フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 チラ見せの巻 | トップページ | 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 壮絶!アドベンチャー編 »

2013年12月 2日 (月)

紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 初雪と至福の山ランチ編

Kyotanba_3

 

本日はお日柄も良く、ここは1発「紅葉サイクリング」と洒落込むべく集まった男達。

目指すところは・・・今シーズン、王活で走り倒した林道でございます。

ガレあり、激坂あり、落石あり林道ですが、安全運転で “ゆるゆる” 参りましょう。

一体どんな楽しいサイクリングになったのか、レポート開始っ!

 

Cimg9055
 ↑ デポ地はいつもの「道の駅 和」  太鼓のオジサンも頑張っております

Cimg8874
 ↑ 集合1時間前ですが、チラチラ参加者の姿が・・・

Cimg8875
 ↑ 天気は快晴! まさにMTB日和sun

Cimg8876
 ↑ そうこうしている内に参加者の皆さんが集まってまいりました

Cimg8877
 ↑ 出発前の元気なうちに記念撮影パチリhappy01

 

絶好のMTB日和の下、京丹波町にMTBer集結!

今回の参加者は(参加表明順)・・・

 

○おなじみ!宮津市からアオラキ師匠 「アオラキ・マウンテンバイク・ブログ

○こちらもおなじみ!京都府北部悪路研究会(仮称)舞鶴支部のkazuhiroさん

○今回初めて御参加いただく、亀岡のたんくさん 「今日はなにしよ?

○すっかり常連! 大阪からMedakaさん 「インナーローDEのんびりと♪

 

以上、私を加えた総勢5名。

それではお山へGO!

 

Cimg8879
 ↑ 朝日を背に受け出発!

Cimg8880

Cimg8881
 ↑ 林道入口まで仲良く走行中

Cimg8883
 ↑ 林道入口到着!
    今回の起点は王活で走り倒した「林道 火の口線」でございます

Cimg8884
 ↑ 走行準備が整ったら・・

Cimg8885
 ↑ オフロード走行スタートnote

Cimg8886

Cimg8887

Cimg8888

Cimg8889_2

Cimg8890
 ↑ 勾配はキツイけれど、皆さんご機嫌に登ってらっしゃいます

Cimg8892
 ↑ 火の口線はとにかく勾配がキツイsweat01

Cimg8894_2
 ↑ どこまでも続く青い空、どこまでも続くキツイ坂

Cimg8895_2
 ↑ ひ~こら、ひ~こら、登っております

Cimg8897

Cimg8898_2

Cimg8900
 ↑ 今回は “ゆるゆるライド” ということで、休憩を兼ね撮影を楽しみながらcamera

Cimg8902
 ↑ 山肌と青空 なんかエエかんじ

Cimg8903

Cimg8904_4
 ↑ 上っておりますsweat01

Cimg8905
 ↑ 登っておりますsweat01

Cimg8906
 ↑ 懸命に昇っておりますsweat01

Cimg8899
 ↑ 登って、昇って、周りの景色の良い所で小休止

Cimg8907
 ↑ 休憩中のアオラキ師匠、一体何を想う? 日本征服??

Cimg0302_2
 ↑ 林道スタートより約2.44km(GARMIN調べ)で分岐
    左(赤矢印)へ行くと「林道一の谷線&林道峰線の起点」方面へ
    ここからは「林道 峰線」右(黄矢印)へ進む

Cimg8908
 ↑ 峰線突入早々、林道名物:倒木と遭遇

Cimg8909
 ↑ おっとっと、今度は崩落現場に遭遇sweat01

Cimg8910
 ↑ 人間と比較すると、結構な規模だということが分かりますなsweat02

Cimg8912
 ↑ 崩落現場をやり過ごし先へ・・・

Cimg8913

Cimg8914
 ↑ おおっと、また崩れております

Cimg8915
 ↑ 火の口線~峰線は視界も開け、明るい雰囲気が特徴

Cimg8921
 ↑ 落ち葉のプールに突入!の図

Cimg8916
 ↑ 今回初参加のたんくさん、お楽しみ頂いてるでしょうか?

Cimg8923
 ↑ 勾配9.5%の表示・・・この林道では緩いセクション

Cimg8918
 ↑ 懸命に登る我々が目指す頂きはアソコ! まだまだやんsweat01

Cimg8917
 ↑ 上図ズームアップ

Cimg8919
 ↑ 懸命に登っております!

Cimg8924
 ↑ 何とか登り切り峰線の終点に到着の図

Cimg8925
 ↑ 絶景を前に休憩~!

Cimg8926
 ↑ 休憩終了後、出発しようとすると・・・師匠にパンクの神様降臨!
    なんと今シーズン5回目とのことsweat02
    そういえば “この時” も・・・

 

デポ地を出発した我々は心地良い陽の光を浴びながら林道へ突入。

今回のルートは・・・

火の口線~峰線~明石線~田ノ向線~仏主線という縦走予定。

最高のMTB日和の中、まずは火の口線を走るMTBer御一行。

今シーズン王活で何度も何度も走ったこの林道。

のっけから勾配が10%以上になるのが特徴の火の口線coldsweats01

それでも、展望が開け、周りの雰囲気が明るいので気分はウキウキの遠足気分。

 

火の口線を登り切り、今度は峰線へ。

こちらも相変わらず勾配が厳しいが、火の口線同様明るい雰囲気なので、

走っていても不安感はナッシング。

延々と続く登りの先に広がる青空・・・この天空への道って雰囲気が好きだな~happy01

 

素晴らしい眺望、明るく楽しい雰囲気とは裏腹に、峰線では度々崩落現場に遭遇。

これはやはり9月の台風18号の影響なのか?

ただ、完全に塞がっている箇所はなく、自転車なら問題なく通行可。

崩落現場を幾度となくやり過ごし、峰線の終点へ。

 

Cimg8927_2
 ↑ パンク修理も終わり、次なる林道・・・明石線を目指し出発!

Cimg8929
 ↑ 林道峰線から明石線へ突入早々、ゆ、ゆ、雪や~~snow

Cimg8928
 ↑ さ、さ、寒すぎるーーwobbly

Cimg8930
 ↑ 降雪ゾーンをやり過ごし、林道明石線記念碑到着で記念撮影camera

Cimg8938
 ↑ さぁ、ココで待望のランチターイムrestaurant
    天気はエエしピクニック気分ですな~happy01

Cimg8934
 ↑ bistro ARA! 開店!

Cimg8939
 ↑ やっぱコレだね!の山ラーメンいただきま~す!

Cimg8937
 ↑ 山おにぎりもいただいちゃいます!

Cimg8935
 ↑ ん? たんくさんが何やらゴソゴソと・・・

Cimg8936
 ↑ たんくさん、自作のアルコールストーブでした

Cimg8942
 ↑ 食後はCafé de ARA! オープン!

Cimg8941
 ↑ 今回のメニューはキャラメルマキアート

Cimg8944
 ↑ 程良い甘味とクリーミーな口あたりがサイコーな逸品

 

「林道明石線」 突入早々、なんと目の前には雪sign01

さ、さ、寒~い!

もう冬本番なのね。。。

積雪ゾーンをやり過ごし、明石線記念碑へ。

ここで待望のランチタ~イムrestaurant

皆さんそれぞれお弁当をパクっ!

私はいつもの山ラーメンnote

寒くなればなるほど、山ラーメンが美味くなるのよね~~happy01

 

お腹も一杯、胸一杯。

天気はイイし、林道サイコー!

至福の時間を過ごしたところで、林道走後半へGO!

 

しかし・・・

この後、我々に過酷な運命が待ち構えていようとは、

この時はまだ知る由もないのであった・・・

 

この続きは次回、「壮絶!アドベンチャー編」 を待て!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 チラ見せの巻 | トップページ | 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 壮絶!アドベンチャー編 »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ARA!さん、こんばんは。
さすがに、ブログの作り方もスバラシイですね。写真もきれい。
現在、ボク、筋肉痛全盛期でございます。
あの激登り、いつかリベンジに行きます。おぼえてろよ~火の口線!絶対征服してくれるわ!

たんくさん>
筋肉痛の加減はいかがでしょうか?
アソコの林道は「ぐわっ!」と登らせるので、
距離は短くても獲得標高は多いんですよね~。
またリトライの際は、お声掛けくださいね。
お付き合いしますbicycle

な、なにが起こったの?coldsweats02
アドベンチャー編早めにお願いします。(笑)

登りはキツそうだが一度は行ってみたいぞ火の口線。

やまちゃん>
いつものこの林道はホント、明るい雰囲気で
1人で走っていても全く不安にならないのでGOODです。
また雪が積もったら雪中行軍に行きましょうsmile

アドベンチャー編は・・・
いや、ほんまアドベンチャーでしたわcoldsweats02

ARA!さん、こんばんは。
ARA!さんのブログ、リンクさせて頂きました。
これからもよろしくお願いいたします。

たんくさん>
リンクありがとうございます!
今後ともどうぞ宜しくお願い致しますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/58654389

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 初雪と至福の山ランチ編:

« 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 チラ見せの巻 | トップページ | 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 壮絶!アドベンチャー編 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ