フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

2019年12月31日 (火)

総集編! 画像で振り返るARA!@hobby's life 2019

さぁ、さぁ、いよいよ今年も大詰め・・・大晦日でございます。

ということで!

今宵は2019年の自転車以外の活動もまとめてまいりましょう。

 

1月

Dsc_0350 元日から地元の霊峰:弥仙山へ

Dsc_0341 雪の中の登山は普段の3倍疲れました・・・
2019初登山 in 綾部 」より

 

Dsc_0360 我が青春のラジコン天国三田店へ訪問

Dsc_0364 熱い熱い熱すぎるレース活動をさせていただいた三田店も
今年の9月15日をもって閉店されました・・・
ありがとう! 三田店!
超浦島太郎、ラジコン天国三田店へゆく 」より

 

Dsc_0370 地元消防団有志で結成したグルメ探求集団:麺通団(東)
新年早々グルメ&温泉を楽しみました♪

Dsc_0376 コチラは久美浜温泉 湯元館

Dsc_0388 〆はレトロ自販機でラーメン&うどん三昧
丹後のグルメ&温泉を満喫!の巻 」より

 

Dsc_0393 新年初公務は消防出初式

Dsc_0398 儀式放水

Dsc_0406 詰め所に戻って記念撮影・・・年間最優秀分団の盾が眩しい♪
平成31年綾部市消防出初式 」より

 

Dsc_0454 「文化財防火デー」ということで担当地域にある、
文化財の立ち入り検査の立会いに出役
ちなみにコチラは足利尊氏公ゆかりの安国寺

Dsc_0460第65回文化財防火デーに出役! 」より

 

4月


今年もクラシックカー・フェスティバルを見学に


第33回チーム・ヤマモト・クラシックカーフェスティバル見学の巻」より

 

5月


麺通団(東)にて岡山・鳥取方面へ
コチラは露天風呂番付:西の横綱の湯原温泉・・・なんと混浴!


コチラは鳥取県倉吉市にある白壁土蔵群


「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」


情景師アラーキー氏による超絶精巧なジオラマに溢れておりました
麺通団(東)混浴を堪能!?の巻 」より


元日に登った弥仙山の麓で開催された地元のお祭りに参加
山菜まつりと弥仙山登山 2019 」より

 

6月


消防団年間最大行事「団長点検」、命を燃やして受験!
消防の "熱い夏" 終わる2019 」より

 

8月


実は今年の目標は「人生初の経験をする」ことでした
幾つになっても人生初を経験しようという気持ちは大切です
で、人生初のボルダリングを経験


人生初!ボルダリングに挑戦!の巻 」より

 

Gopr0063 人生初体験第2弾は「シーカヤック」!

Gopr006951歳おやじ、シーカヤックに挑戦!の巻 」より

 

Dsc_1465 我がロードスターも遂に10回目の車検
ロードスター、10回目の車検を受ける!の巻 」より

 


そんな愛車と丹後半島1周ドライブへ
丹後半島一周オープンドライブへGO! 」より

 

9月


現在51歳の私、残りの人生最大の目標は「夫婦円満」・・・
実現すべく、こんなお洒落な所にあるカフェに夫婦でお茶に


京の奥座敷:英国ドゥリムトン村へ 」より

 


嵐山高雄パークウェイで開催されるロードスターミーティング
「おはたか」にも何度かお邪魔いたしました


ミーティング終了後は有志でツーリングへ♪
第15回おはたかロードスターミーティングに参加!の巻 」より

 

10月


家族でキャンプにも行きましたねー


そして今年のテーマ「人生初の経験をする」第3弾!
気球に搭乗・・・係留してあるものの、めちゃ怖かった(汗)
神鍋高原でキャンプ&気球体験 」より

 


さぁ、そして!今年最大のイベントといえば!
10年に1度開催される国内最大のロードスターミーティング
「ロードスター30周年ミーティング」に参加!


2200台オーバー、4000名弱の物好きが三次市に集結!


ミーティングのラストはテストコース集会路をパレード!
ロードスター30周年ミーティング IN 三次 」より


ミーティング終了後は後泊しご当地グルメを堪能!
ロードスター30周年ミーティング アフター編 」より

 

11月


私の密かな?楽しみ、自動車博物館めぐり
今年はトヨタ博物館にお邪魔しました


トヨタ博物館へGO! の巻 」より

 


今年2回目の参加となる「おはたか」へ


絶好のオープン日和&紅葉日和を堪能♪
第17回おはたかロードスターミーティングに参加!の巻 」より

 

12月


公務のあとは・・・


後輩たちと敦賀ヨーロッパ軒でソースカツ丼を喰らう!
麺通団(東)、敦賀でソースカツ丼を喰らう! 」より

 


麺通団(東)活動の〆はやっぱり麺で!


麺通団(東)、鬼そばを喰らう!の巻 」より

 

 

ということで・・・

2日に渡り、振り返ってまいりました私の2019年。

今年の目標は「人生初の経験をする!」ということで、

色んなことにチャレンジした年でもありました。

そんな中、今年も趣味の柱はMTBとロードスターでしたね。

で、消防団活動とグルメ、これもまた抱き合わせ(笑)。

 

来年も引き続き様々な趣味を楽しみつつ、

人生初の経験もしていきましょうかねー。

 

 

最後に・・・

拙ブログをご覧いただいた全ての皆様へ最大の感謝を!

1年間お付き合いいただき誠にありがとうございました。

読者の皆様方がご家族お揃いで輝かしい新年を

お迎えになられることを祈念いたしまして、

本年最後のエントリーといたします。

 

それでは皆様・・・

Tosi

2019年12月18日 (水)

麺通団(東)、鬼そばを喰らう!の巻

【麺通団東八田分団】・・・拙ブログに再三再四登場する、

地元消防団員有志で結成されたグルメ探求集団である。

うどんが喰いたければ四国へ

お好み焼きが喰いたければ広島へ

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・

 

毎回結構な遠方地まで出かけて行くのだが、

もちろん地元京都府内のグルメも疎かにしておりません。

 

※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

麺通団(東) 蕎麦を喰らう!

麺通団(東)、京へ

麺通団(東)丹後へ!

麺通団(東) 蒸し蕎麦を喰らう

’09麺通団(東)初出動!うどんを喰らう!

麺通団東八田分団 沖縄料理に舌鼓

 

今回我々が目を付けたのは「鬼そば」!

お隣:大江町は「大江山 鬼伝説」の残る町ということで、

「鬼そば」を名乗る蕎麦屋も少なくありません。

そんな中、最近SNSを賑わせている蕎麦屋があるのです。

一体どんなお店なのか?

早速イッてみよう!

 


今回は少人数・・・団員2名での行動ということで、
RSにてオープンドライブを兼ねての出動です♪


親父2人、オープンドライブ楽しみつつ現地到着


コチラが「雲原 大江山 鬼そば屋 なな姫」さんの全景


入り口横にはこんなメッセージが・・・


早速入店


お店に入ってまず目に入るのがこの衣装!
実はコレ、料理長なな姫様がお召しになるご衣裳の様子


ただの蕎麦と侮るなかれ! 凄まじく豊富な品数!
メニューが13ページもありましたよ!


あまりの品数の多さに何を選んでイイのか分からない!
そんな時はお店の1番人気を頼むのが私のパターン
今回は「とり天そば」を注文!


ハイ、やって来ましたコチラがとり天そば(並盛¥1,250)


ちなみにコチラは「えびかき揚げそば」

 

それでは早速いただきましょう!

まずは「とり天」から。

熱っ! めちゃ熱っ!

揚げたてで熱々でございます。

ふ~ふ~して喰らうと・・・美味っ!

なんやこれ、めちゃ美味いやん!

某うどんチェーン店のとり天など比較にならない美味さ。

唐揚げ好きの私ですが、う~む、とり天って美味かったのね♪

 

つづいてメインのおそば。

まず感じるのはその麺の太さ。

うどんとは言わないが、かなり太い!

そして短い! なんだこの短さは!

太くて短い! 太短い!

実は太くてかたく、不揃いの手打ちそばというのが、

鬼そばの特徴だとか。

 

普通のそばのように「ススる」というより、口に運ぶ感じ。

10割そばということで、香り高く腰が強い麺は食べ応えあり。

なんか久々にちゃんとした「蕎麦」を喰ったという感じ。

まぁ、普段はスーパーで売ってる激安の小麦粉だらけの

蕎麦しか食ってないもんなー。当たり前やね。

 

そばというと、冷たい方が好きな私は普段、

夏でも冬でもざるそばしか食べないのだが、

今回コチラのそばを食して考えが変わりましたな。

温かいそばも美味い! 

美味いもんは美味い!

 

ということで、大満足のそばツアーでございました。

みなさんもこの寒い季節、温かいそばで身も心も

温かくなられてはいかがでしょうか・・・。

 

身も心も温かくなった私たちはこのあと、

もちろんフルオープンで帰路に着きましたとさ。

おわり。

 

【雲原 大江山 鬼そば屋 なな姫】

住所:京都府福知山市雲原1248

電話:0773-36-0016

営業時間:11時〜15

定休日:毎週 火曜・水曜(祝日は開店)

公式サイト:http://www.onisobaya.net/index.html

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2019年12月 4日 (水)

麺通団(東)、敦賀でソースカツ丼を喰らう!

【麺通団東八田分団】・・・拙ブログに再三再四登場する、

地元消防団員有志で結成されたグルメ探求集団である。

うどんが喰いたければ四国へ

お好み焼きが喰いたければ広島へ

美味いものがあると聞けば、北へ南へ東へ西へ・・・

 

※以下活動記録のごくごく一部を抜粋

「讃岐うどんツアー!」

「広島だよ麺通団(東)!」

「麺通団(上)香港へ!」

「でら、うみゃー麺通団(東)名古屋へ!」

「麺通団(東)岡山へ!」

・「麺通団(東)混浴を堪能!?の巻

 

まさに縦横無尽、アクティブに喰らいまくる漢たちである。

そんな我々が定期的に訪れているところ・・・

それは福井県敦賀市にある「ヨーロッパ軒」。

こちらの目玉は何と言っても「ソースカツ丼」!

福井で「カツ丼」と言えば卵でとじたモノではなく、

ソースをかけたものが主流。

その中でも有名なのが大正14年創業の老舗「ヨーロッパ軒」さん。

いや、ほんと、マジで美味いんですわ。

そんなわけで、麺通団(東)敦賀紀行はじまりはじまり~。

 


この日の私は早朝より消防団の現場へ巡察に


消防ポンプが正常に動作するか点検しております

 

さて、公務を終えた私・・・

先ほど点検をしていた後輩たちと共に一路敦賀へ。


着いたところは・・・「ヨーロッパ軒 本店」さん


今回注文したのはデラックス丼・・・ハミ出とるやないかい!


トンカツ、メンチカツ、エビフライの三重奏♪

 

早朝よりの訓練でお腹ペコペコの団員一同。

食べました、食べました、ガッツリいただきました。

美味いです。相変わらず美味いです。

やはりソースが決め手なんでしょう。

甘さと、酸味、それにピリッとしたスパイシーさが、

絶妙なハーモニーを奏でております。

なんだかとってもクセになるお味。

 

ちなみに、これまでの人生でメンチカツを美味いと

思ったことは無かったのですが、ヨーロッパ軒さんの

メンチカツを食して以来メンチカツの虜に。

いや、ほんまココのは美味いわ。

今回初来店となった「ソースカツ丼童貞」の後輩2人も

そのデリシャスなお味と量に悶絶しておりました♪

 

【敦賀ヨーロッパ軒 本店】

住所:福井県敦賀市相生町2-7

電話:0770-22-1468

 

さて、食った後は少し動かねば・・・

ということで敦賀市内を散策することに。

まず最初に訪れたのは、北陸の総鎮守「氣比神宮」さん。

 


コチラの大鳥居は日本三大木造鳥居の一つに数えられ、
国の重要文化財に指定されているとのこと


コチラにお参りするのは11年ぶり
せっかくなんで記念撮影

 

【北陸道総鎮守 氣比神宮】

住所:福井県敦賀市曙町11-68
電話:0770.22.0794
(受付時間:9時〜17時)
公式サイト:https://kehijingu.jp/

 

さて・・・

アニメ好きの方で「松本零士」の名を知らない人はいないでしょう。

「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などを描いたSF界の重鎮である。

実はその松本零士作品がここ敦賀で楽しめちゃうのです! 

 

どういう事かというと、1999年敦賀開港100周年を記念して開催された

「つるがきらめきみなと博21」というイベントの記念事業として、

松本零士作品のアニメモニュメントが、JR敦賀駅から氣比神宮までの

商店街に設置されたのである。 

ということでモニュメントのあるシンボルロードへ・・・

 


「アナライザー」
宇宙戦艦ヤマトの名物ロボですねー


「英雄の丘」 
ヤマトのメインキャラといえばこの2人!古代 進と島 大介


「別れー出会い」
ヒロインといえばやはり森 雪


「サーシャの最後」


「信じ合う愛」


「佐渡酒造」


「星野鉄郎とメーテル」
来ました! 銀河鉄道999シリーズ!


「銀河鉄道999」


「少年 星野鉄郎」


「メーテルとの出会い」
11年ぶりにメーテルと出会えました・・・相変わらずの美貌


「旅立ち」
999での名物キャラといえば車掌でしょう!

 

以上、全28体の内、今回は11体のみご紹介いたしました。

JR敦賀駅から氣比神宮までの道路の両側に設置してあるので、

かなりの距離があり、食後の運動にはもってこい。

アニメ好きならずとも、1度はご覧ください。

 

Photo_20191203163601

敦賀観光案内サイト漫遊敦賀より

 

【シンボルロードモニュメント】

敦賀市白銀町~本町の区間

 


ちなみに、敦賀駅周辺の商店街は何処も異常に長い!

 

さて、次に我々が向かったのは・・・↓


敦賀赤レンガ倉庫・・・早速入館!


館内にあるノスタルジオラマを観る!


昭和20年の復元地図を参考に往時のまちなみを
約80分の1スケールで再現してあるとのこと

 

【敦賀赤レンガ】

福井県敦賀市は明治から昭和初期にかけてロシアを経由して
大陸ヨーロッパへと繋がる国際都市として繁栄しました。
その象徴である『敦賀赤レンガ倉庫』は、外国人技師の設計に
よって1905年に石油貯蔵用の倉庫として建設され、途中、軍の
備品倉庫や昆布貯蔵庫としても使用された福井県内でも有数の
レンガ建築物です。2009年1月には、北棟・南棟・煉瓦塀が国
の登録有形文化財に登録されました。
※公式サイトより

 

【ノスタルジオラマ】

全長約27メートル、最大奥行き約7.5メートルの大きさを
誇る鉄道と港のジオラマ「ノスタルジオラマ」。
D51・1号機をはじめとする蒸気機関車、ディーゼル機関車、
敦賀の特徴となるスイッチバックなどの鉄道模型、自走式の船
や自動車が、ところせましと走り抜けていきます。
また、このジオラマのまちなみは、『いま蘇る みなとまち敦賀
の町並み』気比史学会創立10周年記念出版(1988年)の
昭和20年(敦賀空襲被災時)の復元地図を参考に往時の街並み
を約80分の1スケールで再現しました。
※公式サイトより

 

住所:福井県敦賀市金ケ崎町4番1号

電話:0770-47-6612

公式サイト:https://tsuruga-akarenga.jp/

 

 

ということで!

ひっさびさに敦賀を満喫した1日となりました。

いやー美味かった、楽しかった♪

メーテルにも会えたし。

また行こうっと。

 

さぁ、我々の次なるターゲットは何処だ!?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2019年9月 2日 (月)

京の奥座敷:英国ドゥリムトン村へ

京都府亀岡市にある"英国"

ん?一体なんぞや? と思われるでしょうが、

いや、あるんです亀岡にイギリスの村が。

ハイ、コチラ↓

 

















 

ね、英国でしょ。

こんなお洒落な、こんなテーマパークみたいな所はどこ?

コチラ、亀岡にあるポントオークというレストランでございます。

写真を見ていただいた通り、一歩敷地内に足を踏み入れると、

そこにはお洒落な空間が広がりまくっておりましたよ。

 

2ヘクタールにも及ぶ敷地内にはレストランだけではなく、

ヨーロッパ直輸入のアンティーク品が購入できるアンティークセンター、

各種教室や集まりなどにレンタル出来るカルチャーコテージ、

宿泊可能なツインコテージまで・・・そこはもう異国の地。

 


ミートパイ 1,200円


ジンジャークッキーのついたティーセット 1,100円

 

今回はミートパイとキャラメルティーで

優雅な午後のひとときを楽しませていただきました。

皆さんも英国気分を味わいにぜひどうぞ。

ちなみに、料理写真は撮影O.Kですが、

店内の撮影はN.Gですのでご注意ください・・・。

 

【ドゥリムトン村のレストラン:ポントオーク】

京都府亀岡市西別院町柚原水汲12

公式サイト・・・http://dreamton.co.jp/

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年3月20日 (水)

ダイソーグッズで山飯を豊かに!の巻

先日のエントリーでは、MTBライドとはいえ如何に美味しくランチをいただくか・・・

ということで、これまでのメニューを掲載させていただいたのだが、

美味しいランチ・・・となると調理器具も重要。

そんな中、ちょっとエエもんを発見したのでご紹介!

それがコチラ↓

 

Img_0943
 ↑ ダイソー ラップが要らないシリコーン製ふた 18cm

Img_0940
 ↑ 半透明となっております

Img_0941

Img_0942
 ↑ シリコン製なので、こうして丸めることも可能

                                                                                                                                 

まぁ、なんだ、ネーミングのまんま、シリコンで出来た鍋蓋である。

実は私、山中で焼き物をする際、鍋蓋が欲しかったわけですよ。

特に透明のものが。

しかしガラス製の物は重いし、割れると困るし・・・そこでダイソー!シリコン製!

まさに私が望んでいたものであります。

で、これで一体どんなことをするのか?

その一部をご紹介

 

Img_0973
 ↑ まずは・・・ラーメンなどの湯を沸かす際、鍋蓋使用でガスを節約

Img_0976
 ↑ そして取り出しましたるウインナー・・・普通はただ焼くだけですが、
    このシリコン蓋を使用し「焼きボイル」なる調理法を試してみることに

Img_0977
 ↑ まずフライパンにウインナーと水を入れます

Img_0978
 ↑ 蓋をして火を点けます(弱中火)・・・時々ゆすってウィンナーを転がす

Img_0980
 ↑ 水の量が減ってきたらふたを取り外して強火に! 一気に水を飛ばす!

Img_0937_4
 ↑ 水が飛んだら、若干焼き目をつけて完成~! 

 

ということで、実食・・・ウマーーー!

ポイントは皮が裂けないよう注意すること。

いつもの切れ目を入れてガンガン焼く方法とはまた違った風味が楽しめます。

焼きボイルと一口に言っても、細かいところで色々とやり方があるようなので、

また次回試してみるといたしましょう。

 

ますます広がるMTB山ランチメニュー。

次なる山飯はなんだ!?

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年3月 7日 (木)

山飯 一挙大公開!

さて皆さんは、MTBライドの際どんなランチタイムをお過ごしでしょうか?

拙ブログの読者の皆さまならご存知の通り、私のライド飯は基本バーナー系。

何かを煮たり、焼いたり・・・ランチタイムもMTBライドの楽しみの1つ。

走るだけではなく、山に滞在する時間全てを楽しもうというスタンスでございます。

 

で、これまでのライドで一体どんなものを喰らってきたのか?

ここで一挙大公開!

Dscf6590
 ↑ 人生初の山ラーメンは2013年1月の林道走にて・・・全くの具なし(笑)!
    ※「京丹波 林道タカタラビ線で初:山ラーメンの巻」より

Dscf6812
 ↑ カップ麺にも度々お世話になっております

Dscf6816
 ↑ 念願の初:山コーヒーも2013年1月でした
    ※「niner JET9 RDOのシェイクダウンは山の中」より

Dscf7347
 ↑ 少し日が経ち・・・同じく2013年1月ですが、生麺に昇格しております♪
    ※「スノーライドで大転倒2013の巻」より

Dscf7082
 ↑ 初:焼き物は缶詰の焼き鳥でした
    ※「NINER JET9 RDO 京丹波の林道縦走の巻」より

Dscf7389
 ↑ 煮込む系うどん初登場!
    ※「niner と 山うどん」より

Dscf7282
 ↑ おでん初登場!
    ※「niner JET9 RDOと往くアドベンチャーライドの巻」より

Dscf1139
 ↑ 前述の初:山ラーメンは完全なる「素」ラーメンでしたが、やっと「具」が!
    ※「ninerと往く雪山ライドと山ギョーザ」より

20130210_114936
 ↑ さらにver.UP! 具の餃子にプラス野菜が入りました!
    ※「niner と 山ギョーザ再び」より

Dscf1084
 ↑ 2013年2月になり遂に焼き物の王道:ウインナーの登場!
    ※「ninerと往く、いつもの峠、新たな古道」より

Cimg3127
 ↑ 何度も山飯をしていると、箸を忘れることも度々! その都度そこら辺の・・・
      
※「ナイナーと往く水源の里の林道探索の巻」より

Cimg7518
 ↑ カップ麺の3倍ほどのお値段を誇る缶詰を具にすることも・・・

Cimg7519
 ↑ あらびきソーセージステーキにも大変お世話になっております
    ※「宮津MTB登山 恍惚の東峰編・・・そしてその代償」より

Cimg0234
 ↑ 2014年5月になり、初めてチャーハン登場!
    「NINERと往く 丹波・丹後歴史街道~つつじの尾根~」より

Img_0203_5
 ↑ かの有名なジブリ飯の真似をすることも・・・
    ※「激坂林道で豪華山ランチ!の巻」より

Cimg7878
 ↑ 数年周期で糖質ダイエットをする私、その場合のメニューはチキンメイン!
    ※「里山トレイルライド in 綾部 2016秋 第2弾」より

Cimg4630
 ↑ 新メニュー登場! 焼いたベーコンを乗せて・・・

Cimg4631
 ↑ チーズを被せて・・・

Cimg4632
 ↑ じっくり焼いたら・・・

Cimg4633
 ↑ 出た! ホットサンド! 調理器具は激重だが、超美味い!
    ※「2015 清秋の里山トレイルライド IN 綾部」より

Cimg8430
 ↑ 年末年始のライドといえばコレでしょ!
    ※「クリスマスは山でケーキ! IN  宮津」より

Img_0718
↑ 2019年、またまたダイエット実施中の私、そんな時はローソンブランパン!
  低糖質の自家製ホットドック!※「受難!災難! 新春ライドは危険な香り」より

Img_0769
 ↑ 最近だとコレ! 山プチBBQ!
    ※「破壊&転落 リベンジライドの巻」より

 

番外編

Cimg6679
 ↑ やっぱ飲み物はコレやね~♪
    ※「3週連続 de 宮津Hパーク」より

Cimg8433
 ↑ クリスマスシーズンはこんなデザートも!
    ※「クリスマスは山でケーキ! IN  宮津」より

Cimg9612
 ↑ これは少し特殊ですが、トレイル入口で本格的にBBQをすることも!

Cimg9628
 ↑ ラム肉!

Cimg9614

Cimg9634
 ↑ カキ氷機持参の強者も!

Cimg9636
 ↑ 真夏の山中でカキ氷が食べられるなんて♪
    ※「夏の終わりのライド&BBQそして山カキ氷」より

 

こうして振り返ってみますと、簡単な内容のモノばかりではありますが、

なかなか色んなものを食しておりますな

MTBライドというかなりの制限のある中で、いかに美味しいものを作るか・喰うか、

今後はさらに手の込んだモノに挑戦したいもんです。

とりあえず、「すき焼き」 「しゃぶしゃぶ」 「焼肉 or ステーキ」・・・

このあたりはイッちゃいましょうかね~!

さぁ、次なる山飯はなんだ!?

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年2月18日 (月)

ARA! @ happy Age51

1年に1度のこの日がやってまいりました・・・

本日18日、私51歳の誕生日を迎えました

では!毎年恒例これまでの人生を振り返ってみましょう!

※多少画像を追加しておりますが毎年ほぼ同じ内容のコピペです・・・
   この1年で新しく読者になられた方もいらっしゃるかもしれませんので悪しからず
 

 

10代(小学生~高校生)

◆モデルガンやエアーガンでの撃ち合い、サバイバルゲームに興じる

Cimg5842
 ↑ 懐かしのエアーガン:マツシロSSオートマグ・・・分かる人いらっしゃいます?

Img_0830
  ↑ コチラはモデルガン・・・1983年発売の鈴木製作所ベレッタM92SB

                                                                

◆S.G.S(城山グリーヒルスピードウェイ:兵庫県西脇市)にてRCカーレースに初参戦
  ※1/12EPレーシングカーのシリーズ戦

Sgs3_2
 ↑ 懐かしい写真!当時の電動カーといえば1/12レーシングカーが主流でした

Sgs1_2_2
 ↑ チェーンドライブ、ベルトドライブの4WDマシンや4輪独立サスマシン、
    3Pサスマシンなどなど、当時は駆動方式やサスペンション方式が
    過渡期で非常に様々なマシンで競い合っておりました

 

社会人10代後半~20代前半

◆マツダ サバンナRX-7(SA22C  S55年式)にて峠を走りまくる → 単独事故廃車

◆マツダ サバンナRX-7(SA22C  S58年式)にてサーキットデビュー

Sa22c

Sa1_7
 ↑ 草レースに興じております

Sa2_4
 ↑ 岡山県中山サーキットにて

22
 ↑ SA22C型セブンで奇遇にもゼッケンが22番!

                                                                                                                               

20代後半~30代

◆RCカーレースにその全てを捧げる

※各カテゴリーにて各地ショップのシリーズ戦に参戦

※1/12EPレーシングカー、1/10EPレーシングカー、1/10EPツーリングカー
  タミヤF-1、京商ミニッツ・・・各カテゴリーの全日本選手権に挑戦

※玩具問屋に転職し、RCカーレースを開催する側にもまわる

※1/10EPツーリングカーではメーカーサポートドライバーとして活動
  (サードパーティーメーカー:SPEEDMAX)

※京商ミニッツではメーカーテストドライバーとして活動
  (サードパーティーメーカー:TaGu)

Img_20190217_0001_2
 ↑ 玩具問屋就職時代に開催していたレースの様子

04
 ↑ 京商ミニッツカップ2004関西大会にてF-1クラス出場で見事優勝!

05_2
 ↑ 関西チャンピオンとして乗り込んだ全国大会では予選1位 決勝2位

Rcm_010_2

Cimg5834_3
 ↑ RC専門誌に取材されたこともありましたな(遠い過去の栄光自慢悪しからず)

 

◆MTBを購入し林道走を楽しむ

Mtb_001
 ↑ 今も現役! 1995年式サイクルワールド号

 

◆マツダロードスター(NB8C 1998年式)購入でマツダスポーツカーに復帰!
   オーナーズクラブ「Club Style」に加入でツーリング&ミーティング三昧

090920_070
 ↑ 広島県三次市にあるマツダのテストコースにて

090920_095
 ↑ ロードスター生誕10周年&20周年記念ミーティングに参加

090920_105
 ↑ ロードスター 生誕 20周年 記念ミーティング IN 三次!より

 

◆グルメ探求集団「麺通団東八田分団」を結成し全国各地を食べ歩く

Men2dan_036_2
 ↑ 1枚のお好み焼きのために広島へ!

0808163
 ↑ 石川県金沢市のハントンライス

090815_051
 ↑ 名古屋:矢場とんのみそかつ

Cimg9771
 ↑ 一杯のうどんを喰らうために四国へ

 

40代前半

◆ロードバイクデビューでロングライドイベント三昧

091018_045
 ↑ 大山も何度か登りましたよ・・・鳥取県:ヒルクライム IN 大山 より

120408_068
 ↑ 岡山県遠征も度々しましたね~ メディオフォンド 雲海ステージ参加の巻より

Dscf4323
 ↑ コウノトリチャレンジライド IN 但馬 より

120318_117
 ↑ 琵琶湖一周もしましたな~

Dscf5145
 ↑ 淡路島一周でのひとコマ

 

40代後半

◆MTBに復帰!

Cimg6289
 ↑ 29インチのカーボンフルサスマシン:NINER JET9 RDOで山へ復帰!

Cimg0750
 ↑ 吉井川MTB耐久レース2013 参戦の巻

Cimg7313
 ↑ 2013年9月には念願のSDA王滝100kmにも参戦/完走させていただきました

Cimg7616
 ↑ 2015年には27.5インチマシンを追加! (GT SANCTION EXPERT)

Img_0285
 ↑ ダウンヒル系レースにも参戦 (菖蒲谷SDH 2016 第4戦

 

◆2016年の後半にはロードスターへの物欲も爆発的に復活!
  また、ひっさびさにクラブツーリングやミーティングに参加

Cimg8288
 ↑ 18年ぶりにアルミホイールやら車高調を新調(TE37V SL 2016ver.

Cimg8041
 ↑ 3クラブ合同ツーリング~伊勢・志摩・鳥羽への旅~でのひとコマ

B97bf5658a
 ↑ 岡山県の鷲羽山で開催されている「おはきび」に参加

Dsc_0131
 ↑ 嵐山高雄パークウェイで定期的に開催される「おはたか」にも参加

 

◆2017年には超超久しぶりにエアーガンをGET!

Cimg8774
 ↑ 急に最新式のエアーガンが欲しくなり電動ガンを購入(マルイ ハイキャパE

Dsc_1033
 ↑ 2017年7月には9回目の車検を受けたロードスター

 

ついに50代突入!

Img_4230
 ↑ 2018年4月から消防団の分団本部機械部長を拝命


 ↑ 綾部市消防団年間最大の行事 「平成30年度 団長点検」の模様

Dsc_0139
 ↑ 50になっても、まだまだ走りますよ!

Dsc_0166
 ↑ 念願の高原ライドを果たす・・・秋は爽やかに高原ライドへGO!の巻 より

Dsc_0033
 ↑ 50歳の記念に初ラクダライド・・・鳥取で砂まみれ!の巻 より

Dsc_0099_2
 ↑ 今後の人生最大の目標は「夫婦円満」・・・夫婦水入らずの食事なんて
    何年ぶりでしょう・・・観光列車で豪華にランチを楽しませていただきました

Img_0802
 ↑ 2/16には50歳最後のトレイルライドを楽しみました♪

                                                                   

ハイ、こうして1年に1度、我が人生を振り返りますと見事に遊んでばかり。

で、10代から50代まで趣味嗜好が全く変わってないという・・・

51歳になった今年の目標は「旺盛な士気」と「夫婦円満」。

まぁ、何事も前向きにヤル気を出して進んでまいりましょう。

ということで関係各位どうぞよろしくお願いいたします。

 

その他、興味関心のあること一覧

☆ミニカー収集(マツダロードスターNB型)
 
☆映画DVD収集(特にスティーヴ・マックイーン出演作)
 
☆米TVドラマ鑑賞(ツインピークス、LOST、HEROES、glee好き)
 
☆洋楽(特に’80S)、映画音楽鑑賞
 
☆SF&ミステリー小説(ロバート・A・ハインライン、アガサ・クリスティ好き)
 
☆ゲーム(グラセフ最新作早よ出て!)
 
☆ファーストガンダム
 
☆プロレス好き
 
☆消防団活動(京都府綾部市消防団所属)
 
☆将来偉人になる為の子育て術
 
☆娘が年頃になっても嫌われない方法
 
☆50代からの夫婦円満術
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2018年12月25日 (火)

日本三景:天橋立を眺めながらの忘年海鮮ライド!の巻

京都府宮津市・・・

京都府の北に位置する市で、人口18,070人(H30.11.30推計人口)。

宮津市は与謝野町(旧岩滝町)を挟んで南北に飛び地になっている珍しい市。

主な産業は観光産業で、観光の目玉は何と言っても日本三景の1つ「天橋立」。

宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔てる全長3.6キロメートルの湾口砂州とされる。

 

2012年から開催されている「TANTANロングライド」の発着点ということで、

自転車乗り的にも要注目な街。

そんな宮津市はロードバイクで走っても素晴らしいロケーションなのだが、

MTBにとっても最高のロケーションあり!

ということで、今回は「山チャリ MTB日記」 管理人:地元宮津のめがねカッパさん

kazuhiro 自転車生活ブログ」管理人:舞鶴のkazuhiroさん

・・・に私を加えた3名で京都府北部悪路研究会(仮称)の

忘年会を兼ねた林道&トレイルライドに参加させていただいた。

では早速リポート開始っ!

 

Img_0629
 ↑ ライド前、まずやって来たのがコチラ

Img_0632
 ↑ いつもは山の上でのランチを楽しむのだが、今回は忘年会も兼ねて
    贅沢に海鮮三昧することに♪ 早速入店!

Img_0630
 ↑ 店内・・・宮津湾を眺めながらの食事が楽しめます

Img_0631
 ↑ で、私が頼んだのは「海鮮丼 上」! 美味い! 美味すぎる!

Dsc_0278_2
 ↑ ちなみにカッパさんはコチラ・・・カニ!カニ!カニ! ヤバイよコレは♪

 

【お食事処 海鮮かわさき】

住所:京都府 宮津市漁師1652-2

電話:0772-22-6953

https://ja-jp.facebook.com/kaisenkawasaki/

 

ということで、のっけから大贅沢した私たち。

いや~ほんま、めちゃ美味かった・・・ていうか、マズかろうハズがない!

突き出た腹を擦りながら、いざ山へ。

 

Img_0633
 ↑ まずは舗装林道での登坂・・・もうね、のっけから押しですよ
    今年は近年稀にみる乗らなさ過ぎで体力超低下を実感(泣)

Img_0635
 ↑ そして未舗装林道へ・・・あかん、未舗装マジえらい

Img_0636
 ↑ こういうデンジャラスな感じが林道走の醍醐味やね~♪

Img_0638
 ↑ 宮津林道の特徴の1つがコチラ・・・アチラコチラにある巨岩

Img_0641
 ↑ なんだか幻想的?な雰囲気でございます

Img_0644
 ↑ 巨岩を横目にひ~ひ~登ってまいります・・・しかしほんまシンドイ!
    体力低下もさることながら、この日朝方3:30まで飲んでたからやワシ!

Cimg0142
 ↑ 過去画像・・・この林道に初めて訪れた2013年3月は雪が積もっておりました
    ま、今回は雪が無いだけまだ楽かな・・・そのときの模様はコチラをクリック

Img_0650
 ↑ さて、そんな宮津林道最大の特徴・見所がコチラ! わかるかな~?

Img_0651
 ↑ 天橋立~! 日本三景を眺めながらの山遊び・・・贅沢ですな~

Img_0652
 ↑ はぁ~はぁ~ぜぇ~ぜぇ~、なんとか林道を登りきり、DH入り口に到着

Img_0653
 ↑ ちょっと一服ということで 「カッパ珈琲」 の開店

Img_0654
 ↑ いっただきま~す!

Img_0655
 ↑ 休憩のあとは記念撮影・・・そして・・・

Img_0656
 ↑ いざDHへ出発!

Img_0658

Img_0663
 ↑ ごきげんなトレイルを下ったり・・・

Img_0665
 ↑ 渡渉を楽しんだりしながら・・・

Img_0666
 ↑ 無事下山

 

ということで、喰らった、走った、堪能しましたの忘年海鮮ライド。

いや~楽しかった、実に楽しかった♪

とにかく今年は例年と比べ、全くMTBに乗れない・乗らない年になってしまったので、

登りでは内臓が出るほど苦しんだわけですが、それでもやっぱり山は最高。

山に入っているだけでハッピーになれますな♪

そして海鮮!

忘年ライドにふさわしい豪華なランチを楽しませていただきました。

また海鮮&ライドにお邪魔しようっと!

 

というところで、今回はここまでっ!

 


にほんブログ村

2018年11月29日 (木)

高知満喫! 四国自動車博物館へGO!の巻

昨年11月、クルマ好きの同級生の間で結成したサークル・・・

「全国自動車博物館 探訪会(仮称)」。

その名の通り、自動車が展示してある博物館に訪れ、愛でるというもの。

記念すべき第1回は石川県にある「日本自動車博物館」でした。

※そのときの模様はコチラ・・・日本自動車博物館へGO! の巻

 

結成1周年を記念し、今回四国は高知県にある「四国自動車博物館」へ行くことに。

さぁ、一体どんな素敵なクルマに出逢えたのでしょうか?

早速レポート開始!

Dsc_0173
 ↑ 明石海峡大橋を渡る! 淡路島を縦断して・・・

Dsc_0207
 ↑ 目的地到着~! 四国自動車博物館!

Dsc_0175
 ↑ 入館するといきなりトヨタ2000GTとF3000がお出迎え

Dsc_0206
 ↑ エントランスにはF-1マシンも!

Dsc_0176
 ↑ いざ入場! どわぁ~! お、お、奥が深い! では早速見てまいりましょう!

Dsc_0178

Dsc_0181

Dsc_0180

Dsc_0182

Dsc_0183

Dsc_0184

Dsc_0185

Dsc_0186
 ↑ DTMのアルファが見られるなんてオジサン感激!

Dsc_0187

Dsc_0188

Dsc_0189
 ↑ スーパーカーの王様:カウンタックもありましたよ♪

Dsc_0191

Dsc_0192

Dsc_0193

Dsc_0194

Dsc_0195

Dsc_0196

Dsc_0198
 ↑ もちろん、日本車の展示もございます

Dsc_0200

Dsc_0201

Dsc_0202
 ↑ 1つの博物館に2000GTが2台あるのも珍しいな~

Dsc_0203

Dsc_0177

Dsc_0179
 ↑ F-1も含め、コチラに展示してあるフェラーリのエンブレムはなぜか豚でした

Dsc_0204
 ↑ バイクの展示も多数あり

 

【四国自動車博物館】

アルファロメオやポルシェなど欧州のレーシングカーやラリーカー、

日本のトヨタ2000GTなどが展示されています。これらすべての展示品はすぐに

始動できる最高のコンディションで保存されています。

1960~80年にかけての希少性の高いヒストリックカーを中心とするコレクション。

ロビーには、アルファロメオやフェラーリに関する輸入書籍を中心に500冊あまりを

ストック。館内でご自由にご覧いただくことができます。展示車両とゆかりの深い

ミニカーのラインナップと、当館オリジナルポストカード、バッチ、ステッカーなどの

ちょっとしたお土産もご用意されています。

住所 〒781-5233 高知県香南市野市町大谷896

電話 0887-56-5557

開館時間 10:00~17:00

休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館)

入場料 おとな:800円、高校以上学生:500円、小中学生:300円
      シルバー(65歳以上の方対象): 600円

公式H.P http://www.vistanet.co.jp/museum.htm

 

Dsc_0215
 ↑ 名車を愛でたあとは、腹減ったということで移動・・・

Dsc_0208
 ↑ やって来たところがコチラ・・・平成浪漫商店街ひろめ市場

Dsc_0214
 ↑ 入り口にはあの有名な方が! ということで一緒に・・・

Dsc_0210
 ↑ 中は物凄い人でごった返しております(汗)

Dsc_0211
 ↑ 何とか席を確保・・・我々が食したのがコチラ! やっぱコレでしょ!

Dsc_0212
 ↑ いっただきま~す!美味い!さすが本場! 綾部で喰うのと全然違う!

 

【平成浪漫商店街ひろめ市場】

ひろめ市場は高知市帯屋町2丁目にある、集合型の屋台村。

「ひろめ」の名称は、かつてここに土佐藩の家老であった深尾弘人蕃顕

(ふかおひろめしげあき)の屋敷(いわゆるひろめ屋敷)があったことによる。

主として飲食店が中心となっているが、高知県の地場産品の鮮魚、精肉、青果、

酒類、総菜の販売も行われ、衣料品店などもある。飲食の店舗が多く、

カツオのたたきをはじめとする和食、中華、イタリアン、インド料理まである。

 

住所 高知市帯屋町二丁目3-1

電話 088-822-5287(館内インフォメーション)

営業 8:00~23:00(平日・土・祝日)/7:00~23:00(日曜)
    ※店舗の営業時間は店舗により異なります。

休館 元日、1月・5月・9月の第2または第3水曜日

公式H.P https://hirome.co.jp/

 

Dsc_0217
 ↑ 次に我々がやって来たのがコチラ・・・高知城!

Dsc_0219

Dsc_0221
 ↑ 立派ですな~!

Dsc_0230

Dsc_0223
 ↑ せっかくなんで、場内を見学

Dsc_0229
 ↑ さぁ、天守閣からの眺めは・・・

Dsc_0224
 ↑ お~市街一望!

Dsc_0226
 ↑ 別方向  ・・・ん?なんだあの卵のようなものは・・・?

Dsc_0234
 ↑ ハイ、その卵! 現在高知城では「チームラボ高知城光の祭」という
    イベントを開催中でその舞台装置の1つ。夜になると光るとのこと

 

【高知城】

高知城は高知県高知市にある日本の城。別名鷹城(たかじょう)。

江戸時代には土佐藩の藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿

(なお、天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみである。)、

追手門等が現存し城跡は国の史跡に指定されている。

日本100名城に選定されている。

 

住所 高知市丸ノ内一丁目2番1号

電話 088-824-5701(高知城管理事務所)

開館 9:00~17:00 (最終入館16:30まで)

休館 12月26日 ~ 1月 1日

料金 18歳以上420円 18歳未満無料

公式H.P http://kochipark.jp/kochijyo/

 

Dsc_0240
 ↑ 車、飯、城と堪能し帰路へ・・・コチラは瀬戸大橋

Dsc_0241_2
 ↑ 朝日が昇る前から、夕焼け空が見えるまで遊ばせていただきました♪

 

ということで、堪能させていただきました高知県!

今回は弾丸日帰りツアーということで、メイン3ヶ所のみの観光でしたが、

十二分に楽しませていただきました♪

それにしても美味かったッス、かつおのタタキ。

 

さぁ、次回は何処の自動車博物館に行こうかな??

思案しながら今回はここまでっ!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年11月16日 (金)

丹鉄レストラン列車:くろまつ号でGO!

前回までのあらすじ

西舞鶴から京都丹後鉄道(通称:丹鉄)のカフェ列車「あかまつ号」に乗車した私。

文字通り車内では美味しい珈琲をいただき、車窓からの絶景を楽しみ、

観光列車の旅を満喫し、天橋立駅に到着したのであった。

さて・・・

今度は今回のメインであるレストラン列車「くろまつ号」に乗車し西舞鶴へ。

そうなんです、今回の列車の旅はピストンなんです。

で、乗車まで1時間程度余裕があったので、せっかくということで天橋立へ。

 

Dsc_0086
 ↑ 知恵の輪を覗いてみたり・・・

Dsc_0091
 ↑ 松林を散歩したりしているうちに乗車時間に・・・天橋立駅に戻って・・・

Dsc_0094
 ↑ ハイ、コチラがくろまつ号

Top2_3
 ↑ で、車内がコチラ・・・落ち着いた雰囲気ですな ※画像は丹鉄H.Pより借用

Top4
 ↑ 壁にも松があしらってあります

Top6
 ↑ 地元の特産品の展示もあり

Dsc_0095
  ↑ 早速乗車・・・大人気につき今回も満席。私は相席になりました。
    「くろまつ号」といえばレストラン列車ということで、西舞鶴の隠れ家ビストロ
    「アメイロビストロアルル」のオーナーがくろまつ号のためだけに作った特別な
    イタリアンのフルコースを楽しみながら西舞鶴へ向かいます。

 

さぁ、ここからはメインとなるお料理のご紹介

Dsc_bok_20181110123946825
 ↑ 前菜3種(彩り野菜のピクルス・キッシュ・大黒本しめじのアヒージョ)

Img_20181110_130210
 ↑ 6種野菜のカポナータ

Img_20181110_130836_2
 ↑ 京都ポークのコンソメスープ

Dsc_bok_20181110132218554
 ↑ 奥丹波みたけ牛の溢れるローストビーフ重

Dsc_bok_20181110134013924
 ↑ 丹波若鳥のフリカッセ(クリーム煮)

Dsc_bok_20181110141631656
 ↑ 安納芋とキャラメリゼした林檎のタルト

Img_20181110_142234
 ↑ 〆は食後の丹鉄珈琲

Dsc_0097
 ↑ ちなみに・・・地ワイン(赤・白)はお替り自由で楽しめます♪

                                                            

【丹後くろまつ号】 海の京都を走るダイニングルーム

美しい海、穏やかな山並み、のどかな田園風景など様々に移り変わる車窓の眺めと

共に、地元の食材をふんだんに使った料理で特別な時間を。

車内は天然木を贅沢に使い、落ち着いた雰囲気と懐かしさが感じられます。

丹後くろまつ号でしか味わえない上質な旅を存分にお楽しみください。

数々の列車デザインで知られる、水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当。

天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマにしました。

 

地元食材を知り尽くした西舞鶴の隠れ家ビストロ「アメイロビストロアルル」の

オーナーがくろまつ号のためだけに作った特別コースをご提供。

また、お食事に合わてセレクトした地ワインのお替りは自由!

沿線の絶景スポットである「由良川橋梁」や「奈具海岸」でゆっくりと海の景色を

眺めながら、 贅沢な時間をお楽しみください。

途中の東雲駅では、地元住民による駅マルシェを開催します。地元特産品のお

土産もご用意してお待ちしております。

運行期間:2018年10月~2019年3月

運行日:金・土・日・祝

ルート:天橋立(12:48発)→西舞鶴(14:50)

料金:おひとり様 10,800円

詳しくはhttp://trains.willer.co.jp/matsu/course2-2.html

 

ハイ、というわけで喰った、飲んだ、満足しましたのレストラン列車「くろまつ号」。

いや~美味かったっス♪ ワインも美味かったな~♪

観光列車に乗るのも初めてなら、食堂車も初めてという、初めてずくしとなった

今回の列車の旅。 ・・・まぁ、普段電車に乗ること自体無いからね~。

地元ということで、景色自体は普段から見慣れているものの、

またいつもとは違った角度、違った雰囲気の中から眺める景色は格別。

美味しい料理と相まって、最高の旅情を演出してくれました。

皆さんもぜひ1度観光列車での旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

京都府北部へようこそ! 

 

さぁ、次ワシが乗るならコレかな・・・「日本海SAKE-1グランプリ」。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ