フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« お気楽トレイルライドへGO!の巻 | トップページ | 遠征母艦Wish号よ永遠なれ »

2012年12月19日 (水)

カンチブレーキからVブレーキへ換装の巻

Dscf6292
 ↑ 怪しげな2つの箱・・・これは何かと尋ねたら↓

Dscf6299
 ↑ シマノ DEORE XT BR-T780 Vブレーキ

 

ブレーキである。

現在絶賛到着待ちのニューMTBはディスクブレーキであるからして、

実はコレ、往年の愛機:サイクルワールド号用のモノである。

17年モノのサイクルワールド号・・・現代のMTBと比べると、

色んな面で “ちょっとココは・・・” というところがあるのだが、

その中でも以前からの懸案事項が「ブレーキ」である。
                                                                

サイクルワールド号のブレーキはカンチブレーキなのだが、

とにかく効きが悪い。

効きが悪く、危機が訪れそうという、親父ギャグにさえなっていないセリフを

書いてしまうくらい、効きが悪い。
                                                                  

“効かぬなら、換えてしまおう、ブレーキちゃん”

ということで、今回の換装と相成った。

用意したのは、シマノXTグレードのVブレーキシステム。

カンチブレーキの台座には加工無しでVブレーキが取り付け出来ちゃうのである。

では早速取り付け開始!

 

Dscf6301_2
 ↑ 前用後用で本体は同じモノ。ブレーキパッドの左右取り付けが違うのみ
    ※上の画像ではアーム本体は全く同じモノでパッドの違いにより、
      左のアームが後輪の左側用、右のアームが前輪の右側用となる
     分かり辛い説明悪しからずsweat01                                                            

Dscf6302
 ↑ ちなみに・・・体重測定は前後用共に片側164g

Dscf6311
 ↑ コチラが今回お役御免となるカンチブレーキ

Dscf6306
 ↑ ボルト(正ネジ)を緩めて取り外します

Dscf6313
 ↑ カンチブレーキを取り外したら、台座にデュラグリスを塗り塗りして・・・

Dscf6315
 ↑ Vブレーキを挿入・・・スプリング圧調整用のピンを台座の穴に入れる
    ※穴が3箇所ある場合は真ん中へ

Dscf6317
 ↑ カンチブレーキとは厚みが異なるため、台座支柱が奥まっております
    このままボルトを締めるとブレーキアームが動かないんじゃないの??

Dscf6312
 ↑ コチラはカンチブレーキ・・・
   上の画像と比較して台座支柱がブレーキ本体より少し出ております

Dscf6316
 ↑ しかし! 心配ご無用! Vブレーキはカンチブレーキとは構造が違う為、
   ボルトをグイグイ締めてもキチンの作動するのであった
    ※黄矢印部分は固定 赤矢印部分アームのみ可動

Dscf6318
 ↑ ボルトを締めたぞの図  この位置から・・・

Dscf6320
 ↑ この位置までスムースに可動しております  

Dscf6322
 ↑ あとはワイヤーを通してひとまず完成~!

Dscf6325
 ↑ タイヤ装着でこんなカンジ

Dscf6335
 ↑ リヤも同じように取り付けO.K あとはトー角等微調整して・・・終了~!

 

カンチブレーキからVブレーキへの換装・・・

特に何の加工も無く、取り付けO.K。

※詳しい取り付けに関してはシマノの公式サイトをご参照ください

 

問題の効き具合だが・・・一気に向上。

これまでよりも少ない入力で済む為、ダウンヒル時は楽が出来そうな予感♪

まだまだサイクルワールド号にゃ頑張ってもらわなきゃ。

さぁ、さぁ、何処へ走りに行こうかな・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« お気楽トレイルライドへGO!の巻 | トップページ | 遠征母艦Wish号よ永遠なれ »

CYCLEWORLD 26 MTB他」カテゴリの記事

サイクルパーツ コンポ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

またまた物欲発動???と思ったら、サイクルワールド号でしたか

ブレーキ、タイヤ等の足回りは最重要パーツですから、これで安心ですね

さすがにVブレーキは掃除がやりやすそう!

七蔵さん>
これまでの半分くらいの握力で、同じ制動力が得られますので、
ダウンヒル時に楽できそうです♪

これがディスクブレーキならブレーキタッチや制動力が
さらに向上するので、ニューMTBが今から楽しみです。

ありがとうございました。今日、まったく同じ問題(台座のシャフトが奥まっている)にぶつかってました。私のMTBは17年前のGTです。カンチからVへの交換の目的は、効きや調整の容易性もあるのですが、ブレーキング時のリム(ARAYA VP-20)の鳴きを何とかしたいと思って交換することにしました。カンチはブレーキシューの種類が少なく、Vにして色々なシューを比較してみようと思っています。

にわ まことさん>
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

台座シャフトの件、一瞬「???」となりましたが、
カンチとVと構造が違うので事なきを得ました。
記事が少しでもお役に立てて幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/56345358

この記事へのトラックバック一覧です: カンチブレーキからVブレーキへ換装の巻:

« お気楽トレイルライドへGO!の巻 | トップページ | 遠征母艦Wish号よ永遠なれ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ