フォト

Twitter

ARA! リンク

« GOPROマウントにスマホ装着!の巻 | トップページ | シートクリーパーで快適整備!の巻 »

2020年9月 2日 (水)

ショートスタビリンク自作!の巻

シャコタンにすれば乗り心地が悪いのは当たり前?

いやいや、各部を調整すれば改善される場合もあります。

 

良く言われるのはスタビリンク長の適正化。

左右のサスアームを結合し、クルマのロールを

抑制するのがスタビライザー。そのスタビと

サスアームを結びパーツがスタビライザーリンク。

 

純正のスタビリンクのままシャコタンにすると、

スタビとスタビリンクのアーム角が適正値より

鋭角(スタビエンドが上方に跳ね上がる、いわゆる万歳)に

なり作動範囲を越えてしまい、本来の効果をスポイルさせて

しまいます。結果乗り心地も悪化。

 

そこで純正よりも短いショートスタビリンクの出番。

万歳したスタビの角度を適正化し、スタビ本来の働きを

復活させようというものでございます。

 

「スタビリティの復活!快適な乗り心地と高い運動性能!」

なんて売り文句で各メーカーからリリースされていますが、

1万、2万、3万と非常に高価!

 

てことで、私もこれまで放置をしていましたが、

齢50を越え、若い頃のようなガッタンバリバリな挙動も

少し辛くなってきたのよねー・・・。

そこで!

だったら自分で作ればイイじゃん。

一般に手に入る材料で構成されているパーツですので、

十分自作出来ます。で、用意したのがコチラ↓

 


※画像のパーツは一ヶ所分のみ

 

・リンクボールBL型右ねじタイプ BL10BD

・ロッドエンド(無給油おねじ)右ねじタイプ COS10

メインとなる上記2点はモノタロウにて購入。

あとは近所のホームセンターにて↓

・M10ナット

・M10スプリングワッシャー

・M10ワッシャー

・M10×50キャップスクリュー

 

結局、前後左右1台分で6,000円ほどでした。

まさに激安。

 


組み立てたところがコチラ(右:純正)

 

こうして見ると長さが全然違いますね。

ちなみに・・・ショートスタビリンクの長さは、

その車の車高に合わせて調整しましょう。

 


ビフォー
スタビエンドが万歳してますね(黄矢印)


アフター 見事に適正な角度に戻りました
※調整は1G状態で行いましょう

 

数年ぶりに適正な角度に戻った我がスタビ。

これからはキッチリと働いていただくといたしましょう。

しかし・・・

近年稀にみる急騰を続ける我がロードスター熱。

次なる物欲はなんだ!?

 

« GOPROマウントにスマホ装着!の巻 | トップページ | シートクリーパーで快適整備!の巻 »

ロードスター(スポーツカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GOPROマウントにスマホ装着!の巻 | トップページ | シートクリーパーで快適整備!の巻 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ