フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

緊急事態発生!NINERの運命は!?

先日、地元:綾部のトレイルを探索ライドしていた時のこと・・・

ガキッ!

凄まじい音がしたかと思うと後輪がロック!

 

“ホイールに枝でも絡まったかな?”

 

愛機:NINERに目をやると案の定、太い枝が絡まっている。

枝を振り払うものの、後輪はロックしたまま・・・

 

“げっ! もしやディレイラーハンガーが曲がったのか!?”

 

恐る恐るRディレイラーに目をやると・・・見事に曲がっておりました。

どのくらい?

このくらい↓

 

Cimg0716
 ↑ 見事にアッチを向いてしまったディレイラー

Cimg0718_2
 ↑ 曲がったのはディレイラハンガー(黄矢印)ではなく、赤矢印のパーツ

Cimg0720
 ↑ 別角度から

Cimg0741
 ↑ 曲がったのはコレ!

Cimg0734
 ↑ 定規を当てると曲がり具合は一目瞭然

 

その時は応急処置を施し下山。

自宅でじっくり観察すると、曲がったのはディレイラーハンガーではなく、

ディレイラーのパーツ・・・

「Y5XY98010 ブラケット アクスル ユニット」 というモノであった。

ディレイラーハンガーなら予備は用意しているのだが・・・。

早速サイクルショップにリペアパーツを発注。

しかし、このパーツの供給は7月以降になるとのこと・・・。

ガーン!

もう言葉がございません。

 

そしてもう1つの緊急事態。

このRディレイラーを賭けて探索したトレイルライド・・・

まさに格好のネタ!

本来なら詳細をブログにアップしたいところなのだが、

データの入ったメモリーカードを紛失。

なぜ? 何処で? アホか私。

 

ということで・・・

ご紹介出来るのはスマホで撮影していたこの1枚のみ↓

1400816106708
 ↑ NINER在りし日の1枚・・・はぁぁぁぁぁ、山はイイな~~~(半泣き)

 

実は先日の「京都遠征ライド」ではNINERではなくサイクルワールド号での

出陣だった理由がコレなのである。

う~~む・・・しかしこりゃ7月まで待てないぞ・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月28日 (水)

Feeling Good! 京の都でトレイルライド 動画編

先日お邪魔した亀岡→京都の極楽トレイル。

いや~楽しかった、実に楽しかった。

ということで、今宵は動画編をご紹介。

Feeling Good!なトレイルをお楽しみください

今回もプチ・転倒シーンあり。

ちなみに例の珍客は映っておりませんので悪しからず

 

※画質720pでご覧下さい

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月26日 (月)

珍客登場!運気も上がる!?京の都へ遠征ライドの巻

京の奥座敷:亀岡である。

これまでに3回お邪魔させていただき、その素晴らしいトレイルに、

素晴らしい仲間たちに、すっかり魅了された私・・・。

※過去の遠征の模様はコチラ↓

京の奥座敷:亀岡初遠征ライド 激押し・激担ぎ編

亀岡遠征ライド 激担ぎ再び!そして出逢った極楽トレイル編

地獄担ぎ→極楽トレイル現る!亀岡遠征ライドの巻

亀岡MTBライド動画  悶絶の押し担ぎ編

亀岡MTBライド動画 恍惚のトレイル編

亀岡MTBライド動画 怒涛のDHそしてコケ編

衝撃!亀岡MTBライド動画 番外編

亀岡MTBライド第3弾!一寸先はハプニングの巻

癒しのトレイルライド IN 亀岡 動画編

 

もっと走りたい! もっと担ぎたい!

ということで、このたび4回目の遠征と相成った。

ちなみに今回の参加者は・・・

○地元MTBer 「今日はなにしよ?」 管理人:たんくさん

○北部組から 「山チャリ MTB日記」管理人:めがねカッパさん

そして私を加えた計3名の親父’s

一体どんな物語が待っているのか?

早速リポート開始っ!

Cimg0593
 ↑ 地元:たんくさんの案内でトレイルを目指す

Cimg0596
 ↑ 登る!

Cimg0597
 ↑ 押す!

 

絶好のMTB日和の中、ホスト役:たんくさんの案内のもと走り出す我々。

天気はエエし、風は爽やか、気持ちよろしいな~

古道を走り、国道を走り、住宅街を抜け、林道へ。

林道をエッチラ・オッチラ登り、トレイル入口に到着。

今回のルートは亀岡市からトレイルIN → 京都市へトレイルOUTとのこと。

初めてのトレイルにワクワク・ドキドキの北部組2名。

 

トレイルIN前にお決まりの記念撮影をし、いざ出発という時に珍客が現る・・・

林道の奥から1人の中年男性(推定50歳台半ば)がコチラに向かって走ってくる。

どうやらジョギングを楽しまれているようだ。

走るなら排気ガスにまみれる街の中より、こういった山の中の方がエエもんね。

しかし、何か違和感を感じる私・・・なんだ、この胸騒ぎは?

中年ランナーとの距離が縮まるにつれ、その違和感がある1つの疑念に変わる。

 

“え? もしかして??”

 

疑念はスグに確信へ・・・

 

“スッポンポンやんけ!”

 

そうなのだ、そうなのである。

なんとその中年男性は全裸で、正真正銘全裸でジョギングをしているのだ。

 

Hadaka_2
 ↑ 記憶によるイメージ図 (イラスト:ARA!嫁画伯)

 

ええ~~~マジですか~~!! 目が点になる我々3人

凝視するのもアレだし、無視するのも・・・いやいや無視できまへんで・・・

どういった対応を取るか悩んでいる間にランナーは我々の目の前に!

一体どうなってしまうのか!?

しかし・・・その全裸男性は恥ずかしがる様子もなく、悪びれる風でもなく、

ごく普通に、ごくごく普通に・・・さも、自分が一般的なランナーであるかのような、

さりげない態度で “こんにちは~” と挨拶をすると爽やかに走り去ったのである。

 

一体アノ方は何者だったのだろう?

あの格好のまま、何処まで走るつもりなのだろう?

そもそも、なぜ全裸??

もう我々の頭の中は「?」で一杯。

結局、何1つ答えが出ることなく珍客との遭遇劇は終幕を迎えたのであった。

・・・改めて世の中には色んな趣味嗜好の方がいらっしゃるものだと再認識。

いやほんま、チン客でしたわ。

 

しっかし・・・気持ちよさそうやったな~身も心も全てのモノから解放されてて。

今度私も全裸でMTBを・・・いや、それは止めておこう。

 

Cimg0599
 ↑ さて!気を取り直して? 待望のトレイルIN!

Cimg0600
 ↑ 極上のトレイルに・・・ニッコニコのたんくさん & SCHWINN

Cimg0601
 ↑ ご機嫌のめがねカッパさん & GIANT

Cimg0602
 ↑ 今回私の相棒は1995年式サイクルワールド号

Cimg0603
 ↑ イイ笑顔ですね~

 

トレイルIN!

おお~エエかんじや~!

のっけから乗れる! 勾配が緩いので登りでも余裕で乗れる!

嬉々として走り回る中年MTBer3名。

いやほんま、良いトレイルですわ。

しかし!ここで楽しいハズのトレイルが牙を剥く!

 

ん? なんか臭うぞ?? 辺り一面、刺す様な獣臭。

ま、この時期だから仕方ないのだが・・・

走っても、走っても、遠ざかるどころか、激しさを増す獣臭。

いや、獣臭と言うよりは、まさに「アレそのもの」の臭い!

恐る恐るマシンをチェックすると・・・た、タイヤに!!

“運” がベッタリ張り付いてるではないか!!                                                              

 

Cimg0611
 ↑ グロ注意! 自主規制により画像加工済み

Cimg0612
 ↑ たんくさんも地雷の餌食に・・・現在爆弾処理中

 

ハンパではないです。

その臭い、そのお姿。

結局、3人とも餌食となりましたとさ。

合掌。

 

Cimg0613
 ↑ 運をつけたまま押してます、押してます、懸命に押してます!

Cimg0616_2
 ↑ 押して登って山頂到着~!

Cimg0614
 ↑ 三角点とお決まりの記念撮影

Cimg0618
 ↑ さてココでランチタ~イム!

Cimg0621
 ↑ いただきま~す!

Cimg0620
 ↑ めがねカッパさんの奥様お手製爆弾おにぎり(左)・・・通常の3倍!

Cimg0624
 ↑ 喰ったら走る!

Cimg0625
 ↑ キャッホ~!

Cimg0626
 ↑ ええトレイルですな~

Cimg0636
 ↑ 展望所にて

Cimg0638

Cimg0639

Cimg0640

Cimg0641
 ↑ 絶景を前に記念撮影

Cimg0643
 ↑ 倒木をくぐったり・・・

Cimg0644
 ↑ 正規ルートをロストしかけたりしながら・・・

Cimg0645
 ↑ バラエティに富んだコースを楽しむ

Cimg0646

Cimg0647
 ↑ 竹林トレイル・・・京都っぽいですね~

Cimg0650

Cimg0649

Cimg0653

Cimg0652

Cimg0655
 ↑ 無事下山

Cimg0656

Cimg0657
 ↑ OUT側デポ地へ帰還の図

 

ということで、走った、走った、走りました!

個性的な方とお出逢いしたり、獣の分身を踏みつけたりと色々ありましたが、

トレイル自体は走り応えのある素晴らしいコースでした。

ドロップオフあり、岩場あり、根っこあり、痩せた尾根に、

ハンドルバーがヒットするような狭い木立あり・・・。

十二分に楽しませていただきました

 

しかし・・・何より羨ましいのは人の手が入っているのでトレイルが綺麗なこと。

道を塞ぐ倒木群や、Rディレイラーに巻き込むような枝の散乱も無し。

やはり普段からハイカーさんなどトレイルを楽しまれる方や、

ボランティアで整備なさっている方が多いのでしょう。

我が北部では山遊びをされる方の絶対数が少ないので、

どうしても荒れたままになっちゃうんだよな~・・・。

 

さぁ、運も付いたことだし地元でも極楽トレイルを探すとしますか!

ということで、今回はおしまいっ!

Cimg0598_2




にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月24日 (土)

京の都へ遠征ライド!ちら見せ編

京の都へ遠征ライドGO!

絶好のMTB日和の中、行ってまいりました極上のトレイルへ。

いや~楽しかった、実に楽しかった♪

今宵はチラ見せにて・・・

Cimg0595

Cimg0607

Cimg0610

Cimg0615

Cimg0629

Cimg0628

Cimg0635

Cimg0648

Cimg0654

 

本編近日公開!

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月22日 (木)

MTB Crash! 転倒シーン詰め合わせ集

MTB遊びに転倒は付き物。

ということで、今宵はライド中のクラッシュシーン集をお届けいたしましょう。

(未公開転倒シーンあり)

ま、クラッシュとか、転倒という大袈裟なモノではなく、「コケた」って感じ。

特に私、なんでこんな所で?というようなおドジなコケばかり・・・。

トレイル保護の為にも、自分自身の安全の為にも、転倒しないよう腕を磨かねば。

 

※画質720pでご覧下さい

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月21日 (水)

NEWトレイル探索ライドと倒木地獄 動画編

先日お邪魔をしてきたNEWトレイル はなかなかの倒木地獄っぷり・・・。

今宵は皆様にもその雰囲気をチラっと味わっていただくとしましょう。

※動画の中で出て来る倒木は全体のごく一部です(汗)。                                                                      

※画質720pもしくは1080pでご覧下さい

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月19日 (月)

ninerと往くNEWトレイル探索ライド!の巻

ここのところNEWトレイル探索に余念のない私。

MTB仲間達に自然豊かな地元:綾部を走ってもらいたいという想いからなのだが、

そんな中、以前より調べたい、走りたいと思っていたトレイルに行って来た。

さぁ、一体どんなトレイルだったのか?  MTBで走れたのか?

まさに 「鬼が出るか、蛇が出るか」 的ライドのはじまりはじまり!

 

Cimg0452
 ↑ 山の麓で記念撮影の図

 

さて、今回ご一緒させていただいたMTB仲間は・・・

・「kazuhiro 自転車生活ブログ」 管理人のkazuhiroさん

・「今日はなにしよ?」 管理人のたんくさん

以上に、私を加えたスリーアミーゴス。

未知のトレイル探索ライドということは全く乗れずに終わる可能性もあるので、

リスクを最小限に抑えるため、少数での編成とさせていただいた。

 

Cimg0455
 ↑ それではいざ探検に出発!

Cimg0458
 ↑ のっけから押し担ぎでございます

Cimg0468
 ↑ 周りの緑に癒されながら何とか登り・・・

Cimg0469
 ↑ 登頂成功! まさかの親父全員Wピースの図

Cimg0471
 ↑ 素晴らしい眺めを楽しんだあとは・・・

Cimg0474
 ↑ 山頂の分岐からいよいよ未知のトレイルへ突入!

Cimg0475
 ↑ 突入直後は急勾配過ぎて乗らない、乗れない!

Cimg0477
 ↑ ある程度下ってくると・・・お、この辺エエやん

Cimg0478
 ↑ イヤッホー! いい笑顔です

Cimg0480
 ↑ エエやん、エエやん、エエ感じやん

Cimg0481
 ↑ と、思いきや! また登ってるやん!
    アップダウンを繰り返しながら尾根道を進んでいきます

Cimg0482
 ↑ 尾根道の脇に少し入った所に四等三角点発見

Cimg0484
 ↑ 木々の間からの景色を楽しむ

Cimg0485
 ↑ よっしゃ、下りや! 乗るぜ!

Cimg0486
 ↑ おっと、また登りや・・・

Cimg0489
 ↑ アップダウンを繰り返しながら進んでいると分岐点に到達
    ここから「周遊コース」ということで、1番最初の山の麓へ戻ることも可能だが、
    今回は隣町へ下りていく「行ったっきりコース」を選択

Cimg0490
 ↑ さぁ、隣町へ向けて気持ち良く下るぜ!・・・と、突然襲い掛かる倒木!
    倒木をやりすごし、何度か登ったり下ったりを繰り返して・・・

Cimg0494
 ↑ 本日のランチポイント到着~!

Cimg0492

Cimg0497
 ↑ 本コースの展望所ということで、エエ眺めが広がっております

Cimg0506
 ↑ 愛機を記念撮影

Cimg0499
 ↑ 素晴らしい景色を眺めながらいただきま~~す

Cimg0503
 ↑ いや~しかし天気はエエし、緑は綺麗、風は爽やかで最高ですな~

Cimg0510
 ↑ さて、喰ったら走る!

 

ここまで、登ったり、下ったりを繰り返しながら進む我々探索隊。

標高500m付近をウロウロして全然里へ下りて行く気配なし・・・。

なんだか不思議な感じ。

 

Cimg0509
 ↑ お、またまた三角点発見!

Cimg0511
 ↑ 三角点発見を機に、下り一辺倒の幕が開けた!

Cimg0514_2
 ↑ しかし、急勾配のため押したり・・・

Cimg0512_2
 ↑ 担いだりして下りる

Cimg0513_2
 ↑ 乗れ乗れのところはやっぱり笑顔

Cimg0515_2
 ↑ 乗れ乗れの先に待ち受ける倒木地獄

Cimg0516_2
 ↑ 乗ったり、跨いだりしながら、隣町の林道へ到達

 

ということで、登った、走った、跨ぎましたの探索ライド。

前半は緩やかな?アップダウンを繰り返し、後半はご機嫌なダウンヒル。

ご参加いただいた、たんくさんのお言葉を借りるなら・・・

『距離もあるし、痩せた尾根も、根っこも、壁も、バームも、激坂も、ガレガレも・・・』

まさにトレイル遊びの全てが詰まった素敵なトレイルでございました。

 

しかしながら、倒木が多い! 物凄く多い!

エエ感じにスピードが乗ってきたところで倒木!

リズムに乗れてきたところで倒木!

1つ越してはまた倒木!

まさに倒木地獄・・・。

てなわけで今回の探索は・・・「倒木が無ければ楽しめます!」という結果に

ま、当り前ですな・・・。

 

さて、また1つ念願だったトレイルを制覇。

トレイル探索遊びは子供の頃「この道の先はどうなってるの?」と、

アチラコチラ走り回っていたワクワク・ドキドキ感が蘇ってきますな~

さぁ、今度は何処に探検に出掛けようかな?!

 

今回のオマケ画像

Cimg0532
 ↑ コッチの町からアッチの町へ山を越したということで帰りは勿論自走!

Cimg0531

Cimg0527
 ↑ 帰り道、カフェに立ち寄りコーヒーブレイク

Cimg0530
 ↑ コチラのお店、京都『ゆラリー』サイクリングロードの協力店でした

Cimg0528
 ↑ さすが協力店、サイクルハンガー常設!

Cimg0525
 ↑ テラス席でマッタリする探検隊の皆さん

 

今回の残念なお知らせ

諸事情により昨年と同じく、5月王滝をDNSとすることに致しました。

皆さんには応援いただいておりましたのに申し訳御座いません。

この無念は9月王滝にブツけたいと思います。

ということで、9月王滝エントリー完了!

Sda9

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月17日 (土)

NEWトレイル探索ライド ちら見せの巻

以前より、調べたい、走りたいと狙っていたトレイルに行ってまいりました!

愉快な仲間達といく、未知のトレイル探索ライド!

今宵は恒例の “チラ見せ” で皆さんのご機嫌を伺うと致しましょう。

 

Cimg0456

Cimg0495

Cimg0470

Cimg0483

Cimg0460

Cimg0508_2

Cimg0479

 

本編近日公開!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月15日 (木)

救世主となるか? 16Tスプロケ!の巻

先日のエントリーでは 「1×10速化 & 42Tコグ」 の使用インプレをご紹介。

その中で、19T⇔15Tへの変速は歯数差があり過ぎてちょっと・・・

という印象を書かせていただいたが、42Tコグのリリース元:OneUp Componentsに、

私のような者からの声が寄せられたのか?対応商品が用意された。

それは何かと尋ねたら・・・コレ↓

One

16t_1024x1024
 ↑ OneUp Components 16T-10Speed Sprocket

 

16Tのスプロケである。

15Tに換えて、この16Tを入れることにより15T⇔19Tの一気4段跳びから、

16T⇔19Tの3段跳びへと少し緩和されるというものである。

ほほぉ~~なるほど、そう来たか・・・

ということで、新しいモノ好きミーハー中年の私は早速発注させていただいた。

これまでの13T⇔15T⇔19Tから13T⇔16T⇔19Tがどんな感じなのか、

興味津々である。

早く来い来いスプロケちゃん!というところで今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月13日 (火)

1×10速化 & 42Tコグ装着インプレ

今年2月より、フロントシングル化を施している愛機:niner jet9 RDO。

※過去の1×10速化 & 42Tコグ関連の記事はコチラ↓

niner 1×10速化 「肝」 パーツ到着!の巻

niner 1×10速化完了!の巻

1×10速化による軽量効果は?の巻

今度はWOLF TOOTH の42Tコグで!の巻

WOLF TOOTH 42T cog 到着!の巻

WOLF TOOTH 42T cog 取り付け完了!の巻

 

これまで林道、トレイル、舗装路と走ってみてのインプレを少しばかり・・・

 

Cimg0382
 ↑ WOLF TOOTH components 104 BCD Chainrings 30T

Cimg0180
 ↑ チェーン落ちを防ぐ歯先加工

 

まず、フロントシングル化の立役者:WOLF TOOTH チェーンリング(30T)だが、

心配されたチェーン落ちは現時点では全くなし!

舗装路は勿論のこと、トレイルでも、ガレた林道の下りでも落ち知らず!

やはりこれはワイド/ナローと交互に厚みを変えた歯先加工のおかげなのか。

ちなみに・・・Rディレイラー:RD-M986のチェーンスタビライザー機能を

ONにしていてもOFFにしていてもチェーンは落ちず。

 

さて、つづいて・・・実用的なフロントシングル化を実現してくれた肝パーツが、

OneUp ComponentsWOLF TOOTH の超ワイド42Tコグ。

このパーツの登場のおかげでフロントシングル化に踏み切れたのである。

現在、OneUp Componentsはフルクラム レッドパワー29er XLに、

WOLF TOOTHはMAVIC クロスマックスSLRにそれぞれ装着。

Cimg0434
 ↑ 左: MAVIC クロスマックスSLR & WOLF TOOTH 42Tcog
    右: フルクラム レッドパワー29er XL & OneUp Components 42Tcog

Cimg0436
 ↑ WOLF TOOTH 42Tcog & シマノ XTR カセット

Cimg0440
 ↑ OneUp Components 42Tcog & シマノ XT カセット

 

11-36Tカセットの17Tを抜いて、この42Tを入れるだけで、

11-42Tスーパーワイドレンジカセットの出来上がりというお手軽パーツ。

Bテンションボルトを調整することで36→42Tへの変速も問題なし。

 

フロントのチェーンリングの歯数で全体のギヤ比が決定するのだが、

昨年9月のSDA王滝に参戦してみて、登りの基本はフロントインナー26Tと

リヤ36T、32T、28T辺りを1番使っていたことを考え、

また、普段私の走るステージが勾配10%以上の登りか下りばかりで、

基本的に平坦区間や緩斜面の無い林道がメインということを考慮し、

30Tのチェーンリングに決定したのだが、これはひとまずO.K。

30Tだと下りでギヤが足りなくなることは無いのか??

下りは・・・怖くて踏み倒さないので、ギヤが足りなくなることはない

 

ちなみにコチラ↓が純正フロントダブル(38/26T)と30Tのギヤ比表。

42_2

これまで林道では26Tをメインに使っていた私の脚具合を考えると、

30Tというのは38Tと26Tをカバーする、なかなか良いチョイスであった。

 

ただ、数少ない平坦区間やアプローチの舗装路を走るときに感じるのが、

17Tを抜いたことによる「帯に短し襷に長し」感。

15Tからいきなり19Tまで飛んでしまうのはやはり差があり過ぎるのである。

王滝の林道は案外平坦区間や緩斜面もあるので、この辺りのギヤ比が

どう影響するか気になる所である。

 

Cimg0448
 ↑ 11-42Tカセット

Cimg0447
 ↑ 17Tを抜いたことにより、15Tの次はいきなり19Tへ

 

ま、何にしても現在のところ1×10速化は私とって大正解。

軽量化、シフトミス、トラブル防止に大いに役立っているのである。

とりあえず、走って、走って、走り倒すといたしましょう!

Cimg0442


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月11日 (日)

私の王活! SDA大滝突入!

お気楽のんびりトレイルライドからガッツリ林道走へシフトチェンジした今日この頃。

今回も王滝練ということで、ホームコースへと繰り出した。

 

Cimg0343
 ↑ まずは激走前、の~んびりと移動

Cimg0345
 ↑ さぁ、やって来ましたホームコース「林道 火の口線」他

Cimg0346
 ↑ それではスタート!

Cimg0348
 ↑ 走り始めてスグはフラットな区間もあり

Cimg0349
 ↑ 路面も荒れていないので走りやすい

Cimg0351
 ↑ しかし、スグに始まる激坂区間・・・写真では伝わらないのが残念

Cimg0352
 ↑ 約6kmつづく登り区間

Cimg0353
 ↑ 徐々に高度を上げ、展望が開けてまいりました

Cimg0354
 ↑ 国道が見えております

Cimg0356
 ↑ 何処までもつづく青い空・・・イイねぇ~

Cimg0355
 ↑ 何処までもつづくキツイ坂・・・苦しいねぇ~

Cimg0358
 ↑ 激坂にプラスして倒木や・・・

Cimg0359
 ↑ 土砂崩れなんかもあるので注意が必要

Cimg0360
 ↑ ガレた路面は脚に堪える

Cimg0363
 ↑ ガレだけならまだマシ・・・こんなのが上から落ちてきたら

Cimg0364_2
 ↑ 黄矢印の所まで登り切れば一旦登りは終わり・・・頑張れ自分!

Cimg0367
 ↑ もう少しで登り切るぞ!

Cimg0368
 ↑ 火の口線~峰線と登り切り、今度は明石線へ

Cimg0369
 ↑ 林道明石線のスタート

Cimg0370
 ↑ 落ち葉の下には大きな石や、溝が隠れていることがあるので要注意

Cimg0372

Cimg0373
 ↑ 火の口線~峰線~明石線と走り、ここからは田ノ向線へ

Cimg0374
 ↑ 田ノ向線でのダウンヒル

Cimg0376
 ↑ 恐怖に打ち勝ち、ラインを見極め、振動に耐え、マシンを抑え込む・・・
    下りなのにちっとも休めないのがオフロード・・・しかし最高に楽しい!

Cimg0377
 ↑ 火の口線~峰線~明石線~田ノ向線 走破!
    さぁ、ココから同じルートをピストンするか??

Cimg0379
 ↑ それともココから始まる仏主線へ行くか??

Cimg9025
 ↑ そうだ、仏主線は前回訪れた時、台風の影響で通行不可だったんだ・・・
   '13/12/4 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 壮絶!アドベンチャー編より

Cimg0382
 ↑ しかし、あの倒木地獄さえ抜ければ走行可能ではなかろうか?
    アドベンチャー心に火が点き、昨年末通行を諦めた仏主線へ行くことに

Cimg0383
 ↑ 林道入口から少し進むとこの有様・・・昨年から全く修復されておらず

Cimg0384
 ↑ 当たり前のように倒木だらけ

Cimg0385
 ↑ 道のど真ん中が川になっております

Cimg0386
 ↑ 土砂と倒木で道としての体を成していない

Cimg0387
 ↑ 最大のヤマ場を何とか乗り越えたの図

Cimg0388
 ↑ 土砂倒木地獄は抜けたものの、なかなかのガレ具合が続く

Cimg0389
 ↑ お、少しガレが治まったぞ・・・これなら走りやすい

Cimg0390
 ↑ と思いきや・・・おお、派手に崩れておりますな~

Cimg0391
 ↑ 土砂を乗り越え、倒木を跨ぎ、仏主線記念碑まで辿り着く

Cimg0393
 ↑ ココで治療タイム・・・実はココまでで何気に転倒してたりなんかして
    膝&肘を負傷・・・まさに「不名誉な負傷」

Cimg0396
 ↑ 手当も済み、再スタート・・・相変わらず道を塞ぐ土砂&倒木

Cimg0397
 ↑ しかしながら周りの景色には癒される

Cimg0399
 ↑ 記念の自分撮りパチリ

Cimg0400
 ↑ 仏主線も残り僅か・・・ココからはかっ飛びダウンヒル!

Cimg0401
 ↑ 下るのはあっという間・・・降りてきた道(黄矢印)を振り返る

 

ということで、走った、担いだ、乗り越えました!

いつもの「火の口線」から始まり、久々の「仏主線」を走破。

ちなみに「仏主線」は現時点でMTB走行には向いておりません。

かなり苦労させていただきました・・・。

ということで! 前置きはここまで、ここからが本題!

え? ここから本題?

そう! ここから本題!

 

Cimg0403
 ↑ ここからが今回の表題:SDA大滝!

Cimg0404
 ↑ 王滝ではなく大滝!

 

以前より探索したい、したいと思い続けていた「林道 大滝線」。

ついに足を踏み入れる時がやってきたのである。

一体どんな林道なのか?

それでは自己発見の冒険にLet’sGo!

 

Cimg0406
 ↑ のっけから道が崩れております

Cimg0407
 ↑ う~~~む・・・

Cimg0408
 ↑ 苔むした路面状態・・・普段使われていないのであろう

Cimg0412
 ↑ 基本的に「しるい」所が多い大滝線

Cimg0409
 ↑ 上方が開け明るい雰囲気なのが救い

Cimg0410
 ↑ 倒木!

Cimg0413
 ↑ 倒木!

Cimg0414
 ↑ 倒木!

 

道の崩落に倒木地獄、ガレた路面にしるい路面・・・

その都度、押したり、担いだり、潜ったり・・・

これぞまさにアドベンチャー。

でもね・・・仏主線で精根尽きていた私は途中で引き返しましたよ。

集中力の切れた状態では危険と判断し、勇気ある?撤退ということで・・・。

てなわけで、SDA大滝探索ひとまず終了!

 

Cimg0415

Cimg0416 
 ↑ いざ下山!

Cimg0417
 ↑ 無事に里へ下りてまいりました

Cimg0420
 ↑ お、サルや!

Cimg0422
 ↑ 田植え風景を横目に帰路へ

 

ということで、走った、走った、走りましたの京丹波林道。

久しぶりの縦走、そして支線の探索と充実した林道走を楽しませていただいた。

さぁ、この調子でガンガン走りますぞ!

                                                                

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月 9日 (金)

山菜まつり と 弥仙山登山

【弥仙山】

京都府綾部市於与岐町にある標高664mの山。

その山容の美しさから「丹波富士」とも呼ばれ、どこからでも鋭い三角錐の尖頂を

見いだすことができる。

「弥仙山のたけくらべ」の昔話では、舞鶴市にある青葉山と高さを競ったという

石積信仰が伝えられ、ライバル青葉山を追い越そうと、登山時には必ず石を

持って上がり、山頂に積み上げていく風習が残る。

 

【弥仙山三社大祭・山菜まつり】

開催日:毎年5月3日

開催場所:於与岐多目的広場

今年で9回目を迎える、弥仙の里を未来に伝える地域づくりのイベント。

草もちの無料サービス、太鼓・バンドの演奏、山菜弁当・山菜てんぷら、

山菜うどん、農産加工品の販売、模擬店の出店などあり。

 

さて、弥仙山である。山菜まつりである。

G.W期間中、地元:綾部のお祭りを覗いてきたのでちとご案内。

Cimg0288
 ↑ 目指すは前方に見える美しい山容の弥仙山

Cimg0290
 ↑ 麓では「弥仙山三社大祭・山菜まつり」が開催されております

Cimg0291
 ↑ お祭りはあとでゆっくり楽しむとして、まずは登山から・・・

Cimg0293
 ↑ 登山道IN!

Cimg0295
 ↑ 今回も親子登山でございます・・・家族サービスも山の中

Cimg0296
 ↑ 小学生の頃から慣れ親しんだ弥仙山・・・それでもキツイもんはキツイ

Cimg0300
 ↑ 山腹にある通称「もたれ大岩」

Cimg0301
 ↑ 支える木がたくましい

Cimg0302

Cimg0303

Cimg0304
 ↑ この日は多くの方が登ってらっしゃいます

Cimg0306
 ↑ ハァ、ハァ、ゼェ、ゼェ・・・あと200mだ頑張ろう!

Cimg0307
 ↑ 山頂にあるお社が見えてきたぞ・・・

Cimg0308
 ↑ 山頂到着~!

Cimg0309
 ↑ 山頂にある「金峯山神社」さま

Cimg0310
 ↑ もともと展望は開けていない山頂だが、この日は靄で全く見えず

Cimg0314
 ↑ 花より団子!? 於与岐特製 山菜弁当を食す!

Cimg0318
 ↑ 喰ったら下山!

Cimg0333
 ↑ 下山後はお祭りを楽しむ!
    コチラは綾部市のゆるキャラ「まゆぴー」・・・が歌う!

Cimg0335
 ↑ 於与岐特製 山菜うどんに舌鼓

 

ということで、登った、喰った、楽しみました。

久しぶりの弥仙山登山、そして山菜まつり・・・

素朴な田舎のお祭りを楽しみたい方は来年是非おいでください。

 

【今回のオマケ画像】

弥仙山で見かけた可愛い花たち

Cimg0325

Cimg0338

Cimg0339

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年5月 7日 (水)

私の王活!ninerと往く京丹波林道走

昨年9月の王滝終了後、林道走は一旦お休みしトレイル三昧の日々を送る私だが、

5月王滝が目前に迫り、これではイカンですばい!ということで慌てて林道へ復帰。

久々にホームコースへ出掛けることに・・・。

今シーズン初となる「ガッツリ林道走」、果たしてマトモに走れたのであろうか?

早速レポート開始っ!

 

Cimg0252
 ↑ 林道入口へ向けて移動中

Cimg0250
 ↑ これから始まる過酷な登りを前に、由良川を眺め精神統一??

Cimg0253
 ↑ 昨シーズン、何度走ったことだろう・・・の「林道火の口線」

Cimg0395
 ↑ 9月王滝以来のぴちぴちレーパンを着用・・・なんだか新鮮

Cimg0279
 ↑ 愛機niner jet9 RDOも王滝仕様に変更

Cimg0275
 ↑ 補給食収納用に・・・モンベル ステムバッグ

Cimg0274
 ↑ 緊急用グッズ一式収納用に・・・ トピーク エアロ ウェッジ パック L サイズ

Cimg0276
 ↑ そして今回初お試しとなるのがコチラ・・・ ERGON グリップ GS2 Sサイズ
    7時間、8時間とオフロードを走ると手首や掌にも相当な負担が・・・(汗)
    握り位置を変えることによって疲労を分散させてやろうという魂胆

Cimg0255
 ↑ それではいざスタート!

Cimg0257
 ↑ 入口からスグはなだらかな勾配が続くが、それも束の間・・・

Cimg0258
 ↑ どこまでも続くキツイ坂と青い空

Cimg0259
 ↑ 新緑が目に眩しいですな~

Cimg0260
 ↑ 久々のホームコース・・・崩れた箇所も増えておりました

Cimg0265
 ↑ 久々の林道路面を確かめるように慎重に走行中

Cimg0266
 ↑ この日は「山ランチ」ではなく、「補給食」でお腹を満たす

Cimg0268  
 ↑ 林道終点到着

Cimg0284
 ↑ 里まで無事下りてまいりました

Cimg0285
 ↑ 田植え前の田んぼを横目に

Cimg0286
 ↑ デポ地に帰還・・・走行後はプロテインの一気飲み!

 

ということで、走った、走った、走りました!

久々の林道は・・・キツイ! とにかくキツイ! 全線に渡り半泣き状態

そして下りが怖い! めちゃめちゃ怖い!

う~む・・・こりゃ、王滝完走のご褒美に自分を甘やかし過ぎていましたな・・・

林道には林道の走り方があると再認識したところで今回はおしまいっ!

                                                                 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月 5日 (月)

丹波・丹後歴史街道MTBライド 動画編

押して、登って、走った歴史街道MTBライド。

今宵は動画編でお楽しみいただきましょう。

※画質720pもしくは1080pでご覧下さい

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月 3日 (土)

NINERと往く 丹波・丹後歴史街道~つつじの尾根~

以前より、調べたい、走りたいと思っていた古の峠道がある。

その峠道は「丹波・丹後歴史街道」と名付けられ、江戸時代から昭和中期以前、

丹後から海産物、丹波から生産物の物流の道として往来があったとのこと。

古道・・・まさにMTBライドにはもってこいということで念願の探索ライドと相成った。

一体どんな素敵なトレイルが待ち受けているのか?

早速GO!

Cimg0177
 ↑ 今回は現地まで自走

Cimg0181
 ↑ 野を越え、山を越え、やってまいりました

Cimg0182
 ↑ 目指すは前方の山!

Cimg0184
 ↑ 自宅から16kmほど走り、峠への入り口に到着! 
    獣除けネットを開けさせていただいて・・・

Cimg0186
 ↑ いざ出発!

Cimg0187
 ↑ 入口から200m弱でいよいよ本格的な峠越えスタート!

Cimg0190
 ↑ 勿論、もう乗ることなんて出来ません 押しあるのみ!

Cimg0192
 ↑ さすが古の峠道・・・なかなか雰囲気ありますな~

Cimg0193_2
 ↑ 10分弱押して分岐に到着・・・とりあえず橙矢印の方向へ進んでみる

Cimg0194
 ↑ おっと、往く手を阻む倒木・・・むむ、まだ新しいぞ

Cimg0196_4
 ↑ 先程の分岐からさらに10分弱登った所でまたまた分岐に出る
        どうやら黄矢印を進むとお隣の福知山市へ抜ける様子。
    橙矢印方向はあまり往来がないのか道が荒れていた。
    ここから先程の分岐へ引き返すことに・・・

Cimg0193_3
 ↑ 今回の獲物は極楽尾根ということで、今度は黄矢印方向へ

Cimg0199
 ↑ ふむふむ、なんだか期待が持てそうですぞ

Cimg0202
 ↑ おお、エエやん、エエやん、エエ感じやん

Cimg0206
 ↑ しかしスグに険しい登りのスタート

Cimg0207
 ↑ おっと 通れないぜ(ハンドル幅710mm)

Cimg0208
 ↑ ロープのおかげで迷うことはないが、めちゃキツイぞっと

Cimg0211
 ↑ 何とか登り切り・・・広い所に出たぞ・・・

Cimg0210
 ↑ 三角点発見!

Cimg0209
 ↑ 先へ

Cimg0218
 ↑ 急な下りはブレーキ痕で路面を傷つけないよう降車して押す

Cimg0215
 ↑ おお~エエ眺めですやん!

Cimg0217
 ↑ なんだか古き良き日本の原風景って感じやね

Cimg0219
 ↑ こんなエエ感じの所もあります

Cimg0222
 ↑ ひと山下って人生の分かれ道・・・さぁ、どっち??
    目指すは「つつじの尾根」ということで黄矢印へ

Cimg0223
 ↑ またまた絶景ポイント!

Cimg0225
 ↑ おお、あの美しい山容は我が地元の弥仙山じゃないですか!

Cimg0228
 ↑ せっかくなんで、絶景ポイントでランチタイム!

Cimg0229
 ↑ まず一品目はコチラ

Cimg0230
 ↑ そして二品目・・・フライパンに油をひいて・・・

Cimg0231
 ↑ 今回初の試み・・・山チャーハン!

Cimg0232
 ↑ 熱したフライパンに・・・おもむろに投入!

Cimg0234
 ↑ 炒める!

Cimg0235
 ↑ そして完成~! いただきま~~す

Cimg0237
 ↑ ラーメンとチャーハン・・・最高やね~!

Cimg0239
 ↑ 喰ったら走る!

Cimg0241
 ↑ 本日のメイン・・・「つつじの尾根」到着!
        時期が遅かったのでつつじは見られなかったが素晴らしいトレイル

Cimg0245
 ↑ つつじの尾根から一気に下山

Cimg0246
 ↑ 無事、里へ降りてまいりました

Cimg0248
 ↑ それではエッチラ・オッチラ帰りましょう

 

てなわけで、押した、登った、走りましたの峠道。

以前より気になっていた “お山” をまた一つ制覇。

また来年、つつじの季節に訪れてみたい、そんなトレイルでした。

さぁ、まだまだ、林道もトレイルも探索しまくりまっせ~!

というところで、今回はおしまいっ!

走行の模様は動画にて・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2014年5月 2日 (金)

親子DEトレッキング IN 水源の里

過日はお日柄も良く、地元:綾部の水源の里にあるお山を登ることに。

絶景を眺めながらの山ランチ・・・ああ、楽しみだ

それではLet’sGO!

 

Cimg9976
 ↑ 登山口までは林道を往く

Cimg9975
 ↑ 今回はMTBの出番はなく、親子トレッキングでございます

Cimg9978
 ↑ 青い空に緑が映えますな

Cimg9980
 ↑ 登山道IN

Cimg9982
 ↑ しっかし、エエ感じ・・・ああ、MTBで走りたい!

Cimg9985
 ↑ しかしながらMTBでも、歩きでも、エエ雰囲気に変わりなし

Cimg9984
 ↑ ガシガシ登り、徐々に良い眺めになってまいりました

Cimg9986
 ↑ 鉄塔のある所に・・・

Cimg9987
 ↑ プラ階段あり

Cimg0019_2

Cimg9989

Cimg0011

Cimg9993
 ↑ 絶景ランチポイントまであと少し

Cimg0002
 ↑ 絶景ポイント到着~!

Cimg0003
 ↑ 山から海を眺めるちゅうのは何ともエエもんですな~

Cimg9995
 ↑ 待望のランチタイム! 今回の目玉は・・・

Cimg9997
 ↑ ハムステーキでございます

Cimg9998
 ↑ 絶景とメシ・・・最高!

 

ということで、登った、登った、歩き倒しました。

今回お世話になった山・・・もうお気づきのことでしょう。

そう、先月MTB仲間と登った、海の見える絶景トレイルなのでありました。

やっぱりエエ所は、何で来ても、何度来てもエエもんですな。

ということで・・・

次回はまたMTBで来るぞと固く心に誓ったところで今回はおしまいっ!

                                                          
                                                                        

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ