フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

綾部:志賀郷かかし祭り チラ見の巻

綾部市志賀郷地区で毎年開催されている「案山子まつり」。

今年は今度の日曜日9月2日(日)にJA何北支店前にて開催されるそうな。

会場がどんな具合になっているかチラ見して来た。

 

20120831_170140
 ↑ おお、並んでる並んでる

20120831_170123
 ↑ さすがに良く出来てますね~

 

チラっと拝見しただけだが、今年も力作揃いの様子。

ちなみに・・・

日曜日の祭りではステージが作られ「和太鼓」「ブラスバンド」の演奏や、

たこ焼き、イカ焼き、焼きそば、うどん等の模擬店も出店されるとのこと。

またゆっくりと訪問し、ガン見させていただくとしよう

 

2012年8月30日 (木)

お城見物 夜間ポタ

日中の暑さはまだまだ猛威を振るっているが、夜は幾分まし・・・

ということで、夜間ポタと洒落込む。 黙々と走っても辛いので、夏の虫よろしく、

明るい所・・・ライトアップされている所を目指すことに。

まさに 「飛んで火にいる夏の虫ポタ大作戦」 である(意味不明)。

 

Dscf4168
 ↑ 気温26℃

Dscf4172
 ↑ 今回の目的地はコチラ・・・福知山城

Dscf4174
 ↑ 新音無瀬橋を渡り・・・

Dscf4177
 ↑ 内記歩道橋を渡り・・・

Dscf4178
 ↑ 福知山城到着~!
                                                                  

 

地元:綾部を出発、目指すはお隣:福知山市の福知山城。

かの明智光秀が築城したものである。

えっちら・おっちら走り切り、ライトアップ時間内に現地到着。

すっかり涼しくなり、秋の到来を肌で感じた夜間ポタであった・・・。

 

2012年8月29日 (水)

ぐるりんこ京北2012 京北koikoiサイクリング

本格的なサイクルシーズン到来を控え、さらなる楽しげなイベントはないかな?

・・・なんて探していると、一風変わったイベントを発見。 それがコチラ↓

Keihoku_3

Keihoku2_2
 ↑ ※画像は昨大会のモノ



○イベント名

ぐるりんこ京北2012 京北koikoiサイクリング

○日時

平成24年10月14日(日) 午前9時~午後3時(小雨決行)

○内容

ワークショップで作成したサイクルマップを利用して秋の京北を自転車で散策します。

今年度は「山国さきがけフェスタ」と同時開催を行い,ファミリーや自転車愛好者向け

の「一般枠」と結婚相手やパートナーをお探しの方を対象とした「婚活枠」の2つの枠

で参加者を募集します。

○コース

約20km(体力と時間に応じて延長可)

①一般枠:コースの各ポイントで野菜の収穫や酒蔵見学などを体験

②婚活枠:男女のグループでコースを回って食材を集め,バーベキューや
  生演奏を楽しみながら交流

※コースの詳細は,右京区役所ホームページに掲載します。

○集合場所

京北森林公園(右京区京北塔町愛宕谷25-3)

○参加費

① 一般枠 1人 3,000円
② 婚活枠 1人 5,000円
※ 参加費には昼食代,おみやげ代等を含みます。

○参加条件

① 一般枠
小学生以下は保護者の引率,中高生は保護者の承諾が必要。

② 婚活枠
25~45 歳(開催日当日の満年齢)の独身男女
※ 当日受付にて運転免許証,保険証等で確認します。

○問い合わせ

〒616-8511(住所不要)
右京区役所 地域力推進室「ぐるりんこ京北」係
☎861-1784,FAX872-5048
https://www.city.kyoto.lg.jp/ukyo/page/0000126060.html

 

・・・ということで、最大のポイントはサイクリングを通して婚活をしようというもの。

“自転車ブーム”と言われ久しい昨今だが、サイクリングと婚活を融合させた

イベントが開催されるとは・・・。

爽やかなカップルが誕生しそうな予感

 

2012年8月27日 (月)

F6Rブレーキ鳴きとBBBブレーキシュー

Dscf4145

Dscf4165


現在、絶賛使用中のMyフェイバリットホイールFFWD F6R

困ったことに最近 “噂の” ブレーキ鳴きが発生し始めた。

これまでは 「しゅるしゅるしゅるるるる~~」 というカーボンぽい音だったのだが、

今では 「ぶおぉぉぉぉぉぉ~~~」 と、それはそれは凄まじい爆音である

もうね、コレね、峠の下りなんて恥ずかしい恥ずかしい

そんなわけで、ブレーキシューの取り付け角度・・・

トー角等を細かく調整しているのだが改善されず・・・相変わらずの爆音。

そこで、ブレーキシューそのモノを交換してみることに。

用意したのはコチラ↓

 

Dscf4159
 ↑ BBB テックストップ ブレーキパッド カーボン BBS-23AC

Dscf4162

Dscf4164_2
 ↑ BBB 22.1g ※F6R付属のスイスストップは31.7g

                                                                         
 

BBBのカーボンリム用ブレーキシューである。

実はこのブレーキシュー、F6Rを購入した際に同時入手していたのである。

何と言ってもスイスストップ製に比べ、圧倒的にお安いのが有難いところ。

まぁ、命を預けるパーツだけに制動力や操作性、磨耗具合をメインに、

ブレーキ鳴き等々慎重にテストをしてみることにしよう・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年8月25日 (土)

綾部:上林 名水サイクリング

「京・綾部名水 水源の里」

綾部市では、過疎や高齢化の進む集落(限界集落)を『水源の里』と名付け、

集落で失われつつある元気を取り戻すよう『上流は下流を思い、下流は上流に

感謝する』を合言葉に、集落再生と振興に取り組んでいます。

この『京・綾部名水 水源の里』も、こうした取組のひとつとして誕生しました。

綾部市の中でも最も奥深い山里の古屋地区。そこに住む人々の命と生活を

支えてきた天然の水をぜひご賞味ください。

※ペットボトル説明書きより                                                      

 

“よ~~く冷えた美味い水をゴクゴク飲みたい!”

 

毎日毎日暑い日が続く今日この頃、そんなことを思っている矢先、

綾部市オリジナルのミネラルウオーターが今月22日から、

あやべ観光案内所(駅前通り)とあやべ温泉(睦寄町)にて

販売が開始されたとの情報をキャッチ。

しかも綾部上林:古屋地区にて採水されたとのことで・・・

古屋地区といえば、「里山サイクリング IN 綾部」でもおなじみの地域。

綾部市民として、里山サイクリングに毎年参加している者として、

これは一発飲んでおかねば!

ということで「名水:水源の里」を求め、あやべ温泉までサイクリングと洒落込んだ。

 

Dscf4138
 ↑ 15時過ぎスタート! 太陽が隠れている隙に走る!

Dscf4139
 ↑ 直接あやべ温泉に向かっても芸がないので舞鶴市周りで行くことに

Dscf4140
 ↑ 山裾の日陰は涼しいな~

Dscf4141
 ↑ 菅坂峠登坂開始

Dscf4142
 ↑ 現在工事中につき片側交互通行

Dscf4143
 ↑ ひとまず登頂成功

Dscf4145
 ↑ いつもの場所で記念撮影を済ませたら、次は綾部方面へもう一丁登坂!

Dscf4146
 ↑ 無事もう一丁登坂成功で綾部市へ突入・・・あやべ温泉まで10km

Dscf4148
 ↑ のどかな里山風景の中進む

Dscf4147_2
 ↑ 気が付けば青空全開・・・あ、暑い

Dscf4149_2
 ↑ 菅坂峠頂上付近は30℃だったが、下界はこの通り・・・

Dscf4150_3
 ↑ 農道を往く・・・あやべ温泉まであと少し

Dscf4153_3
 ↑ あやべ温泉到着~!

Dscf4151_3
 ↑ コチラが今回の目的・・・「京・綾部名水 水源の里」

Dscf4152_3
 ↑ 美味い水のあと・・・仕上げはガリガリくん!

Dscf4155_2
 ↑ 美味い水をたらふく飲んだら帰路へ

Dscf4156_3
 ↑ 全開の西日と黒石峠

 

そんなわけで、飲んだ、飲んだ、飲みました名水:水源の里。

火照った身体に染みた~~

すっきりした飲み口で大変美味しゅうございました

皆様も綾部にお越しの際は是非ご賞味ください!

 

2012年8月24日 (金)

コウノトリチャレンジライド in 但馬 参加認定証来たる!

山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬

9月2日(日)に兵庫県但馬地域で開催されるサイクルイベント。

青い海! 緑の高原! グルメ! 温泉を楽しむ欲張りツーリング・・・ということで、

私もエントリーさせていただいたのだが、本日その参加確認証が届いた。

                                                                   
Dscf4135_2
 ↑ 参加確認証来た!

Dscf4136
 ↑ コチラは事前申し込みによる駐車券

Dscf4137
 ↑ 但馬地域の観光パンフレット一式

 

送られてきた参加確認証やら観光パンフを見ていると、

撮影ポイントは何処にしようか?

グルメは何があるかな~?

温泉は??

などと、否が応でも気分が盛り上がって来る。

開催まであと少し・・・体調を整え、その日が来るのを待つとしよう。

 

2012年8月23日 (木)

鬼伝説:大江町 「ラーメン里」 訪問の巻

以前より、気になっていたお店がある。

鬼伝説で有名な京都府大江町にある「ラーメン 里」さんである。

一体全体どんなお店なのか・・・早速レポート開始!

 

Dscf3666
 ↑ R175から大江町三河地区へ入っていく

Dscf3667
 ↑ 国道沿い入口には常連さんが作ってくれたという案内看板あり
    ※この先約400mとあるが、車のオドメーターで計測したところ800mだった

Dscf3671
 ↑ 飲食店など有りそうにも無い風景の中を進んでゆく

Dscf3680_2
 ↑ 進行方向左側・・・川向こうに見えてくる一軒家が目的地

Dscf3681
 ↑ 国道から約800m地点にお店への入り口あり。分かりづらいので注意

Dscf3682
 ↑ 橋の幅員が狭いので、これまた注意が必要

Dscf3678_2
 ↑ 橋を渡った所にあるこの一軒家こそが「ラーメン 里」さんである

Dscf3683
 ↑ 周りにあるのは豊かな自然のみ!

Dscf3688
 ↑ ということで、駐車スペースには事欠かない

Dscf3684
 ↑ 看板にはラーメン、提灯にはお好み焼きの文字が・・・

Dscf3677
 ↑ 暖簾にもデカデカとお好み焼きの文字が

Dscf3675
 ↑ 一体全体何屋さんなのか確かめるためにも入店!

Dscf3672
 ↑ テーブル1つ、カウンター席5,6席のこじんまりした店内

Dscf3673
 ↑ ラーメン里という店名だが、圧倒的に粉モノのメニューが多い

Dscf3674
 ↑ 一品メニュー&ドリンクメニューがコチラ

Dscf3686
 ↑ 店内奥には大型モニターとカラオケ10曲1000円の張り紙が・・・

 

国道175号線から大江町三河地区へ・・・

国道から800mほど走ったところで、川向こうにある「ラーメン里」さんを発見。

1本道なので道を間違えることは無いのだが、行き過ぎると途端に周りの集落が

途切れ、寂しい雰囲気になる。

 

元気の良いお母さんに迎えられ、早速入店。

今回はラーメンとタコ焼きを注文。

出てきたのがコチラ↓

 

Dscf3689
 ↑ 牛すじ ねぎラーメン ¥600なり

Dscf3690
 ↑ ベースはあっさりした醤油系にバラエティ豊かな具だくさん

Dscf3691
 ↑ メインの具はもちろん牛すじ・・・じっくり煮込んでありトロトロで美味い!

Dscf3692
 ↑ ラーメンの具としては珍しい?竹輪や・・・

Dscf3693
 ↑ こんにゃくなどが脇を固める

Dscf3695
 ↑ 揚げたこ焼き 8個 ¥400なり

Dscf3696
 ↑ いただきま~~す!

Dscf3697
 ↑ 店主を記念にパチリ
                                                                          

 

地域住民の方以外、それほど交通量も多くないであろう立地。

外観は普通の民家。

看板には「ラーメン」、提灯と暖簾には「お好み焼き」の文字・・・

謎多き(?)、「ラーメン里」さん・・・しかしてその実態は!?

トロトロ牛すじの美味いラーメンあり、バリエーション豊富な粉モノあり、

一杯飲みも出来、カラオケを楽しむことも出来るという、

元気なお母さんの経営する地域密着型のマルチなお店であった

 

【ラーメン 里】

住所 京都府福知山市大江町三河564

営業 11:00~19:00

休み 水曜日

 

ラーメン里ラーメン / 二俣駅大江山口内宮駅大江高校前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年8月22日 (水)

丹後半島ラリー2012

今週末24日(金)から丹後半島において面白そうなイベントが開催される。

非常に興味深いそのイベントがコチラ↓

Img8151523270001_3

「第48回大阪電通大チャリティーラリー 丹後半島ラリー2012」

2009年まで京都府南丹市で開催されていた「KYOTO南丹ラリー」が、

開催地を京都府の北端、丹後半島に移し「丹後半島ラリー」として開催。

サービスパークは京丹後市峰山にある京都府丹後文化会館に置き、

2日間全12SSで、SS総距離は70km前後を予定している。

ターマックステージは、丹後半島を縦断するかたちで配置されている。

全日本ラリー選手権の第6戦に組み込まれた今大会・・・

全日本ラリー選手権は、JAFが認定する国内最高格式のレースのひとつで、

約70台のラリーカーが京丹後市を舞台に熱戦を繰り広げます。

 

ラリーである。

ラリーといえば最高峰WRCをイメージするのだが、我が街:綾部の近隣である

南丹市で以前から大会が開催されていたこともあり、全日本ラリーも

馴染み深いところである。

久々に闘うマシンを見てみたいな~~。

関連イベントとして「タンゴ痛車祭り」も開催されるとのことで、

こちらも怖いモノ見たさに覗いてみたい気分・・・。

車好きとしては気になるイベントのご紹介でした。

                                                                
                          

2012年8月19日 (日)

京都美山サイクルグリーンツアー参加の巻

3月「びわ湖一周ロングライド2012」   滋賀

4月「メディオフォンド雲海ステージ」   岡山

5月「京北林道サイクリング2012」    京都

5月「若狭路センチュリーライド2012」  福井

・・・につづく今シーズンのサイクルイベント第5弾!

「京都美山サイクルグリーンツアー」に参加してまいりました!                           

 

京都美山サイクルグリーンツアー

小さな子どもから大人まで、ファミリーでも気軽に参加できるまったく新しい

自然体験型のサイクルイベント!

8月18日(土)、19日(日)の二日間、京都府南丹市美山町宮島地区をメインに

美山町全域を会場とする自然体験とサイクリングの複合型イベント。

美山町は毎年5月に開催される「美山サイクルロード」や子ども自転車教室などを

軸に町と全国のサイクリストをつなぐ「自転車の聖地プロジェクト」を展開しており、

このイベントを通じて「自転車に乗って楽しいまち美山町」をさらに広く町内外へ

向けてアピールし、多くの方に町の魅力を感じていただくことを目指します。

 

■イベント1日目
8月18日(土)

・プレサイクリング:大会ゲストとともに、約20キロの試走イベント。  

・前夜祭:ゲストを交えてのトークショウやライブなど。  

・サイクルブース:企業ブース(自転車メーカーなど)展示、試乗、物販など。  

・まるごと農家体験:実際の畑で野菜の収穫や試食、有機栽培の講習会など。

・鮎つかみどり体験:美山川の鮎をつかみどり。

                                                                  

■ イベント2日目  
8月19日(日)  

・ロングライドチャレンジ  130:終日

8時間の制限時間内に、美山町の各所ポイントを巡り距離を走るメインプログラム。

コースに用意された8ヶ所のチェックポイントでゼッケンをチェックし、与えられる

カラーリストバンドを集めて回るという他に類を見ないまったく新しい

ロングライドイベントです。

スタート時のリストバンドと合わせ9 色揃った状態でゴールすれば最長距離の

130kmが完走となり完走証が授与されます。

9色揃わなかった場合でも、リストバンドの数に応じた完走証を授与されますので、

体力などに自信のない方も、レベルに応じた楽しみ方ができます。

 

・・・ということで、ただ走るだけのロングライドイベントではなく、

リストバンドを集めて回るという点、走行距離を自分自身で決められるという点、

新しい試みがなされているイベントということで、興味津々である。

それでは早速イベントレポートのご紹介っ!

                                                                             

Map_s_5

さて、今イベントの特徴は先にも記したように各チェックポイントで与えられる

リストバンドを集めて回るという点だが、面白いのは回るCPの順番が

決まっていないところ。スタート地点の宮島小学校から、参加者それぞれが

好きなCPに向かってバラバラに走り出すのである。

う~~む、これまた面白い

どういうルートで各CPを回るのか、まさに頭の悩ませどころである。

 

私はどうしたのか??

実は私、諸事情により現地入りが午後からとなってしまったので

実際に走行可能時間は3時間程度・・・おのずと回れる範囲が限られてしまう。

そんなわけで、誠に勝手ながら正規のスタート地点:宮島小学校からスタートせず、

CP3の大野ダムに車をデポし、大野ダムスタートとさせていただいた・・・。

 

Dscf4061
 ↑ お昼前、地元:綾部市を出発し、私のスタート地点:大野ダムを目指す!

Dscf4062_4
 ↑ 大野ダム到着・・・コチラの駐車場に車をデポして、いざ出発!

Dscf4064_3
 ↑ コチラがCP3大野ダム

Dscf4063
 ↑ 早速CP3のリストバンドを頂戴する

Dscf4065
 ↑ さて、ここから本格的に走り出す

Dscf4066
 ↑ 清流:由良川を横目に走行

Dscf4070
 ↑ 決まった順番が無いため、皆さん思い思いのルートを走行されている様子

Dscf4073

Dscf4074
 ↑ 我が街:綾部に通じる癒しの里山風景の中を往く

Dscf4080_2
 ↑ エイドステーション鶴ヶ岡到着で小休止

Dscf4079
↑ バイクスタンド完備

Dscf4076

Dscf4078

Dscf4075
 ↑ こちらでは、おにぎり、鹿コロッケ、冷奴、キュウリ等々準備頂いておりました

Dscf4098
↑ おにぎりと美山の名水を頂戴する

Dscf4082_2
 ↑ 喰ったらスタート・・・CP4を目指すことに

Dscf4081
 ↑ しっかし、エエ天気でんな~~

Dscf4084_2
 ↑ CP4洞(ほら)到着で記念撮影

Dscf4085
 ↑ 頂戴したリストバンドは腕に巻き付けていく

Dscf4088_2
 ↑ さて、さて、次のCPに向け出発

Dscf4097

Dscf4096
 ↑ ルート上の川にて・・・キッズ夏休みチャレンジ(川遊び)を実施中

Dscf4095
 ↑ CP5に向かう途中「百日紅の里 福居」にて記念撮影

Dscf4091
 ↑ CP5 福居 到着!

Dscf4092_3
 ↑ 綺麗な水が流れておりました・・・ザブンと入りたい

Dscf4093
 ↑ とりあえずココでも記念撮影

Dscf4099
 ↑ 残り時間的に最後のCPになるであろうCP1へ向かう

Dscf4102
 ↑ 一人旅のため、道が合っているのか不安になりながら進むの図

Dscf4104
 ↑ 無事CP1神楽坂到着~! ノリの良い受付嬢に乾杯

Dscf4105_2
 ↑ やっぱりココでも記念撮影

Dscf4108
 ↑ 私に与えられた時間でとりあえず各CPを回り、今まさにゴール!

Dscf4109
 ↑ 完走証授与行列に並ぶの図

Dscf4111
 ↑ そうこうしていると鶴見氏夫妻が戻って来られた

Dscf4114
 ↑ ちなみに・・・鶴見氏のバイクはドマーネ

Dscf4117
 ↑ 特設会場(トラック荷台)にて閉会式スタート

Dscf4120
 ↑ 豪華賞品の当たる抽選会&じゃんけん大会も実施

Dscf4124
 ↑ 参加者みんなで記念撮影

Dscf4116
 ↑ 〆は仲良くさせていただいている福知山:チームFBUの皆さんをパチリ

 

さて、今回初めての開催だった「京都美山サイクルグリーンツアー」。

リストバンドを集めて回るという点や、コース設定を自分自身で決められる点等、

他のイベントとは毛色の違う趣向でなかなか楽しめたのではないでしょうか。

何より、街全体から「美山を自転車の聖地に」という、意気込みが感じられる

素敵なイベントでした。

 

私個人は午後からの参加ということで、走行出来る時間が3時間弱だったので、

CP1、3、4、5と4箇所しか回ることが出来なかったわけだが、

逆に普通のロングライドイベントなら、午後からだけ参加という形は取れない訳で、

そういう意味で、今回の自分で走りたい距離を自由に決められるという、

システムに助けられた格好である。

第2回も開催される様子なので、次回は全CPを回るとしよう。

そんなわけで・・・

全参加者の皆様、そして運営に携わった全ての皆様、お疲れ様でした

 

さて、次なる参加イベントは「9/2コウノトリチャレンジライド in 但馬」だぁ!

 

Dscf4128
 ↑ 閉会式が終わっても私のツアーは終わらない・・・そう!大野ダムまで自走!

Dscf4129_2
 ↑ 大野ダム帰着で、私のサイクルグリーンツアー終了!

 

オマケ画像

Dscf4134
 ↑ 頂戴した完走証

Dscf4131
 ↑ 参加賞:美山のお米!

Dscf4132
 ↑ 参加賞:コイケヤ 仮面ライダーフォーゼ スコーン                                                           

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年8月18日 (土)

京都美山サイクルグリーンツアー前夜祭の巻

いよいよ明日に迫った【京都美山サイクルグリーンツアー】

8月18日(土)、19日(日)の2日間、京都府南丹市美山町宮島地区をメインに

美山町全域を会場とする自然体験とサイクリングの複合型イベントということで、

本日18日はプレサイクリングや、まるごと農家体験、鮎つかみどり体験、

サイクルブース:企業ブース展示、試乗、物販などのイベントを開催。

そんな中、ゲストを交えたトークショーもあるという前夜祭を覗いてきた。

 

Dscf4028
 ↑ メイン会場の南丹市役所美山支所を目指す

Dscf4029
 ↑ ルート上の交差点にはこのように案内看板が設置

Dscf4033
 ↑ メイン会場到着! 

Dscf4037
 ↑ コチラはサイクルブースの区画

Dscf4034
 ↑ 本部テント前では豪快なこんなモノが!

Dscf4036
 ↑ ふるまいの鶏の丸焼き!

Dscf4039
 ↑ ブラッキー中島さんの進行により前夜祭スタート!

Dscf4040
 ↑ オープニングは地元音楽団の方達による素敵な演奏から

Dscf4042
 ↑ 徐々にギャラリーも集まってまいりました

Dscf4048
 ↑ トークショースタート 左:山本雅道氏 中:益子直美氏 右:鶴見辰吾氏

Dscf4055
 ↑ 和やかな雰囲気の中、自転車話に花が咲いておりました

 

前日受付を済ませ、鶏の丸焼きを食し、トークショーを楽しませて頂いた前夜祭。

何よりの収穫は鶴見辰吾氏と少しお話をさせていただき、息子から頼まれていた

サインを頂戴出来たこと 鶴見辰吾さんといえば、我々オヤジ世代には

「3年B組金八先生」というイメージなのだが、我が子供たちからすると、

現在放映中の「仮面ライダーフォーゼ」に出てくる悪のボス「我望理事長」役の

イメージなのである。 鶴見氏が目の前に現れた時、一緒に行っていた娘が、

「うわっ理事長きた!」 とビビって後ずさっていたが、実際にお話しすると

非常に気さくで優しい紳士だったので、すっかり好印象に変わった様子。

帰りの車中では「理事長カッコイイ」と言っていた我が娘4歳である。

 

Dscf4060
 ↑ 先日観に行った「仮面ライダーフォーゼ」のパンフレットを持参しサインGET!

 

さてさて、明日の準備を済ませ早く床に着こう。

おやすみなさい

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年8月17日 (金)

美山サイクルグリーンツアーに備えて

さて、いよいよ明後日と迫った「京都美山サイクルグリーンツアー」。

おかげさまで天気は良さそう・・・というより良すぎるようなので、

暑さ対策にNEWアイテムを投入↓

Dscf4027
 ↑ ひやしま専科® ヘッドひえスプレー(玉川衛材株式会社)

特長1 くちばしヘッド採用! 頭にこもった熱気を一気に吹き飛ばす!

特長2 皮脂吸着パウダー配合! 皮脂のイヤなベタつきもサッラサラ!

特長3 すっきりレモンミントの香り!さわやかすがすがしい香りで
     気になる匂いを抑え、気分もリフレッシュ!

 

ということで、頭皮に直接吹き付けて熱気を飛ばすケミカルウエポンを導入。

本日早速炎天下の中使用してみたが、確かに熱気が吹き飛び頭冷え冷え。

う~~む、コレはイイかも。

ジャージのポケットに忍ばせて、本番当日に使ってみるべし。

 

Dscf4025

↑ 当日は雨の心配が無さそうなので、カーボンディープのF6Rで出撃予定。

さて、どんな楽しいイベントなのか楽しみ楽しみ

とりあえず明日の前日祭に参加させていただくとしよう。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年8月16日 (木)

お盆だよ!麺通団(東) 中華 大鵬へ集合!

おなじみ、地元消防団有志で結成されたグルメ探究集団:麺通団東八田分団。

本日、小隊長殿から出動命令が下った。

基本的に消防団は上下関係の厳しい組織ということで、上からの命令は絶対である。

我々団員は全ての用事を放り出し、小隊長殿のもとに集合

「グルメ&温泉」を求め出発するのであった。

 

Dscf3992
 ↑ 京都縦貫道にて目的地へ移動

Dscf3993
 ↑ 着いた所はコチラ・・・我々麺通団(東)行きつけの「中華料理 大鵬」さん

Dscf3995_2
 ↑ 開店と同時に入店!

Dscf3994
 ↑ 豊富すぎるメニューの中から今回我々が食したのがコチラ↓

Dscf3997
 ↑ 大鵬に来てコレを喰わずして何を喰う!?の名物「てりどん」

Dscf3998
 ↑ 口水鶏 よだれ鶏

Dscf4004
 ↑ よだれ鶏を完食後は残ったタレの中に「いか春雨」を投入!

Dscf4006
 ↑ よ~く混ぜ混ぜして喰らう・・・これがまた美味い!

Dscf3999
 ↑ つづいてコチラ・・・小龍包

Dscf4001
 ↑ ちなみにコチラ・・・小龍包のおいしい食べ方マニュアル

Dscf4007_2
↑ 焼売三種(肉焼売、広東焼売、海老焼焼売)

Dscf4008
 ↑ 韮菜大腸(ニラとてっちゃん炒め)

Dscf4010
 ↑ 正宗担担麺(本場四川省の汁なし坦々麺)

Dscf4011_2
 ↑ 四川式油淋鶏

Dscf4014_2
 ↑ 正宗陳麻婆豆腐

Dscf4002
 ↑ ガンガンお召し上がり中の団員なべちゃん(左)と小隊長殿(右)

Dscf4017
 ↑ 〆は定番の杏仁豆腐

 

喰った喰ったガッツり喰らいました

しかし大鵬さん・・・いつ来ても、何を喰っても激ウマ!

特に「名物 てりどん」の美味さは行列級。

また来ようっと

 

【中華料理 大鵬】

住所 京都市中京区西ノ京星池町38-27

電話 075-822-5598

営業 昼11:30~14:30 夜17:30~22:30

定休日 火曜日

 

Dscf4018
 ↑ 大鵬を後にした我々は周山街道を抜け・・・

Dscf4020
 ↑ 道の駅 ウッディ京北に到着

Dscf4019
 ↑ お目当てはMTBで訪れたアノ時と同じ、ご当地ソフトの「京唐菜」

Dscf4024
 ↑ そして本日ラストを飾るのは勿論温泉!スプリングス日吉さんにお世話になる

Dscf4023
 ↑ 風呂上りは「美山牛乳」で〆

 

今回もガッツリ喰らい、湯ったりリラックスさせていただきました。

さて、次なるターゲットは一体何処なのか??

先日までの「淡路・四国グルメ旅」の報告もして、目的地を選考しなくっちゃ!

親父グルメ探究集団:麺通団東八田分団の快進撃はまだまだ続くのであった

                                                                  
                                                                         

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年8月15日 (水)

淡路島 / 四国グルメ旅2012 3日目(最終日)編

地元消防団内有志で結成されたグルメ探求集団「麺通団東八田分団」の、

次期活動候補地選びという大義名分のもと、先発隊として単独隠密行動の私。

淡路島からスタートし、2日目からは四国へ上陸。

今旅の最終日となった本日一体どんなグルメと観光スポットが私を待っているのか!?

ではグルメ旅3日目(最終日)編のスタート!

 

Dscf3919
 ↑ 朝はしっかりとした朝食からスタート! 喰ったら観光へ・・・

Dscf3923
 ↑ ホテル所有のボンネットバスに乗り込みいざ観光スポットへ

Dscf3926
 ↑ 運転手さんの面白おかしいトークを聞きながら目的地を目指す

Dscf3930
 ↑ 着いた所は祖谷巡りのハイライト・・・「かずら橋」

 

【かずら橋】

高さ14m、長さ45m、幅2mの吊り橋。

日本三奇橋の一つであり、重要有形民俗文化財である。

祖谷産のカズラなどで編まれ、起源はその昔、弘法大師が祖谷に来たとき、

困っている村民のために架けたとか、あるいは平家の落人がこの地に潜み、

追手から逃れるため切り落とせるように考案したと伝説もあるが定かではない。

 

Dscf3928
 ↑ 今旅で祖谷地区を訪れた最大の目的が「かずら橋」の渡橋ということで
    高所恐怖症的な私ではあるが、覚悟を決めて渡ることに・・・

Dscf3932
 ↑ ボンネットバスを降りた私・・・てくてく「かずら橋」へ向かっております

Dscf3933
 ↑ 橋が見えてきたぞ・・・

Dscf3935
 ↑ コチラが橋の入口・・・渡橋料金¥500なりを支払い、いざ渡橋!

Dscf3939
 ↑ 予想以上に透け透け・・・や、やばいッス・・・めちゃめちゃ怖い

Dscf3938
 ↑ 本当は写真を撮る余裕など微塵もないくせに無理して周りを撮ってみる

Dscf3940
 ↑ 命からがら渡り切り、振り返って記念1枚をパチリ

 

いやいやいやいや・・・

メチャメチャ怖かったッス

予想以上に踏み板の感覚が広く、下が丸見え!

おまけにギシギシ揺れるし

真夏の暑気を一気に吹き飛ばす背筋の凍る想いをさせていただきました。

合掌。

 

「祖谷のかずら橋」

住所 三好市西祖谷山村善徳162-2

電話 0120-404-344(三好市観光案内所)

料金 大人:500円 小人:400円 20名以上10%引き

 

Dscf3942_3
 ↑ コチラはかずら橋から歩いてスグの「琵琶の滝」

 

「琵琶の滝」

名前の由来は、平家の落人たちが滝の前で琵琶を奏でたという伝説から。

高さ50mから白糸を引くような一筋の滝が流れる。

 

Dscf3953
 ↑ 「かずら橋」を堪能したら、ホテルを後にし次なる目的地へ

Dscf3954
 ↑ 祖谷地区から50kmほど移動し、着いた所がコチラ

Dscf3955_2
 ↑ こんぴら表参道ということは・・・そう!金刀比羅宮へ参拝させていただきます

Dscf3958
 ↑ 参道両側のお土産店を横目にせっせと進む

Dscf3956
 ↑ 御本宮まで785段、奥社まで1368段と石段の数が半端ではない為、
    参道入り口から大門まで乗せてくれる「石段かご」なるモノがコチラ↑

Dscf3959
 ↑ 気温も30℃を超え、絶好の?石段日和

Dscf3962
 ↑ コチラが大門・・・ここまで365段

Dscf3964

Dscf3967

Dscf3968_2

Dscf3969
 ↑ 登る登る・・・ひたすら石段を登る

Dscf3970
 ↑ 旭社

Dscf3971
 ↑ 汗をかきかき やっと到着 「御本宮」

Dscf3972
 ↑ ご褒美は讃岐平野や讃岐富士が望めるこの絶景!

 

参った、参った、しっかりと、お参りさせていただきました。

以前から1度「こんぴらさん」に参拝させていただきたいと思い続け、

ようやく念願叶う まさに感無量

 

【金刀比羅宮(ことひらぐう)】

香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社

こんぴらさんと呼ばれて親しまれており、金毘羅宮、まれに琴平宮とも書かれる。

四国を代表するパワースポットとして多くの観光客が集まる大社。

神社本庁包括に属する別表神社、宗教法人金刀比羅本教の総本部。

全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもある。

長く続く参道の石段が有名で、奥社まで登ると1368段にもなる。

Dscf3974
 ↑ しっかりとお参りをさせていただき下山するの図

Dscf3976
 ↑ お参りの後は、参道にてご当地グルメに舌鼓

Dscf3975
 ↑ ご当地グルメ「しょうゆソフト」・・・美味しゅうございました

Dscf3979
 ↑ こんぴらさんを後し、いよいよ帰路へ

Dscf3987
 ↑ 帰り道でもグルメ! あるモノを求めて高松自動車道:津田の松原SAへ

Dscf3982
 ↑ あるモノはコチラの売り場で販売

Dscf3981
 ↑ 気になるあるモノ=ご当地グルメとは「さぬきうどんバーガー」!

Dscf3985
 ↑ さぬきうどんバーガー ¥450なり

Dscf3986
 ↑ ズッシリと来るかなりの重量感でボリューム満点ハラ一杯!

Dscf3990
 ↑ 3日間のグルメを胸に、四国・淡路島を後にするの図

Dscf3991
 ↑ グルメ旅を終え無事帰着・・・3日間の走行距離は706.5km

 

喰った喰った、遊んだ遊んだ

淡路島・四国を満喫する2泊3日グルメ旅・・・堪能させていただきました。

グルメ旅と言いつつも、淡路島ぬーどるや徳島ラーメン、讃岐うどんなどなど、

麺喰い集団:麺通団(東)の王道的なグルメは食していないわけで・・・

それはなぜか!?

あくまでも今旅は偵察任務ということで・・・

お楽しみは麺通団東八田分団の出動時に

なんだかよく分からないオチを付けたところで今回のレポートはおしまいっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年8月14日 (火)

淡路島 / 四国グルメ旅2012 2日目編

地元消防団内有志で結成されたグルメ探求集団「麺通団東八田分団」の、

次期活動候補地選びという大義名分のもと、先発隊として単独で淡路島入りした私。

本日は淡路島を離れいよいよ四国へ上陸!

一体どんなグルメと観光スポットが私を待っているのか!?

ではグルメ旅2日目編のスタート!

 

Dscf3812
 ↑ まずは旅館の朝食からスタート!

 

昨夜の鯛づくしが若干お腹に残っているような気もするが、

元気な1日のスタートを切るにはまず朝食からということでしっかりと戴く。

喰ったらチェックアウト。 淡路島での宿「うめ丸」さんお世話になりました。

 

【淡路島うずしお温泉うめ丸】

住所 兵庫県南あわじ市阿那賀1137-9

電話 0799-39-0206

公式サイトhttp://www.umemaru.co.jp/

 

さて、喰ったあとは観光!ということで、向かった先はコチラ↓

Dscf3813
 ↑ 「うずしおクルーズ」乗り場である

Dscf3836_2
 ↑ 観潮船「咸臨丸」に乗船

Dscf3821_2
 ↑ クルーズスタート!

Dscf3825
 ↑ 鳴門大橋に近付いてまいりました

Dscf3827
 ↑ 海面がいかにも!ってカンジになってきております

Dscf3830

Dscf3831_2
 ↑ うずしお!

Dscf3828
 ↑ 橋上から見物する人たちの図

 

【鳴門の渦潮】

徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮である。

潮汐により1日に2回、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、

また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出す。瀬戸内海と太平洋の水位差は

最高で1.5mにも及ぶ。海峡の幅が狭いことに加え、海底の複雑な地形も影響し、

潮流は13~15km/hの速度で流れる。大潮の時には20km/hに達することもある。

この潮流の速度は日本で一番速く、「世界三大潮流」にも数えられることもある。 

この早い潮流と、海峡両岸に近い穏やかな流れの境目において、渦が発生する。

大潮の際には渦の直径は最大で30mに達するといわれ、渦の大きさは世界でも

最大規模といわれる。※wikiより抜粋

 

Dscf3837_2
 ↑ うずしお観光後はいよいよ四国へ上陸・・・鳴門大橋を渡る!

Otsuka
 ↑ 徳島に渡っての観光は日本最大級の展示スペースを誇る大塚国際美術館

 

大塚国際美術館

徳島県鳴門市の鳴門公園内にある、陶板複製画を中心とした博物館。

大塚製薬グループの創業75周年事業として1998年(平成10年)に開設され、

運営は財団法人大塚美術財団。とくしま88景に選定。

                                                               

Dscf3839_2
 ↑ 高尚な趣味を披露したところで移動開始

Dscf3845_2
 ↑ さてさて、肝心のグルメはコチラ・・・「徳島自動車道 上坂SA」にて

Dscf3840
 ↑ ご当地グルメ:鳴門金時ソフトクリーム

Dscf3842

Dscf3844
 ↑ 阿波尾鶏照り焼きハンバーガー

Dscf3846
 ↑ 洋風和菓子 焼ぽてと なると金時

Dscf3857
 ↑ スナック 「さぬき あげうどん」

Dscf3855
 ↑ さぬきあげうどんの気になる正体は・・・こんなカンジ

Dscf3847_2
 ↑ 喰ったら移動・・・今宵のお宿 「平家のかくれ里」と呼ばれる地域を目指す

Dscf3848
 ↑ いかにも!という感じの雰囲気の中進む

Dscf3850

Dscf3851
 ↑ 「湯元新祖谷温泉 ホテルかずら橋」さん到着

Dscf3853_2
 ↑ お部屋からの眺め・・・確かに隠れ里といった趣き

 

【祖谷・大歩危】

剣山系1000m級が連なる山々の間を吉野川の清流が刻む大渓谷。

日本三大秘境にも数えられる山深い秘境は平家落人伝説の地として有名。

 

Dscf3860
 ↑ さて、宿に着いたら囲炉裏のあるお部屋にてお待ちかねのグルメ

Dscf3862
 ↑ 今宵のグルメ・・・「祖谷の郷土料理 おもてなし会席」

Dscf3864

Dscf3865_2

Dscf3866

Dscf3867

Dscf3868

Dscf3869

Dscf3870

Dscf3871

Dscf3872

Dscf3873

Dscf3877

Dscf3859
 ↑ 焼物は鮎の串焼きと祖谷名物:でこまわし

Dscf3880
 ↑ 名物の祖谷手打ちそば

Dscf3883_4
 ↑ そばの実の雑炊

Dscf3892
 ↑ 今宵もフルーツで〆

Dscf3893
 ↑ メイン料理のあとはお部屋にて・・・祖谷かずら橋そばアイス

Dscf3894
 ↑ 喉を潤すのは・・・四国 大歩危・祖谷 歩危銘茶
                                                                         

 

喰った喰ったガッツリ喰らいました

前日の海の幸:鯛づくしとは打って変わって今宵は山の幸てんこもり。

山里:祖谷の郷土料理を堪能させていただきました

さ、飯食ったら風呂!

こちらのお宿は混浴露天風呂があるとのことで、酔った勢いで突入!

よからぬことを企みながら2日目の夜は更けていくのでありました

 

オマケ画像

Dscf3915
 ↑ 祖谷の天空に広がる露天風呂へお邪魔することに

Dscf3916
 ↑ コチラがケーブルカーのりば入口

Dscf3913
 ↑ ケーブルカー内部(10人乗り)

Dscf3906

Dscf3899_2
 ↑ 露天風呂は・・・足湯、男湯、女湯、混浴、五右衛門風呂あり

Dscf3897
 ↑ 天空露天風呂からの眺め その1

Dscf3903
 ↑ 天空露天風呂からの眺め その2

Dscf3902
 ↑ 入浴後は下山・・・ケーブルカーを呼び寄せる

Dscf3905
 ↑ 登ってまいりました

 

ケーブルカーの山の上に登って入る露天風呂・・・堪能させていただきました

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年8月13日 (月)

淡路島・四国 / グルメ旅2012 初日編

【麺通団東八田分団】・・・

当ブログに再三再四登場する、地元消防団有志で結成されたグルメ探求集団である。

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・

 

※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

「讃岐うどんツアー!」

「麺通団(東)京へ」

「広島だよ麺通団(東)!」

「麺通団(上)香港へ!」

「メーテルに出会った麺通団(東)」

「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

「麺通団(東)岡山へ!」

 

まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢達である。

そんなメンバーの中、私の役割は「企画・広報」担当ということで(?)、

日夜、美味いモノはないか?とアンテナを張っているわけで・・・

メンバーの皆さんをご案内するべく、今回は「淡路島・四国」方面へ、

先発隊として2泊3日の予定で単独突入を試みることと相成った。

さてさて、どんなグルメに出逢えるやら??

まずは初日編スタート!

 

Dscf3702
 ↑ 舞鶴道~中国道~山陽道と順調に移動

Dscf3703_2
 ↑ 明石海峡大橋を渡る!

Dscf3709_2
 ↑ さてコチラは神戸淡路鳴門自動車道淡路SAからの眺め

Dscf3708
 ↑ 今旅最初のグルメは淡路SA特製「いかだ串」 ¥350なり

Dscf3714_2
 ↑ 喰ったら移動 ~ 観光ということで淡路ワールドパークONOKOROへ

Dscf3726

Dscf3769
 ↑ コチラは淡路島唯一の遊園地施設とのこと

Dscf3719_2

Dscf3725
 ↑ 入園してスグ「仮面ライダーフォーゼ」ショーを楽しませていただき・・・

Dscf3715
 ↑ 南国気分に浸ったり・・・

Dscf3729
 ↑ 迷路に迷ってみたり

Dscf3736
 ↑ 海に癒されたりしながら

Dscf3737_2
 ↑ そしてメインイベント・・・ミニ世界旅行のスタート!まずはフランス:凱旋門

Dscf3740
 ↑ ロシア:ピョートル噴水公園

Dscf3742_2
 ↑ ニュージーランド:クライストチャーチ大聖堂

Dscf3744
↑ スペイン:セゴビア城

Dscf3746
 ↑ フランス:ノートルダム寺院

Dscf3750
 ↑ 中国:万里の長城

Dscf3752
↑ スイス:シヨン城

Dscf3755
↑ イギリス:バッキンガム宮殿

Dscf3757
 ↑ イラン:マスジット・イ・シャー

Dscf3759
 ↑ 韓国:南大門

Dscf3761
 ↑ イタリア:ピサの斜塔(お決まりのポーズ御免)

Dscf3763
 ↑ イタリア:コロッセオ

Dscf3765
 ↑ インド:タージマハル

Dscf3767
 ↑ ギリシャ:アクロポリス

Dscf3771
 ↑ ドイツ:ノイシュバンシュタイン城

Dscf3773
 ↑ タイ:暁の寺

Dscf3775
 ↑ ミニチュアワールドを堪能したあとはお待ちかねのご当地グルメ!

Dscf3777
 ↑ 淡路バーガーなるモノをいただきました

 

【淡路ワールドパークONOKORO】

住所 兵庫県淡路市塩田新島8-5

電話 0799-62-1192 

公式サイトhttp://www.onokoro.jp/

 

Dscf3780_4
 ↑ 喰ったら次の目的地へ移動!

Dscf3783
↑ 着いた所は・・・今夜のお宿「淡路島うずしお温泉うめ丸」さん

Dscf3781
 ↑ お部屋から(部屋の風呂からも)鳴門大橋が見えるナイスロケーション

Dscf3786
 ↑ まずは・・・旅の疲れを足湯で癒す

Dscf3788
 ↑ 湯ったりしたあとは待望の本格グルメスタート! コチラは付き出し3種

Dscf3789
 ↑ お次は・・・酢の物(鰆)

Dscf3790
 ↑ 鯛の活造り

Dscf3793
 ↑ 鯛とサザエの宝楽焼

Dscf3797
 ↑ 有頭海老てんぷら

Dscf3799
 ↑ おしのぎ(鯛めし)と香の物

Dscf3800
 ↑ 鯛のあら煮

Dscf3801
 ↑ 吸物と御飯

Dscm
 ↑ フルーツ(メロン)

Dscf3804
 ↑ 〆はシャーベット

 

喰った喰った鯛づくし・・・腹ハチ切れんばかりにガッツリ喰らいました

おビールなんかも頂いたりしちゃって・・・まさに淡路のグルメを堪能。

これも全ては次期麺通団(東)活動地域選定のため!

全ては団員さんに喜んでいただくためのリサーチ!

けっして私1人楽しむためだけの旅ではございません・・・

・・・とか何とか言いながらグルメ探究の旅 初日を無事終えるのであった。

さて、明日は四国上陸だ!

一体どんなグルメが待ち構えているのだろうか・・・乞うご期待!

 

Dscf3809_2
 ↑ 酔っ払いながら淡路の夜は更けていくのであった・・・

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年8月12日 (日)

仮面ライダーフォーゼ/特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE

1112


2004年以降、劇場版の「仮面ライダー」を欠かさず映画館に足を運び、

鑑賞させていただいている中、今回の最新作も観に行って来た。

「THE MOVIE 仮面ライダーフォーゼ みんなで宇宙キターッ!」

「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」

豪華2本立てである。

 

残念ながら、「ゴーバスターズ」は途中で居眠りしてしまった私だが

これではいかん!と仮面ライダーフォーゼの方は気合のガン見。

そのフォーゼには、なんと、懐かしの豪華ゲストが登場。

お父さん世代には懐かしい「宇宙鉄人キョーダイン」が現代風にリメイクされ、

今回の作品に登場してきたのである。

以前の当ブログのエントリーにてフォーゼとキョーダインの外見が似ていると

書いたばかりだが、まさか実際にフォーゼ作品に出てくるとは・・・。

さすがの「石森プロ・東映」 万歳である。

こうなったら、キカイダーとかハカイダーとかも出てほしいな~・・・。

 

Dscf3698_2

Dscf3700
 ↑ パンフレットGET

Dscf3699
 ↑ 来場者プレゼントは最近定番化している「ガンバライドカード」
                                                                     

2012年8月11日 (土)

京都美山サイクルグリーンツアー参加者ガイドブック来たる!

Dscf3658_3
 ↑ 京都美山サイクルグリーンツアー実行委員会より封書来たる

Dscf3660_2
 ↑ 中身は参加者ガイドブック及びゼッケンシール

Dscf3659_2
 ↑ 受付時にこの封書を持参し提示するというシステムの模様

 

京都美山サイクルグリーンツアー実行委員会から封書が送られて来た。

中身は参加者ガイドブックやゼッケンシールといった類。

いよいよ近付いて来たかと、否が応でも気分が盛り上がってくる

開催まであと少し・・・身体とマシンをしっかりとメンテし当日に臨みたいところ。

実はただいま絶賛夏風邪中

薬飲んで早よ寝よ
                                                                        

2012年8月10日 (金)

ドラゴンクエストX / スライム捕獲の巻

Dscf3656
 ↑ ペプシ ドラゴンクエストX オンライン モンスターフィギュアコレクション

 

ペプシのオマケ・・・ドラクエXフィギュアコレクションだが、

巷の噂通り「はぐれメタル」とは全く遭遇出来ず

とりあえず、スライムを捕獲しお茶を濁す私であった

 

                                                                    

2012年8月 9日 (木)

激走!5000キロ

私は子どもの頃から車好きのスポーツカー好きである。

では、いかにして車好きになったのか?

小学生のころ社会現象にまでなったスーパーカーブーム(’74~’78頃)が

影響していることは間違いない。

ランボルギーニカウンタックだのミウラだの、512BBやマセラッティ、デトマソなど

その独特のフォルム、大衆車には無い圧倒的なオーラに魅了されたものである。

ちなみに、18歳になり自分で初めて買った車が「リトラクタブルライト」の

マツダ サバンナRX-7(S55年式 SA22C)だったことからも、

いかに私がスーパーカーブームの影響を受けていたかが窺い知れる。

 

そしてもう1つ、車好きを形成する上で強い影響を与えたのが「映画」。

・・・とは言うものの、子供だった私が映画館に通えるハズもなく、

映画鑑賞といえば、もっぱらTVで放映していた「○○洋画劇場」などの

番組を毎週毎週欠かさず観ていたわけである・・・。

そんな中、私に強烈な印象を残した作品がある。

それが表題の「激走!5000キロ」である。


G5_4
 ↑ 激走!5000キロ(THE GUMBALL RALLY)

 

【激走!5000キロ  1976年 アメリカ映画】

ニューヨークからカリフォルニアまで約5000km、スピード狂の素人レーサーたちが

「最速」の名誉だけを目的に公道を爆走するアクション。

二人一組のチームごとのハプニングや、立ちはだかる警察との駆け引きも

コミカルに織り交ぜつつ、楽しさのみを追求した演出がたまらない。

ポルシェ911やジャガーEタイプなど名車が多数疾走するなか、

トップを競うフェラーリデイトナとコブラ427の水路チェイスが白眉。
                                                                  

 

もう30年以上も前に観た作品なので、内容全てを覚えてはいないのだが・・・

冒頭、「ガムボール」の合言葉で漢達が集まっていく様子、

お金ではなく「最速」の称号を得るためだけに走る様、

(確か優勝者には賞金や豪華賞品はなく、ただガムボールマシン贈呈だけだった)

そして画面狭しと暴れ回る激しいカーチェイス・・・

その全てが少年ARA!の心を激しく掴んだのでありました。

 

さて、なぜ今になってこんな昔の映画をご紹介するのか??

実はTSUTAYAの企画・・・過去の評価や知名度にとらわれず、

大人が本当に楽しめる作品だけを集めた“発掘良品”シリーズに

「激走!5000キロ」が新たにラインナップされたのであります。

くぅぅぅ~~~~嬉しい!

以前よりこの「発掘良品」には注目していたのだが、遂に、遂に、念願の作品が!

初のDVD化で、いよいよ明日8/10日(金)よりレンタル開始。

早速借りて観ようっと

 

2012年8月 8日 (水)

炭焼きレストラン ウッディでランチバイキングの巻

夏バテ防止の為にも、とにかくメシをガッツリ食したい!

しかもお安く

…という時に私が訪れるレストランをご紹介↓

 

W8

W7
 ↑ 福知山市にある「炭焼きレストラン ウッディ」さん

 

炭焼きのステーキやハンバーグなど、お肉料理がメインのコチラのお店・・・

数あるメニューの中でも最もお薦めなのが、平日限定ランチバイキング。

なんと、お値段驚愕の¥890ポッキリ

 

W3
 ↑ 数々の料理が所狭しと並べているぞの図

W2
 ↑ 勿論サラダ類も充実のラインナップ

W4
 ↑ これが美味い! チキンとハンバーグ!

W6
 ↑ 節操なく皿に盛りまくりで食べまくり

 

ハンバーグ、鶏の唐揚げ、カキフライ、ポテトフライ、お好み焼き、海老天麩羅

スパゲティ、チャーハン、シューマイ、マカロニグラタン、とんかつ、麻婆豆腐・・・etc

必要にして十分な種類と量が楽しめるランチバイキング。

ハンバーグやチキンステーキは、さすがの専門店ということで美味いのだが、

私が虜になっているのは実は「カレー」。

名付けて「専門店より美味しいカレー」ということで1度ご賞味いただきたい。

 

腹がはち切れるほど喰って、¥890という料金はまさにお値打ち

このご時世、お父さんの財布にとっても優しいランチバイキングでありました。

また行こうっと

 

【炭焼きレストラン ウッディ】

住所 京都府福知山市厚東町179

電話 0773-23-9466

営業 11:00~22:00

 

炭焼きレストラン ウッディハンバーグ / 厚中問屋駅
昼総合点★★★★ 4.0

2012年8月 7日 (火)

祝! 19万キロ走破!

20120725_111550


近所へのお買い物から、家族サービス、最近では全国?各地への

サイクルイベント参加の遠征母艦として活躍してくれている’03式Wish号が、

この度めでたく19万キロ到達

長年に渡る私の粗い運転にもめげず、トラブルなくここまで頑張ってくれました。

前輪はスプリング&ダンパーがすっかりヘタってしまい、超車高短化・・・

左右とも完全に底付きしているけれど・・・台所事情により、現状のまま

まだまだ現役続行でございます。

頑張れウィッシュ

 

2012年8月 6日 (月)

UCC ランボルギーニコレクションその後

先日まで集めていた「UCC the deep」付属の1/72ダイキャストカーだが、

その後、コンビニで捕獲したり、私が集めているのを知った友人から頂いたりして、

結局アレから4台の追加収集に成功(SpecialThanks なべちゃん)。

それがコチラ↓

 

Dscf3643

Dscf3644_2
 ↑ Lamborghini Miura

Dscf3645

Dscf3646_2
 ↑ Lamborghini Countach LP500S

Dscf3647_2

Dscf3648_2
 ↑ Lamborghini Urraco Rally

Dscf3649

Dscf3651_2
 ↑ Lamborghini Murcielago LP 670-4 SV

Dscf3653
 ↑ 6車種10台収集
                                                                     

 

コンプリートまで残り2台となったが、最近では店頭で見かけることも

無くなったので、ここらで打ち止めだろうか??

スーパーカー世代の胸を熱くする今回の企画・・・非常に楽しませて頂きました。

次回は「サーキットの狼」シリーズなんてやって欲しいな

 

2012年8月 5日 (日)

ドラゴンクエストX / ペプシ

携帯電話やスマートフォン用ゲームアプリの躍進により、

ゲーム機の勢力図そのものまで変化が見られる昨今。

ついにゲーム業界のレジェンドが動いた!

「ドラゴンクエストX 目覚めし5つの種族」発売。

ドラクエといえば、1886年に1作目が発表され社会現象とまでなったお化けタイトル。

最新作では初のオンラインシステムを導入ということで、老舗の巻き返しなるか!?

・・・ということで、私も購入することに。

ま、タイアップ商品・・・いつもの食玩だが

 

11
 ↑ ペプシ ドラゴンクエストX オンライン モンスターフィギュアコレクション

12
 ↑ 今回GETしたのはコチラ・・・ギガンテス

 

巷の噂では「はぐれメタル」が手に入りにくいそうな。

ちょっくら探してみようかな・・・。
                                                                  

2012年8月 4日 (土)

2012秋季サイクルイベント物色中

さて、8月突入でまさに夏本番。

連日続くこの暑さにギブアップ寸前の今日この頃だが・・・

早く涼しくなって爽やかに自転車が乗りたいな~ということで、

これまでの、そしてこれからの参加サイクルイベントの一覧。

 

無事参加出走出来たイベント                                                                     

3月「びわ湖一周ロングライド2012」   滋賀

4月「メディオフォンド雲海ステージ」   岡山

5月「京北林道サイクリング2012」    京都

5月「若狭路センチュリーライド2012」  福井

 

申し込みはしたが諸事情により不出走だったイベント

5月「ツール・ド・大山」     鳥取

6月「TANTANロングライド」 京都

                                                                                                             以上のような結果に・・・。

6月、7月とイベントに参加出来なかったため、非常に寂しい想いをした訳だが、

夏以降、秋にかけてサイクルイベント目白押し状態。

そんな中、今現在エントリーしているイベントがコチラ↓

 

 8月「京都美山サイクルグリーンツアー」 京都

 9月「山陰海岸ジオパークコウノトリチャレンジライド n 但馬」 兵庫

 9月「2012里山サイクリング IN 綾部」 京都

10月「2012淡路島ロングライド150」 兵庫

 

そして、参加を思案中・調整中なのがコチラのイベント↓

 

10月「みんなで作る!若狭路MTBイベントコース! 」 福井

10月「第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会」 広島

11月「グルメフォンド in 美郷2012 」 島根

11月「メディオフォンド奥吉備ステージ」 岡山

11月「第1回ヒルクライムチャレンジシリーズ 養父ハチ高原大会」 兵庫

11月「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」 京都

 

どれもこれも魅力的なものばかりなので、是非全てに参加したいところだが、

そうは問屋が卸さないということで・・・

なかなかエントリーに踏み切れていないのが現状である。

実はここに記したイベント以外にも狙っているモノもあったりなんかして。

まずは・・・体調管理に留意し、商売繁盛、家内安全、夫婦円満、厄除開運!

今後ますます趣味道に邁進して参りたいと存じます。

おわり。

 

オマケ画像

120318_053
 ↑ 3月 びわ湖一周ロングライド2012 での一コマ

120408_084_6
 ↑ 4月 メディオフォンドシリーズ雲海ステージ での一コマ

120512_072
 ↑ 5月 京北林道サイクリング2012 での一コマ

120527_060
 ↑ 5月 若狭路センチュリーライド2012 での一コマ

 

2012年8月 3日 (金)

第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会 ご紹介の巻

Photo_3

○イベント名

第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会

○開催場所

広島県 尾道市~しまなみ海道~愛媛県今治市

○開催日

2012年10月21日(日)

○コース概要

■大三島100コース
向島運動公園⇔大三島周回 約116km 定員500名
中学生以上4,000円 ※小学生以下は参加不可

■生口島70コース
向島運動公園⇔生口島周回 約67km 定員300名
中学生以上4,000円、小学生2,000円
※小学生は1名につき1名要保護者同伴(保護者は別途申込が必要です)

■クルーズ50コース
向島運動公園⇔尾道港~(クルージング)~垂水港⇔生口島・高根島周回約46km
定員200名 中学生以上4,000円、小学生2,000円
※小学生1名につき1名要保護者同伴(保護者は別途申込が必要です)

■シトラスヒルクライム
尾道市瀬戸田支所→シトラスパーク瀬戸田→サンセットビーチ前→瀬戸田支所
約18km ※大三島100コース、生口島70コース参加者のみ参加可(参加無料)

 

・・・次から次へと魅力的なイベントが開催される秋のサイクルシーズン。

「しまなみ海道」といえば、全サイクリスト?憧れの地。

第1回の記念大会ということで・・・あ~走ってみたい

 
                                                                       

2012年8月 2日 (木)

第19回山吹MTBチャレンジフェスタ ご紹介の巻

さてさて、またまた楽しそうなサイクルイベントを発見。

今回はMTBのイベントである↓

201120mtb_14

 

○イベント名

第19回山吹MTBチャレンジフェスタ

○開催場所

京都府綴喜郡井手町

○開催日

11月23日(金・祝)

○コース

町内中東部:山間部の約21Km

○参加費 

大人¥3,500 小中学生¥2,000

○内容

井手町商工会青年部が主催で平成6年度より毎年開催。

今年で19回目を迎えることになります。

大会はレースではなく町内中東部の山間部約21kmの距離を走りながら、

ダイナミックな自然を楽しみ、MTBフリークの交流を図るのが目的です。

第17回大会は全国各地より約200名が参加。家族での参加も多数あります。

今回も午前10時にスタート。紅葉の美しい山々の風景や竜王の滝から

大正池までの緩やかな登りを走っていただいた後、標高約200mの万灯呂山頂上で

仕出屋さんが本大会の為に作った特性のお弁当と女性部手作りの豚汁を

食べた後に一斉にゴール後に抽選会を行います。

 

・・・ということで、ここのところ、10数年ぶりにMTB熱が急沸騰中の私。

そんな中、のんびりと楽しめそうなMTBイベントを発見。

開催場所は京都府井手町とのことで、京都府民でありながら未訪の地・・・

紅葉の美しい山々の風景が楽しめるとのことで期待大

またまた参加候補のイベントが1つ増えるのであった。

 

2012年8月 1日 (水)

由良川サイクルラリー ゆラリー2012 開催決定の巻

「中丹地域の森・里・川・海の豊かな自然や素晴らしい景観を満喫しながら、

由良川流域を中心に爽快に自転車で走行できるモデルコースを設定しました。

この秋、自転車で中丹の魅力を再発見してみませんか?」

 

という趣旨のもと昨年開催された「由良川サイクルラリー ~ゆラリー~」。

サイクリングとスタンプラリーを融合させた、面白いイベントだったのだが、

今年も開催されることに決定。 

以下、公式サイトより↓

 

05c02

自転車に乗って里山に泊まって丹後と丹波のど真ん中“中丹”の自然を丸ごと体験。

由良川が育んできた豊かな自然と風土、里山にたたずむ古民家など、

日本の原風景が広がる中丹地域。

この夏、緑がまぶしい里山を吹き抜ける爽やかな風に誘われるまま、

“中丹”を体感する旅に出掛けてみませんか。

 

【スタンプラリーでプレゼント!】

期間

8月8日(水)~11月30日(金)

応募方法

自転車に乗って所定の台紙にスタンプを集めて投函ボックスに応募

プレゼント

「ゆ」「ラ」「リ」「ー」の4つのスタンプで4,000円相当の地域特産品(抽選で10名)

「ゆ」「ラ」「リ」「ー」「森」「里」「海」の7つのスタンプで7,000円相当の地域特産品

(抽選で10名)

コース図 スタンプ台紙

中丹3市観光案内所などで配布

(中丹広域振興局ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/chutan/

でも入手いただけます。)

問い合わせ

商工労働観光室
 TEL:0773-62-2506 FAX:0773-62-2859

 

・・・とのことで、今年も開催される「ゆラリー」。

ただコースを設定するだけではなく、そこにスタンプラリーというスパイスを

効かすことで、走行に対するモチベーションアップをはかり、

また、各地域の観光センター等をスタンプポイントとすることで、

市外や他府県からお越しの参加者の皆様に地元の観光資源をアピールし、

村興し、街興しにつなげることの出来る非常に良いイベントではないでしょうか。

まずは地元の私達から盛り上げていきたいところ。

ちなみに・・・昨年、私個人は残念ながらプレゼントGETとはならなかったが、

今年こそは豪華景品を狙ってスタンプを集めるぞっと

 

オマケ画像

111009_017
 ↑ 2011由良川サイクルラリー ~ゆラリー~初級コースでの一コマ

111016_050
 ↑ 2011由良川サイクルラリー~ゆラリー~山岳コースでの一コマ

111113_043_3
 ↑ 2011由良川サイクルラリー~ゆラリー~上級コースでの一コマ

111113_093_3
 ↑ 2011スタンプラリー完成!の図

 

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ