フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« 山菜まつり と 弥仙山登山 | トップページ | 1×10速化 & 42Tコグ装着インプレ »

2014年5月11日 (日)

私の王活! SDA大滝突入!

お気楽のんびりトレイルライドからガッツリ林道走へシフトチェンジした今日この頃。

今回も王滝練ということで、ホームコースへと繰り出した。

 

Cimg0343
 ↑ まずは激走前、の~んびりと移動

Cimg0345
 ↑ さぁ、やって来ましたホームコース「林道 火の口線」他

Cimg0346
 ↑ それではスタート!

Cimg0348
 ↑ 走り始めてスグはフラットな区間もあり

Cimg0349
 ↑ 路面も荒れていないので走りやすい

Cimg0351
 ↑ しかし、スグに始まる激坂区間・・・写真では伝わらないのが残念

Cimg0352
 ↑ 約6kmつづく登り区間

Cimg0353
 ↑ 徐々に高度を上げ、展望が開けてまいりました

Cimg0354
 ↑ 国道が見えております

Cimg0356
 ↑ 何処までもつづく青い空・・・イイねぇ~

Cimg0355
 ↑ 何処までもつづくキツイ坂・・・苦しいねぇ~

Cimg0358
 ↑ 激坂にプラスして倒木や・・・

Cimg0359
 ↑ 土砂崩れなんかもあるので注意が必要

Cimg0360
 ↑ ガレた路面は脚に堪えるsweat02

Cimg0363
 ↑ ガレだけならまだマシ・・・こんなのが上から落ちてきたらsweat02

Cimg0364_2
 ↑ 黄矢印の所まで登り切れば一旦登りは終わり・・・頑張れ自分!

Cimg0367
 ↑ もう少しで登り切るぞ!

Cimg0368
 ↑ 火の口線~峰線と登り切り、今度は明石線へ

Cimg0369
 ↑ 林道明石線のスタート

Cimg0370
 ↑ 落ち葉の下には大きな石や、溝が隠れていることがあるので要注意

Cimg0372

Cimg0373
 ↑ 火の口線~峰線~明石線と走り、ここからは田ノ向線へ

Cimg0374
 ↑ 田ノ向線でのダウンヒル

Cimg0376
 ↑ 恐怖に打ち勝ち、ラインを見極め、振動に耐え、マシンを抑え込む・・・
    下りなのにちっとも休めないのがオフロード・・・しかし最高に楽しい!

Cimg0377
 ↑ 火の口線~峰線~明石線~田ノ向線 走破!
    さぁ、ココから同じルートをピストンするか??

Cimg0379
 ↑ それともココから始まる仏主線へ行くか??

Cimg9025
 ↑ そうだ、仏主線は前回訪れた時、台風の影響で通行不可だったんだ・・・
   '13/12/4 紅葉狩りサイクリング IN 京丹波 壮絶!アドベンチャー編より

Cimg0382
 ↑ しかし、あの倒木地獄さえ抜ければ走行可能ではなかろうか?
    アドベンチャー心に火が点き、昨年末通行を諦めた仏主線へ行くことに

Cimg0383
 ↑ 林道入口から少し進むとこの有様・・・昨年から全く修復されておらずcoldsweats02

Cimg0384
 ↑ 当たり前のように倒木だらけsweat02

Cimg0385
 ↑ 道のど真ん中が川になっておりますcoldsweats02

Cimg0386
 ↑ 土砂と倒木で道としての体を成していない

Cimg0387
 ↑ 最大のヤマ場を何とか乗り越えたの図sweat01

Cimg0388
 ↑ 土砂倒木地獄は抜けたものの、なかなかのガレ具合が続く

Cimg0389
 ↑ お、少しガレが治まったぞ・・・これなら走りやすい

Cimg0390
 ↑ と思いきや・・・おお、派手に崩れておりますな~sweat01

Cimg0391
 ↑ 土砂を乗り越え、倒木を跨ぎ、仏主線記念碑まで辿り着く

Cimg0393
 ↑ ココで治療タイム・・・実はココまでで何気に転倒してたりなんかしてsweat02
    膝&肘を負傷・・・まさに「不名誉な負傷」

Cimg0396
 ↑ 手当も済み、再スタート・・・相変わらず道を塞ぐ土砂&倒木sweat02

Cimg0397
 ↑ しかしながら周りの景色には癒される

Cimg0399
 ↑ 記念の自分撮りパチリcamera

Cimg0400
 ↑ 仏主線も残り僅か・・・ココからはかっ飛びダウンヒル!

Cimg0401
 ↑ 下るのはあっという間・・・降りてきた道(黄矢印)を振り返る

 

ということで、走った、担いだ、乗り越えました!

いつもの「火の口線」から始まり、久々の「仏主線」を走破。

ちなみに「仏主線」は現時点でMTB走行には向いておりません。

かなり苦労させていただきました・・・。

ということで! 前置きはここまで、ここからが本題!

え? ここから本題?

そう! ここから本題!

 

Cimg0403
 ↑ ここからが今回の表題:SDA大滝!

Cimg0404
 ↑ 王滝ではなく大滝!

 

以前より探索したい、したいと思い続けていた「林道 大滝線」。

ついに足を踏み入れる時がやってきたのである。

一体どんな林道なのか?

それでは自己発見の冒険にLet’sGo!

 

Cimg0406
 ↑ のっけから道が崩れておりますsweat02

Cimg0407
 ↑ う~~~む・・・

Cimg0408
 ↑ 苔むした路面状態・・・普段使われていないのであろう

Cimg0412
 ↑ 基本的に「しるい」所が多い大滝線

Cimg0409
 ↑ 上方が開け明るい雰囲気なのが救い

Cimg0410
 ↑ 倒木!

Cimg0413
 ↑ 倒木!

Cimg0414
 ↑ 倒木!

 

道の崩落に倒木地獄、ガレた路面にしるい路面・・・

その都度、押したり、担いだり、潜ったり・・・

これぞまさにアドベンチャー。

でもね・・・仏主線で精根尽きていた私は途中で引き返しましたよ。

集中力の切れた状態では危険と判断し、勇気ある?撤退ということで・・・。

てなわけで、SDA大滝探索ひとまず終了!

 

Cimg0415

Cimg0416 
 ↑ いざ下山!

Cimg0417
 ↑ 無事に里へ下りてまいりました

Cimg0420
 ↑ お、サルや!

Cimg0422
 ↑ 田植え風景を横目に帰路へeye

 

ということで、走った、走った、走りましたの京丹波林道。

久しぶりの縦走、そして支線の探索と充実した林道走を楽しませていただいた。

さぁ、この調子でガンガン走りますぞ!

                                                                

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 山菜まつり と 弥仙山登山 | トップページ | 1×10速化 & 42Tコグ装着インプレ »

サイクリング(MTB 29er)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

にわです。
戦後植林された人工林は、時代の流れに取り残されて、ARAさんの仲間以外誰も見向きもしなくなってしまった。毎月森林整備で高安山に入ってますが、自然(人口)災害の後は、誰も片付けようとしません。ほんの一部の山を除き、どんどんと荒廃が進んでゆきます。今までそんなことに全く気付かずに暮らしていた。何とかしようと思っても、あまりに個人は微微力・・・。

にわ まことさん>
森林整備の記事、読ませていただきました。

私の住む地域でも昔は人がよく山に入ってましたが、今は入る人もいなくなり、
荒れてしまっております。人が入らないことによって、獣たちと人間の
テリトリーの境界線も変わってきており、一昔前より獣による里への被害も
増えてきているように感じます。
私の子供の頃は山は格好の遊び場だったのですが・・・。

中丹林道も繋げて楽しめそうですね!
5王後は和知中心にツアー企画お待ちしていますネ


やまゆきさん>
長距離の林道は無いのですが、走り応えのある林道は
結構ありますので、是非お越しください!
また、トレイルも絶賛探索中ですので、そちらもご案内出来ればと
思っておりますので今しばらくお待ちくださいhappy01

ガレた急登のペダリングは結構悩まされますが、何かコツは有りますか?
ARA!さんだったらパワーで乗り切るだけでしょうか....

ひこさん>
私ごときが何も申し上げることは無いのですが、
あえて申し上げるとすると・・・

・とにかく少しでもガレていない走りやすそうなラインを探して
 細かくライン変更しながら走っております。
 
当り前で恐縮ですが・・なるべく石に乗り上げないようにしております。
とは言ってもガレた所は石だらけですので、
せめて大きな石と石の間にタイヤを通すようにしております。

また、なるべくフラットな所を走るようにしております。
道の窪み(溝)の法面?を走ると後輪がズリッといきますので・・・。
それで結構コケましたcoldsweats01

・勾配がキツイとハンドルを引き付けて前乗り気味にしてしまうのですが、
 その際もなるべく後輪に荷重をかけてスリップしないように
 努力しております。

・引き足を意識しております。

・とにかくスピードが落ちないように努力します。
 スピードさえあれば大概のモノは乗り越えられますので。
 ま、それが出来れば苦労無いのですが・・・sweat02

ということで、29erのフルサスマシンに助けてもらいまくっている
私が言うことですので、何の参考にもならず申し訳ありません。
こんな回答をお許しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/59605890

この記事へのトラックバック一覧です: 私の王活! SDA大滝突入!:

« 山菜まつり と 弥仙山登山 | トップページ | 1×10速化 & 42Tコグ装着インプレ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ