フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】 | トップページ | 今秋は宮津市にMTBer全員集合!の巻 »

2013年9月27日 (金)

SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】

さて、SDA王滝ネタである。

来年に向けての備忘録・・・今回は【装備編】である。

 

補給食について・・・

Cimg0831

Cimg2312

↑ 補給食収納には「モンベル ステムバッグ #ブラック」 を使用。

ハンドル上にセット出来ることで、走行中の補給を容易にしてくれた立役者。

ハンドルバーとステムにベロクロで固定するのだが、激しくガレた路面の下りでも

外れることや、破損することなく、最後まで私の補給食を死守。

 

Cimg5076

↑ 携行した補給食はこのとおり。

①スーパーヴァーム顆粒 × 1

②パワージェル BLACKCURRANT ×12

③ハニースティンガー バナナ味 ×4

④パワーバー  × 2

⑤塩分補給 天日塩

⑥アミノバイタルGOLD ×3

 

スーパーヴァームはスタート30分前に飲用。

メインの補給食はパワージェルとハニースティンガーで30分に1回補給。

合計16ショッツは見事完食。

パワーバー(固形)は、CPで停車した際に食す。

2個携行し、1.5個分消費。

脚攣り防止の天日塩は適時補給。

おかげさまで深刻な脚攣りは無し。

アミノバイタルGOLDはCP毎に飲用。

 

Cimg5069

①グリコCCDドリンク ×4

②メイタンCCC ×2(画像では4つだが、実際の使用は2つ)

水分補給はハイドレーションシステムを使用。

CCD2リットルの中にメイタンCCCを2個入れるという荒業で、

水分からもカロリーを摂りまくる作戦を決行。

最終消費量は1.5リットル程度。

コース上に多数ボトルが落ちていたことを考えると、

私的にはハイドレーションシステムで正解であった。

 

緊急用装備品について・・・

Cimg2389

緊急用装備品はトピークのエアロ ウェッジ パック Lに携行。

中身は・・・↓

Cimg5070_2

①29インチ用替えチューブ ×2

②IRCチューブレス用タイヤレバー ×2

③携帯ポンプ トピーク ハイブリッドロケット MT

④トピーク CO2ボンベ25g ×1

⑤ParkTool  TB-2(タイヤブート) ×3

⑥LEZYNE スマートキット(パンク修理キット)

⑦高強度アルミガムテープ 適量

⑧ナイロンバンド 適量

⑨チェーン関係
 (ミッシングリンク、チェーンコマ、コネクティングピン&バルブコア脱着工具)

⑩チェーンオイル 適量

⑪クランクブラザース 携帯工具マルチ19

⑫マキロン殺菌消毒薬

⑬滅菌済ワンタッチパッド(広範囲用絆創膏)

⑭バンドエイド 適量

⑮ディスポザブルグローブ

⑯鎮痛剤

⑰小林製薬コムレケア錠剤(足つり、こむらがえり、筋肉のけいれん防止)

 

おかげさまで、緊急用装備の出番は無し。

よかった、よかった。

全ての装備品はチャック付のナイロン袋に入れていたので、

今回の天候でも直接濡れることは無かったが、バッグ内には水・砂の浸入ありsweat02

やはりサドルバッグそのものをナイロン袋等で覆うなどして、

防水&防塵対策した方が、あとの手入れが楽。

振動によりストラップが切れる、ジッパー部が壊れる等のトラブルは一切なかった。

 

着衣に関して・・・

レース当日実際に着用したモノ↓

Cimg1426
 ↑ ヘルメットは・・・OGK MS-2

Cimg1419
 ↑ サイクルジャージは・・・GRIDE SS-05ショートスリーブ

Cimg2459
 ↑ ビブショーツは・・・パールイズミ プレミアム ビブパンツ T250-3DNP

090816_002
 ↑ インナーウエアは・・・OUTWET SLP2

Cimg2246
 ↑ アームカバーは・・・C3fit パフォーマンスアームカバー

Dscf4955
 ↑ グローブは・・・ERGON HX2 フルフィンガーグローブ

Cimg4141_2
 ↑ 大事なあんよは・・・CW-X ジェネレーター

Cimg5090
 ↑ 靴下は・・・PIP SPORTS アクティブウォーク ウォーキングソックス

Cimg2470
 ↑ シューズは・・・SIDI ドミネーター5フィットメガ2013

Cimg2638
 ↑ インソール(右)は・・・ショックドクターSP0932 プロテクティブインソール

Cimg5143
 ↑ 悪天候ということでカッパは・・・HiPORA レインジャケット MKJ-101
    レーススタートからゴールまで着っぱなしであった

 

そして!特筆すべきは・・・

Cimg0062
 ↑ アイウエアは・・・ホームセンターで買った保護メガネ!
    保護メガネ SG-515C 株式会社トップマン ¥398なり

Cimg0065
 ↑ メガネには100均製カラビナ付ナイロンチェーンで脱落防止

 

今回は悪天候ということで、手持ちのクリアレンズのモノ・・・保護メガネを使用coldsweats01

398円のホームセンター製だが、あの豪雨の中 私のライドを支えてくれた。

まぁ、自転車専用品じゃなくても、高価なモノでなくても良いということですな。

ちなみに・・・ダウンヒル時のみ使用で、あとは手に持つ、ヘルメットに差す、

ということで、脱落防止のナイロンチェーンでザックに繋いでいた。

実は・・・

最後まで活躍してくれた保護メガネだったが、ゴール後倒れ込んで休憩中、

誤って踏んづけてしまい破損・・・チーン、あの世へ旅立たれてしまったsweat02

 

着衣での反省点は、シューズカバーを着用しなかったこと。

これは全て私の段取りが悪いため。

トイレ渋滞に翻弄され、着替える時間が押してしまい、

シューズカバーまで装着する暇がなかったのである。

おかげで、シューズ内は水浸し!ズクズクのドボドボで不快であったsweat01

 

【王滝初参戦総括】

人生初参戦だったSDA王滝。

弊ブログのエントリー「前日観光編」 や 「当日レース編」では

とにかく “楽しかった!” としか書いていないので、お気楽なムードが漂っているが、

激しい落車や、パンクの瞬間を何度も目撃shock

パンク修理、自転車修理の為、停車されている方は数知れず・・・

コース上にはボトルやアイウエアその他諸々、装備品も落ちまくりの状況。

実際はアドベンチャーの名に相応しい、噂通りのサバイバルレースであった。

しかしながら、走り切った後の達成感・充実感は他のイベントとは比較にならず、

だからこそ、人々を魅了してやまないのでしょう。                                                                 

 

レースの何か月も前から使用する機材について考えたり・・・

携行する装備品の取捨選択を悩み抜いたり・・・

“あ~だ、こ~だ、あ~だ、こ~だ”

こんなに長い期間楽しめるイベントはないですなhappy01

 

もうすっかり「王滝」の虜になったところで、長らくお届けをしてまいりました、

「SDA王滝初参戦日記」は、これにておしまいっ!

また来年!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】 | トップページ | 今秋は宮津市にMTBer全員集合!の巻 »

サイクルイベント(SDA王滝関連)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

Awsome site! I am loving it!! Will come back again. I am taking your feeds also.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/58269569

この記事へのトラックバック一覧です: SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】:

« SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】 | トップページ | 今秋は宮津市にMTBer全員集合!の巻 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ