フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

晩秋の京丹波遠足ライド参加者大募集!の巻

Kyoutanba_2

                                                                                                                       

弊ブログをご覧の皆様へ

平素は格別のご高配を賜り誠に有り難う御座います。

紅葉シーズン真っ盛りを目前に控えた今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

ココでちょこっと告知・・・お暇な方、ご一緒致しませんか??

 

☆林道ツーリングへの誘い

◎京丹波林道縦走遠足ライド

日時 11月30日(土) 9:30集合

集合 「道の駅 和」 第2駐車場

    ※京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11番地

内容 「道の駅 和(なごみ)」 を出発し周辺の林道へ。

    ぐるっと周って40km弱の走行を予定(未舗装路20km程度)

 

ということで、上記林道ツーリングをお誘い致します。

コース的には激坂あり、ガレあり、というガッツリ未舗装林道です。

んがっ!

みんなでワイワイのんびり・・・という ゆる~い 感じで楽しみましょう

参加希望の方がいらっしゃいましたら、コメント欄に一言お願い致します。

当日のドタ参も大歓迎!

いつも絡んで頂いている方も、お初の方も、皆様の御参加をお待ちしております!

 

○注意事項

※林道に突入しますと、水・食料を調達出来ませんので

  十分な量をご持参下さい。

※パンク・故障・怪我等、不測の事態に備えた装備をご持参下さい。

※走行に関する一切は自己責任ということでご了承下さい。

※自然災害その他で、林道が通り抜け出来なかった、思うように走れなかった、

  というようなことがあるかもしれませんが悪しからずご勘弁を・・・。

※開催中止の判断は、前日17:00のYahoo!天気予報で京都北部に

  雨マークがあり、降水確率40%以上で中止の予定。

  中止の際は、当ブログにてご案内致します。

 

Ekiwa_5
 ↑ 集合場所

                                                                  

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月29日 (火)

MTBでスローライド IN 里山

Cimg8029

Cimg8036

Cimg7722_3
                                                                 

 

里山にもいよいよ本格的な秋の気配が・・・。

子供の頃、遊び倒したお山へGO!

水溜りでビチャビチャになっても、クモの巣まみれになっても、

コケても、引っくり返っても、気にしない、気にしない。

 

泥んこ中年上等!

 

泥々になって遊んでいると、懐かしの少年時代にタイムスリップ。

おかげで、いくつになっても洗濯物が減らないのでありました

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月27日 (日)

2014王滝へ向けて新兵器導入の巻

さて、王滝である。

え? 先月終わったばっかじゃん!

いや、いや、いや、何をおっしゃるウサギさん。

来年に向けての王活はもう始まってるんですよ!

なんてったって、5王まであと7ヶ月弱しかないんですから

ベテラン王滝ライダーなら、のんびりなさってても良いでしょうが、

昨日や今日、参戦し始めたばかりのヒヨっ子王滝ライダーとしては、

年がら年中、準備してないとイカンわけですよ

スミマセン・・・相当カッコつけてます。

そこで!

今回新たに導入したアイテムがコチラ↓

 

Cimg8006
 ↑ ERGON(エルゴン) GS2 ブラック Sサイズ

Cimg8010
 ↑ バーエンドバー一体型が特徴のGS2

Cimg8012
 ↑ 上面

Cimg8014
 ↑ 下面

Cimg8025_2
 ↑ バーエンドバーは握る部位で材質が異なる
    黄矢印ノンスリップラバー 白矢印グラスファイバー

Cimg8028
 ↑ バーエンドとグリップの角度は、それぞれ独立したアングルで固定可能

Cimg8020

Cimg8022
 ↑ GS1との比較(共にサイズはS)

 

2new_ex1                                                              

【ERGON GS2】

○バーエンドは握り心地最高のエルゴノミックデザインです

○長時間のライディングでも、手の疲労を抑えるパドル形状

○バーエンド長さ:66mm

○全長:135mm

○パドル最大幅:51mm(Sサイズ)

○重量:222g(左右セット Sサイズ)

 

長距離走で無くてはならないアイテムとなったERGONのグリップ。

現在はERGON GS1(サイズS)を使用中。

解剖学に基づいて設計されたというだけあって、ピッタリフィットで

通常の丸グリップより快適なライディングが可能な逸品なのだが、

やはり走行時間が7時間、8時間と、長くなってくると手に疲れが・・・。

こんな時、ロードのドロップハンドルなら握る場所を変えることで、

痛みや疲れを分散させることが出来るのだが、ほぼ同じ場所を

握り続けるMTBのハンドル(グリップ)ではそうもいかない・・・。

 

そこで今回!

バーエンドバー付きGS2の導入と相成ったわけである。

これで、長時間ライドの際の疲労軽減、さらにはダンシングの際の引き易さを

手に入れ、快適な林道長時間走を実現だ!

早速何処かで走ってみようっと

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月25日 (金)

MTBトレッキング山コーヒー用携帯カップGET!

ここのところ、ネットで検索する物も自転車用品からどんどんキャンプ用品へ・・・

大物・小物を問わず、何かMTB遊びの中で使えるモノはないかな~と、

アウトドアグッズを探索しまくっている中、携帯フォークをGETしたことは

先日ご紹介したとおり。

 

これで「山ラーメン」「山うどん」「山おでん」etc・・・何でもフォークで喰ってやる!

てなカンジだが、山ラーメンと双璧をなす、山で食したい物といえば「山コーヒー」。

これからの季節、山頂でいただくホットコーヒーはサイコー

これまで私の「山コーヒー」といえば紙コップを使用↓

 

Dscf7173

 

ただ、割り箸使用と同じで、やはり毎回使い捨てというのもエコじゃない・・・

ということで、またまたNEWアイテムをGETしたのでご紹介。

そのアイテムがコチラ↓

 

Cimg7954
 ↑ たためる携帯コップLL

Cimg7941
 ↑ 空飛ぶ円盤のような・・・一体コレは?

Cimg7940
 ↑ コレが・・・

Cimg7939
 ↑ こうなって・・・

Cimg7938
 ↑ こんなになっちゃう!

Cimg7945
 ↑ 見事カップにトランスフォーム!

Cimg7944
 ↑ 蓋付きで衛生上も安心!

Cimg7948
 ↑ 荷物のカサを減らしたいキャンプにも最適だね!

Marna_2

【MARNA FOLDABLE CUP 350ml】

やわらかいシリコーン製のたためるコップです。

コンパクトなのでカバンの中でかさばらず、携帯に便利。

たっぷり入る大きめサイズでアウトドアパーティに♪

つまみを引き上げるだけで、内側に触れずに簡単にコップになります。

途中までたたんで器としても♪ フタになる便利な収納カバー付き。

 

ということで、シリコン製のコップである。

100均ショップでも似たようなモノがあるのだが、

容量の多いものが欲しかったので、今回はMARNAのモノをチョイス。

さぁ、これで「山コーヒー」でも「山ココア」でも「山みそ汁」でもどんと来い!

ただ・・・紙コップを使わなくなって唯一寂しいのは・・・コレ↓

 

Dscf7348
 ↑ '13.1.20 「スノーライドで大転倒2013の巻」より

Dscf1087_2
 ↑ '13.2.14 「ninerと往く、いつもの峠、新たな古道」より

Cimg0171
 ↑ '13.3.4 「絶景!日本三景:天橋立を望む杉山林道へ初遠征の巻」より

 

シリコンカップにも油性ペンで 「今日の一言」 を書こうかな~??

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月23日 (水)

ダウンヒルの脅威からバルブを死守せよ!の巻

本格的な紅葉シーズンライドを前にマシンのメンテにも気合が入る今日この頃。

フルクラム レッドパワー29er XLを何気に眺めていて気が付いた・・・

 

Cimg7999
 ↑ 不具合があります・・・さて何処でしょう?

Cimg7915
 ↑ 分かるかっ! ということで不具合箇所のズームアップ

Cimg7916
 ↑ もうお分かりでしょう

 

そうです、そうなんです。

バルブキャップが割れちゃってるんです。

 

“バルブキャップ如き、交換すりゃイイじゃん!”

 

確かにそうなのである。

交換すりゃイイじゃんなのだが、問題はなぜ割れたのか?

ロードなら本当に即交換で問題無いのだろうが、MTBの場合は・・・

前回参加した 「宮津MTBトレッキング」 参加前には割れておらず、

参加後に割れているということは、林道のダウンヒル時に前輪の跳ねた

飛び石が運悪く(良く?)キャップにジャストミートして割れた可能性があるのだ。

別にキャップだけが割れる分には良いのだが、その下のバルブに被害が及ぶと

 

Cimg7919
 ↑ とりあえず今回はバルブへのダメージは無かった様子

 

王滝参戦前、ありとあらゆる「王滝ブログ」を拝見させていただいたのだが、

飛び石がキャップに当たり、バルブコアにも損害を与える可能性がある云々・・・

という記事を目にしていたのだが、まさかそんな事が本当にあるとは

ま、今回のコレはただ単に私のキャップ締め込み過ぎによって、

割れた可能性もあるし、何とも言えないのだが・・・。

しかし、セルフディスカバリーの山遊びでは少しでもリスクを減らさなければ!

ということで、今回バルブコアを守るべく新兵器の導入と相成った。

長すぎる前フリ御免がコチラ↓

 

Cimg7927
 ↑ 足元のお洒落の定番アイテム・・・KCNC バルブキャップ

Cimg7911
 ↑ 気になる体重は・・・1.1g(2個)

Cimg7921
 ↑ 早速装着!

Cimg7924
 ↑ エエやん、ブラックカラーでカッコイイやん(自画自賛悪しからず)

Cimg7923
 ↑ 純正プラキャップよりは守りが堅いであろう

 

ピナレロ号でも愛用中(コチラは完全にドレスアップ目的)のアルミバルブキャップ。

今回は、林道ダウンヒル中の飛び石からバルブコアを守るという目的で装着。

コレにプラス、バルブコアの予備も持っていればバッチリかな?

さぁ、これで安心して林道を走りまくりの下りまくりだぞいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月21日 (月)

MTBトレッキング緊急時用 I.Dホイッスル導入の巻

深まりゆく秋。

MTBトレッキングを楽しむのには最適のシーズン到来だが、

楽しいばかりが山じゃない、危険とはいつも隣り合わせということで、

私も今シーズンは(一部抜粋)・・・

 

Dscf7362
 ↑ スノーライドでムーサルトを決めてみたり・・・

Cimg0345_3
 ↑ 3mほど崖下へ転落してみたり・・・

Cimg4048
 ↑ 森のクマさんと鉢合わせしてみたり・・・

 

様々なデンジャラスな目に合っているのだが、幸いにも大事には至らず、

毎回自力で下山出来ているのだが、いつ何時自力で脱出が困難な状況に

陥るか分からず、そんな時のために今回NEWアイテム導入と相成った。

安全・安心のド定番アイテムがコチラ↓

 

Cimg7889_2
 ↑ ハイマウント I.Dホイッスル

 

【ハイマウント(HIGHMOUNT)】

1967年の創業時より世界のアウトドア用品を提案してきたハイマウント。

その原点ともいえるブランド「Highmount」。

また、1922年創業、オーストリアウィーンで設立されたスキーポールメーカー

コンパール社との共同企画商品がスタートとなったHOHER BREG。

アウトドアのみならず、ライフスタイルに合った商品を提案している。

 

Cimg7905_2
 ↑ 先端がホイッスルになっている                                                               

Cimg7896_2
 ↑ 本体をネジると・・・分割!

Cimg7900_2
 ↑ 中には住所、氏名、電話番号、保険証番号等々記入できるI.Dシート入り

Id_2
 ↑ 付属 I.Dシート(防水仕様)の内容がコチラ

Cimg7904_2
 ↑ ちなみに・・・I.Dシートを抜き取るとこんなカンジ

Cimg7909_2
 ↑ 恒例の体重測定・・・10.1g

 

【HighMount I.D.Whistle】

サイズ 約71mm

重量 10.1g(カタログ値約12g)

材質 アルミニウム

 

ハイマウントの緊急用ホイッスル。

本体がOリング付きの防水カプセルになっています。

カプセルの中のI.Dシートににパーソナルデータなど必要事項を記入しておけば、

身元確認など突然のアクシデントに備えられます。

キーリング付きなのでペンダント、キーホルダー、ジッパータブなどとしても

ご使用になれます。

 

まぁ、なんだ、笛である。

以前から、装備せねば!と思い続けていて今回ようやく導入と相成った。

もし、京都府北部周辺の林道崖下でピーピーと鳴り響く笛の音が聞こえたら、

それは私です。

助けてください!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月19日 (土)

究極のサイクル用テールランプ!?の巻

独特の言い回しを用いた、個性あふれる文章で読者を魅了しつづける、

自転車ブログ:「ロードバイク乗りYOYA」。

その管理人であり、我が自転車仲間のYOYA氏が、

3ヶ月の海外出張より帰国・・・先日お土産を頂戴した。

お互い自転車を趣味にする者同士、ツーといえばカーってなもんで、

メインのお土産は自転車用グッズとのこと。

“さすが、分かってるね~” ということで嬉々として開封。

出てきたのがコチラ↓

 

Cimg7959_2
 ↑ 赤色だし、テールランプ・・・かな?

Cimg7989
 ↑ 現物確認 色々とツッコミたい所はあるのだが

Cimg7967_2
 ↑ う~~む、このスイッチらしき物は?

Cimg7966
 ↑ 単3型電池×2本使用する模様

Cimg7960
 ↑ パッケージにはMTBのイラストが・・・

Cimg7993
 ↑ シートポスト等に固定するようにクランプもあるし・・・
    うん、間違いなくサイクルパーツやな
    そうと分かれば早速・・・

Cimg7968
 ↑ 私の1番小さい相棒:シボレーFDB166ちゃんに装着!

Cimg7971
 ↑ 装着したお姿はこんなカンジ・・・

 

ちょ、ちょ、ちょっとバランスに問題が・・・?

 

あ! そうか、そうか、シボレーちゃんは何と言っても折り畳み自転車、

私の所有する自転車の中では1番小さいのだ。

目の錯覚というか、何と言うか、テールランプが必要以上に大きく見えちゃうんだな。

そうと分かればマシンチェンジ!

 

Cimg7972
 ↑ ピナレロ FP5 カモーーン!

Cimg7976
 ↑ どうですか奥さん、カーボンサドル&ピラーとのマッチングは?

 

こ、こ、これも、ちょっとデカす・・・

 

いや、いや、そんなハズは・・・

あくまでコレはサイクルパーツ。

どんな自転車にもスタイリッシュにピッタリフィットするハズ。

ピナレロちゃんは、ちょっと今日体調が悪いだけなんだ

おっと、そういえば大事なマシンを忘れていた。

私の所有する自転車の中で最もグラマラスなマシンを・・・

 

Cimg7977
 ↑ 29erマシン! NINER JET9 RDOに装着!

Cimg7980

Cimg7983

Cimg7981

 

1deko

 

ワシのチャリンコはトラックかぁ!

 

いや、いや、いや、いや、これはさすがにデカすぎますわ。

YOYAくん御免なさい。

 

しかし!

 

せっかくの頂き物、無駄にはしません!

サイクルパーツとしては “アレ” でしたが、第2の人生を歩んでいただきましょう。

早速今晩からお願いします↓

 

Cimg7986
 ↑ 我が家の畑の獣除けでございます マジで使うでコレ

 

本日の一言

「適材適所」

                                                                      

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

宮津MTBライド「ベスト・オブ・ザ・ベスト」順延決定の巻

【MTBライド順延の知らせ】

明日開催を予定しておりました宮津のMTBerアオラキ師匠プロデュースによる、

第二回秋の宮津ライド「ベスト・オブ・ザ・ベスト」ですが悪天候が予想されるため、

11月3日(日)に順延となりましたのでお知らせ致します。

 

「第2回秋の宮津ライド “ベスト・オブ・ザ・ベスト”」

日   時 11月3日(日)

集合時間 9:00(9時に出発が出来るように頑張りましょう)

集合場所 宮津市、京都府総合庁舎駐車場

コース   大江山北西林道と杉山林道 距離約35km

 

※参加を希望される方は「アオラキ・マウンテンバイク・ブログ」の

   コメント欄へ参加表明をお願い致します。                                                                                                                                     

 

7613958_orig_3
                                                                  

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月18日 (金)

MTBトレッキング山ラーメン用携帯フォークGET!

自転車遊びのメインがロードバイクからマウンテンバイクへ移行し早1年。

最大の目標であり、念願だった 「SDA王滝」 も無事参戦・完走を果たし、

ぼちぼちロードバイクの封印を解いても良いのだが、元々林道マニアであり、

オフロード好きの私なので、引き続きMTB三昧の日々。

 

MTB遊びの場合、単純に自転車に乗るというだけではなく、

プラス「アウトドア遊び」に繋がるのが面白いところ。

ちょっと山に入ってラーメンを食べるだけで気分はサイコー!

ネットで検索する物も自転車用品から、どんどんキャンプ用品へ・・・

先日テントをGET したのも、そんな流れからである。

 

大物・小物を問わず、何かMTB遊びの中で使えるモノはないかな~と、

アウトドアグッズを探索しまくっている今日この頃だが、

そんな中、気になるのが携帯用My箸、フォーク、スプーンの類。

現在、山での食事は割り箸を使用しているのだが、エコということを考えると・・・。

 

20130210_115206
 ↑ 通常は割り箸を使用

Dscf7388
 ↑ 割り箸を忘れた場合、そこらにある枝を箸代わりにしておりますが

Cimg3130
 ↑ もうコレなんか、枝というより完全なる木

 

ということで、以前より気になっていた物をGET。

それは何かと尋ねたらコレ↓

 

Cimg7864
 ↑ Coleman PACKWAY FOLDABLE FORK

 

【コールマン パックアウェイ フォールダブルフォーク】

軽くてコンパクト、半分におりたためる軽量チタン製フォーク。

トレッキングやキャンプに活躍する折り畳みカトラリーシリーズのフォークです。

軽くて高強度なチタンを使用しているので耐久性抜群。

使用サイズ 約156mm×26mm

収納サイズ 約99mm×26mm

材質 チタニウム、ステンレス

 

Cimg7879
 ↑ 折り畳んだお姿

Cimg7869
 ↑ 裏側

Cimg7878
 ↑ 伸ばすと・・・シャキーーン!

Cimg7888
 ↑ 裏側

Cimg7871
 ↑ フォークヘッドと持ち手のジョイント部はこんな感じ

Cimg7872
 ↑ しっかりとColemanのロゴ入り

Cimg7873
 ↑ 気になる重量は・・・16.1g

Cimg7875
 ↑ 折り畳むと、私の可愛い手にもスッポリ

Cimg7876
 ↑ 待ってろラーメン!

 

割り箸を使いまくるというのも地球環境には優しくないということで、

今回My箸ならぬ、Myフォークを導入

一口に折り畳みフォークと言っても、色んな物があるのだが、

軽量高剛性素材マニアの私であるからして、ここは一発チタン製と相成った。

さぁ、これで今秋も山グルメを喰って喰って喰いまくるぞっと

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月16日 (水)

SDA王滝の脅威! マキシス クロスマークが・・・

人生初参戦となった 9月SDA王滝 から早1ヶ月が経過・・・

辛楽しかった王滝練の日々、そしてレース本番の興奮からも徐々に抜け出し、

平凡な日常に浸かっている今日この頃。

 

私を無事ゴールまで導いてくれたマシン・・・niner JET9 RDOちゃんの整備は

早々に終わらせていたのだが、タイヤ&ホイール(マキシス&マヴィック)に関しては

“ざっ” と掃除をしただけだったので、これはイカンですと、ガッツリ手入れせねば!

ということで、レース後1ヶ月経った今頃になり、ようやく重い腰を上げたのだが、

そこで見たモノは私を恐怖のズンドコへ陥れるものであった・・・。

 

大袈裟すぎる前フリの正体はコレ↓

Cimg7831
 ↑ ええ~! タイヤが ペコペコ ですや~ん!

Cimg7835
 ↑ 慌てて空気を入れてみる!

Cimg7843
 ↑ あ、あかん! 空気漏れとるがな

Cimg7850
 ↑ ホイールをよ~く観察すると、リムに傷が! タイヤを外してみると・・・

Cimg7857
 ↑ パンクの原因はコレ! 長さ3mmほどの傷がタイヤ裏まで見事に貫通!

Cimg7862
 ↑ 不幸中の幸いで、リムには傷のみで歪み等は無い様子

 

ペッタンコのタイヤに空気を入れると、シューシューと空気の漏れる音が

何処だ? 何処だ? 何処だ~??

空気の漏れる箇所のリムに傷が・・・

パッと見ではタイヤの外傷は見当たらない。

もしやリムがひん曲がってるのではなかろうな

慌ててホイールチェック・・・ホッ・・・無事だ。

となると、原因はやはりタイヤか。

タイヤをチェックすると、ビートのスグ上に見事な穴が開いておりました。

シーラント剤で塞がるか試してみるも結果は惨敗・・・。

クロスマーク様はアッチの世界へと旅立たれていきましたチーン。

 

しかし・・・なんでこんな辺鄙な所に穴が開いたのだろう??

それに、レース後1~2週間の間は空気が抜けてることはなかったのだが。

今頃空気が抜け出すなんて・・・

 

も、もしや・・・これが噂に聞く・・・

                                                             

2panku_5

3panku_2


王滝恐るべし!

ま、3年じゃなくて1ヶ月やけど・・・。

 

2013年10月15日 (火)

若狭富士:青葉山登山へGO!の巻

児童の運動能力低下が深刻な問題になっている昨今。

確かに、我が息子がお世話になっている幼稚園の登・降園は

保護者が自動車等で送迎するようになっている。

 

今から35年以上前、私が幼稚園児の頃は登・降園共、勿論歩き・・・

登園は近所の子供たちと集団で、降園はバラバラで帰っていた。

何が楽しみって、降園時の「道草」!これにつきる。

友達の家に寄ったり、駄菓子屋に寄ったり、川で遊んだり、山で遊んだり、

親も良く心得たもので、子供の帰りが遅くなっても心配したりなんかしない。

「まぁ、お腹が空いたら帰ってくるだろう」・・・こんな感じだった。

 

昔は本当にのんびりしてましたな~~~(遠い目)。

今は訳の分からないご時世・・・こんなのんびりした事は出来ません。

もうあんな古き良き時代は戻って来ないんでしょうか??

 

そんなこんなで「歩く」ということが減っている今の子供たち。

我が息子も例外ではない。まさに運動不足。

これではイカン! 

もうボチボチARA!家を背負って立ってもらわねば!(まだ6歳ですが・・・)

ということで、「ARA!家健康促進企画」として登山を決行することに。

 

・・・という書き出しで始まったのが当ブログ2007年11月25日のエントリー。

当時6歳だった息子の健康増強という目的で登山をしたのであったが、

あれから6年・・・

先日我が娘が6歳の誕生日を迎えたのを機に、今度は娘も同じ山に登らせることに。

さて、兄貴が歩んだ道を妹も無事踏破出来たのでしょうか?

それではLet’s 登山!

 

Cimg7733
 ↑ 今回お世話になるお山はコチラ・・・青葉山

 

【青葉山】

京都府舞鶴市と福井県高浜町の境界にある山。

東峰(693m)と西峰(692m)の2峰からなる双耳峰。

東部海岸から眺める山容から「若狭富士」と呼ばれる。

 

Cimg7735
 ↑ 6年前と同じく今回も「松尾寺」を発着とする「松尾寺コース」を選択
    ということで、まずは松尾寺を目指す

Cimg7675
 ↑ ちなみに現在、松尾寺へは京都府側からの府道564が通行止めの為、
    福井県側・・・国道27号線「関屋交差点」左折、町道にて松尾寺へ   

Cimg7736
 ↑ 松尾寺 到着!

Cimg7737
 ↑ 山門

Cimg7738

Cimg7739
 ↑ 本堂

Cimg7740

 

【西国第29番札所 青葉山 松尾寺】

松尾寺は京都府舞鶴市にある真言宗醍醐派の寺院。

西国二十九番札所で、本尊馬頭観世音は三十三霊場中唯一の

観音像であり、農耕の守り仏として、或いは牛馬畜産、車馬交通、

更には競馬に因む信仰を広くあつめているとのこと。

 

Cimg7741
 ↑ 本堂横に登山口あり

Cimg7814

Cimg7815

Cimg7744
 ↑ それでは、いざスタート!
    先陣を切る娘6歳、そのあとに続く息子12歳

Cimg7745
 ↑ 山頂まで1.8km

Cimg7747
 ↑ はぁぁ~~山の空気は美味しいですな~~・・・と娘に言うと、
    「ウチの家も山の中にあるから同じ味やで」とおっしゃいました

Cimg7749
 ↑ 台風の影響か、倒木がアチラコチラありましたな・・・

Cimg7750

Cimg7751

Cimg7752
 ↑ 上図ズームアップ 木々の間に見える、アノ山頂を目指す

Cimg7755
 ↑ 登る!

Cimg7756
 ↑ 登る!登る!

Cimg7757
 ↑ 周りの木々にパワーを分けてもらいながら・・・

Cimg7758
 ↑ ぐんぐん登る!

Cimg7759
 ↑ 子供達にとってはアスレチックのような箇所もあり

Cimg7761
 ↑ 高度を稼ぐにつれ、少しずつ周りの山々も見え始めたの図

Cimg7764
 ↑ お、海や!

Cimg7765
 ↑ 青葉山名物?岩山ゾーンでちょっと一服

Cimg7767
 ↑ 昔は階段は無く、ココもロープでしたな

Cimg7768

Cimg7770

Cimg7771

Cimg7773

Cimg7776
 ↑ 青葉山妙理大権現の祠前にて休憩の図

Cimg7780

Cimg7781
 ↑ おお~! エエ景色や~~!

Cimg7782
 ↑ ココまで来たら頂上まではあと少し! 頑張れチビッ子!

Cimg7783
 ↑ あ、あと少し・・・

Cimg7788
 ↑ 青葉山西峰到着~!

Cimg7785
 ↑ 山頂からの景色ドン!

Cimg7786

Cimg7790

Cimg7791_2
 ↑ 遠~くに我が綾部の山:弥仙山が見えております

Cimg7784
 ↑ 山頂からの眺めはどうかな?

Cimg7789
 ↑ でも本当の頂はアノ岩の上

Cimg7792
 ↑ ということで、登る!

Cimg7799
 ↑ そんなわけで 「青葉山 西峰山頂 692m」 登頂成功!

Cimg7795
 ↑ 山頂からの眺め・・・ビューティホー!

Cimg7796

Cimg7797

Cimg7794
 ↑ どうだい子供達、この眺めは努力して登った者しか見ることが出来ないのだよ
    君達のこれからの人生に幸多かれ!

Cimg7800
 ↑ さて、素晴らしい眺めを堪能した後は・・・山コーヒー&ココア!

Cimg7802
 ↑ 青葉山にて山コーヒー達成

Cimg7804
 ↑ 山コーヒーを楽しんだら下山
    東峰への縦走はまた次回のお楽しみ

Cimg7805

Cimg7806

Cimg7808

Cimg7809

Cimg7812

Cimg7817
 ↑ そして無事下山!

 

子供を鍛えることを目的とした今回の登山。

キツイ箇所もあっただろうが、おかげさまで無事登頂に成功。

山頂からの眺めは相変わらず素晴らしく、子供達も感動してくれたようである。

意外だったのは娘6歳が最初から最後まで元気一杯だったこと。

確か、6歳当時の息子はバテバテだったはずだが・・・。

やはり女性は強し!

この調子で子供達を鍛えてやるとしよう。

「ARA!家健康促進企画」・・・今度は地元:綾部の弥仙山だぁ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年10月13日 (日)

玄関開けたら30秒トレイルで秋を感じるの巻

“小さい秋、小さい秋、小さい秋見~つけた”

てなもんで、小さな秋を感じに直近のお山へ。

 

Cimg7731

Cimg7704
 ↑ 我が家から激近・・・究極に急げば30秒?で到着出来るトレイルにて

Cimg7714

Cimg7721

 

激坂つづきの林道ツーや、担いで押しての山サイも楽しいけれど、

子供の頃から慣れ親しんだトレイルでボケェ~っとするのも、またいとおかし。

山に入って身体一杯に秋を感じるのでありました

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月12日 (土)

海と山とロードスターそして抹茶パフェ

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・存分に楽しませていただいているが、

私にとって外せない秋がもう1つあった・・・それは 「オープンの秋」 である。

さぁ、屋根を開け放ち お気に入りの場所へ出掛けよう!

 

Cimg7688
 ↑ 心も屋根も開いたらレッツゴー!

Cimg7669
 ↑ 海岸線をゆるりと流すの図

Cimg7670
 ↑ 自転車でも定番の舞鶴:大浦半島周遊コースでございます

Cimg7671
 ↑ ふは~~気持ちよろしいな~~

Cimg7676
 ↑ 海を堪能した後は山! コチラは今から25年ほど前、毎晩通っていた峠

Cimg7678
 ↑ いざスタート

Cimg7679
 ↑ 分かる人には分かる名物コーナー・・・ココには色んな思い出が

Cimg7703
 ↑ 目指すはアレ

Cimg7681
 ↑ 若かりし頃、何百回?走ったこの道・・・あ~懐かしい

Cimg7682
 ↑ 頂上到着!中丹地区の方なら、もうお分かりでしょう「五老ヶ岳」でございます
    毎夜コチラの駐車場でダベっていたものです・・・あ~青春

Cimg7691
 ↑ 五老ヶ岳の頂上にそびえ立つのがコチラ・・・五老スカイタワー

Cimg7697
 ↑ 50.5mの高さを誇っております

Cimg7693
 ↑ そしてコチラが・・・近畿百景第1位に選ばれた眺望

Cimg7694
 ↑ 舞鶴湾の美しいリアス式海岸が一望

Cimg7696
 ↑ 遠~~くに、先程渡ったクレインブリッジが見えております

 

【五老ヶ岳】

舞鶴のほぼ中央に位置する五老ヶ岳。その山頂にある五老ヶ岳公園は、

眺望の美しいことで知られています。

若狭湾国定公園の一部をなす舞鶴湾の複雑に入り組んだ海岸線や、

紺碧の海に浮かぶ緑の島々・・・

変化に富んだ景観は、「近畿百景」の第一位に選ばれています。

季節ごとに装いを変える景色は、新緑の春、海が碧く輝く夏、

山が紅葉する秋、雲海が広がる冬と、一年を通じて多彩な表情を見せ、

いつ訪れても新鮮な感動が味わえます。

 

【五老スカイタワー】

展望広場に立つ展望タワー「五老スカイタワー」の愛称は、

市民から公募し決定しました。

空に向かってのびるタワーの高さは地上50m、展望室の高さは地上約28m。

日本有数の高さを誇る海抜325mの展望室から見える360度の大パノラマの

迫力は壮観です。タワーの東側には、この眺望を楽しみながら喫茶・軽食の

できるカフェテラスもオープンしています。

※舞鶴市公式H.Pより

 

Cimg7700
 ↑ そして・・・頂上にあるカフェでスイーツタイム

Cimg7701
 ↑ 抹茶パフェでございます

 

愛車のコックピットに納まったら、お気に入りの場所をゆっくり流す。

近付いて来た秋の気配を、山々の色合い、風の香り、

木々のざわめきの中に感じながら Let’s Open Drive!

さぁ、今秋は何処へ行こうかな

 

                                                                     
                    

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年10月11日 (金)

林道ライドで粉砕スマホ復活!の巻

先日のエントリーでもお伝えした通り、

宮津:由良ヶ岳MTBトレッキング」 で走行中に落下させたスマホ。

これまで何度も落としてしまったことはあるのだが、今回は打ち所が悪く、

こんな結果に↓

Cimg7559
 ↑ 画面が見事に粉砕

 

ちなみに・・・

MTB遊び中のスマホはザックのショルダーハーネスに取り付けたポーチに収納↓

Dscf9001
 ↑ キャプテンスタッグ ポーチ

Dscf7425
 ↑ CAMELBAK M.U.L.E ショルダーハーネスに装着し使用

Cimg7645
 ↑ 通常はこのポーチにデジカメとスマホ(黄矢印)を収納

Cimg7406
 ↑ 黄矢印で指した所が若干盛り上がっているのがお分かりになるだろうか?
    下りでかっ飛んでいる際、調子に乗ってココでジャンプ!
    前述のポーチからスマホ&カメラが飛び出し落下
    カメラはカラビナ付チェーンのおかげで九死に一生を得るがスマホは↓

Cimg7559
 ↑ んで、もう1度お見せします・・・ヤッちまったぜ・・・バッキバキだぁ

 

画面が割れただけで、奇跡的に使用上は問題が無かったのだが、

さすがに見づらい・・・

ということで、ちちんぷいぷいのぷいっ!

 

Cimg7649_2
 ↑ ハイ! 復活!

 

保険を使い、¥5,250で見事復活。

型は同じだが、新しいってなんだか嬉しい

次回からは落とさないように気を付けねば!と固く心に誓ったところで

今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月10日 (木)

激安コンプレッションインナーで快適自転車生活!

秋である。

秋といえばスポーツの秋、自転車乗り待望の季節到来である。

朝晩涼しくなってきたとはいえ、日中は真夏日を観測するなど、

着衣には・・・特に上半身の着衣には悩まさせられる今日この頃。

 

MTB山遊びではこれまで・・・

○インナーウエア  OUTWET SLP2

○半袖サイクルジャージ or Tシャツ

○着圧アームカバー  C3fit パフォーマンスアームカバー

という出で立ちでの出撃だったが、秋本番に向けてココは一発インナーウエアを

新調してやろうと、どうせなら着圧式のインナーウエアにしてやろうと思うのだが・・・

いかんせん「こんぷれっしょんいんな~」と呼ばれるモノはお高い!

平気で1万円前後しちゃうもんだから、なかなか手が出せない!

 

う~~む、どうしたもんかと考える・・・

ポク、ポク、ポク、チーン! お、閃いた!

アソコへ行けば・・・アソコに行けば何かエエもんあるかも!?

そして見つけました。

アソコにイってエエもん見つけました。

それは何かと尋ねたら・・・コレ↓

 

20131008_082116
 ↑ 値札に注目~!

 

全国720店舗で業界No.1

作業者の味方 「WORKMAN」!

作業服・作業用品の大型専門店 「株式会社ワークマン」 であ~る!

 

なんだかんだで、これまで結構出入りしていたのよねワークマンさん。

ここで見つけたのが 「MUSCLE ASSIST」 という着圧インナーシリーズ。

私が入手したのは、これからの季節に最適の長袖タイプ。

コレが、お値段驚愕の1,500円! たったの千と五百円なのである!

 

Cimg7637
 ↑ MUSCLE ASSIST 長袖 黒 サイズM

Cimg7638
 ↑ 分かりづらいが・・・生地はこんなカンジ
    SKINSよりも少し厚手

Cimg7639
 ↑ 脇は別生地でメッシュ構造

Cimg7640
 ↑ 首・肩

Cimg7642
 ↑ 背面はこんなカンジ

Cimg7641
 ↑ 特殊なテープでマッスルをアシスト!

 

【MUSCLE ASSIST 長袖 黒】

○特殊なテープでしっかりアシスト

○ストレッチ素材できっちりアシスト

○吸汗速乾加工ですっきりアシスト

 

ということで、激安のコンプレッションインナーである。

私の体型だと、サイズはMでちょうど良いくらい。

※身長171cm 体重58kg前後

初めて着用したカンジは・・・

“おおっ、なんだか、ひ、引っ張られる!”

てな感じで、SKINSなどとは全く違う着心地。

どうやらこれは “特殊なテープでしっかりアシスト” という部分が効いている様子。

着用した瞬間は若干違和感があるが、慣れると問題なし。

実際、先日の「宮津MTBトレッキング」の際、丸一日着用していたが、

ハードな登りや、押し歩き時にしっかりとマッスルをアシストしてくれていた。

・・・気がする

まぁね、1,500円のモノに多くを望んではいけません。

とりあえず、今秋はこの「マッスルアシスト」ちゃんに活躍してもらうぞっと!

 

今回のオマケ画像

7202221_orig
 ↑ マッスルアシストで力持ち!アラよっと! 画像提供:アオラキ師匠

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月 9日 (水)

宮津MTBライド “ベスト・オブ・ザ・ベスト” 参加者募集中!

0miyadu_5

                                                                     
                                                                

「秋深き隣はナニをする人ぞ」

私の “ナニ” は言うまでもなくMTB遊びですがな。

この素晴らしい秋に皆で一緒に山遊びしましょう!ということで再度の告知でっす。

 

秋の宮津ライド 「ベスト・オブ・ザ・ベスト」

日   時  10月20日(日) ※雨天中止

集合場所  宮津市 京都府総合庁舎駐車場

集合時間  AM9:00

内   容  

MTB仲間と一緒に林道を楽しく走りながら美味しい山の空気を吸ったり、

日本三景などの素晴らしい眺めを見たり、宮津市のベスト・オブ・ザ・ベストの

林道を楽しんだり、仲良くワイワイするイベントです。

参加希望の方がいらっしゃいましたら、アオラキ師匠のブログ

コメント欄に一言お願い致します。

 

注意事項

※林道に突入しますと、水・食料を調達出来ませんので十分な量をご持参下さい

※パンク・怪我等、不測の事態に備えた装備をご持参下さい。

※走行に関する一切は自己責任ということでご了承下さい。

※災害等の影響で通り抜けが出来ない、思うように走行出来ない事態が

  あるかもしれませんがご了承ください。

※開催判断ですが、前日17:00のYahoo!天気予報で宮津市に雨マークがあり、

  降水確率40%以上の場合、順延になります。

  その場合はアオラキ師匠のブログをご覧ください。

 

本日のオマケ画像 (宮津林道との思い出)

Cimg0123

Cimg0139

Cimg0140

Cimg0178
 ↑ 2013年3月 宮津初遠征でのひとコマ

Cimg2802

Cimg2813

Cimg2911

Cimg2913_2
 ↑ 2013年6月 今福の滝前にて

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月 8日 (火)

第20回山吹MTBチャレンジフェスタ 申し込み完了!

Yamabuki2
Yamabuki1
Yamabuki

 

○イベント名

第20回山吹MTB CHALLENGE FESTA 2013

○受付場所

井手町まちづくりセンター椿坂

〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手石橋44

○開催日

11月23日(金・祝) 小雨決行

AM8:30~9:30 受付

○コース

京都府綴喜郡井手町山間部全域(大正池周辺部林道の約20km)

○参加費 

大人¥3,500 小中学生¥2,000

○内容

井手町商工会青年部が主催で平成6年度より毎年開催。

今年で20回目を迎えることになります。

大会はレースではなく町内の山間部約20kmの距離を走りながら、

ダイナミックな自然を楽しみ、MTBフリークの交流を図るのが目的です。

午前10時にスタート。紅葉の美しい山々の風景や竜王の滝から

大正池までの緩やかな登りを走っていただいた後、標高約200mの万灯呂山頂上で

仕出屋さんが本大会の為に作った特性のお弁当と女性部手作りの豚汁を

食べた後に一斉にゴール後に抽選会を行います。

 

ということで、山吹MTB大会である。

昨年初めて参加させていただいたわけだが、紅葉の美しい自然の中を

アットホームな雰囲気でユルユル走ることのできる素晴らしいイベントであった。

恥ずかしながら・・・

同じ京都府民でありながら井手町という地名すら知らなかったのだが、

本イベントを通していっぺんに井手町ファンになってしまった私である

「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」参加の模様はコチラ

 

昨大会は残念ながら雨模様の中での走行だったので、

今年は是非とも快晴の井手町を走りたいな~。

楽しみにしてまっす

 

山吹MTB大会の思い出

Dscf5597
 ↑ 昨大会は前日入りで車中泊しておりました

Dscf5614
 ↑ 今年はコチラでこっそりテント張っちゃおうかな??

Dscf5636

Dscf5655

Dscf5666

Dscf5670
 ↑ 山間部のエエ雰囲気の中を走らせていただきました

Dscf5674
 ↑ 紅葉が綺麗やったな~

Dscf5717
 ↑ 今年はこの万灯呂山展望台からスカッとした景色を眺めたいな~

Dscf5742
 ↑ 豪華景品の当たる抽選会もありました

Dscf5755
 ↑ コースや景色も素晴らしかったが、1番は愛想の良いスタッフさん!

Yamabuki3_3
 ↑ 昨年の記念写真・・・さて私は何処に居るでしょう??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月 6日 (日)

スポーツの秋、家近トレイルでMTB三昧の巻

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋・・・本日はスポーツの秋である。

気持ち良く晴れ渡った空・・・お山でガッツリMTB!とイキたいところだが、

時間に余裕がナッシング・・・

こんな時は家近トレイルへGO!である。

 

Cimg7608
 ↑ 今冬スノーライド三昧した古の峠道へ向かう

Cimg7609
 ↑ 今回のマシンは1995年式サイクルワールド号

Cimg7611

Cimg7613

Cimg7616

Cimg7618
 ↑ コチラの峠道は勾配も緩く、路面も綺麗なのでユルユル走るのに最適

Cimg7619
 ↑ いつもの撮影ポイントにて 草ボーボー

Dscf7339
 ↑ ちなみにコチラは・・・今年1月のライド時のもの

Dscf1080
 ↑ コチラは・・・今年2月のライド時のもの

Cimg7621
 ↑ さて、古道Nルートの様子を見に・・・

Cimg7622
 ↑ いざ突入!

Cimg7623

Cimg7625
 ↑ ちょっと荒れ気味・・・

Cimg7626
 ↑ おっと、倒木だ

Cimg7628
 ↑ 倒木を乗り越え先へ・・・

Cimg7627
 ↑ しかし・・・お山は気持ちよろしいな~~

Cimg7634
 ↑ 油断していると・・・おっと、また倒木だぞ

Cimg7632

Cimg7633

Cimg7635
 ↑ 倒木を乗り越え、乗り越え、無事下山

 

倒木まみれ & クモの巣地獄を乗り越えて走って来ました古の峠道。

今年頭から通っているこの古道も、まだまだ未踏の所があったりなんかして、

またボチボチ制覇しなくては・・・。

今度みんなで遊びに来ようっと!

 

本日のオマケ画像

Cimg7606
 ↑ 今回出逢った方
                                                                    

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月 5日 (土)

グルメ探究!麺通団(東)出動! 「馳走 天じん」の巻

スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋・・・今宵は食欲の秋である。

麺通団東八田分団

・・・当ブログに再三再四登場する、

地元消防団員有志で結成されたグルメ探求集団である。

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・海外まで!?

 

※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

「讃岐うどんツアー!」

「麺通団(東)京へ」

「広島だよ麺通団(東)!」

「麺通団(上)香港へ!」

「メーテルに出会った麺通団(東)」

「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

・「麺通団(東)古都:奈良へ往く

 

まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢達。

実は私が自転車遊びを趣味のメインにするようになったのも、

このグルメ活動のおかげ?? あまりにも喰らい過ぎるものだから、

こりゃイカン! 喰った分のカロリーは消費せねば!

・・・ということなのである。

 

さぁ、そんな麺通団(東)なのだが、日頃は各々ソロでも活動中ということで、

今回私は地元:綾部の料理店にお邪魔してきた。

どんな料理だったのかな~~??

 

Cimg7345
 ↑ 今回訪れたのは綾部市天神町、府道8号線沿いにあるコチラの日本料理店

Cimg7347
 ↑ 名前はズバリ 「馳走 天じん」

Cimg7349
 ↑ 早速入店 1番奥のテーブル席に陣取る
    お店の奥から入口方向(画面左側が入口)を眺めるの図
    お洒落で落ち着いた雰囲気の店内(御席はテーブル席が4つ)

Cimg7351
 ↑ コチラがお昼限定の 「天じん弁当 ¥1,575」

Cimg7352

Cimg7353
 ↑ 2段重の中身はお造り、焼き物、煮物、揚げ物等々上品な盛り付け

Cimg7355
 ↑ どうですか~豪華なランチでしょ~

Cimg7357
 ↑ デザートは胡麻のプリン

Cimg7358
 ↑ 胡麻の風味が豊かな味わいで美味しゅうございます

Cimg7359
 ↑ 仕上げは珈琲(※別注)

Cimg7356
 ↑ 食後はこんなお洒落可愛い楊枝を出してくれましたよ

 

本格的な日本料理を味わうことの出来るお店「馳走 天じん」さん。

今回私が食したのは、その季節、その瞬間に最も美味しい、

旬の素材を存分に活かし、伝統の技でつくりあげる「天じん弁当」。

上品な味付け、上品な盛り付けで、舌も目も楽しませていただきました

美味しいのは勿論のこと、ホテル等で食べると¥2,000~¥2,500はする

松花堂弁当と同等以上の内容で ¥1,575とリーズナブルなお値段も魅力ですな

 

たまには自分へのご褒美として、こんなランチはいかがでしょうか?

ご馳走さまでした~!                                                          

 

【馳走 天じん】

住所 京都府綾部市天神町164-5

電話 0773-45-3109

営業 11:30~13:30(L.O) 17:30~20:00(L.O)

定休 水曜日

駐車場有

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年10月 4日 (金)

That's Real MTB! 3 で読書の秋を満喫!

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋・・・そして読書の秋ということで、

自転車関連本の中でも数少ないMTB専門誌であるところの「That's Real MTB!」

その第3弾が発売されたので早速GET!

 

Cimg7562
 ↑ That's Real MTB! 3  \1,050  枻出版社

Cimg7565
 ↑ 表紙にはデカデカと 「27.5”は異端か正統か?」 とのキャッチコピー

Cimg7567
 ↑ そしてペラペラとページをめくっていくと・・・

Cimg7569
 ↑ 最新の27.5”バイク18モデルを徹底インプレッション

Cimg7571
 ↑ 最新27.5”バイク&パーツカタログ

Cimg7575
 ↑ 27.5”タイヤインプレッション

 

てなわけで・・・27.5! 27.5! 27.5!

と、まさに「27.5”一色」と言っても過言ではない今号の「That's Real MTB!」。

いや~プッシュの仕方が半端ではないですな~。

既存の26インチ、私も愛する29er、そして27.5インチと規格乱立!

世はまさにMTB戦国時代!

 

リジット、ハードテール、フルサス・・・

クロモリ、アルミ、チタン、カーボン・・・

クロスカントリー、ダウンヒル、オールマウンテンetc・・・

ホイールサイズに加えて、サスの形式からフレーム素材や様々なカテゴリーなど、

本当にMTBは多種多様!

いや~悩ましい・・・

悩ましいが、単純に走るだけではなく、メカいじり大好き中年の私としては、

いくら触ってもキリがないMTBというジャンルは嬉し楽しいですな~。

 

そんな私が今最も気になっているMTBがこのジャンル↓

Hoggar_main_3
 ↑ SANDMAN

26520_2
 ↑ SURLY

 

ファットバイクに興味津々!

こんなので今冬は雪上ライドしたいな~~

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年10月 3日 (木)

話題沸騰中のケシュア導入!の巻

7月に 「瀞川氷ノ山MTBツーリング&キャンプ」 に参加させていただいてから、

私の中でブスブスと燻ぶっていた想い・・・

それは何かと尋ねたら!?

 

“テント欲しい!”

 

そうなのだ、そうなのである。

以前から漠然と欲しいな~とは思っていたのだが、実際にキャンプをしたことで、

その思いがより強固なものに・・・そして先日の 「SDA王滝9月大会参戦時」での、

全く眠れない車中泊で、その想いが爆発!

やっぱ要るよね~ということで、物欲様の出番と相成ったのである。

 

初テントということで、テント選びのポイントは・・・

 

1.設営が簡単

2.撤去が簡単

3.そこそこの強度、耐風性、耐水性があれば良い

4.とにかくお安いこと

 

本格的なキャンパーの方からすると、ナメたような選び方?だが、

とりあえず、サイクルイベントの前泊用に車中泊よりは快適なら良い、

・・・というレベルのモノで十分なのである。

 

そんな中、白羽の矢が立ったのがコチラ↓

Cimg7364
 ↑ ロケ地:ARA!家裏庭

 

【 Quechua(ケシュア)2 SECONDS I 】

パッと広げてサッと撤収。魔法のテント。設営2秒。

○総重量:2.4kg

○サイズ:幅100×奥行210×高さ80cm

○インナーサイズ:幅90×奥行210cm

○収納サイズ:直径62cm

○メインポール素材:グラスファイバー製

○キャノピーポール素材:グラスファイバー製

○フライシート素材:ポリエステル(ポリウレタンコーティング)

○インナー素材:透湿性ポリエステル

○大人一人の就寝に十分なスペース(210 cm×90 cm)。

○生地は内張りと外張りに分かれており、内部は保護されています。

○ジッパー式の大きなD 型のドアを採用、出入りがとても便利です。

○専用収納袋から取り出して広げるだけで瞬時に組み立てが可能。

○風がなければ、ペグなしでも立っていられます。

○一度こつを掴めば、折りたたみも15 秒で可能。

○縫い目は熱処理加工+防水。

○ポリウレタンコーティングで防水性を高めた外張り生地を使用

○3箇所に結露を防ぐベンチレーション装備。

○ポールは破損しにくいグラスファイバー製。

○亜鉛メッキされた、ねじれに強いペグを付属。
  コンパクト+軽量のディスク型(直径55 cm×2.4kg)。

○Quechua の生地はUVB98%、UVA で最大95%をカット。

○防水性について

Quechuaのテントは200リットル/平方メートル/時の水で防水テストを行っています。

一般的な防水テストは、水柱の試験(ISO 811 に基づく耐水圧試験)を行いますが

Quechuaでは生地だけを検証する耐水圧試験は、テントをテストするには

適していないと考えており、テントの継ぎ目、フラップ、開口部、ジッパーなどからの

浸水を検証するために、シャワーを用いたテストを行っています。

当然ながら使用している生地は1000mm以上(並みの雨に耐えられる)の

耐水圧試験をクリアできるように、設計されています。

※詳しくはQuechua(ケシュア)の公式サイトをご覧ください

 

Cimg7361
 ↑ 大きさの比較・・・左:ロードバイクのホイールバッグ  右:ケシュア

Cimg7362
 ↑ 専用の収納バッグから取り出すと・・・こんな風に丸~くなっております

Cimg7363
 ↑ 厚みはこんなカンジ

Cimg7364_2
 ↑ 丸い状態から留めてある紐を外すと・・・パパッとスグに広がり設営2秒!

Cimg7365
 ↑ テント入口

Cimg7366
 ↑ 生地は内張りと外張りの2重構造になっております

Cimg7367
 ↑ 内張り用のジッパーを閉めていくと・・・

Cimg7368
 ↑ こ~んなカンジ 内張り上方はメッシュ構造になっております

Cimg7369
 ↑ 外張り用のジッパーを・・・

Cimg7370
 ↑ 閉めていくと・・・

Cimg7371
 ↑ ハイ!こんなカンジ!

Cimg7372
 ↑ 横からの御姿

Cimg7373
 ↑ 入口反対側

Cimg7374
 ↑ 専用の収納袋にはこのような設営&撤収イラスト付き

 

け、け、ケシュア?

テントビギナーの私には、なじみのないブランドだが実はこのケシュア、

フランスNO.1アウトドアブランドで、今ヨーロッパを中心に話題沸騰中とのこと。

私の場合、ガッツリキャンプ!というより、サイクルイベントの前泊用という

ゆるい使用目的がメインでの導入なので、やはり設営は簡単な方が良い。

このケシュアのテント、驚くべきイージー設営が可能。

確かに、テントビギナーの私でも収納袋から取り出したと思ったら、

ぶるぶるぶるん!と、もう設営が終了しておりました。

 

大きさに関しても、210×90cmということで必要にして十分。

子供と2人で入ってみたが、大人1人子供1人くらいなら全く問題なし。

また、あぐらをかいて丁度座れるくらいの高さも確保されていて、

快適空間を提供。

お値段も¥6,000台とリーズナブルだし、こりゃエエわ。

 

さぁ、これでテントも確保!

またこれで私のMTBアウトドアライフが充実するぞっと

早く使ってみたいし、こりゃ週末は家の裏庭でキャンプか!?

 

スグ設営がどのくらいスグ設営なのかはコチラの動画をどうぞ↓                                                                                                                                                                                                       

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年10月 1日 (火)

宮津MTB登山 恍惚の東峰編・・・そしてその代償

日本三景の街:京都府宮津市MTB登山

前回までのあらすじ・・・

絶好のMTB日和の下、宮津市在住のNZ人:MTBerアオラキ師匠の案内により、

我々は宮津の林道をお気楽にツーリングする・・・ものだと思っていた。

しかし!

そこに待っていたのは640mの高さを誇る由良ヶ岳への登山だったのである!

幽体離脱の一歩手前、アッチとコッチの境をフラフラしながらも西峰の登頂に成功。

次なる「東峰」を目指し、出発した一行であった。

 

Cimg7494
 ↑ 西峰からの絶景を後にし、東峰に出発!

Cimg7495
 ↑ いや~この道中が楽しいんだよな~

Cimg7496
 ↑ ちらちら見える海がサイコー!

Cimg7497
 ↑ 倒木ポイントを乗り越えてっと

Cimg7498

Cimg7499

Cimg7500_2
 ↑ 乗れるうちに少しでも乗って楽しんでおくの図

Cimg7501
 ↑ いざ東峰へ! 0.5km!

Cimg7503
 ↑ ここからは押しオンリーでございます

Cimg7504
 ↑ 頑張れ!My足!

Cimg7505
 ↑ 押しております、押しております、懸命に押しております!

Cimg7506
 ↑ お、頂上が見えてきたぞっ! もう少しだ!

Cimg7507_2
 ↑ そして今、東峰登頂成功~!

Cimg7508_2

Cimg7526

 

ハァーハァーゼェ~ゼェ~しながらも、何とか東峰到達。

それではご覧いただきましょう、東峰からの絶景を!

ハイ、ドン!

 

Cimg7511

Cimg7512

Cimg7513
 ↑ 由良川河口に架かる「由良川鉄橋」

Cimg7531

Cimg7523

Cimg7528

Cimg7529

Cimg7524

Cimg7525
 ↑ いや~ここまでの苦労が吹っ飛びましたよ~
    絶景を堪能しつつ、お待ちかねのランチタイム

Cimg7516
 ↑ 私はこの絶景の中・・・山ラーメン!

Cimg7517
 ↑ 山の上でシーフード!

Cimg7518
 ↑ タダのシーフードラーメンにはいたしません!
    取り出したのは・・・カニ缶! カップ麺の3倍の価格を誇る高級食材!

Cimg7521
 ↑ 蓋を開けたらおもむろに・・・投入!

Cimg7522
 ↑ カニラーメンの出来上がり!  まぁ~なんて豪華なんでしょう

Cimg7519
 ↑ そしてもう一品は・・・肉! あらびきソーセージステーキの登場!

Cimg7520
 ↑ 焼く! あ~エエ匂い! 最高!
    他の登山客の方に「美味そう」とお褒め頂きました

Cimg7532
 ↑ 山の上でグルメ三昧したら、みんな揃って記念撮影

Cimg7515
 ↑ そして私はお決まりのコレ! 後ろは崖で危ないっちゅうの
    嬉しそうに王滝Tシャツを着ておりますな

Cimg7534
 ↑ さぁ、絶景と飯を楽しんだら、麓まで一気にダウンヒル!

Cimg7535
 ↑ この一瞬の為に、辛い登りにも耐えたのであります

Cimg7537
 ↑ あかん、メチャ楽しいぞ

Cimg7538_2

Cimg7539

Cimg7540

Cimg7541

Cimg7543

Cimg7544

Cimg7545

Cimg7546

Cimg7547

Cimg7548

Cimg7549_2

Cimg7550_2

Cimg7551

Cimg7552
 ↑ 登山道~遊歩道をカッ飛んで林道まで降りて来たの図

Cimg7553
 ↑ キャッホー! 今度は林道、弾丸ダウンヒルだぁ~!

Cimg7556
 ↑ あれ? 下りなのに休憩??

Cimg7557
 ↑ 激しい路面のおかげでパンク! でした
    林道下りで3回、師匠の登りの分を入れ合計4回のパンクがありましたとさ

20130929_151218_2
 ↑ 無事下山で本日のMTB登山終了~!

 

そんなわけで、登った、押した、走りましたのMTB登山。

いや~楽しかった!

じ・つ・に、それはもう、じ・つ・に・楽しかった!

天気はイイし、林道は厳し面白いし、トレイルは最高。

何と言っても苦労して登った山頂からの眺めは何よりの御馳走でした。

計4回のパンクはあったものの、大きなトラブルや事故・怪我もなく、

全員無事帰着で良かった良かった。

朝から晩まで山の中で遊んで、疲れたら帰る・・・もう子供と一緒やね。

童心に返ることの出来る、「山遊び&MTB遊び」サイコーということで、

今回のレポートはおしまいっ!

 

※次回の宮津MTBツーリングは10月20日(日)に開催決定!

皆さん是非ご一緒いたしましょう!

詳細&参加表明はアオラキ師匠のブログへGO!

 

今回のオマケ画像

20130929_163008

20130929_163003
 ↑ 走行後は有志でお食事会へ

20130929_162838
 ↑ 私のエネルギーチャージは「カツオムライス」

20130929_162846
 ↑ ア~ンド、バニラパフェ

 

今回の残念画像 

物事は全て表裏一体

楽あれば苦あり

MTB登山を楽しみまくった代償がコチラ↓

Cimg7559
 ↑ バッキバキのスマホ 林道残り100mの所で落っことしちゃったよ~ん

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ