フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 1×10速化 29erテストライドの巻 | トップページ | MTB日和VOL.18 GET!の巻 »

2014年2月24日 (月)

1×10速化による軽量効果は?の巻

念願のフロントシングル化を果たし、テスト走行も終えた我が愛機のniner。

Cimg0345

結果・・・こりゃエエやん!

ということで万が一の時の為、未練がましく残していた変速機一式を取り外す事に。

 

Cimg0356
 ↑ いよいよFディレイラーを外す時がやってまいりました

Cimg0358
 ↑ Eタイプなので、ボルト2本で脱着可

Cimg0363
 ↑ 取り外し完了!

Cimg0362
 ↑ シンプルさが際立ちますな~

Cimg0382
 ↑ チェーンをつけて・・・エエやん、カッコええやんshine 自画自賛悪しからず

Cimg0364
 ↑ お次はシフター

Cimg0373
 ↑ ヘッドバッジからフレーム内に通っているワイヤーをスルスルと・・・

Cimg0375
 ↑ それでも、もしかしたら将来フロント多段変速に戻すかもしれないので
    ガイドチューブは抜かないように注意してっと

Cimg0377
 ↑ ハイ、抜けた~!

Cimg0365
 ↑ おお、コチラもシンプルでカッコよろしいやん(再三の自画自賛悪しからず)

 

ということで、フロントシングル仕様に身も心も捧げるため、

変速機関係一式取っ払い完了!

元々MTBのメカメカしさが好きな私だが、このシンプルさ加減もよろしいやんshine

さて、フロントをシングル化する利点の1つ・・・軽量化。

今回1×10速仕様に変更したことで、一体どのくらい軽くなったのか??

早速計量開始。

 

取り外したパーツ↓

Cimg0385
 ↑ Fディレイラー(取り付けボルト×2込み)・・・129g

Cimg0386
 ↑ Fシフター&ワイヤー・・・131g

Cimg9656
 ↑ チェーンリング38T・・・77g

Cimg9651
 ↑ チェーンリング26T・・・27g 

Cimg0389
 ↑ フロントチェーンリング38T&26T取り付け用ボルト&ナット・・・19.5g

Cimg0388
 ↑ リヤカセット17Tギア & ギア間座・・・21g

 

取り外したパーツ総重量・・・404.5g

 

取り付けたパーツ↓

Cimg0175
 ↑ WOLF TOOTH components 104 BCD Chainrings 30T・・・36g

Cimg0207
 ↑ 30Tチェーンリング取付け用ボルト・・・4.3g

Cimg0174
 ↑ OneUp Components Cassette Cog 42T・・・69g

Cimg0202
 ↑ ロースペーサー・・・1.9g

 

取り付けたパーツ総重量・・・111.2g

                                                                  

404.5-111.2=293.3

今回のフロントシングル化大作戦による軽量化は-293.3g という結果に。

一気に300g弱の軽量化ということで、なかなかエエんではないかい。

さぁ、あとは走って、走って、走りまくって、1×10速仕様を堪能するとしよう!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 1×10速化 29erテストライドの巻 | トップページ | MTB日和VOL.18 GET!の巻 »

NINER JET9 RDO 29er」カテゴリの記事

サイクルパーツ コンポ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ARA!さん、こんばんは。
軽くなってますます、追いつけなくなります。
それにしてもカッコいいですね~
また、ぜひご一緒してくださいね!

カッチョいいー 私の場合はまず体重を落とさなきゃー意味のないマシン軽量化。
g単位ではなく kg単位で 部品みたいにかんたんに出来ませんかねー

ARA!さん、こんばんは。
300gの軽量化ですか?スバラシイ!!
ただでさえ軽いマシンがさらに軽く!いいなぁ。軽くしたいなぁ。
ボクのん、最近だんだん重くなってる気がします。

めがねカッパさん>
フロントシングル化・・・ビジュアル面でもなかなかイイですよ~。
MTBの複雑なメカが大好物な私ですが、このシンプルさも
なかなかカッコイイです。また次回見せびらかしますね~wink

Mackeyさん>
ありがとうございます。
私が走るステージではフロントシングルでも問題ないようなので、
トラブル回避、軽量化が達成出来てホクホクです。
でも私もこの冬に蓄えた脂肪を落とさねば・・・sweat02

たんくさん>
一気にマイナス300gということで軽くなった気がしますね~。
まさに世界に1台だけのマシンということで、
ますます愛着が増しますheart04

こんにちは。ちょこちょこ拝見させていただいてます。
フレーム内ワイヤー式というものにはガイドチューブというものがあるんですね。
全く知りませんでした・・・・・・・・

軽量化の効果を0.1グラム単位まで計算されたのはスゴイです!
実際、フロントシングルにして漕ぎは軽くなりましたか??
僕の場合はあんまり感じませんでした。
ただ、バイクを担ぎ上げた時の軽さは身に沁みて感じましたよ(笑)

あと OneUp Components Cassette Cog 42T は高そうですがカッコよすぎます。
僕にとっては、黄緑メタリックのカラーが尚更気に入りました。

しばらく見ないうちにえらい進化してますなー
ついこの間までMTBってフロントトリプルが一般的だったのに
近頃はフロントシングルなんて自転車が走ってるんですね
こんなので山走れるの・・? イベントごとにフロントのギア交換してセッティングしたりして・・それもまた楽しいか?

レーさんさま>
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。
いつも見て頂いているとのことで恐縮です。

ワイヤーガイドチューブ・・・
コレのおかげで複雑なフレーム内も迷子になることなく、
ワイヤーを通すことが出来ました。

1×10速化・・・
42Tコグは今回OneUp製を取り付けましたが、
WOLF TOOTHからもリリースされましたので、
もう1つのホイール用にGETしたいと目論んでおります。
おっしゃるとおり、漕ぎ出し時の軽さは??でしたが、
車体の軽さは感じております。

P.S
実は私もレーさんさまのブログは以前より拝見し、
その緻密な内容を大いに参考にさせていただいておりました。
宮津の友人達ともご一緒されていたようで・・・。
また機会がありましたら、私もご一緒させていただければ。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

がんちゃんさん>
フロントシングル&リヤ超ワイドレンジの先駆けは
スラムのXX1やXO1なんですが、さすがに高価すぎて
導入出来ませんでした(汗)。
しかし、この42Tコグがあればフロントシングル化しても、
ギヤ比的に対応出来るので、思い切って導入してみました。

おっしゃるとおり、走るステージによってFチェーンリングの歯数を
変える必要はあるでしょうね~。
まぁ、その辺はRCレースなんかでもセッティングの1つでしたし、
交換もさほど手間ではないので問題無いかなと思っております。

とりあえず、どんどん自分だけの1台になって来てワクワクでっすhappy01

こんにちは。

FD外して完全版1x10になりましたね。おめでとうございます。
僕もやったときに漕ぎの軽さは体感出来ませんでしたが、担ぎの時は重量バランスの変化か、実測値以上に軽く感じました。

ドンドン走り込んで慣れていって下さい(^-~)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/59189761

この記事へのトラックバック一覧です: 1×10速化による軽量効果は?の巻:

« 1×10速化 29erテストライドの巻 | トップページ | MTB日和VOL.18 GET!の巻 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ