フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月31日 (金)

proshop YRSで物欲が刺激されまくり!の巻

バインバイーンと、どんなハードな下りでも安定したライドを

提供してくれる愛機:GT SANCTION EXPERT 2015。

このマシンを購入したのは兵庫県加古川市にあるproshop YRSさん。

オーナーはメーカーのメカも勤めた経験をお持ちのカリスマメカニックで、

自身もMTBやバイクのレースにも参戦される現役ライダー。

そういや、先日亀岡トライアルランドで開催されたMFJ京都府大会の

国際A級クラスで優勝されてましたね。 凄いっす。

過日、そんなYRSさんを久々に覗いてまいりました。

 


↑ 相変わらず所狭しとMTB&グッズが店内を占拠


↑ ちょうど新車のサンクションを組立て中でした

 

悪の巣窟(笑)YRSさん。

ココへ来ると必ず財布が軽くなって帰るという恐ろしいお店。

今回はメンテに出していたMyホイールを引き取りに来たのだが、

今最も私が気になっているe-MTBのお話をじっくり聞かせて

いただいたのでありました。

う~む、聞けば聞くほど欲しくなっちゃうぜ・・・。

 


↑ あとはこんなモノも超気になりましたなー


↑ うーむ、エエのーー

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月29日 (水)

【動画編】日本三景の街:宮津でトレイル三昧

先日お邪魔した日本三景の街:宮津。

計4つのトレイルで遊ばせていただきました♪

今宵はその時の模様を動画にてご覧ください。

ちなみに、今回は私コケておりませんので悪しからず(笑)。

※記事はコチラ・・・「日本三景の街:宮津でトレイル三昧!の巻

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月27日 (月)

日本三景の街:宮津でトレイル三昧!の巻

京都府宮津市・・・

京都府の北に位置する市で、人口17,879人(H31.4.30推計人口)。

宮津市は与謝野町(旧岩滝町)を挟んで南北に飛び地になっている珍しい市。

主な産業は観光産業で、観光の目玉は何と言っても日本三景の1つ「天橋立」。

宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの湾口砂州とされる。

 

6/2に開催される「TANTANロングライド」の発着点ということで、

自転車乗り的にも要注目な街。

そんな宮津市はロードバイクで走っても素晴らしいロケーションなのだが、

MTBにとっても最高のロケーションあり!

 

ということで今回は・・・

山チャリ MTB日記」 管理人:地元宮津のめがねカッパさん

kazuhiro 自転車生活ブログ」管理人:舞鶴のkazuhiroさん

room taka」管理人:神戸よりたかさん

 

お三方+私の4親父でトレイルライドを楽しんでまいりました。

では早速リポート開始っ!

 


↑ 集合はHパーク入口・・・椅子&テーブルも出して
  ココをベースにあちらこちらのトレイルへ行くことに


↑ 数本性格の違うトレイルを往くため、マシンも2台用意
  クロカンのninerと下り系エンデューロのGTですよ


↑ まず1ルート目・・・を目指し舗装林道を登ります
  29erクロカンのniner号なんで登り楽勝!
  やっぱ自転車は押すモンやないわ、漕ぐもんや!


↑ 林道を登り切り、まずは展望ポイントへ


↑ ハイ、コレ! ビューティホービュー♪


↑ ほんまエエ眺めです♪


↑ 背中に哀愁が・・・丹後の風景を眺め何を想う?奥さん?


↑ せっかくなんで記念撮影・・・って、3人はナニがしたいんや(笑)


↑ 変な記念撮影を済ませたら?いざトレイルへ!


↑ まずは1ルート目のHトレイル


↑ キャッホー!


↑ Hトレイルから2ルート目のHパークへ


↑ イヤッホー!


↑ 楽しー♪


↑ 2ルート楽しんだところで待望のランチタイム


↑ 今回はマジもんのプライパンを持参
  トレイル入口にベースキャンプがあるって便利♪


↑ でも・・・ガス忘れたー! フライパンあるけど・・・ガス忘れたー!
  コンロあるけど・・・ガス忘れたー! 具材あるけど・・・以下略


↑ しか~し! 同じくカセットコンロを持ち込んでいた、
  神様、仏様、カッパ様にガスをお借りして事なきを得る


↑ それでは早速調理開始!まずはホルモンを炒める!


↑ お次は・・・野菜をどっさりと!


↑ 頃合いを見てうどん投入!


↑ 味付けをしたら・・・特製ホルモンうどん完成~!
  お味の方は・・・ウマー!


↑ そうなると欲しくなるのは「シュワッ」としたモノ
  やっぱコレでしょ! サイコー♪


↑ カッパさんからは名物「宮津ちくわ」と・・・


↑ デザートにガリガリ君を頂戴する・・・ご馳走様でした!


↑ さぁ、メシも喰ったし午後からの部へ参りましょー!
  まずは登坂・・・私はGT号に乗り換えたので全く登れない!
  もちろん、押しの一手ですよ!自転車は押すもんやで!


↑ トレイル入口で準備をしてっと・・・


↑ 3ルート目は今回お初となるPトレイルへ


↑ まいりましょー!


↑ レッツゴー!


↑ 広々して気持ちイイですな~


↑ 途中、三角点なんかを横目に・・・


↑ Pトレイルを走り切り林道へ、最終トレイルを目指しましょう!


↑ ところが、この林道がクセ者だった・・・


↑ めちゃめちゃガレてるは・・・


↑ あちらこちら崩落してるはの大騒ぎ!
  おかげさまで久々のアドベンチャーを楽しめました♪


↑ 苦労の末たどり着いた今回最終ルートのMYNOトレイル


↑ 最後までワイワイ・キャッキャッと楽しませていただきました

 

ということで、登った、走った、喰らいましたの宮津トレイル。

いやー楽しかった、実に楽しかった!

昨年末以来の宮津でしたが、今回はお初となるPトレイルを含む、

4ルートをたっぷりと楽しませていただきました♪

Pトレイルはまだまだ整備中とのことでしたので、

また整備完了の暁にはお邪魔させてもらいましょう。

 

てなわけで、今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月24日 (金)

【動画編】京都OSトレイル遠征ライド

令和元年初遠征となった京都OSトレイル。

デンジャラスでスリリングなライドを楽しませていただきました♪

今宵はその時の模様を動画にてどうぞ!

※記事はコチラ・・・「京都OSトレイル初遠征!の巻

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月22日 (水)

京都OSトレイル初遠征!の巻

平成最終ライド令和初ライドと地元:綾部のお山でお世話になったので、

今度は令和初遠征と洒落込むことに・・・向かった先は京都のとあるお山。

案内人は「今日はなにしよ?」管理人:亀岡のたんくさん。

さぁ、一体どんなライドとなったのでしょう?

早速レポート開始!

 


↑ トレイルIN! やはり初めていく山はドキドキしますな~
  実はこの山、先日ソロライドでたんくさんが滑落して
  九死に一生を得たという非常に危険な山なのであります


↑ もしかして、この小川って・・・


↑ 先ほどの小川を上から見たところ・・・分かります?


↑ 矢印の所が小川・・・この撮影箇所から約20mほど下
  この場所から滑落したたんくさん・・・怖っ!
  本人は途中で引っ掛かり、マシンは小川まで見事転落
  いやいやいや、コレはマジでアカン奴でっせ!


↑ その時の画像 ※たんくさんのブログより拝借
  遥か下に横たわるMTBがお分かりいただけるだろうか?
  詳しくはたんくさんのブログを・・・ココ


↑ コチラが遥か彼方イスカンダルまで吹っ飛んだCRASH号
  奇跡的に無傷だったとか・・・MTB最強!


↑ そんな恐ろしい逸話もある本トレイル・・・
  注意するところは幾つかありますが、基本素晴らしく綺麗♪


↑ どんどん登って・・・お、撮影スポットに出ましたよ


↑ そしてこんな面白そうなところも・・・


↑ めちゃスピード出そうですな~♪


 ↑ そんなこんなで登り切り、まず1ルート目のトレイルへ


↑ レッツゴー!


↑ イヤッホー!


↑ 1ルート目終了!なんちゅうエグイトレイルや!怖いわ!
  で、登り返し・・・もちろん押しますよ(笑)


↑ 登り返しの途中、エエ時間になったのでランチをとることに
  どうせなら景色の良い所でいただきましょう♪


↑ この日の私はローソンで買ったホルモンうどんに野菜を追加


↑ プロテインでも飲んで、煮えるのを待ちましょう


↑ 煮えたー! ゆでたまごを乗せて完成~!


↑ たんくさんは・・・ん? なにやらメスティンに耳を傾けております
  なんでも、音で炊き上がりのタイミングが分かるのだとか・・・


↑ 匠の技で炊き上げた飯がコチラ・・・おお、美味そう


↑ 飯を食ったら2ルート目まいりましょー!
  こんな所を潜り抜けつつ・・・


↑ それいけー!


↑ どっひゃー!


↑ サイコー♪


↑ 2ルート目終了! だ・か・ら~エグイわ!ココのトレイル!
  で、再び登り返し・・・これが無けりゃな~・・・


↑ 体力が尽き果てる間際、何とか登り切り3ルート目へ


↑ ロケーションもエエし、3ルート目最高!


↑ いやーいいトレイルです♪

 

そんなわけで、登った、走った、力尽きましたの京都OSトレイル。

面白い!

・・・でもデンジャラス。

楽しい!

・・・でもデンジャラス。

ということで、なかなかのデンジャラスルートを堪能。

 

京都府北部の各トレイルとは全く趣の違う本トレイル・・・

結構な落ち込みはあるし、ガレてるし、狭小グランドキャニオン化してるし、

草むらにはデケェ岩が潜んでるし、でもってスピード乗り乗りやし、

いつもお邪魔している神戸のスーパーガレ崖とはまた違う、

ハイスピードデンジャラスガレトレイルでございました。

あ~怖面白かった。

ま、これだからMTBはやめられまへんな~♪

 

しかし、1つの山で幾つもルートがあるのはイイですな~。

登り返しは舗装路やし。

ま、結局シンドイけど。

とりあえずまたお邪魔しようっと!

ということで今回はおしまいっ!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月20日 (月)

【動画編】 激突!転倒!令和元年初ライド IN 綾部

令和元年初ライドとなった綾部TD&TTRKトレイル。

狭い、もしくはスピードが結構乗るのに狭いトレイルということで、

もう私はアッチにぶつかり、コッチにぶつかりと大騒ぎ(汗)。

その時の模様を動画にてどうぞ!

※記事はコチラ・・・「令和元年初ライド IN 綾部TD&TTトレイル

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月17日 (金)

令和元年初ライド IN 綾部TD&TTトレイル

さて、令和元年である。

これで私も昭和、平成、令和と3つの時代を生きることに。

これまで平成生まれの子供たちからは事あるごとに「お父さん、昭和臭ぁ~w」と

小馬鹿にされていたが、今度からはお前らが「平成臭ぁぁ~」と言われるんじゃあ!

ざまぁみろ!!

いつまでも大人気ない私ですが、過日令和元年初ライドに行ってきたので、

そのときの模様をちとレポート。

 


↑ 記念すべき令和初ライドは綾部TDトレイルへ・・・
  はい、皆さん登りで疲労困憊ですね


↑ 登頂成功!


↑ 相変わらず山頂からの眺めはビューティホーです


↑ それではランチタイムとまいりましょう♪


↑ 今回も私はホットサンドですよ・・・まずはとろけるチーズカモン!


↑ お次はコチラ・・・キューピーのたまごサラダ
  なんとこの袋の中にゆでたまごが丸ごと2個入っております
  これを袋の上からニギニギして潰し、サラダを完成させるというモノ


↑ たまごの荒さを自分の好みに出来るというのが売りなのかな?


↑ お次はグルメステーキを焼き焼きしたら・・・


↑ オン!


↑ さらにチーズを乗せて・・・仕上げにもう1枚食パンを被せたら・・・


↑ 両面焼いて・・・完成~! エエかんじや♪


↑ ウマーー!!


↑ 皆さんもそれぞれのランチを楽しんでおられます


↑ ランチが終わったら、走行準備をして・・・


↑ いざ、まいりまショー!


↑ ちなみに記念すべき令和元年初ライドをご一緒するメンバーは・・・
  舞鶴から「kazuhiro 自転車生活ブログ」のkazuhiroさん


↑ 神戸より「room taka 」のTAKAさん


↑ 亀岡から「今日はなにしよ?」のたんくさん


↑ さぁ、それではレッツゴー!


↑ イヤッホー!


↑ おっとっと・・・ハンドル当たる(汗)

 

狭い木立をスリ抜けスリ抜け走るのが本トレイルの特徴。

いやホント狭いのよ。

初見のお二方からも “狭い狭い” と叫び声が聞こえておりましたよ(笑)。

ハンドルバーをコッツンコッツン当てながらも何とか走り切り無事下山。

吹っ飛ぶことも、滑落することもなく良かった良かった。

さて、この日はこの1本では飽きたらず、もう1本別の山へ行くことに。

 


↑ 車で移動して・・・


↑ やって来た所は綾部TTRK・・・さぁ、2本目登りましょう!


↑ 2本目ということでこの様子


↑ コチラのトレイルもいいトレイルです♪


↑ DH起点近くはこの景色
  先日登った弥仙山が見えますね・・・分かるかな?


↑ DH起点到着! 下る準備をして・・・


↑ それでは本日2本目レッツゴー!


↑ リス山より狭いが、同じくらいスピードの乗る本トレイル
  調子に乗って飛ばしていると・・・


↑ 右タイトコーナー突入


↑ 目の前に木が! 何処へいくワシ!


↑ 曲がれ切れずに激突! ドォグワァシャ!


↑ ・・・気を取り直して再スタート!


↑ ・・・とっとっと、今度はリヤタイヤがスライドし・・・


↑ どわーなんか地面が近いぞ!


↑ と、思いきや今度はお空が・・・
  ということでハイサイドからの転倒をメイクいたしました(笑)


↑ 幸いにも人員・機材異常なしで残りのDHを楽しみました♪

 

ということで、登った、走った、登った、走った令和元年初ライド。

偶然にも平成ラストライドと同じ2本のトレイルでございました。

この2本、全く性格が違うので飽きることなく楽しめました♪

ちょこちょことクラッシュはしましたが(汗)、おかげさまで無傷。

令和も合言葉は「骨折禁止」で安全運転するといたしましょう。

 

さぁ、さぁ、令和も走りまくりますよ!

次の山はどっちだ!?

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月15日 (水)

山菜まつりと弥仙山登山 2019

【弥仙山 (みせんさん)】

京都府綾部市於与岐町にある標高664mの山。

その山容の美しさから「丹波富士」とも呼ばれ、どこからでも鋭い三角錐の尖頂を

見いだすことができる。

「弥仙山のたけくらべ」の昔話では、舞鶴市にある青葉山と高さを競ったという

石積信仰が伝えられ、ライバル青葉山を追い越そうと、登山時には必ず石を

持って上がり、山頂に積み上げていく風習が残る。

 

【弥仙山三社大祭・山菜まつり】

開催日:毎年5月3日

開催場所:於与岐多目的広場

今年で14回目を迎える、弥仙の里を未来に伝える地域づくりのイベント。

草もちの無料サービス、太鼓・バンドの演奏、山菜弁当・山菜てんぷら、

山菜うどん、農産加工品の販売、模擬店の出店などあり。

 

さて、弥仙山である。 山菜まつりである。

G.W期間中、地元:綾部のお祭りを覗いてまいりました。

 


↑ メイン会場は弥仙山の麓にある広場。偉い人たちの挨拶にはじまり、
  音楽、芸能など様々な出し物で盛り上がります
  もちろん模擬店もあり、目玉は地元の山菜を使った天麩羅とお弁当


↑ お祭りはあとでゆっくり楽しむとして、まずは弥仙山に登りましょう!


↑ 冒頭にご紹介した習わしにより、岩を持って上がることに
  ていうか、欲張って?大きいのを選び過ぎ!3kgほどあったよ・・・


↑ で、登頂成功!


↑ 持参した石を積み上げましょう!


↑ 山頂ではしっかりとランチタイムを楽しんでから下山いたしました


↑ 下山後は再びお祭りに参加
  じゃんけん大会で勝ち残り、地元産お米をGET!

 

ということで、登った、喰った、楽しみました。

久しぶりの弥仙山登山、そして山菜まつり・・・

素朴な田舎のお祭りを楽しみたい方は来年是非おいでください!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年5月13日 (月)

麺通団(東)情景師アラーキー氏に見惚れる

前回までのあらすじ

地元消防団有志で結成された「麺通団東八田分団」。

美味いものがあると聞けば北へ南へ東へ西へと、

縦横無尽に喰らいまくるアクティブな漢たち。

そんな我々はこのG.W休暇を利用し中国地方へ。

 

まず訪れたのは岡山県にある露天風呂の西の横綱「湯原温泉郷」。

超開放的な露天風呂でしかも混浴というスーパー魅惑の温泉ということで、

期待に胸やら色んなところを膨らませた(いきなり下ネタ御免)我々だったが、

混浴という点だけでは撃沈・・・。

 

その後、観光地を移動。

傷心の我々(私だけ?)を癒してくれたのは鳥取の「白壁土蔵群」。

歴史ある土蔵群を鑑賞し、ご当地グルメを食し、大満足♪

そして!

今旅最終の目的地へと向かうのであった。

 


↑ お腹を満足させた我々がやって来た最終目的地がコチラ!
  「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」・・・ココへ来たかった!
  特徴ある建物、なんと昔は学校の校舎だったそう


↑ 早速入館!それではその作品群を見ていきましょう!


↑ 3/30~5/12までジオラマアーティスト情景師アラーキーこと荒木さとし氏の
  作品展を開催。私的にはこの荒木氏の作品が見たかったのよ!!


↑ なんちゅう精巧なジオラマなんや


↑ アクリルケース越しの撮影なんで綺麗に撮れてませんがご容赦を


↑ 散らばった貝殻(ホタテ?)の質感たるや!


↑ 造船所かな




↑ 表も裏も外も中も造り込んであるので360度どの角度から見てもO.K
  造船所の中にあるボール盤がお分かりいただけるだろうか?凄い!


↑ 鉄柱の錆の感じ・・・もう本物やん!








↑ この看板の質感・・・ヤバイ!


↑ このミニも、よ~出来とんな~


↑ 錆で塗装が浮いた感じ・・・もう本物ですやん






↑ いや、ほんと、この錆びの感じが・・・!!


↑ 内戦? この後姿は某有名戦場カメラマン??


↑ 映画やアニメをモチーフにしたモノもあります

 
↑ バットモービルですね~




↑ ボトムズやね


↑ コチラはガンダム


↑ よく見りゃ・・・


↑ アムロやー!


↑ コレもスゴイで!


↑ カッコイイな~~


↑ こんなん、どうやったら造れるの??


↑ で、今回数多い作品の中で最も心を掴まれたのがコチラ


↑ プラモデル・玩具の神埼商店・・・THE昭和やね


↑ 店内もしっかりと造り込んであります


↑ 「カプセルはここに!」の注意書き・・・芸が細かい!!


↑ 店の前には当時大流行した「切り替え式(変速可能)」の自転車


↑ 当時の少年たち垂涎の的! ほんま欲しかったな~




↑ エアコン室外機・・・ほんま、よ~出来とるわ~


↑ ビールケースやダンボールの質感最高!


↑ ちゃんと整備マニュアルが置いてある芸の細かさ!

 

いかがでしょうか?

凄いでしょ、物凄いでしょ!

私、以前より荒木氏のことは存じ上げておりまして、

いつか生で作品を観たい、観たい、と思っておりましたところ、

今回の作品展を知り、飛びついたというわけでございます。

いや~ほんま、スゴイわ(・・・語彙力)。

人間、本当に感動すると気の利いた感想は出て来ませんね。

ただ一言「スゴイ!」。

 

さて、この円形劇場、他にも数多くの作品の展示があります。

ただ、この荒木氏の作品に圧倒され、お腹一杯になったため写真がありません。

他の作品に関してはぜひご来館いただき、皆様の目で実際にお楽しみください。

おっと、ごくごく一部ありました↓


↑ うっぎゃーー! 助けてーー!


↑ 50過ぎやで・・・アホやなワシ(笑) 人生楽しいわ♪

 

【円形劇場くらよしフィギュアミュージアム】

赤瓦と白壁土蔵の美しい町並みが残る、鳥取県倉吉市。

ここに、地元のシンボルとして愛され続けてきた日本最古の円形校舎が

あります。子供たちの元気な足音が響いた螺旋階段や、先生の声に真剣

に耳を傾けた扇型の教室など、現在では見ることのできない貴重な姿を

残しています。老朽化により、一旦は解体が決定した円形校舎。

しかし、その存在を惜しむ多くの市民の声により、世界的に高い評価を得て

いるフィギュアメーカーの工場が存在する倉吉という地域性を背景に、誰も目

にしたことのないビッグスケールのフィギュアミュージアムとして古びた校舎は

もう一度息を吹き返すこととなりました。

※公式H.Pより抜粋 https://enkei-museum.com/

 

そんなこんなで・・・

今回の麺通団(東)活動は色んな意味で楽しめる湯原温泉郷、

歴史・伝統と昭和の残り香の感じられる白壁土蔵群とその周辺、

そしてもはや芸術の域に達したジオラマの鑑賞と、

どれも思い出に残る素晴らしいものでございました。

いやーおもろかった♪

 

さぁ、いよいよこれから1ヶ月ちょい我々にとっては「消防の熱い夏」が始まります。

公務が無事終わった暁にはご褒美としてまた麺通団(東)活動するといたしましょう。

次にお邪魔するのはアナタの街かも!?

てなわけで今回はおしまいっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年5月11日 (土)

麺通団(東)混浴を堪能!?の巻

【麺通団東八田分団】・・・拙ブログに再三再四登場する、

地元消防団員有志で結成されたグルメ探求集団である。

うどんが喰いたければ四国へ

お好み焼きが喰いたければ広島へ

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・

 

※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

「讃岐うどんツアー!」

「麺通団(東)京へ」

「広島だよ麺通団(東)!」

「麺通団(上)香港へ!」

「メーテルに出会った麺通団(東)」

「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

「麺通団(東)岡山へ!」

 

まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢たちである。

そんな我々がG.W休暇に目をつけたのが中国地方。

目指すは岡山・鳥取!

いざ出動!

 


↑ まず我々がやって来たのは岡山県真庭市にある湯原温泉郷


↑ のどかな風景の中、川伝いに上流へと向かいます


↑ 到着!まずは無料駐車場に車を停めましょう


↑ しっかし、上流を見ても・・・


↑ 下流を見ても・・・エエ雰囲気の所ですや~ん♪


↑ 駐車場を始め、至る所にこの看板が・・・なぬ!?隠そう下半身!
  「砂湯は講習の場で混浴です」・・・こ、こ、混浴!
  そう!実は今回我々は混浴の露天風呂にやって来たのでありました♪


↑ いざ混浴!ドキを胸胸させながら砂湯へと向かうエロ親父 紳士達


↑ 入り口にはこんな注意書きが


↑ そしてこんなものも・・・「露天風呂番付」


↑ おお、ここ湯原温泉は西の横綱なんですね!


↑ で、その温泉がコチラ!


↑ お客様がいらっしゃるのでコレ以上のズームアップは出来ないが、
  黄枠のところが入浴場、黄矢印が脱衣所(外から丸見え)
  そう!ココは四方八方から完全に丸見えの露天風呂なのだ!
  しかも混浴!


↑ 少しアップで撮影するとこんな感じ・・・目の前にダムが!

 

我々の旅はいつも〆で温泉に入るのだが、今回は初っ端!第1目的地。

そうまでして来たかった温泉は「湯原温泉郷」という名湯。

私も初めて来ましたがね、ココほど開放感に溢れた温泉はない!

だって、普通の河原なんですもの。 しかも温泉街のど真ん中。

立ち並ぶホテルの客室といわず、道路からといわず、

すぐ隣では奥さまたちが子供と釣りを楽しんでおられたりと、

四方八方360度、あらゆる所から入浴状況丸分かり!!

いや~これは凄いわ。

まぁ、50も過ぎれば恥ずかしくもなんとも無いので堂々と入ってやりましたがね。

いや、逆に 「わしを見て~! もっと見て~!」 てな感じでしたね(変態)。

 

で、特に興味は無かった、いや、全然興味の無かった混浴ですが、

我々を含め、この日は親父のみの入浴でした・・・。

くっそ!残念! ・・・おっと心の声が。

まぁ、ココまで丸見えだと敷居が高いわねー。

水着着用可なんだけどねーダメかねー。

残念・・・。

 


↑ で、湯原温泉ですが、某ジブリ映画のモチーフになった宿があることでも有名


↑ 確かに雰囲気ありますね~~

 

【湯原温泉】

湯原温泉は、自噴する温泉が数多く存在し古くから人々に利用されていました。

特にこの地域は、古墳時代より「たたら製鉄」の盛んであった所で史跡や金山

(かなやま:製鉄後の屑を積んで出来た小山)が多く存在します。たたら場には

多くの人手が必要とされ300名から1000名以上の集団で作業を行っていました。

たたら製鉄には良質の砂鉄は勿論ながら燃料として大量の木材が必要である事

から山から山への移動が必然でしたが労働は過酷であり療養としての温泉の利用

が行われて湯原もその拠点になっていたようです。たたら場のイメージは、

アニメ映画「もののけ姫」の中にも描かれています。

※湯原温泉郷公式H.Pより抜粋 http://www.yubara.com/

 


↑ さて、次に我々が向かったのが鳥取県倉吉市にある白壁土蔵群


↑ 歴史を感じるエエ雰囲気のところですな~


↑ 倉吉市に現存する最古の町家建物「倉吉淀屋(くらよしよどや)」


↑ 大蓮寺小路


↑ 明治チョコレート、森永キャラメル・・・懐かしい看板やー
  土蔵群だけではなく、町全体でこのようなレトロな雰囲気が残してあります


↑ 白壁土蔵群と倉吉のシンボル打吹山(うつぶきやま)


↑ 歩き回ってお腹が空いた!コチラでご当地グルメを食すことに


↑ 鳥取中部B級グルメバトルで優勝した唐揚げをいただきましょう


↑ 早速入店・・・団員たちもニッコニコ


↑ コチラがその唐揚げ! 優勝グルメに相応しくジューシーで美味い!


↑ そしてもう一品・・・コチラはスタミナ納豆なるもの
  かのTV番組「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたとのこと

 

【白壁土蔵群】

鳥取県倉吉市玉川沿いに並ぶ白壁土蔵群は江戸、明治期に建てられた

建物が多く、今でも当時の面影を見ることができます。国重要伝統的建造

物群保存地区に選定されており、玉川に架けられた石橋や、赤瓦に白い

漆喰壁が見られる風情のある町並みです。かつて、造り酒屋や醤油屋と

して使用されていた白壁の土蔵や建物が、物産館、喫茶店、ギャラリー

などさまざまなかたちで利用され、レトロな魅力を感じることができ、

また、穏やかな時間がゆっくり流れていくのが感じられます。

 

【TSUDOI~集~(つどい)】

ご当地限定の唐揚げと、朝採れ無農薬野菜のお店。選べるソースは、

ラッキョウを使ったものなど種類が豊富です。テイクアウトも、その場で

食べることもできます。

 

開放感の素晴らしい温泉、そして歴史ある土蔵群とご当地グルメ。

それぞれ堪能した我々は今回の旅の最終目的地へ。

そこで目にした驚愕のモノとは!!

つづく。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年5月 9日 (木)

【動画編】平成最終ライド IN 綾部TDトレイル

平成最終ライド第1弾となった綾部TDトレイル。

今回はその動画をお楽しみください。

ちなみに画像は山頂から中腹までとなっております。

※記事はコチラ・・・「綾部TDトレイルへGO!の巻

 

2019年5月 7日 (火)

平成最終ライドへGO!の巻

先日訪れたTDトレイル・・・いつものリス山とは全く毛色の違う山なれど、

コッチはコッチで大変楽しいトレイルでございました♪

で、実は同日もう1本イキましょう!ということで、デザートコースに

行っていたので、そのときの模様をちとレポート。

数年前にも訪れていたこのトレイル・・・

尾根にはつつじが咲き誇る素晴らしいトレイルなのだが、

今回はいかがなもんでしょう??

では平成ラストライドへGO!

 


↑ 田舎道から山へ


↑ トレイル入り口に到着! さぁ、登りましょう!


↑ コチラの山、300m弱と低い山なのだが傾斜がキツイのよね・・・


↑ いつもながらに写真じゃ勾配が伝わらんなー


↑ この日2本目ということで、体力・気力の限界を迎えながらも登頂成功


↑ さぁ、ここからがお楽しみ♪ 下りまショー!


↑ キャッホー!


↑ イエ~イ♪


↑ 眺めもエエし、最高やーん!


↑ どこまでも続くDH・・・と、思いきや登り返し!!


↑ 皆さまのご様子は・・・ちーーん、ハイ、がっくりとうな垂れております
  もうあとは下りだけ!と言いながら登り返しを数回・・・
  何度も何度も登り返し地獄を味わっていただきました


↑ そんなこんなでメインルートのDH起点に到着・・・ここからの眺めも最高!


↑ メインルートは素晴らしく、まさに極楽DHを堪能


↑ いやほんま、めちゃええトレイルでっせ~!

 

ということで、コチラのトレイルが平成最後のライドとなりました。

平成を締め括るに相応しく?登って下って、登って下って、登って下っての

登り返し地獄を味わいつつも、メインルートは最高のDHを堪能♪

数年ぶりの訪問を楽しませていただきました。

ちなみに・・・

つつじは時期を逃し、もう咲いてませんでした(泣)。

また来年への宿題ということで。

 

さぁ、次は令和!

新時代も張り切って走っておりますよ!

令和初ライドの模様はまた後日。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月 5日 (日)

綾部TDトレイルへGO!の巻

世間はG.Wである。

かくいう私もG.W休暇中。

さて、何をしようか・・・やっぱ山でしょ!

ということで、G.W第2弾の山遊びへ行ってまいりました。

今回訪れた山は我が街:綾部にある山で数年前に1度、今年に入り1度と、

探索したことはあるものの、走ったことは無い山なのであります。

最近この山でMTB仲間の皆さんが遊んでおられると聞きつけ、

それなら私も!と、今回やって来たのでありました。

さぁ、一体どんな初ライドとなるのか・・・

早速レポート開始!

 


↑ 今回のお供は舞鶴から「kazuhiro 自転車生活ブログ」 kazuhiroさん
  兵庫から「The world of Tomoyan~SEASON 3~」 Tomoyanくん


↑ 登る!


↑ 昇る!


↑ 上る!


↑ 休む!


↑ エエ感じのトレイルですな~♪


↑ 同じ綾部でもリス山とは雰囲気が違いますな


↑ そんなこんなで登頂成功!


↑ リス山より低い山だが、山頂からの眺めはイイですな~♪


↑ さぁ、それではランチタイムと参りまショー!
  コールマン ホットサンドイッチクッカーの登場


↑ 今回はホットサンドを作ります・・・まずは食パン、チーズを乗せて


↑ その上にツナマヨをたっぷり!


↑ で、ベーコンをオン!


↑ さらにベーコン!


↑ 仕上げにもう一丁とろけるチーズを乗せて・・・


↑ 焼く!


↑ 両面焼いたら完成~!お~美味そう!


↑ ぎゃー美味いーー!!


↑ お次は・・・つぶあんを塗り塗りして


↑ 今度はしゃぶしゃぶ用スライス餅をオン!


↑ その上にさらにあんこ&きなこをぶっ掛け・・・焼く!


↑ ホットサンド甘いver.もウマー! ま、餅が固いままでしたが(汗)


↑ ランチタイムを楽しんでいると下の方からチリンチリンと鈴の音が・・・
  偶然、MTB仲間のYUSKEさんと


↑ SATOSHIさんが登場! まさに偶然!


↑ せっかくなんでご一緒しましょう!ということで5名でのDHスタート!


↑ それではレッツゴー!


↑ イエ~イ♪


↑ ルート上、狭い木立のスリ抜けが多いのが特徴の本トレイル


↑ その中を右へ


↑ 左へスイスイスーイと駆け抜けます・・・ていうか、ほんま狭い!


↑ 下りでも体力の要る山遊び・・・休憩しながら麓までDHを楽しみました♪

 

ということで、走った、走った、初走行でしたのTDトレイル。

狭い木立がルート上に乱立。

それを右へ左へ避けながらの走行。

探索に来たときも狭いと感じたこのトレイル、MTBで走るとさらに狭く感じる!

まぁ、歩きよりも断然スピードが出てるので当たり前ですな。

ホームトレイル:リス山の幅広超高速コースとはまた毛色が違い、

こちらはこちらで面白い!

 

ひとつとして同じものがないのがトレイル。

山が違えば全てが変わる。

その山に合わせた走らせ方にいかにアジャスト出来るか・・・

ムズ楽しい♪

これだからMTBはやめられまへんな~。

 

ということで、この日はもう1本別の山に行くことに。

つづく・・・

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月 3日 (金)

【動画編】凶悪!播州ガレガレライド

先日訪れた恐怖のガレガレトレイル。

いつ走っても、何度走っても、凶悪なガレ具合でした(汗)。

画面からは、なかなかその凶悪具合は伝わらないのですが、

雰囲気だけでも動画でどうぞ!

※記事はコチラ・・・「播州ガレガレトレイルライドへGO!巻

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年5月 1日 (水)

播州ガレガレトレイルライドへGO!巻

世間はG.W10連休である。

かくいう私もG.W10連休中。

10日間毎日山へ行きたいな~~(無理やけど)。

ということでまずは連休初日に行ってまいりました。

 


↑ 今回お邪魔したのはいつもの神戸市近郊のお山・・・今年4回目


↑ ご一緒したのはいつものメンバー通称「お尻プリプリブラザース」の面々
  地元のTAKAさん&亀岡のタンクさん


↑ お尻ぶりぶりの方達の最近のブームはメスティンを使った飯


↑ 技術と経験の要る飯炊き・・・苦労して炊いた飯は激旨とのこと


↑ この日の私は手抜き飯・・・ホルモンうどんに煮玉子2つをブチ込んだだけ


↑ 飯を喰ったら記念撮影タイム・・・TAKAさんのTREK29erエンデューロマシン


↑ うおー!なんじゃこりゃー!カーボンホイールを新調されてますやん!


↑ タンクさんはRocky Mountainの26インチDHマシン


↑ で私、GTの27.5インチ エンデューロ 偶然26、27.5、29と揃いましたね


↑ いつものように激坂登りからスタート!


↑ 激重DHマシンを担ぐタンクさんの図


↑ スタート地点到着・・・それではご安全に!


↑ 本トレイルで最も熱いガレガレ崖崖ポイントへ突入!


↑ ほんま、いつ来てもエグすぎるわココ


↑ TAKAさんGO!


↑ タンクさんGO!


↑ 命からがら崖崖ポイントを脱出し、登り返し


↑ 休憩中


↑ そして絶景撮影ポイントへ


↑ それでは後半戦まいりましょー!


↑ 最後にメローでフローな区間を堪能し終了ー!


↑ デポ地へ戻り一服


↑ TAKAさん特製エスプレッソを堪能

 

ということで、平成最後のガレガレライドは相変わらずデンジャラスでございました。

画像や動画じゃ、あのエグイ感じが伝わらないのが残念・・・。

とりあえず今回も恐怖への扉を開けておきましたよ。

ま、ココが走れたら何処行っても怖くないわい。

 

さ、連休中次なる山はどっちだ!?

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ