フォト

Twitter

ARA! リンク

2020年9月23日 (水)

第57回 関西舞子サンデー参加!の巻

先月も参加させていただいたオールジャンルのミーティング、

「第57回関西舞子サンデー」に行ってまいりました。

 


舞鶴道~中国道~山陽道と乗り継ぎ会場を目指します
今回は消防団仲間とGO!


会場のかじやの里めっせ三木へ到着


Myマシンも駐車してっと


今回参加の一番の目的がコチラ!
某SNSで相互フォローをお世話になっている
岡山のけんこうパパさん&NBにお会いすること!


MyNBと念願のコラボ実現


同じ平成10年式のNB1型ということで親近感MAX


けんこうパパさんのNBは昭和を思い起こさせる
板っ羽根ウイングや・・・


斜めを向いた2本出しマフラーなど
オールドスクールな雰囲気でした
実はもうすぐEQIP03を履かれるとのこと♪


せっかくの記念ということでみんな並べましょう


綾部組giosyam部長のNC


なんと、風除けが「木」でした!
せっかくなんで龍か何か彫りましょう!


コチラはけんこうパパさんと一緒に来られたヤマモトさん
セラミックなボディカラーとホイールカラーがマッチしてました


コチラは我ら綾部組のS部長


同じく綾部組のヨッシーくん


ワンオフのシフトノブがイカす!

 

けんこうパパ&息子さん、そしてお仲間の方々との、

ロードスター話に花が咲きまくります♪

話題が尽きることはありませんが、せっかくオールジャンルの

ミーティングに来ておりますので、他車種も見て回りましょう。

 

多種多様、本当にたくさんの車が参加していましたが、

その中でも特に気になった車をピックアップ↓


これはTE61型のトレノでしょうか


先日新型Zのプロトタイプが発表されましたが、
Zといえばやはりコレ!でしょう


ジェミニイルムシャー懐かしい!
しかもハッチバックって見たことないなー


懐かしい!同級生が乗ってたなーXX


某漫画と思いきや・・・


ラリー?ダートラ?とりあえずシブイです

 

何百台と参加車両がいる中、この日最も目を引いたのがコチラ↓


アメ車かと思いきや、何とジャパン!
これ、スカイラインでっせ!


スゴイの一言しか出てきません・・・脱帽です!

 

個性豊かな車の数々・・・

見て、見て、見まくり、お腹一杯、胸一杯。

大満足で会場をあとにした私たちでした。

 


帰路の途中、篠山市にある栗柄ダムへ寄り道


せっかくなんで記念撮影

 


自分の車を眺めてはニヤニヤ・・・アホですねー


地元:綾部に帰って来てココでもニヤニヤ

 

ということで、参加してきました第57回関西舞子サンデー。

まだまだ、まだまだ、素晴らしい車はたくさん居たのですが、

圧倒され、感動し、写真を撮るのを忘れておりました(恒例)。

車種や方向性は違えど、相変わらず車好きの熱量たるや!

会場は熱気ムンムンでございました。

 

また、今回は岡山から遠路お越しいただいたけんこうパパさん、

初コラボということで大変お世話になりました。

来月は我々がそちらに遠征に伺いますねー。

 

さぁ、オープンカーにとって一番良い季節到来。

寒い冬が来る前に乗って乗って乗り倒すといたしましょう!

 

2020年9月15日 (火)

ニーレックス リアエンド トラスバー装着!の巻

今回のオモチャはコチラ↓

 


ニーレックス リアエンド トラスバー(NB用)
我がNB型ロードスターに取り付ける剛性UPパーツです

 

【メーカーH.Pより】

ステンレス角断面パイプで形成されたトラス構造と、

4点支持によるリアエンドパネルの左右連結で、

縦横の曲げ・ネジレ剛性を上げることでボディリア部の

バタツキを抑え、車体の一体感、塊感が得られます。

材質はステンレス(SUS304)製角断面パイプで、

ボルトオンで装着できます。

 


それでは早速取り付けてまいりましょう
まずはコチラの取付用プレートを・・・


牽引フックの台座に差し込みます


セットO.K(差し込んだだけで固定はしておりません)
元々ある穴を利用するので穴開け不要


あとはトラスバーを取り付けるだけ


ナットを均一に締めて取付完了!


こんな感じ


ビフォー


アフター

 

無加工ボルトオンということで苦労なく取付完了。

うん、うん、いかにも効きそうですな♪

口コミを見ていても・・・

 

「確実に体感できる」

「コーナリング中の姿勢安定度が良くなった」

「高速道路でのレーンチェンジがピタッと決まる」

「コーナリング中の腰砕け間が無くなった」

「車両の一体感が増した」

「着けることで良い事はあっても悪い事はなし」

 

・・・などなど悪い口コミを一切見ません。

こりゃ期待大ですな。

いつもの峠でテストしてみるといたしましょう!

 

2020年9月14日 (月)

ワークライトで快適整備!の巻

ハイ、今回もロードスターネタでございます。

 

ここのところ休日はクルマいじり三昧の日々。

イジっては走り、イジっては走りの繰り返し。

いやほんと、若い頃からやってること全く同じ(汗)。

 

そんな中、クルマいじりを助けてくれる便利グッズを

ゲットしたのでちとご紹介。

コチラ↓

 


モノタロウのワークライトでございます

 

【モノタロウ ワークライトLED】 

幅:56mm
厚さ:47mm
重量:210g(電池含まず)
電源:単三電池×三本
光束:側面300/先端5(ルーメン)
光源:側面3WED/先端5LED
連続点灯:側面3~4時間/先端20~25時間
品番:M701B-CO-A

 


先端と側面(1枚目画像)が光ります


便利なのは底面と・・・


裏面に強力なマグネットが仕込んでであり、
金属面に固定して使うことが出来ます
また、フックもあるので引っ掛けることも可能


使用例)狭いタイヤハウスの中もマグネットの
おかげでしっかりと固定出来てとても便利♪


スタンドは角度が変えられます

 

ということで、これまではコード付きのワークライトを

使用しておりましたが、やはりコードレスは便利!

また、このマグネットが良い仕事をしてくれ、

タイヤハウスの中や、腹下なんかでも、ピタっと

張り付き、手元を照らしてくれます。

いやーこれはエエわー気に入りました♪

これでお値段799円(税別)。

コストパフォーマンスに優れた一品でした。

 

2020年9月10日 (木)

シートクリーパーで快適整備!の巻

昨年末から私の周りで急激に広まったロードスター熱。

結果、消防団仲間4人が購入するという奇跡的なことに♪

それに引っ張られるように私の中の愛車熱も再急騰。

最近ロードスターネタしか書いていないことからも、

お分かりいただけるでしょう。

で! 

今回もロードスターネタ(笑)。

 

最近、やたらとジャッキアップしてはアッチをイジり、

コッチをイジリと触りまくっております。

そんな中・・・

右の足回りをイジり、次に左へ・・・なんて時に、

床に散らばった工具を集めて移動させるが面倒。

いちいち工具箱に入れ直して運ぶのも億劫。

 

なにかこう、キャスターの付いたトレーのようなものに、

工具を適当にガサっと入れてゴロゴロ転がせれば・・・

ということでネットを徘徊して見つけたのがコレ↓

 


アストロプロダクツ シートクリーパー
私が考えていたキャスター付きのトレーに椅子がついた一品
※アストロ的には椅子にトレーが付いた商品


トレーサイズは305×340mm
工具や外したボルト等置けるので便利ですな♪


シートの高さは360mm
この商品の本来の使い道:座り作業にもバッチリ!
これまで小さい折り畳み椅子を使っておりましたが、
キャスターのおかげで座りながら移動できるのは便利♪
コレ、自転車イジリにも良さそうですな~

 

これで床に工具が散らばることなく快適整備!

これから活躍していただくといたしましょう。

 

2020年9月 2日 (水)

ショートスタビリンク自作!の巻

シャコタンにすれば乗り心地が悪いのは当たり前?

いやいや、各部を調整すれば改善される場合もあります。

 

良く言われるのはスタビリンク長の適正化。

左右のサスアームを結合し、クルマのロールを

抑制するのがスタビライザー。そのスタビと

サスアームを結びパーツがスタビライザーリンク。

 

純正のスタビリンクのままシャコタンにすると、

スタビとスタビリンクのアーム角が適正値より

鋭角(スタビエンドが上方に跳ね上がる、いわゆる万歳)に

なり作動範囲を越えてしまい、本来の効果をスポイルさせて

しまいます。結果乗り心地も悪化。

 

そこで純正よりも短いショートスタビリンクの出番。

万歳したスタビの角度を適正化し、スタビ本来の働きを

復活させようというものでございます。

 

「スタビリティの復活!快適な乗り心地と高い運動性能!」

なんて売り文句で各メーカーからリリースされていますが、

1万、2万、3万と非常に高価!

 

てことで、私もこれまで放置をしていましたが、

齢50を越え、若い頃のようなガッタンバリバリな挙動も

少し辛くなってきたのよねー・・・。

そこで!

だったら自分で作ればイイじゃん。

一般に手に入る材料で構成されているパーツですので、

十分自作出来ます。で、用意したのがコチラ↓

 


※画像のパーツは一ヶ所分のみ

 

・リンクボールBL型右ねじタイプ BL10BD

・ロッドエンド(無給油おねじ)右ねじタイプ COS10

メインとなる上記2点はモノタロウにて購入。

あとは近所のホームセンターにて↓

・M10ナット

・M10スプリングワッシャー

・M10ワッシャー

・M10×50キャップスクリュー

 

結局、前後左右1台分で6,000円ほどでした。

まさに激安。

 


組み立てたところがコチラ(右:純正)

 

こうして見ると長さが全然違いますね。

ちなみに・・・ショートスタビリンクの長さは、

その車の車高に合わせて調整しましょう。

 


ビフォー
スタビエンドが万歳してますね(黄矢印)


アフター 見事に適正な角度に戻りました
※調整は1G状態で行いましょう

 

数年ぶりに適正な角度に戻った我がスタビ。

これからはキッチリと働いていただくといたしましょう。

しかし・・・

近年稀にみる急騰を続ける我がロードスター熱。

次なる物欲はなんだ!?

 

2020年8月27日 (木)

GOPROマウントにスマホ装着!の巻

ARA!52歳。

ひと様がこだわる所に関心を持たず、

ひと様が全く引っ掛からない所に

異常なこだわりを持つ・・・そう私はB型。

 

そんな私のスポーツカー論

「スポーツカーは非日常空間であれ」

走りのためなら快適性を犠牲にしてもかまわない。

不便でこそスポーツカーと信じて疑わない私は、

自身のロードスターから生活臭がするのを極端に嫌う。

スポーツカーとは純粋に走りを楽しむもの、

そして辛い日常を忘れさせてくれるもの。

 

スポーティでシンプルな車内作り実現のため、

普段の生活を思い起こさせるようなパーツを車内に

取り付けないことにこだわり持つ私。

そんな私にとってスマホホルダーは厄介な存在。

有ったら便利、無いと不便。

しかしアレを着けると途端に生活臭がしてくる。

まさに永遠のテーマ。

注意)私のスポーツカー論、ロードスター論は

私のロードスターにのみ適用されるものです

 

~閑話休題~

 


またまた海外より何かやって来ました


中身はコレ!


さて、一体コレは何でしょう?


裏側

商品名「JASS アルミ製サンバイザーGOPROマウント」

ハイ、そうです、これはウェアラブルカメラ:GOPROを

固定するときに使う治具なんです。

オールアルミ製で非常にしっかりした作りになっております。

海外通販サイトMossMiataにて$42.99で購入。

 


で、このマウントは何処に着けるものなのか?
そう、ロードスターのサンバイザーの取付穴を
利用して装着するものなのであります。
私は元々サンバイザーを取っ払っておりますので、
その穴は自作カーボン風ブランキングプレートで塞いでおります。


ブランキングプレートを取ったところ


サンバイザー同様タッピングビス2本で取り付け


GOPROを装着するとこんな感じ
マウントは回転するので車の前方・後方、
車内の様子などを撮影することが出来ます

GOPROで走行動画を撮るのか?否!今回は違います


さらに用意したパーツがコチラ↑
GOPROマウントに適合したスマホホルダー
そう、今回はGOPROマウントを利用して、
スマホを取り付けてやろうというのです


GOPROマウントと合体の図


スマホを取り付けたところ
しっかりとホールドするので走行中、
振動等でズレたり、外れたりしません


ドライバー目線でこんな感じ
ルーフのピラーと同化するので前方視界はクリア

 

ということで、苦肉の策となった今回のスマホ取付術。

スマホホルダーは着けたくない・・・

しかし、天性の方向音痴を発揮しまくる私は、

知らない土地ではナビがないと厳しい・・・

そんな中、妥協点が今回の取付方法でした。

まぁ、こんな変わった所にスマホ取り付けてるやつぁ

居ないでしょうし、特別感もあってGOOD!

我ながら変なこだわりを持つと苦労しますなー。

というところで、今回はおしまいっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年8月25日 (火)

快適!清涼シートカバー装着の巻

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続く今日この頃。

夏場のオープンドライブで最も不快なもの・・・それは背中の汗。

特にバケットシートだと背中が汗でぐっしょり!

車を降りるとTシャツが背中に貼り付いております。

 

↑ コチラは私が愛用するバケット:エスケレート。

「信じる者は救われるシート」と言われるだけあって、

どれだけ長時間・長距離を運転しても腰痛知らずの、

疲れ知らず。またそのホールドの良さで人馬一体を

実現してくれる逸品である。

 

しか~し!

ホールドが良いだけに、それはもう背中びっしょり!

制汗スプレーをしてみたり、速乾Tシャツを着てみたり、

運転中は定期的に背中を浮かせてみたり・・・

アレやコレや色々試すが効果なし(泣)。

 

こうなったらアレを・・・昭和のお父さんが必ず装備

していたダサいアレを(個人の感想で悪しからず)、

私も装着しなければならないのか・・・

 


参考画像:昭和のお父さんのアレ

 

ちょっと待て~い!

今は2020年、令和2年だぞ!

もうちょっとこう、ファッショナブルで科学的にも

進歩したものがないものなのか・・・

 

で、探しただしたのがコレ↑

「ヒロオカ 座席メッシュシートカバー」

 

・運転中の背中の蒸れや汗を解消します

・特殊立体編み極厚8mmハニカムメッシュ使用

・体圧分散に優れた素材で疲れない

・耐久性に優れ底落ちせず涼しさをキープ

・安心安全の国内生産

 

スポーツカーには生活感の出る物を取り付けるのは嫌なのだが、

背に腹はかえられぬ。

しかしこの株式会社ヒロオカさん、兵庫県氷上町の会社ということで、

なんだ、我が綾部市のお隣とも言えるご近所さんじゃないか!

一気に親近感UP!

 

↑ バケットシートへの取付はシートベルト通しの穴へ

紐を通して固定することに。

 

取付け完了!

おお、絶妙にダサイ!

バケットの黒と色を合わせたが、それでも滲み出る親父感。

 

で、肝心の制汗具合ですが・・・素晴らしい!

もちろん、全く汗をかかないということはありません。

しかしながら、汗のかき具合が全く異なります。

先日の関西舞子サンデー参加の際、灼熱の中を

往復フルオープンで移動しましたが、すごぶる快適♪

 

また、製品がハニカム構造ということで身体の形に

フィットするため、着座感も違和感は感じず。

いやーコレはエエもんですわ。

これから毎年夏場に活躍してもらいましょう。

 

一番の懸案事項、装着した際の見た目ですが、

まぁ、ミーティング参加時なんかは会場到着で、

外してトランクに放り込んでおけば問題なし。

 

ということで、最新の清涼カバーをコテコテの

昭和親父がご紹介いたしました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年8月24日 (月)

第56回関西舞子サンデー参加!の巻

先月も参加させていただいたオールジャンルのミーティング、

「第56回関西舞子サンデー」に行ってまいりました。

 


今回は私の同級生でNA乗りのM氏と同行


到着は開場より1時間後くらいでしたが、
すでに数多くの車が会場を埋めておりました
では早速会場を見て回りましょう!


ハチマルヒーロー的な車も多く集まる本ミーティングですが、
今回はソアラが結構多かった印象
しかもマニュアルミッション車が多かったな~


まさにOH!My街道レーサー! シブイな~


CR-X懐かしいな~~


いつ見ても鉄仮面カッコイイですな


ラリー車レプリカも必ず何台か参加されてますね


デリカでかい!


どこもかも、綺麗にされておりました


私のような昭和親父には感涙モノのJPSカラー
オーナーさんは我が綾部市のお隣:福知山の方とのこと


このビートルも綺麗でしたねー


内装もバッチリ造り込んでありました


そんな中、気になるロードスターは・・・


NC


ND


そして我らがNB


もう一丁NB!
と、我々が滞在した時間内はこれだけ確認できました
オーナーさんとお話し出来なかったのが残念・・・

 

ということで、参加してきました第56回関西舞子サンデー。

まだまだ、まだまだ、素晴らしい車はたくさん居たのですが、

圧倒され、感動し、写真を撮るのを忘れておりました(汗)。

車種や方向性は違えど、相変わらず車好きの熱量たるや!

会場は熱気ムンムンでございました。

で、あまりの暑さに約2時間の滞在で退散した私(汗)。

来月はもう涼しいやろうし、またお邪魔しようっと!

 


帰り道ということで篠山市:栗柄ダムへ寄り道


記念撮影を楽しみましたとさ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年8月20日 (木)

おははく(オープンカーの集い)参加!の巻

【おははく オープンカーの集い】

4月~10月の第3日曜日、鳥取:大山の鏡ヶ成で開催している
オープンカーの集まりです。
開催時間は10:00~12:00
車種はオープンカーなら何でも(誰でも)OK!
ただ集まって駄弁って解散。オープンカーに興味ある方どうぞ。
参加表明不要、ドタキャン・遅刻・途中失踪可。
雨天決行。発熱禁止。

 

以前から気になっていたミーティング、それが「おははく」。

ただ微妙に遠いので、これまでは二の足を踏んでいたのだが、

今の私にはごくごく身近にロードスター仲間がいるじゃないか!

ということで、消防団内ロードスター部員と共に参加することに。

一体どんな素敵な車たちと出会えたのでしょうか?

早速レポート開始!

 


早朝6時に集合! ご一緒したのは・・・
NCロードスターのY部長&NDロードスターのS部長


舞鶴道~中国道~米子道と乗り継ぎ大山を目指します


一人で走ると退屈な高速もみんなで走ると楽しいなー


京都府綾部市を出発し3時間・・・大山が見えてきた!


大山を目前にしてS.Aにピットイン!
長旅の汚れを落とすべく、緊急洗車を実施
少しでも綺麗な車で参加したいですからねー


待ってろ大山!


蒜山I.C下車~蒜山大山スカイラインで会場へ


うひょー!エエ道やー♪


そんなこんなで会場到着!
お~集まってる、集まってる♪


それでは早速参加車両を見てまいりましょう
コチラはミーティングの呼び掛け人:こるまろさん
カマロですねー迫力満点です


オープンカー対象のミーティングということで・・・コペンや


ビート


カプチーノなど、ごく普通のオープンカーに加え・・・


こんなのも・・・オーラ出まくりのジムニー
オーナーさんは我らと同じ京都府(南部)からのご参加


コチラも普段あまり見ない2台だぞ
ベースは同じ車のようだが・・・


特にコチラ!


ボンネットから何か突き出とるぞ!マッドマックスかい!


実はコレ、単なる見せかけのダミーではありません
スーパーチャージャーに導風する役目を担っているのです


後ろも凄い!荷台になっとるやん!
なんでもこれ、沖縄のカスタムショップオリジナルで、
わざわざ沖縄に見に行かれて購入されたとのこと


こんな変わり種も!ドアも無ければフロントウインドウも無い!
これはもう遊園地にあるやつじゃん! 最高!


そして!我らロードスターも4世代揃い踏み!


NA


NB


NC


ND


私のNBちゃんもパチリ

 

ということで、大山の麓という最高のロケーションの中、

クルマ談義に花を咲かせまくった我々。

普段はなかなか見られない旧車・珍車も見られ大満足。

また、会場全体の雰囲気も和やかで初参加の私たちも、

温かく迎え入れていただきました。

 

さて、結局我々はミーティング終了の最後まで滞在、

後ろ髪を引かれつつ、会場をあとにしたのでありました。

で!

せっかく大山まで来たのだからソフトの1つも食おう!

ということで、大山に来たら必ず寄る「ミルクの里」へ。

 


大山まきばミルクの里駐車場到着!
大山をバックに記念撮影・・・絵になるな~♪


で、名物のソフトクリームですが、あまりの行列に却下
やはりこのご時世、行列に並ぶのはちょっと・・・
ということで、普通のアイスをGET


アイスを喰ったら、その辺を適当に走って帰りましょう


さっきまで居た大山があんなに遠くに・・・
さよなら大山!また逢う日までご機嫌よう!


帰りは日本海を眺めながら下道で


で、無事帰着・・・全行程505.6kmの旅でした

 

ということで、走った、走った、走りまくりました!

初参加となった「おははく」。

とにもかくにも会場のロケーションが最高!

日差しはキツイものの、風はとても涼やかで、

爽やかな時間を楽しむことが出来ました。

ミーティングそのものも、特に何か縛りがあるわけでもなく、

和やかな雰囲気の中、ただ駄弁るというユル~い感じがGOOD!

で、実は車種も非オープンカーの参加も全然O.Kとのことで、

この日もたくさんの屋根付き車種が来られておりました。

 

帰って来た我が京都府北部の蒸し暑さに辟易しながら、

今回のレポートはおしまいっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年8月19日 (水)

原点回帰だ!RSワタナベを履く!の巻

私とRSワタナベとの付き合いは長い。

今から34年前、18で免許を取って初めて自分で買った車が、

昭和55年式のマツダ サバンナRX-7(SA22C型)。

毎夜毎夜、峠を走り倒したのは今では良い思い出。

当時、走り屋と呼ばれる車が履いていた、走り屋ホイールの

代名詞といえば8スポークのRSワタナベ。

ご多分に漏れず、私も履かせておりました。

 

時は流れて1998年。

2代目マツダ ロードスターを購入し、履かせたホイールは、

当然RSワタナベ!

「男は黙ってワタナベ!」ということで、まさに一択。

それ以外には考えられなかったのだが、2016年ついに魔が差す(笑)。

日本が世界に誇る超高性能ホイールRAYS、その中でも定番のTE37を

履いてみたくなったのだ。

1度欲しくなったらもうおしまい。

物欲に抗う術を持たない私はTE37VSLの2016年限定版を購入↓

超高性能、超軽量、最新鋭のホイールを身にまとい、

これまでとは雰囲気の違うMyロードスターを堪能。

 

しかし!

「三つ子の魂百まで」とでも申しましょうか・・・

年々私の中の何かが、RSワタナベを欲するように。

で、この長い前置きを簡単にまとめますと・・・

RSワタナベ買っちゃいました!

今度は念願のRタイプ!

ハイ、コレ!

 


どーーん!


タイヤむっちむち♪


前のワタナベと比べるとリムの深さが際立ちます


いや~イイ!実にイイ!

 

ということで、原点回帰のRSワタナベ装着。

やはり私にはこのホイールが1番しっくり来ますな~♪

しかも今回は念願の、憧れの、Rタイプ。

リムを見ているだけで、もう鼻血ブーですよ。

そんな自分自身にこの言葉を贈ろう・・・

「男は黙ってワタナベ!」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ