代わりで食事後レジに持っていく

                                                                      

さて、久々のMA・MAISON(マ・メゾン)でのランチ、大食漢の私には珍しく?

オーソドックスなランチセットを食したわけだが¥780ということで、

財布に優しく、お腹も満足

特にメインのチキンは表面カリカリ、中は肉汁ジュワーとジューシーで

大変美味しゅうございました。

まさにコストパフォーマンスの高いランチ・・・ご馳走様でした!

 

【MA・MAISON(マ・メゾン)】

住所 京都府京丹後市綱野町綱野138

電話 0772-72-4269

営業 11:30~15:00  17:00~23:00

 

マ・メゾン欧風料理 / 網野駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

2012年7月26日 (木)

みんなで作る!若狭路MTBイベントコース! の巻

Asoboya_3

麺通団(東)自転車部:やまちゃんから「こんなイベント知ってる?」とが来た。

早速調べてみると、とっても楽しそうな催しが予定されていることが判明。

以下詳細・・・

 

○イベント名

みんなで作る!若狭路MTBイベントコース!

MTBコース開拓作業をお助けください! MTB+宿泊懇親会イベント

○開催日

2012年10月18日(木)~2012年10月19日(金)1泊2日
2012年10月20日(土)~2012年10月21日(日)1泊2日
2012年10月25日(木)~2012年10月26日(金)1泊2日
2012年10月27日(土)~2012年10月28日(日)1泊2日
2012年11月  1日(木)~2012年11月 2日(金)1泊2日

○目的

自然に恵まれた若狭の地形を利用して、MTBイベントは出来ないか??
と常々考えています。。候補コースはいろいろあるのですが、実際にMTBを
楽しまれている方々と一緒にコースを巡り、いろいろな意見を聞かせていただき、
若狭オリジナルのコース設定が出来ないか??と考えていきたいと
思っています。そこで、宿泊施設「湖上館パムコ」へご宿泊していただき、
一緒に候補コースを巡って頂き、いろいろな意見を聞かせていただく日を
設定させていただこうと思います。

○イベント内容

1.弊社スタッフと共にMTBコース設定の為にMTBで試走していただきます!
2.MTBコース設定の為のミーティングをしていただきます!
3.夜はスタッフ+参加者で懇親会をしていただきます!
4.今後の楽しいイベントについて熱く語って頂きます!

○開催場所

福井県若狭町

○宿泊場所

地ビール・梅風呂の宿 湖上館パルコ

○連絡先

有限会社湖上館 自然に大の字「あそぼーや」担当:公文(コウブン)
〒919-1461 福井県三方上中郡若狭町海山64-9-1
TEL:0770-47-1008
FAX:0770-47-1652
URL:http://www.pamco-net.com/asobo-ya/
mail:asobo-ya@pamco-net.com 

 

ということで、主催の「湖上館」さんといえば5月に参加させていただいた、

若狭路センチュリーライド2012」の主催者さんではありませんか。

ロードの次はマウンテンなんですね

若狭地域を盛り上げようとなさっている様子がよく分かります。

非常に楽しそうなイベント・・・言いだしっぺを誘って参加してみようかな??

オマケ画像

Dscf3374
 ↑ 若狭幹線林道サイクリング思い出の1シーン

 

2012年7月25日 (水)

亀岡・七谷川サーキット 訪問の巻

RCレース、マツダロードスター(オープンカー)、ロードバイク、

GUN(サバイバルゲーム)、ミニカー収集、映画DVD収集、’80S洋楽、

SF&ミステリー小説、TVゲーム、ファーストガンダム、H.P&blog作成

 

↑羅列したそれぞれのワード・・・これは一体何なのかと申しますと、

当ブログのプロフィール欄に載せている “私の興味のあること” である。

上記以外にもブログに度々取り上げているグルメ探求や神社仏閣巡り、

私の近しい友人ですら知らない、切手収集などという隠れた趣味もあったりして

趣味に関しては 「広く深く」 がモットーの私であるからして、

一旦興味を持ってしまうと、とことんまで突き進んでしまい、

時間もお金もスッカラカンになってしまうのが常

 

中でも最も熱心な趣味というと・・・

「自転車(ロードバイク、MTB)」 「ロードスター」 「RCレース」 が3本柱となり、

近年は皆様ご存じの通り自転車に際限なく熱を入れまくっている状態

しかしながら・・・3本柱というものの実は私の趣味の精神的大黒柱は、

活動休止から数年経った今でも 「RCレース=ラジコン」であり、

自分自身のタイミング・復帰の機が熟するのを待っていたりなんかする。

 

そんな中、先日気になる情報をキャッチ・・・

それは何かと尋ねたら、京都・亀岡のRCサーキットが熱い!というもの。

ここ数年は自転車関連にしかアンテナを張っていなかった為、失礼ながら

亀岡にRCサーキットがオープンしている事すら存じ上げていなかったのだが、

なんでも・・・電動F-1レースが盛り上がりを見せているとのことで・・・

F-1といえば、私が兵庫県西脇市にある城山グリーンヒルスピードウェイにて、

それこそレースの奥深い楽しみ方を学んだ思い入れの非常に強いカテゴリー。

それほど盛り上がっているのなら自分の目で確かめねば!

ということで、今回早速お邪魔させていただいた。

 

120722_001
 ↑ 七谷川サーキットさん入口

120722_008
 ↑ 屋根つきのピット完備

120722_002
 ↑ GPカーも走行出来る広いコース

120722_004
 ↑ 縁石が赤白ゼブラに塗り分けられた美しいレイアウト

120722_003
 ↑ ピット側には大型のマットが置かれているので飛び出しにも安心

120722_007

120722_006

120722_005

120722_009
 ↑ 詳しくはコチラで                                                                

 

今回初めて訪れた「七谷川サーキット」さん・・・

GPカーも走行可ということで、コース幅も広く、ゆったりとしたレイアウトで

非常に走らせやすそうな印象

炎天下にも関わらず、この日も多くの方が楽しそうに走ってらっしゃいました。

RCレースは活動休止前、京商ミニッツをメインにしていたこともあり、

屋外サーキットは久々なのだが、やはり太陽サンサンの下で

伸び伸びとやるRCはイイですな~~。

人が走らせているのを見ていると、私もムズムズと

 

しっかし・・・

ロードバイクは乗りまくりたいし、MTBは新調したいし、

先日のミーティングでロードスター熱も再燃してきたし・・・

(何気に新しいガスガンも欲しかったりするし)

ぐぁぁぁ~~!

永遠の命と無限のお金が欲しい

 

とても44歳とは思えない心の叫びを発したところで今回はおしまいっ!

 

 

2012年7月23日 (月)

#関西ロドクラ集まってみよう 飛び入り参加の巻

先日、京都市内方面からの帰り、国道27号線を北向きに走っている時のこと、

京丹波町にある「道の駅 和」の前を通過する際、何気に駐車場に目をやると、

そこにはロードスターの群れが! これはツーリング途中に休憩しているのか、

もしくはミーティングが開かれているのに違いない!

                                                        

こんな時に便利なのが即時性の高いツイッター。

一体全体何が行われているのか早速調べてみると、案の定TLに話題が!!

どうやらツイッター上の呼び掛けで、今回お集まりになられている様子。

今ロードスターに乗っていれば、とりあえず寄ってみるのだが、

こういう時に限ってWishを運転中・・・仕方ないので泣く泣く通り過ぎる私。

                                                       

“いいな~私も参加したいな~~でも今Wishだしな~(泣)”

                                                       

・・・的な内容をツイッターで悲しく呟くと、その呟きをご覧になられていた、

現在ミーティングに参加中の方・・・しかも、たまたま私のフォロワーさんから、

「来ればいいのに!」 というお誘いの返信が・・・。

よ~~し、こうなったら参加しようじゃないの!

                                                       

そこから先の行動は早かった・・・

「道の駅 和」から我が家までの約25kmをスッ飛んで帰り(法定速度です)、

Wishからロードスターに乗り換えて、また「道の駅 和」に舞い戻る!

幸いにもまだ解散とはなっておらず、飛び入りの参加に見事成功!!

その時の模様がコチラ↓

                                                       

120722_011
 ↑ 京丹波町「道の駅 和」 第2駐車場

120722_012_2
 ↑ ズラリと並んだロードスター

120722_013

120722_014

120722_015

120722_016

120722_017

120722_018

120722_019_2

120722_020

120722_021

120722_022_2

120722_023_2

120722_024_2 

120722_025_2

120722_026

120722_027
 ↑ NA,NB,NC 3世代見事に勢ぞろいの図 

Kakoyigsqtc7w3jojjgx

Kakoqpbejm6zml2oo1j7
 ↑ 嬉し恥ずかし、私の車に注目が・・・もっと見て~~
                                                                     

                                                       

飛び入りの参加にも関わらず、温かく迎えてくださった皆様方。

短い時間ではあったが、内容の濃いロードスター話で盛り上がり、

皆さんと親睦を深めさせていただくことが出来た。

私自身久しぶりのミーティング参加だったが(RS生誕20周年MT以来?)、

本日の結論・・・

【定期的にミーティングやツーリングに行かねば!】
                                                                         

ちなみに今回の「 #関西ロドクラ集まってみよう 」 という呼び掛けには、

京都、大阪、神戸の近場以外にも、三重ナンバー、和歌山ナンバーの方や、

名古屋ナンバー、川崎ナンバー、水戸ナンバーの方達までも参加をされていて、

久々にRS乗りの熱さを再確認、そしてツイッターの持つパワーというものを

見せつけられた想いである。

                                                       

オマケ画像

120722_032
 ↑ ご参加の方から水戸名物&伊賀名産を頂戴いたしました

2012年7月22日 (日)

舞鶴:菅坂峠~綾部:上林ぐるりんポタ

暑い・・・とにかく暑い・・・

毎日こう暑くては何もする気がしない・・・それは趣味でも同じこと。

さすがに炎天下の日中には自転車に乗る気がしない

「乗れぬなら、早朝乗ろうホトトギス」ということで(意味不明)、

朝の2時間程度軽くお山を走ることに。

舞鶴市:菅坂峠を越えて綾部市上林地区へ抜けるお手軽ルートへいざ出発。

 

120722_001
 ↑ 出発はいつもの綾部市総合運動公園

120722
 ↑ ご一緒するのはグルメ探求集団麺通団(東)自転車部きんちゃん

120722_003
 ↑ まずはR27で舞鶴方面へ

120722_004
 ↑ お次は府道27で菅坂峠へ

120722_009
 ↑ 菅坂峠登り口にて

120722_012
 ↑ 菅坂登る登る登る

120722_019
 ↑ 登った~

120722_022
 ↑ 綾部市側に降り、里山を走る

120722_023
 ↑ 峠から下界に降りると途端に暑いぞっと

120722_025
 ↑ 菅坂峠で26℃だった気温が・・・

120722_028
 ↑ 府道1号線~黒石峠を越えたらゴール

120722_031
 ↑ 黒石峠にて

120722_2

 

午前中とはいえ、気温は30℃を越えて暑い暑い

しかしながら、峠や田舎道はまだ涼しいわけで。

やはり夏のライドは山を目指すべきかな・・・。

さて、次は何処を走ろうかな??         

 

2012年7月21日 (土)

福井県こども家族館で涼むの巻

子供達が長い長い夏休みに突入。

たまには子供サービスもせねば・・・ということで今回お邪魔した遊び場は、

もう何度来ている事だろう・・・「福井県こども家族館」さん。

入場料 大人200円 小中高生100円 未就学時無料という庶民には有難いスポット。

                                                             

20120721_155121
 ↑ 福井県おおい町にある「こども家族館」

20120721_143244
 ↑ 何度もご紹介しているがコチラの目玉はこの広大なボールプール

20120721_152255
 ↑ ボールプールを海に見立てて、大型帆船が浮かぶというシチュエーション

20120721_154707
 ↑ 施設の周りは芝生広場

                                                              

コチラの施設、何より有難いのは冷房がガンガンに効いていること

この炎天下、お外で遊んでいたらノビちゃいます

涼しいところでボケェ~~と過ごす・・・あ~~ありがたや、ありがたや。

また涼みに来ようっと。

                                                            

福井県こども家族館

〒919-2107  福井県大飯郡おおい町成海1-1-1(うみんぴあ大飯内)

TEL 0770-77-3211  FAX 0770-77-3255

公式H.P http://www.kodomokazokukan.jp/index.html

                                                                  

2012年7月20日 (金)

キャメルバック 保冷ボトル

本格的な夏のライドに備え、保冷ボトルを新調。

今回ゲットしたのはコチラ↓

120719_002
 ↑ CAMELBAK PODIUM BIGCHILL 750ml クリア/カーボン

120719_004
 ↑ 自動開閉JetValve採用の飲み口

120719_006
 ↑ 飲み口裏側

120719_015
 ↑ 恒例の体重測定・・・115g

 

【キャメルバック ポディウム ビッグチル ボトル】

・ツールドフランスで初めて使われた保冷ボトル

・2重構造+保冷素材で2倍の保冷性

・冬は温かい飲み物の保温も可能

・軽く握るだけで水分補給、理想のサイクリングボトル

・自動開閉のJet Valveはキャップの開け閉めのストレスと飲料の飛び散りがゼロ

・押しても吸っても給水可能

・徹底的に柔らかさを追求。他社の保冷ボトルと比較した結果、
  全員がCAMELBAK が柔らかいと回答

・TruTasteポリプロピレンとHydroGuard加工を組み合わせた内部は
 夏もいやな臭いがゼロ

・冬は暖かいドリンクを保温することも可能

・カバンに入れる時には完全にロック可能

 

↑なんだか特徴てんこもりのボトル・・・

今夏、ガッツリ活躍していただくとしよう

                                                                    
   

2012年7月19日 (木)

梅雨明け夜間ポタ2012

120718_002

120718_001

 

梅雨が明けた途端、猛暑というか酷暑がつづく今日この頃。

お外で遊ぶ趣味を持つ者にとって夏は厳しい季節

自転車に乗るのも早朝か夜間なら快適に走ることが出来るということで、

いつものように夜間ポタへ出撃。

昼間は36℃ほどあった気温も夜なら↑この通り。

ちと虫が多いのが気になるが、暑いよりマシ・・・かな・・・。

面白いのは、1時間程度のコースの中で涼しい区間と暑い区間、

空気の層がハッキリと分れていること。

やっぱり山裾は涼しいな~~天然クーラーに感謝!

田舎の有難味を噛み締めながら走る夜間ポタであった

 

2012年7月18日 (水)

UCC ランボルギーニ 6台目納車

120717_001
 ↑ UCC Lamborghini collection 1/72ダイキャスト製プルバックカー

120717_002

120717_004
 ↑ Lamborghini Reventon

120717_005
 ↑ 今回は分解してみることに・・・シャーシ裏面前部の+ネジを外して

120717_009
 ↑ ボディの裏側はこんなカンジ

120717_008
 ↑ そしてコチラが心臓部・・・RR(リヤエンジン、リヤドライブ)である   

 

特に無理矢理探すわけでもなく、毎日の生活の自然な流れの中で

めぐり会えたランボルギーニちゃんを捕獲していたのだが、

今になってようやく6台目をGET。

これにて車種は全車種コンプリート。

色違いがあるので、全12種なのだが、とりあえず一段落ということで・・・。

 

120717_010
 ↑ ランボルギーニ6車種大集合の図

 

色違いは、まためぐり逢えたら・・・。

 

2012年7月16日 (月)

オープンカー = 幸せを運ぶ小さな屋根無し車

RCレース・・・特に京商ミニッツレースにおいて苦楽を共にした戦友がいる。

彼の名前はTomoyan氏・・・私よりひと回り年の若い友人である。

ミニッツレースがひと段落した後、今度はロードバイクもご一緒したりなんかして、

まさに趣味嗜好がドン被り状態

そんな彼を、さらに悪の道に誘ってやろうと、ここ数年洗脳工作をしていた事がある。

それは何かと尋ねたら・・・マツダ ロードスター オーナーへの道である

                                                                      

素敵な奥様と2人の子を持つ良き夫・良き父親であるところのTomoyan氏に、

実用性皆無・無用の長物・道楽の極みのような存在であるスポーツカー・・・

しかもオープン2シーターを買わせてやろうというのである。

我ながら鬼のような目論みだが、彼には是非オープンカーの、ロードスターの、

素晴らしさというものを知っていただきたいのである。

                                                               

そんなわけで、ロードスター関連の書籍やDVDを送りつけてみたり、

私のRSに乗せてドライブをしてみたり運転をさせてみたり

ロードスター生誕20周年記念ミーティング」・・・広島に連れて行ったりと、

ここ数年、地道に洗脳工作を展開していたのだが、その涙ぐましい努力が

ついに報われる時がやって来た!

なんと、なんと、南斗水鳥拳!

Tomoyan氏がオープンカーを購入したというのである!

驚天動地、寝耳に水、これぞまさに神(奥様)をも恐れぬ所業。

洗脳していた私が1番驚いた。

まさか、本当に買っちゃうとは・・・

そうとなれば・・・

オープンカーデビューをお祝いするため彼の住む兵庫へ向うのであった。

                                                             

120716_097

どうせ彼のマシンとご対面するなら私もロードスターで乗りつけて、

一緒に並べてウハウハしよう

写真を撮り合ったり、互いのロードスターを褒め合ったり・・・

色々想像しニヤニヤしている内に到着Tomoyan邸。

遂に彼のNEWマシンとご対~~面~~!!

では皆さんにもご紹介いたしましょう↓

                                                              

120716_004_2
 ↑ 6速クロスミッションええね~

120716_006
 ↑ あれ? RSにデジタルメーターの設定あったっけ??

120716_067
 ↑ エンジンはやっぱマツダBP&B6だぜ! ・・・って? VTEC? ホンダ??

120716_008
 ↑ もしやTomoyan氏のマシンはロードスターではなく・・・

120716_005

120716_001
 ↑ ホンダ S2000(AP1型 ’99年式)

                                                              

な! なんと、ホンダS2000じゃあ~りませんか!!   

そうなのだ、そうなのである。

彼が購入したというオープン2シーターは「S2000」だったのであります

                                                             

120716_009
 ↑ せっかくなんで軽く流すことに

120716_015

120716_018

120716_029

120716_041

Dscf3479
 ↑ 後ろからじっくり眺めまわす私

120716_052
 ↑ 公園(青野ダム)の駐車場で撮影会スタート

120716_048

120716_049

120716_054
 ↑ 最も “オープンカー” を感じさせるアングル   

120716_057

120716_065
 ↑ 「青い空とオープンカー」・・・最高でんな~

120716_061
 ↑ 私のNBちゃんもパチリ

120716_070
 ↑ 撮影会のあとはダム湖の周りをランデブー

120716_080

120716_074

120716_087

120716_086

120716_095
 ↑ ダム湖を1周したところで、今回は解散と相成りました

                                                              

私の長年に渡る洗脳工作によって、遂には購入に踏み切ったTomoyan氏。

ロードスターではなかったが、この際細かいことは気にしない!

ロードスターだろうが、S2000だろうが、MR-S でも コペンでも、皆仲間。

このご時世でオープン2シーターのオーナーになろうなんて・・・

そんな酔狂な彼に乾杯

                                                                  

2012年7月14日 (土)

UCC ランボルギーニ 5台目納車

120707_001
 ↑ UCC Lamborghini collection 1/72ダイキャスト製プルバックカー

120707_006

120707_008
 ↑ Lamborghini Miura

                                                                                                                            

食玩は(特に人気のある)、発売直後に大人買いをしないと、

なかなかコンプリートするのは至難の業なのだが、

とりあえず、車種だけは全種集めようと奮闘中。

今回の納車はランボルギーニ ミウラ。

ミウラといえば我々スーパーカー世代のバイブル「サーキットの狼」にて、

飛鳥ミノル氏も駆った名車中の名車である。

今宵はミウラで多角形コーナリングだっ!

※多角形コーナリングは風吹裕矢の技です

                                                             

2012年7月13日 (金)

親子でゆるゆる Cafe Deco ライド

120709_068
 ↑ 久しぶりに息子とポタリング・・・向かった先は・・・

120709_084
 ↑ 綾部市七百町:府道485号線沿いにある「Cafe Deco」さん

120709_082
 ↑ 見た目は普通の民家

120709_083_2
 ↑ お店に隣接して駐車場完備

120709_069
 ↑ 我々は玄関隣に自転車を立て掛けさせていただき入店

120709_075
 ↑ 店内は古民家の落ち着く雰囲気

120709_076
 ↑ 結構な広さなので団体客でもO.K

120709_070
 ↑ メニューを拝見・・・和紙がエエ味を出しております

120709_073

120709_072
 ↑ 定番の珈琲類の他、ジュース関連もあり

120709_079
 ↑ 珈琲をいただく

 

隣町?に新しくカフェがオープンしたとのことで、早速行ってみた。

府道485号線沿い(の旧道)にある民家がお目当てのカフェである。

外観はふつ~の民家だが店内に足を踏み入れると、

お洒落かつ癒しの空間が広がる。

う~む、こりゃ落ち着きますな~~

珈琲をいただき、ゆっくりさせていただいた。

また寄らせていただくとしよう。
                                                                 

【Cafe Deco】 

京都府綾部市七百石町竹安7-3

0773-44-0783

営業11:00~17:00 定休日 水・土

 

120709_094
 ↑ 里山をのんびりサイクリング

120709_098
 ↑ 足利尊氏公縁の安国寺にて PROGRESSIVE RRX-241PINARELLO FP5

 

カフェの後は、親子でゆるゆるとポタリングを楽しんだのでありました。

さて、次なるカフェライド(グルメライド)は何処へ行こうかな??

 

2012年7月11日 (水)

若狭幹線林道 絶景サイクリングの巻

【広域基幹林道 若狭幹線】

福井県小浜市阿納尻~若狭町世久見まで続く広域基幹林道。

小浜湾や三方五湖を見渡すことの出来る絶好のロケーションが特徴で、

関西の林道ファンの間では知らない者が居ないくらいの人気スポット。

 

そんなわけで、若狭幹線林道である。

その存在を知って以来、1度走ってみたい、走ってみたいと思い続け、

ようやく今回そのチャンスがやってきた。

なんだか先日の「グリーンピア三木」と同じような展開だが・・・

迷子にならず、無事走破出来たのか? 早速レポート開始!

 

120710_001
 ↑ 舞鶴道をひた走り、目指すは小浜市!

120710_002
 ↑ いつもの「濱の湯」さんに車をデポ・・・帰りに温泉&飯をお世話になります!

120710_003
 ↑ R162を走行・・・小浜市街地を抜ける

120710_101_2
 ↑ 林道までは海を眺めノンビリ走行(遠くに見えるのが久須夜ヶ岳) 

120710_005
 ↑ 濱の湯さんから6km弱「阿納尻三差路」を少し過ぎた所に林道の入口あり

120710_007
 ↑ コチラの重機の置いてある所から奥が入口

120710_102
 ↑ まずは入口にて記念撮影

120710_008
 ↑ 案内看板あり

120710_009
 ↑ 若狭幹線林道全体図

120710_010
 ↑ 現在地はコチラ・・・起点の小浜市阿納尻

120710_011
 ↑ おっとココでハプニング! 土砂崩れの為通り抜け出来ないとのこと!

120710_013
 ↑ とりあえず行ける所まで行ってみることに

120710_017
 ↑ いざスタート!

120710_020
 ↑ スタート後しばらくはアスファルト路面の上りが続く

120710_018_2
 ↑ 全線を通して道路脇には立派なプレートが設置

120710_021
 ↑ 木々の間から絶好の眺めが

120710_023
 ↑ 第1休憩所到着

120710_027
 ↑ スタートから約2.81km地点(My Tracks調べ)から待望の未舗装路出現

120710_029
 ↑ う~む、京北林道サイクリングを思い出すな~

120710_032
 ↑ 舗装路、未舗装路、交互に出現

120710_033
 ↑ しかし・・・舗装路の何倍もシンドイ未舗装路のヒルクライム

120710_034
 ↑ 一段高い場所にある第2休憩所(展望台)に到着

120710_036
 ↑ 現在地はコチラ

120710_038

120710_039
 ↑ 第2休憩所(展望台)からの素晴らしい眺め

120710_040
 ↑ 反対側の眺めもビューティホー!

120710_042
 ↑ フラットな道で非常に走りやすい

120710_043
 ↑ たまに倒木があるので注意が必要

120710_044
 ↑ 大きな全体図だけではなく、このような可愛い案内看板も所々設置

120710_046
 ↑ どこもかしこも素晴らしいビューポイント

120710
 ↑ スタートから約6.2km(My Tracks調べ)で第3休憩所到着

120710_048
 ↑ 現在地はコチラ 

120710_052
 ↑ 小高い場所に休憩所があるので見晴らしがイイはず・・・

Dscf3374

120710_054
 ↑ ああ、やっぱり・・・見晴らし最高!

120710_055
 ↑ 実はこのポイントで自転車の写真が撮りたくて今回訪れたのである!

120710_058_2
 ↑ 第3休憩所から少し進むと・・・通行止めの看板が

120710_059
 ↑ ちなみに現在地はコチラ

120710_060
 ↑ 自己の責任において、少し進んでみることに・・・

120710_062
 ↑ 同じ穴の狢なのか、バイクのタイヤ痕が延々と続いている

120710_063
 ↑ 海が見えない区間でも、空は青く、木々は緑で、癒し効果抜群

120710_103
 ↑ 約8.71km地点(My Tracks調べ)で工事現場に到着・・・しかしよく見ると・・・

120710_066
 ↑ 崩れた土砂が綺麗に撤去されております

120710_067
 ↑ 自己の責任において先へ進むことに・・・

120710_069
 ↑ 気持ちの良いダートを楽しむ

120710_068
 ↑ たまには自分自身も記念撮影

120710_070
 ↑ コンクリート路面現る

120710_071
 ↑ 山の中なのでアスファルト路面でも照り返しがなく涼しい

120710_072
 ↑ 疲れたら癒しの風景でパワー充電

120710_075
 ↑ そして走る

120710_076
 ↑ 第4休憩所到着

120710_077
 ↑ コチラの休憩所からは三方五湖が展望できるとのこと

120710_078
 ↑ チラっと見えた

120710_079
 ↑ 別方向にはそれぞれの島や半島が・・・

120710_080
 ↑ 綺麗に見えております

120710_081_2
 ↑ ダウンヒルを楽しみながらの下山

120710_084
 ↑ 分かれ道に到達・・・真っすぐ行くと終点:若狭町塩坂越、左折:世久見へ

120710_082_2

120710_083
 ↑ 現在地はコチラ・・・終点:塩坂越までは工事中のようなので世久見へ降りる 

120710_087
 ↑ 林道から降りて来たぞの図(隣の道路はR162)

120710_086
 ↑ 海にポツンと浮かぶ鳥辺島と手前の世久見集落

120710_089
 ↑ R162を通り小浜へ戻ることに

120710_092

120710_090
 ↑ 世久見漁港と砂浜

120710_095

120710_096
 ↑ 常に右手の海を眺めながらの癒し走行

120710_097
 ↑ そして今、若狭幹線林道起点:阿納尻に帰還!

 

走った、走った、ガッツリ走りました。

今回初めての走行となった「若狭幹線林道」。

 

まとめ・・・

○路面は舗装路、ダートと交互に切り替わる

○ダートは全体を通しフラットで非常に走りやすい

○海、湖、山と何処を切り取っても絶景である

○木々が覆い茂って海が見えない場合も、日陰を作ってくれていると思えば
  特に夏場は有難く感じられる

○所によっては大小落石があるので注意が必要

 

ということで、噂通りの素晴らしい林道でございました

次回は世久見側から走ろうかな??

 

オマケ画像

120710_098
 ↑ 走行後は勿論「濱の湯」さんで温泉&メシ!

 

2012年7月 9日 (月)

グリーンピア三木 MTBコース激走の巻

  【グリーンピア三木

兵庫県三木市東部の丘陵地に広がる「グリーンピア三木」。

豊かな緑に囲まれた347ヘクタールの広大な敷地には宿泊施設・天然温泉や、

スポーツ施設など様々な施設があるリゾートゾーン。

 

グリーンピア三木である。

グリーンピア三木といえば、関西のロードスター乗り的観点からいくと、

関西最大級のRSミーティング「OASIS Roadster Meeting」の開催場所という

イメージなのだが・・・どんな雰囲気かはコチラをクリック・・・実はRS絡み以外で、

以前から1度利用したい、したいと、思っていた施設がある。

それは何かと尋ねたら・・・マウンテンバイクコースである。

総延長:約11km(周回コース6km)、高低差65mの中級者向けコースとのこと。

長年の想いが叶い、今回遂に走行することに・・・。

果たして遭難せずに無事走り切ることが出来たのでしょうか??

早速レポート開始!

 

120709_001
 ↑ 快晴の中、舞鶴道~中国道~山陽道をひた走り・・・

120709_002
 ↑ 三木東I.C下車してスグの・・・

120709_003
 ↑ やって来ましたグリーンピア三木! コチラで駐車料金¥500を支払い入場!

120709_008_2
 ↑ ゲート後スグの分れ道を左折・・・第2駐車場方面へ

120709_006
 ↑ 緑豊かな敷地の中を進む

120709_016
 ↑ 奥へ進むと左側に広大な第2駐車場、その向かいにMTBコース入口有

120709_009
 ↑ コース入口からさらに奥へ進むとMTB走行受付がある

120709_012
 ↑ コチラの建物がMTB受付(飲み物の自販機あり)

120709_014
 ↑ 走行料 1日¥450なり

120709
 ↑ コース見取り図をいただけるので参考にして走ることに・・・

120709_013
 ↑ 受付を済ませたら早速準備! MTBコース入口向かいに駐車。
    コチラの第2駐車場はまさにオアシスRSミーティングの会場!

120709_015
 ↑ 奥に見えるコンクリートの坂道がコースへの入口

120709_019
 ↑ 走行準備O.K! コース入口にて記念撮影

120709_018
 ↑ 入口脇には注意喚起の立て看板あり

120709_020
 ↑ コンクリート坂を登り切り右折で本コースへ

120709_022
 ↑ 今まさにグリーンピア三木MTBコースへ突入!

120709_024
 ↑ いきなりシングルトラックの激坂・・・降車して押す

120709_026
 ↑ 要所要所にある案内看板を頼りに進む

120709_027
 ↑ お、この鉄塔、予習をしたYouTubeで観たぞ・・・てことは、この先は・・・

120709_029
 ↑ やはり激登り! 無念の降車押し歩き

120709_030
 ↑ ロードではありえない激坂がつづく

120709_031

120709_033
 ↑ 所々案内看板はあるのだが、ココで重大なことに気付く・・・
    せっかく受付で頂戴したコース見取り図を車に忘れてきたのだ

120709_034
 ↑ 天性の方向音痴を発揮する私だが、こうなれば感性で進むしかない!

120709_035
 ↑ 野生の勘の命ずるまま、こんな所を通ったり・・・

120709_036
 ↑ こんな崖!を滑り落ちたり・・・

120709_037
 ↑ こんな泥濘にハマったり・・・

120709_039
 ↑ 一応、案内看板に従ってみたり・・・

120709_040
 ↑ 決して遭難していないと言い聞かせ、現在地確認

120709_038
 ↑ 道はよく分らないが、空は青くて綺麗だな~(現実逃避気味)

120709_041
 ↑ 乾いた路面は走りやすいっ

120709_042
 ↑ こんな素晴らしい景色も堪能出来ます

120709_043
 ↑ 縦横無尽に走っているとアスファルト路面へ出たぞ

120709_045
 ↑ くはぁぁ~~アスファルト楽すぎ

120709_046
 ↑ 束の間の休憩のあと、MTBコースへ復帰

120709_050
 ↑ やはり険しいオフロード   

120709_047_2
 ↑ そして・・・やってしまいました本日最初で最後の大転倒!

120709_048_2
 ↑ 下りにて・・・矢印の穴ぼこにハマり綺麗にジャックナイフ!
    幸いにも山猫並みの回避能力をみせ、私は無傷

120709_052
 ↑ 気を取り直しコース内を彷徨う

120709_054
 ↑ その後も、木の根や・・・

120709_057
 ↑ 突き出た切り株や・・・

120709_056
 ↑ 先が見通せないほどの断崖絶壁が、次々と襲いかかって来るものの・・・

120709_055
 ↑ 安全な道を選択し無難に切り抜けていく私・・・

120709_017
 ↑ そして今、奇跡的にコース入口まで辿り着き感動のゴ~~ル!

120709_062
 ↑ 走行後は洗車場にて洗車洗車         

 

さて、今回初めて訪れた「グリーンピア三木 MTBコース」・・・。

XC & エンデューロの大会がよく開催されていることもあり、

参加されている方のブログや、YouTubeにてレース画像を拝見し、

大体の雰囲気は掴んで乗り込んだつもりだったのだが、

やはり「見る」のと、実際に「走る」のとでは大違い!

こんなにも厳しく・険しいモノとは・・・

まさに想像以上! 想定外!

ヒルクライムとか激坂とかいうレベルじゃ御座いません

コースじゃなくて、山やん! 普通に山やんコレ!! 

乗車率低すぎっ

 

・・・ということで、2時間ほど山中を彷徨い、無事下山。

アドベンチャーチックな体験をさせていただきました。

ちなみに・・・

私が大の苦手とする「クモの巣」

今日1日だけで、もう一生分のクモの巣に引っ掛かりました

合掌。

ここのところ、寝ても覚めても脳内にて激しく繰り広げられている、

次期MTB選びの旅ですが、今体験でさらに混迷の度を深めたのでありました

 

オマケ画像

120709_065
 ↑ スポーツの後は敷地内にあるグリーンピア三木ホテルにて

120709_066
 ↑ 待望の温泉!

120709_064
 ↑ そしてメシ!                        

 

 

2012年7月 8日 (日)

UCC ランボルギーニ 4台目納車

120707_003
 ↑ UCC Lamborghini collection 1/72ダイキャスト製プルバックカー

120707_012

120707_005
 ↑ Lamborghini Murcielago LP 670-4 SV

                                                                                                                             

ランボルギーニ探しに奔走し、4台目確保。

今回は現代の車ということでムルシエラゴ。

1度実車と遭遇したことがあるのだが、物凄いオーラでございました・・・。

さて、ランボルギーニ探しの旅・・・明日はどっちだ!?

                                                              

2012年7月 7日 (土)

日産ヒストリックカー・ガレージ拝見!

当ブログ読者の皆様はもうお気付きのことでしょう・・・私が車好きということを

俗に言うスポーツカーが大好物、そしてヒストリックカーと呼ばれるような、

古き良き時代の車も大好きである

「類は友を呼ぶ」 

・・・とは良く言ったもので、やはり私の周りには車好きの方が多い。

そんな中、いつもお世話になっている車好きの方のガレージを覗いて来た。

今回はそのコレクションの一部をご紹介。

                                                             

20120706_105722
 ↑ お邪魔したのはコチラ・・・「丹波  轟工房」さん

20120706_103420
 ↑ ガレージの中を拝見

20120706_103436
 ↑ ダットサン サニー1000(前期型)

20120706_103549

20120706_103742
 ↑ 初代プレジデント

20120706_103804

20120706_103602
 ↑ 510ブルーバード

20120706_103840
 ↑ ガレージ内には車以外にも色んなレアグッズが・・・

20120706_103822
 ↑ 昔のカタログやら

20120706_103721
 ↑ オーナーが今から50年ほど前に作られた自作ポスター?

20120706_103731
 ↑ その実態は・・・当時売られていた「仁丹ガム」に付いていたオマケのカード

20120706_105548_3
 ↑ ミニカーその他も展示

20120706_111227
 ↑ 椅子はオイル缶を利用

                                                                                                                          

さて、今回お邪魔したガレージ・・・もうお気付きのことでしょう。

そう、実はオーナーさんは大の日産ファンなのである。

日産ファンというより、元日産の社員だったりなんかする。

                                                                    

このガレージの凄いところは、車本体以外にも膨大な数のレアグッズが

あるという点。 中でも凄いのはパンフレットや販促グッズの類。

今回画像は無いのだが、収納棚から出てくる、出てくる・・・

40年、50年前のパンフレットが新品同然でバッサバサ出てくるのである。

そのパンフは大人になってから集めたのではなく、少年時代のオーナーが、

リアルタイムで収集していたというのだから、車好きにも筋金が入っている。

                                                             

私より二回りほど年長のオーナーさんだが、車のことを話している時の顔は

少年時代に戻り、その瞳はキラキラと輝いている。

「男っていくつになっても・・・」

女性には呆れられそうだが、趣味に没頭する男はこんなもんだから仕方がない。

                                                               

今回ご紹介したガレージは今後拡張予定とのことで、

新しくオープンした際にはまたお邪魔するとしよう。

日産車のミニカーを手土産に・・・。

                                                          

2012年7月 6日 (金)

UCC ランボルギーニ 3台目納車

120706_001
  ↑ UCC Lamborghini collection 1/72ダイキャスト製プルバックカー

120706_009
 ↑ Lamborghini Urraco Rally

120706_005

120706_006
 ↑ シャーシ裏

                                                                  

あえて?企業戦略に乗っかっている私

スーパーカー世代のハートをガッチリとキャッチした「UCC Lamborghini collection」。

また今度買おうと思っていたら、売り切れ続出

やはり食玩をナメてはいけなかった・・・。

何とか探し出し1台確保。

ランボルギーニ探しの旅はつづく・・・。

                                                               

2012年7月 5日 (木)

夜間訓練終了で夜間ポタ復活

20120704_215859
 ↑ いつもの丘にて

 

7/1(日)に綾部市消防団東八田分団の「団長点検」終了。

成績はおかげさまで見事最高の評価をGET。

これにて1ヶ月以上に渡る夜間訓練もひと段落。

週に3,4回厳しい訓練を受けていたので、

終わってホッとするやら、少し寂しいやら・・・。

さぁ、さぁ、これからはまた自転車に没頭!

夜間ポタも復活だぞ

 

2012年7月 4日 (水)

2012里山サイクリング in 綾部 エントリー完了!

【里山サイクリング in 綾部】

自転車で気持ち良く走りながら、綾部(里山・水源の里)の自然や風土に親しみ、

地域の人々との交流、参加者相互の親睦を深めることを目的として、

2006年より開催されている初級・中級者向けサイクリング大会。

                                                             

「2012里山サイクリング in 綾部」

・日時   平成24年9月22日(土・祝) 小雨決行

        受付8時~  開会式9時~  スタート9時15分~

・会場   開・閉会式  二王公園(綾部市睦寄町和上50)

・コース  二王公園を発着とする全長約60kmと全長約26kmのコース

・参加費  1人 1,000円

※詳細は綾部市役所公式サイトhttp://www.city.ayabe.lg.jp/bunkasports/kyoiku/bunka/sports/2011cycling.html

                                                           

「里山サイクリング」である。

何度も書いているが、私が本格的に自転車にハマるきっかけとなった大会である。

地元:綾部市民としては、この大会だけは出なければ!ということで、

今大会もエントリーさせていただいた。

さぁ、今年はどんなドラマが待っているか??

非常に楽しみである。

                                                           

Men2danaya_023
 ↑ 2007年大会より

090927_032
 ↑ 2009年大会より

100923_040
 ↑ 2010年大会より

1109023_089_2
 ↑ 2011年大会より   

                                                            

2012年7月 3日 (火)

FFWD F6R DT Swiss 240Sハブのメンテナンスの巻

現在大活躍中のMyフェイバリット ホイール:FFWD F6R。

最近フリーのラチェット音に変化がみられるので、グリス切れか? 何なのか?

・・・ということで、購入後初のメンテナンスを実施することに。

FFWDの公式サイトによると、FFWDに使われている DT Swiss 240Sハブは、

工具無しでお手軽・簡単に分解できるとのことで、早速やってみた。

120703_001
 ↑ 今私の中で最も使用頻度の高いホイール・・・FFWD F6R

120616_022
 ↑ まずはおもむろにカセットを手前に引っ張る! ココはまさに力技!

120703_005
 ↑ ボロっとカセットが抜けたの図

120703_010
 ↑ ラチェット、スプリング等を取り外す・・・グリスがほとんど残っていない

120616_009
 ↑ ハブから取り外したパーツ(ラチェットギア×2、スプリング×2、カラー×1)

120616_013
 ↑ DTハブといえばスターラチェットと言われるほど高い評価を得ているパーツ

120703_015
 ↑ ちなみにコチラはボロっと取り外したカセット・・・綺麗にお掃除

120703_024
 ↑ お掃除が済んだらグリスアップ

120703_017
 ↑ ハブ側にもグリスを塗り塗り

120703_020
 ↑ ラチェットにもグリスアップを施し組み付け

120703_026
 ↑ あとはカセットを元通り押し込んで完成~!

 

240Sハブのメンテナンス。

作業は簡単・明瞭、ただカセットを外すだけ。

全くの工具要らずで最初から最後まで作業が出来るというお気軽さ。

ただ悩みどころが2点・・・

①グリスの塗布量

②使用グリスの種類

 

まずは①・・・塗りつけるグリスの量はネットで調べていても諸説あり、

薄くで良いというのもあったり、たっぷり塗り込んであったり・・・。

とりあえずFFWD OFFICIAL NEWSの画像を参考に感性で塗りつけてみた。

つづいて②・・・FFWD推奨の「DTハブグリス」が手に入らなかったので、

どうしたもんかと悩む・・・基本的にハブには粘度の高いモノを使用すると、

ラチェット機能が正常に働かなくなる恐れがあるということで、

今回は「フィニッシュライン セラミックグリス」を使用してみた。

ちなみにデュラグリスよりもかなり粘度が低い様子。

Dscf3148
 ↑ 今回使用した「FINISH LINE CERAMICALLY ENHANCED GREASE」

 

【フィニッシュライン セラミックグリス】

自転車用として最も進歩したベアリング潤滑テクノロジー

BB、ハブおよびヘッドセットなどの回転部分の効率化をはかり、

その性能を最高に発揮させます。

ベアリングをセラミックでコーティングすることによって、摩擦と熱を防ぎ

長期間にわたり静粛で円滑な回転を続けます。

 

ということで、今回初めて挑んだ240Sハブのグリスアップ。

気になる結果は・・・静かなハブが戻ってまいりました

作業自体は非常に簡単なので、これから定期的にメンテナンスしていこうと

決意したところで、今回はおしまいっ!

 

FFWD F6Rに初めてのチューブラータイヤ装着編はコチラ

FFWD F6R 初走行インプレッション編はコチラ

FFWD F6R 走行インプレ追記の巻はコチラ

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ