フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 林道ツーリングへの誘い | トップページ | 丹後半島半周オープンツーリング2013春 »

2013年4月20日 (土)

ナイナーと往く水源の里の林道縦走の巻

水源の里」の林道を走ろう!

 

綾部市では、過疎や高齢化の進む集落(限界集落)を『水源の里』と名付け、

平成18年12月に全国に先駆けて、「綾部市水源の里条例」を制定しました。

集落で失われつつある元気を取り戻すよう『上流は下流を思い、下流は上流に

感謝する』を合言葉に、集落再生と振興に取り組んでいます。

 

「水源の里(綾部市上林地区)」である。

そのネーミングの通り、自然豊かな素晴らしい地域。

アウトドア遊び、そして自転車遊びにも最適なお土地柄であるからして、

毎年、この水源の里地域を中心に「里山サイクリング IN 綾部(オンロード)」が

開催されているのだが、勿論MTB(オフロード)遊びにももってこい。

 

そんな水源の里の林道へちょっくらお邪魔してまいりました。

久々に走る上林地区の林道、舗装化の波が何処まで進んだのか気になるところ。

※実は何気に2009年12月以来だった・・・その時の模様はコチラ

それでは、いざ出発!

Cimg1099
 ↑ 府道481号線を上林方面へ

Cimg1100
 ↑ 黒石峠を越えてっと・・・

Cimg1102
 ↑ 上林地区に入り府道1号線を福井県境方面へ往く

Cimg1103
 ↑ 気温11℃ 自転車遊びには最適ですな~♪

Cimg1111
 ↑ 府道1号線から君尾林道方面へ

Cimg1112
 ↑ 待ってろお山!

Cimg1113
 ↑ 「林道 君尾線」 入口到着!

Cimg1114

Cimg1116
 ↑ それでは、いざスタート!

Cimg1118
 ↑ 最初の数キロは舗装路でのヒルクライム

Cimg1120
 ↑ マイナスイオンを浴びながらの走行shine

Cimg1121
 ↑ しかし、結構な勾配でございますsweat01

Cimg1122
 ↑ どんどん登り、標高も上がって参りました

Cimg1124
 ↑ 林道入口から3.13km地点(GARMIN調べ)で分岐
    黄矢印は引き続き林道、緑矢印は国宝の二王門へ

1kimi_2
 ↑ スパイ衛星(嘘)からの映像

Cimg1127
 ↑ せっかくなんで、ちょっと寄り道・・・二王門見物へ

Cimg1128
 ↑ 先程の分岐から約600mほど下って「光明寺」さんへ到着

Cimg1141
 ↑ 二王門へはさらに下る

Cimg1130

Cimg1131

Cimg1140
 ↑ 二王門が見えてまいりました

Cimg1134
 ↑ 国宝 二王門

Cimg1135

Cimg1136

Cimg1137

 

【光明寺 二王門】

推古天皇の時代に聖徳太子が創建したと伝わる光明寺にあり、

宝治2年(1248年)に建立されたとされています。

三間一戸、入母屋造の構造の二重門で、屋根は全国的にも珍しい栩葺です。

昭和29年に国宝に指定されました。

 

Cimg1139
 ↑ 見学を終え、いざ林道へ・・・遥か上にある道まで戻らねばdash

Cimg1145
 ↑ 林道との分岐まで登り返すの図

Cimg1143
 ↑ 途中からの眺望

Cimg1144
 ↑ 上図拡大・・・あやべ温泉が見えておりますな~spa

Cimg1125
 ↑ 林道との分岐に戻ってまいりました

Cimg1149
 ↑ 先程の分岐から少し上がった所に君尾山キャンプ場あり

Cimg1150
 ↑ 今から35年ほど前、小学生の時にココでキャンプした思い出に浸るの図

Cimg1151
 ↑ 林道入口から約3.23km地点で待望のオフロードスタート!

Cimg1155
 ↑ 固く締まった走りやす~い路面note

080127_014_4
 ↑ ちなみに綾部市一の豪雪地帯である上林地区であるからして、
    君尾林道も冬になるとこの通りsnow この時の模様はコチラをクリック

Cimg1156
 ↑ さて、前方に何やら看板が見えてまいりましたeye

Cimg1157_2
 ↑ オフロードスタートから約600mで分岐
    緑矢印:幻の大栃の木  黄矢印:引き続き林道

Cimg1159

Cimg1160

Cimg1161
 ↑ 二王門に引き続き、寄り道することにhappy01

Cimg1163
 ↑ 幻の大栃目指し進む

Cimg1164
 ↑ 大栃への入口から約500mで自転車走行不可・・・ここからは徒歩で

Cimg1165
 ↑ 案内看板に従い奥へと進む

Cimg1166
 ↑ 結構な斜面でございますsweat01

Cimg1167
 ↑ へ、へ、へ、こんなこともあろうかと、今回はシマノMT-91を装着済scissors

Cimg1168_2
 ↑ 倒木もなんのその!

Cimg1169
 ↑ 道が合っているのか不安になりかけた絶妙の頃合いで案内看板登場

Cimg1170
 ↑ ロープに従い先へと進む

Cimg1171
 ↑ さぁ、さぁ、もうスグかな!?

Cimg1172
 ↑ そして・・・到着~! コチラが「幻の大栃」でございますshine

Cimg1173
 ↑ 「京都の自然二百選」とのこと

Cimg1176
 ↑ どのくらい大きいのか? このくらい大きいです!

 

【幻の大栃】

所在地 綾部市五津合町大ヒシロ

綾部市の君尾山中腹にある光明寺付近は、森林浴のための林間歩道や公園、

キャンプ場として広く市民に親しまれています。ここには府の天然記念物の指定を

受けるトチノキが生育しています。樹齢は1000年~2000年とも言われ、

自然環境保全基礎調査(巨樹・巨木林調査)では主幹が10.4メートル、

樹高は23メートルもありました。樹種別で全国4位の巨木とされています。

林道から山道にそれてしばらく進み、急斜面のけもの道を下らないと

その姿を見ることができないところから、「幻」と形容されたのでしょうか。

※京都府ホームページより引用

 

Cimg1179
 ↑ 「幻の大栃」を堪能し、林道復帰

Cimg1181
 ↑ 林道入口から約4.29kmで分岐
    赤矢印方向は新しく拓かれた様子・・・正規ルート(黄矢印)へ

2kimi
 ↑ スパイ衛星画像より・・・現在白枠内に居る模様
    青矢印:走行軌跡 黄矢印:正規走行予定ルート 赤矢印:作業道へ

Cimg1182
 ↑ もはや林道の定番中の定番:倒木!

Cimg1184
 ↑ 林道入口より約6.52kmで記念碑発見

Cimg1185
 ↑ 林道竣工記念 右 君尾線 左 泉富線 と読める

Cimg1187
 ↑ 道自体は変わらないが、ココからは「林道 泉富線」となる

Cimg1189

Cimg1190
 ↑ 君尾線と泉富線・・・周りの景色に変化は無いのだが・・・

Cimg1191
 ↑ 君尾線より路面が荒れておりますsweat02

Cimg1192
 ↑ グランドキャニオン化した箇所もあり注意が必要danger

Cimg1193
 ↑ 比較的走りやすい路面になったかと思いきや・・・

Cimg1196
 ↑ 危険が一杯sweat01

Cimg1197
 ↑ 今にも崩れそう・・・マジやばいぞ、記念撮影してる場合じゃないdash

Cimg1198
 ↑ お~、この土塊は・・・

000rin_019
 ↑ 以前、こんな事をして遊んでいた場所じゃあ~りませんか!
    そう思うと、昔から自動車・自転車で遊んでたのね、この林道coldsweats01

Cimg1199
 ↑ おっと、当時はこんなに派手に崩れてなかったぞいsweat02

Cimg1203
 ↑ 遥か先にも見える林道・・・チェーンソー音が聞こえるんで作業中やね

Cimg1202
 ↑ 今から下るであろう道を見下ろすの図

Cimg1204

Cimg1205
 ↑ 快調ダウンヒル

Cimg1206_2
 ↑ 楽しかった林道も終点でございます

3kimi_4
 ↑ 黄矢印:府道1号線へ 赤矢印:胡麻峠へ

Cimg1207
 ↑ 走ってきた林道を振り返るの図(泉富林道入口)

Cimg1208
 ↑ さらに奥へ行くと(上図赤矢印方向)胡麻峠へ・・・次回の楽しみにしよう♪

Cimg1209
 ↑ とりあえず水源の里の清らかな水でタイヤを洗うcoldsweats01

Cimg1210
 ↑ 里へ下りるの図・・・アスファルト楽過ぎhappy01

Cimg1211

Cimg1214

Cimg1221
 ↑ 里の綺麗な桜と記念に一枚camera

Cimg1226
 ↑ 降りてきた道を振り返る・・・右側の建物は峠の無料休憩所「老富会館」

Cimg1225

Cimg1224

Cimg1227
 ↑ 府道1号線を帰路へ

Cimg1228
 ↑ 府道1号線名物? モーモーさんtaurusゾーンを横目に

130412

・コース 君尾林道~泉富林道~水源の里周遊コース(自宅発着)

・総走行距離 68.3km

・所要時間 4:08:44

・合計上昇量 1153m

・合計下降量 1153m

 

ここのところ、遠征林道ツーが多かったが、やはり地元:綾部の林道も走らねば!

ということで、走った、走った、楽しみました水源の里周遊コース。

まだまだ支線もあるので、それはまた次回のお楽しみということでwink

さぁ、さぁ、SDA王滝まであと1ヶ月ちょい・・・

それまでは走りまくりだぞいっsign01

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 林道ツーリングへの誘い | トップページ | 丹後半島半周オープンツーリング2013春 »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です
君尾林道~泉富林道は以前から走ってみたいと思いつつツーリングマップルを眺めてたので非常に参考になります、近いうちに走りたいと思います。

kazuhiroさん>
ありがとうございます。
君尾林道側から登ると、アスファルトでの登坂になりますので、
楽に登頂可能です。ただ、泉富林道側は路面が結構荒れてますので
ご注意を・・・。
また、今回は走っておりませんが支線もありますので、
さらに未舗装路を走行することも可能です(ピストンになりますが)。
また機会がありましたら、ご一緒したいですね~happy01

なつかしい写真だこと。
随分と走りに行って無いですねぇ。
GWも中三日が出勤だし・・・。
随分と後半は様子が変わったようで、走りに行きたいです!

nabe-anyさん>
どちらの写真も懐かしいでしょ!
舗装化の波も止まってますし、基本的には「あの頃」と変わってませんが、
やはり崩れてる所は崩れておりますな~・・・。
またいつものメンバーで行きたいですねhappy01

ARAさん、こんばんは。

まさにマウンテンな場所で眺めも素晴らしい!
二王門や幻の大栃など見どころいっぱいですね(^.^)
上林は妻のおばあさんが住んでいるんで
今度、山チャリ持って行こうかな・・
それにしても豪雪ドライブは強烈だ(^_^;)

めがねカッパさん>
おお~御親戚があるのですか~。
それはまたご訪問される時にでも林道突入してみてくださいhappy01
まだ支線があるので色々楽しめそうです。

今は王滝に向けてダブルトラックの林道をメインに走ってますが、
王滝後はシングルトラックのトレイルライドを楽しみたいと思います。
また是非是非ご一緒しましょうね~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/57149381

この記事へのトラックバック一覧です: ナイナーと往く水源の里の林道縦走の巻:

« 林道ツーリングへの誘い | トップページ | 丹後半島半周オープンツーリング2013春 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ