フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« コールマン ホットサンドイッチクッカー導入!の巻 | トップページ | プリムス P153ウルトラバーナーで山飯を快適に!の巻 »

2015年10月 8日 (木)

SOTOフィールドホッパーで山めしを快適に!の巻

以前より欲しい、欲しい、欲しい、欲しいと思い続けていたモノがある。

それは何かと尋ねたら・・・コレ↓

Cimg4249_8
 ↑ こんな箱から・・・

Cimg4250
 ↑ 中身を取り出すと・・・収納袋に包まれたブツが・・・何コレ?

Cimg4251
 ↑ さらに開けると主役の登場! 折り畳み式のソロテーブルでございます!

                                                               

SOTO フィールドホッパー ワンアクションソロテーブル

パッと開いてサッと閉じる!

A4ハーフサイズに小さくたためるソロテーブル。

独自構造によりパッと開くだけのワンアクションで4本のスタンドが飛び出す。

◆サイズ/使用時 幅297×奥行210×高さ78mm
       収納時 幅297×奥行110×高さ19mm

◆重量/389g(テーブルのみ:実測) 412g(収納袋込:実測)

◆耐荷重量/3kg

◆材質/天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス

 

Cimg4253
 ↑ 折り畳んだ状態で手に持つとこんなカンジ

Cimg4306

Cimg4307

Cimg4309

Cimg4310
 ↑ パッっと開けるだけ! 自動的に脚も出ちゃいます

Cimg4255_2
 ↑ ワンアクションでアルミ製テーブルの完成!

Cimg4276_2
 ↑ しっかりとした作りで重量物もO.K! 色々載せられちゃいますな

 

まぁ、なんだ携帯用のテーブルである。

これまでの山メシタイムでは、地面に直接バーナー&食材等を置くか、

100均製の食器置きをテーブルとして流用していたのだが・・・こんなの↓

Cimg0421
 ↑ 弊ブログ2014.3.3号 「雪山ランチを快適に!の巻」より

 

やっぱり、どうしても、我慢ならずに念願の導入と相成った。

実際、先日の里山トレイルライドで使ってみましたが、イイですな~コレ。

ワンアクションで設置出来る割に、しっかりとした作りで強度は十分。

MTBトレッキングのソロテーブルとしては必要にして十分な大きさ具合。

それでいて、コンパクトにまとまるのでパッキングもやり易い!

やはりテーブルがあると何かと便利ですな~。

山ランチがワンランク上、なんだかグレードアップした気分

これからの山ランチタイムがますます楽しみになってきたところで今回はおしまいっ!

                                                                   

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« コールマン ホットサンドイッチクッカー導入!の巻 | トップページ | プリムス P153ウルトラバーナーで山飯を快適に!の巻 »

サイクルパーツ?アウトドア用品」カテゴリの記事

コメント

sotoのテーブルいきましたか!
ホットサンドクッカーといい、これがおっしゃってた山ランチを
楽しむグッズ達なんですね(^.^)
まだ試してませんが、私のはアナログなランチアイテムです。

めがねカッパさん>
soto・・・なかなかイイお値段がしてるんで、
なかなか手が出せなかったのですが、
ええい!と思い切りました。
やっぱり使い勝手がイイですね~。
ますます山へ行きたくなっちゃいます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SOTOフィールドホッパーで山めしを快適に!の巻:

« コールマン ホットサンドイッチクッカー導入!の巻 | トップページ | プリムス P153ウルトラバーナーで山飯を快適に!の巻 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ