フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« サイクリング携行用カメラ三脚あれこれ | トップページ | MTBトレッキング IN 京丹波 チラ見せ編 »

2014年4月26日 (土)

LEATHERMAN 念願のマルチツールGET!の巻

皆さんご存知の通り、私は人並み外れて物欲が深い。

とにかく欲しいモノがあり過ぎて、あり過ぎて、困ってしまうのだが、

私から物欲が無くなるとき・・・それは天に召される時なので、

命ある間は物欲の思うがままにさせている我が人生。

そんな私がもうかれこれ10年以上前から欲しいと狙っているモノがある。

それは何かと尋ねたら・・・

工具である、マルチツールである、レザーマンである。

 

LEATHERMAN(レザーマン)

アメリカ合衆国のナイフメーカー。

豊富なアイデアの盛り込まれた個性的なツールナイフをリリースし続けており、

その刃を含めた各々の機能はアメリカ軍標準規格を満たしうる強度を持つ。

プライヤーのグリップ部分にナイフやヤスリ、 ドライバー、ノコギリ、ハサミなどの

ツール類をコンパクトに収納した「マルチツール」 を最初に製品化したメーカー。

現在では、その高い品質と信頼性からあらゆる現場のプロから支持され、

世界中の多くの方々に愛用されている。

 

工具好きの方ならその名を知らない者はいないであろう、

マルチツールブランドの代表格である。

そんなレザーマンを遂に我が手にする時がやって来たのである。

それがコチラ↓

 

Cimg9921_2
 ↑ LEATHERMAN Wingman

Cimg9926_2
 ↑ 全てのツール・・・オープン!14種の機能が備わっております

Cimg9923_2
 ↑ 各ツールのご紹介・・・まずはバネ式プライヤー&ワイヤーカッター
    マルチツールとはいえ、専用品と比べても遜色のない堅牢な造り
    このプライヤーが欲しいからこそのLEATHERMANなのである

Cimg9970
 ↑ 非常にカッチリとした造りで信頼性抜群

Cimg9925
 ↑ 先端から順に・・・
       ①バネ式小型プライヤー②バネ式標準プライヤー③バネ式ワイヤーカッター

Cimg9932
 ↑ ④420HCコンボナイフ

Cimg9935
 ↑ 直刃/波刃

Cimg9939
 ↑ ロック機構があるので使用中不用意に折り畳まれる心配なし

Cimg9949_2
 ↑ 別角度から・・・しっかりとロックされております

Cimg9950_2
 ↑ 黄矢印の方向へ押してやるとロック解除

Cimg9953
 ↑ ⑤バネ式ハサミ

Cimg9928
 ↑ ⑥木/金属用ヤスリ
    ⑦先端は中型マイナスドライバー

Cimg9929
 ↑ ヤスリの裏面は・・・⑧定規(ミリ/インチ)

Cimg9955
 ↑ ⑨プラスドライバー

Cimg9961
 ↑ プラスドライバーの先端

Cimg9957
 ↑ ⑩大型マイナスドライバー

Cimg9958
 ↑ 大型マイナスドライバーの先端

Cimg9931
 ↑ ⑪パッキングオープナー(プラスチックカッター)

Cimg9927
 ↑ 先端から・・・⑫缶切り⑬栓抜き⑭ワイヤーストリッパー(電線被覆はがし)

Cimg9963
 ↑ 取り外し可能なポケットクリップ装備

Lw_5

 

【LEATHERMAN Wingman レザーマン ウイングマン】

●本体:ステンレススティール

●ナイフ:420HC ワンハンドオープンブレード

●サイズ:9.7cm(3.8インチ/収納時)

●重さ:約198.4g

スプリングアクションのプライヤーに新発想で開発されたワイヤーカッターが

装備されているマルチツールです。

スプリングアクションによってより片手での操作がしやすくなっております。

ナイフは直刃と波刃が汲み合わされたコンボブレードで切れ味は、

レザーマンツールのスペックに適う出来栄。

サイズもフルモデルツール一回りほど小さいですが14種類と充実したツールです。

 

ということで、レザーマンのマルチツール:ウイングマンである。

手にした印象は・・・

可動部の非常に滑らかな動き、カチッとした小気味良いロック感。

落とそうが、踏みつけようが、壊れそうにないタフさ。

あらゆる場面に対応できる14種の充実したツール群。

そして何より「所有欲」を満たすオーラ。

これぞまさにレザーマン。

 

レザーマンのプライヤー付マルチツールといえばWAVEが代表的だが、

10,000円を軽く越す価格には簡単に手が出せないわけで・・・

このウイングマンなら実勢価格4,000円前後。

緊急用ツールには必要にして十分なのである。

工具マニアの私の心をガッチリ掴んだウイングマン・・・

これから相棒として活躍していただこう。

Cimg9971

※刃物が付いているツールを目的なしに携行することは軽犯罪法に触れるので注意が必要

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« サイクリング携行用カメラ三脚あれこれ | トップページ | MTBトレッキング IN 京丹波 チラ見せ編 »

サイクルパーツ?アウトドア用品」カテゴリの記事

コメント

お~!かっこえぇ~
イカしてます(^.^)
これでサバイバル生活?でもOKですね!
私はバッグにスイスアーミーナイフを念のため入れています~

にわです。
ARAさんの遊び小屋は、おもちゃの宝庫の様なんでしょうね。一度ちょっと覗いてみたい。西洋人の考える道具と日本人の考えるそれとでは、少し違うようですね。マルチと言うとちょっとニュアンスがずれるかもしれませんが、ARAさん、電工ナイフってご存知ですか?昔の電気屋さんは、これ一つで電気配線工事のかなりの作業を熟したようで、今はニッパーだとかワイヤーストリッパーだとか、検電器だとか、腰にいっぱいじゃらじゃら工具をぶら下げて仕事をしてます。エネルギーが豊富になかった日本は、ちょっとでも省エネで生活しようと、色々と工夫をしてたんだと思います。鋸だって、押す西洋式は刃が厚くて重いけれど、引く日本の鋸は刃を薄くできて軽くできる。
さっき、6月の余興に備えて丹後半島縦貫林道を調べてたら、これは絶対にARAさんの写真だっていうのが幾枚も出てきました。違います・・・?

自分は学生のころに奮発して初代LEATHERMAN SUPER TOOLを買って、もう20年近く愛用し続けてます。
関東から北海道へのロングツーリングやらビバークしながらの山岳縦走ツーリングやらで大活躍してもらいました。
丈夫なプライヤーの他に、独立波刃ブレード、ノコギリ、ヤスリがとても重宝してます。しかも未だに錆や刃こぼれ無し!

確かに値段は高いですけど、間違いなく一生使える逸品ですので
中途半端なものを買い替えて使うよりはむしろ安いといえるのではないでしょうか。

めがねカッパさん>
とりあえずコレでウインナーも切れるし、
熊とも戦えます!?
今度は何を切りましょうかね??

にわ まことさん>
私の部屋・・・もう恐ろしいことになっております。
いつもこういう大型連休の時に整理しようと思うのですが、
どこから手を付けてイイのか途方に暮れ、そのままに・・・。
電工ナイフ・・・学生の頃使っておりました!

丹後半島縦貫林道・・・確かに私の画像がありそうです・・・。

みっくさん>
レザーマン、本当にイイものですね。
今回購入したのは廉価版ですが、それでもオーラがありますね
大切に使っていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEATHERMAN 念願のマルチツールGET!の巻:

« サイクリング携行用カメラ三脚あれこれ | トップページ | MTBトレッキング IN 京丹波 チラ見せ編 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ