フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 玄関開けたら30秒トレイルで秋を感じるの巻 | トップページ | SDA王滝の脅威! マキシス クロスマークが・・・ »

2013年10月15日 (火)

若狭富士:青葉山登山へGO!の巻

児童の運動能力低下が深刻な問題になっている昨今。

確かに、我が息子がお世話になっている幼稚園の登・降園は

保護者が自動車等で送迎するようになっている。

 

今から35年以上前、私が幼稚園児の頃は登・降園共、勿論歩き・・・

登園は近所の子供たちと集団で、降園はバラバラで帰っていた。

何が楽しみって、降園時の「道草」!これにつきる。

友達の家に寄ったり、駄菓子屋に寄ったり、川で遊んだり、山で遊んだり、

親も良く心得たもので、子供の帰りが遅くなっても心配したりなんかしない。

「まぁ、お腹が空いたら帰ってくるだろう」・・・こんな感じだった。

 

昔は本当にのんびりしてましたな~~~(遠い目)。

今は訳の分からないご時世・・・こんなのんびりした事は出来ません。

もうあんな古き良き時代は戻って来ないんでしょうか??

 

そんなこんなで「歩く」ということが減っている今の子供たち。

我が息子も例外ではない。まさに運動不足。

これではイカン! 

もうボチボチARA!家を背負って立ってもらわねば!(まだ6歳ですが・・・)

ということで、「ARA!家健康促進企画」として登山を決行することに。

 

・・・という書き出しで始まったのが当ブログ2007年11月25日のエントリー。

当時6歳だった息子の健康増強という目的で登山をしたのであったが、

あれから6年・・・

先日我が娘が6歳の誕生日を迎えたのを機に、今度は娘も同じ山に登らせることに。

さて、兄貴が歩んだ道を妹も無事踏破出来たのでしょうか?

それではLet’s 登山!

 

Cimg7733
 ↑ 今回お世話になるお山はコチラ・・・青葉山

 

【青葉山】

京都府舞鶴市と福井県高浜町の境界にある山。

東峰(693m)と西峰(692m)の2峰からなる双耳峰。

東部海岸から眺める山容から「若狭富士」と呼ばれる。

 

Cimg7735
 ↑ 6年前と同じく今回も「松尾寺」を発着とする「松尾寺コース」を選択
    ということで、まずは松尾寺を目指す

Cimg7675
 ↑ ちなみに現在、松尾寺へは京都府側からの府道564が通行止めの為、
    福井県側・・・国道27号線「関屋交差点」左折、町道にて松尾寺へ   

Cimg7736
 ↑ 松尾寺 到着!

Cimg7737
 ↑ 山門

Cimg7738

Cimg7739
 ↑ 本堂

Cimg7740

 

【西国第29番札所 青葉山 松尾寺】

松尾寺は京都府舞鶴市にある真言宗醍醐派の寺院。

西国二十九番札所で、本尊馬頭観世音は三十三霊場中唯一の

観音像であり、農耕の守り仏として、或いは牛馬畜産、車馬交通、

更には競馬に因む信仰を広くあつめているとのこと。

 

Cimg7741
 ↑ 本堂横に登山口あり

Cimg7814

Cimg7815

Cimg7744
 ↑ それでは、いざスタート!
    先陣を切る娘6歳、そのあとに続く息子12歳

Cimg7745
 ↑ 山頂まで1.8km

Cimg7747
 ↑ はぁぁ~~山の空気は美味しいですな~~・・・と娘に言うと、
    「ウチの家も山の中にあるから同じ味やで」とおっしゃいました

Cimg7749
 ↑ 台風の影響か、倒木がアチラコチラありましたな・・・

Cimg7750

Cimg7751

Cimg7752
 ↑ 上図ズームアップ 木々の間に見える、アノ山頂を目指す

Cimg7755
 ↑ 登る!

Cimg7756
 ↑ 登る!登る!

Cimg7757
 ↑ 周りの木々にパワーを分けてもらいながら・・・

Cimg7758
 ↑ ぐんぐん登る!

Cimg7759
 ↑ 子供達にとってはアスレチックのような箇所もあり

Cimg7761
 ↑ 高度を稼ぐにつれ、少しずつ周りの山々も見え始めたの図

Cimg7764
 ↑ お、海や!

Cimg7765
 ↑ 青葉山名物?岩山ゾーンでちょっと一服

Cimg7767
 ↑ 昔は階段は無く、ココもロープでしたな

Cimg7768

Cimg7770

Cimg7771

Cimg7773

Cimg7776
 ↑ 青葉山妙理大権現の祠前にて休憩の図

Cimg7780

Cimg7781
 ↑ おお~! エエ景色や~~!

Cimg7782
 ↑ ココまで来たら頂上まではあと少し! 頑張れチビッ子!

Cimg7783
 ↑ あ、あと少し・・・

Cimg7788
 ↑ 青葉山西峰到着~!

Cimg7785
 ↑ 山頂からの景色ドン!

Cimg7786

Cimg7790

Cimg7791_2
 ↑ 遠~くに我が綾部の山:弥仙山が見えております

Cimg7784
 ↑ 山頂からの眺めはどうかな?

Cimg7789
 ↑ でも本当の頂はアノ岩の上

Cimg7792
 ↑ ということで、登る!

Cimg7799
 ↑ そんなわけで 「青葉山 西峰山頂 692m」 登頂成功!

Cimg7795
 ↑ 山頂からの眺め・・・ビューティホー!

Cimg7796

Cimg7797

Cimg7794
 ↑ どうだい子供達、この眺めは努力して登った者しか見ることが出来ないのだよ
    君達のこれからの人生に幸多かれ!

Cimg7800
 ↑ さて、素晴らしい眺めを堪能した後は・・・山コーヒー&ココア!

Cimg7802
 ↑ 青葉山にて山コーヒー達成

Cimg7804
 ↑ 山コーヒーを楽しんだら下山
    東峰への縦走はまた次回のお楽しみ

Cimg7805

Cimg7806

Cimg7808

Cimg7809

Cimg7812

Cimg7817
 ↑ そして無事下山!

 

子供を鍛えることを目的とした今回の登山。

キツイ箇所もあっただろうが、おかげさまで無事登頂に成功。

山頂からの眺めは相変わらず素晴らしく、子供達も感動してくれたようである。

意外だったのは娘6歳が最初から最後まで元気一杯だったこと。

確か、6歳当時の息子はバテバテだったはずだが・・・。

やはり女性は強し!

この調子で子供達を鍛えてやるとしよう。

「ARA!家健康促進企画」・・・今度は地元:綾部の弥仙山だぁ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 玄関開けたら30秒トレイルで秋を感じるの巻 | トップページ | SDA王滝の脅威! マキシス クロスマークが・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

いーねー 山登り
これぞまさしく健全な家族の姿
自転車乗っておとーちゃんばかり遊んでないで、
たまには家族サービスも大切ですぞ!!

いや~遺伝って素晴らしい。

どこかで見たことある白目スマイルとダブルピース。
可愛いお子様といっしょに山遊び。
羨ましいかぎりです。

青葉山ですか。天気が最高でしたね。(私は仕事でしたが)
10年以上前に青葉山を登りましたよ。
きつかった記憶があります。
頂上から高浜原子力発電所を見たときびっくりしました。
ちょっと近いなぁと思いました。
ニュージーランドではそういうのは禁止されていますので始めてみました。
子供の頃にいつも家族と一緒にキャンプと山登りをしました。
いい思い出です。

いや~ARA!さんと息子ちゃんが山登りしてから、もう6年なんですね~、記事覚えてますよ~。息子ちゃんも娘ちゃんもめっちゃでかなってるしびっくりしました。
そして息子ちゃんの数枚の写真から、濃いぃ~ARA!さんの血を感じました(笑)
そういえば、昔のBlog & H.Pの記事を拝見してたら、知らぬ間に我々のお付き合いも10年ですね~、そんなわけでスイートテンダイヤモンドください(笑)

がんちゃんさん>
家族そろって山登り。
なんだか「昭和」を感じさせる?余暇の過ごし方でした
今度は弥仙山、その次は大江山かな~??

めがねカッパさん>
遺伝・・・
確かに先日の由良ヶ岳MTB登山の写真を見てみると、
「Wピース」をしてるところと、「舌出し」をしてるところ、
どちらもありました~~

Aorakiさん>
青葉山・・・相変わらず最高の景色でした♪
そこそこアドベンチャーチックで、それでいて子供でも登れる手軽さ。
でもさすがにMTBは持って上がれませんね

Tomoyanさん>
おお!我らのお付き合いもついに大台になりましたか~。
チェリーボーイだったアナタが、結婚し、父親になり、
そして今では立派なオープンカー乗りに・・・。
いや~感慨深いな~。 我々の関係よ永遠なれ!

いい風景です!
自分の足で登ったからこそ感じられるものも大きいでしょう

故郷の景色はこうやって次世代に受け継いで行きたいですね

お兄ちゃん、ARA!さんの背を追い越すのも時間の問題???

七蔵さん>
お天気も良く、最高の登山日和ということで
素晴らしい景色を子供達に見せてあげることが出来ました。
大人になった時に、「そういえばお父ちゃんと山に登ったな~」と
思い出してくれたら嬉しいですね~。
さぁ、次はMTBを持って登山だ~!?

息子と登山、いいなぁ~っと思ったが。あっさり置いて行かれるんだろうな。
スポーツマンの息子っていいけど、スポーツでは競いたくありませんな。(笑)

やまちゃん>
親として子供に抜かれるのは嬉しいもんですが、
男として息子に抜かれるのは・・・
来たるべきXデーに備えて鍛えまくっておこうっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若狭富士:青葉山登山へGO!の巻:

« 玄関開けたら30秒トレイルで秋を感じるの巻 | トップページ | SDA王滝の脅威! マキシス クロスマークが・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ