フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 第10回おはたかロードスターミーティング参加!の巻 | トップページ | 日本三景:天橋立を眺めながらの忘年海鮮ライド!の巻 »

2018年11月29日 (木)

高知満喫! 四国自動車博物館へGO!の巻

昨年11月、クルマ好きの同級生の間で結成したサークル・・・

「全国自動車博物館 探訪会(仮称)」。

その名の通り、自動車が展示してある博物館に訪れ、愛でるというもの。

記念すべき第1回は石川県にある「日本自動車博物館」でした。

※そのときの模様はコチラ・・・日本自動車博物館へGO! の巻

 

結成1周年を記念し、今回四国は高知県にある「四国自動車博物館」へ行くことに。

さぁ、一体どんな素敵なクルマに出逢えたのでしょうか?

早速レポート開始!

Dsc_0173
 ↑ 明石海峡大橋を渡る! 淡路島を縦断して・・・

Dsc_0207
 ↑ 目的地到着~! 四国自動車博物館!

Dsc_0175
 ↑ 入館するといきなりトヨタ2000GTとF3000がお出迎え

Dsc_0206
 ↑ エントランスにはF-1マシンも!

Dsc_0176
 ↑ いざ入場! どわぁ~! お、お、奥が深い! では早速見てまいりましょう!

Dsc_0178

Dsc_0181

Dsc_0180

Dsc_0182

Dsc_0183

Dsc_0184

Dsc_0185

Dsc_0186
 ↑ DTMのアルファが見られるなんてオジサン感激!

Dsc_0187

Dsc_0188

Dsc_0189
 ↑ スーパーカーの王様:カウンタックもありましたよ♪

Dsc_0191

Dsc_0192

Dsc_0193

Dsc_0194

Dsc_0195

Dsc_0196

Dsc_0198
 ↑ もちろん、日本車の展示もございます

Dsc_0200

Dsc_0201

Dsc_0202
 ↑ 1つの博物館に2000GTが2台あるのも珍しいな~

Dsc_0203

Dsc_0177

Dsc_0179
 ↑ F-1も含め、コチラに展示してあるフェラーリのエンブレムはなぜか豚でした

Dsc_0204
 ↑ バイクの展示も多数あり

 

【四国自動車博物館】

アルファロメオやポルシェなど欧州のレーシングカーやラリーカー、

日本のトヨタ2000GTなどが展示されています。これらすべての展示品はすぐに

始動できる最高のコンディションで保存されています。

1960~80年にかけての希少性の高いヒストリックカーを中心とするコレクション。

ロビーには、アルファロメオやフェラーリに関する輸入書籍を中心に500冊あまりを

ストック。館内でご自由にご覧いただくことができます。展示車両とゆかりの深い

ミニカーのラインナップと、当館オリジナルポストカード、バッチ、ステッカーなどの

ちょっとしたお土産もご用意されています。

住所 〒781-5233 高知県香南市野市町大谷896

電話 0887-56-5557

開館時間 10:00~17:00

休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館)

入場料 おとな:800円、高校以上学生:500円、小中学生:300円
      シルバー(65歳以上の方対象): 600円

公式H.P http://www.vistanet.co.jp/museum.htm

 

Dsc_0215
 ↑ 名車を愛でたあとは、腹減ったということで移動・・・

Dsc_0208
 ↑ やって来たところがコチラ・・・平成浪漫商店街ひろめ市場

Dsc_0214
 ↑ 入り口にはあの有名な方が! ということで一緒に・・・

Dsc_0210
 ↑ 中は物凄い人でごった返しております(汗)

Dsc_0211
 ↑ 何とか席を確保・・・我々が食したのがコチラ! やっぱコレでしょ!

Dsc_0212
 ↑ いっただきま~す!美味い!さすが本場! 綾部で喰うのと全然違う!

 

【平成浪漫商店街ひろめ市場】

ひろめ市場は高知市帯屋町2丁目にある、集合型の屋台村。

「ひろめ」の名称は、かつてここに土佐藩の家老であった深尾弘人蕃顕

(ふかおひろめしげあき)の屋敷(いわゆるひろめ屋敷)があったことによる。

主として飲食店が中心となっているが、高知県の地場産品の鮮魚、精肉、青果、

酒類、総菜の販売も行われ、衣料品店などもある。飲食の店舗が多く、

カツオのたたきをはじめとする和食、中華、イタリアン、インド料理まである。

 

住所 高知市帯屋町二丁目3-1

電話 088-822-5287(館内インフォメーション)

営業 8:00~23:00(平日・土・祝日)/7:00~23:00(日曜)
    ※店舗の営業時間は店舗により異なります。

休館 元日、1月・5月・9月の第2または第3水曜日

公式H.P https://hirome.co.jp/

 

Dsc_0217
 ↑ 次に我々がやって来たのがコチラ・・・高知城!

Dsc_0219

Dsc_0221
 ↑ 立派ですな~!

Dsc_0230

Dsc_0223
 ↑ せっかくなんで、場内を見学

Dsc_0229
 ↑ さぁ、天守閣からの眺めは・・・

Dsc_0224
 ↑ お~市街一望!

Dsc_0226
 ↑ 別方向  ・・・ん?なんだあの卵のようなものは・・・?

Dsc_0234
 ↑ ハイ、その卵! 現在高知城では「チームラボ高知城光の祭」という
    イベントを開催中でその舞台装置の1つ。夜になると光るとのこと

 

【高知城】

高知城は高知県高知市にある日本の城。別名鷹城(たかじょう)。

江戸時代には土佐藩の藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿

(なお、天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみである。)、

追手門等が現存し城跡は国の史跡に指定されている。

日本100名城に選定されている。

 

住所 高知市丸ノ内一丁目2番1号

電話 088-824-5701(高知城管理事務所)

開館 9:00~17:00 (最終入館16:30まで)

休館 12月26日 ~ 1月 1日

料金 18歳以上420円 18歳未満無料

公式H.P http://kochipark.jp/kochijyo/

 

Dsc_0240
 ↑ 車、飯、城と堪能し帰路へ・・・コチラは瀬戸大橋

Dsc_0241_2
 ↑ 朝日が昇る前から、夕焼け空が見えるまで遊ばせていただきました♪

 

ということで、堪能させていただきました高知県!

今回は弾丸日帰りツアーということで、メイン3ヶ所のみの観光でしたが、

十二分に楽しませていただきました♪

それにしても美味かったッス、かつおのタタキ。

 

さぁ、次回は何処の自動車博物館に行こうかな??

思案しながら今回はここまでっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 第10回おはたかロードスターミーティング参加!の巻 | トップページ | 日本三景:天橋立を眺めながらの忘年海鮮ライド!の巻 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ロードスター(スポーツカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知満喫! 四国自動車博物館へGO!の巻:

« 第10回おはたかロードスターミーティング参加!の巻 | トップページ | 日本三景:天橋立を眺めながらの忘年海鮮ライド!の巻 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ