フォト

Mountain Paradise

Road Heaven

Cycle World

Twitter

ARA! リンク

2019年4月 6日 (土)

辛い押し歩きもインソールで軽やかに!

実は私、秘かにインソールマニアである。

現在各種シューズに使用しているインソールは↓

Cimg2616_3
 ↑ ショックドクターSP0932 プロテクティブインソール

Cimg2704
 ↑ ショックドクターSP0902 トレーナーロープロフィール

 

【ショックドクター インソール】

今履いている靴の中敷きを「ショックドクター・フットベッド」に交換するだけで、

人間が本来持っている足の動きや機能を、飛躍的に向上させます。

最新の衝撃吸収技術と、「足の自然な状態の安定」をサポートする

バイオメカニカルデザインにより、足・腿・腰・背中などにかかるストレスを

大幅に軽減して、疲労感を減少させるインソールです。

タイトなシューズとの相性を考慮したモデル。競技用スパイクはもとより、

サイクルシューズや中敷が取れないシューズなどにもおすすめです。

 

Cimg4104_2
 ↑ SOFSOLE エアーパフォーマンス・インソール

 

【SOFSOLE エアーパフォーマンスインソール】

土踏まず(アーチ)に加わる強い負荷をエアー構造で制御、サポート。

トレイルランニング、トレッキング、バスケットボール、ハンドボール、

テニス、バトミントンなどにお勧め。

○アーチの開閉運動をエアー構造SKYDEXが制御

○前足部のポリマージェルが足裏に柔軟性を生み出す

○快適な湿度をコントロールするCOOLMAX採用

 

上記3点が現在使用中のモノ。少しでも軽やかにペダリング出来るように、

少しでも楽に山に登れるようにと、アレやコレやと試しているのだが、

そんな中、今回新たに仲間に加わったのがコチラ↓                                                          

 

Img_0994
 ↑ Dr.Scholl Gel Activ

Img_0995
 ↑ 表

Img_0996
 ↑ 裏

Img_0997
 ↑ 二層のジェルで触るとムニュムニュしております

                                                                  

【Dr.Scholl Gel Activ】

二層のジェルが衝撃を吸収し、歩行や日常生活による足への負担を軽減。

1日中歩行が快適に。

○ジェルアクティブテクノロジー

 人間工学に基づくジェルアクティブテクノロジーがインソールに優れた

 衝撃吸収性とクッション性を実現。効果的に衝撃を吸収し、歩行や

 ランニングによる足への負担を軽減。

○足裏に合わせた形状

 接触面積と圧力分散の観点からデザインされた効率的な設計で、

○足への負担を軽減。

 

ということで、GETしたNEWインソール・・・

まずは日課のジョギングで試してみるといたしましょう!

                                                                   

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

2019年3月29日 (金)

NEWトレイル探索トレッキング第2弾!の巻

    
過日、地元:綾部の山で新たに「MTB遊びに適したトレイル」を見つけようと、

探索トレッキングを敢行したのだが、なかなか思ったようなトレイルではなく・・・

※「NEWトレイル探索トレッキング IN 綾部」 参照

それではと、今回またまた以前より目をつけていた別の山へ行ってみた。

今度こそMTB向けのトレイルに出会えたのか?

早速レポート開始!

 

Dsc_0625
 ↑ DHスタート地点・・・かなりの急傾斜

Dsc_0638
 ↑ エエ感じじゃないですかい

Dsc_0642
  ↑ ほほぉ~~

Dsc_0643
 ↑ ほお~ほお~ほお~

Dsc_0645
 ↑ ふむ、ふむ、ふむ

Dsc_0646
 ↑ いやーなかなかエエ感じじゃないですかー!

Dsc_0647
 ↑ さて、行程の半分を過ぎた辺りから雰囲気がゴロっと変わります

Dsc_0648
 ↑ 踏み跡分かります??

Dsc_0649
 ↑ 一方は崖、歩くのにも狭く感じるようなルートが続きます(汗)

Dsc_0650
 ↑ 終盤は走りやすいところもあり

Dsc_0651
 ↑ そんなこんなでトレイルアウト・・・林道へ降りてまいりました

 

ということで、歩いた、歩いた、歩き倒しましたのMTBルート探索トレッキング。

で、結果から申しますと・・・かなりキツイ登り返しが何度かあるものの、

なかなか面白い箇所もあるので、身体をイジメてみたい方にはイイかな・・・。

実は今回の山は2014年に拙ブログでの告知ライドで一度走ってるんですよね。

※「2014晩秋のMTB登山だよ全員集合 IN 綾部」 参照

そのときは今回のルートは通らなかったので、満を持して今回の探索と相成りました。

ま、いつでもご案内いたしますので、ご希望がございましたらお申し付けください(笑)。

さぁ、次の山はどっちだ!?

 

【年度末だよ全員集合! リス山ライド IN 綾部】

◆開催日時 3月31日(日) 10時集合出発

◆集合場所 京都府綾部市睦寄町在ノ向10 あやべ温泉下芝生広場駐車場

※決行かどうかの判断は明晩このブログにて。 怪しい場合の最終判断は当日発表!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年3月11日 (月)

NEWトレイル探索トレッキング IN 綾部

ここ数年、私の趣味の柱といえば・・・マウンテンバイクでの山遊び。

とにかくもう楽しくて楽しくて、山に居るだけでハッピーなのであります。

そんな楽しい山遊びだが、同じ山にばかり行っていても芸が無いということで、

時には他府県へもお邪魔するのだが、やはり地元の山も充実させねば!

 

地元綾部の山といえばメインとなるホームトレイルが通称:リス山で、

あと細かなトレイルが幾つかあるのだが、せめてもう1つメインとなる山が欲しい! 

ということで、今回は以前より目をつけていた山へ探索に・・・

さぁ、鬼が出るか蛇が出るか、一体どんなトレイルなのか!?

早速探索開始!

 

Img_0915
 ↑ まずは林道で登坂・・・トレイル入口はどこかな・・・

Img_0916
 ↑ 今回のトレイルは基本巡視路ということで、鉄塔を横目に登ります

Img_0917
 ↑ お、エエ感じやん♪

Dsc_0595
 ↑ おお~! 天然バームのこの感じ、リス山っぽくてイイですやん♪

Img_0918
 ↑ 全体的に明るい雰囲気でこりゃイイですよー

Img_0919
 ↑ 徐々に高度を上げてきました

Img_0923
 ↑ 尾根筋の鉄塔に到着

Img_0922
 ↑ 北側の眺め

Img_0921
 ↑ 南側の眺め・・・おお、こりゃリス山よりも眺めが良いじゃないか!

 

多少迷いつつも、林道からのトレイル入口を発見。

トレイルINすると・・・おお、エエ感じですやん!

トレイルは綺麗だし、全体の雰囲気も明るいし、イイぞ、イイぞ!

尾根筋に出ると・・・おお、眺めがよろしいやん!

 

トレイル入口からここまでで約800m。

かなり優秀なトレイル発見にテンションMAX!

山頂はまだまだ先。 この調子だとリス山みたいに2kmくらいは下れそう。

では山頂目指してレッツゴー!

 

Img_0925
 ↑ お、さすが高度が上がると雪が出て来たぞ

Img_0926
 ↑ ていうか、踏み跡が分からなくなってきたし・・・

Img_0927
 ↑ う、う、うーーーーむ・・・なんだか木だらけで歩くのも困難に・・・(汗)

Img_0930
 ↑ なんだかんだで山頂到着~! 
    実は今回消防団の後輩とご一緒しておりました
    これで熊が出ても、彼を生贄に・・・ぐふふ

Img_0931
 ↑ 我々が来た証ということで雪だるまを置き土産に

Img_0934
 ↑ 先ほどの尾根筋の鉄塔まで戻って・・・ランチタイムといたします
    初:山ランチにワクワクが止まらない後輩くん

Img_0935

Img_0933
 ↑ 絶賛糖質ダイエット中の私・・・今回はライザップのカップ麺

Img_0936
 ↑ ウインナーも糖質控えめなメニューですよー

Img_0937
 ↑ いっただきまーす! ウマーーー♪

 

ということで、登った、登った、探索しましたのNEWトレイル。

入口から約800mほどは最高でした。

しかし、そこから山頂までは・・・残念ながらMTBライドには適しておりません。

ん~~~~~~・・・

時間が無いとき、でもどうしても乗りたいとき、尾根筋の鉄塔までの区間のみ、

走るということならイイかな・・・ま、自宅からメチャ近いし。

 

『極上トレイル発見は一日にして成らず』

 

またコツコツと探索活動をいたしましょう。

で、今回無理矢理?連れていった我が後輩・・・

勘の良い読者の皆さまなら今後の展開がお分かりいただけるでしょう。

ぐふふふふふ・・・

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2019年1月 7日 (月)

2019初登山 in 綾部

さて、2019年である。

昨年は何かと忙しく、またモチベーションもダウン傾向

そんなことではイカーーン! 今年はアクティブに活動せねば!

ということで、元日から雪山登山へ行ってまいりました。

 

Dsc_0350
 ↑ 今回登った山がコチラ・・・その山容から「丹波富士」とも呼ばれる弥仙山                                               

Dsc_0328
 ↑ 麓まで来たが・・・う~む、結構な積雪具合だぞ(汗)
    ま、山の中に入れば木々で遮られる分、積雪も無いかな・・・?

Dsc_0331
 ↑ と、思いきや! 普通に積もっております

Dsc_0333
 ↑ 雪道シンドイ 何とか中腹の「於成神社」にたどり着く

Img_20190101_135858
 ↑ 中腹にある通称「もたれ大岩」・・・当然雪にまみれております

Dsc_0335
 ↑ 当たり前だが、高度が上がるにつれ積雪量も増す・・・ここで膝くらい

Screenshot_20190101141045
 ↑ あともう少し・・・がんばれワシ!

Dsc_0339
 ↑ あと200m

Dsc_0341
 ↑ で、常の3倍の労力を使い、何とか山頂の「金峰神社」に到着~!

Dsc_0346
 ↑ 山頂からの眺め・・・お隣:舞鶴が見えております
    はぁぁぁぁ~~~がんばった甲斐がありましたな~~

 

【弥仙山】

京都府綾部市於与岐町にある標高664mの山。

その山容の美しさから「丹波富士」とも呼ばれ、どこからでも鋭い三角錐の尖頂を

見いだすことができる。

「弥仙山のたけくらべ」の昔話では、舞鶴市にある青葉山と高さを競ったという

石積信仰が伝えられ、ライバル青葉山を追い越そうと、登山時には必ず石を

持って上がり、山頂に積み上げていく風習が残る。

 

ということで、登った、登った、登りましたの地元:弥仙山。

普段から登り慣れている山なのだが、雪のせいで通常の3倍しんどかった(汗)。

しかしながら、達成感も通常の3倍。 よくがんばりました♪

 

さぁ、今年はこの調子でアクティブにアグレッシブに活動するといたしましょう!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年7月24日 (火)

リス山点検トレッキングへGO!の巻

毎年5月から6月末にかけては消防団の訓練が非常に忙しく、

また今年は大雨による災害も発生しバタバタしているのだが、

先日少し時間が空いたので、ひっさしぶりにホームトレイル:リス山へ行くことに。

 

Dsc_2072
 ↑ トレイル入口・・・今回はMTB無しのトレッキングでございます

Dsc_2075
 ↑ ピストンコースの第1展望所にて

Dsc_2076
 ↑ この程度の倒木は見られるものの、大きな被害は無し

Dimpqthxsaa1hjk
 ↑ いや、ほんと、いつ来ても綺麗なトレイルです

Dsc_2082
 ↑ そんなこんなでいつものランチポイント到着

Dsc_2079
 ↑ 被害もなく、安心したところで昼寝を・・・

Dsc_2081
 ↑ 下界は38℃の酷暑ですが、こちらは涼し~!

 

ということで、ひっさびさの綾部:リス山。

大雨による被害が心配されましたが、おかげさまで異常なし。

安心して遊びましょう。

下界は倒れそうな暑さですが、山中は天然サンシェードのおかげで快適。

高度600mを過ぎたところからは本当に涼しくて、ランチポイントでは

気持ち良くお昼寝できました♪

次回はMTBで! というところで今回はおしまいっ!

                                                            


にほんブログ村

2018年5月10日 (木)

ニュートレイル探索トレッキングへGO!の巻

以前から目をつけていた綾部市某所にあるトレイルに探索に行って来た。

どんな状況か全く分からないので、今回はMTBは無し。

 

Img_20180504_103755
 ↑ トレイル入り口までは林道をゆく                                             

Dsc_1919
 ↑ 途中、エエ景色も見られます

Dsc_1920
 ↑ お、鹿や!

Dsc_1921
 ↑ トレイル突入前に腹ごしらえをいたしましょう

Dsc_1922
 ↑ コチラが入口・・・ではレッツゴー!

Dsc_1923
 ↑ ほほ~♪

Dsc_1925
 ↑ 多少荒れてはいるものの、なかなかエエ感じやないかい♪

Dsc_1926
 ↑ と、思いきや・・・やっぱりあったよ倒木が・・・

Dsc_1927
 ↑ どっひゃー! 

Dsc_1928
 ↑ ところどころ綺麗な区間あり

Dsc_1929
 ↑ エエかんじですやん

Dsc_1930
 ↑ と、思いきや・・・

Dsc_1931
 ↑ こりゃアカン! もう個人レベルでは手に負えないぞ

Dsc_1932
 ↑ コース自体はエエ感じなのだが・・・

Dsc_1933
 ↑ 無事下山

 

ということで、歩いた、歩いた、歩きまくりました!

全長約2km、コース自体は非常に面白そうなのだが、とにかく荒れまくり!

ここ数年、人が全く入っていないようで倒木!倒木!また倒木!の倒木地獄!

ほぼ全線倒木まみれ。

過去探索したトレイルの中でブッチギリに最強の荒れ具合。

こりゃ個人でどうのこうの出来るレベルじゃないですな(泣)。

そんなニュートレイル探索トレッキングでした。

おわり。

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2018年4月18日 (水)

リス山渓谷ルートを往く!の巻

さて、我がホームトレイルの綾部:リス山である。

通い始めて早4年。

無数のルートがあり、まだまだ未調査のモノも結構あったりする。

 

そんな中、まだ皆さんとご一緒していないルートの1つが渓谷ルート。

メインルートに比べ乗車距離が短く、アドベンチャー色も濃過ぎるのだが、

これからの季節、非常に涼やかなルートとなっております。

ということで、久しぶりに点検に行ってみることに・・・

 

Img_0314
 ↑ 周遊コースとは別の林道を往く

Img_0324
 ↑ この日の熊撃退装備はコレ!

Img_0316
 ↑ このルートの特徴はなんといっても滝!

Img_0317
 ↑ 渓流を左右に渉りながら登ってまいります

Img_0318

Img_0319
 ↑ 美しい渓流と・・・

Img_0321
 ↑ 滝を楽しみながら進みます

Img_0325
 ↑ エッチラ・オッチラ登りきり・・・

Img_0327
 ↑ いつもの展望ポイントに到着!

Img_0326
 ↑ 早速メシの準備をいたしましょう

Img_0330
 ↑ やはり山でいただくメシはサイコー♪

Img_0334
 ↑ 復路は往路とは別のルートへ・・・MTB的に良さげでしょココ

 

ということで、歩いてまいりました渓谷ルート。

おかげさまで倒木等一切無く、クリーンな状態でございました。

まぁ、このルートは自転車にとっては正直不向きですが、

いつもとは趣向を変えたいときに行ってみるのにイイんじゃないでしょうか。

また行ってみたい方がいらっしゃいましたら、いつでもご案内いたしますよ♪

 

さぁ、そんなわけで今週土曜日(4/21)はリス山ライドですよ!

詳しくはコチラ・・・春だ!トレイルだ!リス山ライド参加者大募集!

みなさんのご参加お待ちしております!

                                                                                                                                

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年3月22日 (木)

春だ!山だ!リス山点検トレッキングの巻

我がホームトレイル:綾部「リスと逢える山」。

豪雪地帯の山であるからして、冬季は完全クローズ。

しかしながら昨年に比べ今年は雪が少なかったような・・・

もう雪は無いかな?

ということで初入山してみることに。

さぁ、どんな荒れっぷりなんでしょう!?

今回MTBは置いて、点検トレッキングへGO!

 

Img_0298
 ↑ 今年初リス山へGO!

Img_0299
 ↑ おっと、倒木・・・やはりあったか(汗)

Img_0300
 ↑ ピストンコース第1休憩ポイントにて

Img_0301
 ↑ しかし、いつ来てもホントに綺麗なトレイルや~♪

Img_0303
 ↑ どんどん高度を上げていきますが・・・

Img_0310
 ↑ 今年は残雪なし!

Cimg8946
 ↑ 同じ場所・・・昨年3月26日はこんな感じ

Img_0306
 ↑ 全く残雪無しでスムーズにいつものランチポイントに到着~!
    噂に聞いていた新規設置されたベンチとご対面

Img_0308
 ↑ ではランチにいたしましょう!

Img_0309
 ↑ やはり山で喰らう飯はサイコー!

 

ということで、歩いた、歩いた、歩きまくりましたの綾部:リスと逢える山。

今年は雪が少なかったこともあり、ベリーグッドコンデション♪

いつでもライドO.Kでございます!

またみんなでいきましょう!

 


にほんブログ村

2017年5月22日 (月)

リス山周遊渓谷ルートを往く!の巻

さて、我がホームトレイルの綾部:リス山である。

メインのダウンヒルコースは名付けてYGルート。

そのYGルートそのものをピストンするか、もしくは林道で登坂し山頂から

尾根伝いにYGルートへ到達するという、周遊コースがリス山の主な遊び方。

しかしながらこの他にも無数のルートがあり、未調査のモノも結構あったりする。

 

そんな中、まだ皆さんをご案内していないルートの1つが渓谷ルート。

YGルートに比べ距離も短いし、疾走する爽快感には欠けるのだが、

これからの季節、非常に涼やかなルートになっております。

ということで、久しぶりに点検に行ってみることに・・・

 

Cimg9401
 ↑ 周遊コースとは別の林道を往く

Img_8083_2
 ↑ 登山道IN! 

Cimg9403
 ↑ 渓流を左右に渉りながら登ってまいります

Cimg9405
 ↑ このルートの見どころは何と言っても美しい渓流と・・・

Cimg9404
 ↑ いくつも見られる滝

Img_8094
 ↑ 途中ロープの必要な険しい所もありますが・・・

Cimg9406
 ↑ DHの起点は周遊コースのランチポイント:大展望所となります

 

ということで、歩いてまいりました渓谷ルート。

おかげさまで倒木等一切無く、クリーンな状態でございました。

まぁ、このルートは自転車にとってはちとアドベンチャー色が濃いので、

爽快にキャッホー!イエ~~イ!するというのではありませんが、

夏の暑いとき、水遊びがてら行ってみるのにイイんじゃないでしょうか。

また行ってみたい方がいらっしゃいましたら、いつでもご案内いたします♪

 

暑さに負けずLet's Trail Ride!

 

・・・と言いながら、一足早く暑い熱い夏の到来・・・

そう今年も私の所属する綾部市消防団のBIGイベントに向けた訓練スタート!

これからは週2~3回の夜間訓練、6月の日曜日は全て訓練という、

猛烈に熱い夏が始まるのであります。

う~む、山へ行く体力は残っているのか??

とりあえず消防団魂で乗り切るぞっと!

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

2017年4月29日 (土)

綾部一高い山:頭巾山トレッキングへGO!

【頭巾山(ときんざん)】
 
福井県大飯郡おおい町と京都府綾部市および京都府南丹市の境にある
 
標高871mの山。丹波高地の山で、福井県と京都府の県境である。
 
京都丹波高原国定公園に選定。
 
遠くから見ると山容が修験者の頭巾に似ているところから名づけられたといわれている。
 
山頂には若狭国遠敷郡の延喜式内社許波伎神社の祠や避難小屋がある。
 
※Wikipediaより
 
 
 
世間はG.Wである。
 
かくいう私もG.Wである。
 
ということで、G.W休暇初日の今日は、以前より登りたい登りたいと
 
思い続けていた前述の「頭巾山」に行くことに。
 
初めて登る山ということで無事登頂出来たのでしょうか?
 
早速レポート開始!
 
 
 
登山道へのアクセスですが・・・
 
国道27号線「山家」交差点から府道1号線に入り北上。
 
あやバス「小仲バス停」前を右折し府道771号線を直進。
 
小和木集落の先の行谷橋を渡って林道へ↓
 
Cimg9135
↑ 府道1号から府道771号へ入り、約5km走った右側に行谷橋あり
 
Cimg9088
↑ その行谷橋を渡り、今度は林道を往く
 
Cimg9089
↑ 行谷橋から約1.7km走った左側に登山道入り口があります
 
Cimg9091
↑ 今回は参道尾根コースを行きます・・・登山口から山頂まで3,362mとのこと
 
Cimg9092
↑ 登山道は川を渡った先に御座います・・・ちなみに今回の相棒は我が長男
 
Cimg9093
↑ それではLet'sGo!
 
Cimg9097
↑ 3合目到着! ここまでが殺人的にシンドイ! ほんまにシンドイ!
   ちなみに登山口からここまで約30分
 
Cimg9098
↑ ロックセクションあり
 
Cimg9099
↑ 基本はこのような広い尾根道を歩きます
 
Cimg9100
↑ 5合目到着! 登山口からここまで約50分
 
Cimg9103
↑ ロープを持たないと行けないような険しい所も・・・
 
Cimg9104
↑ ここらはMTB的にも良さそうですな~
 
Cimg9105
↑ 山頂まで1,100m・・・ここまで約70分
 
Cimg9107
↑ 上方が随分開けて来ましたね~
 
Cimg9110
↑ 景色も良くなってまいりました
 
Cimg9112
↑ 山頂まで500m 8.5合目・・・ここまでで約80分
 
Cimg9116
↑ もう少しだ頑張ろう!
 
Cimg9117
↑ お! 山頂の祠が見えてきたぞ!
 
Cimg9127
↑ 登頂成功! 結局登頂時間は約90分でした
 
Cimg9121
↑ 三角点と
 
Cimg9129
↑ 山頂からの眺望
 
Cimg9123
↑ 日本海が見えております
 
Cimg9118_5
↑ パノラマどんっ!
 
Cimg9125_2    
↑ 我々が登ってきた綾部側と反対、福井県側からのルートを見るの図
 
Cimg9126
↑ う~~ん、コチラもなかなか険しそうですな・・・
 
Cimg9122
↑ さぁ、さぁ、山頂での楽しみといえば・・・めしーーーー!
 
Cimg9124
↑ いただきま~す! ウマーーーー!
 
Cimg9134
↑  メシも喰ったし、眺望も楽しんだら、下山いたしましょう
 
 
 
ハイ、ということで、登った、登った、登りまくりましたの頭巾山。
 
さすがに綾部一高い山ということで、これまで登った中丹地域の
 
どの山より厳しかったですな・・・。
 
その分、山頂からの眺望は最高でした♪
 
ありがとう頭巾山!
 
 
で、皆さんもうお気付きのことでしょう。
 
ここまで山の名前も所在も出している理由を・・・
 
ハイ、そうです、この山はMTBライドには向きません!
 
色々と理由はありますが、一言 『不向き』とだけ申しておきましょう
 
トレッキングを楽しみましょうね!
 
 
またライド向けに新たな山を探さねば・・・というところで今回はおしまいっ!
 
さぁ、G.Wは山三昧ですぞ!
 
 


にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ