フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« NINERと往く 瀞川氷ノ山林道再び!チラ見せの巻 | トップページ | 林道走行後のプチメンテ実施の巻 »

2013年8月30日 (金)

私の王活! 瀞川氷ノ山林道ピストン100km走の巻

【瀞川氷ノ山林道】

美方郡香美町村岡区の国道9号線を起点に、兎和野高原・瀞川山・鉢伏山の

山麓を経て養父市大久保のハチ高原に至る鉢・瀞川ルートと、

養父市福定から県下最高峰の氷ノ山(1,510m)の山麓を通過し、

養父市大屋町の奥山国有林と宍粟市波賀町の坂の谷国有林を経て、

宍粟市波賀町戸倉の国道29号線に達する氷ノ山ルートを併せた林道。

沿線の大半が氷ノ山後山那岐山国定公園内にあり、1000mを超す山々をはじめ、

渓谷・滝・高原・原生林・巨木など豊かな自然に恵まれています。

瀞川山頂部には、林道では大変珍しい1.2㎞の直線ライン等見どころ一杯の

林道となっております。

 

いよいよ、いよいよ、迫って来た「SDA王滝 9月大会」。

諸事情により、5月大会はDNSとなった私・・・

その後FUNライドはするものの、5月大会前のようにストイックな走行は

出来なかったので、ここに来てそれではイカンですと、

自分自身に追い込みを掛けなきゃイカンですバイということで、

今回、林道100km走を敢行することに。

 

ただ、地元にそんな長い林道は無し。

5王前に地元の「林道 君尾線」を3.5往復し100km走破したが、

さすがに同じ所を行ったり来たりするのは精神的にヒジョーに辛い・・・。

※精神崩壊したその時の模様はコチラ→「SDA大岩の滝100km走

う~む、比較的近場で長距離を走ることの出来る林道は・・・

お!アソコがあるじゃないか!

 

ということで今回そのステージに選んだのは・・・

7月に酒池肉林のMTB親父キャンプを堪能しまくった「瀞川氷ノ山林道」。

北ルート&南ルートを走ればワンウェイで約50kmあるぞっと。

これなら1往復だけで100km走破だ。

さぁ、1人きりの王滝合宿、迷子にならず無事走り切ることが出来たのでしょうか?

早速リポート開始っ!

 

Cimg1114
 ↑ 早朝3時起き、4時出発で兵庫県養父市入り

Cimg4816
 ↑ 着いた所は国道9号線沿いにある「道の駅 村岡ファームガーデン」
    今回はピストン走ということで、林道入口傍のコチラを発着点とする

Cimg4815
 ↑ NINERちゃんの走行準備をしてっと・・・

Cimg4817
 ↑ 村岡ファームガーデン内にある「牛」さんと記念撮影したら・・・

Cimg4818
 ↑ いざ出発!
    今回は王滝練ということで、本番で使用するバッグ類を装着しての走行
    ※モンベルステムバッグトピークエアロウェッジパック L

Cimg4819
 ↑ ファームガーデンから400m程度鳥取方面へ行った所に入口が

Cimg4820
 ↑ 大きな標柱ありcamera

Cimg4821
 ↑ 「とろかわばし」を渡り、お山へ

Cimg4822
 ↑ さぁ、ココから私の王活開始っ!

Cimg4823
 ↑ 長~~い登りの始まり始まり

Cimg4825
 ↑ 予報では晴れだったが・・・う~~む、怪しいな~降りそうやんsweat02

Cimg4826
 ↑ スタートして数キロは舗装路なので寝起きの脚馴らしにはもってこい

Cimg4827
 ↑ 1km毎に案内柱があるので目安になる

Cimg4830

Cimg4829
 ↑ 先月走ったばかりの瀞川氷ノ山線・・・今回もお世話になりま~す

Cimg4831
 ↑ ダート路面スタート

Cimg4833
 ↑ 相変わらずエエ雰囲気の林道ですな~

Cimg4839_2
 ↑ な~んて思ってると、ついに雨が! しかも結構ザーザー降りrain

Cimg4832
 ↑ でもココは山の中・・・自然の傘のおかげで、まだ我慢出来るぞっと

Cimg4834
 ↑ ダート、アスファルトを繰り返しながらグングン登る

Cimg4838
 ↑ 路面は完全にウエットに・・・

Cimg4836_2
 ↑ モンベルステムバッグ・・・撥水効果バッチリで中身は安心

Cimg4845_2
 ↑ しっかし、降雨のため路面がヌタヌタだぞ・・・

 

早朝6時に「道の駅 村岡ファームガーデン」をスタート。

今回はピストン走ということで、無事走破出来れば同じ場所へ帰ってくる予定。

7月に走ったばかりではあるが、往路は前回と逆走ということで新鮮な気持ち。

しかし・・・天気が悪いんだよな~・・・

スカッと爽やかな青空の下、走るつもりだったのだがdown

なんて思っていると、遂に降りだす雨、雨、雨。

もはやザーザー降りrain

今回に限って雨具を用意して来なかった私・・・

雨中走行は慣れているのだが、さすがにカッパちゃん無しは辛い。

しかもココは高原・・・

Samui2_2

Samusugi

そうなのだ、そうなのである。

ココは高原、とにかく寒い、寒すぎるのである。

ヤバイ・・・

下界ならスグに使い捨てのカッパでも買うところだが、何もない山中。

これは下手をすれば命に関わるんじゃなかろうか??

 

Poki_3

 

あ、なんか今、心の折れる音が・・・

も、も、もう帰っちゃおうかな・・・

とりあえず、例の “アレ” だけ見てから考えよう・・・

 

Cimg4840

Cimg4841
 ↑ そうこうしている内に「瀞川平カラマツ並木駅」に到着
    瀞川平ということは例の “アレ” が・・・note

Cimg4849
 ↑ 例の“アレ” ・・・瀞川氷ノ山線名物 1.2kmの直線!
    しかしながら悪天候の為、先まで見通しがきかないぞcoldsweats02

Cimg4854
 ↑ でもせっかくなんで、愛機を記念撮影camera

 

登って、昇って、上り倒して、ようやく辿り着いた1.2kmの直線道。

やはりココの眺めは格別どすな~。

つい先程まで結構本気で帰ろうと思っていたが、

この素晴らしい景色を見て気が変わる。

せっかくココまで来たんだから、とりあえず鉢伏高原まで行ってみよう。

そこでもまだ雨が降り続くようなら、今回は勇気ある撤退ということで、

南ルートはパスし、北ルート往復のみで帰るとしよう。

そうと決まれば、まずは寒さ対策だ!

 

Cimg4856
 ↑ 取り出しましたる1枚のコンビニ袋・・・一体コレをどうするのか??

Cimg4857
 ↑ ビブショーツの左右肩紐に結びます

Cimg4859
 ↑ ジャジャーン! 簡易型の防風保温ベストの完成~shine
    コンビニ袋で身体の前面を覆うことによって体温の低下を防ぎます

Cimg4855
 ↑ さぁ、気を取り直して出発だ!

Cimg4863

Cimg4864
 ↑ 「瀞川山山頂すぐ駅」 を通り過ぎ・・・

Cimg4866
 ↑ 雄大な眺めを横目に・・・

Cimg4869

Cimg4870
 ↑ おっと、ココは前回みんなで記念撮影した所だぞ

Cimg4871
 ↑ ハチ北ゲレンデからの眺めをチラ見eye

Cimg4872
 ↑ ガレた路面もなんのその!

Cimg4874
 ↑ 「氷ノ山展望駅」で撮影休憩・・・ココまで来たら

Cimg4875
 ↑ あとは・・・舗装路でダウンヒル

Cimg4876
 ↑ おお、見えてまいりました鉢伏高原

Cimg4877
 ↑ コンビニ袋を利用した簡易保温ベストが活躍し無事下山

Cimg4881
 ↑ さぁ、このまま南ルート突入か? 引き返すのか?

Cimg4882
 ↑ 豪快にダウンヒル! ということは・・・行きます南ルート!

Cimg4883
 ↑ ガンガン下って、宿場を抜ける
    ガンガン下ってるということは・・・帰りは激登りやんsweat01

Cimg4885
 ↑ 青矢印・・・下って来た道(県道87号線)
    黄矢印・・・瀞川氷ノ山線南ルートへ

Cimg4884
 ↑ コスモスに埋もれているが氷ノ山登山口&林道の案内柱あり

Cimg4886
 ↑ 天気はスッキリしないが、おかげさまで雨が止んでくれたので先へ

Cimg4887
 ↑ 少し先へ進むと・・・ん? 学生さんが走ってるぞ・・・部活? 合宿??

Cimg4889
 ↑ 結構ええペースで走る学生さんを必死で抜き去る! ゼェ~ゼェ~sweat01
    やっぱね、コッチも自転車乗車の意地ってものがあるからね~

Cimg4890
 ↑ 必死こいて抜いたと思ったら、先にはまた別の学生さんの姿が・・・sweat02
    走ってる人と同じペースってのもアレだし、離されていくのも屈辱
    先程抜かした学生さんに追いつかれるのはもっと屈辱・・・
    ここは脚売り切れ覚悟で前へ出なければ!

Cimg4892
 ↑ 抜いても抜いてもランナーの姿が・・・もう堪忍して・・・

Cimg4893
 ↑ お、なんかロッジ?が立ち並ぶ所へ出たぞ・・・(氷ノ山国際スキー場)

Cimg4894
 ↑ うぎゃ! も、も、もう限界ッス

Cimg4896
 ↑ ランナーとのデッドヒートを繰り返す間に「逆水自然公園駅」到着
    どうやら学生さんはココがゴールの様子 ハァー良かった・・・

Cimg4895
 ↑ ここからダート路面スタート・・・やっとマイペースで走れるぞっと

4249246_orig
 ↑ 氷ノ山東尾根の登山口があるので、登山者の姿が・・・

Cimg4899

Cimg4901
 ↑ 未舗装路、舗装路と交互に走行

Cimg4902

Cimg4900

Cimg4903
 ↑ 滝などの見所たっぷり林道なのだが、停車して撮影をする余裕なし

Cimg4904
 ↑ おお、ようやく晴れ間がnote

Cimg4905
 ↑ お天気回復で精神的余裕が・・・「湿地環境守ろう駅」にて停車記念撮影

Cimg4908

Cimg4910
 ↑ ひ~こら、ひ~こら、登っております

Cimg4912

Cimg4911
 ↑ なんとか「大段ヶ平」まで到達

Cimg4913
 ↑ さぁ、ガンガン下りまっせ~!

Cimg4916
 ↑ しっかし、素晴らしい林道やな~

Cimg4921
 ↑ 下って、下って、ようやく南ルート入口付近まで辿り着いたぞっと

Cimg4920
 ↑ コチラが南ルート入口にある、かの有名な?ヤマメ茶屋さん

Cimg4917
 ↑ 北ルート&南ルートを走り切り、案内図前にて記念撮影camera

Cimg4918
 ↑ ここまでの片道は47.78km

Cimg4923
 ↑ 今回はピストン走ということで、気合を入れて登り返し!

Cimg4925
 ↑ しかし、もうすでに疲れ切っておりますよオジサンは・・・sweat02

Cimg4928
 ↑ エエ雰囲気でしょ、でもヘロヘロ・・・

Cimg4929
 ↑ あまりにシンドイので小休止

Cimg4930
 ↑ 登って来た道を振り返るの図

Cimg4931
 ↑ 大自然よ、オラにパワーを分けてケロ~!

Cimg4934
 ↑ パワーを分けてもらい、再び走り出すの図

Cimg4933
 ↑ 坂ノ谷コース登山口前通過

Cimg4935

Cimg4936
 ↑ ガンガン登り返し、「大段ヶ平」まで戻ってまいりました

Cimg4937
 ↑ ここからは、しばしダウンヒル

Cimg4938
 ↑ エエ天気になってきましたなnote

Cimg4939

Cimg4940
 ↑ やはり明るい林道は安心感が違いますなhappy01

Cimg4941
 ↑ 今回は平日ということもあり、よく作業者(車)さんを見掛けましたな

Cimg4942
 ↑ 学生さんとデッドヒートを繰り広げた氷ノ山東尾根登山口まで戻る

Cimg4943

Cimg4945

Cimg4944
 ↑ この頃になると天気はすっかり回復sun

Cimg4946
 ↑ 南ルート最後のダウンヒル

Cimg4947
 ↑ 県道87号線到達で南ルート無事走破! さぁ、次は北ルートだ!

Cimg4948
 ↑ しかし、北ルート入口までには厳しく険しい登りが・・・

Cimg4949
 ↑ あまりに厳しい登りのため、景色など撮ってる余裕は全くもって無いのだが
    現役消防団員としてこういう他の消防団の詰所とかって気になるのよね~

Cimg4950
 ↑ いや、ほんまね、後半の体力の無い時にココの登りはアカンてsweat01

Cimg4951
 ↑ 半泣きになりながらも、なんとか鉢伏高原まで戻ってまいりました

Cimg4952
 ↑ 自販機がある内にココで栄養補給!
    リアルゴールド&ブラックコーヒーを一気飲み!

Cimg4953

Cimg4954
 ↑ さぁ、残すは北ルートのみでございますshine
    ほんの20km程度かな・・・ゲッ!まだ20kmもあるの!?

Cimg4955
 ↑ 人口建造物とも暫しのお別れ・・・お山へ突入!

Cimg4956
 ↑ 舗装路を一気に駆け上がり・・・

Cimg4958
 ↑ ダートを駆け下りる・・・

Cimg4959

Cimg4960
 ↑ 下りでもダート路面は休めないんだよな~coldsweats01

Cimg4961
 ↑ 疲れた身体は絶景を見て癒す!

Cimg4962
 ↑ ゲッ! 向こ~~うに見えるアソコまで行くんだよね・・・sweat02

Cimg4964
 ↑ プチ心が折れ、座り込んで休憩中の図

Cimg4967
 ↑ プチ復活したら記念撮影に精を出す

Cimg4965
 ↑ 素晴らしいロケーションでしょhappy01

Cimg4969

Cimg4971
 ↑ 棚田・・・古き良きニッポンって感じですな~

Cimg4972
 ↑ 最後の力を振り絞り走りまっせ~dash

Cimg4973
 ↑ 「瀞川山山頂すぐ駅」にて

Cimg4976
 ↑ そして! 遂にココまで戻ってきましたよん!

Cimg4977
 ↑ 朝と違い、今度は視界スッキリshine

Cimg4978
 ↑ 1.2kmの直線を走る!

Cimg4981
 ↑ 何度見てもココはサイコー!

Cimg4984
 ↑ 「はちまき展望駅」にて・・・ココまで来たら終点は近い!

Cimg4985
 ↑ ダート路面もあと少しで終了
    この頃になると考えることはただ一つ・・・温泉! 飯! 温泉! 飯!

Cimg4986
 ↑ 刻々と感動のゴールへ近付いております
    温泉! 飯! 温泉! 飯!

Cimg4988
 ↑ 里へ下りてまいりました
    おんせーーーーーん! めーーーーーし!!

Cimg4990
 ↑ そして今、北ルート&南ルート往復走走破~sign01

Cimg4994
 ↑ 発着点の「村岡ファームガーデン」に無事帰着!

Cimg4997
 ↑ お疲れ様自分! ありがとう牛~!

Cimg4999
 ↑ そして何より、無事私を導いてくれたNINERちゃんありがと~~sign03

1389361_orig
 ↑ 激闘のあと

Cimg5001
 ↑ 帰ったら綺麗にしなくっちゃ

130828

【林道 瀞川氷ノ山線 往復】

総走行距離 95.31km

合計上昇量 3318m

合計下降量 3260m

 

そんなわけで、走った、走った、半泣きになりました。

王滝練と称し、林道ピストン100km走を試みた今回の瀞川氷ノ山。

いや~ホンマ疲れましたわ・・・

前回の地元:綾部の林道100km走よりも遥かに疲れた今回・・・

やはり前半の悪天候で思いのほか体力を削られていたのでしょうな。

着衣・装備の重要さが再認識できた今回の林道走で御座いました。

 

今日の一言

“山をナメちゃなんね~”

 

今回のオマケ画像

1377678087790_4
 ↑ 完走のご褒美は勿論、温泉!

Cimg5004
 ↑ そして飯!

Cimg5005
 ↑ やっぱコレでしょ~~sign01

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« NINERと往く 瀞川氷ノ山林道再び!チラ見せの巻 | トップページ | 林道走行後のプチメンテ実施の巻 »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

フレッシュ サトウの防寒ベスト素敵です!
王滝が迫って来ましたね。
週末の雨で思うように走れてなくて、焦る、焦る…
お盆休みに走りまくって良かったです。
王滝終わったら、氷ノ山ツーリングしたいなー♪

この路面と峠道を100kmとは・・・
ごちそうさまでした(^O^)

あれ?抜いても抜いても同じ学生さんと同じハイカーが現れる・・・というオチかと思ったんですが(^_^;)

お疲れさまー。
やはりお山を長距離走るときは防寒対策重要だね。
補給も大事だし、ロードと違って深いな。think

お疲れ様
懐かしかった
私は毎日Yahooの雨雲ズームレーダーを見ていて、周りがいい天気だっても、氷ノ山のあたりに雨がよく振っていますね。
やっぱり高い山に行くとチャント用意をしなければなりませんね。
あのビニール買い物袋のベストは素晴らしいアイデアでした。賢い~

Mayuminさん>
お、「さとう」 がお分かりになるのですね!
買い物袋に、防風ベストに、何でも活用できて便利ですhappy01

瀞川氷ノ山・・・素晴らしい林道ですので、是非是非!
日程が合えばご一緒したいですね。

七蔵さん>
相変わらず林道100kmは辛いです・・・coldsweats01
素晴らしいロケーションの林道なので、のんびりツーリングには
もってこいの場所なんですが・・・。
MTBでないと、走破は困難ですが、また機会がありましたら
是非ご訪問ください。

やまちゃん>
やはり装備は大事ですね~。
下界に居たなら、何とでもなるのでそれほど考えることもないのですが、
山の中はセルフディスカバリーですもんねー。

Aoraki師匠>
レジ袋は便利ですね~。
ヘルメットカバーにも、シューズカバーにも、そして防風ベストにもなるし、
最後は自分の食べた補給食のゴミ入れにもなりますからね~。
MTBライドの必需品です。

ARA!さん   頑張りましたね
寒かったみたいで大変だったでしょう?
これで大滝、完走間違いなしですね 頑張ってきてね!

大滝終わったら紅葉の季節に、また、瀞川氷ノ山林道走りに行きましょう
今度は絶対全コース走りたいから・・
10月の3連休なんてどうですか?
今度は逆水自然公園あたりでキャンプもいいね

がんちゃんさん>
紅葉時期の瀞川氷ノ山・・・サイコーでしょうね~。
また皆で日程を調整して行きたいものです。
10月3連休O.Kだと思いますよ~。
また「がんちゃんさんプロデュース」で告知されますかhappy01

お疲れ様でした 流石ARAさんならではの鍛え方!スゴイ
レジ袋は万能ですね。さとうも良いですが、
コメリの袋を使うとルコックに見えるかも知れませんよ!
お試しあ~れ~chick

Mackeyさん>
なるほど!コメリのレジ袋だと「 le coq 風」ですね。
さすがマッキーさんならではの視点!
よ~し、次回からはレジ袋にもこだわるぞっと!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/58042335

この記事へのトラックバック一覧です: 私の王活! 瀞川氷ノ山林道ピストン100km走の巻:

« NINERと往く 瀞川氷ノ山林道再び!チラ見せの巻 | トップページ | 林道走行後のプチメンテ実施の巻 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ