フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

日本三景の街:宮津MTB登山 悶絶の西峰編

京都府宮津市・・・

京都府の北に位置する市で、人口19,907人(H25.8.31現在)。

京都府北部随一の観光名所:日本三景「天橋立」がある街。

海に山に、素晴らしいロケーションが豊富にあり、自転車遊びにも最適な街である。

私も今シーズン3月、6月、8月 とMTBツーリングに訪問させていただいた訳だが、

宮津の何たるかを語るにはまだ早い! もっと素晴らしい所がたくさんあるぞ!

ということで、今回4度目の上陸と相成ったのである。

 

※過去3回の絶景ツーリングの模様はコチラ

絶景!日本三景:天橋立を望む杉山林道へ初遠征の巻

日本三景を望む絶景林道遠足ライドの巻

日本三景の街:宮津お盆ライド!の巻

 

今回のホスト役は・・・弊ブログでもすっかりおなじみ!

宮津市在住のNZ人:アオラキMTB師匠

さぁ、一体どんな楽しいツーリングになったのやら?

早速リポート開始っ!

 

Cimg7376
 ↑ 本日は晴天なり! 我が街:綾部から宮津市を目指す

Cimg7377
 ↑ 集合場所に到着・・・お、もうすでに参加者がいらっしゃるぞ!

Cimg7378
 ↑ マシン準備を済ませたら・・・エネチャージ!

Cimg7380
 ↑ そうこうしている間に参加者が続々と集結!

Cimg7381_2
 ↑ 皆さんお集まりいただいたところで、ライダーズミーティング開催

 

絶好のMTB日和の下、日本三景の街:京都府宮津市にMTBer集結!

今回の参加者は・・・

○主催のアオラキ師匠 「アオラキ・マウンテンバイク・ブログ

○アオラキ師匠の盟友:地元のめがねカッパさん 「山チャリMTB日記

○福知山市からチームへろへろ輪:がんちゃんさん 「大江山のふもとから

○綾部市から我ら麺通団(東):やまちゃん 「やまちゃん@麺通団(東)

○綾部市から骨折名人さん

○福知山市からhirotoさん

○福知山市からHさん

○舞鶴市からkazuhiroさん

○大阪!からmasa100909さん

 

以上のメンバーに私を加えた総勢10名!

いや~楽しい! 集合場所の時点ですでに楽しい!

もうね、ほんまね、遠足前の子供ですわ

さぁ、一体どんな楽しい遠足になるのか?

早速レポート開始っ!

 

Cimg7382
 ↑ まずはスーパーでお買い物

Cimg7383
 ↑ それでは出発!

Cimg7384_2
 ↑ いや~ほんまエエ天気ですよ~

Cimg7385
 ↑ 周りの雰囲気といい、道路の幅員といい、峠越え臭がプンプンしますな

Cimg7386
 ↑ やっぱり・・・軽~く峠を越えたところで小休止

Cimg7388
 ↑ 峠を越えては、また峠の図

Cimg7387
 ↑ どんどん登ります

Cimg7390
 ↑ 長~~い坂道をひたすら登っております

Cimg7389
 ↑ それもそのハズ、今回の目的地は前方の山だもん!

Cimg7391
 ↑ 峠を登り切った所で小休止

Cimg7392
 ↑ ココで地元:めがねカッパさんは所用で離脱・・・引率ありがとうございました

Cimg7393
 ↑ 再出発! 宮津から舞鶴市へ入ります

Cimg7394
 ↑ 市境から調子よくダウンヒルし、着いた所はとあるお山の登山口

Cimg7395
 ↑ この時初めて今日の目的がツーリングではなく登山だと知らされる参加者達

Cimg7397
 ↑ 案内板にてルート説明をする師匠

Cimg7398

Cimg7399
 ↑ 秀逸な案内板のセリフ(黄線)・・・よ~し撮りまくりまっせ~!

Cimg7400
 ↑ それでは、お山へGO!

Cimg7401
 ↑ 今回の 「1番遠くから参加で賞」 は大阪は吹田からご参加のmasa100909さん
    いつもツイッターでお世話になっており、ようやくご一緒出来ました

Cimg7434
 ↑ ちなみに・・・masa100909さんの愛車はゲイリーフィッシャー

Cimg7403
 ↑ どんどん奥へ・・・それらしい雰囲気になってまいりました

Cimg7404
 ↑ 今回は林道を往復し、お山を楽しむことに
    まずは西峰から・・・約4kmやね(果てしなく長い4kmだった)

Cimg7405
 ↑ 登り始めてスグは整地された走りやすい路面

Cimg7406
 ↑ エエかんじでしょ

Cimg7407
 ↑ でもね、勾配10%程度で延々と登るんでシンドイっす

Cimg7408
 ↑ そやけど自然は素晴らしい

Cimg7409
 ↑ でもやっぱり登りはキツイっす

Cimg7410
 ↑ 未舗装、コンクリート舗装を交互に繰り返しながらの登坂

Cimg7411
 ↑ スタート後、約1kmあたりから路面が荒れ始める・・・台風の影響か?

Cimg7412
 ↑ 勾配はキツイし、路面は荒れ始めるし、ということで小休止

Cimg7414
 ↑ しっかし、エエ天気やね~ 絶好の登山日和

Cimg7418
 ↑ 水分補給を済ませたら・・・師匠と私、同い年コンビ(45歳)で仲良く登坂

Cimg7419

Cimg7420

Cimg7421

Cimg7422

Cimg7423

Cimg7424

Cimg7425

Cimg7426

Cimg7427

Cimg7428
 ↑ 皆さん、それぞれのペースで登坂中

Cimg7429
 ↑ 目的地はアソコだぞ!とアオラキ師匠

Cimg7430
 ↑ 真新しいコンクリート舗装の上を往く

Cimg7431
 ↑ エエかんじの林道なのだが、すぐに全線コンクリ舗装かな

Cimg7433
 ↑ ひ~涼しいけど暑い! 絶景を前に小休止・・・休んでばっか

Cimg7435
 ↑ 徐々に “押し” が入り始めました

Cimg7436
 ↑ さぁ、登山口まではもうひと踏ん張り!

Cimg7437

Cimg7438
 ↑ 黙々と登るの図

Cimg7440
 ↑ 勾配といい、適度な荒れ具合といい、王活にエエかもココ

Cimg7439
 ↑ しかも周りはエエ雰囲気やし

Cimg7441
 ↑ 麓から約3km、登り飽きてきた頃?林道から遊歩道へチェンジ(黄矢印方向)

Cimg7442
 ↑ ジープロードからダブルトラックへ

Cimg7443
 ↑ 突入!

Cimg7444
 ↑ では私も!

Cimg7445
 ↑ うっひょ~! いきなり楽しいぞ~!

Cimg7446
 ↑ 遊歩道に突入してスグの所にある案内板

Cimg7447
 ↑ さぁ、ココから乗車できるギリギリの勾配がスタート

Cimg7448

Cimg7449

Cimg7450

Cimg7451_3

Cimg7452

Cimg7453

Cimg7454
 ↑ 押す、押す押忍!

Cimg7456
 ↑ みんな仲良く1列棒状

Cimg7457
 ↑ 土砂崩れ跡もなんのその!

Cimg7458
 ↑ 必死で押し、押し、ふと目線を横に・・・木々の間から見えたのは・・・

Cimg7459
 ↑ 上図UP! 遥か下に我々が登って来た林道が見えております

Cimg7460
 ↑ さぁ、もうひと踏ん張り、ふた踏ん張り、登ろう!

Cimg7461
 ↑ 乗れるところは乗る!

Cimg7462
 ↑ 4km弱登ったところで少し開けたところへ

Cimg7463
 ↑ コチラの案内板

Cimg7464_3
 ↑ さらに・・・少し登った所に道標が

Cimg7465
 ↑ 道標の西峰(赤矢印)・・・左へ切り返していくコースはかなりの急勾配との事
    我々は勿論、ゆるやかな東峰方向(黄矢印)へ

Cimg7466
 ↑ 道標からはエエかんじに乗車可

Cimg7467

Cimg7468

Cimg7469

Cimg7471
 ↑ いや~エエかんじやわ~

Cimg7472
 ↑ 麓から5km弱で東屋へ到着

Cimg7473_2

Cimg7475_2
 ↑ うひ~~疲れましたよ~ ということで休憩中の図

Cimg7474
 ↑ ここでハプニング! 師匠パンク!
    おかげさまで、ゆっくり休めました

Cimg7476
 ↑ パンク修理も終え、西峰へ向けてGO!

Cimg7478
 ↑ 倒木もなんのその!

Cimg7479_2
 ↑ どんどん押したその先には・・・

Cimg7480
 ↑ おお? おお!?

Cimg7481
 ↑ おお~! 海~~!!

Cimg7482
 ↑ 西峰頂上は近いぞ!

Cimg7484
 ↑ さぁ、急げ! やれ急げ!

Cimg7486
 ↑ そして・・・到着~~~!!

Cimg7492
 ↑ スカイツリーとほぼ同じ高さでございます

Cimg7491

Cimg7490
 ↑ どーですか奥さん、この絶景!

Cimg7489
 ↑ 日本三景:天橋立もバッチリ ビューティホー

Cimg7488

Cimg7493
 ↑ 絶景をバックにパチリ

 

そんなわけで、上った、昇った、登りましたの「由良ヶ岳 西峰」。

お気楽ツーリングと思いきや、実はMTB登山!

師匠のブログでは、登山をするなんて一言も書いていなかったので、

まさに 「開けてビックリ玉手箱」 状態の本ツアー。

ま、師匠と私の罠ですコレは

んで、苦労して登ったご褒美は素晴らしい景色!

シンドイ思いをした分、感激もひとしおですね

 

さぁ、これでツアーは終了?

いえいえ、まだまだこれからで御座います。

このあと我々は、さらなる絶景を求めて「東峰」に向かうのでありました。

そのお話しはまた次回 「恍惚の東峰編」にて!

お楽しみに~!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月29日 (日)

日本三景堪能!MTBトレッキングちら見せの巻

そんなわけで、上った、昇った、登りましたの宮津MTBツーリング。

いや~楽しかった、じ・つ・に・楽しかった

今宵は恒例のチラ見せで・・・。

ジープロードあり、シングルトラックあり、押しあり、グルメありの、

ヒジョ~に濃密なライドを楽しませていただきました。

Cimg7396

Cimg7402

Cimg7413

Cimg7416

Cimg7432

Cimg7460

Cimg7483_3

Cimg7493_3

Cimg7502

Cimg7511_2

Cimg7514

 

詳細レポートは後日!

 


にほんブログ村

2013年9月28日 (土)

今秋は宮津市にMTBer全員集合!の巻

Miyadu_4

                                                                    

今秋は宮津が熱い!

 

弊ブログでもすっかりおなじみ、日本三景の街:京都府宮津市在住の

NZ人MTBer:「アオラキ・マウンテンバイク・ブログ」管理人アオラキ師匠。

彼のMTBに対する想い、自然を愛する想いは国境を越える!

今秋、アオラキ師匠プロデュースによるMTBツーリングが続々開催!

アナタも宮津の素晴らしい自然の中をライドしませんか!?

 

①第1回 秋の宮津ライド 「ミステリー山ライド」

日   時  9月29日(日) ※雨天中止

集合場所  宮津市 京都府総合庁舎駐車場

集合時間  AM10:00

内   容  師匠の案内により、MTBトレッキング!

        お山の頂上で素晴らしい眺めを見ながらランチと洒落込む。

 

②第2回 秋の宮津ライド 「ベスト・オブ・ザ・ベスト」

日   時  10月20日(日) ※雨天中止

集合場所  宮津市 京都府総合庁舎駐車場

集合時間  AM9:00

内   容  師匠の案内により、宮津の素晴らしいTOP2林道をつないで    

        「宮津林道フルコース」ともいうべき贅沢なMTBコースを楽しむ。

 

1975053_orig_2

1741333_orig_4

2408416_orig

6320784_orig

5938317_orig

                                                                

注意事項

※林道に突入しますと、水・食料を調達出来ませんので十分な量をご持参下さい

※パンク・怪我等、不測の事態に備えた装備をご持参下さい。

※走行に関する一切は自己責任ということでご了承下さい。

※災害等の影響で通り抜けが出来ない、思うように走行出来ない事態が

  あるかもしれませんがご了承ください。

※開催判断ですが、前日17:00のYahoo!天気予報で宮津市に雨マークがあり、

  降水確率40%以上の場合、順延になります。

  その場合はアオラキ師匠のブログをご覧ください。

 

参加希望の方がいらっしゃいましたら、アオラキ師匠のブログ

コメント欄に一言お願い致します。

アオラキ・マウンテンバイク・ブログ

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月27日 (金)

SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】

さて、SDA王滝ネタである。

来年に向けての備忘録・・・今回は【装備編】である。

 

補給食について・・・

Cimg0831

Cimg2312

↑ 補給食収納には「モンベル ステムバッグ #ブラック」 を使用。

ハンドル上にセット出来ることで、走行中の補給を容易にしてくれた立役者。

ハンドルバーとステムにベロクロで固定するのだが、激しくガレた路面の下りでも

外れることや、破損することなく、最後まで私の補給食を死守。

 

Cimg5076

↑ 携行した補給食はこのとおり。

①スーパーヴァーム顆粒 × 1

②パワージェル BLACKCURRANT ×12

③ハニースティンガー バナナ味 ×4

④パワーバー  × 2

⑤塩分補給 天日塩

⑥アミノバイタルGOLD ×3

 

スーパーヴァームはスタート30分前に飲用。

メインの補給食はパワージェルとハニースティンガーで30分に1回補給。

合計16ショッツは見事完食。

パワーバー(固形)は、CPで停車した際に食す。

2個携行し、1.5個分消費。

脚攣り防止の天日塩は適時補給。

おかげさまで深刻な脚攣りは無し。

アミノバイタルGOLDはCP毎に飲用。

 

Cimg5069

①グリコCCDドリンク ×4

②メイタンCCC ×2(画像では4つだが、実際の使用は2つ)

水分補給はハイドレーションシステムを使用。

CCD2リットルの中にメイタンCCCを2個入れるという荒業で、

水分からもカロリーを摂りまくる作戦を決行。

最終消費量は1.5リットル程度。

コース上に多数ボトルが落ちていたことを考えると、

私的にはハイドレーションシステムで正解であった。

 

緊急用装備品について・・・

Cimg2389

緊急用装備品はトピークのエアロ ウェッジ パック Lに携行。

中身は・・・↓

Cimg5070_2

①29インチ用替えチューブ ×2

②IRCチューブレス用タイヤレバー ×2

③携帯ポンプ トピーク ハイブリッドロケット MT

④トピーク CO2ボンベ25g ×1

⑤ParkTool  TB-2(タイヤブート) ×3

⑥LEZYNE スマートキット(パンク修理キット)

⑦高強度アルミガムテープ 適量

⑧ナイロンバンド 適量

⑨チェーン関係
 (ミッシングリンク、チェーンコマ、コネクティングピン&バルブコア脱着工具)

⑩チェーンオイル 適量

⑪クランクブラザース 携帯工具マルチ19

⑫マキロン殺菌消毒薬

⑬滅菌済ワンタッチパッド(広範囲用絆創膏)

⑭バンドエイド 適量

⑮ディスポザブルグローブ

⑯鎮痛剤

⑰小林製薬コムレケア錠剤(足つり、こむらがえり、筋肉のけいれん防止)

 

おかげさまで、緊急用装備の出番は無し。

よかった、よかった。

全ての装備品はチャック付のナイロン袋に入れていたので、

今回の天候でも直接濡れることは無かったが、バッグ内には水・砂の浸入あり

やはりサドルバッグそのものをナイロン袋等で覆うなどして、

防水&防塵対策した方が、あとの手入れが楽。

振動によりストラップが切れる、ジッパー部が壊れる等のトラブルは一切なかった。

 

着衣に関して・・・

レース当日実際に着用したモノ↓

Cimg1426
 ↑ ヘルメットは・・・OGK MS-2

Cimg1419
 ↑ サイクルジャージは・・・GRIDE SS-05ショートスリーブ

Cimg2459
 ↑ ビブショーツは・・・パールイズミ プレミアム ビブパンツ T250-3DNP

090816_002
 ↑ インナーウエアは・・・OUTWET SLP2

Cimg2246
 ↑ アームカバーは・・・C3fit パフォーマンスアームカバー

Dscf4955
 ↑ グローブは・・・ERGON HX2 フルフィンガーグローブ

Cimg4141_2
 ↑ 大事なあんよは・・・CW-X ジェネレーター

Cimg5090
 ↑ 靴下は・・・PIP SPORTS アクティブウォーク ウォーキングソックス

Cimg2470
 ↑ シューズは・・・SIDI ドミネーター5フィットメガ2013

Cimg2638
 ↑ インソール(右)は・・・ショックドクターSP0932 プロテクティブインソール

Cimg5143
 ↑ 悪天候ということでカッパは・・・HiPORA レインジャケット MKJ-101
    レーススタートからゴールまで着っぱなしであった

 

そして!特筆すべきは・・・

Cimg0062
 ↑ アイウエアは・・・ホームセンターで買った保護メガネ!
    保護メガネ SG-515C 株式会社トップマン ¥398なり

Cimg0065
 ↑ メガネには100均製カラビナ付ナイロンチェーンで脱落防止

 

今回は悪天候ということで、手持ちのクリアレンズのモノ・・・保護メガネを使用

398円のホームセンター製だが、あの豪雨の中 私のライドを支えてくれた。

まぁ、自転車専用品じゃなくても、高価なモノでなくても良いということですな。

ちなみに・・・ダウンヒル時のみ使用で、あとは手に持つ、ヘルメットに差す、

ということで、脱落防止のナイロンチェーンでザックに繋いでいた。

実は・・・

最後まで活躍してくれた保護メガネだったが、ゴール後倒れ込んで休憩中、

誤って踏んづけてしまい破損・・・チーン、あの世へ旅立たれてしまった

 

着衣での反省点は、シューズカバーを着用しなかったこと。

これは全て私の段取りが悪いため。

トイレ渋滞に翻弄され、着替える時間が押してしまい、

シューズカバーまで装着する暇がなかったのである。

おかげで、シューズ内は水浸し!ズクズクのドボドボで不快であった

 

【王滝初参戦総括】

人生初参戦だったSDA王滝。

弊ブログのエントリー「前日観光編」 や 「当日レース編」では

とにかく “楽しかった!” としか書いていないので、お気楽なムードが漂っているが、

激しい落車や、パンクの瞬間を何度も目撃

パンク修理、自転車修理の為、停車されている方は数知れず・・・

コース上にはボトルやアイウエアその他諸々、装備品も落ちまくりの状況。

実際はアドベンチャーの名に相応しい、噂通りのサバイバルレースであった。

しかしながら、走り切った後の達成感・充実感は他のイベントとは比較にならず、

だからこそ、人々を魅了してやまないのでしょう。                                                                 

 

レースの何か月も前から使用する機材について考えたり・・・

携行する装備品の取捨選択を悩み抜いたり・・・

“あ~だ、こ~だ、あ~だ、こ~だ”

こんなに長い期間楽しめるイベントはないですな

 

もうすっかり「王滝」の虜になったところで、長らくお届けをしてまいりました、

「SDA王滝初参戦日記」は、これにておしまいっ!

また来年!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月26日 (木)

SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】

さて、嬉し楽し厳しかったSDA王滝も終了し、日常が戻って来た今日この頃。

ここらで、先輩王滝ブログのマネっ子で、私も備忘録的なものを記すことに。

まずは・・・

【機材編】から!

 

Cimg5161

使用マシン:niner Jet9 RDO

○フレーム:niner JET9 RDO Lサイズ(20")

○Fフォーク:ロックショックス SID RCT3 Dual Air 29er Taper Forks 2012 100mm

○Rサスユニット:FOX FLOAT RP23(カシマコート)

○BBセット:シマノ XTR SM-BB90A HollowTech2

○ギアクランク:シマノ XT M785 10 Speed Hollowtech II 170mm x 38/26 Black

○チェーン:シマノ HG94 HGX 10 Speed

○Fディレイラー:シマノ XT M785 10 Speed Double  E-Type

○Rディレイラー:シマノ RD-M986 XTR 10-Speed Shadow+ SGS

○シフター:シマノ XT M780 10 Speed Rapidfire Pods - I Spec

○ブレーキレバー:シマノ XT M785 Disc Brake Lever

○ブレーキセット:シマノ XT BR-M785-S ブレーキキャリパー

○ブレーキローター:シマノ XT RT86 Ice-Tec 6-Bolt Rotor F/180mm R/160mm

○ポストマウントアダプター:シマノ SM-MA-F180P/P

○カセット:シマノ XTR M980 10Speed 11-36T

○ヘッドセット:Niner Integrated Tapered Headset

○ヘッドトップキャップ:Niner Y.A.W.Y.D. Top Cap

○ハンドルバー:Niner Flattop Carbon Handlebar

○ハンドルステム:3T ARX-PRO 100mm (+/- 17 degrees)

○ハンドルグリップ:Ergon GS1 - Lightweight - Small - Black

○サドル:Tioga Spyder Carbonite - Twintail - Black

○シートピラー:3T Doric Pro Inline Seatpost - 31.6 x 400mm - Alloy Black/White

○シートクランプ:Niner Seat Collar, Black, 34.9

○ペダル:シマノ XTR PD-M980

○ホイールセット:MAVIC Crossmax SLR 29

○タイヤ:MAXXIS CROSSMARK 29×2.1 exc/LUST/UST

 

細かい部分について・・・

Cimg1084

↑チェーンオイルは、最近お気に入りのイノテック105を使用。

これまでの王活で晴天時の林道100km走雨天時の林道100km走でも

特にオイル切れを起こすことなく走り切っていたのだが、さすがは王滝・・・

CP3前後からはオイル切れを起こしていた様子。

やはり、アノ砂地獄は見た目以上にダメージがあるようで・・・

ただし、変速は最後までスパスパと決まり、ストレスは皆無。

 

Dscf5563_2

↑ギヤ比に関しては、フロントが38/26T、リヤが11-36Tということで、

29erということもあり、地元:王滝練にて京丹波町の林道を走行する時などは、

もう少し軽くしたい・・・38/24Tあたりのギヤに換装したいと思っていたが、

王滝に関しては、長く続く激坂(20%程度)がほとんど無かった?ため、

現状のギヤ比でもイケるかなという印象。

 

Cimg5108

Cimg5125

↑タイヤに関しては、exc/LUST/UST仕様のクロスマーク29×2.1を使用。

空気圧は・・・フロント1.8kgf/cm2 リヤ1.9kgf/cm2

おかげさまで、パンク知らずの安心走行を実現。

タイヤ重量は835g(カタログ値)と、軽い部類ではないのだろうが、

色んな方のインプレにある通り、間隔の狭いセンターブロックのおかげで、

コギも軽く、よく転がるので実重量ほど重さを感じることは無い。                                                                

ちなみに・・・チューブレスではあるが、念の為「NOTUBESシーラント剤」を封入。

さらに重量は重くなるのだが、精神的な保険である。

 

グリップ的には、まだこのクロスマークとコンチネンタルのX-kingしか、

使用したことが無いのでアレコレ語れないが、下りで後ろを走るライダーから

1度も抜かされることなく、前を走るライダーを抜き抜きだったこと、

また、コーナリング中に特に危険な場面が無かったことを考えると、

私の速度域では全く問題が無かったものと考えられる。

そりゃそうだわね、世界のTOPライダーが開発なさってるんですから、

私に不満が出るハズもございません!

今回のようなハードウエットな王滝路面でも安心して下れました。

 

Cimg2316_2

Cimg2416

Cimg5168

↑泥除けに関しては、今回100均製ファイルを流用した簡易型のモノを

3箇所に装着していたのだが、アレだけ雨が降ればキチンとした市販のモノでも

一緒かなという印象。

実際、私が所有するZefal  SWAN PLUS  リアフェンダーのようなタイプのモノを

装着なさっていたライダーの背中もドロドロでした

 

Dscf5490

↑ハンドルグリップはマラソンレースの定番:Ergon GS1を使用。

定番モデルだけに、快適なライドをサポートしてくれる逸品。

ただ、角度調整にはシビアなところがあり、少しでも取り付け角度が変わると、

手のひらが痛くなったりするので(当社比)、実走行で入念に角度調整する必要あり。

次回はバーエンドが付属したGS2モデルを使ってみたいと思う今日この頃。

 

砂&飛び石対策の結果は・・・

Cimg2419

↑古チューブを被せたおかげでシートクランプ部からの砂の侵入はナッシング!

 

Cimg2422

↑自己癒着テープ(ビニールテープではないところがミソ)巻き巻き作戦が

功を奏し、この部分からの砂&水の浸入もなし

 

Cimg5172

↑ダウンチューブ保護用ゴムシートもエエ仕事をしてくれ、フレームは無傷。

 

ということで・・・

雨がザーザー降る悪天候 & 砂地獄だったにも関わらず全くのノートラブルで

私をゴールまで導いてくれたNINER社のJET9 RDOちゃん。

自らの手でフレームから組み上げたマシンだけに感慨深いものがある。

ありがとうNINER!

ありがとうJET9 RDO!

ということで、次回 【装備編】 へつづく。

 

※それぞれの内容に関してはあくまでも私見でございます。

全く違った印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんので

悪しからずご了承ください。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月25日 (水)

SDA王滝メモリーズ来たる!の巻

とにかく楽しかったSDA王滝9月大会。

心残りがあるとすれば、私にしては写真点数が少なかったこと?

そんな私の元に思い出の画像が届きました。

どれ?

コレ↓

 

Otaki2_6
 ↑ 【国民の森付近 橋上にて】
    楽しいです、笑顔です、ニヤついてます
    右手が左胸付近にあるのは、橋上より写真を撮った後、
    カメラを収納しているところだから

Cimg7275
 ↑ ちなみに、その時の写真がコチラ

Outaki1_3
 ↑ 【CP3手前のダウンヒルにて】 
    楽しくて楽しくて舌出しピースサイン

Otaki3_5
 ↑ 【ゴール手前にて】
    1秒を争うため、必死で踏み倒し中

Otaki4_5
 ↑ 【ゴール後】
    安堵の笑顔とガッツポーズ

 

なかなか走行中の自分の姿を見ることはないので、

エエ思い出の品になりました

あ~~また走りたいぞ王滝!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月24日 (火)

SDA王滝その後・・・完バラメンテ中の巻

王滝参戦後、マシンメンテに勤しむ毎日。

噂に聞く「王滝の砂地獄」 初体験・・・

こりゃスゴイっす

 

Cimg7322

Cimg7323

 

これまで何度も雨の林道は走ってきたが、汚れ方の質が違います。

ありとあらゆる所に侵入している細かい砂。

なるほどコレか・・・コレなのか

 

Cimg7326
 ↑ とりあえず洗車を済ませ・・・

Cimg7337
 ↑ 各パーツを取り外し・・・

Cimg7335
 ↑ ほぼ完バラに

Cimg7336
 ↑ 後ろの “三角” も取り外し

Cimg7338
 ↑ 各ベアリングの具合は・・・クランクBBはまだイケそう

Cimg7339
 ↑ ヘッドのベアリングは・・・コチラもO.K

Cimg7340
 ↑ リヤサスリンク部のベアリングは・・・おっとゴリゴリ感が! 要O.H!

Cimg7328
 ↑ うひょ~!グリップのこんな所にも砂が

 

バラせばバラすほど出てくる「王滝の砂」。

「甲子園の土」よろしく、「王滝の砂」も思い出として記念に取っておこうか?

そんなことを思ったり、思わなかったり・・・。

あまりの砂攻撃に閉口しながらも作業を進めるのでありました。

とりあえず、29日の宮津ライドまでに組み立てなくっちゃ!                                                                   

 

2013年9月23日 (月)

「MTBトレッキング 里山を走る」 参加決定!

SDA王滝参戦から1週間、未だ興奮も冷めやらぬ今日この頃。

マシンメンテをしながら、あ~楽しかったな~と、思い出に浸っているのだが、

これで今年1月から開始した「王活」からようやく解放されるわけで・・・

満を持して、ロードバイクに復活してもイイのだが、

もはや身も心も「お山の人」になってしまった私としては、

今秋は “の~~~~んびり” とMTBライドに興じたいところ。

なにかMTB対象の「非レース系」のイベントでもないものか??

 

・・・とアンテナを張り張り、探すものの世はロードバイクブーム真っ只中。

MTB対象のサイクリングイベントはなかなかないのよね~。

と、思っていたところに引っ掛かって来ましたよ情報が!

面白そうなイベントを発見!

それがコチラ↓

Osaka_2

 

【MTBトレッキング 高槻 川久保の里山を走る】

期  日 11月17日(日)

集  合 JR高槻駅北口広場

時  間 AM9:00

参加費 JCA会員500円 会員外600円

コース  高槻~川久保方面

 

ということで、貴重なMTB対象のサイクリングイベントである。

んで私・・・速攻で申し込みしちゃいました

いや~楽しみ、楽しみ

11/23(土)には昨年も参加させていただいた「山吹MTBチャレンジフェスタ」も

開催されるようだし、こりゃ嬉し楽し忙しだぞっと!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月22日 (日)

「日本三景の街:宮津」 秋のMTBライド参加者大募集!

Oyama_4

                                                                          

弊ブログをご覧の皆様へ

平素は格別のご高配を賜り誠に有り難う御座います。

ココでちょこっと告知・・・MTBトレッキングをご一緒致しませんか?

来たる9月29日(日)、宮津在住NZ人MTBer:アオラキ師匠プロデュースによる、

林道ツーリングが開催されますので、弊ブログでもご案内致します。

※以下、アオラキ師匠のブログより引用

 

第一回秋の宮津ライドにご参加いかがでしょうか。

日時:9月29日(日)

集合時間:10時

集合場所:宮津市、京都府総合庁舎駐車場

お山に登り、頂上で素晴らしい眺めを見ながら昼飯を食べましょう。

集合場所から頂上まで店がありませんので集合前に飲物等を準備してください。

来る前にブレーキを確認しましょう。これは大事です。大切です。重要です。

 

3979974

6527413

8028304

8944228
                                                             

 

注意事項

※林道に突入しますと、水・食料を調達出来ませんので十分な量をご持参下さい

※パンク・怪我等、不測の事態に備えた装備をご持参下さい。

※走行に関する一切は自己責任ということでご了承下さい。

※災害等の影響で通り抜けが出来ない、思うように走行出来ない事態が

  あるかもしれませんがご了承ください。

※開催判断ですが、前日17:00のYahoo!天気予報で宮津市に雨マークがあり、

  降水確率40%以上の場合、順延になります。

  その場合はアオラキ師匠のブログをご覧ください。

                                                                   

参加希望の方がいらっしゃいましたら、アオラキ師匠のブログ

コメント欄に一言お願い致します。

アオラキ・マウンテンバイク・ブログ

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月20日 (金)

SDA王滝 初参戦日記 極楽のレース編

9o

9o2

                                                                  

【大会名】

SDA王滝クロスマウンテンバイク120km/100km/42km

【開催場所】

長野県木曽郡王滝村内木曽林道(ワンウエイコース)

【開催日】

2013年9月15日(日)

【距離】

120km(100km+20km)

100km

42km

【制限時間】

120km/10時間

100km/10時間

42km/5時間

【募集定員】

120km/50名

100km/1000名

42km/600名

 

【SDA王滝2013 初参戦日記】

前回までのあらすじ

SDA王滝参戦の為、土曜日早朝に地元:京都府綾部市を出発した私。

受付が13:00~18:00にも関わらずAM9:00に現地入り。

なぜ故そんなに早く到着したのか??

その目的は 「王滝村観光」 だったのである。

念願だった 「自然湖」 「王滝食堂」 「王滝の湯」を堪能した私。

まさに王滝村を満喫しきった1日であった・・・。

 

そして!

いよいよレースモードに突入!

レースを戦うにはまず、キチンとした睡眠から・・・ということで、

前夜祭参加もそこそこに、20時には車中泊のスタンバイO.K!

レース当日のスケジュールはAM4:30からスタートラインへのバイク並べ解禁、

そしてAM6:00にレーススタートということで、マシン準備等を考えると

AM3:00には起床したいところ・・・。

20:00就寝ということは、7時間は寝られる計算。

本来なら8時間キッチリと睡眠を取りたいところだが仕方がない。

ベテランライダーさん達の宴を横目に、いそいそとMyカーに潜り込むのであった。

では明日は頑張ろう!

おやすみなさ~~い!

 

・・・

・・・ ・・・

・・・ ・・・ ・・・

寝れん! 全く寝れん! 眠れる気がしない!

そうなのだ、そうなのである、実は私は究極に寝付きの悪い男。

自宅のベッドでさえ、毎夜寝付くのに1時間以上を要する男。

少しでも明るかったり、少しの物音でも気になって寝付けない男。

そのため、静かな田舎にある自宅でさえ耳栓をして寝る男なのであ~る。

 

しかも今回は初めて車中泊を試みる遠征母艦オデッセイ号。

セカンド&サードシートを倒せばフルフラットになるとはいえ、

前任の遠征母艦Wish号ほどは完全にフラットにならないため、

その少しの段差に苦しめられる格好。

せっかく耳栓&アイマスクで完全武装してきたのに・・・。

前もって試し車中泊しとけば良かった・・・

 

う~~む、眠れない・・・

ふと時計に目をやると、23:30

げっ! もう11時半やん!!

俺は3時間半も寝返りを打ち続けているのか!

耳栓を外すと、外は雨がザーザー降り!

う”う”~~~~ますます寝れん・・・

B型のクセに、変なところが神経質な自分自身を恨みつつ、

時間だけが無情にも過ぎていくのであった・・・ ・・・ ・・・。

 

車内に鳴り響くタイマー音に驚き、スマホを手に取ると時間はAM3:00

起床の時間である。

どうやら、なんだかんだで2~3時間は眠ることが出来た・・・出来たのか?

さぁ! いよいよ王滝レース本番当日である。

気合いを入れなきゃ!

 

まずは・・・トイレ!!

王滝名物と言われている「トイレ渋滞」を避けるため、

起床と同時にトイレへダッシュ!

おお、こんな時間だがもうすでに皆並んでいるぞ!

恐ろしや王滝のトイレ事情。

10分ほど並んでトイレIN。

しかし・・・

踏ん張れど踏ん張れど、奴は顔を出さず・・・。

こうして私の第1回トイレタイムは不発に終わる。

 

仕方がない、トイレはまた後で行こう。

ここから・・・マシンの準備をし、朝食を摂り、・・・と準備を進める。

そうこうしているうちに時間はAM4:30

お、マシン並べ解禁ですがな。

マシンを並べるために並んでいた猛者たちが一斉にMTBを並べてらっしゃる様子。

やはり、タイムや順位のことを考えるとスタート位置は少しでも前の方が

有利なのであろう。

しかし私は何と言っても初参戦・・・

完走出来るかどうかも分からないのに、前方へ並べるなんて恐れ多い。

まぁ、真ん中か、真ん中よりちょっと後ろくらいがベストかな~。

そんなことを考えていると、下腹に異変が・・・

おお、おお、おお、キタぞ、キタぞ、キタぞ!

トイレへGO!!

 

20130915_051039
 ↑ 第2回トイレタイム・・・AM5:00からトイレ行列に並ぶ・・・

 

結局、王滝名物「トイレ渋滞」にハマることに・・・。

この時、私はまだ寝巻のまんま。

マシンも並べてないし・・・。

無情にも刻々と時間だけが過ぎていく。

ヤバいな・・・

用を足したら速攻で着替えてマシンを並べないとスタートに間に合わないぞ(汗)。

せめてマシンだけでも並べてからトイレ行列に並ぶべきだった。

やはりこの辺の要領の悪さが初参戦の青いところなのだろう。

とりあえず・・・

ボケェ~としていても仕方がないので、この時間を利用しストレッチ!

入念に脚を揉み解し、筋を伸ばしまくる。

そして30分後・・・めでたく爆撃に成功したのであった。

 

それから後が忙しかった!

まずマシンを並べる!

そして着替える!着替える!着替える!

身体中にしっかりとテーピングを施したかったが、結局出来たのはふくらはぎだけ。

あ~ほんま忙しっ!

3時に起きた割に全然準備出来てへんやんけ! 俺!

次回からはもっと手際良く準備しようと固く心に誓うのであった。

 

Cimg7243_2
 ↑ スタート待ちの車列に並ぶMyマシン                                                            

Cimg7240
 ↑ 私がマシンを並べた位置から前方を眺めるの図
    遥か先まで並ぶMTB群 スタートゲートが全く見えましぇ~ん!

Cimg7242
 ↑ 私がマシンを並べた位置から後方を眺めるの図
    こう見ると私って、かなり後ろの方なのね・・・エエけど
    真剣にタイムや順位を狙うなら、もっと前方に並べないとダメやね

Cimg7239
 ↑ 車列全体を眺めるの図

Cimg7244
 ↑ さぁ、いよいよスタートの “その時” がやって来た!
    マシンに跨り、準備O.K!

Cimg7246
 ↑ 3.2.1 プワァァァァ~~ン! 
    6:00キッカリ、SDA王滝9月大会スタート!   

Cimg7247
 ↑ 後ろの方に並んだ我々もようやく動き出す

Cimg7248
 ↑ MTBで大渋滞! 
    まさに気分は「ドキっ!MTBだらけの水泳大会」である(意味不明)

Cimg7249
 ↑ まだだ、まだスタートゲートを潜ることは出来ない

Cimg7250
 ↑ スタートの号砲から3分経って、ようやくスタートゲートを潜る

Cimg7251
 ↑ 松原スポーツ公園内をグルっと走り・・・

Cimg7252
 ↑ 村の中を抜け林道を目指す・・・

Cimg7253
 ↑ 最初の数キロは舗装路での登り

Cimg7254
 ↑ お、前を走るのは王滝ベテランライダーの・・・

Cimg7255
 ↑ 「やまゆき 山&雪 =山で遊ぼ=」 管理人:やまゆきさん発見!

Cimg7256
 ↑ スタート後のお天気はこんなカンジ・・・まさに曇天降ったり止んだり

Cimg7257
 ↑ 我先へと前へ突入する方、黙々と登坂の方、とペースがバラバラで大渋滞

Cimg7258
 ↑ 私も隙を見つけては先へ先へと進むうち・・・

Cimg7259
 ↑ お!前の女性ライダーはMayuminさんじゃあ~りませんか!

 

AM6:00キッカリに120/100kmクラスがスタート。

いよいよ人生初となるSDA王滝の幕が開けた!

スタートの号砲は、これまた色んな方の王滝ブログで拝見(拝聴?)していた、

ぷわぁぁぁ~~~~~~ん 

という何とも気の抜ける音色。

“なるほど!これが例のプワァァァ~~~ンか”

変なところで感動する私。

 

スタート後、数kmは舗装路での移動&登坂。

この時点で雨は降ったり止んだりを繰り返す。

ちなみに私の着衣は、半袖/半パンジャージC3fitアームカバー/CW-X

上だけサイクル用レインジャケット(HiPORA レインジャケット)という装備。

ヘルメットカバーやシューズカバーも装着したかったのだが、

あまりにバタバタしていた為、装着できなかったのである。

 

周りを見渡すと、上下ガッチリと重レインウエアで固めている人、

半袖半パンジャージだけの人、停車して脱いだり着たりしている人、など様々。                                                                  

私は・・・雨に濡れると著しく体力が低下するということ、

また、一旦濡れてから着たのでは遅いということから、

レインジャケットは着っぱなし、ジッパーの上げ下げで体温調整することとした。

 

さて、序盤は舗装路を登る、上る、昇る。

とりあえず私の作戦は・・・「Myペース走法」

実は今回あえてコースマップを用意しなかった私。

だからして、どのくらい登れば下りになるのか、

どのくらい下れば登りに変わるのか、等々コースプロフィールが全く分からない状態。

でもイイ~んです!

登りだろうが、下りだろうが、それがどのくらい続こうが、

余裕があればガンガン踏むし、シンドければゆっくり走るし。

ま、気の向くまま風の吹くまま、野生のまま走るちゅうことで。

(そういうマイペースね

 

Cimg7260
 ↑ いよいよ未舗装路へ突入!

Cimg7261
 ↑ 抜いても抜いても果てしなく続くMTB群・・・これぞ「MTB無限坂」

Cimg7262
 ↑ 基本、コース案内は看板のみだが、要所にはスタッフさんの姿が

Cimg7263
 ↑ 本格的にお山へ突入!

Cimg7264
 ↑ いや~エエ感じの林道やわ~

Cimg7265
 ↑ 序盤、予想以上に路面は綺麗でスピードが出せる状態

Cimg7266
 ↑ マイペースで走っております

Cimg7268
 ↑ 周りを見渡せば・・・ほんまエエ雰囲気の林道やな~~

Cimg7269
 ↑ 路面も砂利、締まった土、砂・・・とバラエティ豊か

Cimg7270

Cimg7271
 ↑ この辺の路面は砂っぽいね~

Cimg7272
 ↑ 景色が変わるんで飽きませんな~

 

舗装路が終わりを告げ、本格的な林道へ突入!

うわ~~エエ感じの林道やわ~~。

それに何といっても周りはMTBだらけ!(レースです)

前を見ても後ろを見ても、とにかくMTBだらけ!(当たり前です)

いや~嬉し楽しいわ~(すっかりサイクリング気分)

路面も景色も雰囲気も、その全てが素晴らしい。

もう楽しくって、楽しくって、顔がニヤっけぱなしの私。

いやね、これね、ほんまエエ林道ですよ。

レースじゃなかったら、アッチもコッチも停まりまくって写真が撮りたい!

 

それでもなるべく多くの写真を撮ろうとカメラを取り出すのだが、

ここで今回の天候が牙を剥く!

レンズが濡れまくって、せっかくの画像が曇りまくるのだ!

それだけならまだしも、私のカメラは普通のカメラ・・・水や埃は大敵!

ザーザー降ったり止んだりする天候にすっかり翻弄され故障寸前!

電源ONでもレンズが出なかったり、逆にレンズが出たまま閉じなくなったり・・・

その都度、一旦バッテリーを外し、出し入れをしたり、ゴシゴシ拭いてみたりと

誤魔化し誤魔化し復帰を試みる。

 

なぜ、そこまでするのか!?

それは・・・ブロガーだから。

「内容が無いよ~」な私のブログにはせめて写真がなければいけないのである。

※結局どんどん調子が悪くなり、後半になるにつれ枚数が減っていくのだが・・・

 

Cimg7273
 ↑ 雨が降ったり止んだりでレンズも曇りがち・・・

Cimg7274
 ↑ お、ココは! 王滝ブログでもよく見る橋じゃないですか~!

Cimg7275
 ↑ 橋上からの眺め

Cimg7276
 ↑ 激しい雨だがカッパ着用のおかげで体温は下がらず、下りでも快適

Cimg7277
 ↑ そんなこんなでCP1到着~!

Cimg7279
 ↑ 皆さんそれぞれ休憩中

 

つい、林道の素晴らしさばかり語ってしまう今回のエントリーだが・・・

走るのはキツイ。

いや、登るのがキツイと言うべきか。

これまでの地元:王滝練の結果、とにかく後半のタレ幅が激しい私、

なるべく後半もペースを落とさないよう、オーバーペースには注意し走行。

補給に関しては10分に1回補水、30分に1回の補食タイミングを守る。

塩分補給の為の「天日塩」摂取は適時遂行。

 

走行環境といえばレインジャケットのおかげで、ウエアが濡れる不快感もなく、

また、下りでも寒さを感じることなく快適に走行。

いや、下りは快適というレベルではなく、もはや極楽。

やっぱね、林道のダウンヒルは最高ですわ

楽しくて、楽しくて、ガンガン飛ばす! それはもうガンガン飛ばす!

ガレ具合もこれなら想定範囲内。

前走者をパスしまくり、それはもうパスしまくりでテンションMAX

私にとってフルサス&29erは大正解だった。

 

さて・・・

黙々と登りをこなし、極楽ダウンヒルをかっ飛ばし、CP1に到着(約33km地点)。

記念撮影をしたいところだが、カメラ不調により最低限の撮影にとどまる。

時間はAM9時23分。

スタートから3時間23分走っていたということか。

(公式リザルトでは第1区間 3:19:56 区間順位 401位)

 

良かった、良かった。

とりあえずCP1までは来られたぞっと。

体調は問題なし、マシンも快調。

カメラだけが・・・

定時補給とは別にココで固形食:パワーバーを半分ほど喰らう。

そして、秘密兵器のアミノバイタルGOLDを摂取。

屈伸などをしてリフレッシュ。

ではCP2を目指すとしましょう!

 

Cimg7278
 ↑ それでは出発!

Cimg7281
 ↑ 時折前が見えなくなるくらい強く降る雨・・・路面もこの通り

Cimg7283
 ↑ しかしながら大きな水溜り以外は濡れた路面でも問題なし

Cimg7284_3
 ↑ シコシコ走っていると・・・おお!みっしーさんじゃあ~りませんか!

Cimg7285
 ↑ 景色を撮りたいがカメラの調子が・・・

Cimg7286
 ↑ ある程度距離を重ねると集団もバラバラになり、単独走も増えてくる

Cimg7287
 ↑ やっと60km通過だぞっと・・・

Cimg7288
 ↑ 何度も言うが・・・エエ雰囲気の林道やわ~

Cimg7289
 ↑ 上図UP! 遥か先までMTBが走る!

 

CP1をスタートした私。

さすがにスタート時のような大集団の姿はなく、単独走の時間も増え始める。

大人数で走っても、単独で走っても、キツイことに変わりはなし。

とにかく登って、上って、昇りまくりの本コース。

ただ、コースプロフィールを頭に入れていなかった初参戦の私、

例の 「無限坂」 も知らない内に通過していましたとさ(あ~幸せ者)。

 

しかしね~この林道、ほんまエエですわ~。

無限坂と呼ばれるような長~~~い上りはあるものの、

脚がブチ切れるような激坂の区間は短く、もうダメ!と思ったころに

ふっと勾配が緩くなるみたいな・・・心が折られそうで、折られない。

生かさず殺さずのサジ加減が絶妙。

 

言うなれば・・・

キャバ嬢に貢いで貢いで貢ぎ倒したものの、全く思うようにならず、

今夜を最後にもう会いに来てやるもんか!と切れかかった時に、

いつもより優しくされ振り出しに戻る・・・みたいな。

まさに究極のツンデレ

それはまるで、従順な世の男性諸氏を手玉に取る悪女のような林道なのである。

※さっぱり意味不明のたとえの羅列で悪しからず

 

Cimg7296_2
 ↑ 黄矢印の所がCP2
    CP2では停まらず、少し離れた所で小休止
    その理由は・・・生理現象解消のためでした

Cimg7292_2
 ↑ 生理現象解消に努めていると・・・おお、この御方は!
    8月に地元:綾部で開催した「里山林道ツー」に御参加いただいた、
    大阪のみさぴーさんでした。
    Fファットタイヤ、シングルギヤードのマシンで参加の変態さんです(失礼!)

Cimg4681_2
 ↑ ちなみにコチラは・・・「綾部里山林道ツー」 ご参加時の御姿

Cimg7293
 ↑ せっかくなんで、みさぴーさんに写真を撮っていただくの図

 

阿呆なことを考えている間にCP2に到着(約68km地点)・・・ではなくあえて通過。

その理由は・・・オシ○コでした

しかし、オ○ッコがしたいということは・・・

やはり、降雨→低気温の為、汗を掻かないからか?

水分摂取量と発汗量のバランスが悪いのか?

ようするに運動量が足りないのか?

もっと追い込め!ってこと??

 

ちなみにCP2通過オシッ○ポイントでの時間はAM11時37分。

CP1から2時間ほどで到着した計算。

(公式リザルト 第2区間 2:16:59 区間順位 268位)

 

生理現象を解消したら、ココでも固形食パワーバーを食す。

モグモグしていると、お声掛けいただく方が・・・

おお、みさぴーさんじゃあ~りませんか!

先日の綾部林道ツーでは変態マシンでしたが、この王滝でも変態マシンとは

ていうか、さっき上りで抜かれたし僕・・・。

やっぱ自転車はエンジンやね~。

そんな、みさぴーさんとお互い写真を撮り合い再スタート。

実はこのあとゴールまで、みさぴーさんとは激しいバトル?を、

繰り広げることになるのでありました。

(勿論私が登りで抜かれて、下りで抜き返すというパターン)

 

Cimg7298
 ↑ さぁ、CP3に向かって出発だ!

Cimg7299

Cimg7300

Cimg7301
 ↑ ここまで自分が走って来た道が見えております

Cimg7302
 ↑ 徐々にお天気は回復傾向に・・・青空が見えてまいりました

Cimg7303

Cimg7304
 ↑ おお、ココって「王滝で写真を撮りたい所TOP3」に入る所じゃないですか!
    お天気が快晴だったら・・・それよりなにより、カメラが快調ならば・・・

Cimg7305
 ↑ CP3に到着~!
    もはやカメラのレンズカバーもキチンと開きません!

 

CP2を過ぎた頃から天気は回復傾向に。

いよいよ王滝がその本来の雄大な姿を現し始める。

アッチも見ても、コッチを見ても、とにかく素晴らしい。

この期に及んでまだニヤニヤと顔が緩みっぱなしの私。

いやね~何度も言いますが、この林道はエエですって!

 

絶景の林道ということなら・・・

日本海や三方五湖が一望出来る「福井:若狭幹線林道」もイイし、

1.5kmの直線を有する「兵庫:瀞川氷ノ山林道」もイイし、

勿論、日本三景:天橋立を望む「京都:杉山林道」も素晴らしいのだが、

この王滝の林道はちょっと別格。

素晴らしい山々に囲まれたお土地柄、そしてやはりワンウェイで100kmという

距離がバラエティに富んだ風景を見せてくれるのでしょう。                                                                   

Betu1_2

Betu_5

                                                                 

素晴らしい景色に感動しつつ

素晴らしい景色を前に撮影出来ず

厳しい道のりに悶絶しつつ

ようやくCP3に到着(約80km地点)。

私の時計では現在PM12:53

CP2から1時間16分掛けて辿り着いた模様。

(公式リザルト 第3区間 1:15:10 区間順位 312位)

 

ここでまた、みさぴーさんと遭遇。

おお、今日は本当に良くお出合いしますな~~。

いや~嬉しいな~楽しいな~

しかしココでこれまでのサイクリング気分の私のモチベーションを

変える一言が彼の口から出るのであった・・・

 

ARA!さん、頑張ったら、8時間切り出来ますよ!

 

なぬ?

8時間切り??

これまで、その王滝の素晴らしいロケーションに魅了され、

レースモードというよりは、完全にサイクリング気分で走っていた私。

コースプロフィールも持たず、タイムマネージメントもせずココまで来た私。

良く言えばマイペース、普通に言えば行き当たりばったりだった私。

そんな私に、今初めて 「完走」 以外の欲が出た!

 

残りはあと20km弱。

100kmクラスの制限時間は10時間だからして、あと3時間はある。

ここまで来られたら、完走という大目標は達成出来そうだ。

少々追い込んでも、体力が尽きてリタイヤになることはないだろう。

係員さんに聞くと、CP3からゴールまでは2回の登りで約200m分上がれば、

あとはダウンヒルオンリーとのこと。

 

それなら・・・

よ~~し、一丁やっちゃろうじゃないか!

8時間切りというのにチャレンジしてやろうではないか!

これまでのMyペース走法で溜めた脚を使う時が今来たのだ!!

現役消防団員をナメるなよ~~~~!!

 

一旦点いた闘争心の炎は、もはやどんなポンプでも消せやしない。

どんなにキツイ登りでも、俺の脚を止めることは出来ないぜ!

風のように登りを舞い上がり、、、舞い上がり、、、ま、舞い上がり、、、

ま、ま、ま?

舞い上がるどころか、すでに息が上がってるんですけど・・・

Tin

 

Tin2_2

 

そうなのだ、そうなのである。

実は私、CP3到着の時点ですでに売り切れの状態だったのである。

Myペースで走っていたようにみえ、実はギリギリだったのである。

そうと分かってからの登りは辛かった・・・

もうね、抜かれる、抜かれる。

ガンガン抜かれる。

必要以上に抜かれる。

まさに牛蒡抜かれ。

だって僕、歩いた方が早いくらいなんだもん。

 

それでも、今年行った厳しい王滝練を思い出し、

歯を食いしばって前へ進む。

獲得標高50m、、、100m、、、

心の支えはガーミンの高度計のみ。

150m、、、200m、、、

ハァ、ハァ、よし、やっと200m分登ったぞ・・・

ここからは下りだ! 助かった・・・

 

え??

まだ登ってますやん・・・

芽生える殺意。

くっそーー!

あのオッサン、200m登ったら下りや言うとったやないけ~~!!

※不適切な言動申し訳御座いません

 

怒りに震えながら(ウソですよ)、プラス数十メートル分登ったところで待望の下り。

ここからの走りはキレておりました。

疲れからか、目の焦点が合わなくなってきたがお構いなし!

ピンボケのまま猛烈なダウンヒル(当社比)。

前走者を抜きまくり!

それはもう抜きまくりの抜きまくり!

 

“ラインを見極めろ!”

“絶対にパンクさせるな!”

“右コーナーに気を付けろ!” 

※私は右コーナーが苦手

“集中!集中!集中!”

 

Cimg7307
 ↑ CP3から約200m分登ったら、あとはダウンヒル! 飛ばすぜ!

 

今レースで初めて、下りでニヤつくことなく走る。

6時スタートだから13時台にゴールしないと8時間切りは出来ない!

時計に目をやる・・・

13:45

13:50

13:55

刻々と時間が過ぎる。

間に合わないか!?

でも、このままの調子でゴールまで下り切れば、もしや??

 

弾丸ダウンヒル走法に一縷の望みを託し走る!走る!走る!

そんな私の前に現れたのは・・・なんと平坦区間!

下り基調オンリーなら何とかなると希望をつないでいた私の前に現れたのは、

無情にも平坦路だったのである・・・。

 

ガクンと落ちる巡航速度。

ええ~~~~~マジか~~~~!?

聞いてないよ~~~~~!!

ここに来てまた、リサーチ不足を露呈する格好となった王滝ビギナーの私。

マジ、ヤバイっす。

ここで脚を使ったらゴールまで持たない・・・。

 

そんな私に天の助けが!

この平坦路をかっ飛ぶ前走者・・・救世主様がいらっしゃったのだ!

すぐさま追い付き、ツキイチぴったり!

ガンガン踏み倒す救世主様!

引っ張りまくってもらうコバンザメ!

 

いやね、ホンマね、ココでこの方がいらっしゃらなければ、力尽きておりましたよ。

平坦区間が終わりに差し掛かり、下り基調に戻った頃、

力を使い果たしたのか、救世主様がスローダウン・・・

よ~し、ここからは私のターンだ!

スルスルとドラフティングから抜け出した私は、一気に加速!

セコイぞ!俺!

 

再び下り基調となったおかげで、私は水を得た魚!

ガンガン踏んでガンガン下る!

すると前に2、3?人のパックが・・・

そのうちの1人は、登りで私を牛蒡抜きしていった みさぴーさんじゃないですか!

此処で会ったが100年目!

申し訳御座いませんが、ブチ抜かせていただきます。

 

100kmの道程を8時間かけて走ってきた仲間じゃないか。

しかも我々2人は要所要所で顔を合わせ、声を掛け合った仲じゃないか。

ここまで来たら、一緒にゴールをしようじゃないか。

 

NO~~~!

8時間切りをけしかけたのは、みさぴーさんじゃないですか~。

アナタのあの一言があったからこそ、私は今踏み倒しているんです。

それではお先に~グッドラック!

※全て妄想のセリフ群

 

時計に目をやる・・・

13:59

14:00

もうダメか・・・

 

林道を走り切り、里へ降りて来た。

ゴール計測ラインまでは1本の橋。

ダンシングで踏み倒す!

もう感動のゴールシーンをカメラに収めてる余裕は無い!

とにかく踏み倒すのみ!

 

踏み倒す!

踏み倒す!

踏み倒す!

 

ゴールまであと15m、、、10m、、、5m、、、3、2、1、、、

 

Gl_3
                                                                       

ゴールの瞬間、計測ラインに置かれたタイマー表示に目をやると・・・

 

07:59:59

 

それは45歳の中年親父が目標を達成した瞬間であった。

                                                                           

Cimg7308
 ↑ 画像は一気に飛び越して・・・コチラはゴール地点
    画面奥から手前に向かって走って参ります

Cimg7309
 ↑ コチラが汗と涙と感動のゴールゲート

Cimg7313
 ↑ いや~~~楽しかった! 満足の笑顔で記念撮影

Cimg7310
 ↑ 倒れ込んで休憩中・・・この汚れが悪天候との激闘を物語る

Cimg7314
 ↑ さぁ、ココから自走で松原スポーツ公園に戻らなくっちゃ!

Cimg7315
 ↑ 下り基調が有難い

Cimg7316
 ↑ この日最後の登りをこなし・・・

Cimg7317
 ↑ 今、松原スポーツ公園に帰着~!

 

そんなわけで、走った、走った、走り切りましたの2013秋SDA王滝100km。

もうね、最後はね、感動しましたよ。

こんな私でも、中年親父の私でも、やれば出来るんだってね。

ゴール後、松原スポーツ公園に帰る途中、ちょっと涙が出ちゃったのは内緒だが。

 

あまりにも濃い100kmだったので、いくら言葉にしても足りないのだが、

レース前からレース中、レース後まで変わらず思い続けていたのはただ1つ。

 

Tano_7

1o


1o2

                                                                      
                                                                   

いや、ほんまね、エエ林道でしたわ。

楽しいのなんのって。

こりゃ皆さん、あの林道は絶対に1度は走るべきですよん。

 

そんなわけで、SDA王滝に出場された全ての皆さま、お疲れ様でした!

そして、運営してくださった全てのスタッフの皆さま、ありがとうございました!

最後に王滝の大自然よ、おおきに~!!!

全ての皆様に感謝を申し上げ、SDA王滝初参戦日記これにておしまいっ!

 

あ・・・

これで私も 「王滝民族」 の一員ですかね?

「王滝ライダー」 を名乗ってもイイですよね

 

130915

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝

クロスマウンテンバイク 100km 

公式リザルト

総合順位 314位(エントリー987人中)

総合記録 7時間59分58秒

 

今回のオマケ画像

Cimg7318_2
 ↑ 走行後は、やまゆきさんにお供して・・・

Cimg7321
 ↑ お蕎麦屋さんに到着!

Cimg7319
 ↑ 激闘の後のご褒美は天麩羅そば!

Cimg7324
 ↑ 往復751.6kmの旅でした

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月18日 (水)

SDA王滝 初参戦日記 誘惑の観光編その2

9o

9o2

【SDA王滝2013 初参戦日記】

前回までのあらすじ

SDA王滝参戦の為、土曜日早朝に地元:京都府綾部市を出発した私。

受付が13:00~18:00にも関わらずAM9:00に現地入り。

なぜ故そんなに早く到着したのか??

その目的は 「王滝村観光」 だったのである。

念願だった 「自然湖」 「王滝食堂」 を堪能した私・・・

一旦、会場である「松原スポーツ公園」に戻って来たのであった。

 

Cimg7182
 ↑ さて、ボチボチ受付出来るのかな~?

Cimg7183
 ↑ メイン会場に行ってみると・・・おお、ブースが出来てますやん

Cimg7184
 ↑ イベント参加のお楽しみ・・・各メーカーさんを物色?することに

Cimg7185

Cimg7194

Cimg7186

Cimg7190

Cimg7191
 ↑ バイクメーカーから、サードパーティまで多種多様なブースが出ておりました

Cimg7192
 ↑ そうこうしている間に受付開始!

Cimg7195
 ↑ 行列に並ぶこと数分・・・

Cimg7196
 ↑ 無事受付完了

Cimg7199
 ↑ 受付を済ませたらMyピットに戻って一服

Cimg7198
 ↑ 頂戴した袋の中身はなんだろな~??

Cimg7197
 ↑ 各種パンフやゼッケン、そして参加賞のTシャツでした

Cimg7202
 ↑ ボケェ~としていると・・・
    関西のベテラン王滝ライダー:やまゆき氏 & ひろっちゃん氏登場!
    「北部林道遠征ツー」の際はお世話になりました

Cimg7203
 ↑ ピットに居るとお声掛けいただく方が・・・
    昨年の「京北林道サイクリング」でお世話になった “みっしーさん” でした
    まさか王滝で再会出来るとは!

120512_092
 ↑ 初めてお会いした「京北林道サイクリング2012」での、みっしーさんの御姿

Cimg7205
 ↑ 今回みっしーさんはNEWマシンのGTザスカー29erでの参戦

Cimg7204
 ↑ そして! みっしーさんのグループ内にいらっしゃったのが、
    8月に私の地元:綾部で開催した「水源の里 林道ツー」に
    大阪から自走でご参加いただいた女性MTBer:Mayuminさん!
    まさか、お二人がお知り合いだったなんて・・・世間は狭い!

Cimg4666
 ↑ ちなみに・・・「水源の里 林道ツー」 参加時のMayuminさんの勇姿

Cimg7206_2
 ↑ そして、もう1発!
    たまたま私の隣に駐車なさった方が、ブログ繋がりでお世話になっている
    「RC RACING BLOG」の管理人:Ryo!さん
    Ryo!さんとは自転車以外にもRCレースなど趣味が被りまくり!

Cimg7207
 ↑ Ryo!さんの愛機はなんとNINER! 何処まで趣味嗜好が同じなんだ!!

 

王滝観光から戻り、受付を済ませ、会場内をウロウロしていると、

普段ブログを通じてお世話になっている方々に出逢う!出逢う!

失礼ながらお写真を撮り忘れた方も含めて、色んな方にお声掛け頂きました

こういうのがイベント参加の良さ、そしてブログをやらせて頂いている良さですな~。

 

さぁ! 受付も済ませたし、皆さんのお顔も拝見出来たし、

お次は王滝村観光のつづきだぞっと!

え? まだ行くの?!

ハイ! まだ行きます!

「自然湖」 「王滝食堂」 を制覇した私だが、実はもう1箇所どうしても

行っておきたい場所があったのである。

 

Cimg7208
 ↑ てなわけで、Let’sGo!

Cimg7175
 ↑ とりあえず、またまた王滝村中心部まで戻り、記念撮影パチリ
    さぁ、私はココから一体何処へ行くのでしょうか?

Cimg7209
 ↑ 答えはコレ! 「王滝の湯」でございました!
    やっぱ寝る前?は風呂くらい入っとかないとね~

Cimg7210
 ↑ ただね、5kmくらい延々と登りなのよね・・・しかも途中からダートで

Cimg7211
 ↑ ダートの登りとはいえ、整地されてるんで走りやすいな~

Cimg7212
 ↑ でもキツイことに変わりはなし・・・ボチボチ泣きが入って来た頃に・・・

Cimg7213
 ↑ おっ!? 看板が見えたぞ!

Cimg7214
 ↑ ヤッター! 着いた~!

Cimg7217
 ↑ コチラが秘湯:御嶽温泉 王滝の湯

Cimg7215
 ↑ いや~今回ココにも来てみたかったのよ~

 

【御嶽温泉 王滝の湯】

住所 長野県木曽郡王滝村3967

電話 0264-48-2454

営業 土・日・祝祭日

詳しくは・・・コチラ
                                                               

 

Cimg7218
 ↑ 秘湯を満喫し、帰路へ

 

念願の王滝の湯に浸かり、ご満悦で松原スポーツ公園へ戻る私。

え? 風呂上りにまた自転車乗ったら汗を掻いて意味無いだろって?

いやいや、お客さん、王滝の湯から村の中心まではダウンヒルオンリー。

そして松原スポーツ公園までも平坦基調だから全然O.Kなんですわ

それに!

今だから言えますが実は私、王滝練の「林道:瀞川氷ノ山100km走」から

この日まで丸2週間、全く自転車に乗れておりませんでして・・・

しかも王滝1週間前から風邪を引いてしまい、薬漬けの日々を送るという体たらく。

今から思えば、この時のダート路面の登り、そして下りが、身体に染み着かせた

ダート路面を走る感覚を甦らせるのに、ヒジョーに役に立ったのでありました

 

Cimg7180
 ↑ いや~エエお湯でしたな~ これにて今回の「観光ミッション」コンプリート!

Cimg7219_2
 ↑ 松原スポーツ公園に戻ると・・・お、何やらメイン会場が賑やかですな

Cimg7220
 ↑ 皆さんお集まりで・・・

Cimg7222
 ↑ お、宴の準備が整ってるではありませんか

Cimg7221
 ↑ コレが噂の王滝オードブル

Cimg7224
 ↑ そしてコチラはメインステージ

Cimg7225

Cimg7223_2
 ↑ 続々と選手たちも集まって来て・・・

Cimg7226
 ↑ 開会式スタート!

Cimg7227
 ↑ 王滝でコレがやりたかった・・・乾杯~!

Cimg7228
 ↑ そして皆さん一斉に喰らいつく!

Cimg7230
 ↑ ステージ上では各メーカーさんからのご挨拶や・・・

Cimg7232
 ↑ 大型スクリーンによる、これまでの大会の様子の紹介や・・・

Cimg7234
 ↑ 明日のコースの注意点など・・・ブリーフィングタイム

Cimg7236_3
 ↑ そんなメイン会場を後にした私は・・・

Cimg7235
 ↑ やまゆきさん達のグループに混ぜていただき、夕食タイム

Cimg7237
 ↑ こうして、王滝の夜は更けていったのでありました・・・

 

と、いうことで!

王滝村観光編その1、その2 これにて終了。

次はいよいよレース編だぁ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月17日 (火)

SDA王滝 初参戦日記 魅惑の観光編その1

9o

9o2

【大会名】

SDA王滝クロスマウンテンバイク120km/100km/42km

【開催場所】

長野県木曽郡王滝村内木曽林道(ワンウエイコース)

【開催日】

2013年9月15日(日)

【距離】

120km(100km+20km)

100km

42km

【制限時間】

120km/10時間

100km/10時間

42km/5時間

【募集定員】

120km/50名

100km/1000名

42km/600名

 

ということで、SDA王滝である。

5月と9月、年に2回開催されるセルフでディスカバリーなアドベンチャーである。

完走率が低く、日本一過酷と称される最強のMTBマラソンレース。

未舗装で、整地されておらず、ガレガレの林道を走るという、

まさに正気の沙汰とは思えない大会。

 

実は昨年、その存在を知ってからというもの、頭の中はSDA王滝で一杯。

自転車遊びの中心がロードバイクからMTBへ完全にスイッチ。

やはり男の子に生まれたからには “アドベンチャー” と名の付くモノには、

興味や憧れ、挑戦心や畏敬の念など、まさに冒険心をくすぐられるのである。

5月大会にエントリーし、王滝デビューしようと準備を進めていたが、

のっぴきならない出来事でDNS・・・

そして9月!

ついに、ついに、念願の王滝デビューを果たすことが出来たのである!

さて、SDA王滝とは一体どんなものだったのか??

早速レポート開始!

 

Cimg7119
 ↑ 前日入りということで、土曜日のAM4時に地元:京都府綾部市を出発

Cimg7120
 ↑ 京都縦貫道~名神高速~中央道と高速道路を駆使して王滝村を目指す

Cimg7121
 ↑ 途中休憩を入れながら・・・

Cimg7122
 ↑ 岐阜県に入り、中津川I.Cで下車

Cimg7123
 ↑ 高速を降りてからも遠い! 下道にて長野県入りを目指す!
    40km以上走り、ようやく「王滝」の文字が見えてきたぞっと

Cimg7124
 ↑ そして遂に会場となる 「松原スポーツ公園」 に到着!
    幟やメーカーの横断幕が気分を盛り上げますな~

Cimg7128
 ↑ 松原スポーツ公園案内図

1379117739013
 ↑ 王滝ベテランライダー:やまゆき氏に教えていただいた奥の方の場所に駐車

Otaki_4
 ↑ 黄丸 幟の立っている橋
    白丸 受付やメーカーブースのあるメイン会場
    橙丸 今回私が車を停めた場所

Cimg7200
 ↑ とりあえずピットスペース&車中泊スペースを確保

Cimg7126
 ↑ 私のピットスペースからメイン会場を眺めるの図
    ドーム状の建物が受付等が行われるメイン会場

Cimg7127
 ↑ 別角度から

Cimg7129
 ↑ もう一丁別角度から・・・結構広い場所でんな~

Cimg7130
 ↑ コチラはスタート地点先頭付近
    レース当日はココを先頭に1000台以上のMTBが並ぶことに

Cimg7131
 ↑ 会場より王滝川を眺めるの図

                                                                                                                                

我が京都府綾部市から高速道を駆使して長野県木曽郡王滝村入り。

遠い、とにかく遠い!

片道で370km以上走りましたがな~。

早朝4時前に出発し、9時ごろ到着。

ちなみに、イベントの受付はお昼13時から・・・え? 早く到着しすぎ??

なぜ、こんなに早く現地入りしたのか??

答えはコレ↓

 

Cimg7132
 ↑ 王滝村を観光サイクリングしたかったのよ~~
    翌日曜日は雨の予報ということで、晴れの王滝村を堪能すべし!

Cimg7133
 ↑ 色んな方の王滝ブログで拝見していた例の幟のある橋にて・・・
    ココで記念撮影したかったのよね~

Cimg7135
 ↑ 王滝川とパチリ

Cimg7137
 ↑ さぁ、さぁ、サイクリング開始~!

Cimg7138
 ↑ 美しい川が流れ・・・

Cimg7136
 ↑ 山には滝もあり・・・いや~エエとこですな~王滝村

Cimg7139
 ↑ さて、一体全体私は何処へ向かっているのか?
    観光名所の「自然湖」でっす!

Cimg7140
 ↑ 王滝川を左手に見ながらの走行・・・自然たっぷりで癒されますな~

Cimg7142
 ↑ 恥ずかしながら、一瞬「自然湖?」と勘違いしそうになった池?にて

Cimg7143
 ↑ コチラは・・・「濁川橋」

Cimg7144
 ↑ 橋上からの眺め

Cimg7159
 ↑ の~んびりペダルをこぎこぎ、目的地へ到着~!

Cimg7145
 ↑ コチラが、今回私がどうしても見ておきたかった「自然湖」

 

【自然湖】

1984年(昭和59年)に発生した「長野県西部地震」。

その際に、王滝川の美しい渓谷に大量の土石流が流れ込み、

流れをせき止めてできた自然の湖です。湖面に立ち木が屹立し、

神秘の情景を見せてくれます。

季節を問わず、絵を書く人、写真を撮る人が多く訪れます。

またカヌーで湖をめぐるカヌーツアーも開催されています。

地震前は、美しい深い渓谷でした。現在は地震前から比べると、

水位は20〜30mも上昇した状態です。浅いところでは、木々が残り、

水面から悠々と大木が立ち並んでいます。

増水時は2〜3mも水位が上昇することもあり、現在も自然湖は変化しています。

おんたけ王滝より

 

Cimg7147
 ↑ ココでこの写真が撮りたかったのよ!

Cimg7148
 ↑ ど~ですか奥さん!この神秘的な眺めは!

Cimg7150
 ↑ てくてく奥へ歩いてみる

Cimg7151

Cimg7153

Cimg7152
 ↑ カヌーに興じる人の姿が・・・

Cimg7158

Cimg7154
 ↑ この橋の奥にカヌー遊び等の受付がある様子

Cimg7155
 ↑ 橋上より・・・山から自然湖に注ぐ流れ

Cimg7157
 ↑ 非常に澄んで美しい水でした

Cimg7161
 ↑ さて、自然湖を堪能したら次の目的地へGO!

Cimg7162
 ↑ 今度は王滝川を右手に見ながら王滝村方面へ

Cimg7163
 ↑ 松原スポーツ公園を通り越し、村の中心部へ

Cimg7164
 ↑ 「村」の名にふさわしい、のどかでエエ雰囲気ですな~

Cimg7177_2
 ↑ 当たり前のことだが、村中そこかしこにある・・・

Cimg7176_2
 ↑ 「王滝村」と書いた看板を見るだけで、
    “あ~今私は王滝村に居るんだ~” と、何気に感動

Cimg7165_2
 ↑ アチラコチラで稲刈り作業をされておりましたな

Cimg7178_2
 ↑ ちょっと意外?だったのはコンバインでの稲刈り作業を見なかった事
    昔懐かしい「稲木(いなき)」が多かったな~~
    ※上の画像はNo’t 稲木

Cimg7166
 ↑ それはさておき、ちょっぴり迷走気味に村の中を巡る私・・・何処ここ?

Cimg7167
 ↑ いや、完全に迷子です! 
  
お母ちゃ~ん 助けて~!
    ・・・と、半泣きになりかけた頃、前方に目的地が!

Cimg7168
 ↑ おっ! アレに間違いないぞ!

Cimg7169
 ↑ 着いた所がコチラ!

Cimg7170
 ↑ これまた数多くの王滝ブログで拝見していた「王滝食堂」でっす!

Cimg7171
 ↑ 早速入店

Cimg7172
 ↑ コチラの名物は「いのぶた料理」! 私が食べてみたかったのは・・・

Cimg7173
 ↑ いのぶた丼(汁付) ¥850なり!

Cimg7174
 ↑ ど~ですかお客さん! 美味そうでしょ~! いただきま~す!!

 

【王滝食堂】

住所 長野県木曽郡王滝村2708-2

電話 0264-48-2738

駐車場有

詳しくは・・・コチラ

 

Cimg7179
 ↑ 念願の「いのぶた丼」を食し、ご満悦でお店を後にする

Cimg7181
 ↑ さぁ、さぁ、松原スポーツ公園に戻ってきましたよん

Cimg7125
 ↑ 戻って来たところで松原スポーツ公園と記念にパチリ

 

13時からの受付にも関わらず、なぜ早く現地入りしたのか??

答えはズバリ観光!

めったに来ない長野県、そして初めての王滝村だからこそ、

アッチやコッチと、ウロウロしたかったのよね~。

おかげさまで念願の「自然湖」も観られたし、「王滝食堂」で食事も出来たし、

いや~~やはり 「早起きは三文の徳(得)」 でんな~~。

ん? 三文??

「自然湖」で一文、「王滝食堂」で二文、じゃあと一文は??

 

ということで観光編その2へ続く!                                                             

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月16日 (月)

豪雨のSDA王滝参戦記チラ見せの巻

SDA王滝100km行って参りました! 帰って参りました!

いや~~楽しかった!

じ・つ・に・楽しかった!

とりあえず本日は恒例のちら見せということで・・・

Cimg7183
 ↑ 松原スポーツ公園

Cimg7245
 ↑ スタート直前

Cimg7258
 ↑ スタート後、数キロは舗装路

Cimg7270
 ↑ 林道を走る!

Cimg7275
 ↑ 豪雨でカメラ曇りっぱなし

Cimg7288
 ↑ 後半は日が差す場面も

Cimg7311
 ↑ めでたく完走!

 

初めての王滝はとにかく楽しかった!

本編は後日!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月13日 (金)

いざ王滝へ!出発準備完了の巻

ついに明後日となりました・・・SDA王滝9月大会。

ドタバタしながら何とか準備完了。

天気予報では・・・雨が予想されますな・・・(泣)。

とりあえずマシンはこんなカンジで↓

 

Cimg5161
 ↑ niner JET9 RDO 王滝仕様

Cimg5164
 ↑ 平素より100均ファイル改の自作フェンダーを装着しているが、
    悪天候を想定し、前後に長いバージョンを装着

Cimg5165
 ↑ リヤ用もいつもより上下に長いバージョンを製作し装着

Cimg5168
 ↑ これまた100均ファイル改の自作ビーバー風テール装着

Cimg5166
 ↑ Fディレイラー保護はシマノ マッドブーツを装着

Cimg2419
 ↑ シートポストクランプ部には不要になったチューブを被せて保護

Cimg2422
 ↑ ブレーキホースや変速ケーブル取付け部には自己癒着テープを巻いて保護

Cimg5172
 ↑ 飛び石からのダウンチューブの保護はいつもの1mm厚ゴムシートで

Cimg5174
 ↑ 1番危険な箇所は重ね貼りをし、合計3mm厚のゴムシートで保護

 

ということで、泥除けに関しては簡易型のモノを選択。

ま、汚れるときは汚れまくってやりますわい!

天候がどうであれ、何とか、何とか、完走を!

私を導いてくれJET9ちゃん

 

今日のオマケ画像

Cimg5175
 ↑ 積み込み完了・・・車中泊の私、一体どこに寝るの??

Cimg2438
 ↑ ちなみに遠征母艦の外観は年甲斐もなく、こんな感じのシャコタンで・・・

Cimg2437
 ↑ 王滝遠征のために製作した 「niner」 ステッカーをリヤに貼っております

Cimg2431
 ↑ 会場等では、これまた王滝のために製作した “niner” Tシャツを着用

 

ninerのステッカーを貼った車に、ninerのTシャツを着ている、

コスプレ中年が私ですので、弊ブログをご覧にいただいている読者様で

今回の王滝に参戦なさっている方がいらっしゃいましたら、

道中のS.AやP.A、さらには道路上、そしてメイン会場にて、

是非是非是非お声掛けくださいませ!

王滝村入りは土曜日午前中の予定です。

今度こそ皆さんとお会い出来る事を楽しみにしております!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月11日 (水)

私の王活! 水曜夜はイノテックタイムの巻

アタフタ、ドタバタしながらも徐々に王滝準備を遂行中。

今宵はチェーン、カセット等金属部品をイノテック処理。

エネルギーの節約、チェーンの寿命が3倍に延長、メンテナンス回数の削減、

施工後はさらりとしていて、粉塵が多い所でも殆ど埃が付かない・・・

・・・という素晴らしい宣伝文句のイノテックちゃん。

確かにドライ路面のダート走100kmではオイル切れを起こすことは無かったが、

週末の王滝村のお天気は怪しい様子・・・

雨降りのダートではどうかな?

 

頑張れ! イノテック!

踏ん張れ! イノテック!

やれるぞ! イノテック105!

 

Cimg5150
 ↑ 何やら怪しい液体に浸かったチェーン様

Cimg5151
 ↑ 激しくシェイク!

Cimg1084_5
 ↑ ここで登場、INNOTECH SIL105

Cimg5154
 ↑ 完全脱脂したチェーンにまんべんなく塗り塗り

Cimg5157
 ↑ カセットにも塗り塗り・・・あとは乾くのを待つのみ

 

でも、とりあえず当日は降らないでね!

 

Teru
 ↑ ARA!娘画伯5歳作 「王滝村晴れてるてる坊主」

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月10日 (火)

SDA王滝用装備 ウエア編

来週の今頃は燃え尽きて抜け殻のようになっているのでしょうか?

ということで、王滝です。

さて、今回は本番で着用する衣服のご紹介でございます。

では頭の先から順番に・・・↓

Cimg1426
 ↑ ヘルメットは・・・OGK MS-2

Cimg5148
 ↑ アイウエアは・・・SWANS 双SOU

Cimg1419
 ↑ サイクルジャージは・・・GRIDE SS-05ショートスリーブ

Cimg2459
 ↑ ビブショーツは・・・パールイズミ プレミアム ビブパンツ T250-3DNP

090816_002
 ↑ インナーウエアは・・・OUTWET SLP2

Cimg2246
 ↑ アームカバーは・・・C3fit パフォーマンスアームカバー

Dscf4955
 ↑ グローブは・・・ERGON HX2 フルフィンガーグローブ

Cimg4141_2
 ↑ 大事なあんよは・・・CW-X ジェネレーター

Cimg5090
 ↑ 靴下は・・・PIP SPORTS アクティブウォーク ウォーキングソックス

Cimg2470
 ↑ シューズは・・・SIDI ドミネーター5フィットメガ2013

Cimg2638
 ↑ インソール(右)は・・・ショックドクターSP0932 プロテクティブインソール

 

悪天候の場合は・・・

111230_002_3
 ↑ パールイズミ 89 レイン ヘルメットカバー

Cimg5143
 ↑ HiPORA レインジャケット MKJ-101

Cimg5142_2
 ↑ HiPORA レインパンツ9分丈(左)、7分丈(右) どちらか?

Cimg5147
 ↑ GripGradシューズカバー

 

上記のような布陣で臨もうかと思っております。

以上、王滝着衣ご紹介編おしまいっ!

肝心のお天気はどうでっしゃろな~~??

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 9日 (月)

王滝と散髪と3本ローラー

Cimg5139
 ↑ 王滝直前ということで3本ローラーで軽~~く調整

20130907_184954
 ↑ 髪の毛でも切って究極の軽量化を・・・

                                                                                                                                  

いよいよです。

いよいよ王滝ウイークですよ旦那はん。

SDA王滝にご参加の皆様、準備万端整いましたでしょうか??

私はというと、ジタバタしてます・・・アタフタしてます・・・

完走するために何か手立ては・・・

マシンの軽量化にも限界があるということで、あとは自分の軽量化・・・

ということで美容院に行き、思い切りカットしてまいりました。

ああ、涙ぐましい

さぁ、あとは本番に疲れを残してもいけないということで、

今週はローラーに軽く乗る程度で・・・。                    

 

Nagano_3

↑気になる週末のお天気は・・・

日曜日は曇り

降りさえしなければO.Kでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 8日 (日)

王滝装備!? アクティブウォーク ウォーキングソックス

日本一過酷と称されるMTBレースSDA王滝・・・初参戦にして完走を目論む私。

何か完走の手助けになるモノはないかと、機材関連から、サプリ関連まで、

探しに探している今日この頃だが、今回はウエア関連である。

また靴下である。

靴下といえば前回、「武田レッグウェアー自転車用ソックス」をご紹介したばかり↓

Cimg2276

Cimg2296

Cimg2297_2
 ↑ 武田レッグウェアー R×L バイクソックス TBK-300N ¥2,100

 

さて、今回はどんな靴下なのか?

コチラ↓

Cimg5090
 ↑ PIP SPORTS アクティブウォーク ウォーキングソックス

Cimg5080
 ↑ 左右専用設計

Cimg5086

Cimg5089
 ↑ つま先部

Cimg5088
 ↑ 土踏まず

Cimg5085
 ↑ かかと部

Pip_4

Pip2

 

【PIP SPORTS アクティブウォーク ウォーキングソックス】

製品特徴

○「テーピング構造で足首をサポート

○「衝撃吸収クッション」で、かかとの衝撃を吸収

○「マッサージ感覚」で土踏まずを刺激

○足指つけ根は、ムレを防ぐ通気性の良いメッシュ編み

○吸汗・速乾の快適素材を採用

 

ということで、ピップエレキバンで有名なピップ株式会社さんのリリースする、

ウォーキング用のソックスである。

前述の武田レッグウェアーのような自転車専用品ではないが、

1度試してみるのも面白かろうということで今回入手。

MTBの押し歩きに丁度イイかもね。

しっかし・・・靴下ばかり集めて・・・マニアやね

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 7日 (土)

王滝用決戦タイヤ:クロスマーク装着!

先日の 「林道 瀞川氷ノ山線100km走」 後に発見したタイヤの切り傷・・・

初参戦となるSDA王滝を前に不安要素は全て排除しなければ!

ということで、おNEWタイヤと交換することに。

Cimg5035
 ↑ コチラは表面だけだが・・・

Cimg5036
 ↑ コチラが結構深かった

Cimg5108
 ↑ 今回用意したタイヤは・・・当然マキシス クロスマーク29×2.1 LUST

 

新たに装着するタイヤは、これまで履いていたのと同じマキシスのクロスマーク。

せっかくなので違うタイヤにしようかとも思ったのだが、さすがに直前の変更は危険。

今年3月からの林道走で慣れたクロスマークに落ち着いた。

 

Cimg5111
 ↑ 手前:新品クロスマーク  奥:これまで履いていたクロスマーク

Cimg5110
 ↑ 手前:新品 ロゴが変わっておりますな~

Cimg5123
 ↑ さてタイヤの交換・・・まずは空気を抜いてっと

Cimg5112
 ↑ タイヤをリムから外す・・・白い液体は3月から入れっぱなしのNOTUBES

Cimg5132
 ↑ ん?タイヤの中にサンゴ礁のようなモノが・・・

Cimg5133
 ↑ なんじゃこりゃ~~~~!!??
    コレが噂のNOTUBES液の固まったモノでした

Cimg5118
 ↑ NEWタイヤを装着したらコンプレッサーで一気にビート上げ!

Cimg5121
 ↑ パキパキと音を立てながら、無事ビートが上がったの図

Cimg5123_2
 ↑ ビートが上がったら、もう1度エアーを抜いて・・・

Cimg5129
 ↑ 専用治具を使用し、バルブコアを・・・

Cimg5124
 ↑ ・・・取り外す!

Cimg5125
 ↑ ここで取り出しましたる・・・パンク予防の強い味方「NOTUBES」

Cimg5127
 ↑ NOTUBES注入! (今回は約60ml注入)

Cimg5136
 ↑ バルブコアを装着し、エアーを入れたら完成~!

 

ということで、王滝決戦用タイヤの組み換え完了。

チューブレスタイヤなので、本来ならNOTUBES注入の必要はないのだが、

相手は王滝・・・一体何が起こるか分からないということで念の為今回も注入。

さぁ、これでタイヤに関する不安要素は払拭!

お次はマシン整備だぁ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 6日 (金)

2013 SDA王滝 最終案内来たる!

Cimg5107
 ↑ パワースポーツさんより封書が届く

Cimg5095
 ↑ 中身は参加案内3枚とコース図1枚

Cimg5098
↑ 給水手段がAS以外に「川や沢」の水を利用するってところが、
   セルフでディスカバリーなアドベンチャーって感じですな~~

 

ついにやって来ましたSDA王滝9月大会参加者への最終案内。

注意事項やタイムスケジュールを確認していると、いよいよって感じですな~。

いや~もうココまで来たらジタバタしても仕方がないんで、

楽しいことばかり妄想しております

 

Tenki_2

問題はお天気・・・

とりあえず長野県南部は来週良い天気っぽいぞっと

                                                               
                                                                                           
                                                             

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 5日 (木)

SDA王滝用補給食決定!の巻

王滝本番を目前に控え、今宵は携行する補給食の点検を実施。

今シーズン、林道に籠りっきりになる中で実際に食したモノたちである。

チョイスした補給食がコチラ↓

 

Cimg5063
 ↑ まずは補給食収納用モンベルステムバッグ 中身拝見↓

Cimg5076

①スーパーヴァーム顆粒 × 1

②パワージェル BLACKCURRANT ×12

③ハニースティンガー バナナ味 ×4

④パワーバー BerryBlast × 1

⑤塩分補給 天日塩

⑥アミノバイタルGOLD ×3

 

スーパーヴァームはスタート前に飲用。

メインの補給食は、主催:パワースポーツさんに敬意を表しパワージェル。

カフェイン入りのモノ(BLACKCURRANT)を計12個用意。

それにハニースティンガー バナナ味×4をプラス。

これらを4つのフラスクに入れ、30分に1回摂取予定なので8時間はイケるハズ。

固形食はパワーバーを用意。 また、腹持ちという意味合いで、

前回氷ノ山100km走の時、具合の良かったソイジョイを追加するかも?

スペシャル補給食としてアミノバイタルGOLDを3本。

これは各CP毎に摂取予定。

塩は脚攣り防止ということで、適時補給。

 

Cimg5069
 ↑ お次はハイドレーションバッグの中身拝見

 

①グリコCCDドリンク ×4

②メイタンCCC ×4

 

2リットルの容量を持つCAMELBAKのリザーバーにはCCDを4つ。

そこに! MeitanCCCを4つ注入。

高燃費中年の私、とにかくカロリーを摂って摂って摂りまくる魂胆。

パワージェルやハニースティンガーよりも粘度の低いメイタンならではの、

必殺ドリンク内注入作戦である。

あまりの濃さに “オエっ” とならないか、実際の林道走でテスト済。

 

あとはさらにガツン!と反則的に効く補給食がないか思案中・・・

何かエエもんないかな~~??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 4日 (水)

SDA王滝用携行装備点検の巻

王滝を目前に控え、今宵は携行する装備品の点検を実施。

林道走を繰り返す中で、取捨選択を行い生き残った精鋭たちがコチラである↓

 

Cimg2389
 ↑ 緊急時装備収納用トピーク エアロ ウェッジパック L  中身拝見↓

Cimg5070_2

①29インチ用替えチューブ ×2

②IRCチューブレス用タイヤレバー ×2

③携帯ポンプ トピーク ハイブリッドロケット MT

④トピーク CO2ボンベ25g ×1

⑤ParkTool  TB-2(タイヤブート) ×3

⑥LEZYNE スマートキット(パンク修理キット)

⑦高強度アルミガムテープ 適量

⑧ナイロンバンド 適量

⑨チェーン関係
 (ミッシングリンク、チェーンコマ、コネクティングピン&バルブコア脱着工具)

⑩チェーンオイル 適量

⑪クランクブラザース 携帯工具マルチ19

⑫マキロン殺菌消毒薬

⑬滅菌済ワンタッチパッド(広範囲用絆創膏)

⑭バンドエイド 適量

⑮ディスポザブルグローブ

⑯鎮痛剤

⑰小林製薬コムレケア錠剤(足つり、こむらがえり、筋肉のけいれん防止)

 

・29インチチューブはサランラップで巻いたのちジップロック袋に収納。

・トピークの携帯ポンプはハンドポンプとインフレーターとの2Wayタイプ。

・サイドカットにはパークツールのタイヤブートを貼り貼り。

・虎の子のチューブのピンホールパンクにはレザインのパッチで対応。

・チェーンオイルはRC用のオイル容器に小分けにして携帯。

・アルミガムテープはサイドカットその他諸々に使用。

・クランクブラザース 携帯工具マルチ19はチェーン切りも出来るタイプ。

これらの装備品は全て、チャック付きのナイロン袋に収納。

 

そんなわけで、5王用の装備から若干携行量を減らし軽量化を促進。

本番では、このサドルバッグのジッパーを開けることが無ければ良いのだが・・・。

トラブルフリーを願いつつ、今宵はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 3日 (火)

京都由良川回廊サイクルラリー~ゆラリー~2013 始まる!

【由良川里山回廊構想】

安心・安全な自転車道で中丹の魅力を満喫!!

■京都由良川回廊自転車道整備・推進事業

由良川流域の自然や地域資源、地域や人々をつなぐ自転車道を整備し、

地域の安心・安全、スポーツ・健康づくりを促進します。

さらに、新たな地域資源として活用し、ニューツーリズムなど交流人口の

獲得・拡大を目指します。

○ソフト事業

スタンプラリーや自転車イベントの開催

 

京都府中丹地域の魅力を自転車を通じ、内外に発信するということで

京都府が取り組んでいる京都由良川回廊自転車道整備・推進事業なるもの。

その中のソフト事業としてあるのがスタンプラリーということで、

2011年より始まったサイクルイベント「由良川サイクルラリー~ゆラリー~」。

中丹地域の森・里・海の豊かな自然を満喫しながらサイクリングを楽しむと共に、

コース上に設けられたスタンプポイントにて各スタンプを所定の台紙に

集めて応募すれば抽選にて地域特産品が戴けるという催し。

そんな「ゆラリー」が今年も帰ってまいりました!

ていうか、もうすでに始まっております!

 

Yurari

Yurari2

Yurari3_3

 

                                                                 
「京都由良川回廊サイクルラリー~ゆラリー~2013」

中丹地域の森・里・海の豊かな自然や由良川流域の景観を自転車で満喫できる

モデルコースを設定しました。この秋、中丹の魅力を再発見してみませんか?

期間

2013年9月1日~11月30日(事前申し込み不要・自由参加)

コース 

■ゆラリーコース 約80km(スタート・ゴール:三段池公園)

由良川沿いを走り、4つのスタンプポイントを巡る初級コース

獲得標高上り240m 平均斜度上り2.4%

■京都由良川回廊コース 約110km(スタート・ゴール:あやべ温泉)

今後整備予定のルート等を走る中級コース

獲得標高上り701m 平均斜度上り2.8%

■海・里満喫コース 約140km(スタート・ゴール:あやべ温泉)

海と山を同時に楽しめる上級コース

獲得標高上り1219m 平均斜度上り3.4%

■森のチャレンジコース 約70km(スタート・ゴール:三段池公園)

秋の丹波高原を巡る山岳コース

獲得標高上り801m 平均斜度上り3.6%

■海の京都ラリーコース

管内3市の「海の京都」戦略拠点を巡るショートコース

綾部市(約19km) 福知山市(約26km) 舞鶴市(約15km)

 

ということで地元民として、これは参加しなければ!

ていうか、今年こそ景品GETだぞっと!

府内・府外の皆さん、是非一緒にいかがでしょうか??

 

今回のオマケ画像

111009_012
 ↑ 2011 ゆラリー初級コース スタンプゲットの図

111016_050
 ↑ 2011 ゆラリー山岳コース 兵庫県との県境に向けて峠を登る

111113_043
 ↑ 2011 ゆラリー上級コース 天橋立観光案内所にて

Dscf4401
 ↑ 2012 ゆラリー初級コース 大江観光にて

Dscf5969
 ↑ 2012 ゆラリー中級コース あやべ観光案内所前にて

                                                                     

※過去参加の模様はコチラ↓                                                               

2011 ゆラリー初級コース

2011 ゆラリー山岳コース

2011 ゆラリー上級コース

2012 ゆラリー初級コース

2012 ゆラリー中級コース

                                                                   
                                                              

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年9月 2日 (月)

私の王活!SDA王滝の補給食アレコレ

いや、いや、ヤバいっすよ奥さん、近付いて来ましたよSDA王滝9月大会が。

何と言っても初参戦ということで、全てがチンプンカンプンの手探り状態。

そんな中、我が家にも続々と届けられる王滝グッズ?の数々。

1番重要なおやつ・・・補給食も各種入手済。

 

Cimg5050
 ↑ メイン補給食は・・・PowerGel BLACKCURRANT

Cimg5060
 ↑ HONEY STINGER BANANA

Cimg5061
 ↑ Meitan CCC200

 

ジェル系の補給食はこの3種でまかなう予定。

あとは固形物も若干量欲しいし、塩分補給サプリも要るな・・・。

なんだかんだで、色々と思案している時が結構楽しいもんですな~

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年9月 1日 (日)

林道走行後のプチメンテ実施の巻

先日の 「瀞川・氷ノ山」 林道走行でドロドロになったマシンをメンテ。

やはり雨天時のダート走行は汚れが激しいですな~。

 

Cimg5009
 ↑ 降雨の間隙を縫って洗車を実施

Cimg5011
 ↑ 林道メインで走っているので、飛び石でスポークもこの通り

Cimg5013
 ↑ 洗車後はガレージ内に移動しメンテナンスタイム

Cimg5017
 ↑ 今年1月から1度も交換していないパッドはこの通り

Cimg5015
 ↑ 王滝に向けて新品と交換することに

Cimg5023
 ↑ 新品(右)との差は歴然!

Cimg5025
 ↑ キャリパーを綺麗綺麗にして・・・

Cimg5029
 ↑ ブレーキパッド装着(キャリパーのピストンは押しこんでおきましょう)

Cimg5035
 ↑ アチラコチラ点検をしていると・・・お! た、タイヤが!!

Cimg5036
 ↑ げっ!こんなところにも! おい!傷は浅いぞ!しっかりしろ!

 

9王本番まで2週間を切った今日この頃。

ガッツリと林道走行出来るのも、あと1回くらいか??

本番前にはしっかりと整備をし、不安要素を全て払拭しなければ・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ