フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 チラ見せの巻

そんなわけで本日、紅葉の美しい京丹波の林道をたっぷり走ってまいりました。

今宵はもう定番となった “ちら見せ” で皆さんのご機嫌を伺うとしましょう

それではどうぞ!

 

Cimg8882

Cimg8901

Cimg8891

Cimg8911

Cimg8920

Cimg8922

Cimg8931

Cimg8950

Cimg8959_2

Cimg8968

Cimg8974_2

Cimg8955

Cimg8993_2

Cimg9013

Cimg9020

                                                               

抜けるような青い空 と 愉快な仲間たち。

そして最高のロケーション。

ん? しかしなんだか不穏な空気も・・・??

詳しくは本編を待て!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月28日 (木)

トレイルと紅葉と偵察ゴッコ

年柄年中遊んでばかりの私が、ここ数年最も熱を入れているのが自転車遊び。

その中でも今年最大の目標は「SDA王滝」に挑戦することであった。

 

※セルフディスカバリー・アドベンチャー・イン・王滝クロスマウンテンバイク

年に2回開催される日本一過酷と称される最強のMTBマラソンレース。

未舗装で、整地されておらずガレガレの林道を120/100km/42km走るという、

まさに正気の沙汰とは思えない大会。

 

目標達成のため、NEWマウンテンバイクを組み上げ、

ひたすら林道ばかりを走っていたのだが、おかげさまで初参戦・初完走を達成。

文字通り、山籠もりの成果が出た格好である。

んで! 王滝が終わったら是非やりたいと思っていたことがあった。

それは何かと尋ねたら・・・トレイルライドである。

今年は王滝練ということで林道=ジープロードばかり走っていたので、

シングルトラックを走りたい欲がMAXまで高まっていたのである。

 

楽しいトレイルライド実現には、まずトレイル探しから・・・

ということで、早速地元で目を付けていた所へ偵察に出掛けてきた。

 

20131128_110224
 ↑ 今回お邪魔したのはコチラのお山

Cimg8343
 ↑ いくつか登山口がある中、今回は北側から突入

Cimg8743

Cimg8741_2
 ↑ さる、いのししに注意

Cimg8744
 ↑ それではいざスタート!

Cimg8745
 ↑ のっけからエエかんじ

Cimg8747
 ↑ 険しい所もあるが、下りなら乗車可

Cimg8751
 ↑ 石段ゾーンあり

Cimg8752
 ↑ いや~エエかんじやな~

Cimg8754

Cimg8755
 ↑ 入口から約40m分上昇したところで分岐
    黄矢印 F山方面  緑矢印 Y山方面

Cimg8757
 ↑ 分岐に案内板が

Cimg8758
 ↑ Y山山頂まで25分

Cimg8759_2
 ↑ ではまずコチラから登頂開始!

Cimg8761

Cimg8762

Cimg8763

Cimg8764_2

Cimg8797
 ↑ 御多分に漏れず、コチラの山も猪が堀り掘り!

Cimg8765
 ↑ エエかんじに乗れそうやね~

Cimg8768
 ↑ と、思いきや徐々に険しくなってまいりました

Cimg8769

Cimg8771

Cimg8772
 ↑ 落ち葉カサカサ踏み踏み進む

Cimg8774

Cimg8775

Cimg8778

Cimg8782
 ↑ この辺、楽しそうやね~

Cimg8783
 ↑ 登山口より歩くこと35分・・・

Cimg8784
 ↑ 山頂到着~!

Cimg8785
 ↑ 丸太ベンチあり

Cimg8787
 ↑ 山頂広場から少し西側へ移動すると・・・おお~! 市内一望

Cimg8790
 ↑ 由良川もバッチリ見えております

Cimg8791
 ↑ アレは舞鶴若狭自動車道やね

Cimg8794
 ↑ さて、絶景を楽しんだところで折り返し

Cimg8801

Cimg8795
 ↑ 偵察とはいえ、なぜ今回MTBではないのか? 理由はコレ・・・親子登山でした

Cimg8802_2
 ↑ 分岐まで戻ってまいりました・・・次はF山方面へ(青矢印)

Cimg8804
 ↑ コチラもエエ雰囲気ですな~

Cimg8806

Cimg8808

Cimg8811_2
 ↑ こりゃ走りたいですな~

Cimg8813_2
 ↑ ん? なんだか開けてきましたよ

Cimg8816
 ↑ おお~エエ景色じゃないですか!

Cimg8818
 ↑ 綾部大橋

Cimg8819
 ↑ 丹波大橋

Cimg8821

Cimg8822
 ↑ 綾部市街の眺めを横目に先へ進む

Cimg8823
 ↑ そろそろ頂上か?

Cimg8824
 ↑ お、何やら建造物が・・・

Cimg8825
 ↑ 山頂には市民憩いの広場がありました

Cimg8826
 ↑ 公園からの眺望

Cimg8828
 ↑ 新綾部大橋と由良川

Cimg8829
 ↑ 綾部大橋

Cimg8830
 ↑ 丹波大橋

Cimg8831
 ↑ お、あの美しい御姿は・・・弥仙山もバッチリ見えております

Cimg8839

Cimg8841

Cimg8844

Cimg8846_2

Cimg8845
 ↑ 公園内の木々も美しく色付いておりますな~

Cimg8849
 ↑ 素晴らしい景色を堪能したところで下山

Cimg8854
 ↑ 登るのはヒーヒー 下りるのは “あっ!” という間

Cimg8855
 ↑ 登山口の入口が見えてまいりました

 

ということで、親子トレッキングを満喫させていただいた今回。

噂には聞いていたが、なかなか楽しげなトレイルであった。

次回はMTBトレッキングと洒落こむとしよう

さぁ、次の探索は何処のお山にしようかな??

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月26日 (火)

第20回 山吹MTBチャレンジフェスタ2013 参加の巻 後編

「第20回 山吹MTBチャレンジフェスタ 2013」

前回までのあらすじ・・・

記念すべき20回目を迎えた「山吹MTBチャレンジフェスタ」。

昨年の第19回大会はあいにくの雨模様だったが、今大会は快晴に恵まれ、

嬉々として走る廻る、中年ARA!45歳。

第1休憩ポイントを出発し、いよいよオフロード区間へ突入するのであった。

 

Cimg8629
 ↑ 待望のオフロードへ突入!

Cimg8628
 ↑ コースレイアウト変更により、短くなったオフロード区間
    じっくりと噛み締めるように走りましょう

Cimg8630
 ↑ 深い轍やら、ヌタヌタの区間あり・・・それもまた楽し

Cimg8631

Cimg8633

Cimg8634
 ↑ エエかんじやね~

Cimg8635

Cimg8636

Cimg8637

Cimg8638

Cimg8640_2
 ↑ 見守るスタッフさん

Cimg8641

Cimg8642

Cimg8644

Cimg8645
 ↑ tag_29さんとHさん、自然と笑みがこぼれます

Cimg8647
 ↑ F Specさん、ピース

Cimg8648
 ↑ Hiro Zさんもピース

Cimg8649

Cimg8650

Cimg8651

Cimg8652

 

今大会、非常に貴重なオフロードに突入。

速く通過しては勿体ない!

じっくり、ゆっくり、舐め回すように走行(セクハラ?)。

昨年は割とガンガン前走者を抜いて行く方も見られたが、

今年は皆同じ思いか?ゆるゆると紅葉を楽しみながら走ってらっしゃる様子。

そんな楽しいオフロード区間も終わりを告げ、いよいよ昼食会場へ・・・

 

Cimg8653
 ↑ 貴重なオフロード区間が終了し、万灯呂山展望台へ

Cimg8654

Cimg8656

Pb230021
 ↑ 素晴らしい紅葉を前に記念撮影  画像提供:Hさん

Cimg8655

Cimg8657
 ↑ そして、到着いたしました万灯呂山展望台!

Cimg8659
 ↑ まずはメシ! コチラのテントでお弁当を頂戴する

Cimg8660
 ↑ ハイ、並んで並んで・・・

Cimg8661
 ↑ 優しいご婦人方から受け取るお弁当で身も心もあったか

Cimg8663
 ↑ 山吹名物:特製弁当

Cimg8662
 ↑ 美味すぎる汁物がコチラ おかわりする人続出!

Cimg8666
 ↑ お天気サイコー! 絶景を見ながらのランチタイムを楽しむ

Cimg8658
 ↑ さて、昨年は悪天候の為見ることの出来なかった念願の絶景をご紹介

Cimg8677

Cimg8682

Cimg8679

Cimg8669_2
 ↑ 絶景と記念にパチリ

Cimg8672
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その1

Cimg8667
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その2

Cimg8674
 
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その3

Cimg8675
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その4

Cimg8676
 
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その5

Cimg8678
 ↑ 万灯呂山展望台の様子 その6

Cimg8670
 ↑ 展望台の隅にこのような掲示板が・・・

Cimg8671_6
 ↑ これまでの大会の様子が貼り出されておりました

Cimg8683
 ↑ ふはぁ~~~~天気がイイってホント素晴らしいですな~

Cimg8688
 ↑ 気分の良くなった私は、中年親父にあるまじき愛らしいポーズでパチリ

Cimg8689
 ↑ メシも喰った、絶景も堪能した、ということで参加者一同下山

Cimg8690

Cimg8691

Cimg8692

Cimg8693

Cimg8694

Cimg8695

Cimg8696

Cimg8697

Cimg8698

Cimg8699

Cimg8700

Cimg8701

Cimg8702
 ↑ 無事下山致しました

Cimg8703

Cimg8704

Cimg8705

Cimg8706

Cimg8707

Cimg8711

Cimg8708

Cimg8712

Cimg8713

Cimg8714

Cimg8715
 ↑ 残すところあと少し・・・あ~寂しいですな~

Cimg8716

Cimg8717

Cimg8718

Cimg8719
 ↑ ゴールはスグそこ!

Cimg8722
 ↑ そして発着点の「井手町まちづくりセンター椿坂」に戻ってまいりました

Cimg8723
 ↑ ピースでゴールの私  撮影協力:Hiro Zさん

Cimg8725
 ↑ ハイ、お疲れ様でした!

131123

【山吹MTBチャレンジフェスタ2013】

走行距離 20.04km

走行時間 1:40:55(休憩時間含まず)

合計上昇量 567m

合計下降量 568m

                                                                   

Cimg8726
 ↑ 走行終了後わらわらと集まる参加者達

Cimg8729
 ↑ さぁ、一体何が始まるのか!? 勿論!豪華景品の当たる抽選会です!

Cimg8730
 ↑ 折り畳み自転車を筆頭に・・・

Cimg8731
 ↑ 美味しいお米を始めとする、井手町の特産物てんこもり!

Cimg8733
 ↑ 次々と当たっていきます

Cimg8734
 ↑ お、自転車も当たり!

Cimg8728
 ↑ 何も当たらなかった傷心の私は、いでたんに癒される

 

さて、今年で20回目の開催となった「山吹MTBチャレンジフェスタ」。

本大会はレースイベントではないのでカリカリ・ピリピリした

雰囲気は全くなく、“ほんわか・のんびり” したムードの中、

参加者同士も気さくに声を掛け合えるアットホームなイベント。


主催が地元商工会の青年部ということで直接的な営利目的ではなく、

本当に自分の愛する地元の良さを少しでも他所にお住まいの方々に

知っていただきたいという熱意の伝わるイベントということで、

昨年同様、今回も井手町の皆さんの温かさに触れることの出来る大会でした


さて、肝心の走行ですが・・・

9月の台風18号の影響が残り、大幅なレイアウト変更を余儀なくされた本大会。

確かに走行ルート上でさえ、崩落したままの箇所がいくつかありました。

オフロード走行という点では、正直物足りなさを感じるコース設定でしたが、

本来なら中止になっても仕方が無い状況の中で、商工会の青年部を始めとする、

実行委員会の皆さんが知恵を絞り、歴史ある大会を途絶えさせないためにも、

色んな御苦労の中、開催されたことには頭が下がる思いです。

 

「継続は力なり」

 

何でも辞めてしまうのは簡単なんです。

困難の中でも、やり続けることに意義があるのではないでしょうか。

そんな井手町に乾杯!

 

温かみのある素晴らしいイベントを運営していただいた実行委員会の皆さん、

そして参加された全ての皆さま、お疲れ様でした!

来年以降も25回、30回、40回・・・と続けていかれることをお祈りしております。

また来年も出まっせ~!!

井手町ありがとー!

また逢う日まで御機嫌よう!

 

今回のオマケ画像

Cimg8739
 ↑ 大会終了後は・・・やっぱり模擬店へ!

Cimg8735_2
 ↑ 走行前同様、手作りぜんざい & ホットコーヒーをいただく

Cimg8736_2
 ↑ 上品な甘さが五臓六腑に染み渡る~!

Cimg8737
 ↑ 最後は井手町美人と記念にパチリ  鼻の下伸びてる~??

 

オマケ画像その2

Cimg8740
 ↑ 家族へのお土産は昨年同様、井手町名物:激辛の漬物・・・マジ辛い

 

オマケ画像その3

Cimg8862
 ↑ さて、今年の参加賞は何かな??

Cimg8867
 ↑ OGKのボトル

Cimg8863
 ↑ 自転車交通安全の絵馬

Cimg8864
 ↑ 20回大会を記念した特製ステッカー

Cimg8866
 ↑ 反射リストバンド

131123y_3
 ↑ そして恒例の記念写真 さて私はどこでしょう?

 

ということで、レポートおしまいっ!

さぁ、これで今シーズンのサイクルイベントは全て終了。

しかし、サイクリングにはシーズンオフなし!

雪が積もったら南下して走りまっせ~!!

                                                                  

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月24日 (日)

第20回山吹MTBチャレンジフェスタ2013 参加の巻 前編

 3月 「吉井川MTB耐久レース2013」 岡山

 9月 「SDA王滝クロスマウンテンバイク」 長野

11月 「OCA MTBトレッキング 高槻~川久保の里山を走る」 大阪

 

・・・につづく今シーズンのサイクルイベント第4弾!

「第20回 山吹MTBチャレンジフェスタ2013」に参加してまいりました!

 

○イベント名

第20回山吹MTB CHALLENGE FESTA 2013

○受付場所

井手町まちづくりセンター椿坂

〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手石橋44

公式サイトはコチラ → http://tsubakizaka.idenet.jp/

○開催日

11月23日(土・祝) 小雨決行

AM8:30~9:30 受付

○コース

京都府綴喜郡井手町山間部全域(大正池周辺部林道の約20km)

○参加費 

大人¥3,500 小中学生¥2,000

○内容

井手町商工会青年部が主催で平成6年度より毎年開催。

今年で20回目を迎えることになります。

大会はレースではなく町内の山間部約20kmの距離を走りながら、

ダイナミックな自然を楽しみ、MTBフリークの交流を図るのが目的です。

午前10時にスタート。紅葉の美しい山々の風景や竜王の滝から

大正池までの緩やかな登りを走っていただいた後、標高約200mの万灯呂山頂上で

仕出屋さんが本大会の為に作った特性のお弁当と女性部手作りの豚汁を

食べた後に一斉にゴール後に抽選会を行います。

 

ということで、山吹MTB大会である。

昨年初めて参加させていただいたわけだが、紅葉の美しい自然の中を

アットホームな雰囲気でユルユル走ることのできる素晴らしいイベントであった。

恥ずかしながら・・・

同じ京都府民でありながら井手町という地名すら知らなかったのだが、

本イベントを通していっぺんに井手町ファンになってしまった私である

「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」参加の模様はコチラ

 

さて、記念すべき20回目となった本大会では

一体どんな素敵なことが私を待っていたのか?

それでは早速レポート開始っ!

 

Cimg8537
 ↑ 早朝5時半、我が地元:京都府綾部市を出発
    京都市内に入る頃には・・・あ、朝日が目に染みるぜ

Cimg8540
 ↑ 天性の方向音痴を遺憾なく発揮し、ナビを使用していても道を間違う私・・・
    今回はカーナビ & スマホナビのWナビ仕様だぁ!
    しかし、このナビ嬢達、2人して違う道を案内する事があるんだよな~

Cimg8541
 ↑ Wナビを駆使し、1年ぶりにやって来ました井手町に!

Cimg8543

Cimg8542
 ↑ コチラが発着点となる「井手町まちづくりセンター椿坂」の第1駐車場
    私は僅差の2番乗りでした。ちなみに隣のアコードワゴンが1番乗りの方

 

ん? 待てよ? この場所、この並び、

そして隣のアコードワゴン・・・

 

Dscf5603_2
 ↑ ちなみにコチラの画像は昨年の山吹MTB大会のモノ
    1年前の私の遠征母艦はシルバーのWishでございました
    んで、その隣に停まっているのは・・・何と今年と同じアコードワゴン!

 

早朝5時半、我が街:綾部を出発した私。

家を出る頃は真っ暗だったが、京都市内に入る頃には・・・朝日が眩しいぜ!

うっひょ~今日は快晴! 自転車日和!

昨年は雨の山吹だったが、今年は・・・自然と顔がニヤつく私

 

ニヤニヤしっぱなしのまま、会場となる「井手町まちづくりセンター椿坂」に到着。

駐車場2番乗りの私、偶然にも昨年と全く同じ場所に駐車をする。

何気に、私の隣に駐車されている1番乗りの車に目をやると・・・アコードワゴン。

ん? この色のアコードワゴンって、去年も僕の隣に停まってたっけ。

まぁ、まさか同じ人・車ではあるまい。

ドライバーさんに挨拶しようと、お顔を拝見すると・・・

何と!9月の王滝で偶然隣同士に駐車していたおかげでお知り合いになれた、

京都のHさんじゃあ~りませんか! その節はお世話になりました!

 

もしかして?と思い、“昨年も山吹に参加されてましたか?” とお尋ねすると、

参加をされていて、昨年も1番乗りで今年と全く同じ場所に駐車していたとのこと。

結局・・・

我々2人は昨年も今年も1番乗り&2番乗りで偶然駐車場所も全く同じ・・・

・・・というオチでした。

朝一から奇妙なご縁を体験・・・これもイベント参加の妙ですな~。

 

Pb230010
 ↑ ということで、そのHさんとの再会を祝し記念の撮影パチリ 画像提供:Hさん

Cimg8551
 ↑ Hさんの愛機がコチラ

Cimg8552
 ↑ 担ぎ用にARAYAのレア物のパッドが装着されております

Cimg8549
 ↑ 受付まで余裕があるので、会場周辺をブラブラ(画像は第1駐車場遠景)

Cimg8545
 ↑ コチラのテントが受付。 雛壇は記念撮影用

Cimg8544
 ↑ コチラは 「井手町まちづくりセンター椿坂 交流棟」

Cimg8569
 ↑ ちなみに中はこんなカンジ

Cimg8554
 ↑ 外ではお母さん達が「里芋」の皮むき作業中

Cimg8555
 ↑ “お母さん、この里芋って今日、食べさせてくれるん?”
    “明日のお祭り用やから、明日また井手町においで
    “え! あ、明日もッスか

Cimg8556
 ↑ 地元のお嬢さん方との会話を楽しんでいる間に受付開始

Cimg8557
 ↑ 早速私も受付へ

Cimg8558
 ↑ 今年のゼッケンがコチラ

Cimg8558_2
 ↑ 井手町のマスコットキャラクター「いでたん」がバーンと載っております

Cimg8870
 ↑ 裏面には今回のコース図

Cimg8560
 ↑ 受付後は、昨年もお世話になった模擬店へ

Cimg8562
 ↑ ただいま「ぜんざい」の準備中

Cimg8563
 ↑ おお、焼けてきましたよ~

Cimg8564
 ↑ ということで、朝一に「手作りぜんざい」をいただく私

Cimg8567
 ↑ 皆さん、井手町マスコットキャラ:いでたんの特製帽子を着用

Cimg8566
 ↑ ちなみにこの帽子、知る人ぞ知る「HB-101」がベースでございました
    みんな知らんやろな~・・・

 

受付を済ませたものの、出走時間まではまだ1時間半もある・・・

こんな時は・・・模擬店へGO!

ありました、ありました、今年も「お井手やす応援隊」さんの模擬店が。

中を覗くと・・・いきなり売り子のご婦人に声を掛けられる!

 

“今年も来てくれたんやね~綾部から”

“ええ~!? 覚えてくれてるんですか~??”

 

確かに、昨年も模擬店でぜんざいやらコーヒーをいただいていた私・・・

せっかくのイベント参加ということで、毎回地元の方とは積極的に

お話しをする私だが、それでも1年前に1度っきりお会いしただけの私を

覚えていただいていたなんて・・・ヒデキ感激っ!

朝っぱらから井手町民の温かさに触れさせていただきました

これもまたイベント参加の良さですな~。

 

Cimg8573
 ↑ そうこうしていると駐車場にも参加者が集まり始めましたな

Cimg8571

Cimg8572
 ↑ 受付も賑やかになってまいりました

Cimg8570_2
 ↑ 先週参加した「OCA MTBトレッキング」をご一緒させていただいた、
    自転車ブログ「楽しく走ろう!」 管理人の F Specさんも到着!

Cimg8574
 ↑ 会場内をウロウロしているとお声掛けいただく方が・・・
    いつもツイッターでやりとりをさせていただいている
   たまに自転車エコブログ の Hiro Zさん やっとお会い出来ました

Cimg8568
 ↑ 会場をウロウロしているとパート2
    こんなマシンを発見! これも自転車?? 凄すぎる!

Cimg8575
 ↑ ウロウロしている間に時間も過ぎ、いよいよ開会式!

Cimg8576
 ↑ 主催の井手町商工会青年部さんからご挨拶

Cimg8578
 ↑ 恒例のホワイトボードに書かれたコース図によるコース説明
    今大会は9月の台風18号の影響で大幅にコースを変更されておりました

Cimg8577
 ↑ そして、女性警察官から交通法規等に関するご説明

Cimg8579
 ↑ 熱心に?聞き入る参加者一同

Cimg8580
 ↑ 参加者全員での記念撮影が済んだら、いよいよスタート!

Cimg8582
 ↑ スタート前、お声掛けいただく方が・・・
    8月に弊ブログで呼び掛けをし開催をした「綾部林道ツーリング」に
    ご参加いただいた、平井です さん。今回は息子さんとのご参加

Cimg8583
 ↑ さぁ、1組目のスタート!

Cimg8584
 ↑ 今まさに第20回山吹MTBチャレンジフェスタの幕が開けた~

Cimg8585
 ↑ 私は2組目・・・準備O.K!

Cimg8586
 ↑ そして今スタート~!

Cimg8587

Cimg8588
 ↑ 今大会はまず府道321を大正池方面へ

Cimg8589
 ↑ ここから約6kmひたすら登り、休憩ポイントの「たくみの里」へ

Cimg8590

Cimg8591
 ↑ 山間ののどかな道をユルユルと

Cimg8597
 ↑ 何がイイって、天気がイイので最高でんな~

Pb230017
 ↑ ご機嫌のベロ出し  画像提供:Hさん

Cimg8592
 ↑ お、前を走る親子ライダーは・・・

Cimg8593
 ↑ 平井です さん親子でした~

Cimg8599
 ↑ コチラは・・・会場1番乗りの王滝ライダーHさん
    今大会、最初から最後までご一緒させていただきました♪

Cimg8600

Cimg8598

Cimg8595
 ↑ ユルユル走っていると、前述のキックボードマシンに抜かれた~

Cimg8594
 ↑ もう言葉はありません・・・凄過ぎです・・・

Cimg8596
 ↑ 登りなのにMTB群をスイスイ抜いていかれましたよ

Cimg8601

Cimg8602

Cimg8603
 ↑ 峠の途中でちょっと一服の図

Cimg8606

Cimg8605
 ↑ 要所要所にスタッフを配置していただいているので迷子の心配なし

Cimg8607

Cimg8610
 ↑ コースレイアウトが変更されたこともあり、今回は先導車(軽トラ)あり

Cimg8611
 ↑ 道案内のスタッフさんもピース

Cimg8617
 ↑ スタートからエッチラオッチラ登り切り、休憩ポイント:たくみの里到着~!

Cimg8618_3

Cimg8612
 ↑ 早速IN!

Cimg8623
 ↑ ちなみに・・・「たくみの里MAP」

Cimg8621
 ↑ 給水テント

Cimg8615
 ↑ コチラの休憩所では・・・

Cimg8616
 ↑ しょうが湯をいただきました あったまる~

Cimg8620

Cimg8613                                                              
 ↑ 今私が最も気になっているモノ・・・ファットバイクを発見!

Cimg8614
 ↑ 見よ、この極太タイヤを! 欲しーーー!!

Pb230020
 ↑ ご一緒している皆さんと記念撮影 画像提供:Hさん
     左からHiro Zさん、私、F Specさん、Hさん、tag_29さん

Cimg8624
 ↑ 一服したら再スタート!

Cimg8625

Cimg8626

Cimg8627
 ↑ さぁ、コチラの分岐を曲がると待望のオフロードへ

 

「井手町まちづくりセンター椿坂」 をスタートした我々は府道321を大正池方面へ。

幅員が狭く自動車が来ると離合に気を使う箇所もあるが、山間の気持ちの良い道。

ロードバイクでサイクリング中の方も結構見かけましたな

定番のルートなのかな?

 

第1休憩ポイントの「たくみの里」までは延々と登り。

しかしながら今回はゆるゆるのサイクリングイベントということで、

景色を楽しみ、会話を楽しみながら、の~~んびりと走る。

 

汗も掻かないくらいのユルユルペースで無事「たくみの里」到着。

コチラでは、温か~い生姜湯を頂戴する。

のんびり休憩したところで、再スタート。

府道321を一旦井手町まちづくりセンター椿坂方面へ折り返し、

林道への分岐へ・・・

さぁ、ココからいよいよ待望のオフロードスタート

目一杯楽しむぞ~~

 

というところで、この続きは後編で!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月23日 (土)

第20回 山吹MTBチャレンジフェスタ2013」参加チラ見せの巻

走った、喰った、眺めました!の 「山吹MTBチャレンジフェスタ2013」

昨年とは打って変わってド快晴!

万灯呂山からの眺望サイコーでございました♪

それでは今宵は恒例の “チラ見せ” をどうぞ!

 

Cimg8581

Cimg8553

Cimg8608

Cimg8604

Cimg8664

Cimg8665

Cimg8687

Cimg8727

 

ということで!

本編は・・・Coming Soon!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月22日 (金)

山吹MTBチャレンジフェスタ出撃準備完了!の巻

Yamabuki1

 

いよいよ明日に迫った「第20回 山吹MTBチャレンジフェスタ2013」

お天気は良いようだし、念願の万灯呂山からの展望を楽しめるかな?

とりあえず今夜は早く寝るぞいっ!

参加の皆様、明日井手町でお会い致しましょう~!

 

Cimg8533
 ↑ 整備O.K

Cimg8534
 ↑ 何気にホイール&タイヤも換えちゃったりして

Cimg8532
 ↑ トップキャップのサタンさまも笑ってるぜ

                                                             

オマケ画像

2012年大会の模様

Yamabuki3_3_7

Dscf5604_2

Dscf5626_2

Dscf5656

Dscf5663

Dscf5669

Dscf5686

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月21日 (木)

林道サイクリング IN 京丹波 参加者大募集!

Kyoutanba_2

 

【再度告知】

弊ブログをご覧の皆様へ

平素は格別のご高配を賜り誠に有り難う御座います。

紅葉シーズン真っ盛り(過ぎた?)の今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

ココでちょこっと告知・・・お暇な方、ご一緒致しませんか??

 

☆林道ツーリングへの誘い

◎京丹波林道縦走遠足ライド

日時 11月30日(土) 9:30集合

集合 「道の駅 和」 第2駐車場

    ※京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11番地

内容 「道の駅 和(なごみ)」 を出発し周辺の林道へ。

    ぐるっと周って40km弱の走行を予定(未舗装路20km程度)

 

ということで、上記林道ツーリングをお誘い致します。

コース的には激坂あり、ガレあり、というガッツリ未舗装林道です。

んがっ!

みんなでワイワイのんびり・・・という ゆる~い 感じで楽しみましょう

参加希望の方がいらっしゃいましたら、コメント欄に一言お願い致します。

当日のドタ参も大歓迎!

いつも絡んで頂いている方も、お初の方も、皆様の御参加をお待ちしております!

 

☆コースの雰囲気はコチラをご参照ください↓

私の王活第1弾? ninerと往く京丹波の林道縦走の巻

私の王活! 雨の林道ピストン走の巻

 

○注意事項

※林道に突入しますと、水・食料を調達出来ませんので

  十分な量をご持参下さい。

※パンク・故障・怪我等、不測の事態に備えた装備をご持参下さい。

※走行に関する一切は自己責任ということでご了承下さい。

※自然災害その他で、林道が通り抜け出来なかった、思うように走れなかった、

  というようなことがあるかもしれませんが悪しからずご勘弁を・・・。

※開催中止の判断は、前日17:00のYahoo!天気予報で京丹波町に

  雨マークがあり、降水確率40%以上で中止の予定。

  中止の際は、当ブログにてご案内致します。

※ちなみに、今回は「例の熊と遭遇した林道」へは行きませんのでご安心を。

 

Ekiwa_5
 ↑ 集合場所(黄矢印)

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月20日 (水)

OCA主催 「MTBトレッキング」 昇天のシングルトラック編

「大阪サイクリング協会主催 MTBトレッキング 高槻 川久保の里山を走る」

前回までのあらすじ・・・

MTBを対象とした、数少ないサイクリングイベントということで、

嬉々として現地入り(大阪府高槻市)をした私。

集合場所のJR高槻駅を出発した参加者御一行様は押したり・担いだりしながら、

極上のトレイルへ・・・1本目が終わり、2本目のトレイルへと向かうのであった。

 

Cimg8457

Cimg8456_2
 ↑ 1本目のST終了で、次なる山へ向かう参加者御一行様

Cimg8459
 ↑ と!その前に腹ごしらえ!ランチタ~イム

Cimg8458
 ↑ 私のランチは勿論、山ラーメン! ・・・山の中じゃないけど

Cimg8460
 ↑ いただきま~す! 例のチタンフォークの初陣で御座います

Cimg8461
 ↑ 食後は勿論ホットコーヒー 例の携帯カップも活躍中

Cimg8462
 ↑ んで、喰ったら走る!

Cimg8463
 ↑ 食後スグに勾配20%オーバーはキツイっす

Cimg8464

Cimg8466
 ↑ 登り切った所で小休止

Cimg8467
 ↑ 再出発

Cimg8468
 ↑ 林道IN!

Cimg8479
 ↑ 林道に入り、少し走ったところで皆さん停車・・・ん?何かあるの?

Cimg8480_2
 ↑ 皆さんが見つめるその先には・・・

Cimg8473
 ↑ お~絶景かな!絶景かな!

Cimg8482
 ↑ 方向音痴の私には一体何処の街なのか分からないがとりあえず一望

Cimg8483
 ↑ お、新幹線や!

Cimg8471_3
 ↑ 絶景と愛機をパチリ

Cimg8485
 ↑ そして参加者全員で記念撮影パチリ

Cimg8487
 ↑ さて、絶景を堪能した後はお待ちかね!この日2本目のトレイルへ!

Cimg8489_2
 ↑ 出発進行~! 茄子のお新香~!

Cimg8488

Cimg8492_17
 ↑ 押しもあるけれど・・・

Cimg8493
 ↑ その分、下りは・・・キャッホーー

Cimg8494

Cimg8497
 ↑ あ、あかんホンマ楽しすぎるぞコレは

Cimg8498

Cimg8502

Cimg8504_3

Cimg8505_14
 ↑ 険し過ぎる下りもあるけれど・・・

Cimg8506_2
 ↑ そんな時ゃあ、無理せず降りて押しゃあイイのさ

Cimg8507_2
 ↑ そして、思い切りイヤッホーーー

Cimg8508_3

Cimg8509_2
 ↑ なんだか自然と笑顔笑顔になっちゃいます

 

でも調子に乗りすぎると・・・

 

Cimg8510_2
 ↑ 素晴らしいSTを堪能しまくり小休止・・・と思いきや、正規ルートをロスト!
    手っ取り早く言うと迷子! 私を含めた7名が分岐を間違えちゃいました

Cimg8512_2
 ↑ ということで、いざ正規ルートへ!

Cimg8513_2
 ↑ 私1人で迷子なら半泣きモノだが、地元常連さんと一緒なんで心配なし!

Cimg8514_2

Cimg8515_4
 ↑ かなり下ったんで、登り返しがキツイけれど・・・

Cimg8516_8
 ↑ 考えようによっては、余分に走れたってことでラッキーじゃないのか?

Cimg8517_2
 ↑ いや、ラッキーそのものじゃないか!

Cimg8518
 ↑ サイコーー たのしーー
    ※お待ち頂いていた皆様、ご心配をお掛けしまして誠に申し訳御座いませんでした

Cimg8519
 ↑ その後、無事正規ルートに復活

Cimg8520

Cimg8521

Cimg8523
 ↑ 楽しかったトレイルライドも終わりを告げ・・・

Cimg8524
 ↑ 参加者全員無事に下山し、自由解散

Cimg8525
 ↑ 私は発着点のJR高槻駅へ

Cimg8526
 ↑ 無事JR高槻駅到着で解散と相成ったのでありました

 

そんなわけで、走った、走った、走りましたのOCA主催MTBトレッキング!

いや~楽しかった! 実に楽しかった!

地元:綾部にも楽しいトレイルはあるものの、どれも距離の短いものばかり。

これだけガッツリ走ったのはオジサン初めて

まさに極上のシングルトラックで至福の昇天・・・チーン

文字通り最高でございました。

 

主催の大阪サイクリング協会の皆様、ご参加の皆様、お疲れ様でした!

そして、最高に楽しい1日をありがとうございました!

また参加しまっせ~~!

ということで、今回のレポートはおしまいっ!

 

今回のオマケ画像

Cimg8530
 ↑ 今回のイベントの参加賞がコチラ 「リロ&ステッチ」のボールペン

Cimg8529
 ↑ OCA非会員の私ですが、布教活動の為?会報を特別にいただきました

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月18日 (月)

OCA主催 「MTBトレッキング」 極上のシングルトラック編


3月 「吉井川MTB耐久レース2013」 岡山

9月 「SDA王滝クロスマウンテンバイク」 長野

 

・・・につづく今シーズンのサイクルイベント第3弾!

「MTBトレッキング 高槻 川久保の里山を走る」に参加してまいりました!

 

Osaka_2

【MTBトレッキング 高槻 川久保の里山を走る】

期  日 11月17日(日)

集  合 JR高槻駅北口広場

時  間 AM9:00

参加費 JCA会員500円 会員外600円

コース  高槻~川久保方面

 

そんなわけで、行ってきました、走って来ましたのOCA主催MTBトレッキング。

MTBを対象とした、数少ないサイクリングイベントということで、

参加申し込みをした直後からワクワク・ドキドキが止まらない!

一体どんな楽しい出来事が待っていたのでしょうか?

早速レポート開始っ!

 

Cimg8338
 ↑ 早朝6時 我が街:京都府綾部市を出発

Cimg8339
 ↑ 亀岡から峠越えで目的地の大阪府高槻市へ

Cimg8341
 ↑ 無事、高槻市に到着・・・コインパーキングに駐車し集合場所へ

Cimg8345

Cimg8346
 ↑ 集合場所のJR高槻駅に到着!

Cimg8343
 ↑ 我が街のJR綾部駅とは規模が違い過ぎ、何処に行けばイイのやら?
    ウロウロしていると・・・お?アレかな?

Cimg8344
 ↑ 無事、主催者と合流

Cimg8348
 ↑ ここで! 日頃からブログ繋がりでお世話になっている
   「@megの銀幕/銀輪奮闘記」 の@megさんとも合流!
   今年の 「TANTANロングライド前日祭」 以来の再会

Cimg8349
 ↑ お互いに出発前の記念撮影なんかしている間に・・・

Cimg8347
 ↑ 続々と参加者が・・・

Cimg8350
 ↑ 集結し始め・・・

Cimg8351
 ↑ 主催:大阪サイクリング協会さんによるブリーフィングタイムスタート

Cimg8352
 ↑ 参加者全員による、出発前の記念撮影を済ませたら・・・

Cimg8353
 ↑ いざ出発!

Cimg8354

Cimg8356
 ↑ 皆仲良く信号待ちの図

Cimg8357
 ↑ お! 自転車通行帯があるぞ!

Cimg8358

Cimg8359
 ↑ お山へ向かい、街の中を抜けております

Cimg8360
 ↑ 天気は快晴! 絶好のMTB日和!信号待ちしてても楽しいぞっと

Cimg8361
 ↑ お山突入前、最後の?自販機で水分補給の図

Cimg8363
 ↑ 街の中を抜けたら峠へ突入!

Cimg8364
 ↑ まだまだ元気一杯の@megさん

Cimg8365
 ↑ みんな仲良く登坂中

Cimg8367

Cimg8373
 ↑ 峠を上り切った所で小休止

Cimg8368
 ↑ お山突入に向けて各マシンもちょっと一服

Cimg8372
 ↑ 我が街:綾部から比べると大都会のJR高槻駅前から少し走っただけで、
    こんなのどかな風景に変わるんですな~~意外でした

Cimg8369
 ↑ ここでもうお一方ご紹介・・・これまたブログ繋がりでお世話になっている
   「楽しく走ろう!」 の F Specさん
   昨年の 「山吹MTB大会」 以来の再会ですね~

Cimg8375
 ↑ 一服したら再出発

Cimg8378
 ↑ 走って、走って、エエ雰囲気になってまいりました

Cimg8379

Cimg8383
 ↑ 要所要所、人数確認の為の小休止を挟んで頂けるので初めてでも安心

Cimg8384_2
 ↑ しっかし、エエ雰囲気の所ですな~

Cimg8385
 ↑ 休んだら走る!

Cimg8386
 ↑ F Specさん走る!

Cimg8389
 ↑ どんどん山へ

Cimg8390
 ↑ そして待望の未舗装路スタート!

Cimg8392
 ↑ 舗装路では満足出来ない身体になった私・・・ダートの振動がイイのよね~

Cimg8393

Cimg8395
 ↑ まだアプローチの途中だが、すでに楽しくて楽しくて仕方がないぞっと!

Cimg8399
 ↑ お、アドベンチャーチックでエエね~

Cimg8398

Cimg8400_2

Cimg8402
 ↑ あ~楽しい、あ~楽しい!

Cimg8403
 ↑ しかし危険も一杯

Cimg8405
 ↑ 本格的なお山突入前に一服の図

 

早朝6時前に地元:綾部市を出発。8時には高槻市に到着。

集合場所のJR高槻駅北口へと向かう。

駅には・・・おお、いらっしゃいましたMTBerな人達が・・・。

今回のイベントは 「京北林道サイクリング」 や 「山吹MTB大会」 のような、

多勢の方を対象にしたサイクルイベントではなく、少人数を対象にした、

ガイドツアーといった趣き。

故に参加費も600円と激安(OCA会員は500円)。

早速受付をし、準備O.K!

 

参加者全員揃ったところでブリーフィング&記念撮影を済ませ出発。

駅前から少し走っただけで、お山へIN!

適時人数確認の小休止をしていただけるので、全く土地勘の無い私でも安心。

1人だと、ソッコーで迷子になっちゃいますよコレ

今回のメインディッシュは勿論シングルトラックだが、そこまでの道中も楽しい!

皆でワイワイ走ってる間にSTへの取付に到着。

さぁ、ココから至福の時間が始まるのでありました。

 

Cimg8410
 ↑ 極上のST目指し、担ぎタイムスタート!

Cimg8412

Cimg8414
 ↑ みんな仲良く1列棒状

Cimg8415
 ↑ 先日の 「大江山MTB登山」 と比べたら軽い軽い・・・と強がっておく

Cimg8416
 ↑ 乗れる所は乗る!

Cimg8417_2
 ↑ 目指す尾根への分岐到着で小休止

Cimg8419
 ↑ 小休止を利用して・・・

Cimg8420
 ↑ 正しいMTBの乗り方プチ講座も開講されております

Cimg8421
 ↑ そうこうしていると山の中から突如現れた方が!
    おお! 「やまゆき 山&雪 =山で遊ぼ= 」のやまゆきさんじゃあ~りませんか!
    この日偶然同じ方面を目指しておられたとのことで奇跡の遭遇が実現
    お連れライダーには「Machioya The 2nd」の街オヤ2号さん
    京都ライダーのマキさんがいらっしゃいました

Cimg8422
 ↑ さて、奇跡の遭遇でますます楽しくなったMTBトレッキング・・・
    メインディッシュへGO!

Cimg8423
 ↑ うほほ~い たのしー

Cimg8424_2

Cimg8426

Cimg8427

Cimg8428
 ↑ この日は倒木トンネルも多数あり・・・だが潜るのもまた楽し

Cimg8429_9

Cimg8430_3

Cimg8432
 ↑ 下り基調で極楽極楽

Cimg8433
 ↑ 倒木もみんなで通ればまた楽し

Cimg8434

Cimg8435

Cimg8436

Cimg8437
 ↑ あ、あかん、楽しすぎる

Cimg8439
 ↑ 楽しい! でも前日までの雨で木の根っこツルツルで怖い

Cimg8440

Cimg8441
 ↑ 激しいところは無理せず降車

Cimg8442
 ↑ 楽あれば苦あり? ディレイラートラブルの図

Cimg8443_3

Cimg8445

Cimg8448
 ↑ 皆集まればMTB談義に花が咲く?

Cimg8447
 ↑ 走っていても、休んでいても楽しー!

Cimg8446_2

Cimg8449

Cimg8450

Cimg8451

Cimg8452
 ↑ 楽しい時間はあっという間に終了で里へ下りるの図

Cimg8454
 ↑ 無事下山・・・JR高槻駅から15km弱の走行でした

Cimg8453
 ↑ ココでやまゆきさん御一行様とはお別れ
    このあとは、「しいたけ買い付けツアー」に行かれるとか

 

ということで、走った、走った、走りましたの極上シングルトラック。

楽しかった、じ・つ・に・楽しかった!

 

しかし!

今回のツアーはこれだけで御座いません。

このあと、もう1本トレイルが待っているのでありました。

というわけで、この続きは「昇天のシングルトラック編」にて!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月17日 (日)

大阪サイクリング協会「MTBトレッキング」参加ちら見せの巻

大阪サイクリング協会主催 「MTBトレッキング 高槻~川久保の里山を走る」

本日参加して参りました!

いや~楽しかった! 実に楽しかった!

ということで、今宵は恒例の “チラ見せ” をどうぞ↓

 

Cimg8374

Cimg8382

Cimg8394

Cimg8401

Cimg8404

Cimg8411

Cimg8413

Cimg8431

Cimg8438

Cimg8444

Cimg8470

Cimg8485

 

ということで!

本編は・・・Coming Soon!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月16日 (土)

OCA主催「MTBトレッキング」参加準備O.K!の巻

さぁ、いよいよ明日は大阪サイクリング協会主催「MTBトレッキング」参加の日。

待ちに待った!MTBイベントだけに今からすでにワクワク・ドキドキ

マシンの準備はO.K!

皆さんとお会い出来ることを楽しみにしてま~す!

 

Cimg8335_2
 ↑ マシンの整備O.K!

Cimg8337
 ↑ 積み込みO.K!

 

もう早よ寝ようっと

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月15日 (金)

完全防水靴下シールスキンズ投入!の巻

さて、秋も深まり、冬の足音も聞こえてきた今日この頃。

そうなると我が北部地方は雨が降ったり止んだりの天候が多くなるわけで・・・

押したり、担いだり、コケたり、ハマったりするMTBライドの足元を

少しでも快適に!ということで、完全防水を謳うソックスを導入してみた↓

 

Dscf7310
 ↑ SealSkinz 完全防水ミディアム レングスソックス ブラック

Dscf7312
 ↑ Mサイズ(27~29cm用)

Dscf7313_4
 ↑ 隣の靴下(26cm)と比べてみると、かなり大きいのがお分かり頂けるでしょう

Dscf7314

Dscf7316

Dscf7317

Dscf7318
 ↑ 恒例の体重測定・・・シールスキンズ143g

Dscf7319
 ↑ コチラ、ユニクロ ヒートテックは52g

 

【SealSkinz 完全防水 Thick MidLength   Socks Black KE741】

インナーにメリノウール、中層部に完全防水及び高い防湿性を有するメンブレン、

アウターには速乾・耐久性の高いナイロン素材仕様の3レイヤー完全防水ソックス。

英国陸軍や南極観測隊の標準装備としても採用されています。

ループ状のメリノウールライナーを厚めに施した最強の防寒性透湿ソックス。

極寒降雨の悪条件下でのアウトドア活動に最適。

 

素材:メリノウール、メンブレン、ナイロン

特徴:解剖学に基づいてデザインされたふくらはび丈の防水ソックス、

ピッタリと密着するニット構造、メリノウール・ライナーが保温性を高めて湿気を

コントロール、踵とつま先と足裏はプードルパディングで更に快適。

甲部に伸縮性を持たせアキレス腱を含む足首回りはフィット感のある素材が快適。

 

さてこのSealSkinz、もう何度か実戦投入しているのだが、

さすが完全防水を謳うだけあって、水溜りに入ろうが、川に浸かろうが、

自分自身の足が濡れることは一切なかった

ただ!

かなり厚みがあるので、通常のソックスと比べると靴の中が窮屈になってしまう。

また、その肉厚のせいでダイレクトなペダリングなどを求めてはいけないであろう。

 

ま、雨でも、雪でも、MTBでワーイ!ワーイ!と遊ぶのにはちょうどエエ靴下やね。

何と言っても、これからの時期は足を濡らすと霜焼けになっちゃうからね

これで今秋~今冬もお山へGO!だね

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月14日 (木)

コンチネンタルX-KINGにシーラント剤補充の巻

今シーズン、私の日常MTBライドを支えてくれているホイール&タイヤといえば、

フルクラム レッドパワー29er XL & コンチネンタル X-King 2.2 のコンビ。

 

Dscf5794                                                              

Dscf5993

 

本来はクリンチャーリム & クリンチャータイヤなのだが自己責任という名のもと、

私が勝手にチューブレス化しているわけだが、おかげさまでこれまでのライドでは、

王滝練の林道走でも、押し担ぎのMTB登山でも、全くのトラブルフリーを実現。

※チューブレス化の手順はコチラ→「レッド パワー29er XL をチューブレス化の巻

 

Cimg2574
 ↑ 「SDA大岩の滝 100km完走の巻」より

Cimg7469
 ↑ 「日本三景の街:宮津MTB登山 悶絶の西峰編」より

 

そのチューブレス化の立役者は言わずと知れたNOTUBESタイヤシーラント剤。

小さい穴ならスグさま塞ぎ、エアー流出を止めてくれる逸品である。

ただ、定期的に補充しないと徐々に減ってくるということで、

今回久々にタイヤを外してご機嫌を伺うことに・・・↓                                                           

 

Cimg8326
 ↑ 作業はいつもの通称:男のガレージにて

Cimg8328
 ↑ タイヤをめくってみる・・・約60ml入れていたがこの通り減っております

Cimg8329
 ↑ ビート部にもビッシリとシーラント剤が!
    エアー漏れを防いでくれてるんですね~

Cimg8332
 ↑ ハイ! 補充!

 

シーラント剤を補充したら、タイヤをハメて、エアーを入れて完成~!

あとはまた数日後に、エアーが漏れてないかチェックチェック。

今秋~今冬と楽しいMTBライドの為、頑張っていただくとしましょう。

以上おしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月13日 (水)

サイクルイベント目白押しでウハウハ! の巻

さて、今年も残すところあと1ヶ月半となった今日この頃。

思い返せば・・・

昨年は割と多くのサイクルイベントに参加していた私↓

 

2012シーズン参加サイクルイベント一覧

 3月「びわ湖一周ロングライド2012」 滋賀

 4月「メディオフォンド雲海ステージ」  岡山

 5月「京北林道サイクリング2012」 京都

 5月「若狭路センチュリーライド2012」 福井

 8月「京都美山サイクルグリーンツアー」 京都

 9月「山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬」 兵庫

 9月「2012 里山サイクリング in 綾部」 京都

10月「2012淡路島ロングライド150」 兵庫

11月「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」 京都

 

画像で綴る2012参加サイクルイベント

120318_121
 ↑ 3月「びわ湖一周ロングライド2012」 発着点の長浜城にて

120408_068_3
 ↑ 4月「メディオフォンド雲海ステージ」  片鉄ロマン街道サイクリング道にて

120512_045_2
 ↑ 5月「京北林道サイクリング2012」 丹波広域基幹林道にて

120527_060_2
 ↑ 5月「若狭路センチュリーライド2012」 レインボーラインにて

Dscf4105_2
 ↑ 8月「京都美山サイクルグリーンツアー」 ノリのイイお姉さんと

Dscf4257
 ↑ 9月「山陰海岸ジオパーク コウノトリチャレンジライド in 但馬」 但馬空港にて

Dscf4620_2
 ↑ 9月「2012 里山サイクリング in 綾部」 我が故郷:綾部!

Dscf5157_2
 ↑ 10月「2012淡路島ロングライド150」 クイーン淡路と

Dscf5674_2
 ↑ 11月「第19回山吹MTBチャレンジフェスタ」 紅葉と

 

んで!

2013年これまでの参加サイクルイベントは・・・↓

 

Cimg0730

Cimg0750
 ↑ 3月「吉井川MTB耐久レース2013」 岡山

Cimg7265

Outaki1_3_5
 ↑ 9月「SDA王滝クロスマウンテンバイク100km」 長野

 

・・・ということで、どちらもMTB、どちらもレースの上記2大会のみ。

今年は「SDA王滝初参戦・初完走」を最大の目標に掲げていたので、

舗装路を走るイベントにはあえて参加しなかったのだが、

それでも1年で2イベントのみは、ちと寂しい・・・。

しかし!

へっへっへっ

来週から続けざまにあるんですよサイクルイベントが。

17日「大阪サイクリング協会主催 MTBトレッキング

23日「第20回山吹MTBチャレンジフェスタ2013

 

どちらもユルユルのサイクリングイベント

あ~楽しみだ! あ~楽しみだ!

早く来い来いイベント日!

皆さん、現地でお会いしましょう

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年11月11日 (月)

“鬼伝説の山” MTB登山 爆押しの後編

「鬼伝説の山 MTB登山」

前回までのあらすじ・・・

鍋塚(763m)、鳩ヶ峰(746m)、千丈ヶ嶽(832.5m)、赤石ヶ岳(736.2m)、

・・・と4つの峰を持つ蛇紋岩系の山:大江山連峰。

今回はその内の鳩ヶ峰、千丈ヶ嶽、鍋塚の3つの山頂を目指し登山を開始。

大きな岩がゴロゴロのルートを、担いだり・押したりと、必死にMTBを進め、

何とか鳩ヶ峰、千丈ヶ嶽の登頂に成功。

残すは鍋塚山頂+αとなったところである。

 

Cimg8182_2
 ↑ コチラの発着点(鳩ヶ峰と鍋塚の鞍部にある駐車場)から
    鍋塚 → 鬼の岩屋 → 航空管制塔を目指す!

Cimg8183

Cimg8184_5
 ↑ エエかんじに乗れ乗れ

Cimg8188
 ↑ でもスグに担ぎスタート

Cimg8189
 ↑ だって、この通りの岩岩なんだもん・・・

Cimg8190

Cimg8191

Cimg8192
 ↑ 鍋塚山頂まで0.8km

Cimg8197

Cimg8199

Cimg8201

Cimg8202
 ↑ お、目指す鍋塚が見えたぞ

Cimg8203
 ↑ 登山客発見!

Cimg8205

Cimg8210
 ↑ 鍋塚直下で記念にパチリ

Cimg8212
 ↑ エッチラ・オッチラ登る!

Cimg8213
 ↑ 物凄い傾斜でございます

Cimg8214
 ↑ やはり現れた岩岩ゾーン

Cimg8215
 ↑ さぁ、山頂はあと少しだ!

Cimg8221
 ↑ そして山頂到着~! 先客がお二人休憩中

Cimg8217

Cimg8219
 ↑ 各山頂部にある標示。連山が分かって興味深い

Cimg8220

 

ひ~こら、ひ~こら、登り切り、この日3つ目の山頂:鍋塚に到着。

山頂には年配のご夫婦が休憩中。

自転車と共に現れた私にビックリ!された様子。

“スゴイね~シンドかったでしょ~”

ということで、ご褒美に↓

 

Cimg8222
 ↑ 休憩中の御夫婦から頂いちゃいました

Cimg8218
 ↑ そして記念撮影までしていただく

Cimg8223
 ↑ 御夫婦に別れを告げ、次なる目的地:鬼の岩屋へ!

Cimg8225

Cimg8226

Cimg8227
 ↑ あと1km頑張ろう

Cimg8228_2
 ↑ 鍋塚から0.8km地点に分岐

Cimg8230
 ↑ 直進(黄矢印)で鬼の岩屋方面

Cimg8229
 ↑ 左折(赤矢印)でかや山の家方面へ

Cimg8232

Cimg8233

Cimg8235

Cimg8237
 ↑ 分岐から少し進むと・・・なんじゃこりゃ~!?
    ネットで見たクマさんの糞そっくりですが・・・この後、かなりの数の糞と遭遇

Cimg8238
 ↑ 糞を発見してからというもの、かなりビビりながら進んでるの図

Cimg8239
 ↑ クマさんはさておき、とにかくイノシシが荒らしまくりで獣臭がスゴイ

Cimg8240
 ↑ 鬼の岩屋はスグそこだ頑張ろう!

Cimg8242
 ↑ ふと山腹に目をやると・・・ん?何かあるぞ

Cimg8243
 ↑ ニョキ!っと展望台が・・・行ってみようっと

Cimg8244
 ↑ ということで、到着~!

Cimg8246

Cimg8247

Cimg8248

Cimg8249

Cimg8250
 ↑ 鬼の岩屋のスグ傍に先程見えていた展望台あり

Cimg8251
 ↑ コチラが「鬼の岩屋」の入口

Cimg8252
 ↑ 中でプーさんが寝てたら怖いので、これ以上近付きませんでした

Cimg8253
 ↑ 「鬼の岩屋」横にある展望台。せっかくなんで上がってみることに・・・

Cimg8254
 ↑ 加悦谷展望台

Cimg8255

Cimg8257
 ↑ 加悦谷一望

Cimg8259
 ↑ さぁ、「鬼の岩屋&展望台」も堪能したことだし、次なる目的地へGO!

Cimg8260
 ↑ 階段地獄&獣臭にヤラれながら登るの図

Cimg8261
 ↑ 階段地獄を抜けると、広い場所に出たぞ・・・

Cimg8262

Cimg8263

Cimg8264

Cimg8273

Cimg8265
 ↑ これまた眺めのエエとこでんな~

Cimg8266
 ↑ お、海や!

Cimg8267
 ↑ 辺りを見回していると・・・ジャンプ台?? もしや・・・

8949231_orig_5
 ↑ 「アオラキ・マウンテンバイク・ブログ」のAoraki 師匠や・・・

3933584_orig
 ↑ 「山チャリ MTB日記」のめがねカッパさんが来られてた所じゃないですか!
                                Special Thanks Aoraki 師匠

Cimg8268
 ↑ なるほど~ココだったのか~! と言いつつ近付いてみる

Cimg8269
 ↑ さらに先へと進んでみる・・・

Cimg8270
 ↑ もう落ちそうなのでストップ

Cimg8272
 ↑ 2人のマネっ子をして、私も記念撮影パチリ

Cimg8274

Cimg8275
 ↑ 絶景を堪能したところで、先へ進もう!

Cimg8285_2
 ↑ お、見えて来たぞ

Cimg8277
 ↑ そして、今回の最終目的地:航空管制塔 到着~! デカーーー!

Cimg8284
 ↑ 航空管制等見学を終えたら、先程のジャンプ台広場まで戻って・・・

Cimg8279
 ↑ 待望のランチタ~イム! 山ラーメン!

 

しかしここで大事件発生!

 

Cimg8280
 ↑ あれ? ココに入れてたんだけど・・・

 

Je_4

MizuPhotoBai
                                                                   

「あまちゃん」 も 「半沢直樹」 も1度も観たこと無いくせに、思わず劇中のセリフを

書いてしまうくらいアセった私・・・。

もうすでにブームは終わっただろうに・・・

しかも、多分使い方間違ってるだろうし・・・

 

そうなので、そうなのである。

ザックに入れていたハズのペットボトル水が無くなっているのである

お、落とした・・・

ガビ~~ン!

山ラーメン & 山コーヒーを楽しみにしてたのに・・・

鍋塚山頂ではまだあったから、ココまでの道中で落としたのにちゃいない!

仕方がない・・・復路で捜索して、発見次第ランチにしよう。

 

Cimg8283
 ↑ とりあえず、鍋塚山頂でご夫婦から頂戴した羽二重餅を食す

Cimg8286
 ↑ 気を取り直してLet’s GO!

Cimg8287

Cimg8289

Cimg8290

Cimg8291

Cimg8292
 ↑ ガンガン下って、鍋塚・かや山の家方面への分岐まで戻ってまいりました

Cimg8293
 ↑ とりあえず鍋塚までは0.8km

Cimg8294
 ↑ ここからは強烈な勾配の階段地獄が続く・・・

Cimg8296
 ↑ あかん、マジえらい

Cimg8297
 ↑ あ、あと300m頑張ろう

Cimg8299
 ↑ 登って来た方向を振り返るの図

Cimg8300
 ↑ あと少しで山頂!

Cimg8301
 ↑ 本日2回目となる鍋塚山頂!

Cimg8302
 ↑ 一面の熊笹に萌え~

Cimg8304
 ↑ 山頂からの眺めで疲れが吹き飛びますな~

Cimg8305
 ↑ さぁ、発着点目指し出発しましょう

Cimg8306

Cimg8307

Cimg8309

Cimg8308

Cimg8312
 ↑ カサカサと落ち葉の絨毯の上を気持ち良く進む

Cimg8146
 ↑ しかしながら、落ち葉に隠れて岩がゴロゴロあるので注意が必要

Cimg8317

Cimg8314
 ↑ さぁ、さぁ、本日の発着点が見えてまいりましたよん

Cimg8315
 ↑ そして今、感動のゴーーール!!

131108

                                                                   

【駐車場 → 鳩ヶ峰 → 千丈ヶ嶽(折り返し) → 鳩ヶ峰 → 駐車場 →

 鍋塚 → 鬼の岩屋 → 航空管制塔(折り返し) → 鬼の岩屋 → 鍋塚 →駐車場】

走行?距離 10.79km

合計上昇量 868m

合計下降量 873m

 

そんなわけで、登った、押したの、担ぎ倒しました!

「大江山連峰お気楽ピストン縦走登山」 見事完走

元来修験道の厳しい山だったが、現在は整備も進み快適なハイキングコースとして

楽しめるようになったとは言うものの、MTBを担いでの登山は

この山本来の厳しさを味わえるかも

乗車率は?と聞かれると、“う~~~ん”  という感じなのだが、

それでも乗れる所では、とっても気持ち良い尾根走を楽しませて頂きました

 

でっ!

結局、肝心の水は見つからず。

どなたか拾って下さっていれば良いのですが・・・

ゴミになってるようなら本当に申し訳御座いません。

また機会を作って拾いに行かねば。

カロリー補給に関しては、こんなこともあろうかといつも多目に

非常食を携行しているので事なきを得たのでありました。

 

オマケ画像

Cimg8319
 ↑ さらば大江山の鬼、また会おう!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 9日 (土)

“鬼伝説の山” MTB登山 激担ぎの前編

「大江山 いく野の道の 遠ければ、まだふみも見ず 天の橋立」

小式部内侍 小倉百人一首より

 

【大江山(おおえやま)】

大江山は京都府丹後半島の付け根に位置し与謝野町、福知山市、宮津市に

またがる連山である。

全体を大江山連峰と呼ぶため大江山という頂上をもった峰がある訳ではない。

連山には北東寄りから鍋塚(763メートル)、鳩ヶ峰(746メートル)、

千丈ヶ嶽(832.5メートル)、赤石ヶ岳(736.2メートル)と呼ばれる峰がある。

 

ちなみに千丈ヶ嶽は丹後地方の最高峰でもある。

酒呑童子伝説や雲海の名所としても知られ、2007年(平成19年)には

丹後天橋立大江山国定公園として国定公園にも指定され、

また、新・花の百名山にも選定されている。

 

ということで、大江山である。

以前より、走ってみたい、登ってみたい、担いでみたい?と思い続け、

今回ようやく念願が叶った格好である。

さて、一体どんな素敵なMTBトレッキングになったのか、早速レポート開始!

 

Cimg8086
 ↑ さて、やって来ました大江山・・・鬼の指す方へGO!

Cimg8087_5
 ↑ 「鬼の交流博物館」の巨大鬼瓦を横目に奥へ・・・

Cimg8090
 ↑ デポ地へ向けて、どんどん登って行きます

Cimg8091_2
 ↑ 今回の発着点となる駐車場に到着

Cimg8092
 ↑ コチラの駐車場にはバイオトイレ、休憩所等の設備あり

Cimg8093_3
 ↑ 現在地はコチラ

Cimg8096_3
 ↑ まずは鳩ヶ峰~千丈ヶ嶽へ行き、ピストンで戻ってくることに

Cimg8095

Cimg8099
 ↑ 鳩ヶ峰へは0.6kmとのこと

 

さて、冒頭に書いた通り「大江山連峰」へLet’s Go!

本来なら各登山口の始まりからエッチラ・オッチラ登るところだが、

今回は何と言っても「MTBを携行した登山」ということで、

まずは、鳩ヶ峰と鍋塚の鞍部にある駐車場まで一気にワープ!

ココからそれぞれの山頂を目指すことにする。

予定としては・・・

駐車場 → 鳩ヶ峰 → 千丈ヶ嶽(折り返し) → 鳩ヶ峰 → 駐車場 →

鍋塚 → 鬼の岩屋 → 航空管制塔(折り返し) → 鬼の岩屋 → 鍋塚 →

駐車場でゴール!

・・・という、尾根伝い縦走ピストンコースとすることに。

さぁ、乗車率はどんなもんかな~~??

 

Cimg8097_2
 ↑ それではいざ出発! AM9:09

Cimg8100
 ↑ スタート後すぐ、乗車不可の洗礼を浴びる

Cimg8101
 ↑ ということで、押し歩き

Cimg8102
 ↑ 大きな岩がゴ~ロゴロ!

Cimg8105
 ↑ 駐車場方向を振り返るの図

Cimg8104
 ↑ いきなり景色が良いっ!

Cimg8106_2
 ↑ 一瞬でも乗れる所は乗る!

Cimg8109
 ↑ イノシシが堀りまくった跡が全線に渡りつづく

Cimg8110

Cimg8111
 ↑ スタート(駐車場)から約0.4km地点(GARMIN調べ)に案内標識あり

Cimg8113_2
 ↑ それぞれ場所別に詳しく書いてあるので迷うことなし

Cimg8114
 ↑ 第1目的地「鳩ヶ峰山頂」まではあと0.3km

Cimg8115

Cimg8116_3
 ↑ とにかく大きな岩がゴロンゴロン!

Cimg8117
 ↑ 高度を上げ、どんどん景色も良くなってまいりました

Cimg8119
 ↑ 登って来た道を振り返るの図

Cimg8121
 ↑ もうひと踏ん張り、頑張って担ぐぞ

Cimg8122
 ↑ おお、それらしき雰囲気になってきたぞ

Cimg8123
 ↑ ということで、まずは鳩ヶ峰(746m)登頂成功~! AM9:37

Cimg8124
 ↑ 山頂はこ~んな感じ

Cimg8126

Cimg8127

Cimg8129
 ↑ エエ眺めでんな~

Cimg8125
 ↑ さて、お次は「千丈ヶ嶽」だぞっと

Cimg8130

Cimg8132
 ↑ 千丈ヶ嶽を望む・・・今からアソコを登るのね

Cimg8133
 ↑ いざ出発! 下りでも担がないといけない程の岩場を過ぎると・・・

Cimg8134
 ↑ 千丈ヶ嶽直下まではMTBに乗車可

Cimg8135

Cimg8136

Cimg8138
 ↑ うほほ~~い! 乗れ乗れだぜ~い!

Cimg8139
 ↑ と、思いきや! 傾斜が強烈にキツくなり始め・・・

Cimg8141
 ↑ ついに階段地獄スタート

Cimg8143
 ↑ あ、あと300m

Cimg8147
 ↑ 階段地獄脱出で・・・

Cimg8148
 ↑ お、いよいよか・・・

Cimg8149
 ↑ 千丈ヶ嶽(832.5m)登頂成功~ AM10:13

Cimg8153
 ↑ 広~い山頂広場 ココは360°のパノラマが楽しめる

Cimg8150

Cimg8151

Cimg8152

Cimg8157

Cimg8158

Cimg8160

Cimg8161
 ↑ 広場の端にこのような案内板が・・・なぬ、展望場?

Cimg8167_4
 
 ↑ せっかくなんで行ってみようっと・・・50m?ほど下ると・・・

Cimg8162
 ↑ おお、鳩ヶ峰・鍋塚がバッチリ!

Cimg8163
 ↑ アソコからココまで着たのね、MTB持って・・・

Cimg8164
 ↑ 今から向かう鍋塚方面

Cimg8166
 ↑ NINERちゃんを記念にパチリ

Cimg8168
 ↑ さて、それでは鳩ヶ峰~駐車場方面へ引き返すとしましょう

Cimg8169_8
 ↑ 下り階段地獄を脱出し、束の間の乗車を楽しむ

Cimg8170_2

Cimg8172_32
 ↑ 鳩ヶ峰山頂へ向けて登る!

Cimg8173_4
 ↑ 鳩ヶ峰山頂到着! AM10:39

Cimg8174
 ↑ さて、お次は前方の「鍋塚」だぞっと

Cimg8176
 ↑ いざ出発!

Cimg8180

Cimg8181
 ↑ お、発着点の駐車場が見えて来たぞ

Cimg8182
 ↑ デポ地:駐車場に到着~! 

 

ということで、まずは「鳩ヶ峰」 「千丈ヶ嶽」の登頂に成功!

とにかく傾斜がきつく、岩がゴロゴロ!で、登りは勿論のこと、

下りでさえMTBは担がないといけないハードな登山道が多く、

乗車率は低いのだが苦労した分、山頂からの眺めはサイコー

じっくり、たっぷり絶景を堪能させていただいた

 

さて、お次は「鍋塚 → 鬼の岩屋 → 航空管制塔」方面ということだが、

このつづきは爆押しの後編で!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 8日 (金)

“鬼伝説の山” MTB登山チラ見せ!の巻

MTBライドと登山気分をWで味わうべく、鬼伝説で有名な山へ行ってまいりました。

いや~~素晴らしかった、実に素晴らしかった。

今宵はその雰囲気だけでも “チラっ” とどうぞ

 

Cimg8216_3

Cimg8103_3

Cimg8171

Cimg8128

Cimg8165_2

Cimg8145

Cimg8313

Cimg8258

Cimg8178

Cimg8209

 

まさに絶景かな、絶景かな

しっかし、めちゃシンドかったッス・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 7日 (木)

Life is better on a Mountain Bike

“Life is better on a Mountain Bike”

哀愁漂う冴えない?中年親父の繰り返される退屈な日常。

1台のマウンテンバイクに出逢うことによって・・・

親父のビフォー・アフターの表情に注目。

 

そしてもう1本。

“A Mountainbike-Trip in the Dolomites ”

最高の仲間、最高のロケーション、そしてマウンテンバイク。

あ”あ”~~お山へ行きたい! そう思わせる内容。

 

ということで、最近お気に入りのMTB動画でした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 5日 (火)

里山ポタ と 水路へドボン!の巻

ガッツリ時間が取れないそんな日は、家近お山へLet’s GO!

子供の頃の記憶を頼りに山道IN!

確かアソコへ行けば走れそうだぞ・・・

ユ○クロジャージにGパンのラフな格好で近所をブラブラ。

 

Cimg8067
 ↑ のどかな風景の中を往く

Cimg8068
 ↑ まさに日本の里山って感じでしょ

Cimg8065
 ↑ 子供頃遊んだ山道を思い出しながら先へと進む

Cimg8076
 ↑ こんな所へ突入したり・・・

Cimg8069
 ↑ こんな所を歩いたり・・・

Cimg8071_2
 ↑ 今回は必殺:ゴム長靴だからして、どんな所でもへっちゃらだいっ!

Cimg8080
 ↑ 目指すは前方のお山

Cimg8070
 ↑ トレイルIN!

Cimg8072
 ↑ エエかんじやね~

Cimg8073
 ↑ と思いきや、ココで大転倒!

Cimg8074
 ↑ この橋を渡ろうとしたら、真ん中の1本がブチ折れてそのまま溝へドボン!

Cimg8079
 ↑ トンボも笑ってるぜ

 

子供の頃、遊び倒したお山へIN!

押し担ぎで頂上を目指そうと思っていた矢先、水路へ見事に全身ダイブ

思いっきり頭の先から足の先までベッチャベチャのドッロドロ!

半泣きになりながら、お家へ引き返しましたとさ

ちゃんちゃん。

この日はコレ以外にも、3mほど崖下に転落してたりして・・・。

なんだかやたらとコケまくる日でした

 

今回のオマケ画像

Cimg8082
 ↑ このまま洗濯機に入れたらお母ちゃんに叱られるの図

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 3日 (日)

BBBハンドルバー装着!の巻

1995年式のMTBサイクルワールド号。

Cimg8062

 

私のお山遊びを支え続けてくれたマシンだが、ここ最近はninerちゃんに

主役の座を奪われた格好。

しかしながら、夜間ポタや悪天候ポタ、そしてアドベンチャーライドなどでは、

まだまだ現役で活躍してもらわないといけない訳で・・・

経年劣化によるパーツを、ちょこちょこ交換しアップデートを図っている中、

今回は新たにハンドルバーを交換することに。

用意したモノがコチラ↓

 

Cimg8001_2
 ↑ BBB Handlebar MTB LiteBar BHB-05

Cimg8038_2
 ↑ 恒例の体重測定は・・・269g

 

BBB ハンドルバー ライトバー 25.4 W620 10D MTB bhb-05 】

ライズ:20mm

バックスイープ:10°

幅:620mm

クランプ径:φ25.4

材質:ダブルバテッド加工の6061T6アルミニウム合金製

                                                                                                                                                                                                             
                                                                                          

Cimg8041
 ↑ 早速交換作業・・・ハンドルを外してっと

Cimg8004
 ↑ ビフォー(TIOGA AL2000)

Cimg8042
 ↑ アフター(あえてブラックカラーをチョイス)

 

タイオガ 580mmからBBB 620mmへ。

ここのところ29erの幅広710mmハンドルに慣れきっている私としては、

今回の幅の方がしっくりくるカンジ。

                                                                  
                                                             
                                                               

Cimg8045

早速お山で遊んで来ようっと!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2013年11月 1日 (金)

雪上ライドは激安ファットバイクで!? の巻

ふと気が付くと今日から11月・・・時が経つのは早いですな~。

北部地方に住む者にとって、冬が近付くと気になるのは雪の加減。

今年の降雪量はどんなもんでしょう?

雪が降ろうが、積もろうが、お山へGO! なのだが、

ほとんど押し・担ぎだった今年の雪上ライド

 

Dscf7337
 ↑ 2013.1.20 「スノーライドで大転倒2013の巻」より

Dscf1126_2
 ↑ 2013.1.27 「ninerと往く雪山ライドと山ギョーザ」より

 

積雪量が多くなると、26インチサイクルワールド号は言うに及ばず、

29erのNINER JET9ちゃんでも全く歯が立たず・・・

こんな時、欲しくなるのが 太っい タイヤのおかげで雪道をものともしない、

ファットバイクなるもの↓

 

Surly_4
 ↑ SURLY

Hoggar_main_4
 ↑ SANDMAN

Salsa_2
 ↑ SALSA

 

代表的なところではSURLY、SANDMAN、SALSAなどなど。

イイな~ファットバイク。

しかし、メジャーブランドのファットバイクはお高い!

ちょっとや、そっとじゃ、手が出せない!

う~む、こうなったら女房を質に入れてでも・・・

そんな物騒な事を考えている中、激安のファットバイクを発見!

それがコチラ↓

00350277_3_l_3
 ↑ MUDSKIPPER

 

【サカモトテクノ製 マッドスキッパー】

フレームサイズ 457mm

タイムサイズ 26×4.0

重量 17.2kg

変速 外装7段

ブレーキ 前後ディスク

実勢価格 4万円前後

 

マッドスキッパー・・・大阪にあるママチャリメーカーが作ったファットバイクとのこと。

お値段4万円弱ということで、まさに激安!

まぁ、激安ということだけあっていわゆる「ルック車」なんでしょうが、

それでも見た目のインパクトはなかなかのもんです。

そして↓

 

A023d972_5
 ↑ BRONX

 

レインボー ブロンクス

タイヤサイズ 26×4.0

変速 シングルスピード

ブレーキ 前ディスク 後コースター

実勢価格 4万円ちょい

 

コチラは・・・BMXのフレームを使用したファットバイク。

4万円ちょいということで、性能的には値段相応なのでしょうが、

やはり見た目のインパクトは強烈なものがありますな~。

さらに↓

Fatbaikpr2640_6
 ↑ blue point FAT-BIKE

 

大日産業株式会社 ブルーポイント ファットバイク

ロゴ:ブルーポイント

ハンドル:580mmアルミサンドブラック

ステム:EX60mmアヘッド

ヘッドパーツ:アヘッド5mmスペーサー5枚

ブレーキレバー:アルミレバー

ブレーキ:前後ディスクブレーキ

サドル:スポーツサドル

シートポスト:27.2×250mmピラータイプ

リム:26×4.0EV

タイヤ:26×4.0

チューブ:EV 

ハブ:前175mm/後185mmナット式

BBパーツ:VPコッタレス式

ギア:フロント36T×リア18Tフリー 

クランク:170mmアルミクランク 

ペダル:VP-569アルミワイドペダル

チェーン:Z-51 11OL 

適応身長:160㎝以上

車体重量:19Kg

 

本社を京都に置くママチャリメーカーの作ったファットバイク。

ちょっと検索したくらいでは価格が全く分からないのだが、

どうやら59,800円あたりの様子。

 

ということで・・・

定番ブランドから激安ブランドまで、妄想ばかり膨らむ今日この頃でした

しっかしファットバイク、ほんま楽しそうやな~~↓

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ