フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

自作チェストマウント再び!CONTOUR編

今年の自転車生活を豊かにしてくれるであろうNEWアイテム:CONTOUR

小型・軽量、防水・防塵で素敵な想い出をバッチリ記録してくれるウェアラブルカメラ。

先日ご紹介したようにヘルメット用マウントは入手済み・・・となると後は・・・

そう! 前回、見る者全てを笑撃の渦に巻き込んだ自作チェストマウントよ再び!

 

Img_0059_2
 ↑ 会心の笑撃作:デジカメ用チェストマウント

Cimg0088
 ↑ 今回はCONTOUR用に奥行のあるタッパーを用意
    コレに穴を開けたり、ベルトを通したりして・・・

Cimg0093
 ↑ CONTOUR用チェストマウント完成~
    ハイ、ハイ、そこ、今回も笑わないように!

Cimg0094
 ↑ CONTOURを装着するとこんなカンジ・・・あ、あかん、笑える・・・

Cimg0096

Cimg0097
 ↑ ニョキっ! なんだか大砲みたいやね

 

いかがでしょうか、CONTOUR用自作チェストマウント・・・

今回もまた、モニター越しに苦笑いされている皆さんの顔が目に浮かびますが

ま、材料費¥105ならこんなもんでしょう。

さぁ、さぁ、NEWウエポン導入で楽しさ広がるMTBワールド。

走って、走って、撮りまくりだぞいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年1月28日 (火)

deuter トランスアルパイン25 導入!の巻

私のMTB遊び用荷物は・・・多い! 特に冬場は・・・多い!

のっけから何のこっちゃ?という感じだが

私が山遊びをする際は無事生還出来るよう、そしてとにかく快適に楽しめるよう、

色んなアイテムを持参するので、それに比例しザックが・・・重い!

その重量のほとんどは食材、もしくはより快適な食事環境を整えるためのアイテム群。

それらアイテムを収納しているのがコチラ↓

Dscf4889
 ↑ CAMELBAK M.U.L.E 荷室容量12.5L

                                                                                                                                           
 

これまで私の山遊びを支え続けてくれた頼もしい相棒。

しかしながら、ここにきて荷室容量12.5Lでは足りなくなってきた

増え続ける食材に、調理器具に、ザックが悲鳴を上げ始めたのである。

そこで! 荷室容量の大きいザックを導入することに。

白羽の矢が立ったのがコチラ↓

Cimg0065
 ↑ deuter Trans Alpine 25

 

【ドイタートランスアルパイン25】

アルプス越えという名のマウンテンバイクツアー用に設計された人気のモデル。

豊富な機能と洗練されたデザインで、タウンバッグとしても注目されています。

荷物を分けて収納することができる、使いやすい2気室構造。

ジップオープンで1気室にすることも可能です。

底部にレインカバーを内蔵しているので、突然の雨にもしっかり対応できます。

●容量 : 25L

●重量 : 1150g

●サイズ : H47×W31×D22cm

●素材 : Deuterバリスティック420D/ネオプレーン

●本体底部にレインカバー内臓

●H2Oシステム(ストリーマー2.0ℓ対応)

  • ●ヘルメットホルダー
  •  

    Cimg0081
     ↑ 左:CAMELBAK  右:deuter  比較すると大きさの違いは一目瞭然

    Cimg0075
     ↑ 荷室のご紹介・・・メインの荷室はコチラのジッパーをオープン

    Cimg0076
     ↑ ちなみにコチラのジッパー・・・

    Cimg0077
     ↑ スナップボタンで一体化させることが可能・・・これで不用意に開くのを防止

    Cimg0078
     ↑ ジッパーを開くとベロ~~ンとメイン荷室のご登場

    Cimg0079
     ↑ メイン荷室の蓋側にポケットあり

    Cimg0080
     ↑ 背中側には緊急時のシグナルや手信号等のSOSラベルがプリント済
        ちなみにこのSOSラベルの裏側には着脱可能なフォームマットが装備され、
        取り外したら地面に敷いて座布団代わりに使用可能

    Cimg0066
     ↑ 本体下部のコチラのジッパーを開くと・・・

    Cimg0068
     ↑ 本体底部に大きめの荷室出現・・・基本このように上下2気室だが・・・

    Cimg0069
     ↑ コチラのジッパーを開くことによって・・・

    Cimg0070
     ↑ 先にご紹介したメイン荷室と繋がり、大きな1つの荷室を作ることが可能

    Cimg0066_2
     ↑ 本体下部のコチラのジッパーを開くと・・・

    Cimg0067
     ↑ 小物入れ程度の荷室登場

    Cimg0072
     ↑ 続きまして、本体上部のコチラを開くと・・・

    Cimg0073
     ↑ 小物入れ用フロントポケット出現

    Cimg0073_2
     ↑ そしてコチラのジッパー開放で・・・

    Cimg0074
     ↑ 貴重品等を収納出来るポケット出現

    Cimg0071
     ↑ 本体の両側面にはペットボトル差し込みポケットあり

    Cimg0085
     ↑ ウエストバンドにも小物収納ポケットあり

    Cimg0083
     ↑ ウエストバンドは通気性抜群

    Cimg0082
     ↑ そしてコチラも抜群の通気性を誇る背面の処理

    Cimg0084
     ↑ 幅広のしっかりとしたショルダーベルトで肩への負担を軽減

     

    さすがの容量25Lということで、山遊びグッズを余すことなく完全収納。

    全てを飲み込んだザックは超重量級。

    亀仙人の甲羅よろしく、こりゃ一種の修行やね

    しかし!

    これで山ランチのメニューもアレやコレやと楽しめるぞっと

    寒い時に喰らう温かい山飯はサイコーだからね~。

    ということで、待ってろ!お山!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月26日 (日)

    三度登場! SWANS 双 [SOU]

    今宵も始まりました「物欲日記」。

    今回ご紹介する商品はアイウエアである。 SWANSである。

    MTBでもロードでも現在愛用しているのがSWANSのSOU-M。

    レンズの色違いで現在2個所有。

     

    簡単なインプレは・・・

    ☆フレームの無い1枚モノのレンズのおかげでスポーツ自転車乗車時独特の

      前傾姿勢でも視界はバッチリ良好

    ☆触れ込み通り、側頭部を締め付けないので長時間の使用でもストレスフリー

    ☆前後の重心バランスが絶妙なので、これまた長時間の使用でもストレスフリー

      変な重さを感じない。

    ☆私の鼻とピッタリフィットのノーズパッドのおかげで走行中ズレ落ちてこない。

     

    ということで、今の私にはなくてはならない逸品なのだが、

    薄暗い所を走ることも多いトレイルライド専用にクリアレンズの導入と相成った。

    それがコチラ↓

    Cimg0057
     ↑ SWANS SOU-N2C(クリア)

    Cimg0061
     ↑ 「ズレない、締め付けない」 上下2本仕様のテンプル部

    Cimg0060
     ↑ MADE IN JAPAN

    Cimg0064
     ↑ SOUシリーズを選び続ける理由がこのノーズパッド・・・My鼻と相性抜群!

    Cimg0034
     ↑ 専用ケース付属

    Swans_7

                                                                 

    クリアレンズのアイウエアといえばこれまで¥398の保護メガネ

    愛用してきたが、これでホームセンターメガネも卒業か!?

    なにはともあれ、お山へGO!!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月24日 (金)

    京都の英国?レストラン:ポントオークの巻

    麺通団東八田分団

    ・・・当ブログに再三再四登場する、

    地元消防団員有志で結成されたグルメ探求集団である。

    美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・海外まで!?

    ※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

    「麺通団(東)京へ」

    「広島だよ麺通団(東)!」

    「麺通団(上)香港へ!」

    「メーテルに出会った麺通団(東)」

    「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

    ・「麺通団(東)古都:奈良へ往く

    ・「麺通団(東)うどん県に里帰りツアー2014!

     

    まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢達。

    実は私が自転車遊びを趣味のメインにするようになったのも、

    このグルメ活動のおかげ?? あまりにも喰らい過ぎるものだから、

    こりゃイカン! 喰った分のカロリーは消費せねば!

    ・・・ということなのである。

     

    そんな麺通団東八田分団なのだが、日頃は各々ソロでも活動中ということで、

    今回はソロにて京都府は亀岡市にあるドゥリムトン村なる所へお邪魔してきた。

    ドゥリムトン村??

    それは一体何ぞや??

    なんでも、京都の英国と言われておるそうな・・・

    ま、行けば分かるさありがとー!ということで早速レポート開始!

     

    Cimg9961
     ↑ 本日はお日柄も良く、田舎道を突っ走りやって来ました・・・

    Cimg9962
     ↑ 忽然と姿を現したイギリスの片田舎:ドゥリムトン村

    Cimg9997
     ↑ 駐車場からテクテク歩いて場内へ

    Cimg9987
     ↑ こりゃエエ雰囲気ですな~

    Cimg9989
     ↑ 池の畔では羊がハミハミ

    Cimg9991

    Cimg9996

    Cimg9995

    Cimg9992

    Cimg9986

    Cimg9985

    Cimg9983

    Cimg9981_2

    Cimg9968
     ↑ 何処を切り取ってもお洒落な空間が広がっております

    Cimg9966
     ↑ コチラがレストラン棟・・・早速IN!

    Cimg9971
     ↑ 注文したのは・・・本日のランチ、ポットティ、デザート付のsweetランチ

    Cimg9974
     ↑ コチラがsweetランチ ¥1,500なり

    Cimg9972
     ↑ 本日のランチはミートパイでございました

    Cimg9978
     ↑ ポットティ & デザート

    Cimg9979
     ↑ ちなみに・・・ポットティは期間限定のマロンを注文

    Cimg9976
     ↑ 本日のデザート:ジンジャーパウンドケーキで〆

     

    【レストラン ポントオーク】

    京都府亀岡市西別院町柚原水汲12

    公式サイト・・・http://dreamton.co.jp/

     

    ということで、行って来ましたドゥリムトン村のレストラン:ポントオーク。

    もうね、写真を見ていただいた通り、お洒落な空間が広がりまくっておりましたよ。

    2ヘクタールにも及ぶ敷地内にはレストランだけではなく、ヨーロッパ直輸入の

    アンティーク品が購入できるアンティークセンターや、各種教室や集まりなどに、

    レンタル出来るカルチャーコテージ、宿泊可能なツインコテージまで、

    1歩足を踏み入れるとそこはもう異国の地。

     

    いや、いや、中年オヤジの私でも “オッシャレー” てな感じでございました。

    皆様も是非、日頃自転車遊びに呆けて放ったらかしにしている、

    奥様・彼女を連れて行ってあげてくださいな。

    というところで今回はおしまいっ!

     

    ※ポントオークでは写真撮影禁止とのことですが、今回はスタッフの方に 

    断りを入れ、他のお客様が写らないならO.Kということで了承を得ております

     

    Cimg9963

    Cimg9988

    Cimg9993

    本日のオマケ画像

    ポントオークでのお土産↓

    Cimg9999
     ↑ スコットランド発祥のお菓子:スコーン

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    2014年1月22日 (水)

    トレイルライドはTRAIL KINGで!の巻

    私には1度暴れ出した物欲様を治める力は・・・無い。

    ということで↓

    Cimg9952
     ↑ 海を渡ってやってまいりました

    Cimg9954
     ↑ やって来たのはコチラ・・・Continental Trail King Protection 29×2.2

    Cimg9957
     ↑ 29erのトレイルキングは国内販売が無い?ようなので海外通販の出番

    Cimg9956
     ↑ いや、コリャいかにも喰い付きそうですな~
        ちなみに実測807g

    Cimg9960
     ↑ 早速ホイールと合体!

    Cimg9954_2
     ↑ 左:Trail king  右:X-king

    Tk_2

     

    【コンチネンタル トレイルキング プロテクション 29×2.2 チューブレスレディ】

    エンデューロやフリーライドを対象としたラバークイーンのアップデート版。

    ナノカーボン粒子を使用したブラックチリコンパウンド採用。

    路面に触れた瞬間にその形を触れたものの形に合わせて変化させることで

    高いグリップ力と低い摩耗抵抗の両方を実現しました。

    ブロックパターンはそのままに、プロテクションレイヤーをプラスし、

    外的要因によるタイヤへのダメージを抑えます。

    新たにチューブレス・レディ対応のベースレイヤー&ビードを採用しており、

    チューブレス・レディ剤の使用量を最小限に抑えることが出来ます。

     

    ということで、MAXXIS CROSSMARK UST、Continental X-king に続く第3弾。

    チューブレス、クリンチャー(自家製チューブレス仕様で使用)と来て、

    初のチューブレスレディタイヤは一体どんな走り心地なんでしょうか? 

    期待に胸とタイヤを膨らませつつ早速お山へGO!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月20日 (月)

    CONTOUR 自転車ヘルメット用マウントGETの巻

    さて、遂に導入となったウェアラブルカメラ:CONTOUR ROAM2

    身体やバイクのアチラコチラに装着して面白い画像を撮ってやろうと、

    ワクワクしている今日この頃なのだが・・・そんな中、撮影アングル定番中の定番、

    頭上からの撮影を実現する自転車ヘルメット用マウントをGETしたのでご紹介。

    41itgkvstl_5

    【自転車ヘルメット用マウント#2550(VENTED HELMET MOUNT)】

    ストラップを通して固定する自転車用ヘルメットに最適なマウントです。

    Step1:ヘルメットについている2つの通気穴の間にマウントを設置します

    Step2:ストラップを通気穴に通してからクリップに通します。
         ストラップを引っ張り、きつく固定します。

    Step3:カメラをレールにスライドさせ固定させます。

    Step4:マウント部を前後に傾けてカメラの傾きを調整します。

     

    Cimg0004
     ↑ ヘルメットに取り付けたの図

    Cimg0005
     ↑ 台座本体

    Cimg0006
     ↑ 左右からベルトで引っ張るだけだが、かなりガッチリ固定が可能

    Cimg0008
     ↑ 撮影アングルの微調整は台座マウント部の角度調整機能にて

    Cimg0007
     ↑ 上図に比べ、マウント部が傾いているのがお分かり頂けるだろうか

    Cimg0010
     ↑ 本体はレールマウントでガッチリ装着

    Cimg0012
     ↑ CONTOUR装着でけた~の図

    Cimg0013
     ↑ 斜めに装着しておりますがご心配なく

    Cimg0032
     ↑ レンズが270°回転するので、どんな場所に取り付けても水平バッチリ!

    Cimg0035_2
     ↑ では、肝心の水平はどうやって確認するのか?
        レンズ脇のこの部分から・・・

    Cimg0044
     ↑ レーザービーム照射! これで水平調整もバッチリ!
        ※この機能は並行輸入品のみです

     

    さぁ、さぁ、これで撮影準備完了!

    一体どんな楽しい動画が撮れるかな?

    あとは走るだけっ

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月18日 (土)

    CONTOUR ROAM2 ゲットで動画三昧!の巻

    先日、「物欲様 2014初降臨なるか!?」 という非常に怪しいエントリーをUPした私。

    大方の予想通り、降臨されました物欲様が

    それは何かと尋ねたら・・・コチラ↓

     

    Cimg9965
     ↑ さて一体コレは何でしょう?

    Cimg9966
     ↑ 念願のウエアラブルカメラ:CONTOUR ROAM2でした

    Cimg0029_2
     ↑ 本体と付属品一式

    Cimg9967
     ↑ 本体はアルミのヘアライン仕上げで高級感がありますな

    C11
     ↑ カラーは3色 オーソドックスな黒をチョイス

    Cimg9975
     ↑ 本体下部には各種アタッチメント取り付けレールあり

    Cimg9980
     ↑ カメラ用三脚取り付け可能

    Cimg9976
     ↑ 迫力ある映像が撮れる広角170°

    Cimg9992
     ↑ 本体上部から見た図
        撮影のON/OFFは上部にある大き目のスイッチをスライドさせるだけ

    Cimg9989
     ↑ これなら冬用のグローブを着用していても操作しやすい

    Cimg9988
     ↑ 録画用スライドスイッチの上にあるツマミを動かすことで・・・

    Cimg9987
     ↑ 不用意なスイッチON(録画)を防止

    Cimg9985
     ↑ 本体背面

    Cimg9994
     ↑ 背面のカバーを上に押し上げるようにズラすと・・・

    Cimg0038
     ↑ 内部丸見え

    Cimg9999
     ↑ microSDカードはコチラから差し入れる

    Cimg9985_2
     ↑ コチラのつまみを動かすことで・・・

    Cimg9986
     ↑ 不用意なカバー開放を防止

     

    【CONTOUR ROAM2】

    ContourROAM2は、非常にシンプルで、操作しやすいカメラです。

    電源&録画スイッチをスライドさせるだけで、クリアなHD画質であなたの

    お気に入りの冒険を記録します。

     

    270°回転レンズ

    Contourの270°回転レンズがあれば、カメラをどこにでも装着でき、

    いつでも完璧なショットを撮影できます。

    1m防水性能

    水を恐れる必要はありません。

    ROAM2は防水ケースなしでも1mまで防水に対応します。

    ビデオモードとフォトモード

    ユーザーのご要望通り、720pでの撮影では60/秒までフレームレートを上げました。

    Contourカメラで期待通りのスムーズなムービー品質を実感することができます。

    Full HD » 1080p (1920 x 1080) @ 30/25fps

    Tall HD » 960p (1280 x 960) @ 30/25fps

    Action HD » 720p (1280 x 720) @ 60/50 or 30/25fps

    Photo Mode » Every 1, 3, 5, 10, 30, or 60 seconds

    C3_4

     

    そんなわけで、物欲様大暴れ2014冬の陣。

    以前より、秘かに狙っていたCONTOURをゲット。

    これで今年は動画撮影に力を入れるぞっと

    おっと、CONTOUR用のチェストマウント作らなくっちゃ                                                                                                     

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月17日 (金)

    激安!チェストマウント製作の巻

    “自転車遊びの動画を撮りたい”

     

    ということで今回は、最近活躍している自作チェストマウントのご紹介。

    といっても、市販品のように格好イイものではなく、手持ちのデジタルカメラ用に

    そこらにある材料で適当に作ったモノです・・・悪しからず。

    619jcroooll__aa1000_
     ↑ コチラはGOPRO用の本物チェストマウントハーネス

    Pdp_image_chesty_inuse1_3
     ↑ チェストマウントとは自分の胸にカメラを装着することで・・・

    Pdp_image_chestmountharness_pdp_lif
     ↑ このような実体験型の迫力ある映像を撮影するというモノ

     

    ようするに、胸の前にカメラを固定すりゃイイわけで・・・

    上記画像をイメージして作ったモノがコチラ↓

     

    Cimg0014
     ↑ ハイ、ハイ、そこ、笑わないように

     

    【自作チェストマウント】

    用意するモノ

    ○デジカメのサイズに合ったタッパー

    ○布ベルト(チェストマウントと身体を固定する為のメインハーネス用)

    ○適当な紐(チェストマウントがズリ落ちないよう首にかけるための物)

    ○W1/4ボルト(デジカメ固定用)

    ○硬質スポンジ(撮影角度調整用)

     

    Cimg0015
     ↑ タッパーに胸ベルトや首紐を通す穴を開けるという単純作業のみで完成

    Cimg0016
     ↑ コチラの穴は・・・

    Img_0053
     ↑ デジカメ固定用でした

    Img_0055
     ↑ W1/4ボルト(インチ規格)でカメラとタッパーを固定

    Img_0059_2
     ↑ 合体完了!

    Cimg0020
     ↑ 自転車は前傾姿勢ということで、そのままではトップチューブばかり映るので
        このような硬質スポンジを両面テープで貼り付けて撮影角度を調整する

    Cimg0028
     ↑ トライ&エラーを繰り返し、スポンジを貼り合わせた結果がコレ

    Cimg9833
     ↑ 先日の箕面ライド、そして亀岡ライドでも怪しく胸にセットされております

                                                                

    ということで、いかがでしょうか自作チェストマウントハーネス。

    モニター越しに苦笑いされている皆さんの顔が目に浮かびますが・・・

    試作品ということで見た目がアレなのはさておき、撮影出来りゃイイんですわ。

    何と言っても製作費激安だし。

    そんなわけで、コチラのチェストマウントを使用し撮った動画を再度ご紹介して、

    本日のところはおしまいっ!

     

    にほんブログ村 自転車ブログへ
    にほんブログ村

    2014年1月15日 (水)

    麺通団(東)うどん県に里帰りツアー2014!の巻

    麺通団東八田分団

    私は地元の消防団に入っている。

    日々厳しい訓練を行い、精進し、地域の防災に努めているのだが、

    人間、厳しいことばかりでは身が持たない。

    やはり「アメとムチ」ということで、「アメ」の部分もないと・・・

    そんなわけで消防団では年に数回程度、慰労会が催されるのだが、

    我が消防団内では、それだけでは物足りない者・・・有志が集まり、

    美味しいものを食べ歩くグルメ集団 = 麺通団なるものを結成した。

    美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・ときには海外まで!?

     

    ※以下活動記録のごくごくごくごく一部を抜粋

    「讃岐うどんツアー!」

    「麺通団(東)京へ」

    「広島だよ麺通団(東)!」

    「麺通団(上)香港へ!」

    「メーテルに出会った麺通団(東)」

    「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

    ・「麺通団(東)古都:奈良へ往く

     

    まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢達。

    そんな麺通団東八田分団なるものが結成されたのは2006年の年末に、

    四国讃岐うどん巡りをしたのがきっかけ。

    ネーミングは映画「UDON」から拝借。

    映画「UDON」とは・・・香川県の「うどんブーム」に焦点を当てた内容で、

    劇中に出て来る「うどん店調査隊(?)」の名前が麺通団ということで、

    まぁ、なんだ、丸々マネっ子したってわけね。

     

    そんな我々、麺通団東八田分団も結成から8年目を迎えた今年、

    ここは1発原点回帰するべということで、うどん県再上陸と相成った。

    一体どんな巡礼ツアーになったのか?

    早速リポート開始!

     

    Cimg9730
     ↑ 今回は団員5名が集合! 意気揚々と京都府綾部市を出発!

    Cimg9731
     ↑ 快調に高速道を移動し、明石海峡大橋までやって来たの図

    Cimg9732
     ↑ 通過中

    Cimg9733
     ↑ 海を渡ってやって来たのは・・・我々の心の故郷うどん県!

    Cimg9734
     ↑ 本日の1軒目・・・超人気店の「がもううどん」さん
        遠目にも分かる人気ぶり・・・駐車場が一杯ですやん

    Cimg9736_2
     ↑ まだまだお昼の時間には早いのに行列が・・・
        戦意喪失・・・分団長の指揮により撤退!
        前回も食べられなかったのよね・・・ご縁が無いのかしらん

    Cimg9738
     ↑ せっかくなんで、チラっとだけでもお店を撮影

     

    【讃岐うどん がもう】

    香川県坂出市加茂町420-3

    公式サイト・・・http://www.kbn.ne.jp/home/udong/

     

    Cimg9739
     ↑ いきなり人気店の洗礼を浴びた格好の我々麺通団(東)
        気を取り直して次なるターゲットへGO!

    Cimg9740
     ↑ やって来たのはコチラ!

    Cimg9741
     ↑ コチラも有名な「日の出製麺所」さん

    Cimg9742
     ↑ うわっ! まだ開店時間(11時)前なのにメチャ並んでるやん
        そういやぁ前回、ここも食べられなかったのよね

    Cimg9743_2
     ↑ 人気店に行列はつきもの、7年前の無念を晴らすべく突入!

    Cimg9747_2

    Cimg9746_2

    Cimg9751_2

    Cimg9749_2

    Cimg9748_2
     ↑ さすがの人気店、パッと見ただけでも駐車場は他府県ナンバーだらけ!

    Cimg9752_2
     ↑ 並ぶこと数十分、やっと我々が行列の先頭に

    Cimg9753
     ↑ そして入店! メンバー全員、期待で胸が膨らんでおります

    Cimg9756
     ↑ 待つこと数分・・・念願のうどん(冷の小 100円ぽっきり)とご対面~!

    Cimg9757
     ↑ 美しくキラキラと輝いております

    Cimg9758
     ↑ ちなみに・・・ネギはハサミで切って入れるべし

     

    喰った、喰った、日の出製麺所のうどんちゃん。

    いや~やっと喰えたよ

    お味は・・・コシがしっかり、のど越しツルツルで大変美味しゅうございました。

    7年越しの想い成就!

    【日の出製麺所】

    香川県坂出市富士見町1丁目8-5

    公式サイト・・・http://www.hinode.net/

     

    Cimg9759
     ↑ 地元を出発してから5時間弱、やっと1軒目を制した我々は次なる獲物へ

    Cimg9760
     ↑ そして着いたのがコチラ

    Cimg9761
     ↑ 広大な駐車場を店舗へ向け、てくてく移動中の図

    Cimg9762
     ↑ コチラのうどん店、なぜか駐車場内に遊具が・・・

    Cimg9764
     ↑ おお、ココにもいっぱいあるぞ・・・うどん県ではこれがスタンダードなのか??

    Cimg9765

    Cimg9775
     ↑ さて、2軒目はコチラ・・・「元祖しょうゆうどん 小縣家」さん

    Cimg9766
     ↑ 早速入店!

    Cimg9768
     ↑ 席に着いた我々を迎えてくれたのは、ナント大根! しかも丸々1本!

    Cimg9774
     ↑ どうやらコチラのお店では大根・胡麻・すだち・ねぎを入れるのが掟の様子

    Cimg9769
     ↑ ということで擦る! むんずと鷲掴みで擦りまくりのおろしまくり!

    Cimg9770
     ↑ 大根を擦りおろしてる間に、「しょうゆうどん 450円」到着

    Cimg9771
     ↑ おお~、こちらの麺も美しいですな~

    Cimg9772
     ↑ 掟に従い、大根・胡麻・すだち・ねぎをブチ込んだの図
        あとは特製のしょうゆを掛けて・・・

    Cimg9773
     ↑ いただきま~~す!

     

    いや、いや、いや、いや、美味いですやん小縣家さん

    麺そのモノの美味さもさることながら、大根・胡麻・すだち・ねぎとの相性抜群!

    そして決め手は特製のしょうゆ! これが美味い!

    さすが「元祖しょうゆうどん」を名乗られるだけのことはありますな。

    分団長もご満悦の一品でございました。

    【元祖しょうゆうどん 小縣家】

    香川県仲多度郡まんのう町吉野1298-2

    公式サイト・・・http://www.ganso-ogataya.com/

     

    Cimg9777
     ↑ さて、次に我々がやって来たのは「うどん店」ではなく「こんぴらさん」!

    Cimg9778
     ↑ やはり香川県に来て、こちらをスルーするわけにはいきません
        ていうか、スゴイ人だ

    Cimg9779
     ↑ こんぴらさんと言えば何と言っても石段!
        本宮まで785段、奥社までの合計は1368段ということで籠に乗られる方も

    Cimg9780
     ↑ 石段をエッチラ、オッチラ登り、振り返るの図

    Cimg9782
     ↑ 随分登ったつもりでも、まだまだ先は長い・・・

    Cimg9784
     ↑ 真冬だというのに汗を搔き搔き、ようやく本宮拝殿に到着

    Cimg9787
     ↑ お参りをさせていただいたあとは・・・

    Cimg9786
     ↑ 眺望を楽しみ・・・

    Cimg9788
     ↑ 賑わいを横目に・・・

    Cimg9789
     ↑ いざ下山

     

    【金刀比羅宮】

    香川県仲多度郡琴平町字川西892番地1

    公式サイト・・・http://www.konpira.or.jp/

     

    Cimg9793
     ↑ ちなみに・・・こんぴらさん土産にはコチラの「灸まん」をGET
        アッチを見てもコッチを見ても「灸まん」の宣伝だらけ!よっぽど名物なのね

    Cimg9794
     ↑ さぁ、日も暮れはじめ、本日最後となる「うどん店」を検索
        見よ!このうどん店の数を! さすが「うどん県」!

    Cimg9795
     ↑ うどん店まみれの中、選んだのがコチラ・・・

    Cimg9796
     ↑ 「うどん本陣 山田家」さん  庭園のある立派なお屋敷でした

    Cimg9797
     ↑ うどんツアーの〆は豪華にコチラ!

    Cimg9799
     ↑ いや~コチラの麺も輝いておりますな~

     

    そんなわけでツアーの最後を飾るにふさわしい豪華なうどんで〆

    うどんも天麩羅も鯖寿司も大変美味しゅうございました。

    【うどん本陣 山田家本店】

    香川県高松市牟礼町牟礼3186

    公式サイト・・・http://www.yamada-ya.com/

     

    Cimg9805
     ↑ 四国を離脱・・・大満足のうどんツアーに胸一杯で帰路へ

     

    そんなわけで、探した、回った、喰らいましたの「うどんツアー2014」。

    今回は格好良く言えばノープラン、普通に言えば行き当たりばったりだった為、

    写真には無いが実は9軒ほど回りまくっていた我々麺通団(東)。

    あまりの行列に戦意喪失したり、閉店されていたりと、なかなか入店出来ず、

    結果3軒のみの実食となったが、偶然にも三者三様、特色のあるお店ばかりで、

    大満足させていただいたのでありました。

    ※返信は出来ませんでしたが、ツイッターでうどん情報を頂いた皆様ありがとうございました!

    ※同行した団員やまちゃんのレポートもご覧下さい → 「やまちゃん@麺通団(東)

     

    さぁ、我ら麺通団東八田分団も念願の里帰りを果たし、ますますパワーアップ!

    2014年も喰って、喰って、喰らいまくりだぁ

    今度訪れるのはアナタの街かもしれません

     

    本日の余談

    今回のうどんツアーであらためて感じたのは、地域活性化のためには

    やはり「食」というものが非常に有効で重要なコンテンツであるということ。

    うどんブームはもう落ち着いたのかと思っていたが、今回の行列を見る限りでは

    まだまだそのパワーは失っていない様子。

    何と言っても、京都府北部からわざわざ高速代を払い、ガソリンを焚き、

    何時間も掛けて一杯数百円の「うどん」だけを食べに行くのだから。

     

    以前のエントリーにも書いたことで恐縮だが・・・

    我が綾部市の振興ということでは、市も民間もそれぞれが独自に工夫を凝らし、

    努力をなさっているのだが、どうも一枚岩で強力に協力し目標に向かって

    突き進んでいるというイメージではない。

     

    グルメということで言えば・・・

    綾部市でも「B級グルメフェスタ」なるものが数年前より開催されているのだが、

    狭い綾部市の限られた飲食店から、それぞれがメニューを出し合い、

    投票により順位を着けているだけで、じゃあ1位になったからといって、

    その商品を綾部市が強力にプッシュし、街を挙げて応援し、市を代表するグルメに

    成長させる訳でもなく、ただその日に順位を着けて終わりというだけのこと。

    「次なる1手」という戦略がなく、残念ながらマスターベーションに見えてしまう。

    「グルメフェスタ」自体は素晴らしい催しで、回を重ねる毎に盛り上がっているだけに

    非常に勿体ないと感じるのは私だけだろうか??

    その点、お隣の舞鶴市や福知山市の方が1枚も2枚も商売がお上手。

     

    そんな中、朗報が1つ。

    昨年10月13・14日に鳥取で開かれた催し、ご当地バーガー日本一決定戦:

    「とっとりバーガーフェスタ2013 ~第3回全国ご当地バーガーグランプリ~」に

    出場した あやべ温泉さんの「上林鶏のテリヤキチキンバーガー」が、

    初出場ながらなんと10位入賞と大健闘!

    素晴らしい!

     

    だがこれも “入賞しました” “ハイ、おめでとう” で終わらせたのでは勿体ない。

    あやべ温泉さんや上林地区だけが潤うのでは綾部市全体の活性化にはならず。

    これも以前のエントリーで書いたことなので恐縮だが・・・

    「上林地鶏のテリヤキチキンバーガー」は上林地鶏を使うということで、

    主な目的は上林地区の振興がメインで、あやべ温泉さんだけでの販売なのだろうが、

    せっかくならこれを綾部全体に広げ、巻き込み、「綾部ご当地バーガー」ということで、

    市内各飲食店で大々的に売り出してみてはどうだろうか?

    勿論、あやべ温泉さんが製造し、そのまま卸すということではなく、

    賛同・協力してくれる飲食店さんが独自の味付けで作ればイイのである。

     

    「綾部バーガー」は必ず上林地鶏を使用しないといけないという制約を

    設けても良いかもしれないし、逆に綾部市内各地域の特産物を生かして、

    各地区それぞれでオリジナルバーガーを開発するというのも面白い。

    「○○地区の鮎バーガー」

    「☆☆地区の梅バーガー」

    「△△地区の猪バーガー」

    「▽▽地区の鹿バーガー」

    「□□地区のライスバーガー」

    ・・・なんて風に。

    メインとなる具材もそうだが、バンズを工夫することで、

    より各地域・各店舗の特色が出せるのではないか。

    そうすることで、「綾部市=オリジナルハンバーガーの街」というイメージを作り、

    市外・府外からもお客様を呼べるようになるのではないだろうか。

    何にせよ・・・

    せっかく大きなビジネスチャンスを手にしたのだから、これを生かさない手は無い!

    市外、府外の方に「京都府に綾部市あり!」とアピールするためにも、

    各機関・各団体が智恵を出し合い、協力し合って、中途半端ではない

    1つのプロジェクトをとことん進めていただきたいと思う。

     

    頑張れ綾部!

    私ごときがまさかのエールを送ったところで今回はおしまいっ!

     

    本日の広報活動

    綾部はエエとこでっせ~。

    特にサイクリストの皆さんにとっては素晴らしいロケーションです。

    是非綾部市へ、そして中丹地区へお越しくださ~~い!

     

    綾部市公式ホームページ

    綾部市観光ガイド

    綾部商工会議所

    綾部市動画チャンネル

    あやべ温泉

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    2014年1月13日 (月)

    2013-2014シーズン初:雪上ライドと山ラーメン

    さぁ、さぁ、やってまいりました、この季節が

    雪やこんこのワンちゃんよろしく、尻尾を振り振りお山へGO!

    Cimg9630
     ↑ 今シーズンも元気に雪山へGO!

    Cimg9628
     ↑ 路面はこの通り、バリンバリンのツルンツルン

    Cimg9631
    ↑ やって来たのは地元の峠道・・・今シーズンも宜しくお願い致します

    Cimg9632
     ↑ 結構積もっておりますよ

    Cimg9633
     ↑ 少しでも抵抗を軽くするため、獣の足跡をトレース

    Cimg9634
     ↑ お、ちょっとココは雪が少ないぞ

    Cimg9635
     ↑ 理由は・・・自然のトンネルのおかげ

    Cimg9637
     ↑ トンネルを抜けると、スグにこの通り

    Cimg9638
     ↑ 自立記念撮影可

    Cimg9636
     ↑ 降雪後の山といえば・・・倒木

    Cimg9640
     ↑ 押したり、乗ったりしながら、いつもの撮影ポイント到着

    Cimg9639

    Cimg9656
     ↑ エッチラ、オッチラと進み、峠の頂上・・・茶屋跡に到着

    Cimg9663
     ↑ さぁ、待望のランチタイム! 雪山でのランチといえば、やっぱりラーメン!

    Cimg9648
     ↑ なんだか特徴のある麺ですな

    Cimg9647
     ↑ 「素」ラーメンでは寂しいので「具」を用意

    Cimg9649
     ↑ グツグツ煮込んで・・・熊出没注意ワンタン麺完成~!

    Cimg9651
     ↑ いただきま~す! うん、こりゃ生麺みたいで美味いですな~

    Cimg9655
     ↑ 愛機を眺め・・・

    Cimg9654
     ↑ 景色を眺め・・・寒い時の山ラーメンは格別!

    Cimg9657
     ↑ 身体も温まったところで待望のスノーダウンヒル!

    Cimg9661
     ↑ 登りで自分の付けた轍をトレース

    Cimg9658
     ↑ キャッホーー! 雪ライドサイコーー!

     

    押した、走った、滑りました!

    てなわけで、2013-2014シーズン初となる雪上ライドを満喫。

    冬の北部は自転車遊びには向かないと憂いていても始まらない。

     

    “積もるなら 滑って遊ぼう マウンテン”

     

    なんでもかんでも積極的に楽しんだモン勝ち!

    今しか出来ない特別なライドを堪能しなくっちゃ。

    今シーズンも走りまくりの滑りまくりだぁ!

     

    今回のオマケ画像

    Cimg9626
     ↑ 走行前  洗ってもなかなか落ちない土汚れも・・・

    Cimg9665
     ↑ 走行後  新品同様ピッカピカ これぞ雪山遊びの利点!

     

    京都府北部は雪上ライドを楽しみたいアナタをお待ちしております!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月12日 (日)

    物欲様 2014初降臨なるか!?

     

    この動画の意味する事とは??

    近日、全貌が明らかに!

    丸分かりやね・・・

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月11日 (土)

    SDA王滝2014 申し込み完了!

    2014年である。

    今年も引き続き自転車遊びが趣味のメインであることに変わりなし。

    ということで、年頭に当たり自転車遊びの目標を立てちゃいましょう。

     

    今年の目標はズバリ王滝! やはりSDA王滝である!

     

    具体的には・・・

    5月SDA王滝100km参戦 → 完走

    9月SDA王滝100km参戦 → 完走(自己記録更新)

    以上を今年の目標に据えたい。

    てなわけで、すでにエントリーしております!

    SDA王滝5月大会100km部門に!

     

    Title

    Mapdata_3

    【大会名】

    SDA王滝クロスマウンテンバイク100km/42km/20km

    ビギナーからエキスパートまで、MTBと王滝村の自然を存分に味わってください!

    クロスマウンテンバイクは100kmと42kmに加えて、ビギナー向けの20kmも開催。

    今年はSS(シングルスピード)100km部門を新設。

    こちらは限定100名の募集となりますので、SSファンの皆様はお見逃しなく!

    【開催場所】

    長野県木曽郡王滝村内木曽林道(ワンウエイコース)

    【開催日】

    2014年5月25日(日)

    【距離】

    100km  9月大会の逆コース(時計回り)で開催します

    42km

    20km

    【制限時間】

    100km/10時間

    42km/5時間

    20km/3時間

    【募集定員】

    100km/900名

    シングルスピード100km部門:100名

    42km/600名

    20km/200名

    ※先着順・定員になり次第締切します。

     

    ということで、SDA王滝である。

    年に2回開催されるセルフでディスカバリーなアドベンチャーである。

    完走率が低く、日本一過酷と称される最強のMTBマラソンレース。

    未舗装で、整地されておらずガレガレの林道を100km/42km/20km走るという、

    まさに正気の沙汰とは思えないこの大会・・・

    しかも今回からS.S部門まで新設され、さらに変態度に磨きが掛かる。

    サイクルイベントなどという生易しいものではなく、まさにアドベンチャー。

     

    2014 SDA王滝5月大会、完走目指して頑張るぞ!

     

    本日のオマケ画像

    2013 SDA王滝9月大会の思い出

    Cimg7146_3
     ↑ 王滝村の自然湖にて ※SDA王滝 初参戦日記 魅惑の観光編その1より

    Cimg7227
     ↑ 前夜祭での乾杯! ※SDA王滝 初参戦日記 誘惑の観光編その2より

    Outaki1_3_2_6
     ↑ エラ楽しかったレース本番 ※SDA王滝 初参戦日記 極楽のレース編より

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月10日 (金)

    亀岡MTBライド動画 試行錯誤編

    2014年元日にお世話になった「2014元日ライド IN 箕面マウンテン」にて、

    初使用した自作チェストマウントだが、角度が悪くトップチューブメインの画像に

    今回の亀岡ライドでは角度調整してリトライしたのだが・・・

    やはり林道走とは違い、姿勢変化の大きいトレイルライドでは、

    なかなかアングル調整が難しいですな~。

    とりあえず・・・うっひょ~~ な雰囲気だけでもお楽しみください。

    ※画像にブレ、飛びがありますがテスト動画ということでご容赦ください

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 8日 (水)

    亀岡遠征ライド 激担ぎ再び!そして出逢った極楽トレイル編

    【京の奥座敷:亀岡 初遠征MTBライド】

    前回までのあらすじ・・・

    初遠征となった亀岡ライドで我々が出逢ったのは、悶絶の担ぎと押し歩き。

    しかしながらその先に待っていたのは歓喜のトレイルライド。

    1本目のトレイルを堪能した我々は2本目のトレイルへと向かうのであった・・・

     

    Cimg9886
     ↑ 2本目のトレイルを目指し移動中

    Cimg9887
     ↑ そして再びお山へIN!

    Cimg9890
     ↑ 奥へ奥へとどんどん入っていきますよ~

    Cimg9891
     ↑ 取り付きの登りは、この日1番の傾斜! もはや崖そのもの!

    Cimg9892
     ↑ あまりの急勾配に足がツルンツルン滑りまくり! 合言葉は「滑落禁止!」

    Cimg9893
     ↑ アドベンチャー野郎:めがねカッパさんも悶絶??

     

    1本目のトレイルを終了し、2本目のトレイル取り付きに到着。

    そこで我々を待っていたのは、押すのも担ぐのも困難な絶壁であった!

    滑落一歩手前で何とか踏み止まりつつ、何とかMTBを押し上げる!

    実は主催のたんくさん、なんと担ぐのが大好きな変態さんだったのだ・・・

     

    Cimg9894
     ↑ なんとか押し上げに成功!で一服の図

    Cimg9895_2

    Cimg9898

    Cimg9899
     ↑ さぁ、ココからはランチポイント、そして極楽トレイル目指し走る!

    Cimg9900

    Cimg9901
     ↑ エエかんじやね~

    Cimg9902

    Cimg9913
     ↑ 本日のランチポイントに到着~!

    Cimg9903
     ↑ お~~

    Cimg9904
     ↑ おお~~~

    Cimg9905
     ↑ ランチポイントは絶景ポイントでもあった

    Cimg9907
     ↑ 待望のランチタイム 
        まず取り出したのは、たんくさんから頂戴した本日の参加賞・・・何コレ?

    Cimg9909
     ↑ 簡易型の座布団でした~

    Cimg9910
     ↑ 今回の昼食メニューは2014年初となる山ラーメン

    Cimg9911
     ↑ お湯が沸くまでの間はおにぎりタイム

    Cimg9912
     ↑ さぁ、さぁ、今年初の山ラーメンいただきま~~す!

    Cimg9920
     ↑ 昼食後はお待ちかねの極楽ライド!

    Cimg9917
     ↑ ・・・と、その前に

    Cimg9915_2
     ↑ 記念撮影をしてっと

    Cimg9916
     ↑ ちなみにコチラはランチポイントから50mほど先にある絶景ポイントにて

    Cimg9918

    Cimg9919
     ↑ おお、京都タワーや!

    Cimg9926
     ↑ 極楽トレイルを快適に下り小休止・・・コチラからは

    Cimg9923

    Cimg9924
     ↑ 亀岡の街並みが見えております

    Cimg9929
     ↑ そして山には鉄塔だらけ! まさに鉄塔銀座!?

    Cimg9932
     ↑ さぁ、一気に走りますよ~!

    Cimg9934
     ↑ めがねカッパさんもニッコニコ

    Cimg9941

    Cimg9942

    Cimg9943
     ↑ あかん、コレはマジで楽しすぎるぞ

    Cimg9945
     ↑ 一気に下り、もう街がスグそこに・・・

    Cimg9946
     ↑ ゴール間近

    Cimg9947
     ↑ 無事下山でデポ地へ向かうの図

    Cimg9948
     ↑ 積み込み完了で本日の山遊び終了~!

     

    そんなわけで、押した、担いだ、ヒャッホー三昧でしたの亀岡トレイルライド。

    いや~楽しかった! 実に楽しかった!

    絶景のランチポイントに、亀岡市内&京都市内を同時に楽しめるビューポイント、

    そして、奈落の底に落ちそうになる急坂もあれば、ツルツルのロックセクション、

    落ち葉が積もりまくったV字溝、そしてバランス力が試される痩せた尾根など、

    バラエティに富んだトレイルを思いっ切り楽しませていただきました

     

    1本目が飴と鞭トレイルなら、2本目は飴とチョコトレイル。

    いや~これは2本合わせて楽しむとお腹一杯やね~。

    そんなわけで、初の亀岡遠征は大満足のライドとなったのでありました。

    コースガイドをお世話になった地元:たんくさん本当にありがとうございました。

    お付き合いいただいためがねカッパさん、またお邪魔しましょうね~。

    しかし、元日の箕面遠征といい、今回の亀岡遠征といい、楽しすぎ!

    2014年・・・コイツは春から縁起がイイや~!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 6日 (月)

    京の奥座敷:亀岡初遠征ライド 激押し・激担ぎ編

    Kame1

    Kame2

     

    【京都府亀岡市】

    人口92,149人(H25,12,1)

    亀岡市は旧丹波国の最南端に位置し、山城国・摂津国の境目となる。

    旧丹波国の中では人口は最多であり、旧丹波国内の中心都市であった。

    戦国時代末期に明智光秀が丹波亀山城と城下町を築いたことが、

    近代亀岡の礎となった。しかし、現在では京都・大阪の衛星都市の側面を

    持つようになった。

    なお、南丹市と船井郡京丹波町と併せて口丹波や口丹、南丹と称することもある。

    ※Wikipediaより

     

    京都府の亀岡市である。

    我が綾部市の「隣の隣の市」ということで比較的なじみのある街である。

    亀岡と聞いて「保津峡・保津川下り」を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。

    そんな豊かな自然に恵まれた亀岡市。

    ということは自転車遊びのフィールドにも恵まれているということで・・・。

     

    今回は一昨年開催されたイベント「京北林道サイクリング2012」で知り合い、

    昨年末、私が催した「アドベンチャーライド IN 京丹波」にも御参加いただいた、

    亀岡在住:「今日はなにしよ?」管理人たんくさんプロデュースのトレイルライドに、

    初めて参加させていただくこととなった。

    さて、一体どんな素敵なトレイルが待っていたのか?

    早速レポート開始!

     

    Cimg9808
     ↑ 新春MTB遠征ライド第2弾に向け移動中

    Cimg9809_2
     ↑ 集合場所に到着・・・準備が出来たら出発!
        このあと、我々の想像を絶する荒行が待っていようとは・・・

    Cimg9810
     ↑ いきなり36%もの勾配を誇る舗装路を登坂したあと登山道へIN!
        初っ端から押し歩きでございます

    Cimg9812_2
     ↑ コチラの御方が本日のツアーガイド:たんくさん
        たんくさんのブログ「今日はなにしよ?

    Cimg9811
     ↑ そして我ら京都府北部悪路研究会(仮称)宮津支部のめがねカッパさん
        めがねカッパさんのブログ「山チャリ MTB日記

    Cimg9813
     ↑ ついに担ぎタイムスタート

    Cimg9814
     ↑ 着実に高度を稼ぎ、木々の間からチラっと街並みが見え始める

    Cimg9816
     ↑ 10m程度でも乗れる所は乗る!

    Cimg9817

    Cimg9820
     ↑ 乗車出来る喜びに、めがねカッパさんからも笑みがこぼれます

    Cimg9822
     ↑ でも基本は担ぎね

    Cimg9827
     ↑ 1時間ほど担いでおりますが笑みの消えないめがねカッパさん
        もうホントに好き者なんだから~

    Cimg9829
     ↑ ハァ、ハァ、ゼェ、ゼェ しまくり、とりあえず三角点に到着
        山頂はもう少し先ということで・・・休憩休憩

    Cimg9830
     ↑ Myマシンも一服タイム

    Cimg9832
     ↑ ここで皆さんのマシンを紹介・・・コチラはたんくさんのSCHWINN

    Cimg9831
     ↑ めがねカッパさんのGIANT Anthem4

    Cimg9834
     ↑ ん? めがねカッパさんナニしてるの?

    Cimg9833
     ↑ 恒例の記念撮影でした 撮影が済んだら山頂目指し再出発!

    Cimg9835_2
     ↑ そして!登山口から1時間ちょい押し担ぎをこなし見事登頂成功

    Cimg9838
     ↑ さぁ、山頂からは待望のダウンヒル!  イヤッホーー

    Cimg9840
     ↑ 途中、押したり・・・

    Cimg9839
     ↑ 乗ったり・・・

    Cimg9841
     ↑ 潜ったりしながら・・・

    Cimg9844
     ↑ 見晴らしの良い鉄塔ポイントに到着

    Cimg9848
     ↑ そびえ立っております

    Cimg9845
     ↑ さすがの南部でも山頂付近には白いモノが見えますな

    Cimg9854_4
     ↑ 鉄塔ポイントで小休止のあとは・・・

    Cimg9859
     ↑ キャッホーなダウンヒルを楽しんだり・・・

    Cimg9860
     ↑ ちょいと登り返したりしながら・・・

    Cimg9861
     ↑ トレイルを抜けると・・・そこは作業道だった

    Cimg9862
     ↑ この作業道は勾配約30% あ、あかんて、ダートでこの勾配は
        必死でペダルを回す! ふと振り返ると・・・

    Cimg9863
     ↑ お! エエ景色になってきたぞ

    Cimg9864
     ↑ 景色はイイが、登りはキツイ・・・いや、マジきついッス

    Cimg9866
     ↑ こんな時は景色を眺めて気を紛らわす

    Cimg9868
     ↑ たんくさん曰く、“京都市内だか長岡京市だかそこいらヘン” とのこと

    Cimg9869

    Cimg9870

    Cimg9872

    Cimg9871

    Cimg9873
     ↑ 激坂作業道から再びトレイルへ!

    Cimg9874
     ↑ 斜面滑走タ~イム! たのしー!

    Cimg9876
     ↑ 激下りの先には・・・たんくさんお薦めのビューポイント到着

    Cimg9877
     ↑ おお~エエ感じのとこや~

    Cimg9879
     ↑ 絶景尾根を楽しみながらの移動

    Cimg9880

    Cimg9882

    Cimg9883

    Cimg9884

    Cimg9885
     ↑ 絶景尾根から気持ちの良いトレイルを満喫し無事下山

    Cimg9886
     ↑ 舗装路で次のトレイルを目指すのでありました

     

    ということで、押した、担いだ、キャッホー!でしたのトレイル1本目。

    登山口から山頂までの1時間はもう本当に押し担ぎのみ

    しかも、歩きでも “これはアカンやろ~” ってな箇所もあったりなんかして

    でもね、皆笑顔なんですよ。

    みんなニコニコ

    ホント好き者だね~

     

    激担ぎの後は、激下りあり、絶景ポイントあり、そして気持ちの良いSTを

    堪能させていただき、無事下山。

    変態3人組は次なるトレイルを目指し移動するのであった。

    さぁ、この続きは「激担ぎ再び!そして出逢った極楽トレイル編」で!

     

    ※激担ぎ&ハッピートレイルのレポートは併せてコチラからもどうぞ↓

    たんくさん 「今日はなにしよ?

    めがねカッパさん 「山チャリ MTB日記

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 5日 (日)

    亀岡:極楽トレイル初遠征ライド ちら見せの巻

    ≪京の奥座敷 亀岡≫

    自然豊かな街:亀岡市の極楽トレイルに遠征して参りました。

    一体どんな素敵な遠征になったのか?

    今宵は定番の “チラ見せ” で皆さんのご機嫌を伺うとしましょう。

     

    Cimg9815

    Cimg9819

    Cimg9837

    Cimg9851

    Cimg9858

    Cimg9865

    Cimg9867

    Cimg9875Cimg9878

    Cimg9888

    Cimg9906

    Cimg9931

    Cimg9940

     

    新春トレイル遠征第2弾!

    激押し・激担ぎのあとに我々が見たものは楽園への入口だった!

    詳しくは本編にて!

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 4日 (土)

    MTBライド IN 箕面テスト動画公開の巻

     

    2014年元日にお世話になった「2014元日ライド IN 箕面マウンテン」。

    今回の動画はその時のもの。

    自作チェストマウントのデビュー戦だったわけだが・・・

    う~~む、トップチューブばかり映ってますな

    角度調整し直して再ライドや~~

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 2日 (木)

    2014元日ライド IN 箕面マウンテン

    2014年である。

    今年はナニをして遊ぼうか??

    いや、いや、考えるまでもないですな。

    今年もMTBです  山遊びです

     

    ということで、早速遊びに行ってまいりました元日に

    今年の走り初めは大阪:箕面トレイルへの初遠征!

    元旦早々ライドは一体どんな具合だったのか?

    早速レポート開始!

     

    Cimg9675
     ↑ 箕面市某所に集合したMTBスリーアミーゴス

    Cimg9676
     ↑ いざお山へ!

    Cimg9678
     ↑ 落ち葉の絨毯の上で休憩したら・・・

    Cimg9680
     ↑ 本格的にトレイルIN!

    Cimg9679
     ↑ 沢も流れてて、エエかんじのとこですな~

    Cimg9682
     ↑ 新年早々無理のないよう一服タイムを多目に入れてっと・・・

    Cimg9681

    Cimg9684
     ↑ いやいや、ほんまエエかんじのとこやわ

    Cimg9683
     ↑ 新年早々無理のないよう乗車にこだわらず歩きますよ

    Cimg9685
     ↑ 人生の分かれ道・・・さぁ、どっち??

     

    嫁・子供が帰省したのをイイことに、遊びに来ました大阪に。

    今回お世話になったのは大阪府箕面市のお山。

    箕面といえば昨年11月に開催された「レッドブル・ホーリー・ライド」の舞台となった、

    「応頂山 勝尾寺」のある街ということで、MTBもロードも盛んなお土地柄。

    今回はツイッター繋がりでお世話になっている方からのお誘いで

    箕面初遠征と相成ったのである。

     

    さて、ここで参加メンバーのご紹介

    Cimg9686
     ↑ 今回のツアーコンダクター:大阪府民のmasa100909さん
        昨年9月の宮津MTB登山以来のコラボライドでございます

    Cimg9687
     ↑ 弊ブログでもすっかりおなじみ! 同じく大阪府民のMedakaさん
        Medakaさんのブログ「インナーローDEのんびりと♪

    Cimg9688
     ↑ 恒例の集合写真 あれ?Medakaさんが間に合ってないぞ
        しかし・・・2014年もエエかんじにアホ面やね・・・僕

    Cimg9689
     ↑ 記念撮影のあとは・・・押す・押す・押忍!

    Cimg9692
     ↑ 結構な急勾配を押し上がっております

    Cimg9697
     ↑ ひと汗かいたら・・・

    Cimg9698
     ↑ キャッホ~!

    Cimg9699

    Cimg9700

    Cimg9702
     ↑ あかん、マジで楽しいぞコレ

    Cimg9703
     ↑ うっひょ~! の後には険しい登りあり

    Cimg9705
     ↑ 2014年も張り切って押し上げて参りましょう

    Cimg9706
     ↑ まだまだ続く険しい登り

    Cimg9707
     ↑ 登り切った所でちと休憩

    Cimg9708
     ↑ プロテクターの装着・・・ということは、このあとは楽しい下り!

    Cimg9711
     ↑ レッツゴー!

    Cimg9713
     ↑ 一気に下って、ちと休憩

    Cimg9715

    Cimg9714

    Cimg9718
     ↑ 一気に下って・・・

    Cimg9722
     ↑ ちと休憩

    Cimg9721
     ↑ 絶景ポイント・・・残念ながら靄ってますな

    Cimg9723
     ↑ さぁ、さぁ、最後のダウンヒルに向けて準備O.K!

    Cimg9724
     ↑ いざ参ろう!

    Cimg9725
     ↑ 慎重に下るMedakaさんの図

    Cimg9727
     ↑ ああ、楽しい この時間が永遠に続いてくれたらイイのに・・・

     

    ということで、元日早々走った、走った、走りました!

    いや~楽しかった、じつに楽しかった!

    箕面では非常に有名なトレイルということで、チャレンジングな坂や、

    気合いの入るドロップオフ、タイトなターンが要求されるコーナーもあれば、

    ゆるゆる走ることの出来る箇所まで、バラエティに富んで楽しゅうございました!

    まだまだ色んなルートがあるということなので、それはまた次回のお楽しみに

    ということで・・・

    家庭崩壊も顧みず、お付き合いいただいたお二人に最大の感謝を!

     

    さぁ、最高のスタートを切った2014年。

    今年も熱く! 熱く! 熱く!

    Atuku2_3

     

    燃えに燃えて全力で活動して参りますよ~!

    周囲の皆様も降りかかる火の粉にご注意を!

    ということで本年もどうぞ宜しくお願い致します。

     

    にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
    にほんブログ村

    2014年1月 1日 (水)

    ARA!@ 2014

    Cimg9391_2

    弊ブログをご覧の皆様へ

    あけましておめでとうございます。

    ご家族お揃いで健やかに新春をお迎.えのこととお慶び申し上げます。

    旧年中は弊ブログをご愛顧いただき、誠に有り難う御座います。

    本年もどうぞお付き合いくださいませ。

    2014年が皆様にとって素敵な年となりますように・・・。

     

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    « 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

    2019年10月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    無料ブログはココログ