フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« SDA王滝メモリーズ来たる!の巻 | トップページ | SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】 »

2013年9月26日 (木)

SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】

さて、嬉し楽し厳しかったSDA王滝も終了し、日常が戻って来た今日この頃。

ここらで、先輩王滝ブログのマネっ子で、私も備忘録的なものを記すことに。

まずは・・・

【機材編】から!

 

Cimg5161

使用マシン:niner Jet9 RDO

○フレーム:niner JET9 RDO Lサイズ(20")

○Fフォーク:ロックショックス SID RCT3 Dual Air 29er Taper Forks 2012 100mm

○Rサスユニット:FOX FLOAT RP23(カシマコート)

○BBセット:シマノ XTR SM-BB90A HollowTech2

○ギアクランク:シマノ XT M785 10 Speed Hollowtech II 170mm x 38/26 Black

○チェーン:シマノ HG94 HGX 10 Speed

○Fディレイラー:シマノ XT M785 10 Speed Double  E-Type

○Rディレイラー:シマノ RD-M986 XTR 10-Speed Shadow+ SGS

○シフター:シマノ XT M780 10 Speed Rapidfire Pods - I Spec

○ブレーキレバー:シマノ XT M785 Disc Brake Lever

○ブレーキセット:シマノ XT BR-M785-S ブレーキキャリパー

○ブレーキローター:シマノ XT RT86 Ice-Tec 6-Bolt Rotor F/180mm R/160mm

○ポストマウントアダプター:シマノ SM-MA-F180P/P

○カセット:シマノ XTR M980 10Speed 11-36T

○ヘッドセット:Niner Integrated Tapered Headset

○ヘッドトップキャップ:Niner Y.A.W.Y.D. Top Cap

○ハンドルバー:Niner Flattop Carbon Handlebar

○ハンドルステム:3T ARX-PRO 100mm (+/- 17 degrees)

○ハンドルグリップ:Ergon GS1 - Lightweight - Small - Black

○サドル:Tioga Spyder Carbonite - Twintail - Black

○シートピラー:3T Doric Pro Inline Seatpost - 31.6 x 400mm - Alloy Black/White

○シートクランプ:Niner Seat Collar, Black, 34.9

○ペダル:シマノ XTR PD-M980

○ホイールセット:MAVIC Crossmax SLR 29

○タイヤ:MAXXIS CROSSMARK 29×2.1 exc/LUST/UST

 

細かい部分について・・・

Cimg1084

↑チェーンオイルは、最近お気に入りのイノテック105を使用。

これまでの王活で晴天時の林道100km走雨天時の林道100km走でも

特にオイル切れを起こすことなく走り切っていたのだが、さすがは王滝・・・

CP3前後からはオイル切れを起こしていた様子。

やはり、アノ砂地獄は見た目以上にダメージがあるようで・・・coldsweats02

ただし、変速は最後までスパスパと決まり、ストレスは皆無。

 

Dscf5563_2

↑ギヤ比に関しては、フロントが38/26T、リヤが11-36Tということで、

29erということもあり、地元:王滝練にて京丹波町の林道を走行する時などは、

もう少し軽くしたい・・・38/24Tあたりのギヤに換装したいと思っていたが、

王滝に関しては、長く続く激坂(20%程度)がほとんど無かった?ため、

現状のギヤ比でもイケるかなという印象。

 

Cimg5108

Cimg5125

↑タイヤに関しては、exc/LUST/UST仕様のクロスマーク29×2.1を使用。

空気圧は・・・フロント1.8kgf/cm2 リヤ1.9kgf/cm2

おかげさまで、パンク知らずの安心走行を実現。

タイヤ重量は835g(カタログ値)と、軽い部類ではないのだろうが、

色んな方のインプレにある通り、間隔の狭いセンターブロックのおかげで、

コギも軽く、よく転がるので実重量ほど重さを感じることは無い。                                                                

ちなみに・・・チューブレスではあるが、念の為「NOTUBESシーラント剤」を封入。

さらに重量は重くなるのだが、精神的な保険である。

 

グリップ的には、まだこのクロスマークとコンチネンタルのX-kingしか、

使用したことが無いのでアレコレ語れないが、下りで後ろを走るライダーから

1度も抜かされることなく、前を走るライダーを抜き抜きだったこと、

また、コーナリング中に特に危険な場面が無かったことを考えると、

私の速度域では全く問題が無かったものと考えられる。

そりゃそうだわね、世界のTOPライダーが開発なさってるんですから、

私に不満が出るハズもございません!

今回のようなハードウエットな王滝路面でも安心して下れました。

 

Cimg2316_2

Cimg2416

Cimg5168

↑泥除けに関しては、今回100均製ファイルを流用した簡易型のモノを

3箇所に装着していたのだが、アレだけ雨が降ればキチンとした市販のモノでも

一緒かなという印象。

実際、私が所有するZefal  SWAN PLUS  リアフェンダーのようなタイプのモノを

装着なさっていたライダーの背中もドロドロでしたsweat02

 

Dscf5490

↑ハンドルグリップはマラソンレースの定番:Ergon GS1を使用。

定番モデルだけに、快適なライドをサポートしてくれる逸品。

ただ、角度調整にはシビアなところがあり、少しでも取り付け角度が変わると、

手のひらが痛くなったりするので(当社比)、実走行で入念に角度調整する必要あり。

次回はバーエンドが付属したGS2モデルを使ってみたいと思う今日この頃。

 

砂&飛び石対策の結果は・・・

Cimg2419

↑古チューブを被せたおかげでシートクランプ部からの砂の侵入はナッシング!

 

Cimg2422

↑自己癒着テープ(ビニールテープではないところがミソ)巻き巻き作戦が

功を奏し、この部分からの砂&水の浸入もなし

 

Cimg5172

↑ダウンチューブ保護用ゴムシートもエエ仕事をしてくれ、フレームは無傷。

 

ということで・・・

雨がザーザー降る悪天候 & 砂地獄だったにも関わらず全くのノートラブルで

私をゴールまで導いてくれたNINER社のJET9 RDOちゃん。

自らの手でフレームから組み上げたマシンだけに感慨深いものがある。

ありがとうNINER!

ありがとうJET9 RDO!

ということで、次回 【装備編】 へつづく。

 

※それぞれの内容に関してはあくまでも私見でございます。

全く違った印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんので

悪しからずご了承ください。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« SDA王滝メモリーズ来たる!の巻 | トップページ | SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】 »

NINER JET9 RDO 29er」カテゴリの記事

サイクルイベント(SDA王滝関連)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

いや~そうそうたるパーツ群ですね!羨ましい(^.^)
組み上げたからこそできる唯一無二な愛車ですね!!

めがねカッパさん>
まさに世界に1台だけということで愛着湧きますね~。
王滝もトラブルなく走れたということで、
整備にも自信がつきます。
次は何処をイジろうかな~happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/58262069

この記事へのトラックバック一覧です: SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【機材編】:

« SDA王滝メモリーズ来たる!の巻 | トップページ | SDA王滝 初参戦日記 備忘録 【装備編】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ