フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

MTB本 百花繚乱

今の自転車ブームはロードバイク中心となっているが、

そんな中、MTB専門誌も元気に発刊されている。

 

20121130_140549

本日11/30発売の「MTB日和 vol.13」

20121130_140603

そして、もう1冊・・・

MTBの細分化された楽しみ方の中でも、XC(クロスカントリー)に、

照準を絞るという思い切りの良い「MTB only XC vol.1」。

 

思わず2冊とも購入。

初冬の夜長、ニューMTBをトレイルデビューさせることを夢見つつ、

読書に耽るとしよう                                                   

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月29日 (木)

ninerのメインコンポはシマノXT&XTRの巻 その3

さて、やって来ましたMTB次期主力機メインコンポご紹介日記

第3夜目となる今宵は変速機編をお届けいたします↓

 

Dscf5555
 ↑ Shimano XT M780 10 Speed Rapidfire Pods - I Spec

Dscf5556

Dscf5557

Dscf5560
 ↑ 付属品

 

【シマノ XT SL-M780-I シフトレバー】

◆高精度で安定したシフティングパフォ-マンスの10スピードシフター

◆フロント2段/3段、リア10段に対応したアイスペック採用のシフトレバー

◆アイスペック:シフターとブレーキレバーの一体化マウントシステム

◆明快なインデックス・シフティングでさらに軽快な操作感

◆ショートストロークでストレスなく操作が可能

◆エルゴノミックなレバー形状と軌道で、レバーに届きやすいイージーアクセス設計

◆コンパクトで見やすいオプティカル・ギア・ディスプレイ

 

Dscf5576
 ↑ Shimano XT M785 10 Speed Double Front Derailleur E-Type

Dscf5579
 ↑ 裏側

Dscf5580
 ↑ 体重測定・・・121g

                                                                
                                                              

【シマノ XT FD-M785-E2 フロントディレイラー】

◆F2/R10段に対応するトップスイング/ボトムブラケット取付タイプのFディレーラー

◆フロントダブル専用設計で優れたシフティングパフォーマンス

◆リアサスペンションシステム対応の安定したシフティングパフォーマンス

◆次世代ドライブトレインテクノロジー「ダイナシス」搭載

 

Dscf5570
 ↑ Shimano RD-M986 XTR 10-Speed Shadow+ Rear Derailleur SGS

Dscf5572
 ↑ 燦然と輝くXTRの文字

Dscf5574_2
 ↑ このディレイラーの肝:チェーンスタビライザーシステム

Dscf5575
 ↑ 体重測定・・・215g

 

【シマノ XTR  RD-M985-SGS リアディレーラー】

◆チェーンのバタツキを防止、脱落を解決するチェーンスタビライザー搭載

◆静音設計により、スムーズで静かな作動性

◆コンパクトなプーリーケージでより安定した変速性能を発揮

◆変速時にかかるリンク部のたわみを抑え、よりシャープな変速を実現

◆次世代ドライブトレインテクノロジー「ダイナシス」搭載

 

さて、変速関係である。

シマノMTBコンポのセカンドグレードXTが揃う中、ひときわ輝きを放つのが、

最高峰XTRグレードのリアディレイラー。

チェーンのバタつきを抑え、脱落を防止するスタビライザーを搭載とのことで、

激しい走りにも安心の逸品。

1日も早く、その恩恵に与かってみたいものである

 

以上、3夜に渡りお届けした「ニューMTBメインコンポ御披露日記」これにて終幕。

次回は他の部位:各種パーツをご紹介。

まだまだ続く「パーツ御披露日記」 乞うご期待

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月28日 (水)

ninerのメインコンポはシマノXT&XTRの巻 その2

さて、MTB次期主力機に組み込むメインコンポーネントのご紹介第2弾。

今回はブレーキ編。 

早速いってみよう

 

Dscf5538
 ↑ Shimano XT M785 Disc Brake Lever and PM Caliper

Dscf5542
 ↑ Shimano XT M785 Disc Brake Lever

 

【シマノ XT ブレーキレバー BL-M785-S】

◆ショートストローク・サーボウェーブ採用のディスクブレーキ用油圧レバー

◆素早い調整が可能な新設計

◆BR-M785との組合せで、制動力が125%アップ(XTR M975シリーズとの比較)

◆メンテナンスが容易な、ワンウェイ・ブリーディング

 

Dscf5546_2

Dscf5548

Dscf5550
 ↑ Shimano XT BR-M785-S PM Caliper

 

【シマノ XT BR-M785-S ブレーキキャリパー】

◆Ice-Tech(アイステック)採用のディスクブレーキ・キャリパー

◆Ice-Techによりフェードの減少、軽量化、パッドの長寿命化、ノイズを低減

◆Ice-Techアロイフィンパッドの採用により更に向上した
  熱の放出パフォーマンスを提供

 

Dscf5552_2
 ↑ 付属品その1

Dscf5553
 ↑ 付属品その2

 

お次はディスクローター↓

Dscf5582_2
 ↑ Shimano XT RT86 Ice-Tec 6-Bolt Rotor  左:180mm 右:160mm

Dscf5585
 ↑ 熱に強いIce-Tech(アイステック)採用

Dscf5587
 ↑ ステンレス・アルミ・ステンレスの3層構造

Dscf5589
 ↑ 体重測定・・・180mm→132g

Dscf5590
 ↑ 体重測定・・・160mm→113g

Dscf5591
 ↑ 付属品

 

【シマノ XT SM-RT86 DISCローター(6穴ボルト)】

◆Ice-Tech採用で熱に強く、バリエーション豊富な6ボルト固定式ローター

◆アルミをステンレスで挟んだ3層構造は軽量で高い放熱性を発揮

◆フェード現象も少なく、ノイズ低減、パッドの長寿命化を実現

 

ブレーキである。

私がMTBで最もシビれる部位の1つが、このディスクブレーキシステムである。

ゴツイ油圧式のディスクブレーキシステムを眺めていると、

“何が何でも絶対に減速してみせる”

そんな「男気」溢れるオーラを感じずにはいられない。

今回はシマノ先進のテクノロジー「Ice-Tech」を採用したモデルを導入。

冷却用のヒートシンクが “いかにも” といった逸品。

早くホイールに取り付けて毎晩眺め回したいものである

・・・若干変態的な嗜好を披露したところで今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月27日 (火)

ninerのメインコンポはシマノXT&XTRの巻 その1

さて、10月頭にMTB次期主力機を決定してから早2ヶ月弱・・・

今回は完成車ではなくフレームから組み上げるということで、

現在、そのフレームが届くのを今か今かと待っている状態

この間、組み上げるのに必要な各種パーツがほぼ揃ってきた。

どんなパーツでニューMTB号を組み上げるのかチラッとご紹介↓

 

Dscf5535
 ↑ メインとなるコンポーネントはシマノのXTとXTRのミックス

Dscf5563_2
 ↑ Shimano XT M785 10 Speed Hollowtech II 170mm x 38/26 Black

Dscf5567

Dscf5568
 ↑ ボトムブラケット付属

Dscf5569
 ↑ 気になる体重測定・・・707g

 

【シマノXT M785 クランクセット】

◆MTBレースの実践から生まれた、10スピード対応のダブルクランクセット

◆先進のHOLLOWTECH2コンセプトを採用

◆より高効率なドライビングを実現し、またシフティング効率が向上

◆アルミニウムダブルアノダイズ加工アウターチェーンリングと
  プレートインナリングを組み合わせることにより優れた剛性と耐久性を実現

◆ダブルチェーンセット向けに最適化された Qファクター

 

まずは大物・・・クランクはシマノのセカンドグレード:XTのダブルクランクセット。

XCなどのレースではトリプルよりもダブルが主流になってきているとのことで、

ダブルを選択。 ただ、悩んだのはギヤ比・・・今回私が組むのはタイヤ径が

29インチのいわゆる29erというマシン。当然タイヤ径が変わると26インチと

同じギヤ比でも、よりハイギヤード(重く)になるわけで・・・

雑誌やネットで色々調べると、29erのダブルの場合は38/24Tという

組み合わせが多いようなのだが、残念ながらシマノのダブルには、

その組み合わせはナッシングということで、今回は38/26Tに落ち着いた。

※トリプルに設定のある24Tチェーンリングを加工取り付けされてる例あり

まぁ、ギヤ比に関しては走るコースプロフィールや、ライダーの脚力と

関係してくるので、今後様子を見て調整していくとしよう。

 

                                                                
Dscf5511_5
 ↑ カセットは・・・Shimano XT M771 10 Speed MTB Cassette 11-36T

 

【シマノXT M771-10カセットスプロケット】

◆シマノの次世代MTB用10スピードドライブトレインシステムDyna-Sys採用

◆HG-Xチェーン、シャドーリアディレーラーに最適化した歯先形状

◆ロー側6枚をスパイダーアームでセットされたメンテナンスしやすいシステム

 

Dscf5524
 ↑ チェーンは・・・Shimano HG94 HGX 10 Speed Chain

 

【シマノ XT HG94チェーン】

◆シマノの次世代MTB用10スピードドライブトレインシステムDyna-Sys採用

◆MTBライディングに合わせて新設計した10スピード対応HG-Xチェーン

◆右側/左側のリンクプレートはフロント/リアのシフティングにそれぞれ最適化

 

カセット&チェーン共、XTグレードのモノをチョイス。

カセットは11-36Tのワイドレンジ。

これで、今のサイクルワールド号の超ナローレンジのギヤとは一味違うぞっと。

 

・・・さて、そんなわけで今回はギア&ドライブトレインをご紹介。

次回も引き続きメインコンポをご紹介予定。

勿体ぶった格好で今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月25日 (日)

由良川サイクルラリー~ゆラリー~2012 中級コースの巻

由良川サイクルラリー ~ゆラリー~ 2012

「自転車に乗って里山に泊まって丹後と丹波のど真ん中“中丹”の自然を丸ごと体験。

由良川が育んできた豊かな自然と風土、里山にたたずむ古民家など、

日本の原風景が広がる中丹地域。

この夏、緑がまぶしい里山を吹き抜ける爽やかな風に誘われるまま、

“中丹”を体感する旅に出掛けてみませんか。 期間8/8~11/30」

 

■初級コース 約80km  由良川沿いをゆっくり走るフラットコース

■中級コース 約110km 上林ののどかな風景を楽しめるコース

■上級コース 約140km 酒呑童子伝説の大江山越えコース

■山岳コース 約70km  秋の丹波高原の山岳コース

 

8/8(水)からスタートしている「由良川サイクルラリー ~ゆラリー~2012」。

中丹地域の森・里・海の豊かな自然を満喫しながらサイクリングを楽しむと共に、

コース上に設けられたスタンプポイントにて各スタンプを所定の台紙に

集めて応募すれば抽選にて地域特産品が戴けるという催し。

昨年初めて開催され、好評だったイベントが今年も帰ってきた。

昨年は初級上級山岳と3コースを制覇。

※昨年の模様は上記をクリック

残念ながら抽選による特産品ゲットはならず・・・

“今度こそ特産品を” という野望を胸に秘め、今年も挑戦することに。

まずは脚慣らしということで9月に初級コースを走ったのだが、

その後何かと予定が合わず、なかなか出走出来なかったのだが、

今回〆切りギリギリで中級コースを走ってきた。

一体どんな素敵な出来事が待っているのか? 早速レポート開始!

 

Dscf5822
 ↑ 本日はお日柄も良く・・・

Dscf5824
 ↑ 中級コース発着点となる「あやべ温泉」に集まった数台の車

Dscf5820

Dscf5821
 ↑ 朝日を浴びながら出走準備を進める男たち

Dscf5827
 ↑ 今回御一緒するメンバーをご紹介・・・
    麺通団(東)自転車部にして福知山の自転車同好会FBU総帥やまちゃん
    ※やまちゃんのブログ「やまちゃん@麺通団(東)

Dscf5830
 ↑ チームFBU:てっちゃんさん

Dscf5829
 ↑ チームFBU:やまねさん

Dscf5831
 ↑ チームFBU:やまねさんの御友人のロゴ夫さん
    ※ロゴ夫さんのブログ「ミレーニアな世界

Dscf5826
 ↑ そして今回のスペシャルゲストは兵庫県からお越しのzonさん
    zonさんとはブログ繋がりでいつもお世話になっております
    ※zonさんのブログ「monotone blog

Dscf5825
 ↑ zonさんの御友人:TAKAさん

Dscf5833
 ↑ そして、出走前のマイFP5を記念にパチリ

Dscf5832
 ↑ まずは、トイレにて軽量化を図ったのち出発

Dscf5835
 ↑ いざ出発! まずは舞鶴市を目指す

Dscf5836_2
 ↑ 絶好のサイクリング日和

Dscf5838
 ↑ 朝日を背に受けながら進む

Dscf5840

Dscf5841_2
 ↑ 府道1号線から府道51号線へ・・・管坂峠へ

Dscf5843
 ↑ おお~っと、府道51号に入ってスグ、路面がシクロクロス状態に

Dscf5851
 ↑ みんな仲良く走行中

Dscf5845

Dscf5846

Dscf5847

Dscf5848

Dscf5849

Dscf5850

Dscf5853

Dscf5854
 ↑ ひ~こら ひ~こら 管坂峠を登っております

Dscf5856
 ↑ 登り切った所で小休止

Dscf5857
 ↑ 無事下山

Dscf5858

Dscf5860
 ↑ 東舞鶴市街地突入!

Dscf5861_2
 ↑ 国道27号線へ

Dscf5862
 ↑ ジャズやコスプレの聖地:舞鶴赤レンガ倉庫群を横目に・・・

Dscf5863
 ↑ 皆が一斉に写真を撮り出したその先には・・・

Dscf5864
 ↑ 海上自衛隊の艦船がありました

Dscf5866
 ↑ 第1スタンプ地:道の駅 舞鶴港とれとれセンターを目指し走行中

Dscf5865

Dscf5867
 ↑ 見えてまいりました「舞鶴とれとれセンター」

Dscf5868
 ↑ 横断歩道をゾロゾロ歩くの図

Dscf5869
 ↑ 駐輪をさせていただき、いざスタンプへ

Dscf5871
 ↑ スタンプに群がるサイクリスト!

Dscf5870
 ↑ せっかくなんで私もペタリ!

Dscf5874
 ↑ 押したら再スタート!

Dscf5876
 ↑ 気持ちの良い由良川沿いの府道55号線を往く
    ここで、昼食を取るため正規のルートを外れ、カフェを目指すことに

Dscf5894
 ↑ 右往左往しそうになりながら、皆さんをご案内したのが・・・

Dscf5895
 ↑ コチラの「志高カフェ」と大きく書かれた車庫が目印のお店

Dscf5896
 ↑ 倉庫から奥に行くと店舗がある

Dscf5893
 ↑ 古民家を改装され作られたお洒落なカフェ・・・「志高カフェ」さん

Dscf5899

Dscf5900_2

Dscf5882

Dscf5891

Dscf5881
 ↑ 早速皆さん記念撮影

Dscf5907
 ↑ お店の周りはこんな感じ

Dscf5901
 ↑ 店主の御好意で庭に自転車を停めさせていただき早速入店

Dscf5903
 ↑ 母屋の内装その1

Dscf5902
 ↑ 母屋の内装その2

Dscf5883
 ↑ 母屋から隣の蔵へ・・・

Dscf5904

Dscf5905_3
 ↑ 母屋から蔵へ通じるこの飛び石は・・・石臼ですな~

Dscf5889
 ↑ 蔵の中はこんなお洒落空間が広がる

Dscf5890
 ↑ 早速着座

Dscf5892
 ↑ ちなみに蔵の外観はコチラ

Dscf5911

Dscf5910
 ↑ ドリンク&フードメニュー

Dscf5912
 ↑ 今回私がチョイスしたのは・・・デミグラスソースのオムライス

Dscf5913
 ↑ では、いただきま~~す

 

【志高カフェ】

〒624-0102 京都府舞鶴市志高235番地

TEL  0773-83-0020

詳しくは・・・「志高カフェのブログ

 

Dscf5914_2
 ↑ さて、お腹も満足した所でコースへ復帰

Dscf5916

Dscf5918
 ↑ 由良川を眺めながらのんびり走行

Dscf5919_2

Dscf5920
 ↑ 志高カフェより、チームFBU:かとちゃんさん合流!
    ※かとちゃんさんのブログ→かとちゃんの「何やってんの?」

Dscf5922
 ↑ 次のスタンプポイント:「大江観光」を目指す

Dscf5935
 ↑ 鬼伝説の町:大江町到着

Dscf5929
 ↑ スタンプポイント:大江観光はコチラのKTR大江駅の構内にあり

Dscf5926
 ↑ 皆さん早速押してらっしゃいます

Dscf5925
 ↑ 私もペタリ!

Dscf5927

Dscf5933
 ↑ やっぱりココでも記念撮影タイム

Dscf5937
 ↑ 鬼とお別れし、次なるスタンプポイント:福知山 佐藤太清記念美術館へ

Dscf5942

Dscf5944

Dscf5946

Dscf5945

Dscf5947
 ↑ 見えてきました新音無瀬橋・・・この橋を渡れば目的地はスグそこ

Dscf5952
 ↑ 新音無瀬橋を渡る、やまちゃんとTAKAさん

Dscf5949
 ↑ ここでもやっぱり記念撮影

Dscf5951
 ↑ 目指すスタンプポイントは福知山城の下

Dscf5954
 ↑ 今度は内記歩道橋を渡り、スタンプポイント到着

Dscf5956
 ↑ コチラが福知山城の敷地内にある「佐藤太清記念美術館」

Dscf5959
 ↑ スタンプGET!

Dscf5960
 ↑ 残すはただ一箇所・・・あやべ観光案内所を目指す

Dscf5962
 ↑ おお、てっちゃんさんの尻とサドルにカエルが・・・

Dscf5963
 ↑ 若干ルートを変更し、広域農道を往く

Dscf5964
 ↑ そして到着、スタンプポイント:あやべ観光案内所

Dscf5967

Dscf5966
 ↑ 本日4つ目のスタンプをペタリ!

Dscf5968
 ↑ ゆ・ラ・リ・ー の4つのスタンプをGET!

Dscf5969
 ↑ 本日予定の全てのスタンプGETを祝し記念撮影

Dscf5970
 ↑ さぁ、あとはゴールの「あやべ温泉」を目指すのみ!

Dscf5975
 ↑ 今度は夕日を浴びながらの走行

Dscf5977

Dscf5979

Dscf5978
 ↑ 最後の最後、私とTAKAさんはオプションとして瞬間最大20%の激坂を堪能

Dscf5980
 ↑ そして今、感動のゴーーール!

Dscf5981
 ↑ 今回のゲスト:zonさん&TAKAさんお疲れさまでした!

Dscf5982
 ↑ My FP5ちゃんもありがとうお疲れ様!

Dscf5983
 ↑ 最後は皆(若干抜けておりますが)で記念撮影

 

そんなわけで、走ってきました「ゆラリー中級コース 110km」。

普段走り慣れたコースではあるものの、やはり皆で走ると楽しさ倍増。
                                                                        

そして、毎回言うことだが、この「ゆラリー」という企画・・・

ただ、コースを紹介するだけではなく、そこにスタンプラリーという

スパイスを効かすことで走行に対するモチベーションアップにつながり、

また、各地の観光の要所をスタンプポイントとすることで、

地元の観光資源を市内外や他府県からお越しの参加者の皆様にアピール出来、

村興し、街興しの役に立つことが多少なりとも出来たのではないだろうか。

各自治体や地元商工会等と連携し、今後もこのようなイベントを

開催していただき、中丹地域の良さを内外に大いに発信して頂きたい。

 

さて、スタンプシートを投函し景品GETを夢見るとしよう

これにて私の「ゆラリー」終了~!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2012年11月23日 (金)

第19回山吹MTBチャレンジフェスタ 参加の巻

 3月「びわ湖一周ロングライド2012」 滋賀

 4月「メディオフォンド雲海ステージ」  岡山

 5月「京北林道サイクリング2012」 京都

 5月「若狭路センチュリーライド2012」 福井

 8月「京都美山サイクルグリーンツアー」 京都

 9月「山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬」 兵庫

 9月「2012 里山サイクリング in 綾部」 京都

10月「2012淡路島ロングライド150」 兵庫
                                                                              
                                                                         
                                                                              

・・・につづく今シーズンのサイクルイベント第9弾!

「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」に参加してまいりました!

 

○イベント名

第19回山吹MTBチャレンジフェスタ

○開催場所

京都府綴喜郡井手町

○開催日

11月23日(金・祝)

○コース

町内中東部:山間部の約21Km

○参加費 

大人¥3,500 小中学生¥2,000

○内容

井手町商工会青年部が主催で平成6年度より毎年開催。

今年で19回目を迎えることになります。

大会はレースではなく町内中東部の山間部約21kmの距離を走りながら、

ダイナミックな自然を楽しみ、MTBフリークの交流を図るのが目的です。

第17回大会は全国各地より約200名が参加。家族での参加も多数あります。

今回も午前10時にスタート。紅葉の美しい山々の風景や竜王の滝から

大正池までの緩やかな登りを走っていただいた後、標高約200mの万灯呂山頂上で

仕出屋さんが本大会の為に作った特性のお弁当と女性部手作りの豚汁を

食べた後に一斉にゴール後に抽選会を行います。

 

・・・ということで、ここのところMTB熱が急沸騰中の私が、

5月の「京北林道サイクリング2012」以来のMTBイベントに参加。

一体どんな素敵なことが待っているのか!?

いざリポート開始っ!

 

【山吹MTBチャレンジフェスタ前日編】                                                               

20121122_172811

20121122_172955
 ↑ コチラは・・・「天然温泉 草津湯元 水春」さん

 

いきなり温泉の画像から始まった今回のイベントリポート。

当ブログ11/22号にも書いていたとおり、実は今回前日入りの私。

とりあえず、寝る前に風呂!ということで立ち寄り湯にやって来たのである。

 

Dscf5597
 ↑ そして、今回の宿は・・・もちろん節約!車中泊! おやすみなさ~~い

 

【山吹MTBチャレンジフェスタ当日編】

Dscf5596

Dscf5600
 ↑ 一夜明け本番当日・・・ちなみに車中泊はコチラの駐車場にて

Dscf5599
 ↑ 朝方まで降り続いた雨のせいで路面はウエット

Dscf5601
 ↑ 発着点となる井手町まちづくりセンター椿坂

Dscf5606_2
 ↑ コチラが受付

Dscf5616
 ↑ 受付横にあるコチラは後程行う記念撮影用雛壇

Dscf5607_2
 ↑ 駐車場内には、コーヒーやぜんざいなどを販売する模擬店あり

Dscf5602

Dscf5603_2

Dscf5610_4
 ↑ 皆さん、せっせと準備中

Dscf5604_2
 ↑ 私の17年物サイクルワールド号も準備完了!

Dscf5605_2
 ↑ 準備が整ったら受付へ

Dscf5609_2
 ↑ 受付にてコチラのゼッケンを頂戴する

Dscf5608
 ↑ ゼッケン裏には今回のコース図が・・・

Dscf5614
 ↑ そうこうしている内に駐車場は参加者の車で一杯に・・・

Dscf5611_2
 ↑ たまたま駐車場で隣同士になったコチラの御方は・・・
    ブログ繋がりでお世話になっている「@megの銀幕/銀輪奮闘記」のmegさん
    今回、最初から最後まで御一緒させていただきました

Dscf5612
 ↑ コチラがmegさんの愛機のGT

Dscf5621
 ↑ AM9:30より開会式スタート

Dscf5622_2
 ↑ 安全のためのブリーフィングタイム

Dscf5617
 ↑ ホワイトボードに書かれた秀逸なコース図

Dscf5623_2
 ↑ 参加者全員での記念撮影が済んだら、いよいよスタート!

Dscf5624
 ↑ スタート前、お声掛けいただく方が・・・
  コチラもブログ繋がりでお世話になっている「明日へ、猫パンチ!」のなるさん。
  同じイベントに参加していてもニアミスばかりだったが、やっとお会い出来ました

Dscf5625
 ↑ さてさて、スタートが近付いて参りました

Dscf5626_2
 ↑ 30名ずつゼッケン順に出発

Dscf5627
 ↑ そして今、スタート

Dscf5628
 ↑ 最初はアスファルト区間を進む

Dscf5629_3

Dscf5630

Dscf5631_2
 ↑ 要所要所に警備員さんを配置し安全を確保

Dscf5633

Dscf5632

Dscf5634

Dscf5635
 ↑ スタート後すぐに登り坂区間スタート

Dscf5636

Dscf5638
 ↑ なんだか “里山” って感じのエエ所ですな~

Dscf5639

Dscf5640
 ↑ 落ち葉を踏み踏み先へと進む

Dscf5641

Dscf5643

Dscf5644

Dscf5648
 ↑ いよいよ待望の?ダート区間スタート

Dscf5650
 ↑ エエ雰囲気の林道ですな~

Dscf5652
 ↑ でも落ちると危険

Dscf5654
 ↑ 落ち葉に隠れて大きな石もあるので要注意

Dscf5655

Dscf5656

Dscf5658

Dscf5663
 ↑ 分かれ道ポイントまで到達
    ちなみに・・・本コースは直進、ショートカットコースは右へ

Dscf5662
 ↑ 分かれ道ポイントで小休止

Dscf5661
 ↑ スタート順が別だったmegさんとはコチラで合流

Dscf5664
 ↑ 休憩したらまた登る

Dscf5666

Dscf5669

Dscf5670
 ↑ 落ち葉でスリップするのでぺダリングの入力加減が難しい・・・

Dscf5671
 ↑ 登ったら待望の下り

Dscf5672

Dscf5673
 ↑ 給水ポイント(大正池グリーンパーク)到着~!

Dscf5677
 ↑ スポーツドリンク&お茶のサービスあり

Dscf5678
 ↑ 私は飴ちゃんを頂戴する

Dscf5679
 ↑ 給水ポイントの様子その1

Dscf5680
 
 
 ↑ 給水ポイントの様子その2

Dscf5681
 ↑ 給水ポイントの様子その3

Dscf5675
 ↑ 給水ポイント付近の紅葉

Dscf5674
 ↑ 記念に1枚パチリ

Dscf5683
 ↑ 次の登りに備え軽量化を実施・・・そして再スタート

Dscf5684
 ↑ 登るmegさん

Dscf5686
 ↑ ちょっと走ってはスグに記念撮影

Dscf5689
 ↑ そして再スタート

Dscf5691

Dscf5693

Dscf5696

Dscf5698
 ↑ この坂を登り切れば本日のメインイベント・・・待望の昼食タイム

Dscf5700
 ↑ 昼食会場:万灯呂山到着~

Dscf5701
 ↑ コチラのテントでお弁当を頂戴する

Dscf5702
 ↑ 女性から受け取る汁物で身も心もホッカホッカ

Dscf5704
 ↑ 山吹名物:特製弁当

Dscf5705
 ↑ この汁物が最高に美味かった

Dscf5709
 ↑ 万灯呂山の様子その1

Dscf5707
 ↑ 万灯呂山の様子その2

Dscf5708
 ↑ 万灯呂山の様子その3

Dscf5710
 ↑ 万灯呂山の様子その4

Dscf5712
 ↑ 万灯呂山の様子その5

Dscf5716
 ↑ 万灯呂山の様子その6

Dscf5717
 ↑ 万灯呂山の様子その7

Dscf5718
 ↑ 万灯呂山の様子その8

Dscf5713
 ↑ 万灯呂山展望台からの眺め・・・残念ながらガスって何も見えない

377
 ↑ ちなみに・・・晴れていると、こんな風に見えるようです

Dscf5719_2
 ↑ ウロウロしていると、「いつもブログ見てますよ~」とお声掛け頂く方が・・・
    宇治からお越しのF Specさん。せっかくなんで一緒に記念撮影
      ※F Specさんのブログ「楽しく走ろう! 」

Dscf5721

Dscf5722
 ↑ hidetoさんの愛機は新車ピッカピカのcommencal

Dscf5725
 ↑そして・・・私がいつも拝見させて頂いているブログ「やまゆき」のやまゆきさん
   他のイベントでもニアミスしておりましたが、今回初めてお声掛けさせて頂く。

Dscf5724
 ↑ 特製弁当を堪能したら、参加者全員で下山

Dscf5727
 ↑ 偶然にも・・・左:megさん 中央:やまゆきさん 右:F Specさん

Dscf5730

Dscf5731

Dscf5732_2

Dscf5734
 ↑ 万灯呂山を下山し、いよいよ発着点付近に戻って参りました

Dscf5735
 ↑ ここを曲がればゴールはスグそこ

Dscf5736

Dscf5737
 ↑ そして今、感動のゴーーーール

Dscf5739
 ↑ ゴール後、休む間もなく行列に並ぶ・・・さて一体何の行列でしょう?

Dscf5740
 ↑ 答えは・・・洗車行列でした! まさにMTBならではですな~~

Dscf5741
 ↑ Myサイクルワールド号もすっかり綺麗になりました

Dscf5746
 ↑ 走行後のお楽しみは豪華景品の当たる抽選会!

Dscf5742
 ↑ 目玉は何といっても2台の折り畳み自転車

Dscf5745
 ↑ 虎視眈眈と獲物を狙う参加者たち

Dscf5747
 ↑ そんな中、megさんが見事景品をGET! 私は何も当たらず

Dscf5749
 ↑ 実行委員会の方のお言葉で〆 無事終了致しました

 

さて、今回初めて参加させていただいた「山吹MTBチャレンジフェスタ」。

本大会はレースイベントではないのでカリカリ・ピリピリした

雰囲気は全くなく、“ほんわか・のんびり”したムードの中、

参加者同士も気さくに声を掛け合えるアットホームなイベントという印象。


また、主催が地元商工会の青年部ということで営利目的ではなく、

本当に自分の愛する地元の良さを少しでも他所にお住まいの方々に

知っていただきたいという熱意の伝わるイベントであった。

実は私、同じ京都府民でありながら井手町という地名すら知らなかったのだが

今回のイベントを通していっぺんに井手町ファンになってしまった。

ほんまエエとこでした。


さて、肝心の走行だが・・・

残念ながら前日からの雨、そして大会中も降雨のおかげで、

路面状況は万全とは言えず、マッド&スリッピーではあったが、

それでも紅葉を横目に進む林道は最高であった

温かみのある素晴らしいイベントを運営していただいた実行委員会の皆さん、

そして参加された全ての皆さま、お疲れ様でした!

来年は記念すべき20回大会ということで必ず参加させていただきます。

今度はガスっていない万灯呂山からの絶景を見てやるぞっと

 

オマケ画像

Dscf5753
 ↑ 走行後は特製のぜんざい&ホットコーヒーで温まる

Dscf5754
 ↑ お餅も頂戴いたしました

Dscf5755
 ↑ 愛想が良くとても親切だったスタッフさんを記念にパチリ

Dscf5757
 ↑ 参加賞はコチラ

Dscf5758
 ↑ 記念の缶バッジ

Dscf5759
 ↑ 井手町商店街のキャラクター:いでたんのキーホルダー

Yama_3
 ↑ スタート前撮影した記念写真も参加賞としてプレゼント・・・さて私は何処

Dscf5756
 ↑ 家族へのお土産は模擬店で購入した大根の漬物・・・めちゃめちゃ辛い!!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月22日 (木)

第19回山吹MTBチャレンジフェスタに向けて出発の巻

さて、さて、いよいよ明日に迫った「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」。

実は本日、所用にて滋賀県草津市に行かねばならず・・・

我が町:京都府綾部市から行ったり帰ったりするのは辛いということで、

こうなった暁には今晩は草津市 or 京都南部周辺に前泊をし、

そのまま明日の山吹MTB大会に雪崩れ込むという作戦を採ることに・・・。

しかし、何処に宿を取るのか全く決めておらず、現時点では車中泊の可能性99%。

ま、何とかなるだろうということで、いざ出発!

心配なのは宿よりお天気。

何とか開催されれば良いのだが・・・。

Dscf5593
 ↑ 初の使用となるキャメルバックの準備も万全!
                                                                    

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月20日 (火)

UCC最速の翼コレクション 全員集合!

久々にハマってしまった食玩・・・UCC最速の翼コレクション

ついにこの日がやって来た!

Dscf5452
 ↑ UCC 航空ファン監修 日米共演!最速の翼コレクション 全8種

Dscf5456

Dscf5460
 ↑ 日本 F-2

 

【日本 F-2】

アメリカ製のF-16を母体とし翼や搭載機器などに

日本独自の改良を施した三菱F-2.

最高速度はマッハ2。

 

Dscf5462

Dscf5463

Dscf5465
 ↑ 日本 F-4EJ

 

【日本 F-4EJ】

5,000機以上生産されたマクダネル・ダグラスF-4ファントムの

航空自衛隊仕様F-4EJ。 最高速度はマッハ2.2。

 

Dscf5474

「大人買いはしない」・・・というポリシーのもと、集め続けたUCC。

遂にこの日がやって来た。

全種コンプリート!

おかげさまでデスクトップはこの有様

さぁ、また私の琴線に触れる食玩が出ないかな~~。

 

2012年11月19日 (月)

volvic ルノープルバックカーコレクション

ボルヴィックといえば、フランス・オーヴェルニュの火山層でろ過された、

自然の恵みを採水された美味しい軟水として有名なミネラルウォーター。

そんなボルヴィックがやってくれた↓

Dscf5441
 ↑ volvic ルノープルバックカーコレクション 全8種

Dscf5443

Dscf5444
 ↑ KANGOO

 

【KANGOO】

先代カングーは、1997年の発売以来、全世界で290万台以上が

販売されたルノーの人気モデルです。

商用モデルをベースに開発されたモデルならではの広い室内空間と

高い機能性から、欧州ではLUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と

呼ばれて親しまれています。現行モデルでは先代の良さを受け継ぎ、

特徴的なデザインとユーティリティ性が高められています。

 

ということで、ここのところ「UCC最速の翼コレクション」ばかりチェックし、

コーヒー飲料以外はノーマークだったのだが、思わぬところから伏兵現る。

まさかミネラルウォーター:ボルヴィックとは・・・。

買っちまったじゃないか・・・

自転車乗りにもトランスポーターとして人気の高いカングー。

なんでもルノー・ジャポンの総販売台数のうち半数はカングーが占めるとか。

我が遠征母艦Wish号が朽ち果てた暁には、次期遠征母艦の候補にするかな?

 

2012年11月18日 (日)

wiggle , CRC , Jenson USA 海外通販揃い踏み

Dscf5476
 ↑ 世界各地より届いた荷物

Dscf5480
 ↑ 各種コンポーネントやら

Dscf5478
 ↑ フロントフォークに

Dscf5477
 ↑ 決戦チックなホイールまで・・・

 

毎日のように届く海外からの贈り物。

これ全て、MTB次期主力機用パーツの数々。

ここまで大量だと・・・

勘の良い読者の皆様はもうお気づきのことでしょう

実は今回のニューMTBは完成車を購入するのではなく、

人生初のフレーム買いをしたのであります。

フレーム買いということで、パーツ類は全て自分自身のセレクト。

シートクランプ1つから、各製品を吟味しセレクトする作業は楽しゅうございました

んで、Fフォークやら各コンポーネントが私の手元にあるということは・・・

そう、自分で組み立てるということ

ああ、考えるだけで楽しい

しかし・・・

フレーム到着がまだっ

全く作業が進まないのでありました

ちゃんちゃん。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月17日 (土)

第19回山吹MTB大会参加受理証来たる!

Dscf5461

第19回山吹MTB大会参加受理証来たる!

何度イベントに参加していても、この参加受理証が来るとテンションが上がる

ブログを通じ、交流をさせて頂いている方々も参加される御様子なので、

当日が非常に楽しみである

どうやら今大会にはニューMTB号は間に合わないようなので、

17年モノのサイクルワールド号をしっかりメンテし出撃するとしよう。

091205_033
 ↑ 頑張れ! サイクルワールド号! ※君尾山林道ツーリングより

120512_072
 ↑ 京北林道サイクリングより

 

ちなみに・・・

先月の「淡路島ロングライド150」に続いて、今回も前日入りの車中泊の予定。

う~~~む、一体何処で寝てやろうか・・・??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月16日 (金)

絶好調!物欲日記MTB編

Dscf5445
 ↑ 海外通販の中でもここのところ使用頻度の高いChain Reaction Cycles

Dscf5448
 ↑ 今回も次期主力MTB用の小物パーツが届く

 

各方面に物欲菌を撒き散らしながらの「物欲日記MTB編」。

今回もニューMTB用の小物パーツあれこれ。

とりあえず開封しただけということで、後日キチンとご紹介予定。

徐々に外堀は埋まって来たぞ・・・残すは本丸!

2012年11月15日 (木)

帰って来た・UCC 最速の翼コレクション

先日は食玩に対しての哲学?まで披露した「食玩日記」。

戦闘機という、久々に琴線に触れるシリーズと出会い、まさに舌好調

さ~~て、今宵の獲物は・・・↓

Dscf5423
 ↑ UCC 航空ファン監修 日米共演!最速の翼コレクション 全8種

Dscf5426
 ↑ 組み立て前・・・ウルトラセブンでおなじみウルトラホーク状態

Dscf5436
 ↑ アメリカ F-14

Dscf5440
 ↑ 最大の特徴であるところの主翼は勿論可動O.K

 

【アメリカ F-14】

アメリカ海軍の防空用空母艦載機で主翼に可変翼を用いた

グラマンF-14トムキャット。最高速度はマッハ2.3。

 

Dscf5432_2
 ↑ F-15 飛行教導隊

Dscf5431
 ↑ F-22

 

そして上記2種は、私がこのシリーズを集めていると知った友人が、

プレゼントしてくれたモノ(SpecialThanks なべちゃん)

これで全8種中、6種類集めたことになる。

残すは2種のみ・・・

出逢いはあるのか

 

2012年11月14日 (水)

OGK 危機一髪!

Dscf5422

2008年より、私の頭を守り続けてくれている「OGK MOSTRO VIGOR」。

190gという、今なお第一線で通用する軽さを備えたモデルである。

先日何気に眺めまわしていたら、とんでもない発見をしてしまった・・・

それがコレ↓

Dscf5332
 ↑ お分かり頂けるだろうか?

Dscf5338_2
 ↑ な、な、なんじゃこりゃ~~~

 

割れている、割れている、モストロが割れている、モストロの先っちょが

い、い、いつの間に・・・

おかげさまで、これまで落車をしたことは無いし(除く立ちゴケ)、

頭をぶつけたような記憶も無い。

持ち運びの際も、それほど荒っぽくしたつもりも無いのだが・・・。

何にしても割れているのは事実なので、何とか手を打たねば

ま、とりあえず大事に至るまでに、発見出来て良かった良かった

やはり装備に対する日ごろの点検・整備は重要ですな~。

 

【追記】

☆ヘルメットにも寿命があります

ヘルメットは使用にともない、老朽・劣化等の経時変化によって、

新品の時と同じ性能を維持できないこともあります。

このためヘルメットの耐久性を考慮して製品安全協会と日本安全帽工業会により、

ヘルメットの有効期間を「購入後三年間」と定めています。

有効期間を過ぎたヘルメットは、事故や転倒の際に十分な保護性能を

発揮しないおそれもありますので、十分にご注意ください。

また、有効期間の三年の間も、粗末な扱いをすると、寿命はさらに縮まります。

それを避けるためにもしっかりとメンテナンスをしましょう。

※OGK KABUTO メンテナンス&サポートより

 

2012年11月13日 (火)

新・UCC最速の翼コレクション と ロードスターグッズ

絶好調 「食玩日記」

何気にハマってしまった「UCC最速の翼コレクション」。

カッコイイから見つけると思わず買っちゃうのよね・・・。

                                                                                
                                                                      

“気に入ったならチマチマと1つずつ買わずに大人買いしろ”
                                        

という声も聞こえてきそうですが、私の食玩に対する基本的な姿勢は・・・1日1個。

一期一会の想いを大切に、たまたま入ったコンビニで気に入った物があれば買う

・・・という、何だかよく分からないポリシーを貫いているのでありました。


しかしながら唯一の例外は、マツダロードスター。

言わずと知れた私が愛するライトウエイトオープンスポーツでございます。

このロードスター関連グッズだけは、迷わず箱買い・大人買い

特に私の乗っている2代目ロードスター(NB型)には目が無いのでありました。

ちなみに、これまでどんなグッズを集めたのか・・・そのごく一部をご紹介↓

                                                               

1rs_4
 ↑ エポック社MTECHシリーズ 1/43マツダロードスター(限定ver.)

2rs
 ↑ Diapet 1/43マツダロードスター&1/43グレートガレージキット

3rs_3
 ↑ GATE 1/18MX-5 MIATA10thAnniversary

4rs
 ↑ JOHNNYLIGHTNING MX-5 MIATA

5rs_3
 ↑ サントリーコーヒーBOSSジオラマミニカー マツダ ロードスター

6rs_2
 ↑ 「アクエリアンエイジsagaⅡ」 チョロQ付きプラチナパック

7rs_2
 ↑ ディーラー販促用「Roadster ベースボールキャップ」(非売品)

8rs_2
 ↑ ディーラー販促用ビデオ(非売品)

 

私の「NB型ロードスター・グッズコレクション」の一部をご紹介致しました。

他にはどんなモノが?? 気になる方はコチラをご覧ください↓

☆ARA!@hobby’sroom ロードスターミニカーコレクション

 

さて、話が逸れまくってしまったが・・・ 

本日のUCC最速の翼コレクションはコチラ↓

Dscf5394_2
 ↑ UCC 航空ファン監修 日米共演!最速の翼コレクション 全8種

Dscf5396

Dscf5398
 ↑ アメリカ F-117

 

今回GETしたのは「世界初のステルス戦闘機」として注目を集めたF-117。

その特徴的な機体の形や性格から、映画などフィクション作品にも引っ張り凧。

そういや、スティーブン・セガールの「暴走特急」や、

カート・ラッセルの「エグゼクティブ・デシジョン」なんかに出てましたな~。

う~~む、こりゃ久々にDVDでも観てみますかね~

 

【アメリカ F-117】

全体が三角形の特異な形をした第1世代のステルス機

ロッキードF-117ナイトホーク。 最高速度はマッハ0.9。

 

2012年11月12日 (月)

GIANT ROCK3 登場!

最近の私のMTB熱急騰ぶりは当ブログ読者の皆様ご存じの通り

そんな熱が伝わってしまったのか、我が自転車仲間:なべちゃんもMTBをGET。

納車されたとのことで、ちょっくら覗いて来た

 

Dscf5408_3
 ↑ GIANT ROCK3

Dscf5415
 ↑ ALUXX-Grade Aluminum

Dscf5414
 ↑ サイズM(480mm) 適応身長170-185cm

Dscf5407
 ↑ フロントフォーク SR SUNTOUR XCT-V2 80mmトラベル

Dscf5420
 ↑ ディスクブレーキ取り付け用マウント有

Dscf5417
 ↑ クランクSR SUNTOUR 24/34/42T/CG 170mm リヤSRAM PG730 7S 12-32T

Dscf5418
 ↑ TEKTRO Vブレーキ / タイヤKENDA CENTERRIDGE 26x2.1

 

【GIANT ROCK3】

本格的なスポーツライドも可能な軽量アルミフレームに、サスペンションや

制動力の高いブレーキ、多段変速ギアなどを装備するスポーツバイク。

ダート走行はもちろん、日常的な走りも楽しめる快適パーツも装備します。

身長145cm~185cmに対応するサイズ展開とスポーティなフレームカラーで、

すべての皆様に「ライド・ライフ」をお届けするラインナップです。

  • フレーム/ALUXX-Grade Aluminum OLD135mm
  • フロントフォーク/SR SUNTOUR XCT V2 80mmトラベル
  • BBセット/SR XCT 122-68mm
  • ギアクランク/SR SUNTOUR 24/34/42T/CG 170mm
  • チェーン/KMC Z51
  • Fディレイラー/SHIMANO C050 34.9 デュアルプル
  • Rディレイラー/SHIMANO ALTUS
  • シフター/SHIMANO EF50 7S
  • ブレーキセット/TEKTRO Vブレーキ
  • ブレーキレバー/SHIMANO EF50
  • ギア/SRAM PG730 7S 12-32T
  • ヘッドセット/VP OS
  • ハンドルバー/Aluminum 25.4 580mm
  • ハンドルステム/Aluminum 25.4 105mm(M)
  • シートピラー/Aluminum 30.9x300mm
  • シートクランプ/Aluminum 34.9 QR
  • Fハブ/FORMULA 36H
  • Rハブ/SHIMANO RM30 7S 36H
  • リム/Aluminum 36H
  • スポーク/Stainless 14G
  • タイヤ/KENDA CENTERRIDGE 26x2.1

 

実はこのマシン、なべちゃんの実兄:nabe-anyちゃんが使用していたモノで、

今回縁あって、弟:なべちゃんの元に嫁いできたとのこと。

なにはともあれ、これで一緒に林道ゆるゆるツアーに行けるってもんだ。

あとは私のニューマシンの納車を待つのみ!

 

残念なお知らせ・・・

10月末に予定していた私のニューMTBの納車が今月末に延びました。

悪しからず
                                                                       

2012年11月11日 (日)

綾部:紅葉便り2012 安国寺編

さて、先日の「黒谷町の紅葉」につづく綾部市東八田地区紅葉便り第2弾。

今回は足利尊氏ゆかりの地として有名な綾部市安国寺町にある安国寺をご紹介。

安国寺では今月18日(日)に毎年恒例の「もみじ祭り」が開催されるということで、

またまた一足早く覗いてみた


Dscf5391
 ↑ 景徳山 安国寺

Dscf5392

Dscf5386

Dscf5389

Dscf5379

Dscf5382

Dscf5393
 ↑ ちなみにコチラが尊氏公の産湯の井戸

Ankoku_4

 

安国寺もみじ祭り・・・なんと「黒谷和紙ともみじ祭」と同日ということで、

アッチ行ったり、コッチ行ったり、若干忙しいが同じ東八田地区内の

お祭りということで、是非ハシゴをしてお楽しみいただきたい

 

2012年11月10日 (土)

綾部:紅葉便り2012 with シボレー

京都府綾部市黒谷町・・・京都府綾部市の北部、舞鶴市との境に位置する町。

平家の落武者が子孫に残す技として始めたと言われる「黒谷和紙」は

800年の伝統を持つ和紙であり、京都府指定無形文化財に指定されている。

そんな黒谷町で18日(日)、紅葉を楽しみながら伝統工芸の黒谷和紙に触れる、

「黒谷和紙ともみじ祭」が開催されるとのことで、今年も一足先に会場となる

「熊野神社」周辺に行ってみた。


Dscf5340
 ↑ 京都府指定 無形文化財 「伝統の技術と美 黒谷の和紙」

Dscf5371
 ↑ 国道沿いには幟が・・・

Dscf5369
 ↑ 黒谷といえば和紙、和紙といえば「紙すき歌」

Dscf5339_2
 ↑ 今回の相棒は折り畳み自転車のシボレーFDB166

Dscf5345
 ↑ コチラは黒谷和紙会館
    ★当日は来場者先着50名様に黒谷和紙製品のプレゼントがあるとのこと

Dscf5344

Dscf5349
 ↑ 趣のある集落内を往く

Dscf5351
 ↑ 黒谷町の集落を抜けた所にあるコチラの神社がお祭り会場

Dscf5352
 ↑ 「黒谷和紙ともみじ祭」メイン会場:熊野神社

Dscf5353

Dscf5365

Dscf5354

Dscf5360

Dscf5363
 ↑ 銀杏の絨毯とシボレーちゃん

Momiji_5


【京都あやべ黒谷和紙ともみじ祭】

今から800年前、戦いに敗れた平家の一団が人気の少ない山間に身を隠し、

周りに自生していた植物「楮」と、谷間を流れる清流の水を利用して

紙を作り始めました。その後、この地は「黒谷」と呼ばれるようになり、

紙漉き村として発展しました。

この黒谷で昼夜の寒暖差により鮮やかに色づいたもみじを愛でながら祭りが

開催されます。

「紙漉き体験」や「二胡演奏会(無料)」、かやぶきの家では

個性豊かな作品の販売、また屋台や喫茶などの出店もあり、

和紙の里の秋を楽しめます。


朝晩の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃・・・。

お祭り当日は素晴らしい紅葉を見せてくれることだろう。

お近くの方も、遠方の方も、是非お越しください

2012年11月 9日 (金)

続・UCC 最速の翼コレクション

毎度おなじみ「食玩日記」である。

先月末に “UCC 最速の翼コレクション” というエントリーをあげてから、

弊ブログ左サイドに設置している 「人気記事ランキング」 の1位に君臨中。

う~む、世には飛行機好きの、模型好きの、食玩好きが多くいらっしゃるようだ。

そんなわけで今回の獲物がコチラ↓

 

Dscf5316
 ↑ UCC 航空ファン監修 日米共演!最速の翼コレクション 全8種

Dscf5317
 ↑ 組立前のウルトラホーク状態(・・・分かるかな?)

Dscf5323
 ↑ RF-4EJ 日本

 

今回GETしたのは、航空自衛隊のRF-4EJという機体。

小さいながら相変わらず良く出来ておりますな~。

早速デスクトップに飾らせていただくとしよう

                                                                 
                                                                     

【日本 RF-4EJ】

航空自衛隊の偵察部隊で使われているRF-4EJ。

F-4EJ改造の偵察機であり、グリーン系とグレー系の特異な迷彩を施している。


                                                                    

2012年11月 8日 (木)

満腹バイキング「炭焼きレストラン ウッディ」再び!

とにかくメシをガッツリ食したい しかもお安く  

・・・という時に私が利用させていただいている格安バイキングのレストランということで、

以前のエントリーにて御紹介をした「炭焼きレストラン ウッディ」さん。

久々に満腹になりたいと思い、またまたお邪魔をしてきた。

 

W6
 ↑ 京都府福知山市にある「炭焼きレストラン ウッディ」さん

W1
 ↑ お目当ては勿論コチラ・・・ランチバイキング ¥890ポッキリ!

W4
 ↑ アメリカンテイストな店内に所狭しと並べられる数々の料理

W3
 ↑ サラダ、フルーツもございます

W5
 ↑ なんでもかんでも取り皿に盛って・・・いただきま~~す

W2
 ↑ 隠れた人気メニュー・・・通称:専門店より美味しいカレー

 

ハイ。

今回も喰った喰った喰い尽くしました

もう晩飯いらん

「食欲の秋」をガッツリと実践させていただきました。

 

☆ランチバイキング(平日のみ)

11:00~14:30(オーダーストップ14:00)

1歳 ¥105
2歳 ¥210
3歳 ¥315
4歳 ¥420
5歳 ¥525
6歳 ¥630
7歳 ¥735
8歳 ¥840
それ以上 ¥890

 

【炭焼きレストラン ウッディ】

住所 京都府福知山市厚東町179

電話 0773-23-9466

営業 11:00~22:00

 

2012年11月 7日 (水)

自転車フレーム保護 / 3M表面保護テープ#331

皆さんはご自分の大事な自転車のフレームを大小様々な傷から守るため、

一体どんな対策を講じてらっしゃるだろうか??

 

“てやんでぃ! そんなもん、乗れば傷つくのは当たり前! 男の勲章だぁ!”

 

・・・という方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、私はほんの小さな傷でも物凄く気にする男

ニューMTB納車を控え、未走行の内に何か対策を講じなければ・・・

ということで、今回用意したのがコレ↓


Dscf5324_2
 ↑ さて、コレは一体何でしょう?

Dscf5325_2
 ↑ 3M表面保護テープ#331 (50mm × 100m)

Dscf5329_3
 ↑ テープ厚:0.085mm

 

まぁ、なんだテープである。

フレームにテープを貼り貼りして、小傷から守ってやろうという単純な作戦。

3Mの膨大なラインナップの中から今回チョイスしたのは品番331というもの。

実はコレ、自転車乗りの間ではメジャーな製品である。

 

【表面保護テープ#331】

○概要

塩化ビニールフィルムにアクリル系粘着剤を均一に塗布した粘着テープです。

特にプリント基板の保護、ステンレス・アルミ板の加工、

輸送時の保護、窓ガラスの養生用に開発されたものです。

○構造

基材:塩化ビニールフィルム

粘着剤:アクリル系

○用途案

・プリント基板メッキ時蒸気マスキング用

・ステンレス・アルミ板の加工、輸送、保管時の保護用

・窓ガラスの養生

○一般特性

・テープ厚:0.085mm

・引っ張り強さ:27.4N/cm

・伸び:300%

・粘着力(180度方向):0.29N/cm

 

3Mの表面保護テープ・・・

オフロードを往くMTBのFタイヤが跳ねた石からダウンチューブを守るというのは

厳しいかもしれないが、通常のアスファルト路面走行時なら十分であろうし、

ヘッドチューブ等をワイヤー類の擦り傷から保護する・・・

サイコンのセンサーをチェーンステーにタイラップで装着する際の保護・・・

なんていうのには、イイ仕事をしてくれそうである。

何といっても50mm幅で100mもあるので一生使い切ることはないであろう量。

ロードもMTBもバンバン貼りまくって保護しまくるとしよう

 

※追記

実際に使用致しましたが、粘着力が予想以上に弱いので、

曲面などに張り付けるのは注意が必要。

貼り続けて保護するというより、走行毎に張り替えて使い捨てが良いかも。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月 6日 (火)

続・GM名車プルバックカー FIRE ORIGINAL COLLECTION

7000

【トランザム7000 (Smokey and the Bandit)】

1977年に制作されたアメリカ合衆国の映画で、アクション映画・コメディ映画。

☆主演:バート・レイノルズ

☆監督:ハル・ニーダム

☆あらすじ

爆走カー・アクション。アトランタでも評判のトラック野郎バンディット。

彼はある日、テキサスの大金持ちビックとその息子からの“28時間以内に

テキサス州まで行きビールを積んで帰ってくれば8万ドルの報酬を出す”

という挑戦を受けた。勝負を挑まれ引っ込むほどヤワじゃない、

やってやろうと意気込む彼は、さっそく先導用のトランザムを用意、

相棒のクレダス:18輪トラックと共に大爆走を開始するが……。

激走するトランザム、唸りを上げる18輪トラック、パトカーとの激突また激突。

NO.1セクシー俳優:バート・レイノルズとヒロイン:S・フィールドとのやりとりも

秀逸な最高の娯楽作。

 

「トランザム7000」・・・私が大好きな映画の1つである。

まさに古き良きアメリカの娯楽大作。

しかしなぜ、今頃この映画をご紹介するのか??

その理由はコレ↓

Dscf5305_2
 ↑ GM名車プルバックカー FIRE ORIGINAL COLLECTION 全6種

Dscf5309 

Dscf5314
 ↑ #03 1972 Pontiac Firebird

 

毎度おなじみ「食玩日記」である。

今回の獲物はボンネットのペイントが特徴的なポンティアック ファイヤーバード。

子供の頃、このファイヤーバードカラーに憧れたな~(遠い目)。

※ちなみに「トランザム7000」に出演しているのは後年の特別仕様車

 

秋の夜長・・・

ミニカー片手に「トランザム7000」でも鑑賞するかな・・・
                                                                                                                                                                                                                                

2012年11月 5日 (月)

三度登場、絶品スイーツ:パティスリー・シェ・ノーリ!

“実は私、いわゆるスイーツなどと呼ばれる甘いモノに目が無い”

・・・という書き出しで、以前私のお気に入りのスイーツ店をご紹介したわけだが、

「食欲の秋」・・・またまた甘いモノが欲しくなったので再訪。

20121105_104625
 ↑ お邪魔したのは京都府舞鶴市にあるPatisserie Chez Noriさん

20121105_105836
 ↑ さてさて、今回はどれをいただこうかな~

20121105_104902
 ↑ やはり秋といえばコレでしょ!

20121105_104808
 ↑ 丹波栗のモンブラン ¥450なり

20121105_104955
 ↑ 早速いただきま~~す!

20121105_105129
 ↑ 中には丹波栗が1個丸ごとゴロリ!

 

中年オヤジが可愛いモンブランをペロリ

上品な甘さで、こりゃ1度に2,3個はイケるぞっと。

スイーツ系男子には堪らないパティスリー・シェ・ノーリさん。

また来ようっと

 

【Patisserie Chez Nori パティスリー・シェ・ノーリ】

住所:京都府舞鶴市安岡中山1003(旬工房駐車場内)

営業:10:00~18:00

休み:火曜日
                                                                      

2012年11月 4日 (日)

文化祭とエンツォフェラーリ

本日はお日柄も良く、私が住む自治会にて文化祭が開催された。

文化祭ということで、公民館内には自治会会員皆さん手作りの

文化的作品が展示され参加者の目を楽しませる。

私も何か賑やかしに・・・と思い、出展したのがコチラ↓

Kjm_3
 ↑ 京商ミニッツ エンツォフェラーリ自家塗装バージョン各種

 

私が出展したのは、「京商 ミニッツ」というシリーズの1/27RCカー用ボディ。

勿論、買ってきた吊るしの状態ではなく、自家塗装を施したモノ。

私が人生の全てをミニッツレースに捧げていた時に製作したものである。

※人生の捧げ具合はコチラをご参照ください→ミニッツ① ミニッツ②

菊の鉢植え、盆栽、写真、木工品、手芸品などが並ぶ中、

ひときわ異彩を放つ出展物であった

 

ちなみに・・・どんなモノを出展したかといいますと・・・↓

Dscf5302_2
 ↑ ルマン風エンツォフェラーリ

Dscf5300
 ↑ グループA風エンツォフェラーリ

Dscf5301
 ↑ DTM風エンツォフェラーリ

Dscf5303
 ↑ メッキ仕様エンツォフェラーリ

Ef
 ↑ ちなみに塗装・組み立て前のボディはこんな感じ

 

たまにはこんな「芸術の秋」もいかがでしょうか                                                                

2012年11月 3日 (土)

季秋の六甲 / ロードスターとS2000

Dscf5242
 ↑ 夜明け前、我が京都府綾部市を出発

Dscf5243
 ↑ 空が白み始めた頃、兵庫県加東市にある「道の駅とうじょう」で小休止

Dscf5244
 ↑ そして・・・向かった先はコチラ!

Dscf5245
 ↑ めでたくS2000オーナーになった我が友人:Tomoyan邸到着!

 

「スポーツの秋」 「食欲の秋」 「読書の秋」・・・何でも楽しめる良い季節。

勿論「オープンの秋」でもあるわけで、同じオープンカー乗りの友人と

オープンドライブと洒落込むことに・・・。

お互い子守りを仰せつかっているので、助手席にはチビッ子同乗。

「子守りーズ」 いざ発進

 

Dscf5247
 ↑ お日様が出て来たらGO!

Dscf5248_2
 ↑ 住宅地を往くオープン2台

Dscf5249_2
 ↑ 田園風景を横目に

Dscf5250
 ↑ 市街地を抜け

Dscf5252_2
 ↑ 今回の目的地はコチラ・・・芦有自動車道路!

Dscf5253
 ↑ 早朝の六甲を走る! 気持ちイイ~!

Dscf5254

Dscf5255_2

Dscf5256

Dscf5257

Dscf5266
 ↑ 東六甲展望台で小休止・・・噂通り高級車がズラリ

Dscf5270

【東六甲展望台(芦有ドライブウェイ内)】

芦屋ゲートから車で約7分の位置にある展望台。

24時間開放しているので、いつでも気軽に楽しめます。

社内でBGMを聞きながら眺望を望めるスポットとしておすすめ。

駐車台数40台(無料)、売店あり。夜景100選。

※六甲山×芦有ドライブウェイ 秋のドライブキャンペーン リーフレットより

 

Dscf5261

Dscf5260
 ↑ 東六甲展望台からの眺望(今回は残念ながらガスっておりました)

Dscf5272
 ↑ 東六甲展望台に停まっていたFC型RX-7
     同じマツダ車オーナー、元RE乗りとして、ついお声掛けさせて頂きました

Dscf5275
 ↑ 東六甲展望台からの眺望を楽しんだら、次の目的地へ

Dscf5276

Dscf5279

Dscf5280

Dscf5283_2
 ↑ はぁぁぁ~~最高の天気でんな~

Dscf5290
 ↑ 所変わって・・・六甲山頂からの眺め

Dscf5286
 ↑ 子守りーズ:Tomoyan親子を激写

Dscf5288
 ↑ S2000 と RoadSter

Dscf5295
 ↑ 六甲山を堪能したら、本日の真の目的地へ・・・

Dscf5296
 ↑ 「THE子守りーズ」 今回の終着駅がコチラ

Dscf5299
 ↑ そして散財

 

やはりこの時期のオープンツーリングは格別。

そして同じ趣味嗜好の友人との時間もこれまた格別。

秋の六甲・・・堪能させていただきました

 

2012年11月 2日 (金)

トピーク ポケットショックDXG

一体どこまで続く「物欲日記 MTB編」

え~~っと・・・

本体来るまで続きます

そんなわけで、今宵の獲物はコチラ↓

 

Dscf5226
 ↑ TOPEAK PocketShock DXG                                                                                                                                 

Dscf5227
 ↑ 300psiまで測れるダイヤルゲージ付

Dscf5232
 ↑ プレッシャーライト口金

Dscf5235
 ↑ 伸長時

Dscf5236
 ↑ 恒例の体重測定は・・・175g(カタログ値170g)

 

【トピーク ポケットショックDXG】

◆特徴

ダイヤルゲージ付のエアーサス用コンパクトポンプ。

エアーサスのエアーは、タイヤに比べて量が少ない上、

エアー圧の僅かな違いがサスの特性を大きく左右します。

トピークが開発したこの「プレッシャーライト口金」なら、

ポンプ口金脱着時の僅かなエアー漏れもありません。

◆仕様

・ 米式専用口金

・ プレッシャーライト口金

・ 300psiまで測れるダイヤルゲージ付

・ 最大300psiまで充填可能

・ アルミ シリンダー / プラスチック&クラトン ハンドル

・ 回転式ホース

・ エアーリリース ボタン付

・ L215 x W43 x H45mm

 

一見、普通のハンディポンプのようだが実はコレ、MTBのエアーサス用ポンプ。

これまで、キッチリとした専用品を持っていなかったので新たに導入。

さぁ、コレを片手にセッティングを施しに野山へ出掛けるとしよう

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2012年11月 1日 (木)

Continental ウインドブレーカージャケット

朝夕の冷え込みが身体に堪えるお年頃・・・

サイクリングを楽しむ際、この時期の着衣には大いに悩むところ。

朝夕は寒いし、日中は暖かいし、峠の1発でも登れば暑いし、下りは冷えるし・・・

基本はレイヤリングということで、こんな時活躍するのがウインドブレーカー。

自転車用のモノは脱いだ時も嵩張らず、バックポケットに収まるので有り難い。

これからの時期、活躍してもらうことになるのだが、1つ困ったことが・・・

実は私、「ピナレロ」のプリントウインドブレーカーしか手持ちが無いのである↓

091209_007
 ↑ 決して忍者ではありません・・・冬用装備でございます

 

FP5に乗る時はコレでイイ。嬉し恥ずかし全身ピナレロでまさにコスプレ状態だが、

本人が気に入っているのだから仕方がない。

しかし問題は来るべきニューMTBに乗車するその時である・・・

ニューMTBはアメリカのブランドであるところの「niner製」。

もし、ピナレロウインドブレーカーを羽織ってサイクリングでもしようものなら、
                                                                           
                                                                        
                                                                       

「マツダ車」 に 「無限」

「ホンダ車」 に 「mazdaspeed」

「ニッサン車」 に 「TRD」
                                                                   
                                                                      
                                                                 

・・・などとステッカーを貼っている、ちょっと残念気味な車のようになってしまうのか?

いか~~ん! これではいか~~ん!

そんなわけで、急遽用意致しました・・・MTB乗車時用ウインドブレーカーを。

それがコチラ↓

                                                                 
Dscf5239
 ↑ Continental Windbreaker Jacket

Dscf5240_3
 ↑ バックポケットは無し

Dscf5241
 ↑ 脇部は残念ながらメッシュにはなっていないが、代わりにロゴが入りカッコイイ

 

コンチネンタルのウインドブレーカーである。

とにもかくにもデザインに魅かれコイツに決定。

欲を言えば、カメラ収納用にバックポケットは欲しかったし、

通気性を考慮し、脇の部分がメッシュ仕様になっていれば有り難かったが、

お手頃な価格、そして何といってもカッコイイから良しとしよう(当社比)。

ちなみにサイズはMをチョイス(身長171cm 体重58kg 体脂肪11%)。

PEARL IZUMI ピナレロ ウインドブレーカーのMサイズよりは若干大き目。

平置きの実寸で着丈約68cm、身幅約55cmであった。

さぁ、これで秋~冬の里山を走らせていただくとしよう

勿論、MTBのタイヤはコンチネンタルで
                                             

                                                                                      
                                                                      

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ