フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 2013 シボレー冬眠より覚める | トップページ | Cannondale F5 と夜間ポタ »

2013年3月11日 (月)

私の王活第1弾? ninerと往く京丹波の林道縦走の巻

【王活】

「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝」・・・ いわゆるSDA王滝。

日本で1番過酷と言われるMTBレースである。

トレーニングや整備その他、SDA王滝に向けた活動のことを「王活」と言うそうな。

私がエントリーした5王まであと2ヶ月と2週間程度。

毎晩走っている夜間ポタは、あくまでもポタであってトレーニングではない。

徐々に運動強度を上げたオフロード走行せねば・・・

ということで、本日はお日柄も良く京丹波町の林道へ行くことに。

さぁ、さぁ、私の王活2013スタート!

 

Cimg0288
 ↑ デポ地はいつもの「道の駅 和」

Cimg0289
 ↑ マシンは勿論JET9 RDOちゃん

Cimg0290
 ↑ 林道入口へ向けて出発!

Cimg0292
 ↑ 今回突入する林道を横目にeye

Cimg0294
 ↑ 今から始まるキツイ登りを前に、由良川を眺めしばし現実逃避?

Cimg0295
 ↑ 本日の起点は・・・1月にも走った「林道 火の口線」

Cimg0297
 ↑ それではスタート!

Cimg0298
 ↑ 何が嬉しいって、ドライな路面が嬉しいね~note

Cimg0301
 ↑ 勾配は15%前後が延々と続くsweat01
    撮影中とはいえ、もはや歩く方が早いであろうスピードの私sweat02

Cimg0300_2
 ↑ 水の色が綺麗やね~(現実逃避気味)

Cimg0302_2
 ↑ 林道スタートより約2.44km(GARMIN調べ)で分岐
    左(赤矢印)へ行くと「林道一の谷線&林道峰線の起点」方面へ
    前回同様 右(黄矢印)へ進む

Cimg0305
 ↑ 天気が良くて、路面はドライ、空は青くて、言うことなしhappy01

Cimg0306
 ↑ しかし落石注意danger

Cimg0307
 ↑ 登り倒して、徐々に標高が上がってまいりました

Cimg0308_4
 ↑ 林道スタートより約5.68km(GARMIN調べ)でとりあえず頂上
    登って来た道(緑矢印)を振り返るの図
    ゲートには「林道 峰線 終点」の案内看板あり

Cimg0310
 ↑ これより、しばし舗装路にてダウンヒル(林道 峰線)

Cimg0311
 ↑ 先程の「林道 峰線終点」看板からスグ下ったところで分岐
    道なりに(赤矢印)行くと、デポ地周辺集落へ行けそう
    今回も前回同様 左(黄矢印)方向へ

Cimg0313
 ↑ 前回は分岐からいきなりの積雪でビビったが今回は無し

Dscf7052
 ↑ ちなみに前回'13/1/12走行時はこんなカンジだった

Cimg0314
 ↑ と、思いきや! 日陰に入ると残雪が・・・

Cimg0315
 ↑ 少し進むと「林道 明石線」の記念碑あり

Cimg0317
 ↑ 展望も開け、全体的に明るいので、1人で走っていても不安にならない

Cimg0318
 ↑ しかしながら、何処までも登って行く道に心が・・・heart03

Cimg0319
 ↑ 日陰には霜柱ゾーンあり

Cimg0321
 ↑ おおっと、ココは前回ランチをした場所だぞ

Dscf7083
 ↑ ちなみに、その時の模様はこんなカンジ・・・まさに雪山

Cimg0322_2
 ↑ 林道スタートより約9.49km(GARMIN調べ)に「林道 田ノ向線」記念碑有

Cimg0324
 ↑ 待望のダウンヒルを満喫中・・・
        林道スタートより約10.29km地点に道を塞ぐ倒木&土砂崩れあり注意danger

Cimg0326
 ↑ 林道スタート(火の口線)より約12.14kmで分岐
    前回はあまりの積雪に恐れをなし、下山(赤矢印)
    今回はさらに奥の林道へGO!(黄矢印)

Cimg0329_4

Cimg0328
 ↑ 前回は走行断念した「林道 仏主線」へ

Cimg0331
 ↑ いざいざ、新たなる林道へ!

Cimg0332

Cimg0334
 ↑ 林道は変われどキツイ登りに変わりなしsweat02

Cimg0335
 ↑ 林道スタート(火の口線)より約14km地点に「林道 仏主線」記念碑あり

Cimg0338
 ↑ エエ眺めでんな~~note

Cimg0339
 ↑ ここで待望のランチタイムrestaurant
    しか~~し!事件発生! なんと調理用の水を忘れた~~sign01
    調理器具&食材・・・単なる重りです・・・crying

Cimg0340
 ↑ しかし、今回はジェル系補給食をいくつか持参していたので事なきを得る

Cimg0342
 ↑ エネルギー補給を済ませたら再スタート・・・記念の自分撮りパチリcamera

Cimg0341
 ↑ 天然エイドステーション発見! これを使えばラーメンが食べられる??

Cimg0344
 ↑ 下りに入り、またまた積雪ゾーンが・・・

Cimg0345_3
 ↑ 今度は事故発生! 調子よく下っている最中、コーナーを抜けると積雪snow
    勢いよく転倒! NINERはセーフ、私は3mほど転落(黄矢印)
    しかしおかげさまで、人員・機材異常なしcoldsweats01

Cimg0346
 ↑ 気を取り直してダウンヒル

Cimg0348
 ↑ 積雪ゾーン、今度は慎重に・・・

Cimg0349
 ↑ 積雪ゾーンを抜け出し一安心

Cimg0350
 ↑ 降りてきた道を振り返るeye

Cimg0351
 ↑ 林道スタート(火の口線)より約18.16km地点に案内看板が・・・

Cimg0352
 ↑ この奥に「ふれあいの森 散策道」があるそうな

Cimg0353
 ↑ うう~~む、この状態では・・・誰も散策してないのかしらん??

Cimg0355
 ↑ 散策道入口を後にし、いよいよ終盤のダウンヒル

Cimg0357_2
 ↑ 林道スタート(火の口線)より約19.24km地点で分岐
    左へ(赤矢印)行くと「林道 大滝線」とのこと 今回はこのまま下山(黄矢印)

Cimg0356
 ↑ まだまだ続く楽しい林道・・・この先は次の機会に

Cimg0361
 ↑ まもなく終点 川沿いに進む

Cimg0359
 ↑ めちゃめちゃ水が澄んでおりますshine この水ならラーメンnoodleが??

Cimg0364_2
 ↑ 林道スタート(火の口線)より約20.18kmで終点

Cimg0366
 ↑ ちなみにコチラのゲートは獣避けでございます

Cimg0369
 ↑ デポ地へ向けて

Cimg0286
 ↑ 舗装路快走でデポ地到着~お疲れ様でした!

 

王活のつもりが、いつもと変わらず写真を撮りまくったり(でも枚数少な目)、

bistro ARA! を開店させようとしたり、距離も20kmぽっちと、

気が付けば完全に、ただの林道サイクリングとなっていた今回の縦走sweat02

ま、徐々に距離を延ばし、運動強度を上げていくとしようcoldsweats01

 

130311

【京丹波 林道縦走】

合計距離  36.83km(うちダートは20.18km)

合計上昇量 1075m

合計下降量 1085m

 

今回のオマケ画像

Cimg0414
 ↑ お外で遊んだら、うがい・手洗い・洗車??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2013 シボレー冬眠より覚める | トップページ | Cannondale F5 と夜間ポタ »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ARA!さん

megです。
いつもながらに、パワフルですね!
昨日久々にMTBでロング走ったので、若干疲れ気味です。
MTBはやっぱりオフロードを走る乗り物ですね。

来月辺り、そちらに伺いますので、
一緒に遊んでください!

あっ!!
ニヤ(・∀・)ニヤ

megさん>
とりあえず王滝まではMTB三昧でございますhappy01

来月、京都北部上陸ですね。承知しました。
また日程が決まりましたらお知らせくださいませませ。
何処か行かれる予定、もしくは走りたい所ってあります??

Tomoyanくん>
そっ!!
ニヤニヤbleah

俗称 北部林道(丹波広域林道)50kもこれならいけそうですね!
ウッデイ京北からスタートで半日タップリ走るMっぽいコース
ご一緒しましょう~

すっかり林道も雪もなく春やないですか~
つぎの冬にはMTBとか思ってたんですけど
こういう良い写真みせられると羨ましすぎます!(笑)

また絶景風景待ってますよ♪

やまゆきさん>
王滝前の「北部林道コース」是非お願い致します。
ベテランの皆さんが、一体どんな速さで登り、そして下るのか興味津々です。
ご一緒させていただくまでの間、地元にて鍛錬を積んでおきますhappy01

Medakaさん>
北部もほとんど春になっちゃいました。
おかげさまで花粉症ではないので、こうして花粉の巣窟へ突入していけますhappy01 冬とおっしゃらず、是非今春にデビューお願いします。
こちらの林道をご案内いたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/56934995

この記事へのトラックバック一覧です: 私の王活第1弾? ninerと往く京丹波の林道縦走の巻:

« 2013 シボレー冬眠より覚める | トップページ | Cannondale F5 と夜間ポタ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ