フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« NINER JET9 RDO 再び古道へ | トップページ | 若狭路センチュリーライド2013 参加案内来たる! »

2013年1月15日 (火)

トレイルライドシューズ シマノ SH-MT91

年末の 「烏帽子山登山ライド」 や先日の「京丹波林道縦走」など、

MTB遊びをしていると思わぬところで、降車 → 押し歩き → 担ぎ登り・・・

などというシチュエーションに出くわすことがあるのだが、

※「烏帽子山」は97%が押し担ぎでしたがsweat01

そんな時困ったのがシューズの歩きやすさや、グリップ力。

私が普段MTBに乗る時使用しているのがコチラ↓

Dscf7123
 ↑ シマノ M077 SPD MTB用シューズ

 

【Shimano - M077 SPD MTBシューズ】

○Shimanoのテクノロジーと経験を生かして作られたオフロード用の
  スポーツシューズです。合成レザーのアッパーと先芯に余裕を作る
  ボリュームプラスラストの採用を特徴としています。

○アッパー::丈夫な耐伸縮性の合成レザーとメッシュを使用

○左右非対称のトリプルストラップの使用によりプレッシャーポイントを防いでいます

○ラスト:ボリューム+ラストにより先芯にさらなる余裕を与えています

○ソール::強化ファイバーグラスポリアミドミッドソール

 

MTB用SPDシューズということで、ロード用SPD-SLシューズに比べ、

遥かに歩きやすいのだが、何事にも限界はあるもので。

烏帽子山のような、もはやトレイルライドとは呼べない・・・斜度70°を

登るような場面(もうただの登山です)では、靴底のグリップに限界が訪れ、

つるんつるん滑りまくったり、雪道ライドでの押し歩きでは、

防水・防寒を兼ねて装着していたシューズカバーがペロンと捲れ上がり、

通気性確保の為のつま先メッシュ部から雪・水が浸入のベチャベチャ →

霜焼け発生の事態に陥ったりと、なかなか辛い状況の今日この頃。

Dscf7065
 ↑ 参考画像:シューズカバーがべろんと捲れ上がったの図

 

う~~む、これはいかん。

このままでは、足の指10本全てが霜焼けになる日も近いぞ・・・。

やはり “歩く・登る” という行為に特化したシューズを用意するべきだ。

そこで用意したのがコチラ↓

 

Dscf7212_2
 ↑ GT HAWKINS トレッキングシューズ

 

私が山遊び用に長年愛用しているトレッキングシューズである。

SPDシューズではないのが辛いところだが、背に腹は代えられない・・・

Let’s トレッキング!

その結果がコレ↓

 

Dscf7214_2
 ↑ く、く、靴底剥がれた~~~crying

 

経年劣化なのか、調子に乗ってアチラコチラ歩いているとこの結果にsweat02

ええ~い、修復じゃ! 修復じゃ!

ということで、ゴム系接着剤やら、瞬間接着剤やら、色んなモノで

貼り付けにトライするものの、何度やってもこのとおり・・・shock

分かりました・・・もうこなったら奥の手発動でございます。

Dscf4440
 ↑ まさに奥の手coldsweats01

Dscf4441
 ↑ 早速オープンnote

Dscf4443
 ↑ げっcoldsweats02 ほとんど500円玉無いやんsweat01 ま、何も無いよりは・・・

Dscf7124
 ↑ 500円玉貯金を開封してまで欲しかったのがコレ!

 

【shimano SH-MT91 SPD アドベンチャーオフロードマルチスポーツシューズ】

○トレイルライド向けシューズSH-MT90の後継モデルです

○防水、高通気性 Gore-Tex コーティング採用で内部への水の侵入を抑えます

○SPD Vibramソールを使用してグリップ力が高く耐久性のある靴底になりました

○歩行時にしなるシャンクプレート採用で快適に歩行できます

○グラスファイバーで強化されたEVAミッドソールで安定したペダリングが可能に

○スノーボードシューズで使われていたミニパワーストラップと
  ダブルレーシングフックがヒールと足をしっかり固定します                                                                                                                                                 

Dscf7125
 ↑ 左サイド

Dscf7126
 ↑ 右サイド

Dscf7127
 ↑ SPD式でぺダリングも万全

Dscf7130
 ↑ M077(下)との比較 いかにもグリップしそうなMT91

Dscf7131
 ↑ 足首までサポートしてくれるので長時間の歩きでも疲労軽減に効果大

Dscf7129
 ↑ GORE-TEXに期待大

 

そんなわけで、虎の子の500玉貯金が化けたのがコチラのシューズ。

通常のライドではM077シューズ、サバイバルなライドではMT91シューズと、

使い分けるとしようhappy01

これで、押し歩き、担ぎ登りもどんと来いsign02                                                                                                                                    

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« NINER JET9 RDO 再び古道へ | トップページ | 若狭路センチュリーライド2013 参加案内来たる! »

サイクルパーツ ウエア関連」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/56546180

この記事へのトラックバック一覧です: トレイルライドシューズ シマノ SH-MT91:

« NINER JET9 RDO 再び古道へ | トップページ | 若狭路センチュリーライド2013 参加案内来たる! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ