フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 吉井川MTB耐久レース2013 参戦ちら見せ | トップページ | OGK カーボンボトルゲージ RC-12R 装着! »

2013年3月26日 (火)

吉井川MTB耐久レース2013 参戦の巻

2013年もいよいよ本格的なサイクルシーズンに突入。

昨シーズンのサイクルイベント初参加は「3/18 びわ湖一周ロングライド2012」。

さぁ、今シーズンの初サイクルイベント参加は一体何なのか!?

岡山である。吉井川である。耐久レースである。

そんなわけで、人生初のMTB耐久レースに行ってまいりました!

普段、レースとは無縁の走りしかしていない私がいきなりレースなんて・・・

一体全体どんな内容になったのか!?

波乱万丈の参戦記はじまりはじまり~!

 

吉井川MTB耐久レース

日時:3月24日(日)

会場:岡山県瀬戸内市長船町 吉井川.備前大橋下 河川敷 特設コース

主催:岡山県サイクルスポーツ協議会

主管:日本マウンテンバイク協会.岡山県支部

協力:岡山県自転車軽自動車商組合 西大寺支部

参加資格:小学生から

参加費用:一般.3,000円  小学生.1,000円  スクールのみは1,000円

コース:ファミリーも安心して走れる、1周/2kmのフラットな河川敷コース

内容:3時間耐久レース

 

Cimg0660
 ↑ 舞鶴道~中国道~山陽道と高速道路を駆使し一路岡山へ!

 

当日は我が京都府綾部市を早朝4時半出発!

お隣:福知山市で今回チームを組むYOYA氏&てっちゃん氏と合流。

リッチyenにも高速道を駆使して現地入り。

会場は瀬戸内市に流れる吉井川・・・に掛かる備前大橋下の河川敷。

Cimg0662_4
 ↑ ちなみに上空から見た会場はこんなカンジ

Cimg0662_5
 ↑ AM7時すぎに現地到着~!

Cimg0663
 ↑ ちなみにコチラが吉井川と備前大橋

Cimg0664
 ↑ まずは受付ということで、本部テントへ向かう

Cimg0665
 ↑ 受付にてゼッケンプレートと参加賞を頂戴する

Cimg0670
 ↑ 続々と他のエントラントも集まってまいりました

Cimg0667
 ↑ 腹が減っては・・・吉井川を眺めながらの朝食タイムrestaurant

Cimg0666
 ↑ 私は・・・自分自身に負けないよう、験を担いで “勝つサンド” 

Cimg0673
 ↑ メシを喰ったら、コース脇に我らチームのピットを設営
    テントに鎮座するのは、今回のチーム監督兼カメラマンのやまちゃん氏

Cimg0696
 ↑ 7:30~10:30の試走に向けてゴソゴソ準備中

Cimg0699_2
 ↑ コチラが1周2kmの本コース全体像(基本的にはオーバルコース)
    緑矢印が本部テント、青矢印がラップ計測地点、赤矢印が遥か先の折り返し

Cimg0700
 ↑ 本部テント

Cimg0738
 ↑ ラップ計測係さん

Cimg0703_2
 ↑ 大会パンフ掲載の会場レイアウト図

Cimg0675
 ↑ ではでは試走開始! 

Cimg0677
 ↑ 川側の路面はこんなカンジ

Cimg0678
 ↑ 基本的に片側1kmずつの直線を2つのヘアピンで繋いだオーバルコース

Cimg0679
 ↑ 路面はフラットで固く締まった上に砂利が乗った状態

Cimg0680
 ↑ 場所によっては砂利の粒が荒い箇所もあり

Cimg0682_2
 ↑ 試走中のYOYA氏&てっちゃん氏が反対側を走行中の図

Cimg0683
 ↑ 片道1kmは長い! 遠~くに見える白い車周辺が折り返し地点

Cimg0684_2
 ↑ コチラが折り返し地点のヘアピンコーナー

Cimg0685
 ↑ 折り返したら、今度は土手側約1kmの直線

Cimg0686
 ↑ 土手側は草が生えたフワフワ路面

Cimg0687

Cimg0688
 ↑ 途中に設けられた土手の斜面を走行するレイアウト

Cimg0691
 ↑ 同じ草の上でも、固さに若干バラつきがあり、やはり固い所は楽note

Cimg0692
 ↑ コース後半は固く締まった土路面

Cimg0693
 ↑ ただし、水溜り等穴ぼこがあるので要注意danger

Cimg0694_3
 ↑ 約1kmの直線を走り、ヘアピンコーナー
    ※選手交代は青矢印方向へ直進、ピットエリアへ

Cimg0695_2
 ↑ ヘアピンを曲がり切り、本部テント前シケインをクリアし1周となる
   ※青矢印方向から、交代した選手が出てくるピットレーンとなっている

Cimg0703
 ↑ ピットレーン(青矢印)とピットエリア

Cimg0762
 ↑ ちなみに・・・我がチームテントから見たピットレーンはこんなカンジ

Cimg0705

Cimg0671
 ↑ ピット横のエリアでは「自転車の学校」が開校されておりました

 

現地に到着し、受付を済ませ、飯を喰らい、ピットを設営、

試走を終えた感想は・・・こりゃ完全に体力勝負でっせsweat01

1周約2kmのコースということで、1kmずつの直線を2つヘアピンで

繋いだオーバルコース。

本部テント前がシケインにはなっているものの、基本は直線。

常に漕ぎまくりの休みなしといった印象。

 

う~~む、やれんのか? やれんのか?

や、や、やるしかないッスsweat02

てなわけで、出走順を決めるジャンケン大会の結果、

第1出走者ARA! 第2出走者YOYA選手 第3走者てっちゃん選手 という順に。

1人3周の受け持ちでローテーションする作戦に決定。

本来なら1人当たりの受け持ち周回数をもっと増やし、

ピットイン回数を減らした方がトータルタイムは良いのだろうが、

無理をしてあの世へ旅立っても具合が悪いということで、

楽しむ余裕が持てる範囲での受け持ち周回数とした。

 

Cimg0712
 ↑ 10:50 スタートに向け、ぞろぞろと集まる参加者たち

Cimg0713
 ↑ 第1走者の私も出陣! 遠慮して後ろの方におりますcoldsweats01

Cimg0716
 ↑ MTB専用ジャージの無い私は、胸にPINALLEROと書かれた
    懐かしの“ケースデパニュー”ジャージでの出走coldsweats01

Cimg0718
 ↑ スタート前、まだ余力のあるポーズでございます

 

AM11:00いよいよ3時間耐久レースの始まりである。

ローリングスタートということで先導車の後ろに各車2列に並び、コースを1周。

おお、いよいよですな~~note

とりあえず、オープニングラップで最下位にならないようにしようっとcoldsweats01

 

先導車が外れ、スタートの号砲が鳴り響いた!

今まさに「吉井川MTB耐久レース」 のスタートsign01

おりゃぁぁぁ!! 必死でペダルを回す!!

 

Cimg0719
 ↑ 1列棒状の先頭集団

Cimg0720

Cimg0722

Cimg0725

Cimg0726
 ↑ 真面目に走っているフリをしております

Cimg0710
 ↑ まずは3周走り切り選手交代・・・私はスグにこの状態sweat02

Cimg0734
 ↑ 第2走者のYOYA選手 激走中!

Cimg0729

Cimg0730

Cimg0733

Cimg0740
 ↑ YOYA選手~! もっと踏め~! (勝手なことを言っております)

Cimg0741
 ↑ YOYA選手ピットに向かうの図

Cimg0773
 ↑ YOYA選手ピットインの図

Cimg0763
 ↑ エラ満足気な表情

Cimg0772
 ↑ 監督から作戦を告げられる?てっちゃん選手の図

Cimg0771
 ↑ 第3走者てっちゃん選手出撃!

Cimg0742

Cimg0743

Cimg0746
 ↑ てっちゃん選手、余裕の笑顔happy01

Cimg0747
 ↑ てっちゃん選手から、再び私へバトンタッチ!

Cimg0724

Cimg0750

Cimg0751

Cimg0755

Cimg0756

Cimg0760
 ↑ 受け持ち周回数をこなしピットイン・・・もう勘弁して下さいの咆哮

 

走る、走る、とにかく走る。

前半の川側の直線は固く締まった路面ということもあり、

スピードも乗り、割と楽に走れるのだが、問題は土手側・・・

やはり草に覆われたフカフカ路面は脚に堪えるsweat01

しかも土手側は向かい風ということで、スピードに乗らない!

少しでも楽な路面を走ろうとラインを考えるのだが、

水溜りや大きな窪みがあり、なかなか理想的なラインでは走れず。

 

ちなみにタイヤは、フカフカ路面に合わせて前後2.4kgf/cm2 にセット。

しかし砂利の浮いたコーナーでは、フロントが若干滑り気味でビビる。

同じコース内でも違う路面、また刻々と変化する路面状況、

やはりこの辺はオンロードには無い、オフロードの難しさ・醍醐味ですな~。
  

 

Cimg0776
 ↑ いよいよレースも残り時間5分のところで最終走者として出撃!

Cimg0777
 ↑ 計測ラインを通過し、今感動のゴーーーーールsign03

Cimg0778
 ↑ 最終走者を無事勤め上げ、満足のピースでご帰還の図scissors

Cimg0779
 ↑ 左:やまちゃん監督 中:YOYA選手 右:てっちゃん選手 お疲れ様でした!

Cimg0780
 ↑ お疲れ自分! ありがとうJET9 RDOちゃん!

Cimg0784
 ↑ レース終了後の表彰式の様子(コチラはファミリーの部)

                                                                                                                                                                                               

そんなわけで、走った、走った、走り切りました3時間。

いや~楽しかったnote ヒジョーに楽しかったnote

MTBレース初体験のメンバーばかりで走ったので、順位を気にする訳でもなく、

とりあえず “息の根が止まらないように走る” という程度の作戦だったが、

おかげさまで、アッチの世界にイクこともなく無事に完走。

普段走るお山や林道サイクリングとはまた違った充実感を味あわせて頂きました。

何より、気の合う仲間達とワイワイするっちゅうのがエエね~。

これはまさに「大人の運動会」や~happy01

また出ようっと。

今度はソロで同門対決やねbleah

 

てなわけで、MTB耐久レース参戦レポートこれにておしまいっ!

岡山県サイクルスポーツ協議会さま、ご参加の皆様、お疲れ様でした!

 

オマケ画像

Cimg0790
 ↑ 激走の後は最寄りの温泉で湯ったりspa

Cimg0793
 ↑ そして待望の飯!

Cimg0794
 ↑ 乾杯~beer 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 吉井川MTB耐久レース2013 参戦ちら見せ | トップページ | OGK カーボンボトルゲージ RC-12R 装着! »

サイクルイベント(MTB)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

いやー楽しそう
お天気も良くって最高のコンディションでしたね
あっちの世界に逝かずに帰って来れて良かった

おもしろ~い!お疲れさまでした!

走る前の若干緊張気味の満面の笑顔、レース途中の逝っちゃった顔、ゴール後の晴れ晴れとした笑顔、すべてがこのレースを雄弁に物語っていますね!

レース後の食事とノンアルでの乾杯は堪らないでしょうね~

まさにお疲れ様でした。
今回は初の観戦のみというスタンスで参加しましたが、やっぱり物足りない感がありますね。(*^^*)
次はまさにガチンコ対決に...なるのか?(笑)

3時間お疲れ様でした
皆さん違う世界へ逝くこと無く楽しめたようですね!
一緒に参加したかったです
イベント以外もまた一緒に走りましょう!

本当にお疲れ様でした!

いやいや北部パワー見せて頂きました(^.^)/
生で皆さんの勇姿を見たかったです!
私なら完全に息の根が止まってたと思います。

今度は山でエンデューロ(担ぎ、押し、背負い!)しましょう~♪

がんちゃんさん>
自転車遊びは、の~~んびり・ゆ~~ったりが基本の私ですが、
たまには競争もということでhappy01
今度がんちゃんさんも一緒にいかがですか??

七蔵さん>
なんだか、ホントに運動会のようで楽しかったです。
そして身体を動かした後の炭酸飲料最高です!
こういうイベントが地元でもあればイイのですが・・・。

やまちゃん>
見~て~る~だけ~というのはやはり不完全燃焼でしょうかhappy01
次回どこぞのレースイベントでガチンコ勝負ですpunch
ま、その前に若狭幹線林道へ海を眺めに行きましょう!

なべちゃん>
ご声援ありがとうございました。
今度はナベちゃんも参戦やね。
ま、その前にとりあえず、地元林道&トレイル制覇しましょう!

めがねカッパさん>
とりあえず、まだこの世には残ることが出来ましたhappy01
レースイベントのあとは、アドベンチャーライドですね!
山登りの準備をしておきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/57000881

この記事へのトラックバック一覧です: 吉井川MTB耐久レース2013 参戦の巻:

« 吉井川MTB耐久レース2013 参戦ちら見せ | トップページ | OGK カーボンボトルゲージ RC-12R 装着! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ