フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 日本三景の街:宮津MTB登山 悶絶の西峰編 | トップページ | 話題沸騰中のケシュア導入!の巻 »

2013年10月 1日 (火)

宮津MTB登山 恍惚の東峰編・・・そしてその代償

日本三景の街:京都府宮津市MTB登山

前回までのあらすじ・・・

絶好のMTB日和の下、宮津市在住のNZ人:MTBerアオラキ師匠の案内により、

我々は宮津の林道をお気楽にツーリングする・・・ものだと思っていた。

しかし!

そこに待っていたのは640mの高さを誇る由良ヶ岳への登山だったのである!

幽体離脱の一歩手前、アッチとコッチの境をフラフラしながらも西峰の登頂に成功。

次なる「東峰」を目指し、出発した一行であった。

 

Cimg7494
 ↑ 西峰からの絶景を後にし、東峰に出発!

Cimg7495
 ↑ いや~この道中が楽しいんだよな~note

Cimg7496
 ↑ ちらちら見える海がサイコー!

Cimg7497
 ↑ 倒木ポイントを乗り越えてっと

Cimg7498

Cimg7499

Cimg7500_2
 ↑ 乗れるうちに少しでも乗って楽しんでおくの図

Cimg7501
 ↑ いざ東峰へ! 0.5km!

Cimg7503
 ↑ ここからは押しオンリーでございます

Cimg7504
 ↑ 頑張れ!My足!

Cimg7505
 ↑ 押しております、押しております、懸命に押しております!

Cimg7506
 ↑ お、頂上が見えてきたぞっ! もう少しだ!

Cimg7507_2
 ↑ そして今、東峰登頂成功~!

Cimg7508_2

Cimg7526

 

ハァーハァーゼェ~ゼェ~しながらも、何とか東峰到達。

それではご覧いただきましょう、東峰からの絶景を!

ハイ、ドン!

 

Cimg7511

Cimg7512

Cimg7513
 ↑ 由良川河口に架かる「由良川鉄橋」

Cimg7531

Cimg7523

Cimg7528

Cimg7529

Cimg7524

Cimg7525
 ↑ いや~ここまでの苦労が吹っ飛びましたよ~shine
    絶景を堪能しつつ、お待ちかねのランチタイムrestaurant

Cimg7516
 ↑ 私はこの絶景の中・・・山ラーメン!

Cimg7517
 ↑ 山の上でシーフード!

Cimg7518
 ↑ タダのシーフードラーメンにはいたしません!
    取り出したのは・・・カニ缶! カップ麺の3倍の価格を誇る高級食材!

Cimg7521
 ↑ 蓋を開けたらおもむろに・・・投入!

Cimg7522
 ↑ カニラーメンの出来上がり!  まぁ~なんて豪華なんでしょうshine

Cimg7519
 ↑ そしてもう一品は・・・肉! あらびきソーセージステーキの登場!

Cimg7520
 ↑ 焼く! あ~エエ匂い! 最高!
    他の登山客の方に「美味そう」とお褒め頂きましたhappy01

Cimg7532
 ↑ 山の上でグルメ三昧したら、みんな揃って記念撮影camera

Cimg7515
 ↑ そして私はお決まりのコレ! 後ろは崖で危ないっちゅうのcoldsweats01
    嬉しそうに王滝Tシャツを着ておりますなhappy02

Cimg7534
 ↑ さぁ、絶景と飯を楽しんだら、麓まで一気にダウンヒル!

Cimg7535
 ↑ この一瞬の為に、辛い登りにも耐えたのでありますdash

Cimg7537
 ↑ あかん、メチャ楽しいぞnote

Cimg7538_2

Cimg7539

Cimg7540

Cimg7541

Cimg7543

Cimg7544

Cimg7545

Cimg7546

Cimg7547

Cimg7548

Cimg7549_2

Cimg7550_2

Cimg7551

Cimg7552
 ↑ 登山道~遊歩道をカッ飛んで林道まで降りて来たの図

Cimg7553
 ↑ キャッホー! 今度は林道、弾丸ダウンヒルだぁ~!

Cimg7556
 ↑ あれ? 下りなのに休憩??

Cimg7557
 ↑ 激しい路面のおかげでパンク! でしたsweat01
    林道下りで3回、師匠の登りの分を入れ合計4回のパンクがありましたとさ

20130929_151218_2
 ↑ 無事下山で本日のMTB登山終了~!

 

そんなわけで、登った、押した、走りましたのMTB登山。

いや~楽しかった!

じ・つ・に、それはもう、じ・つ・に・楽しかった!

天気はイイし、林道は厳し面白いし、トレイルは最高。

何と言っても苦労して登った山頂からの眺めは何よりの御馳走でした。

計4回のパンクはあったものの、大きなトラブルや事故・怪我もなく、

全員無事帰着で良かった良かった。

朝から晩まで山の中で遊んで、疲れたら帰る・・・もう子供と一緒やね。

童心に返ることの出来る、「山遊び&MTB遊び」サイコーということで、

今回のレポートはおしまいっ!

 

※次回の宮津MTBツーリングは10月20日(日)に開催決定!

皆さん是非ご一緒いたしましょう!

詳細&参加表明はアオラキ師匠のブログへGO!

 

今回のオマケ画像

20130929_163008

20130929_163003
 ↑ 走行後は有志でお食事会へrestaurant

20130929_162838
 ↑ 私のエネルギーチャージは「カツオムライス」restaurant

20130929_162846
 ↑ ア~ンド、バニラパフェheart02

 

今回の残念画像 

物事は全て表裏一体

楽あれば苦あり

MTB登山を楽しみまくった代償がコチラ↓

Cimg7559
 ↑ バッキバキのスマホmobilephone 林道残り100mの所で落っことしちゃったよ~んcrying

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 日本三景の街:宮津MTB登山 悶絶の西峰編 | トップページ | 話題沸騰中のケシュア導入!の巻 »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

お~皆さん、いい笑顔ですね!
私は由良ヶ岳は死にそうな登山やブレーキ故障などあまりいい記憶はないですが、あの絶景をみると疲れも吹っ飛びますよね!!
追伸:この1週間の出張が終わればまた山に現れます・・

めがねカッパさん>
念願だった由良ヶ岳からの眺望・・・最高でした♪
しかし・・・
あそこからブレーキ無しでの下山は・・・ひぇぇぇぇーー!
ご無事で何よりでした。
またご一緒いたしましょう!

こんにちは

由良岳登山(笑)お疲れさまでした!
苦労の末の山頂、そこからの一気のダウンヒル、最高~

頂上でラーメンとあらびきソーセージ、確実に売れますね(^O^)v

ところで、これだけ高度が上がると大気圧が低くなる分、タイヤの空気圧も上がらないですかね?
体感できるのかどうかはわからないんですが・・・

数年前、由良川鉄橋沿いの酒屋のアイスを食べたのを思い出し
その山の位置を認識しました^^

京都シングルも負けずに素敵です
紅葉前と後
コースも百花繚乱です 越後屋さん

あの海とススキの写真を気に入った。
上手に撮ったね。
ARAさんの昼食内容を見ましたが他の参加者が昼食に何を食べたか全然見ていなかった。
なぜなら、私は眺めを楽しみながら熱心で自分のサンドイッチを食べていました。
サンドイッチも美味しかった、眺めも美味しかった。
スマホは残念でしたね。
そういうことがあってもARAさんは必ず積極的ですね。最高!!!

七蔵さん>
いや~絶景を見ながらの山ラーメンは美味かったですね~。
それに何よりソーセージ! やはり肉を焼く、アノ音に
ハートを鷲掴まれちゃいますね。
次は何を焼こうかな??
P.S
空気圧の件、今度ゲージで計測してみましょうかね。

やまゆきさん>
ご訪問された酒蔵は今でも盛況のようです。
結構、自転車乗りの方も寄られてるみたいで・・・
私も1度行ってみなくては・・・。

京都トレイルは是非お邪魔しなければ!
紅葉の頃は素敵でしょうね~~。
また初心者コースで設定お願い致します!
P.S
やまゆきさんも、また20日に是非宮津へ!

師匠>
ススキの写真イイでしょ。

師匠の自家製サンドイッチも美味しそう!
また1度食べさせてください。
でもトマトはN.G!
私がこの世で最も苦手なのがトマトです。

スマホ・・・作動するけど画面が見づらい!!

こんにちは(^^)

山はいいですね〜。
登頂というのが驚きです!完全に登山ですね(^^;;

カニ入りラーメンはかなり美味しそうです。しかもアウトドア効果もあって最高でしょうね(^^)

僕も連休にはどっか走りに行ってきます♪

たけさん>
完全に登山です。
でもまだ乗車出来るパートも多くありましたので楽な方でしたhappy01
山頂からの眺め&食事は最高でしたね。
こういうアウトドア的な楽しみ方がロードには無い
MTB遊びの良いところですね~。

お疲れ様でした
イヤー楽しかったですね もう最高でした

道が荒れていたからか、パンク連発のライドでしたが、荒れた道ほど楽しいのよね

20日の大江山も行きたいなー

がんちゃんさん>
宮津ライドお疲れ様でした!
いや~ホントにパンク続発ライド・・・
1日4発は新記録でした(汗)。
20日のライドはノーパンクでありますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/58297327

この記事へのトラックバック一覧です: 宮津MTB登山 恍惚の東峰編・・・そしてその代償:

« 日本三景の街:宮津MTB登山 悶絶の西峰編 | トップページ | 話題沸騰中のケシュア導入!の巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ