フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 春到来! いつもの古道で山ラーメン の巻 | トップページ | 王滝用マキシス クロスマーク装着! の巻 »

2013年3月18日 (月)

王滝決戦用マキシスクロスマークGET!の巻

5月SDA王滝まであと2ヵ月。

フィジカル面、メンタル面、そして装備面と徐々に整えてきている今日この頃。

そんな中、最も悩ましいのがタイヤ・・・

走行の肝となるモノだけに先人達の情報をもとに選定作業を進めてきたのだが、

こればかりは、乗り手の好みや、ライディングスタイル、スキル、使用マシン等々、

様々な絡みがあるので、ご使用なさっているタイヤはまさに千差万別。

一体全体何を用意すればよいのかチンプンカンプンwobbly

パンクしづらく、それでいて軽量、グリップが良く、それでいて転がり抵抗が少ない物、

うう~~~~ん・・・ ・・・

悩み抜いた揚句、今回チョイスしたのが割と定番らしいコチラ↓

 

Cimg0516
 ↑ MAXXIS CROSSMARK 29×2.1

Cimg0517
 ↑ これが噂のスイス国旗を模ったセンターブロック
    センターにブロックが連続しているので走行感が軽そうshine

Cimg0518
 ↑ サイドブロックよ、私に安定したコーナリングを提供しておくれ

Cimg0520
 ↑ とっても気になる体重測定・・・861g(カタログ値835g)

 

【マキシス クロスマーク 29×2.1】

スイス国旗モチーフのXCレーシングタイヤ

クロスマークは、XCの元ワールドカップチャンピオン:クリストフ・サウザーが

デザインに関わったレーシングタイヤです。

間隔の狭いセンターブロックは硬く締まった路面の上を飛ぶように転がります。

さらに、この絶妙な間隔は濡れた木の根や岩の上でもグリップを

失うことがありません。サイドブロックはやや高めにデザインされ、

高速域でのコーナリング時でも無類の安定感を誇ります。

 

○LUSTチューブレステクノロジー

MAXXISのUSTチューブレステクノロジーLUSTの最大の特徴はサイドウォールに

薄い繊維の層を付け足し、その上から、気密性が非常に高いコンパウンドを

かぶせることで、これにより、軽く丈夫で気密性の高いケーシングを作り出すことに

成功しました。

・15%軽量化(同モデル同サイズ比)

・他社商品よりもエアの保持力が高い

・サイドウォールの対パンク性能の向上

○軽量耐パンク素材装備

シルクワームテクノロジーは、タイヤのケーシングにMAXXIS独自の特別素材を

組み合わせる技術です。この素材は耐パンク性能と引き裂き強度を向上させつつ、

転がり抵抗の減少を実現させています。

○excシリーズ

120TPIケーシングと適合するコンパウンドの組み合わせにより、

軽量且つ抜群のトラクションを生み出します。このエクスセプションシリーズは、

レースでの勝利のため、厳選されたモデルに使用されています。

 

ということで、マキシスのクロスマークである。

王滝ブログでは割とよく目にするタイヤである。

リヤにクロスマーク、フロントにはさらにグリップの良いモノという、

組み合わせをされている方もいらっしゃるようだが、なにせ初めて使う私なので、

とりあえず前後クロスマークでご機嫌を伺ってみるとしよう。

現在絶賛使用中の “コンチネンタル X-KING” との比較も楽しみである。

とりあえず、今度の日曜日と迫った「吉井川MTB耐久レース」で、

シェイクダウン = いきなり実戦デビューさせてみようかな??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 春到来! いつもの古道で山ラーメン の巻 | トップページ | 王滝用マキシス クロスマーク装着! の巻 »

サイクルイベント(SDA王滝関連)」カテゴリの記事

サイクルパーツ ホイール・タイヤ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめましてtakaと申します
毎回楽しく拝見しています
僕のANTHEM X2にクロスマークがついてました(26インチですが)
マッドなとこはやはりグリップがいまいちですが、舗装路や芝ではライバルのタイヤに比べて失速が少なく漕ぎが軽いように思います
ゴムが柔らかくて減りが早いかもしれません

耐久レース頑張ってください

takaさん>
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!
いつもご覧いただいてるとのことで、重ねて御礼申し上げますhappy01

クロスマーク・・・
失速が少なく漕ぎが軽いのですか、なるほど。
重量は決して軽い部類ではないのでしょうが、
漕ぎが軽いというインプレをよく目にしましたので、
今回クロスマークを選んだのですが、間違いではなかったのですね♪
減りが早いかもしれないとのことで注意して見てみます。
貴重な情報ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

レースは心臓が停まらない程度に頑張ってきますcoldsweats01
ありがとうございます!

ARA!さん、こんばんは。

少しずつ決戦モードですね~
私の2号車にはMAXXISのイグナイターの2.35が
ついていますが、車両が重いので漕ぎの感覚は
よく分かりません(^_^;)

大江山の雪が無くなったらフルコースの林道にも是非
練習をかねてお越しください。

めがねカッパさん>
フロントにイグナイター、リヤにクロスマークを履かせるというのも
定番の1つらしいです。
MTBはあらゆるモノが細分化され過ぎてて、チョイスが大変ですcoldsweats01

大江山の林道もイイですね~。
グーグル航空写真で見てると、アチラコチラに林道が延びている様子。
是非是非ご案内くださいませ!!

Wonderful work! This is the type of info that are meant to be shared around the net. Shame on Google for no longer positioning this post higher! Come on over and discuss with my site . Thank you =)

To.Mr.Shelby
Thank you for coming to my blog

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/56980202

この記事へのトラックバック一覧です: 王滝決戦用マキシスクロスマークGET!の巻:

« 春到来! いつもの古道で山ラーメン の巻 | トップページ | 王滝用マキシス クロスマーク装着! の巻 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ