フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Blog MURA

Twitter

ARA! リンク

リンク

« リス山周遊渓谷ルートを往く!の巻 | トップページ | MTBer、2週連続ロードに乗る!の巻 »

2017年5月28日 (日)

ピナレロと往く、近隣峠巡り!の巻

私は現役の消防団員である。

自分が消防団員だということに誇りを持ち、

『自分たちの街は自分たちの手で守る』 という郷土愛護の精神で、

地域防災のため日夜、全力で精進を続けさせていただいている。

 

そんな中、所属する綾部市消防団では今まさに1年で最も忙しい時期を迎えている。

消防ポンプの正確・迅速な操作を披露する「消防ポンプ操法」を筆頭に、

正しい姿勢・服装の着こなしなどの規律面が問われる「姿勢・服装点検」や、

小隊・中隊訓練、実火災想定訓練等々、日頃の訓練の成果が試される、

「団長点検」なるものが綾部市消防団全12分団で開催されるからである。

我が分団の点検日は6月25日。

これから1ヶ月間は夜間も含め、2~3日に1度の割合で訓練をするという、

まさに 「消防の熱い夏」 が始まるのである。

 

ということで、この1ヶ月間気を付けなければならないのが体調。

風邪など引くわけにもいかないし、怪我などもってのほか。

そうなると、私の趣味の1つMTBでの山遊びも要注意。

下りではついつい 「キャッホー♪」 「イエ~イ!」 してしまい、

度が過ぎて大怪我してしまうのである。

 

だが・・・

団長点検に向けた体力増強のため、気分転換のためにも自転車に乗りたい。

そこで白羽の矢が立ったのがロードバイク。

ロードならコケたりしないぞ。

そうとなれば愛機:ピナレロ号発進!

 

Cimg9437
 ↑ 昨年9月以来となるロード乗車

Cimg9439
 ↑ さぁ、お隣:舞鶴へGO!

Cimg9442
 ↑ まず越えるのは・・・綾部市から舞鶴市へと通じる丹後峠

Cimg9446
 ↑ 黙々と登って市境へ・・・ちなみにこの峠を越えたのは2011年以来
    ※その時の模様は「2011 ヒルクライムの秋

Cimg9449
 ↑ そしてお次は・・・菅坂峠

Cimg9450
 ↑ コチラも黙々と登坂し、登頂成功
    眼下に見えるのは東舞鶴の街と舞鶴湾

Cimg9451
 ↑ コチラはクレインブリッジ

Cimg9453
 ↑ 愛機と記念撮影しておきましょう

Cimg9459
 ↑ さぁ、ここから綾部方面へもう一丁登坂開始!
    コチラを登るのは2012年以来・・・その時の模様「綾部:上林 名水サイクリング

Cimg9460
 ↑ 登り切り、ここから待望のダウンヒル! しかし・・・看板の内容が・・・coldsweats01

Cimg9461
 ↑ そしてこの日最後の峠・・・黒石峠へ

 

そんなわけで、ひっさびさに乗りましたよピナレロ号。

おかげさまで変速も出来たし、ブレーキも掛けられたし、立ちゴケもしなかったhappy01

心身ともにリフレッシュ完了!

さぁ、これで明日からの訓練も頑張るとしようpunch

おわり。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« リス山周遊渓谷ルートを往く!の巻 | トップページ | MTBer、2週連続ロードに乗る!の巻 »

サイクリング(ロード)」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

おぉぉ、相変わらずピナレロ号は美しいですねーshine
また是非、ロードバイクでのグルメポタリング、ご一緒させてくださいnote

zonさん>
ひっさびさのロードでしたので前傾姿勢での
ダウンヒルにちょっとビビってしまったのは内緒です(笑)

最近は同じMTBでもクロカン的走りより落っこち系重視で
ペダルを漕ぐということをしておりませんが、
こんな私でもよろしければのんびりサイクリング宜しくお願いいたします。

おはようございます!
熱い夏が始まりましたか~
ピナレロ号も健在ですね!
梅雨入りはいつか知りませんが、また、ご一緒してください~!

めがねカッパさん>
今年も始まりました。
山へ行きたいのですが、どんくさい私のこと、
必ずクラッシュするので、来月までは自粛ですcoldsweats01
復帰の暁にはまたご一緒ねがいま~す!

にわです。
今年は特に、野生動物との遭遇が多いような気がします。鹿三頭・タヌキ一匹のご遺体に出会いました。大鹿は無理なので警察にお願いしましたが、後は足を引っ張って道端まで移してやりました。先日は箕面のドライブウエイで、早朝猪に追いかけられた自転車仲間がいます。箕面の山にも、熊の目撃情報があります。最近は自転車を押して山の中を彷徨することも多くなったので、熊だけは、お断りしたいですね。

にわ まことさん>
最近の熊は熊鈴等を気にしない傾向にあるということで、
今年こそは「熊スプレー」の導入を考えております。
ただ、やはり多人数での入山が一番熊除け・獣除けには
効果があるでしょうね。
山へ入らないと始まらない趣味ですし、気をつけます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130700/65339177

この記事へのトラックバック一覧です: ピナレロと往く、近隣峠巡り!の巻:

« リス山周遊渓谷ルートを往く!の巻 | トップページ | MTBer、2週連続ロードに乗る!の巻 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ